CCSR:深ガス・リサイクリング によりエネルギーと温暖化 を同時解決
2016: 唯一の妥当な温暖化防止ジオエンジニアリング技術-CCS,MMIJ 企画セッション「低炭素社会構築のためのCCS」
2016/11/20大量絶滅を招いた太平洋巨大噴火
2016/11/16人工誘発地震と地殻応力の関係
2016/11/7米オクラホマ州M5誘発地震で建物などに被害
2016/10/7 ハリケーンと海面上昇により米国東岸に高潮の恐怖
2016/10/6 パリ協定が11月4日発効確定、日本は国会承認が間に合わない。Barack Obama :This historic step in the fight to #ActOnClimate came faster than anyone predicted.
2016/9/28大気二酸化炭素400ppmの世界が到来
2016/9/15地震に伴う断層中流体移動パルスの観測、東北日本巨大地震を起こした日本海溝プレート境界メガ断層で
2016/9/12 CO2を地下に―英レポートBBC News
2016/9/12韓国南部 M5以上の地震2回 「観測史上、最大規模」 |新羅の古都で観光地の慶州は大規模な断層帯(活断層?)上にあり、地震の危険性は指摘されていた
2016/9/4温暖化による水没がすでに始まっている米国東海岸
2016/9/4ハリケーンによる高潮の脅威にさらされる米国東海岸
2016/9/3米中がパリ協定批准へ、気候変動抑制条約発効へ前進
2016/9/3米国オクラホマ州でM5.6地震、多発している石油排水誘発地震か?
2016/9/2 原爆投下の第一目標は京都だった。3月10日の東京大空襲で故郷を焼かれた5才の少年は京都の田舎に逃れていた。しかし、人は親切で食料も豊か、平和な第 二の故郷も失ったかもしれない。
2016/7/27 シェールガス・石油開発にフラッキング技術より環境にやさしい高圧ジェット技術を実用化できるか?
2016/7/26生命は、鉄の多い温泉で誕生した
2016/7/26 【地球科学】トバ火山下に隠されていた超巨大火山の秘密
2016/7/26【進化】地球最大の大量絶滅の機構と長かった生物の回復を詳細に説明する
2016/7/26人工黒鉱鉱床? 金や銀を「海底養殖」 資源は掘るから育てる時代に
2016/7/8天文観測衛星「ひとみ」が壊れる前に宇宙の巨大構造を初めて捉えていた
2016/7/7否定に次ぐ否定の後の最後の肯定に世界の未来が掛かっているー気候変動での明るい兆し/アル・ゴア
2016/7/5箱根山噴火 熱水急上昇原因か
2016/6/23断層に近づくカナダの地震早期警戒システム
2016/6/22 CO2を活用する「環境配慮型」フラッキング技術、温暖化防止にも期待研究
2016/6/20米国初の炭酸税ー実は炭酸飲料への税で、いわゆる炭素税ではない
2016/6/20中央海嶺と気候変動ー海水準変動の関係が研究されている
2016/6/15米国サンフランシスコ湾地域でM6.7以上の地震が2043年までに起きる確率は72%
2016/6/11 CO2を地下に注入して石に変える
2016/6/4超臨界CO2サイクル発電技術開発推進のため米国とサウジアラビアが国際コンソーシアム
2016/6/4 CO2地下圧入により有用な水を産出する研究
2016/6/4化石燃料を地下に残すべき地域を示す地図が作られた
2016/6/1大気から直接CO2を吸収して、温室栽培に供給する世界初の商用施設、スイス
2016/5/31 CO2濃度:年平均値が初の400ppm超-最も人間活動の影響を受けにくい孤島の南鳥島でも
2016/5/29米国フラッキング地震訴訟
2016/5/28地下CO2ガス漏えいで米の学校閉鎖、原油回収に注入
2016/5/27ひずみ集中帯の連鎖地震に注意:地盤の「ひずみ」、山陰や四国など集中か
2016/5/26 温暖化した海のおかげでハリケーン・シーズンが早く来る。リゾート乱開発により米国のウォーターフロントが脆弱になっている。ハリケーン・サンディの教訓
2016/5/26 現在噴火中の火山は40に増加。さらにこれから噴火しつつある火山も多数
2016/5/7鹿児島県西方沖にやや大きな地震群発、中央構造線のさらに延長上に見えるが?
2016/5/7オクラホマの誘発地震が半減したのは、石油価格低迷のおかげ?
2016/5/5リッジ・リフト構造の形成過程
2016/5/5火星は生命の星だった?炭酸塩岩がある。
2016/5/4火星の氷河下に噴火の痕跡 NASAが発見
2016/4/18 熊本発連鎖地震の地震断層が阿蘇カルデラに侵入、 噴火の活性化か?
2016/4/18 新しい系統樹では細菌が圧倒的に優勢
2016/4/18 断層、阿蘇カルデラに延伸 地震調査委、火山も注視
2016/4/17アジア航測が公開した熊本地震被災地の航空写真のおかげで、地震断層の一端が見られた。感謝します。公開された航空写真(http: //www.ajiko.co.jp/article/detail/ID56EDF7EZH/)を見ると、 写真2.2(撮影番号 DSC9398)(阿蘇大橋と東海大学の間?)には左雁行の地割れが見られるので、右横ずれ断層とわかる。中央構造線断層の動きと調和する(写真だけでは 主断層と断定できないが)。 写真3.7(撮影番号 C17-0017)Р電臘大字井寺付近には右雁行の地割れ群が農地に形成されている。走向はほぼ東西で、主断層と共役の左横ずれ断層か? 現地調査をしていないので、断定はできない。誤りがあれば指摘してほしい。地震断層の全貌が早く明らかになることを期待する。
2016/4/16 熊本から大分へ地震活動が広がった。中央構造線の九州延長部が動き出した。両側の神戸―淡路と九州が動いたが、その間の中央構造線本体(四国部分)の静か さが不気味。別府付近の中央構造線屈曲部より東に地震が広がるか?西南への拡大は?慶長大地震の大地動乱のようなことにならなければよいが。
2016/4/11大崎クールジェン、CO2分離・回収型IGCC実証事業に着手
2016/4/2 地下核実験で明瞭にわかるように、環状断層形成とプルアパート陥没がまず起きて、その直後に火砕流噴火が起きるという順序になります。通常、隆起が火山噴 火の前兆ですが、局部的な陥没が噴火直前前兆になるケースもあるので、要注意。
2016/4/1悪い予感のする地震発生、東南海地震プレート境界断層(南海トラフ)の上側派生断層の一つが動いたらしい 2016年4月1日 2016/4/1 悪い予感のする地震発生、東南海地震プレート境界断層(南海トラフ)の上側派生断層の一つが動いたらしい 2016年4月1日 11時39分頃発生 最大震度:4 震源地:三重県南東沖
<Front><English top> <Index> <日本語トップ> <目次> <CCSニュース短> <CCSニュース>CCS史(2011年以前)

世界のCCS関係の主な動き>>>詳しくはCCSニュースへ
2016/3/25 CO2による間欠泉噴出
2016/3/22フロリダなどの海辺リゾート開発の危険:海水準上昇によって数百万の米国人が被害を受ける恐れ
2016/3/22今の炭素放出速度は始新世温暖化期(日本産石炭ができた時代)の10倍の速度
2016/3/16エネルギーからのCO2排出が2年続けて増加が停まっている。脱炭素化の効果?
2016/3/16CCS教材、英国CO2回収貯留
2016/3/15想定以上の地震がカリフォルニアで起きるかもしれない。複数の断層セグメントが一緒に動けば大きな地震を発生するのは、東北大地震など で明らか。
2016/3/13地下深部に豊富な微生物相、始原生命や地球外生命体へのカギ
2016/3/11メタン排出規制強化やCCSなどで協力ー米カナダ首脳、TPP早期承認で一致 温暖化対策で共同声明も
2016/3/11大地震震源域付近の「ゆっくりすべり」が注目される。(科学の扉)震災5年の地震学 過去の大津波調査、盛んに
2016/3/11自然災害の半分がアジア太平洋に集中
2016/3/11大気CO2濃度の年増加が最大を記録、NOAAマウナロア観測所
2016/3/2インド洋で津波警戒、インドネシア沖で浅いM7.9大地震
2016/2/27海洋機構など:海底の金銀、採取成功 沖縄沖の熱水鉱床
2016/2/26地球温暖化を避けるためにはCO2排出を従来の計画の半分にせよ
2016/2/26ロサンゼルス近郊の天然ガス地下貯蔵施設からのメタン漏えいは10万トンに達し、メキシコ湾のBP原油流出を上回る最大の温室効果ガス 排出事故
2016/2/20御嶽山の噴火前直前、地盤伸びる方向の火山性地震が増加
2016/2/19石炭火力発電のCO2排出削減に銅を用いる。
2016/2/19海底噴火の音
2016/2/16石の表面の年輪(炭酸塩の沈積物)により12万年の気候変動史を読む
2016/2/15二酸化炭素(CO2)の濃度が上昇することによって地球上の海水が宇宙に流出する恐れ(ただし地質学的時間スケールの話だが、もちろん 人類の未来に重大問題)
2016/2/14今、大規模CO2除去ーバイオCCSに投資する時だ
2016/2/14地震多発の米国オクラホマ州East Campbellガス田付近でM5.1地震、州史上3位の強い地震
2016/2/14ニュージーランドのクライストチャーチでまた強い地震M5.7で崖崩れなど被害もあったようだ
2016/2/13ハワイのデング熱で蚊との戦い非常事態宣言、同種の蚊が媒介するジカ熱も警戒
2016/2/13ハワイのキラウエア火山南東麓の割れ目噴火活動域でM4.1地震
2016/2/12ロサンゼルスのメタン漏えいを16週間ぶりにやっと止めた
2016/2/12重力波って、こんな音がするんだ
2016/2/11大量CO2排出の影響は数千年続く
2016/2/9 M6.3台湾地震が世界中の潜在衝上断層の危険性を警告
2016/2/9火山噴火による「小氷期」が6,7世紀の飢饉や戦争の誘因
2016/2/9隕石衝突による記録上初めての死者?
2016/2/4マントルに生命の兆候!生命の生存深度が画期的に深くなる
2016/2/4小惑星からレアメタルなど採取へー小国ルクセンブルクが宇宙鉱山に挑戦
2016/1/29 新生児小頭症の原因といわれるジカ熱がブラジルを中心に北米まで広がってきた。デング熱に似た蚊が媒介するウィルスー東京に来るのは時間の問題,飛行機で 広がるーカーニバルやオリンピックが心配
2016/1/19最古3万5千年前の火山噴火の洞窟壁画がフランス中央山地で発見された。
2016/1/12 CO2地中貯留におけるモニタリング技術レビュー
2016/1/9 最新の人類優占の地質時代「人新世」が1950年代?から始まった。−人間活動急加速,プラスチックや放射性物質拡散がマーカー
2016/1/9天然メタンガス大規模漏洩でカリフォルニアに非常事態宣言,ロサンゼルスで数千人避難,1日千トン以上のメタン漏洩で,温室効果ガス排出 増
2015/12/31密航ネズミのため飛行機が引き返した(インドのムンバイからロンドンへ向かっていたがイラン上空でネズミが目撃されたため)
2015/12/28米国ロサンジェルスで大規模なメタンガスの地下からの漏洩が続いているーサンアンドレアス断層地帯の天然ガス貯蔵施設
2015/12/24木を多用した新国立競技場に何万人もの大観衆が集うとなると,地震・テロ・火災パニックの対策は?
