Hitoshi Koide / Sumiko Koide (CCGeosystem) 小出 仁・小出すみ子 主な成果リスト(日本語)
完全養殖メタン:地 下世界を支配する小さな大先祖メタン菌の力を借りて余剰CO2を メタン鉱床に変えて世界を救おう。
温暖化防止地球 システム(株) 工学博士 小出 仁・小出すみ子 E-mail:MXE02263@nifty.com URL: http://co2.eco.coocan.jp/
<Front><English top> <Index> <日本語トップ> <目次> <CCSニュース短> <CCSニュース>CCS史(2011年以前)

やさしいCCSの話
[主 な成果リスト(日本語)]
[温暖化防止CCS/EOR技術保有特許]
International Patent PCT/Saudi Arabia/UAE: WO2008007718 「石油または天然ガスの増進回収方法及びその増進回収システム並びに気液混合流体注入 装置」
International Patent: WO2003091534 「非 燃焼方式原位置炭層ガス化回収方法及び非燃焼方式地下有機物・化石有機物原位置ガス化回収方法」
日本特 許第4973936号「二酸化炭素地中貯留の処理方法及びその処理シ ステム」
日本特 許第5163996号「液化炭酸ガスの地中送り込み方法及びその地中 送り込み装置」
日本特 許第5347154号「二酸化炭素地中貯留の処理方法及びその処理シ ステム」
米国特 許US8167037/サウジアラビア特許No.2592「液化 炭酸ガスの地中送り込み方法及びその 地中送り込み装置」
米国特 許US8096934「二酸化炭素地中貯留の処理方法及びその処 理システム」

To <Top Page>
To <English index>
活断層と地震の話

温暖化防止CCS案内目次
温暖化防止CCSニュース
温 暖化防止CCS歴史(2011年以前)へ
<CO2固 定研究会>へ

地球温暖化防止とエネルギー問題の同時解決を目指して

[最先端のCCSR新技術を理解していただくために]
2016:唯一の妥当な温暖化防止ジオエンジニアリング技術-CCS,MMIJ 企画セッション「低炭素社会構築のためのCCS」
2011: CO2地中貯 留技術の歩み(先進CO2地中貯 留技術のまとめ 55ページ)
2005: CO2地 中貯留と深部石炭・ガス複合資源開発(日本に巨大新ガス資源3兆立方メートル,地殻深部エネルギー開発利用研究会)(単行本178ページ)

[最近の発表・新提案]
2013: グローバル地下ガス・ワイナリー構想:極地や深海底下の帯水層で地球温暖化防止とガス・エネルギー資源再生(OHP)
2012:再生可能エネルギーとしてのメタンガス:CO2リサイクルCCSによる持続可能な炭化水素エネルギー資源開発(OHP)
2011: 変動帯日本におけるCO2地中貯留と放射性廃棄 物地層処分(比較研究,IAEA)

2010: 石 炭地下ガス化によるCO2地中固定
2006: 我 が国の炭層ガス資源量とその温暖化対策への活用一新しいガス・ソース+ CO2シンクとしての深部石炭層
2002: CO2地 中固定ー地球温暖化防止とエネルギー問題の同時解決へー

[ジオエンジニアリング新提案]
2014 CCSジオエンジニアリング:現時点で唯一妥当な温暖化防止ジオエンジニアリング技術(JpGU)
2012 CO2利 用貯留(CCUS)の架け橋技術としての可能性(MMIJ)
2011 大気CCS: 遠隔地未利用エネルギー活用による温暖化防止ジオエンジニアリング(JpGU)
2011 大気CCS: カウンター・ジオエンジニアリングの考え方(MMIJ)
2010 排出削減から大気CO2吸収へー温暖化防止ジオエンジニアリングの話(地学クラブ)
2010 マイクロバブル法大気CO2直接削減技術ー温暖化防止ジオエンジニアリング (JpGU)
2010 大気中二酸化炭素の直接削減ージオエンジニアリングの試み(MMIJ)
2009 CO2マイクロバブル固定:温室効果ガスの安定注入技術(JpGU)
2008 CO2回収・貯留(CCS)と省エネルギー(環境工学連合講演会)
2007 マイクロバブルCO2地中隔離法の提案(JpGU)
2007 微細泡(マイクロバブル)CO2注入による非構造性帯水層隔離法の提案(MMIJ)

