2016: 唯一の妥当な温暖化防止ジオエンジニアリング技術-CCS,MMIJ 企画セッション「低炭素社会構築のためのCCS」
2014:人工誘発地震: フラッキング地震のリスクとメカニズム
気候変動誘発地震/火山噴火!地球温暖化―異常気象による地下水変動が地震と火山噴火を誘発する。常 時は,火山の水蒸気噴火を地下水圧が抑えているが,気候変動により地下水圧が変化すると水蒸気噴火の引き金を引くことがある。 http://co2.eco.coocan.jp/ref/B4Frackquake.pdf
日本特 許第5347154号/米国特許US8096934低濃度の二酸化炭素は無害有益ーCO2は 微細泡に分散収容するのが 安全確実です。
CO2回収・貯留 (CCS)を持たない 火力発電は全廃する必要がある IPCC報告書 隠れた地下CO2-CH4サ イクルの促進により,エネルギーと地球温暖化問題を同時解決
「シェール革命の次は石炭革命」  CCSで石炭復権地球温 暖化に対する抑止力を持つ強力な武器は,原発に代わりCCSのみ。CO2回 収・貯留(CCS)の全面的実施を決断するのは今すぐでしょう!
唯一の安全な温暖化防止ジオエンジニアリング技術ーCCSジオエンジニアリング:海底下や冷温 深部帯水層への CO2回収・貯留で安全大量のCO2削減が出来ます。
気候を変えない持続可能な“養殖化石燃料”ー完 全養殖メタン: 小さな大先祖メタン菌の力を借りて余剰CO2を メタン鉱床に変えて世界を救おう。
2006新 天然ガス資源+CO2シンク=深部炭層 日本版シェールガス3 兆立方メートル埋蔵  Hitoshi Koide/CCGeosystem
世界の著名な地質学者が東 京に集まって核 廃棄物地層処分問題を議論した1992 万国地質学会議ws"Waste Disposal and Geology"(25Mb)
“核のゴミ”変動帯での地層処分は可能か2011(IAEA)変動帯日本列島でのCO2地中貯 留と放射性廃棄物地層処分
地震割れ目の発達プロセス 地震と活断層入門(必 読)CO2地中貯 留技術の歩み(推薦)
"石も進化する"深 部岩石断層破壊特性1972:Deep faulting properties of rocks under high pressures(9Mb)
<Front><English top> <Index> <日本語トップ> <目次> <CCSニュース短> <CCSニュース> CCS史(2011年以前)
<Top page> <Front> <English index>

<日本語目次>
<CCSニュース>
やさしいCCSの話
CO2を地中貯留 (CCS)しておけば、メタン生成菌により メタン・ガス田として再 生できます。地下カーボンリサ イクルも夢ではありま せん。
海洋や極地の未利用の自 然エネルギーにより大気CO2を削減しましょう。

温暖化防止CO2貯 留(CCS)
 