2015/12/24竜巻が米国南部・中西部を襲っている
2015/12/24「妊娠しないように!」ブラジルで異例の勧告,デング熱に似た蚊が媒介するジカ・ウイルスによる小頭症の新生児増加のため
2016/12/23 CO2回収,重力波,マイクロバイオーム(人体微生物相)が2016年科学技術研究の焦点に
2016/12/23全電力に温暖化対策義務 ガス排出量を毎年開示
2016/12/23 CO2ガス圧による砂の流動化で火星の小谷地形ができた
2015/12/21世界の平均気温 過去最高を更新の見通しーハイエイタス(温暖化の停滞期間)は終わった? NHKニュース
2015/12/18火力発電「CO2回収必須」 環境相懇談会が提言案:朝日新聞デジタル
2015/12/17紅海リフト南のアファー三角地溝で高精度重力測定により地殻下部に貫入するマグマ体と地表へ伸びる岩脈の存在が示され,海洋プレート 拡大軸の初期段階にあることが裏付けられた。
2015/12/12 COP21「パリ協定」を採択
2015/12/12地下深部岩石中に細菌や古菌だけでなく線虫などの多細胞生物も含む生態系
2015/12/7世界最初の使用済み核燃料深地層処分場建設にフィンランドが成功した理由
2015/12/7サウジアラビア対米国シェールオイル戦争はチキンレースに
2015/12/5宇宙から地球への呼びかけ,山崎直子さん,野口聡一さんなど宇宙飛行士がCOP21へメッセージ
2012/12/5鹿児島湾のカルデラ海底火山「若尊」活発化 桜島の親火山姶良カルデラの北部
2015/12/2また銃乱射事件が発生中,犯人は3人か?被害者20人?人質も。米国ロサンゼルス東郊サンバーナーディーノ市の障害者施設
2015/12/2石炭火力だけで年120億トン排出 計画の石炭火力稼働なら、温暖化ガス4倍多く 削減目標比
2015/12/2イヌくらいの大きさの角竜(トリケラトプスの仲間)がアメリカ西部とアジアに,ペットになるかなあ?
2015/12/1温暖化2度以内は可能だが,信じられないような技術による英雄的努力が必要
2015/11/26大きな地震の発生は時間の問題,米オクラホマ州のフラッキング地震
2015/11/26火星大気から二酸化炭素がなぜ減ったのか?
2015/11/26 火星にもフラッキング地震が起きた。火星表面の多様な鉱脈は,火星の地下割れ目水・熱水の活動史の証拠
2015/11/25今年2015年は最も暑い年になる。国連世界気象機関(WMO)
2015/11/12プルームテクトニクスが起動した地球のプレートテクトニクス
2015/11/12割れつつある火星の衛星フォボス
2015/11/11中国の「独身の日」が世界の経済を押し上げる勢い。
2015/11/10冥王星に氷の火山
2015/11/9地球温暖化による気温上昇が1度を超える。
2015/11/9世界アンチドーピング機関がオリンピックなどの陸上競技大会からロシアを締め出すことを勧告した。
2015/11/6エクソン社の他にも多数の石油企業が温暖化リスク情報を偽った疑いで捜査される?
2015/11/4日本産石炭ができた始新世温暖化は従来見積もりの半分のCO2濃度680ppmで起きていた。
2015/11/2微化石に記録された巨大地震
2015/10/31超巨大火山(LIP)が大量絶滅を引き起こす! Large Igneous Provinces
2015/10/27 世界のカトリック教指導者達がパリ国連気候会議の合意を呼びかけた
2015/10/27 宇宙生命の可能性を探りに土星の衛星エンケラドスの噴泉に飛び込むカッシーニ。
2015/10/26アフガニスタンでM7.7大地震,先にパキスタンで地震と伝えられたが,震央はアフガニスタンで,パキスタン北部からインドのニュー デリーまで揺れた
2015/10/25地球温暖化防止へ 深海バクテリアの炭酸脱水酵素によるCO2の大量中和の可能性
2015/10/24メキシコ南部におけるCO2回収CCS-EOR事業実現可能性調査, 日本総研・三菱重工・国際石油開発帝石
2015/10/24宇宙カボチャ(ハロウィーン小惑星)に地球がヒヤリとする
2015/10/23若尊(わかみこ)は....カルデラなんだよ.こいつが噴いたら,鹿児島市,姶良市,霧島市,垂水市は.... 鹿児島、海底活火山に噴火兆候か 桜島近く、CO放出が急増
2015/10/22蔵王山 人工地震起こし噴火予測の手がかり探る
2015/10/22小惑星、ハロウィーンに地球に接近 月までの距離と同程度
2015/10/22石炭火力発電所 日本最も対策遅れている
2015/10/21石炭火力のCO2削減「回収技術の普及重要」 米エネ省副長官
2015/10/17宇宙空間に謎の現象、地球外生命体探査プロジェクトで解明へ
2015/10/15大気からCO2を直接吸収して商業規模で利用する
2015/10/15火山噴火が世界中の川の流れを揺さぶっている
2015/10/12世界最大の石油貯蔵施設下で廃水地下注入により断層が再活動化,誘発地震が続く米オクラホマ州
2015/10/11二酸化炭素は温暖化の主因だが,保冷・冷却装置のためには何千倍も環境にやさしい次世代冷媒になる。
2015/10/6岐阜県神岡鉱山地下のニュートリノ観測で二つ目のノーベル賞:ノーベル物理学賞に梶田隆章さん 50年近く前に地下1000mに建設中 だったカミオカンデを見て,悠長なーもとい気長な観測に感心をしたが,地道な研究がまた評価された。
2015/10/6火山島崩壊により高さ170m以上のメガ津波が発生した証拠が見つかった。
2015/9/25中国が温暖化ガス排出を抑制するため排出権取引を開始する。
2015/9/25 CCS:CO2を捕捉する新技術
2015/9/24永久凍土の融解による温室効果ガス放出で生じる数十兆ドルの経済的影響
2015/9/17 チリ中部沖で大地震 M8.3
2015/9/10海洋の植物プランクトン増殖によるジオエンジニアリングは温暖化防止効果と共に降雨への悪影響がある
2015/9/07火山の謎に模擬実験で迫る
2015/9/5海洋微生物の窒素固定、地球温暖化で急上昇
2015/9/5海面上昇で米NASA発射場に浸水の懸念 移転必要か
2015/9/4ガス生産に伴う地震でシェル・エクソン合弁に賠償命令
2015/9/1地球温暖化ー世界が共に行動する時,オバマ大統領のアラスカ演説
2015/8/26 生放送中にTVレポーターとカメラマンが銃殺された。米国バージニア州ロアノーク付近,ジョン・デンバーの「カントリー・ロード」に唄われたブルーリッジ 山脈,アメリカ人の心の故郷だ。しかし,殺されたカメラマンが学んだバージニア工科大学でも銃乱射事件があった。ある意味,アメリカ社会の典型か
2015/8/24-CO2が氷河時代末の180ppmから7000年間程で280ppmに上昇したため氷河時代の氷河が融けた。 産業革命前はCO2濃度280ppmで安定だったが,産業革命後200年でCO2濃度が380ppmに達す る(2006年)。氷河時代後の自然増加の35倍以上の速さで100ppm増加した。増加速度はますます加速し,400ppm時代になっている。地球環境 に大きな影響が出るのは当然である。
2015/8/22中国でまた化学工場大爆発,山東省
2015/8/21-7月の暑さは観測史上最高、4千年ぶり記録か
2015/8/20人類とシアノバクテリアの違いは地球環境を変えていることを知っているか,無意識かだ。(違いは無いのかも!)
2015/8/19天津爆発現場で神経ガス=空気中から高濃度検出
2015/8/19人工地震:人間が地震を起こしている事実
2015/8/16桜島に避難勧告、住民77人全員無事避難 噴火「重大被害の可能性」
2015/8/16中国天津爆発サイトから3勸米發紡猗鯡仁瓠ぬ堝任寮鳥瀬宗璽生―个里燭
2015/8/14「古細菌」感染で脳脊髄炎 認知症患者を確認ー古細菌(古菌またはアーケア)は細菌とは別種の原核生物で,人間を含む真核生物の祖先に 近く,病気の原因になるとは考えられていなかった。
2015/8/13青酸ソーダが漏洩した!天津爆発
2015/8/13マグマの活動を示唆するニュージーランドの群発地震
2015/8/11地球温暖化対策に関する悲観的見通し:年間0.5〜3ギガトンの炭素の抽出と50〜250ギガトンの炭素貯蔵能力が必要
2015/8/5地下深部に住む微生物が深部石油・ガス開発に役立つ
2015/8/5世界で熱波 イラクは50度突破、インドの死者2000人超
2015/8/5大阪の地底に秘密のトンネル100キロ NTT西の通信ケーブルのための洞道
2015/8/4超臨界CO2動力サイクルの開発へDOE
2015/8/4高潮と豪雨ー米国沿岸都市の洪水リスクが高まっている
2015/8/3 米のCO2規制案 火力発電で32%削減 NHKニュース
2015/8/3カリフォルニア州干ばつで非常事態宣言:米国の山火事 1万人以上に避難命令 NHKニュース
2014/8/2オバマ米大統領が記念碑的な厳しい温暖化防止政策を打ち出す。
2014/8/2沙漠地域の帯水層が多量のCO2を貯留
2015/7/28見捨てられた戦争孤児,上野の浮浪児たちは大日本帝国の末路の姿だった。両親失い「野良犬」と呼ばれた 戦争孤児の70年
2015/7/25米国大西洋沖でCO2海底下貯留の可能性新研究
2015/7/24太平洋下2.5km深の「海底下の森」にCO2を還元してメタンに変換するメタン生成菌(古菌)が活動している ことが明らかになった。生命の深さ限界に近い?石炭や天然ガス資源の形成に関わる微生物生態系。
2015/7/24海洋機構、海底下2500メートルで微生物発見 青森・八戸沖で確認
2015/7/24 NASAが「地球のいとこ」発見 1400光年先、水存在か
2015/7/23ヘイワード断層大地震が近い?サンアンドレアス断層の支断層だが,サンフランシスコ湾東岸直下で,最近のフリーモントM4地震が前震で はないかと心配されている。
2015/7/20冥王星に熱水噴出孔?生命の期待高くなった
2015/7/20温暖化した地球 Jan-June 2015 warmest on record for globe.
2015/7/19メタン噴出孔?メタンハイドレート融解か?シベリアに謎のクレーター出現
2015/7/17ギリシアのサントリーニ火山カルデラの海底にCO2濃集プールを発見,ミノア文明を滅ぼした破局噴火の噴火口
2015/7/17火山噴火がローマ帝国を衰退させた?
2016/7/14世界で最も危険な種類の火山であるカルデラの最近の活動とその特徴
2015/7/13 粘性抵抗の無いスーパー流体を作るバクテリアー小型モーターなどへ応用できるか
2015/7/7 "バーベキュー・サマー"が当たり前になる!
2015/7/6湿地は嫌気的酸化でメタンを分解する。【気候科学】淡水湿地でのメタンの発生と分解
2015/7/6地震はルシ泥火山噴出の原因ではなかった,掘削が原因。
2015/7/6炭素税撤回によりオーストラリアの電力による排出量が4%増加
2015/7/3南関東の硫黄臭は箱根大涌谷噴火のためらしい。
2015/6/29 箱根で白い降下物,小さな噴火か?
2015/6/29台湾でカラーパウダー粉じん爆発,カラーパウダーはコーンスターチ(でんぷん)なので,炭鉱の炭塵爆発と同じ。インドア(閉鎖空間)で 起きれば大惨事になるので要注意
2015/6/26人為的温暖化と自然変動の比較NASA
2015/6/25フラッキング規制強化へー地震急増のため米国オクラホマ州も石油ガス開発規制を考慮
2015/6/24原油供給の過剰続く 米シェールの生産性向上でOPECの期待ほど生産が衰えていない
2015/6/24伊藤忠、シェールガス撤退 米開発会社株を1ドルで売却 住友商事も撤退方針,三菱商事と三井物産は継続前提に減損処理
2015/6/22火星にメタン生成微生物がいる可能性が高まった【地質学】火星隕石にメタンが含まれていた
2015/6/20地球は新しい大量絶滅期に入っている,米大学研究
2015/6/20アイスランドの首都付近に地震警告!
2015/6/19米オクラホマで多発する地震と,石油・ガス開発による廃水地下注入との関連を示す新研究
2015/6/19金星は生きているー火山が活動している
2015/6/18ローマ教皇が地球温暖化防止へ迅速な行動を呼びかけた
2015/6/17超巨大地震と大津波がロサンゼルスを襲う映画「サンアンドレアス」が米国で公開 サンアンドレアス断層地震で大津波は起きそうにないが
2015/6/17地震を誘発する断層への流体注入の役割
2015/6/17石炭ガス化複合発電(IGCC):経産省、次世代火力発電へ移行促進 低効率設備は規制
2015/6/15流体注入で断層再活動実験
2015/6/15流体注入により地震と前兆断層クリープ発生
2015/6/13 米国オクラホマ大学に地震学者を罷免するよう石油億万長者から圧力!