[地下の流体が地震を誘発する]
2014: 人工誘発地震: フ ラッキング地震のリスクとメカニズム (単行本64ページ)
2009日 本におけるCO2地中貯留ナチュラル・アナログ:松代/磯部/鹿児島湾(JpGU)
2008ナチュラル・アナログ 研究による二酸化炭素地中貯留の安全性高度化(JpGU)
2006 松代地震断層の多重エシュロン構造とCO2含有水の力学的相互作用ーCO2地 中貯留のナチュラル・アナログとしての松代群発地震

[地球システムのやさしいお話]
大気CO2削 減ジオエンジニアリング
なぜ地下か?CO2地 中貯留
死亡債とテロ
近づく東海地震と駿河湾地震
温暖化による氷河地震―大津波
グリーン・ニューディール対懐疑論
早く温暖化ガス大幅削減!
バイオ炭CO2固 定温暖化防止
大規模CO2幹 線パイプライン
巨大油田は絶滅危惧種(ピークオイル)
地球工学(ジオエンジニアリング)

[CO2地中貯留-固定-リサイク ルの話]
CO2マ イクロバブル固定(CMS)
地中 カーボンリサイクル:地下メタン醸造所
膨 大な新資源:クリーン深部石炭
CO2塩水 帯水層貯留と水溶性天然ガス
CO2自己封入 による永久固定
CO2ハイ ドレート固定:究極貯蔵庫
CO2貯 留-地震ナチュラルアナログ

[CCS関係発表]
1990 (CO2の)地中へのガス状廃棄,小宮山宏:地球温暖化問題ハンドブックp.345-347 (塩水帯水層貯留初期試案:水溶性天然ガス田利用)
1992 CO2の地中貯留について(化学工学のシリーズ宇宙船地球号)
1993 温暖化対策はCO2地中処理が最適(ぺトロテック地球環境読本)
1993 CO2対策技術としての地中処理(化学工学のシリーズ宇宙船地球号)
2000 地中メタン生成古細菌によるカーボン・リサイクルの提案(CCSRの原案:エネルギー資源学会創立20周年優秀賞)
2002 CO2の堆積物中固定の研究ーCO2-CH4サ イクルの利用ー(CCSRの現場研究)
2004 深部非可採炭層へのCO2固定の大きな可能性

[未来予測・放射性廃棄物地層処分]
1992「廃 棄物処分と地質学」万国地質学会議IGCワークショップ 論文集(単行本446ページ,25Mb)
2013「地 層処分―脱原発後に残される科学課題ー」 (書評)
2001“放射性廃棄物地層処分”地 質環境予測期間と不確実性の取り扱い
1991  日本列島の自然環境と高レベル放射性廃棄物地層処分
1992 放射性廃棄物地層処分と地質長期未来予測
1998 放射性廃棄物地層処分のための長期地殻変動予測(淡路・六甲地域の地震予測)

[地震・活断層関係発表]
2014:人工誘発地震: フ ラッキング地震のリスクとメカニズム (単行本64ページ)
1995地震と活断層入門(単行本139ページ)
2013南海トラフ巨大地震「歴史から探る21世紀の巨 大地震―揺さぶられる日本列島」(書評)
1979 地震断層調査報告「1978年伊豆大島近海地震」の際に現れた稲取-大峰山地震断層(42ページ)
1979 断層の研究と地震予知(活断層の形成プロセスに基づく地震予測)
1981 地震と活断層の関係(活断層の成熟度と連鎖地震の発生予測)
1983 エシュロン断層系の地震地質学的意義と地震発生機構 について(地震のツボの力学)
1969 地震割れ目の発達過程-岩石中の割れ目の発生と発達
1988 地震予知のための地殻応力測定ー関東―東海地域
1996 地震断層・活断層の用語について(活断層と原発耐震)
1996 地震予知の現状(六甲・淡路活断層系と1995年兵庫県南部地震)
1993 近接大地震による地下炭鉱内の震度
1993 アンケート調査による地震時の地下空間の震度についてー1993年釧路沖地震の場合ー
1976 大都市の地震災害を軽減するための一提案
1992 活断層や鉱脈などの地殻の割れ目の発達過程と形態(資料集)
1995 活断層の調査資料集