下図はCO2地中処理検討会(会長:小出 仁)が1993年に描いた
オリジナルのCO2回収・地中貯留(CCS)構想です。

現在も世界で主流のCCSの概念ですが、ジオエンジニアリング等の新しい進歩とともに本ホームページで紹介します。

2008年 11月19日 地球温暖化の主犯とされる二酸化炭素(通称:炭酸ガス、 化学記号:CO2)を微細なマイクロバブルに封じ込めて地下深部の岩石の微細孔中に注入し、浮上しないよう にして、半永久的に地下に固定する新技術<CO2マイクロバブル 固定技術(CMS)>を第9回温室効果ガス管理技術国際会議(GHGT-9)で世界に提案し ました。 二酸化炭素は地下水より軽いので、天然の蓋になるような特殊な地 質構造(産油地帯にあるキャップロック構造など)が無いと、地下深部に単純に大量注入すると浮上してしまいますが、このCO2マ イクロバブル固定技術(CMS)と様々なCO2地中固定メカニズムを組み合わせると、世界のほとんどの地域で安全かつ経済的なCO2地中貯留・固 定(CCS)が可能になります。世界の温室効果ガス大幅削減を無理無く実現できます。
  地 球と人を救うグローバル・グリー ン・ニューディール
石油がピークを過ぎて、現実世界は石炭やオイルサンドのような環境負荷の大きなエネルギー資源の利用が急増しつつあります。石炭やオイルサンドは資源量が大きく、ピークが来る心配が無いためです。特に中国やインドなどでの石炭火力発電所大増設は地球破滅を招くと心配されていますが、CO2地中貯留技術により地球温暖化を防ぐことができま す。中国は、既に日本を含め米国,英国(EU),カナダ。オーストラリア各国の国際協力を得て、CO2回 収・貯留(CCS)の技術開発を進めています。今後石炭利用のゼロエミッション化には中国やインドだけでも多額の費用が必要ですが、地球温暖化対策より戦 争やサブプライムローンの方がはるかに経済に悪いでしょう。温暖化ガスに国境はあ りません。世界の戦争をやめれば、地球温暖化対策とエネルギー問題解決は楽に 両立可能です。国際協力で資金を拠出して、CO2地 中貯留(CCS)により世界の石炭利用のゼロエミッション化を推進しましょう。


京都議定書約束期間に入りましたが、日本の約束を守るためには期間末に実質20%以上もの大幅排出削減が必 要になります。 CO2固 定は天然の炭素固定プロ セスに学んだ自然な技術です。
我らの小さな大先祖CO2還 元メタン再生菌による地中炭素サイクルを活用して地球温暖化を防止します。

日本ではあまり知られていませんが、CO2回 収・貯留(CCS)は実際上温暖化防止ができる唯一の技術と期待されていますが、反対も強くなっています。化石燃料産業の生き残りのためのゴマカシにすぎ ないという意見さえあります。確かに、CO2回収・貯留(CCS)技術は未成熟であり、CO2地中貯留のためのインフラ整備も無いままでは、温室効果ガス削減効果も不十分でしょう。CO2回収・貯留(CCS)というと、地下にCO2を圧入するだけの単純な 技術という誤解が様々な方面で根強く、技術の本質が理解されていないために普及が遅れていることが残念です。1980年代から研究を始め、安全性や経済性 に自信を持った上で1992年に国際会議にCO2塩水帯水層貯留を提案しましたが、その後も特に安全性や資 源・環境保全の観点から研究開発を進めてきました。その間に世界でも日本でも様々な研究開発が行われるようになり、大規模実用化も実現しています。近年の 開発プロジェクトの世界的増加は目を見張るものがあります。もちろん、研究すべき課題はなお山積しています。特に科学的な研究が未だ不十分ですが、本ホー ムページには私達が信じている事を書いています。

「CCSの小さな一歩が、人類に大きな飛躍」 CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/
本ホームページのスポンサーを募集しています。
製作:CO2固定研究会、CC地球システム(株)小出 仁Hitoshi.Koide@gmail.com

CO2回収・地中貯留(CCS)は新しい技術ですので、成熟した技術体系や経験豊かな専門家がまだ育ってい ないことが、地球温暖化防止方策としてCO2回収・貯留(CCS)が役立つための障害になっています。地下 にCO2を大量に注入するのですから、地球の深い理解と地震等に対する安全性の科学的な検証が不可欠です。地球科学・地球工学の応用分野として多角的な科学ー工学的研究を総 合的に推進する必要があります。

2007年ノーベル平和賞を受賞した国連IPCCにより、油・ガス層と塩水帯水 層へのCO2地中貯留は地球温暖化防止技術としてオーソライズされました。二酸化炭素回収・貯留(CCS)による化石エネルギー利用のゼロエミッション化により、地球温暖化は防止できます。 新しい環境産業を創出するので、経済にマイナスではありません。