2015/6/8 G7:温室ガス新目標合意 50年までに40〜70%減 - 毎日新聞
2015/6/5氷河表面湖の下の水圧割れ目形成により急速に水がグリーンランド氷河底面に流入し,氷河底面の滑りを加速する。
2014/5/24地震発生時の断層脆弱化は相転移とナノメーター・スケールの流動化のため
2015/5/21「核のごみ」世界初の最終処分場、年内着工へ フィンランドで  :日本経済新聞
2015/5/20再生可能エネルギーが世界で770万人の雇用を生み出した。
2015/5/20テキサス州知事は「フラッキングによる石油/ガス開発を各地方自治体が禁止する」ことを禁止する。フラッキング誘発地震の頻発によりフ ラッキングを市などが禁止する動きを阻止するため!
2015/5/19米国ダラス市でM3.3地震,オクラホマだけでなくダラス周辺もフラッキング誘発地震が多い
2015/5/18実は加速していた全球的な海水準上昇
2015/5/18地球温暖化によりグリーンランド氷河に妊娠線が生じた!
2015/5/18火山大噴火により英国とデンマークに大地震が襲来したー2億年前
2015/5/16石炭火力のCO2抑制 貯留に頼らぬ技術必要:消石灰にCO2を吸収させても,石炭火 力のCO2抑制はできません。消石灰を作る過程で既にCO2を排出しているし,循環させても,やっぱり貯 留をしなければ,残念ながらCO2排出は減りません。 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO86725050T10C15A5X93000/
2015/5/12季節外れの台風6号,箱根に大雨が降れば,大涌谷の地すべりが心配,地すべりが噴火の引き金を引くこともある。気候と火山は無関係では ない。
2015/5/8大涌谷、最大6センチ隆起=「だいち2号」で観測−箱根山の地震、また増加
2015/5/8 米国ダラス市周辺でフラッキング誘発地震が頻発しているが,最大のM4.0地震が発生,テキサス州 北部を揺らした。
2015/5/8 CO2貯留(CCS)で米と協力 経産省、早期実用化へ成果共有  :日本経済新聞
2015/5/7今年3月の世界の大気中の二酸化炭素(CO2)平均濃度が測定開始後初めて400PPMを超えた(米海洋大気局 NOAA)。産業革命後、人間が化石燃料を燃やしたことでCO2濃度は120PPM以上増えた。
2015/5/7土星の衛星エンセラダスからのジェット噴出は,リフト/割れ目からのカーテン状噴出であると思われる。
2015/5/4箱根山の火山性地震、大涌谷付近水蒸気突出のおそれ,ハイキングコースなど立ち入り禁止
2015/5/2 CO2を地下注入してシェール・オイル/ガス開発
2015/4/30干ばつに悩む米カリフォルニア州が更に高い温暖化ガス削減目標を打ち出した。
2015/4/29人工地震が米国で増加していることが明らか。
2015/4/27【地球科学】米国テキサス州の地震、原因は人為活動なのか?
2015/4/27 CO2回収(CCS)を推進しなければ石油・ガス産業の未来は無い!
2015/4/27ネパール大地震の震源断層の破壊、東西に150キロ,南北120キロ,首都カトマンズの直下10キロで最大のずれ4.1m
2015/4/25ネパール大地震:首都カトマンズの西でM7.8,人口の多い地域で,被害が判るにつれて多くなる。雪崩や山崩れで孤立している地域や人 が心配,交通や通信の回復を急ぐ
2015/4/23 CO2回収・地中貯留(CCS)千万トンを達成:米エネルギー省
2015/4/21コロラド川ミード湖の“バスタブ・リング”:米国西部の大干ばつで命綱の水がめはフーバー・ダム建設以来最低の水位に!
2015/4/13世界のシェール・オイル資源量は5兆バーレル以上
2015/4/13地球最悪の大量絶滅事件は今に似たCO2増加による海洋酸性化が主因。古生代末は火山による炭酸ガス大量放出の ため
2015/4/08ブロントサウルスが復活した!昔人気のあった恐竜ブロントサウルスはアパトサウルスとは別種なので,名前を復活するべきという。山川惣 治の絵物語「少年王者」にも登場していたのがなつかし い。
2015/4/08 CO2原油増進回収(CO2-EOR)のパイロット操業に成功とマゼラン石油 が発表,米国ユタ州の温暖化ガス削減に寄与できるか?
2015/4/6地下水危機がカリフォルニアの農産物を脅かしている。
2015/4/1 CO2回収貯留(CCS)が鉄やセメントなどの重工業の温暖化ガス排出削減の唯一の実行可能な方策である。
2015/3/31北極にメタンハイドレート
2015/3/28温室ガス排出5〜6%増 計画中の石炭火力、運転なら 2030年ごろ
2015/3/24石炭の真のコスト:地球温暖化への負荷を無視してはならない。
2015/3/24火星で窒素固定!生物の存在に有利な,反応性の高い窒素化合物を火星探査機ローバー「キュリオシティ」が発見
2015/3/15 氷の下に海が存在し,海底や地下に熱水活動があるような衛星や惑星は宇宙に多数ありそうだ。そのような熱水活動域にはメタン生成菌に似た化学合成生物が生 きている可能性がある。宇宙には化学合成生態系は多く生まれているだろうが,猛毒の酸素を呼吸する人間は希な極限環境生物である。
2015/3/15 海洋に低酸素域が広がって,生物に不適に,温暖化で進行
2015/3/15 オナラ(バイオメタン)で動くバイオバスが英国で定期運行
2015/3/14強力サイクロンで南太平洋の島々にすさまじい被害,被害情報がさらに増える怖れ
2015/3/14温暖化防止にはCO2回収貯留(CCS)をもっと実施すべきー経済的に合理的なCO2価 格付けが実現すれば,CCSは普及する。
2015/3/14石油価格が安い今がCO2価格を実現する好機
2015/3/14 CO2の地下貯留、万一漏れ出たらどうなるか? スコットランドの海湾底で人為的にCO2漏 出させる現場実験を行い,日英共同で検証
2015/3/14世界CO2排出量は2014年32ギガトンで前年と同じに留まる。世界経済恐慌抜きでは初めて。
2015/3/14太陽系最大の衛星ガニメデにも地下の海があることが判り,生命の存在への期待が高まった。
2015/3/14エジプトがカイロの東に新首都を建設する計画発表
2015/3/13土星の衛星エンケラドスの海底に膨大なメタンハイドレート?メタンは熱水活動による岩石―水反応とメタン生成微生物により今も形成され ている可能性がある。
2015/3/13真のCO2吸引型火力発電所を建設できるか?
2015/3/12米国オクラホマ誘発地震は古い断層沿いに発生,M6級の強い地震の危険もある。フラッキング石油ガス開発の廃水注入で3億年前の断層再 活動。
2015/3/12地球外生命の期待高まる:土星の衛星エンケラドスに海底熱水活動
2015/3/11地下のマグマの動きを遠隔検知する技術
2015/3/10 既に70年前になった3月10日東京大空襲の記憶は今でも鮮明だ。真っ赤な炎の海に囲まれたこと,その後黒い焼死体の山をまたいで避難したこと。自分の家 のように遊びまわっていた町は消え,一面の黒い焼野原になった。でも,一家全滅したという友達に比べれば幸運だった。死ねば終わりだ。軽々しく「尊い犠 牲」と言ってもらいたくない。
2015/3/9次世代IGCC「CO2回収型」実用化へ
2015/3/8私には生まれ故郷が無い。3月10日東京大空襲で5才まで育った地域が完全に 焼失してしまったためだ。遊び場だった近くの学校も焼け,焼死体の山になっていたそうだ。それでも故郷がなつかしくなって,後に戻ってみたが,おさな心に かろうじて残っていた故郷の面影はまったく見いだせなかった。
2015/3/5火山噴火による死者が最近400年間に28万人
2015/3/3地殻深部からマグマ中を泡に付着して地表へ浮上する金属硫化物―浮遊選鉱の原理で大量の硫黄と金属が浅部にもたらされる。
2015/3/2地球温暖化は2036年には危機レベル(2度上昇)を越える。最近の地球温暖化の“鈍化”は大平洋と大西洋の数十年規模振動のためで,数 十年で終わる
2015/2/28巨大カルデラ噴火の脅威 浮かび上がる実態
2015/2/25急激な気候変動ーアフリカの湖底堆積物に記録
2015/2/25最古の丸木舟を発見 約7500年前 千葉県市川市雷下遺跡 縄文人の計り知れない航海力
2015/2/23(科学の扉)地球をめぐる炭素 温暖化防止へ、「循環」を追え
2015/2/22プレート境界割れ目にもぐるーアイスランドー北米プレートとユーラシアプレートが生まれ,別れゆく場所
2015/2/21ニューヨークは暑苦しい沼沢地になる。ニューヨーク市気候変動パネル報告
2015/2/20忘れられていたシャーロック・ホームズ物語を屋根裏部屋で発見,スコットラ ンド
2015/2/17火星上空に巨大な謎の「雲」出現
2015/2/17地熱(火山)によりアイスランド最大のヴァトナ氷河に洞窟のネットワークが形成されている
2015/2/16温暖化防止ジオエンジニアリングの有効性とリスクをテストするために次の巨大噴火をモニターする。
2015/2/16地震ー活断層を監視する衛星
2015/2/15大気のCO2濃度がこのまま増え続ければ今世紀中に巨大干ばつ(メガドラウト)が起きる(NASA)
2015/2/14 CO2除去ジオエンジニアリング(CDR)の意義についての全米科学アカデミー報告
2015/2/14世界石炭協会がCO2回収CCSへの投資を呼びかけている。
2015/2/12海洋からのCO2放出により最終氷河期が終わった?
2015/2/12温暖化防止ジオエンジニアリングでCO2除去技術にメリットがある。太陽光反射は危険,米科学アカデミー
2015/2/12温暖化と戦うため米国科学アカデミーはジオエンジニアリング研究を呼びかけた。
2015/2/9氷河時代には海面低下により海洋中央海嶺の火山活動が活発になり,マグマが噴出し,海洋地殻の形成が促進された。
2015/2/9地球温暖化により,オーストラリアが記録的猛暑になった。
2015/2/8中央海嶺の火山噴火は潮位ー海水準変動に敏感
2015/2/7巨大地震の震源になるプレート境界断層の断面構造のボーリング調査,ニュージーランドのアルパイン断層
2015/2/6見えない海底火山列が地球の長期気候変動に重要な役割をしている。
2015/2/6気候ジオエンジニアリング研究を開始しよう。
2015/2/5米国エネルギー省がフューチャージェンCCS実証プロジェクトから再度撤退-CO2回収(CCS)の将来に暗雲
2015/1/30地球温暖化によりアイスランドの火山活動が活発になる!
2015/1/28土星の200倍もの巨大な環を持つ太陽系外惑星発見
2015/1/27新メンブレン技術によるCO2回収パイロット試験
2015/1/27中国の石炭生産が初めて減少し出した!
2015/1/27世界一古い山火事:オーストラリアの“燃える山”,5500年前からの石炭層火災
2015/1/26ヨーロッパで2030年2億トンのCO2地中貯留を目標に/CCS産業提案
2015/1/24南極氷河が海に滑り落ちつつある。
2015/1/23地震,洪水,火山噴火・・・米国で最も災害の多い所-マップ
2015/1/22“カーボン・バブル”の破裂ー原油安による“津波”
2015/1/16: 2014年はもっとも暑い年であった。米国東部は低温であったが,全地球では2010年の記録を越えてもっとも暑い年になった。
2015/1/16:アイスランドの割れ目噴火は徐々に収まりつつあるが,氷河下火山の爆発的噴火の危険はむしろ増している。
2015/1/15マグマ溜まりの内部が見られるアイスランド
2015/1/14二酸化炭素400ppm時代の始まり 2015年
2015/1/14海面上昇の最大の源はグリーンランド氷河の融氷水か?
2015/1/14バッテリー電車がイギリスで復活か?
2015/1/12 “温暖化防止ができる最後の世代”に行動する責任がある/国連。
2015/1/12 CO2回収は必須だ!石油価格低下,巨大な石炭埋蔵量,膨大な新天然ガス資源の発見と開発―化石燃料が世界経 済を支え,推進し続けている。CO2回収・貯留(CCS)の大規模実施と省エネルギー・再生可能エネルギーの併用が温暖化防止の唯 一の道である。
2015/1/12フラッキングと誘発地震と天然ガス開発とCO2
2015/1/10地球温暖化防止のためCO2回収・貯留(CCS)開発を加速する必要があるが,CCS普及直前の“死の谷”に差 し掛かっている現在の施策がカギになる。国際エネルギー機関2014年CCS報告
2015/1/10溶けた核燃料、宇宙線ミュー粒子で探れ 福島第一1号機透過測定、来月から試験
2015/1/10米テキサス州ダラスで群発地震,フラッキング地震の一つ?