[火山・鉱床・地熱:流体が地球を割る話]
1978 デンバー人工地震(廃水地下注入により発生した誘発地 震)
1974 地下深部における割れ目とマグマ発生および上昇の力学
1984 ハイドロフラクチュアリングとマグマフラクチャリング,火山・地震観の変遷
1982 流体貫入(ダイアピル)機構とテクトニクス(流体が 地球を割る話)ー ダイアピル構造
1986 火山性陥没構造の形成と熱 水活動(地熱,鉱床)
1987 マグマ貫入による地殻変動の解析と とその火山噴火予知への応用(伊豆大島割れ目噴火)
1993 火山噴火予知とマグ マの ダイナミクスの研究
2006 CO2誘発地震だっ た松代群 発地震ー松代地震断層の多重エシュロン構造とCO2含有水の力学的相互作用

[岩石力学]
1989: 御前崎地盤上下変動への地下水位の影響評価のためのボ−リングコア収縮・膨張実験
1987: 不規則波形を有する岩盤不連続部のせん断強度
1976:地下の応力を測る(地殻応力測定の解説)
1971: 堆積岩の強度・延性度の年代・地域による差異について(岩石の圧密固化の速さの地域差)
1970:岩石中の微小割れ目発生の条件(岩石強度理論)
1967:三軸変形下の岩石中の微小割れ目の発達について(高封圧岩石破壊実験)

[破壊力学]
1986:真三軸破壊条件におけるグリフィスクラック・インクルージョンの効果
1974:拡張したグリフィス理論による断層モデルについて(水圧破砕, 誘発地震, 断層破壊強度)
1970: 介在物からの割れ目発生力学 1.やわらかい介在物および空隙の場合(扁平回転だ円体介在物)
1972:介在物/空隙による応力集中,回転だ円体介在物のまわりおよび内部の応力分布の三次元弾性完全解
1967:三軸実験による岩石破壊の進行

[地球の話いろいろ]
21世紀プレート大変動:南関東・南海トラフの巨大地震と内陸地 震・噴火も要警戒「歴史から探る21世紀の巨 大地震―揺さぶら れる日本列島」(書評)
世紀の大発見を救世主に「太 平洋のレアアース泥が日本を救う」(書評)
“核のゴミ”科学に課せられた最大の難題「地 層処分―脱原発後に残される科学課題」 (書評)
子孫に伝える義務「東日本大震災の教訓」(書評)
科学者受難の時代「職 業としての科学」(書評)
1889地学雑誌(明治22年)「石炭の消費は大気の質を変ずることなきや」山上萬次郎:地球環境問題に気付いた科学 者の卵
1889地学雑誌(明治22年)「日本地質構造論」原田豊吉:夭折した先駆者「日本海溝の地震可能性を指摘」

[巻頭言・緒言]
2013日本列島形成史の新構築:地学雑誌特集号「日本列島形成史と次世代パラダイム」合本につい て
2013特集号「日本における陸上科学掘削の現状と展望」―巻頭言―
2013地下の遅い流体挙動(Part II)―フィールドと室内実験からみる―:イントロダクション
2012 序:世界の地理学 ―2013年京都国際地理学会議に向けて―
2012小特集「南極寒冷圏の古環境学 ―南大洋から地球環境変動を探る―」 序論
2012特集号「地球寒冷圏の地表変動―成果と課題―」 序説
2012地下の遅い流体挙動(Part I)―理論・モデル・物性評価―:イントロダクション
2011特集号「ジオパークと地域振興」―巻頭言― 訂正


<トップページへもどる>
 “現代のアポロ計画” 「CO2回収・貯留(CCS)の小さな一歩が、人類の大きな飛躍」 CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/
New economic and safe air/CO2 capture and sequestration (Air-CCS) schemes: Hitoshi Koide/CCGeosystem
地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。
温暖化防止地球シ ステム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com
「CCSの小さな一歩が、人類の大きな飛躍」 CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/