大自然に学んだ様々なCO2地中貯 留/固定方法(CCS)を提案しています。地域・排出源の特徴に合わせて最適固定技術を選ぶ必要があります。


CO2地中貯 留・固定(CCS)のオプション

(1) CO2地中(油・ガス胚胎層 /構造性帯水層)貯留:枯渇石油/ガス鉱床あるいはそれと同様な構造を持つ閉塞帯水層へのCO2地 中貯留が最初に考えられる方法です。産油地域に適した方式で、日本などでは石油/ガス鉱床が排出源から遠く、容量が小さいという限界があるため、それを如 何に克服するかが課題になっています。油・ガス胚胎層にCO2を注入すると、なお残存している貴重な資源を 破壊するという批判がありますが、(3)のように微生物によりメタンを再生できます。

(2) CO2塩水帯水層貯留:地 下の塩水帯水層にガスを溶解状態で貯留できることは日本の水溶性天然ガス田で実証されています。塩水帯水層は世界に広く分布し、都市や工業地帯の地下にも 存在するため、全体のポテンシャルは非常に大きい。 溶解型CO2地中貯留は1992年に国際会議で提案し ましたが、急速溶解して安定化させる革新技術としてCO2マイクロバブル注入法を開発中です。
<CO2塩 水帯水層貯留は日本の水溶性天然ガス田がモデルです。>

(3)地下微生物CO2還元メタン再 生(地中炭素リサイクル): 地下に生息するメタン生成菌により注入したCO2を還元し、 メタン鉱床を再生する一石二鳥の夢の技術です。
<地下微生 物がCO2を還元してメタン鉱床を再生し、地中炭素リサイクルを実現します。>
<地中メタン生成古細菌によるカーボンリサイクルの提案>

(4)CO2炭層固定: CO2注入により炭層メタン回収ができる一石二鳥の技術です。日本にも膨大な量の深部炭層が最近発見されているので、新しい大きなエネルギー資源を獲得できます。炭層固定でもメタン再生の可能性があります。
<CO2注入による深部石炭層からのガス抽出は膨大なエネルギー源になります。>
<日本の 深部石炭のCO2固定ーメタン生産能力>

(5)炭酸塩化自己封入/CO2苦鉄 質岩固定: 日本ではCO2を地下の蛇紋岩に注入固定する実験が成功しています (RITE)。アイスランドやインドでは地下の玄武岩に注入固定する方法が、容量が大きいために期待されています。マイクロバブルCO2注入法は、変質した玄武岩のような複雑な岩石でも安定に注入できます。
<CO2炭酸塩化自己封入により廃坑や苦鉄質岩中に永久固定します。>

(6)CO2ハイドレート固定:極 寒地や深海底下では、 CO2ハイドレートが形成されるためCO2の 自己封入作用が働きます。海底下のほとんどが利用できるので膨大な量のCO2固 定が可能です。メタン再生も期待できます。
<CO2ハ イドレート固定により極寒地や深海底下地層に無尽蔵の固定が可能です。>

(7)CO2貯留・固定(CCS)の 安全性検証には、地域パートナーシップや自然に学ぶナチュラル・アナログが重要です。日本では特に地震や活断層・活褶曲に対する対策が求め られます。ナチュラル・アナログ研究やモニタリング計画とCCS安全性検証、CO2固定(CCS)に関わる 高圧実験やモデル実験の計画・立案を行います。
<CO2貯 留と地震の関係に関するナチュラル・アナログ>


(8)革新技術開発: <CO2マ イクロバブル固定は安定化を促進します。>

産油地域以外の特殊なトラップ(キャップロック)構造のない地域で もCO2を微細泡化して安定に地中に封入できる汎用技術を開発しています。世界の温室効果ガス大排出地域で 汎用性が十分あり、未来のエネルギー資源育成にも役立つ、革新的なCO2マ イクロバブル地中固定(CMS)技術を世界に向けて提案中です。唯一の実効性のある実現可能な地球温暖化 防止策です。


 “現代のアポロ計画” 「CO2回収・貯留(CCS)の小さな一歩が、人類の大きな飛躍」 CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/
New economic and safe air/CO2 capture and sequestration (Air-CCS) schemes: Hitoshi Koide/CCGeosystem  


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球シ ステム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com
「CCSの小さな一歩が、人類の大きな飛躍」
CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/