2015/1/9 CO2回収・貯留(CCS)は世界を救えるか?
2015/1/09 CCSで百万トン削減,CO2を地下帯水層に貯留,米イリノイ州でUSDOE
2015/1/09石油の3分の1,天然ガスの半分,石炭の80%は採掘できないー温暖化防止のため
2015/1/09アイスランドのリフト火山活動:溶岩ダイク・セグメントの水平方向への伸長
2015/1/8化石燃料資源の多くが無駄になる!温暖化2度以内にするためには燃やせない。
2015/1/8画期的な新抗生物質を発見,ゲームチェンジャーになる期待。
2015/1/7東日本大震災の震源西側で「ゆっくり滑り」 9年前から記録
2015/1/7原油安のメカニズム 「シェール封じ」の思惑も
2015/1/6桜島の活動、年初から活発化 噴石や火砕流に警戒
2015/1/6火山噴火予知は難しい。アイスランド最大の火山は静かに進行中,いつ爆発的噴火になるか?
2015/1/6火山の2価鉄放出がシアノバクテリアによる大気酸素化をさまたげた。
2015/1/4インドネシアのスラバヤ南の泥“噴火”空撮:マグマ―火山ガス―熱水ー地震系に誘発されている?
2015/1/1 無邪気に遊ぶ孫を見ていて,同じ5才で経験した東京大空襲の記憶がよみがえった。大火災の炎は今も鮮明だ。当時は死の恐怖よりひもじさの方がつらかった が,数十年後に飛行機事故で,死体から突き出す硬直した黒焦げの枯枝のような腕を見て,ディジャブ悪夢がよみがえった。多分私たちは戦争の記憶の残る最後 の世代だろう。戦争は人間が起こす災害だから,人間自身がやめることができるはずだ。しかし,いまもひもじさに苦しみ,死に直面する子供が世界になくなら ない。戦争を知る子供を増やしたくない。


2014/12/30金星にはかって超臨界二酸化炭素の海が存在した?
2014/12/29温暖化対策 希望をつないだ妥協
2014/12/27ニューヨーク市街を貫く緑の帯:廃線跡を再生するか?公園にするか?どちらも貴重!
2014/12/26 CO2と水で自動車走る 資源小国・日本の救世主
2014/12/26レーザ誘起ブレークダウン分光法(LIBS)によるCO2地中貯留からの漏えい監視技術
2014/12/19 CO2濃度世界図,NASAの炭素観測衛星から,北半球では中国の高濃度が目立つ。日本のいぶきとの相互検 証が可能になった.
2014/12/19マグマ・ダイクが段階的に横に広がりアイスランド・リフト噴火をした。
2014/12/17火星でメタンが時々湧き出ている(キュリオシティ)。火星地下にメタンハイドレートがあるかも,さらにはメタン生成菌の類がいるかも しれない?
2014/12/16火山活動で新しい垂直の岩脈(ダイク)が生じ,アイスランドの地殻がその分だけ拡がった。
2014/12/15石炭需要は2019年世界で年90億トンに達し,”ピーク・コール”は無い。CO2 回収CCSの大加速が必要
2014/12/14すべての国が温暖化ガス排出を削減することになった,リマ気候会議。
2014/12/14米国カリフォルニアの大干ばつは,地球温暖化に関連する。
2014/12/12 未利用ガス資源およびCO2貯留場としての日本に潜在する膨大な深部石炭層
2014/12/10温暖化を防止するために数千のCO2回収(CCS)プラントが必要
2014/12/10大地震に強い都市へロサンゼルス市長が大胆な建物や水・通信インフラの補強策を提案
2014/12/10ニューヨーク市にはイェローストーン国立公園より多くの生物多様性がある!
2014/12/07地球温暖化防止に安全に使えるジオエンジニアリングは何か?専門家たちが集まって議論している。
2014/12/07今のCO2排出削減の気象への効果は我々の世代に影響する。将来世代だけの問題ではない。
2014/12/07 CCSをCO2排出削減技術として容認するか,環境保護団体間の対立が深まっている。
2014/12/07温暖化対策で商機 日本CCS、CO2を地中埋め込み
2014/11/29 アイスランドのカルデラ上の氷河表面が地震と共に沈降し続けている。熱水とマグマの活動で地震と氷河底部が溶解?
2014/11/28火山溶岩の滝がアイスランドに出現。ホルフロイン割れ目噴火口から毎秒130立方メートルのマグマが川のように流出,75平方キロの 溶岩原を形成
2014/11/26 CO2回収貯留(CCS)のインセンティブ促進策をポスト京都議定書に盛り込む UNECE - 56ヶ国
2014/11/26炭酸税が米国で広がっている!肥満大国には一石二鳥ですが,「炭素税」ではありません。税収増・医療費抑制狙う
2014/11/26カルデラ火山下でマグマが地表に近づいている!身構えるアイスランド
2014/11/23 長野県北西部M6.7地震は糸魚川・静岡構造線活断層系北端部の神城断層により発生した (地震調査委員会)。白馬村では地盤が30センチ近く南東に移動,北西―南東方向の圧縮による逆断層地震に調和。糸魚川・静岡構造線沿いの大町・松本・諏 訪などで,活断層の監視や地震防災対策を急ぐべきだ。
2014/11/22 長野県北部の地震,糸魚川静岡構造線活断層系本体の一部が動いたのか?支断層の活動か見極める必要がある。余震分布からは本体の 端?山間地で孤立している人や集落が心配,携帯電話やヘリの活躍に期待する
2014/11/21 CO2回収クリーンコール発電誘導策がヨーロッパの電力不足解消に必須
2014/11/16アイスランドのホルフロイン割れ目噴火で溶岩流出1立方キロメートル,硫黄汚染で酸性雨,酸性雪,pH3.0
2014/11/6世界経済危機を2度起こした米共和党が3度目に起こすのは世界気候危機かも?
2014/11/5世界の大型CO2回収貯留プロジェクトが22件に倍増,節目を越えた。
2014/11/5地球温暖化の最大の原因はやはり二酸化炭素。
2014/11/3日本人墓地を呑み込んだハワイ火山溶岩流
2014/11/3主な削減技術は、バイオ燃料や二酸化炭素を地中に閉じ込めるCCS(二酸化炭素回収貯留)、原子力、風力・太陽光利用ーIPCC
2014/11/02放射性廃棄物は見えない所にしまえ,しかし忘れるべからず!
2014/11/01ハワイのキラウエア火山溶岩流はパホア日本人墓地を越えてパホア村の手前で前進が一時止まっているが横には拡大
2014/10/24次は氷河決壊と巨大噴火?目覚めつつある怪物ーアイスランドのバゥルザルブンガ火山危機:氷河下で群発地震ー氷河下から外へダイク貫 入―氷河の外でホルフロイン割れ目噴火ー氷河下カルデラ陥没とM3-M5の強い地震頻発
2014/10/22 CO2回収・貯留・利用(CCSU)の技術は実用化しているが,政策と財源策が急がれる。国連UNFCC会 合
2014/10/22カナダ首都で銃撃テロ
2014/10/22最古のヒトゲノム,現代人とネアンデルタール人は交雑していたことを示す
2014/10/21超臨界CO2サイクル火力発電システムを米国テキサス州で実証試験へ,東芝など。CO2排 出削減に画期的
2014/10/21アイスランド・リフト火山活動:カルデラの陥没35m,M5前後の地震頻発。溶岩流60平方キロ,毎日3万5千トンのSO2放 出。ラキ以後最大の火山活動。
2014/10/21今年は記録上最も暑い年になりそうNOAA
2014/10/21エアバッグ爆発で金属片飛散の怖れ,トヨタが米国で24.7万台リコール、タカタ製エアバッグ問題
2014/10/19百万年間長期安定と評価:米国ネヴァダ州の放射性廃棄物処分場ユッカ山地サイト
2014/10/18 CO2回収貯留、収益化のきざし - ナショナルジオグラフィック
2014/10/18逆風下の石炭産業はCO2回収貯留(CCS)に望みをつなぐ
2014/10/14 Too little too late! 世界のCCSプロジェクトは小出し遅出し―CO2回収・貯留が 実施され始めたが,温暖化を防ぐには僅かすぎ,遅すぎる!
2014/10/13月の内部は今も暖かい?1億年前の火山活動
2014/10/13ヨーロッパを襲うアイスランドからの亜硫酸有毒火山ガス汚染, SO2濃度ロンドン100 ug m-3,パリ40 ug m-3
2014/10/11シェール石油ガス開発の代価!米オクラホマの誘発地震が止まない。
2014/10/10アイスランドの首都レイキャビックに赤い太陽が昇った。割れ目噴火からの硫黄有毒ガス汚染のため。
2014/10/7炭素税で職を増やせるか?
2014/10/7大気中のCO2を直接に削減することができるか?それは実用になるか?
2014/10/7メタンハイドレートをCO2ハイドレートに置換する深海実験
2014/10/4世界中で火山活動が盛んになっている。地球の回転の変化のため?温暖化のため?氷床が解けているため?
2014/10/3 CO2回収事業がカナダで本格稼働
2014/10/3ハイドロ―リック・フラクチュアリング(”フラッキング”)の真実とウソ
2014/10/3溶岩流に橋をかける!ハワイの議会で議論
2014/9/30御嶽山噴火,なぜ日本は予知に失敗したか?ネーチャー・コメント
2014/9/30海底下CO2地中貯留の海洋環境への影響は小さい
2014/9/27火山は天然の応力計:桜島,阿蘇山,口永良部島,諏訪之瀬島に続き木曽御嶽山の噴火は西日本の応力増を示す。
2014/9/27 宇宙はドラえもんのポケットから生まれた?−宇宙の起源は4次元?
2014/9/27 御嶽山噴火 気象庁が火口周辺警報
2014/9/23 CO2回収貯留(CCS)抜きでは排出削減コストが倍以上になる。 IPCC 第5次統合報告書案がタイムリーな行動を呼びかける。
2014/9/23米国に旅客鉄道が復権するか?米加州の高速鉄道、年内にも入札 新幹線売り込み
2014/9/21水が巨大災害の引き金を引く,マントル・プルーム/サブダクションー破局噴火―火砕流―火山灰―“火山の冬”―絶滅寸前だった人類
2014/9/21米国サンフランシスコ湾の北で8月24日発生したM6ナパ地震の調査報告
2014/9/20史上最大の水誘発地震:東日本大地震M9.0はマントルからの水注入により発生した。
2014/9/20破局噴火の恐怖:アイスランドのカルデラ噴火が迫っている。Bardarbunga Volcano
2014/9/17地熱エネルギー抽出に水の代わりにCO2を利用してコストを下げる。メキシコ
2014/9/17複数の地震断層が同時にずれていた/M6カリフォルニア・ナパ地震,NASA-JPLの UAVSAR
2014/9/17アイスランドのバゥルザルブンガ火山地震活動開始以来1か月,氷河北の割れ目噴火は終息しつつあるが,氷河下のカルデラ噴火または割れ 目噴火の恐れ
2014/9/16ハワイのキラウエア溶岩流は開発地の北隅に達したが,住宅が無い区域を進んでいる。
2014/9/14溶岩流がハワイの住宅地に迫っている。キラウエア火山リフトゾーンの割れ目噴火と溶岩流で孤立する危険がある。
2014/9/14宇宙から見たアイスランド割れ目噴火の溶岩流と有毒火山ガス・プルーム
2014/9/14とりあえずカルデラ噴火しなくてよかった:アイスランドのバゥルザルブンガ・カルデラがM4.9地震時に25儡挧廖GPS設置1日 80冂晴次の澤21m沈下
2014/9/13カルデラ噴火と火山ガス汚染に厳戒態勢のアイスランド,二酸化硫黄濃度上昇,バゥルザルブンガ・カルデラ21m陥没,氷河表面に割れ 目,強い地震頻発
2014/9/12火山の下に潜むマントル・プルーム―メガ噴火の源か?
2014/9/12北アナトリア断層の大地震がイスタンブールの西で起きる。
2014/9/12 CO2排出世界地図
2014/9/12世界最大CO2排出削減―原油増進回収装置を米国最大石炭火発に日米合弁で建設,JX日鉱日石開発と三菱重工業
2014/9/11炭素税は温暖化防止だけでなく経済再生にも貢献する。
2014/9/11ダム地震,また中国で! 2014年8月3日M6.5雲南省魯甸地震(ろでんじしん)
2014/9/10アイスランドのバゥルザルブンガ・カルデラで強い地震頻発,大カルデラ噴火の危機
2014/9/10アイスランドに“青いもや”,ノルウェーに“硫黄泉の臭い”―割れ目噴火火山ガス・プルーム
2014/9/9大気CO2濃度396.0 ppm(2013年),産業革命前比42%増-前年比2.9%増で増加幅も過去最大,吸収力が低下-WMO
2014/9/9木星の衛星エウロパにプレート・テクトニクス NASA
2014/9/8 アイルランドのダブリンでSO2急増,アイスランドのホルフロイン割れ目噴火はラキ割れ目噴火に匹敵する。
2014/9/7 CO2回収・貯留(CCS)が温暖化防止技術としてようやく本格的に登場しようとしている。
2014/9/7ハワイの危険な住宅地開発,活動的なキラウエア火山の噴火割れ目を考慮していない!
2014/9/7アイスランド割れ目噴火の溶岩噴泉 "Volcano at night - Iceland September 4 2014"
2014/9/6アイスランドのバゥルザルブンガ・カルデラが15m陥没,カルデラ・リムに強い地震頻発,大きな噴火近い?
2014/9/6火山ガスの竜巻!アイスランドのホルラウン割れ目噴火,赤外線カメラ
2014/9/6炭素税廃止後,オーストラリアのCO2排出が増加した。
2014/9/6 CO2排出回収装置をテキサスの石炭火力発電所に後付けし,油田に注入する。
2014/9/6デング熱やマラリアも 気候変動が生命を脅かす
2014/9/5海面上昇ーゆっくりとウォーターフロントをむしばむ災害Reuters
2014/9/5海洋プレートの拡大現場を目撃した世界の150万人:アイスランドの割れ目噴火ウェブカメラ
2014/9/5キーストーン陥没による溝状の凹地に新しい割れ目噴火が始まった。やはりキーストーン陥没は割れ目噴火の前兆
2014/9/5アイスランドの割れ目噴火からのSO2プルームの衛星データ
2014/9/4日本のエネルギー・セキュリティは?東日本大震災以来,石油や天然ガスへの依存が高まった(IEA)
2014/9/4 超弩級巨大恐竜ドレッドノートスをアルゼンチンで発見,26メートル長,60トン重
2014/9/4“深海マツタケ”はエディアカラ生物群の末裔か?オーストラリア沖の深海にキノコのような形の新種生物
2014/9/4キーストーン陥没は割れ目噴火の前兆:小リフト・バレー(溝状の陥没)がアイスランドのヴァトナ氷河下へ―氷河下噴火/氷河決壊洪水が近 い?
2014/9/3茨城県日立鉱床は日本最古の5億年前カンブリア紀に形成された海底火山・熱水性硫化物堆積鉱床(銅・亜鉛)
2014/9/3 世界中から150万人が目撃したアイスランド噴火:割れ目噴火をウェブカメラで150万人が目撃した。80%の120万人が海外から!
2014/9/2地震断層監視衛星:EU衛星の干渉合成開口レーダー(InSAR)映像が米カリフォルニアのナパ地震断層による大地の変形を捉えた
2014/9/2 “火山の冬”の危機:アイスランドのヴァトナ氷河の北の割れ目噴火で硫黄に富むガス噴出,ヴァトナ氷河の南で起きた1783年ラキ割れ目噴火による火山の 冬を再現しなければよいが。深部のアイスランド-マントル-プルームからのマグマがラキ割れ目噴火や新しい割れ目噴火を起こしている。
2014/9/2 南極海岸沿いの海水面は南洋全体よりも毎年2舒幣綛發なっており、融解した氷床が急速な海水面上昇を引き起こしている
2014/9/2ワイン・カントリーを裂くM6ナパ地震断層の地割れや“モールトラック”,米サンフランシスコ湾北岸ナパ・ヴァレー
2014/9/1 世界最大のCO2排出権市場-中国全国市場が2016年スタートへ
2014/8/31アイスランド割れ目噴火からの溶岩噴泉も噴煙も高くなってきた.
2014/8/31アイスランドでは2週間くらい前から氷河の下で溶岩を流出する割れ目噴火をしていた?氷河の下の水が一気に流出して大洪水をおこす恐れ がある。
2014/8/31割れ目噴火再開,アイスランドのヴァトナ氷河の北。ウェブカメラで見られる。
2014/8/30ラバウル火山の噴火,”さらばラバウルよ”の歌で知られている港はカルデラそのもの
2014/8/29 アイスランドで地表噴火開始,噴火口が口を開いた。氷河の北外で割れ目噴火!
2014/8/28アイスランド地表噴火が近い?“キーストーン”陥没がダイク上 に生じた。マグマが地表に接近している。
2014/8/28アイスランド氷河下噴火:Vatna氷河に巨大な割れ目や陥没,氷河 下でマグマが氷を融かしている。
2014/8/27 冬の洪水がイギリス人に人為的温暖化を確信させた。
2014/8/27イェローストーン破局噴火の火山灰は米国太平洋岸から大西洋岸まで覆った!
2014/8/27 温暖化ガス排出の暴騰の前に無力な政治,不可逆的な影響,国連IPCC新報告書案
2014/8/27 CCS実証実験の経験,オーストラリアのオトウェイCO2地中貯留プロジェクト
2014/8/27“増設中”のCO2排出源に注意を向けよう
2014/8/27アイスランド地下のダイク(マグマ)割れ目は北に進みアスキャ火山に達した?このままマグマが地表に向かわなければ良いが?
2014/8/27太陽系外ではじめて水(氷)でできた雲を発見,たった7光年先
2014/8/26カリフォルニア山地が15弌な胴饑症平均4侘患,大干ばつで地下水・地 表水が失われたため
2014/8/26アイスランドのダイク状マグマ貫入は長さ40km,マグマ体積1立方キロ メートル,プレートを1メートル近く押し開いた。大規模なリフト割れ目噴火に?
2014/8/25米カリフォルニアのナパ地震の震源はCarneros断層か?隣のWest Napa断層か?地震断層調査が必要。
2014/8/24大西洋海底から多数の天然メタン湧出,米東岸沖メタンハイドレートから?
2014/8/24右横ずれ地震断層で出来たと思われる”プレッシャーリッジ”を飛び越えるスケーターや,ハイウェイを横切る右横ずれ地割れの映像,カリ フォルニアのナパ地震
2014/8/24米カリフォルニア州でM6.0の強い地震,サンアンドレアス断層の派生断層 の活動?
2014/8/24アイスランドの火山は氷河下噴火。小康状態だったが再び活発化,地震多発。
2014/8/23アイスランドのヴァトナ氷河の下の陸地が20囘貔召帽がった。25卍垢 ダイク状マグマ貫入 http://co2.eco.coocan.jp/ref/87oshima.pdf プレートが生まれ分離・拡大する過程を目撃中! 
アイスランドで噴火が始まった。氷河の割れ目から上がる水蒸気が赤くなった。氷河下でマグマ活動か?Aviation codeが赤になった。http://baering.github.io/
2014/8/22石炭火力のCO2回収設備、米と三菱重など連携,米 国の30%削減方針に不可欠
2014/8/22 CO2海底下貯留(CCS)実用化へ今秋にも適地調査 日本近海で10カ所
2014/8/22アイスランドのカルデラの陥没とカルデラ縁地震,氷河下ダイク貫入は,噴火が差し迫っていることを示す。氷河洪水と爆発的噴火と火山灰 が心配 http://co2.eco.coocan.jp/ref/87oshima.pdf
2014/8/22三大地震だけで世界の全地震エネルギーの半分を占める。1960年M9.5チリ地震,1964年M9.4アラスカ地震,2004年 M9.3スマトラ地震
2014/8/21ゴミCCUS(CO2回収・利用・貯留)技術の開発 へ生ごみ焼却時CO2回収 環境省
2014/8/21ヴァトナ氷河洪水がおきると,氷河の下で爆発的噴火がおきる。アイスランドはプレート境界のリフト系割れ目噴火かカル デラ噴火
2014/8/21アイスランド最大のヴァトナ氷河の下側を融かしてとんでもない規模の大洪水がおきる
2014/8/20リフラッキング(re-fracking)ブームが米国で始まっている。古い石油・ガス井を新技術で再開
2014/8/20南極の氷の下に隠された湖に豊富な微生物が棲んでいる。
2014/8/20ジオエンジニアリングに高いハードルを設定する?地球温暖化防止へジオエンジニアリング国際会議
2014/8/20アイスランドのバゥルザルブンガ火山の3次元地震活動グラフ
2014/8/19温泉発電:湯けむりで地熱発電 全国の温泉地に
2014/8/19マグマはアイスランド最大のヴァトナ氷河の下3kmから7劼凌爾
2014/8/19アイスランドのバゥルザルブンガ 火山は割れ目噴火になる?1783年ラキ火山噴火の悪夢
2014/8/19アイスランドのバゥルザルブンガ (Bardarbunga)火山が噴火しそう!大規模なら空路に影響
2014/8/18 CO2回収・リサイクル(CCR)とCO2回収・利用・貯留(CCUS)
2014/8/18ファーガソン(米ミズーリ州)は燃えている。警察の軍隊化。
2014/8/18韓国原発の使用済核燃料貯蔵スペースが2016年で満杯になる
2014/8/18宇宙折り紙!太陽光パネルに折り紙を応用,宇宙で使う。
2014/8/18イランの古都スーサ近くでM6級地震が続発,かなりの被害がでそう。
2014/8/17オーストラリアの石炭産業が再生可能エネルギー廃棄で100億ドルの棚ぼた利益?
2014/8/17アイスランドのBardarbunga火山で激しい群発地震,氷河下で噴火?氷河洪水・火山灰警戒
2014/8/16:CO2による海洋 酸性化はサメの嗅覚を鈍らせる。
2014/8/15大干ばつのカリフォルニアで地下水抜き取り により年1フィート土地が沈下
2014/8/15海を今守ろう。ひん死の患者は判らなくてもまず助けなければならない。
2014/8/15氷河消失の3分の2は人為的
2014/8/15チリM8.2地震はまだ沈み込み帯断層に破壊残があるので更なる巨大地震が発生する?東日本大地震でもその北にも南にも破壊残がある。
2014/8/14世界のCCSプロジェクトが2011年の 50%増の22件に増加した。
2014/8/14カリフォルニア大干ばつが将来の地球温暖化による深刻な生態危機を予告
2014/8/14約32億年前の小惑星衝突はM10.8超巨大地震を起こした。
2014/8/14深海底資源開発に関心が高くなり,脆弱な生態系の影響調査がヨーロッパで行われる
2014/8/14“ピーク”シェールガスは“ピーク”オイル よりタチが悪いか?
2014/8/11南極“氷震icequake”を2010年 M8.8チリ地震が誘発した
2014/8/11サンフランシスコの北とハリウッドの北に巨 大な地震空白域
2014/8/11ニューヨークの海にザトウクジラやホオジロザメー海がきれいになったため?
2014/8/10東日本大地震の北側の気になる場所での M6.1青森県東方沖地震
2014/8/7 CO2地中貯留安全 研究ー地質力学と割れ目系貯留層,コロラド鉱山大学など
2014/8/7 CO2観測衛星 (OCO-2)はCO2発生源と吸収源を宇宙から観測し始めた
2014/8/5南アOrkneyの金鉱山でM5.3地震,震 源深さ10km,酸性鉱山水が原因?
2014/8/5米中連合がCO2回収 貯留(CCS)への道をリードする
2014/8/5イェローストーン火山が数週間以内に噴火する というデマ
2014/8/5 CCS成功のカギは市民参加―CO2回 収・貯留(CCS)プロジェクトへ教訓8条
2014/8/4火力発電所からのCO2で の石油増進回収がブレークスルーになる
2014/8/3 CCS実証実験開始,北海道苫小牧沖CO2海 底下貯留
2014/8/3口永良部島が噴火,屋久島の西
2014/8/3米国トレド市に緊急事態宣言,エリー湖の藍藻毒のため
2014/8/3北極海に巨大な波,氷が解けて自由海面が拡大したため
2014/8/3米国南東部メガロポリス形成へ,アトランタ―ローリー間
2014/8/1シベリアのミステリー・クレーターは凍土の解 凍で出たメタンの噴出が成因か
2014/8/1大気CO2濃度低下の ため南極氷床ができた。大陸分裂のためではない。
2014/7/31プレート境界巨大地震を直接監視,ニュー ジーランドのアルパイン断層掘削
2014/7/30下水汚泥でおいしくなあれ 処理で発生、 CO2や再生水活用
2014/7/30炭酸税を米国に導入しよう
2014/7/29 土星の衛星エンケラドスの表面に液体の水,101個の噴泉
2014/7/28常陸那珂共火にCCS導入検討求める−経産 相、環境アセス
2014/7/27湖で高さ73mの津波!アイスランド Askja火山の大規模地すべり
2014/7/26米国西部の地下水の異常減少が衛星重力デー タにより明らかに
2014/7/23温暖化否定論者は英語国に多い!
2014/7/14温室効果ガスとオゾンが原因のオーストラリ ア南部の乾燥 | Nature Geoscience
2014/7/12 シェール開発で米最大の石油産地に:パーミアン盆地(テキサス,ニューメキシコ州)
2014/7/11強力なハリケーンが来たらどうなる?南フロ リダのグーグル衛星写真を見ただけでも戦慄する! マイアミが溺れかけているが温暖化否定論者政治家が対策拒否
2014/7/11地熱でイェローストーン公園の道路のアスファルトが融け出した
2014/7/10米中「気候変動で協力」 温室ガス削減、戦 略・経済対話
2014/7/9米国干ばつによりミード湖の水位がフーバーダ ム完成以来最低に
2014/7/8国連が地球温暖化防止のロードマップを初めて 出した。
2014/7/8太陽光発電所ソーラーパークの環境問題
2014/7/8火山の根はどれだけ深いか?セントへレンズ山深部地震探査
2014/7/8北海道支笏カルデラの樽前火山付近でM5.8地震
2014/7/5 伊豆半島や東北地方の火山地域の地下で、地震波の速度が著しく低下: 震災後
2014/7/4米オクラホマ州の地震多発、シェール採掘に起 因 コーネル大
2014/7/2フラッキングによりオクラホマ州が米国の地震 首都になった
2014/7/1 海山の沈み込みで津波地震が起きる
2014/6/30地下350メートル、「核のゴミ」処分の模 擬施設 年内に地下実験が始まる 北海道・幌延
2014/6/28水素工場から百万トン以上のCO2回 収に成功,米テキサス州
2014/6/28国立公園内のフラッキング許可へ コッツウォルズでシェールガス開発?英国
2014/6/27CO2排出源・吸収 源を高精度マッピングする炭素観測衛星 打上げへ NASA
2014/6/25 米経済への”津波” 温暖化で数十億ドルの損失
2014/6/25米コロラド州グリーリィ地震で地下注入井停止指令
2014/6/22火力発電所のCO2排 出制限へ オバマ大統領がやっと大きな一歩
2014/6/21「富岡製糸場」 世界文化遺産に登録決定
2014/6/20最新鋭の石炭火力をチリに 温暖化ガスの排出枠を得る「2国間クレジット制度」を活用
2014/6/20メタンハイドレート、山形・島根沖でも有望 ガスチムニー構造
2014/6/18中国と英国がCCSやシェールガスや原子力 など低炭素技術で協力
2014/6/18太平洋に世界最大の海洋保護区を創る。米オ バマ大統領
2014/6/18原発や火力発電所が特に地球温暖化に弱い
2014/6/17電力、化石燃料への依存88%に エネル ギー白書
2014/6/17グリーンランド氷床の融解・再凍結による流動化
2014/6/16温暖化交渉に前進機運 米中が前向き 気候 変動会合が閉幕
2014/6/15地球最大の水がめは深部マントル,海洋でも極氷冠でもない。
2014/6/13地球温暖化対策 障害は科学敵視の経済思想
2014/6/13南極で新発見の火山が氷の下で噴火するかもしれない。温暖化と共に氷河融解を加速
2014/6/12米環境保護庁はCCSのポテンシャルを認知したがインセンティブは創れてない
2014/6/11 CO2地中貯留のため米国モンタナ州で研究井
2014/6/11西之島周辺6キロ 噴火の危険性
2014/6/11地熱が南極氷河崩壊を加速!
2014/6/11中国ガス需要、2019年に90%増
2014/6/10東電、原発に「凍土壁」 寿命わずか7年に疑問の声
2014/6/9天然ガス中のCO2を分離回収できる多孔質炭素材
2014/6/7石 炭火力規制、米で火種  CO2、2030年に3割減表明 国際交渉、主導狙う
2014/6/7世界 に広がる「脱 石炭」 関連企業に価値下落リスク
2014/6/6EU の温暖化ガス排出量が 19.2%減になった(2012年,1990年比)
2014/6/4CO2排 出削 減が本道で,温暖化防止に抜け道は無い
2014/6/4日本 のCO2排出、震災後7%増 原発停止で電力部門は3割増
2014/6/3中国がCO2排 出枠(絶対値上限)を2016年から初めて設定
2014/6/3草津 白根山に噴火 警報
2014/6/3電力 会社、生き残り策に「原 子力公社」構想
2014/6/2米、火力発電 のCO2を30% 削減 新規制案で30年までに
2014/6/1世界 最大の地熱発電プロジェ クトがインドネシアで6月開始
2014/5/31「シェール 革命の次は石炭革命」  CCSで石炭復権 化石燃料は 使いきれないくらいある。 エネルギー問題の元凶は地球温暖化だ。
2014/5/31 CCSで石炭復権も アジアのエネ需要、ガスで賄えず
2014/5/30 CO2回 収貯留(CCS)投資はCO2価格トン当たり125ドル以下でも推進できる
2014/5/29二酸化炭素 を地下に閉じ込める作 戦?
2014/5/29大規模CO2回 収・貯留(CCS)の資金調達法
2014/5/29地 球の初期(40億年前)の大陸地殻はアイスランド似
2014/5/26地球温暖化 を防止するには44兆ド ルのクリーンエネルギー投資が必要
2014/5/26世界の 堆積盆地のCO2貯留ポテンシャル IEA
2014/5/26巨 大地震、過去7千年に16回 高知大が池底の堆積物分析
2014/5/26石炭火力巡 り日米攻防−G7エネ相 会合
2014/5/26雲 南省でM5.6の地震、31万人が被災
2014/5/25ピケ ティ氏の陰鬱な「資本論」 ウォール街に警戒
2014/5/24ギ リシャのエーゲ海北部で 強い地震M6.9
2014/5/23先端技術: 水平掘削―水圧破砕を用 いるシェールオイル生産実験が日本でも開始
2014/5/23シェールオ イル 2例目の採掘へ実証試験秋田県男鹿市福米沢油田
2014/5/22化 石燃料はCO2回 収・貯留(CCS)により環境にやさしくなるか?
2014/5/20中国 「シェールガスの商業開発に成 功」
2014/5/20Space stowaways on the Curiosity. Worry of Mars contamination by Earth microbes
2014/5/20CO2回 収 貯留(CCS)市場が急成長する
2014/5/20火 星への密航者:地球微生物がキュリオシティで見つかった
2014/5/20福島で採取 された放射性物質を摂取したチョウに影響が確認された
2014/5/19ハ リウッド活断層の詳細な 位置を空から見る:米ロサンゼルス地域の地震・活断層図
2014/5/18火 災竜巻 "firenado"がカリフォルニアの山火事で発生
2014/5/18人工的なカ リフォルニア地震リス ク増加,大規模地下水利用で巨大活断層の応力変化
2014/5/18最大の 恐竜タイタノソウルの化石アルゼンチンで発見,重さ77トン,長さ40m
2014/5/17猛 暑ー干ばつ―山火事ー南 カリフォルニア温暖化で人が住めなくなる?
2014/5/17海 底火山による津波の危険
2014/5/16不帰点を越 した温暖化:南極氷河崩 壊はもう止まらない
2014/5/16米 核廃棄物処分施設(WIPP)の放射能漏れ事故は、安全性に対する過信
2014/5/14海底資源を 官民で探査 政府が新組 織
2014/5/12人 工誘発地震の可能性カ ンサス州
2014/5/9グリーンラン ドの氷床溶解は人為的温 暖化と自然変動に半々の責任
2014/5/9深海 の破局噴火:深さ1000m超のHavre海底カルデラ火山の爆発的噴火
2014/5/8温暖化による 暴走海面上昇:東南極の ウィルクス盆地の氷河栓がとける
2014/5/8干ばつは 最悪の環境・経済災害の一つ:2011年米国カンザス干ばつ
2014/5/8“ピ ノキオ恐竜”鼻の長い小型のティラノサウルス
2014/5/6フ ラッキング地震警報が出 た。米国オクラホマ州
2014/5/5地球温暖化は 明瞭な現実の危機。米報 告書”National Climate Assessment”
2014/5/5海底下CO2貯 留(CCS)/原油増進回収(EOR)合同プロジェクト:北海油田
2014/5/5南関 東でM6.0地震首都直下地震ではなく,来たるべき房総沖地震の深部前震か?
2014/5/5約17 メートルの大津波が千葉県銚子市沿岸に達していた。1677年延宝房総沖地震
2014/5/5シェー ルガス・バブル
2014/5/5フ ラッキング(シェールガス水圧破砕)が地震予知を容易にする。
2014/5/5フ ラッキング地震は現実に発生。米国地震学会“誘発地震セッション”
2014/5/4 CO2地 下 貯留に脚光 温暖化や新エネ開発に対応
2014/5/3 CO2を 地下に長期貯留するとどうなるか?12年間の研究報告
2014/5/3天然地下圧力 計:マグマ溜まり―奥飛騨・長野県境焼岳火山近くで地震群発

2014/5/2地球 温暖化防止(CCS) セッション(日本地球惑星科学連合大会,パシフィコ横浜)終了
2014/5/1二酸化炭素回 収・貯留(CCS)は温 暖化ガス排出量抑制に役立つが、幅広い技術的取り組みと経済的推進が必要
2014/5/1大規 模な二酸化炭素回収・貯留(CCS)システムが米国とカナダの石炭火力発電所で稼働
2014/4/30人類が細菌 に負ける日:抗生物質の効か ない「抗生物質後世界」キズが命取りに
2014/4/30日 本からアメリ カ太平洋岸侵略!震災漂流物に乗る漂着生物達
2014/4/29CO2を 地 熱地帯の地下に永久固定する。アイスランド
2014/4/29エタノール はガソリンより7%温暖化ガス排出増
2014/4/27 チェルノブイリで栄える鳥,生物の放射線への適応能力
2014/4/25南 部バルト海地域のCO2地 中貯留適地
2014/4/24 CO2回 収・貯留(CCS)のハードルは,技術より意志とインセンティブ
2014/4/24オラン ダは化石燃料依存度が高いが低炭素化を推進
2014/4/23カ ルデラ噴火予知に本腰  姶良や鬼界
2014/4/17CO2除 去(removal)をするCO2回 収・貯留(CCS)付きバイオエネルギー (BECCS)
2014/4/16石炭ガス化 CO2回 収技術で米国と中国のエネルギー大手が協力
2014/4/16オ イル・サンドCO2捕集プロジェクトが重要な節目を達成した。
2014/4/16石 油採掘が2012年イタリア北部で地震を引き起こす引き金になった。
2014/4/15 CO2回 収・貯留(CCS) の実用性と安全性は明らかだ。IPCC報告書は悲観的すぎる?
2014/4/15世 界CO2回収・貯留(CCS)インタラクティブマップ
2014/4/15 CO2回収・貯留(CCS)で石炭エネルギーセンター(JCOAL)はオーストラリアや北米と協力
2014/4/15 CO2回 収・貯留(CCS) は「無いと2度以内は無理」というほど位置づけが高められた。温暖化防止IPCC報告書
2014/4/15ガ スを空中に出さない新火力発電などを普及させることが重要だ
2014/4/14 CO2回 収・貯留(CCS)を持たない火力発電は全廃する必要がある IPCC報告書 
2014/4/13人 工地震の新種:フラッキング誘発 地震が米国のシェールオイルやシェールガスの開発地域で急増している。オクラホマ,テキサス,オハイオなど。
2014/4/13フ ラッキン グ誘発地震のためオハイ オ州はシェール・オイル・ガス開発のための水圧破砕(fracking)に厳しい制限を課した
2014/4/13今すぐCO2削 減を実行することをIPCCが呼びかけた(Nature誌)
2014/4/13昔 の火星表面では水はほとんどの期間凍っていた。大気が薄いので寒すぎた
2014/4/13海 中塩湖の探索,メキシコ湾 NOAA Ship Okeanos Explorer
2014/4/10米国オクラ ホマ州のフラッキング誘 発地震急増
2014/4/10バ ミューダ沖海底にレアアース団塊,深海資源開発の勧め
2014/4/10先進国 「30年までに温室ガス半減 必要」IPCC
2014/4/10土 星の衛星エンケラドス、氷の下に広大な「海」
2014/4/9ハイ テク・ツリー:木のセル ロースから安価なエネルギー貯蔵材
2014/4/8世界の大規模 CO2回 収・貯留(CCS)プロジェクト一覧マップ
2014/4/7秋田 でシェールオイル商業生産 国内初
2014/4/3CO2地 中貯 留用地下注入井に初の仮認可 米環境保護庁
2014/4/3チリ 北部M7.6地震,M8.2巨大地震の1日後に発生した余震
2014/4/2日本への津波 到達は3日早朝,チリ北 部の太平洋沖で1日午後8時46分(日本時間2日午前8時46分)ごろ、マグニチュード(M)8・2の地震
2014/4/1CO2回 収・ 貯留(CCS)の全面的実施を決断するのは今すぐでしょう!原発に代わりうる削減策はCCSしかない。
2014/4/1石炭 火力発電所のCO2排出を削減するためのCO2回収・地中貯留(CCS)米 国とカナダ
2014/4/1古細 菌(メタン生成アーケア)の大増殖が2億5千万年前の大量絶滅を起こした?
2014/3/31ディズニー ランド群発地震, Puente Hills活断層ロサンゼルス直下地震は破滅的
2014/3/31 Oso地すべりの動きと発生メカニズム - The Landslide Blog - AGU Blogosphere
2014/3/31温暖化の経 済損失、収入の 0.2〜2% IPCC総会閉幕
2014/3/31地 球表面のプレート移動、マントル要因を裏付け
2014/3/30中国の三峡 ダム近くでM5程度の地 震が頻発,ダム地震?
2014/3/29ア イスランドで小規模な氷 河洪水と群発地震
2014/3/28火力発電 所、相次ぎ増設 大手電 力、石炭で原発分補う
2014/3/28地 熱発電、国が事業化支援
2014/3/27地熱ヒート ポンプ(GHP)により 直接地熱を冷暖房などに利用する
2014/3/27古 生代のやさしい巨人アノマロカリス?
2014/3/25CO2地 中 貯留のポテンシャルをオーストラリアでボーリング調査
2014/3/25
米シアトル付近ワシントン州Osoで大規模な地すべ り,死者14人不明176人!
2014/3/18北米CCS 協会North American Carbon Capture & Storage Association (NACCSA)
2014/3/18ロサンゼルスやサンフランシスコに大地震が来るのは時間の問題,地震が 怖いのは日本だけではない
2014/3/18全米6万本 のシェールガス/石油掘 削井の分布地図―技術の勝利?バブル?
2014/3/17米カリフォルニアのビバリーヒルズの北西10kmでM4.4地震
2014/3/14“クリーン コール時代”が来るか? オバマ気候政策の 試金石:米国最初のCO2回収貯留(CCS)石炭火力発電所
2014/3/14南 海トラフ沈み込み帯深部先端で 伊予灘M6.2地震発生 南海地震と中央構造線のどちらにも注意が必要。
2014/3/10硫酸の雨で 恐竜絶滅!新説、隕石衝 突で海が硫酸に
2014/3/10米 シェールガスが対ロシア武器に
2014/3/10特 集:どこまで悪化する?  異常気象 ニューズウィーク日本版
2014/3/10廃水注入に よる過去最大の人工誘発 地 震:米オクラホマ2011年M5.7 地震
2014/3/8恐竜 を絶滅させたダークマ ター
2014/3/8CO2排 出抑 制へ炭素税 コスト上昇が行動変える。
2014/3/6米核 廃棄物地下岩塩層貯蔵施 設の放射性プルトニウム漏えいで処分法再研究
2014/3/5天然ガス黄金 時代:再生可能 エネルギーへの架け橋
2014/3/5日本 のエネル ギー・ジレンマ ネーチャー誌
2014/3/3インダス文明 は干ばつにより滅びた!
2014/3/3フル サイズCO2回 収貯留(CCS)プラントをノルウェーが2020年までに建設
2014/2/27世界最初の フルスケールCCS付き ガス火力発電所を英国が建設する。
2014/2/27既 存の気候ジオエンジニアリング技術は効果が小さい割に副作用が大きい!
2014/2/21アブダビの 製鉄CCSプロジェクト :製鉄からCO2を回収して,アブダビの油田に注入
2014/2/21米 国のCO2-EOR(原油増進回収−貯留)法規の動向
2014/2/20シェールガ ス開発でCO2削 減:フラッキング・サイトをCO2地中貯留に活用。
2014/2/19 オー ストラリアの CCSプロジェクト分布地図 ,海底CCSも承認開始
2014/2/17 「温暖 化は今や『大量破壊兵 器』だ!」米 温暖化対策は最優先課題
2014/2/17 世 界最初のCCS組み込み石炭火力発電所カナダ
2014/2/14 温暖化 対策、勝負の1年  「京都後」へ国際会議続々 最終合意、来年末めど
2014/2/10 恐竜の“ポンペイ”
2014/2/9 グ リーンランドの氷河の 加速:1990年代の4倍の速さ
2014/2/8 日本地球 惑星科学連合大会 (2014年4月28日―5月2日パシフィコ横浜)の温暖化防止セッションH-RE31地球温暖化防止と地学(CO2貯留・利用, CO2-EOR,地球工学)への発表申込みは2月12日まで
2014/2/8 CO2回 収(CCS)プロジェクトの成功が米国で報じられています
2014/2/7 LNG とCCS:似てい るところと違うところ,そして相乗効果
2014/2/4 石炭の黒い津波がCO2防 潮堤を越えて悲劇を招く
2014/2/4 CO2回 収貯留(CCS)実証プロジェクトーEUの経験
2014/2/4 白 バラプロジェクト:ヨークシャーのCO2回収貯留(CCS)に英政府支援
2014/2/3 CO2回 収貯留(CCS)にインセンティブを与えるには炭素価格付けが必要
2014/2/3 CO2排出は増加し続ける。効率化に関心が高くなっているにもかかわらず
2014/2/3 カ リフォルニア干ばつにより地球温暖化への懸念が強くなっている
2014/2/2 低炭素技 術を推進するエネルギー 政策
2014/2/2 南 極氷床下に巨大な溝状の地形:長さ300km,幅25辧た爾3km
2014/2/2 CO2石 油増進回収市場拡大,CO2回収普及の原動力に
2014/1/30 火 山熱発電!アイスラ ンド
2014/1/30 CO2削 減を今すぐに急ごう Deep decarbonization
2014/1/30 CO2回 収貯留(CCS)がエネルギー問題解決のカギ
2014/1/30 CO2回収貯留(CCS)の最前線シンポジウム
2014/1/29 CO2排 出削減に必要な主な技術。CCS、効率化、再生可能エネルギー
2014/1/29 新 しい万能細胞!弱酸で簡易に作れる。理化学研究所
2014/1/29 地球温 暖化は事実だ。議論の時 は終わった。オバマ米大統領一般教書演説
2014/1/29 核 のゴミ、国内処分可能と専門家 自民会合で地層安定地域示す
2014/1/25 オバマ 大統領「化石燃料がそこ にあるから」CO2回収理由
2014/1/24 ゼロエ ミッションを実現する三 つの政策世界経済フォーラム
2014/1/24 石 炭の埋蔵量は石油と天然ガスの合計より大きい
2014/1/24 海 底堆積層中の炭酸カルシウムが海洋CO2貯留に大きな貢献をする
2014/1/24 プレー ト境界の薄い粘土層内の 水圧上昇により東北大地震が発生した
2014/1/24 カ ンラン石風化を利用したCO2貯留の能力が見直されている
2014/1/23 宇 宙線ミュー粒子で原子炉内可視化に成功
2014/1/23 アブダ ビで油田へのCO2注 入は2016年から,アブダビCO2-EOR/CCS
2014/1/23 映 画『100,000年後の安全』本編をYOUTUBE無料配信
2014/1/22 次 のシェールブーム・ ホットスポットはオーストラリアか?
2014/1/21 米国カ リフォルニア州が大干ば つ,100年来最悪,緊急事態
2014/1/21 北 朝鮮でレアアース大鉱床を発見か?
2014/1/21 ビー バーを戻せ!温暖化で雨の増える英国 
2014/1/19 石 炭の黒い津波が温暖化ガ ス削減目標を呑み込む。
2014/1/17 プレー ト境界面の間隙流体圧上 昇が東北沖地震を発生させた!
2014/1/17 フュー チャージェンCO2回収プロジェクトに10億ドル,米エネルギー省
2014/1/15 南極の 氷河Pine Island Glacierの動きが加速海面上昇へ
2014/1/14土 壌の炭素貯留能力は著し く過大評価されていた?【気候科学】
2014/1/14ス ロー地震相次ぐ 「巨 大」誘発、震源域で
2014/1/13 GPS 変位観測により火山噴火 予知ができる。アイスランド
2014/1/12CO2を 地中に封じ込めで地層調査へ CCS日本周辺海域10個所
2014/1/11寒波により 地震発生!:凍結地震が 寒波に見舞われた米国で 発生
2014/1/10千 葉県沖スロースリップ発 生! 地震活動に注意を
2014/1/10破 局噴火はマグマ体の浮力 により起きる
2014/1/10ハリウッド の活断層の位置図,米ロサンゼルス 地震のリスク大
2014/1/9人工 火山噴火はひどい干ばつ を引き起こす
2014/1/9温暖化防止  子孫につけを残 すまい
2014/1/7地震 が地すべりにより発生し た!米国ユタ州のBingham Canyon 露天掘り銅鉱山で
2014/1/3再生可能エネ ルギーへの支援は 1000億ドルだが化石燃料には5000億ドル(2012年世界)
2014/1/3地震 光はリフトゾーンで見られやすい?リフトゾーンは地質構造的に伸張場
2014/1/3北海 道ニセコが降雪量世界2位年15メートル,1位は米国レーニア山年17メートル
2014/1/1GPSにより 地震の大きさと場所の予 知に成功。2012年コスタリカ地震
2014/1/1次の 破局噴火 は地球上のどこで起きる か?日本も破局噴火の有力候補地。
2013/12/31地 球温暖 化により水危機が深刻化
2013/12/31ス マトラのシナブン火山の噴火が活発化スー パー火山トバ湖カルデラに隣接
2013/12/31地震予 知ープレート境界地震を測 地学的に予測
2013/12/31抗 生物質が効かなくなる 日:何時かは人間が細菌に負ける!
2013/12/30 第6 回目の地球生物 大量絶滅事件―「人類世Anthropocene」
2013/12/27イェロー ストーン・スーパー火山 の下には2.5倍大きいマグマ溜まり
2013/12/27月 にメガ洪水?アイダホ州によく似た半円形の超巨大洪水の跡
2013/12/24石 炭火力発電所への警告:革新か 死か?
2013/12/24地 中貯留されたCO2を廃棄物規制から免除
2013/12/23アメリカ 最新の最もクリーンな石 炭火力発電所,CO2を回収して石油生産EOR
2013/12/23-72 億トンのCO2貯留ができる:バレンツ海南部CO2貯留アトラス
2013/12/23メ タンハイドレート、日本海で集中調査
2013/12/21 高 効率低排出 (HELE)石炭火力発電は今後10年CO2排出削減の主役だが,より長期にはCO2回収CCSが必須
2013/12/20 人工 地震?米国カンサス州南 部M3.8地震は石油生産に関連
2013/12/20 首 都だからこそ想定 外にも備えなければならないのでは?首都直下地震の国想定
2013/12/19技術は石 炭に勝てるか?未だあま り知られていないCO2回収CCS技術。
2013/12/19石炭 は東へ :石炭の世界貿易は増加中
2013/12/19 CO2吸 収地として残すべきか,再耕作して食糧生産か?放棄農地
2013/12/18 北海 海底に割れ目,世界最大 のスレイプナーCO2貯留からのCO2漏洩懸念
2013/12/17 地 層処分が最有望ー放射性廃棄物の最終処分地 国が選定
2013/12/16 英国 ヨークシャーのCO2回 収貯留 (CCS)
2013/12/16 CO2貯 留を宇宙線ミュー粒子で観測
2013/12/16 小型 モジュール式 原子炉:次世代原子力技術
2013/12/14 世 界最大の泥火山:インドネシアのスラバヤ付近のSidoarjo泥噴流
2013/12/14 CO2プ リューム地熱発電:CO2を貯留しつつ効率的に発電
2013/12/13 高 さ数百キロの超巨大噴泉:木星の衛星エウロパ 
2013/12/12 超 巨大噴 火の源―マントル・プリューム
2013/12/9 ア ルバータ州はCO2回収貯留技術に期待
2013/12/6 CO2を 海洋底地殻に大量に貯留できる:重 力トラッピング
2013/12/6 史 上最大の断層すべり50メートル3・11東北大地震
2013/12/6 粘 土層滑り巨大津波 東日本大震災
2013/12/5 ヨー ロッパCO2回収貯留 (CCS)研究所(NTNU,トロンハイム)に17億円
2013/12/4 デ ンマーク に2000億立方メートルの シェールガス
2013/12/4 開 発途上国にスマートフォンで簡易地震計ネットワークを構築
2013/12/3 CCS が経済的に低炭素社会に移行できる唯一の技術
2013/12/3 3 兆トンのCO2を米国の堆積盆地に貯留
2013/12/1 2020 年 5千万トン,2030年20億トンのCO2回収CCS ロードマップ
2013/11/30 大 気CO2濃 度が400ppm越え
2013/11/29 米、石炭火力への排出規制強める
2013/11/27 豪 の新天 然ガス・CBM(炭層メタンガス)開発次々
2013/11/27 CO2排出を今止めても数世紀温暖化が続く
2013/11/25 温 暖化に よる災害の増加
2013/11/25 古 代火星の温室:水蒸気と二酸化炭素と水素
2013/11/24 米 オハイ オ州の天然ガス生産が18%増,フラッキング
2013/11/24 天 然ガス生産井は開発後急激に生産率が低下
2013/11/23 温 暖化ガ ス削減、自主目標導入で合意 COP19
2013/11/23 福 島に最新鋭石炭火力 20年にも,東電
2013/11/23 日 立、カ ナダにCO2回収試験設備
2013/11/22 発 電の脱炭素化にCCS抜きでは1兆ドル増
2013/11/21 COP19 で日本、集中砲火 空気読まぬ提案
2013/11/21 原 発使用済み燃料の処分地、国主導で選定
2013/11/20 日 本の発 電時CO2、90年度比4割増 火力依存高まる
2013/11/20 小 笠原諸島・西之島沖で噴火…楕円形陸地
2013/11/19 バ テル研 究所のCO2地中貯留計画,油ガス田利用
2013/11/19 今 年のCO2排出量、史上最高360億トン
2013/11/19 異 常気象による経済損失,年2000億ドル
2013/11/18 途 上国が 温暖化被害の補償要求 COP19
2013/11/18 原 発ごみ、行き場なし 使用済み核燃料、満杯
2013/11/17 シェー ル 革命がピークオイルを克服:米国内石油生産急増
2013/11/16 石 炭からのCO2排出量が急増
2013/11/15 原 発に頼 らない温室効果ガス削減目標を初めて表明,日本
2013/11/15 石 炭を合成ガスに変換,中国汚染対策
2013/11/13 中 国は他の世界全体より多くの石炭を燃やしている
2013/11/13 CO2回 収貯留(CCS)の有効性を実証Canada
2013/11/13 ノー モア温暖化懐疑論:フィリピン代表
2013/11/13 (気 候異変)温暖化被害、途上国で現実味
2013/11/13 「原 発のごみ」封印実験 北海道
2013/11/10 モ ントリオール議定書が気候温暖化の中断に寄与
2013/11/10 CO2の 安全な長期間貯留は可能
2013/11/9 大 気CO2濃 度さらに上昇2012
2013/11/8 5 件の新CCSプロジェクト:CO2貯留リーダーシップフォーラム(CSLF)
2013/11/5 CO2誘 発地震,テキサス州Snyder
2013/10/25 フ ラッキング技術を地熱発電に
2013/9/27 世 界のCO2排 出量を半分にするには年200兆円(GDPの1%)
2013/9/25 噴 火の前 兆? 東日本の5火山地域で局所的沈下キーストーン効果& lt; br> 2013/9/25 新島出現:パキスタンの大地震でインド洋に泥火山?
2013/9/25 白 頭山は噴火するか?北朝鮮―中国国境
2013/9/25 ノ ルウェーはMongstad実規模CCS試験をキャンセル
2013/9/24 パ キスタンでM7.8の地震
2013/9/24 温 暖化ガス 削減の重要な第一歩を踏み出せるか?オバマ政権
2013/9/22 世 界最大の超深発地震がオホー ツク海で起きていた。
2013/9/21 新 設火力発 電所のCO2排出量を抑制EPA
2013/9/21 地 球の将来とIPCCの歴史Nature
2013/9/20 火 星の微生物、生息は望み薄
2013/9/20 高 レベル放射性廃棄物「地中封じ込め」経産省
2013/9/18 ア クィストアCCSプロジェクト:世界初石炭火力発電所CO2回収・貯留
2013/9/11 世 界最大の CO2回収貯留(CCS)プロジェクト:オーストラリア北西バロー島
2013/3/16 生命の歴史は地球より古い?
2013/3/16 リ アルCO2ソ リューション:テキサス・クリーン・エネルギー・プロジェクト
2013/3/16 火 星に生命に適した川床の跡
2013/3/15 太 陽エネル ギーに頼らない膨大な生命世界 -海洋玄武岩は人為的 に排出されたCO2をすべてメタンに変換できる
2013/3/12 メ タンハイ ドレートからのガス採取成功 世界初 愛知・三重県沖
2013/3/12 ニュー ヨークでCO2制限令!実は肥満防止 のため
2013/2/27 CO2を 吸着し太陽光で放出する新CO2回収剤”太陽スポンジ”
2013/2/26 放 射性廃液が貯蔵タンク6基から地下に漏洩,米国ハンフォード
2013/2/7 放 射性廃棄物 の唯一の現実的な処分方法は地層処分
2013/1/12 使 用済み核 燃料を2048年に地下に最終処分する米政府
2013/1/3 金 星 に火山活動があった
2013/1/2 化 石燃料中毒 の世界にはCO2回収貯留(CCS)が必須IEA
2013/1/2 “い かれた”気候の年が人々と経済を傷めつけた
2013/1/1 「財 政の崖」回避策を米下院も可決
2012/12/31 米 国「財政の崖」からの転落は何とか回避したらしい
2012/12/31 我 らが先祖―“第三の生命ドメイン:アーケア(原菌)”
2012/12/28 石 炭火力 発電排ガスから効率的にCO2を回収する複合膜
2012/12/28 水 平ボーリングによりメキシコ湾岸で石油・ガスを効率的に産出
2012/12/26 米 国は2 兆トン以上のCO2を地中貯留可能米国CO2利用・貯留アトラス
2012/12/26 シェー ルガス採取がハリウッドに!水圧破砕がエンターテインメント に
2012/12/25 [公開セミナー]一億歳の微生物は存在する
2012/12/25 西 南極の温暖化 | Nature Geoscience
2012/12/25 干 上がる米国南西部 | Nature Climate Change
2012/12/24 CO2回 収、4割省エネ
2012/12/21 CO2回 収貯留(CCS)抜きではすべての人類が問題を抱える
2012/12/20 ワ インは地球温暖化を警告
2012/12/20 深 海底からのメタン湧出 米国大西洋岸沖
2012/12/19 石 炭は石油を抜いて最大のエネルギー源に返り咲く(IEA)
2012/12/17 石 炭ーク リーンコールに未来はあるか?
2012/12/17 ヒ マラヤ巨大地震:1255年
2012/12/15 岩 脈状マ グマ貫入がアイスランドのAskja火山周辺深部で起きた
2012/12/14 オー プンCCSプロジェクトリソース
2012/12/14 石 炭火力発電所からのCO2回収・地中貯留(CCS)日豪協力
2012/12/14 世 界のエネルギー利用は持続不能な道筋にある=IEA
2012/12/14 地 熱発電、20万キロワット規模に
2012/12/11 干 ばつがシュメール文明を滅ぼした気候変動への脆弱性
2012/12/9 京 都議定書 8年延長 COP18合意
2012/12/7 温 暖化による海面上昇に対応する新防災計画NY
2012/12/6 タ イ ト・オイルが大幅に増え,米国石油生産量は2019年にピークに
2012/12/5 CCS 白書 がCOP18で公表
2012/12/5 シェー ルオイルと脱原発が世界を変える
2012/12/5 笹 子吊り天井事件:接着剤の劣化か?
2012/12/3 カ タール CO2地中貯留研究プロジェクト
2012/12/2 ノー ト ルダム大とアラバマ大が アメフト大学チャンピオンを1月7日争う
2012/12/2 大 規模噴火は百年起きていないーマグマが蓄積
2012/11/29 循 環型ガ ス田は実現するか?循環型なのでCO2ニュートラル!
2012/11/29 CO2の 回収・貯留、原発停止で需要大
2012/11/29 Nature ハイライト:温暖化は進行中ー京都後の世界
2012/11/27 干 ば つによりミシシッピー川の水運に影響
2012/11/27 森 林が干ばつでティッピングポイントに:ハイドロ―リック・フェイラー
2012/11/27 CO2排出で埋まってゆくニューヨーク市動 画
2012/11/26 世 界 のエネルギー需要は20年間で40%増加する
2012/11/26 カー ボン ニュートラル・エネルギーシステムを2050年までに達成北欧
2012/11/26 台 北市(台湾)でCO2回収・貯留・利用国際シンポジウム
2012/11/25 破 滅の剣?:ニュージーランド北島地下深部に潜むマグマの剣
2012/11/25 CO2回 収・貯留(CCS)は低炭素エネルギー技術として価格競争力
2012/11/25 ゆ でガエル人類の国際会議COP18
2012/11/25 ノー トルダム大(ND)が無敗でカレッジフットボール・ランク1位
2012/11/23 フ ラッキングラッシュ時代:米国製造業のルネッサンス
2012/11/21 ニュー ジーランドのトンガリロ火山が噴火。ルアペフ火山の噴火を警戒中
2012/11/21 平 均海水準は短い下降の後,再び上昇:平均3.2mm/year
2012/11/21 大 気CO2濃度が最高記録390.9ppmに達した(2011年)
2012/11/20 世 界中でフラッキング?シェールガス革命が広がるか?
2012/11/20 「闇 のエネルギー」で生きる海底下微生物
2012/11/20 復 興力こそ国の責務:災害から回復する能力
2012/11/20 ハ リケーン・サンディによる被害:米北東部沿岸
2012/11/20 山 国スイスに大津波が起きていた!
2012/11/19 気 温 4度上昇も-世銀
2012/11/19 ピー クオ イルを技術で克服し,アメリカが最大の石油生産国
2012/11/19 カ リフォルニアに最大のオイルシェール資源
2012/11/18 ル アペフ火山(ニュージーランド)に噴火の兆し
2012/11/18 ノー トルダム大フットボールが久しぶりに全米大学1位
2012/11/18 世 界の石 油増産はすべて非在来型
2012/11/17 温 暖化による海面上昇の危険性
2012/11/17 炭 素税が ハリケーン後に保守派にも支持される
2012/11/17 エ ネルギー・セキュリティの弱さがハリケーンで明らかに
2012/11/17 地 球温暖化と戦う時だ:米ニューヨーク州知事
2012/11/17 オー ストラリアの炭層ガス田から大量のメタン漏洩
2012/11/16 CO2地中貯留の安全基準
2012/11/16 鉱 山の廃石によるCO2固定
2012/11/16 表 面化し始めた地球温暖化の影響
2012/11/16 東 北沖地震津波のハワイへの影響
2012/11/15 炭 素税を 導入して米国の「財政の崖」危機を回避
2012/11/14 エ ネ ルギー政策の目玉、新技術「IGCC」
2012/11/14 ハ リケー ン・サンディは始まり―“バカだな,地球温暖化なんだよ”
2012/11/14 人 間のCO2排出が氷河期の襲来を防いでいる!
2012/11/13 カ リフォルニアでCO2排出権取引開始
2012/11/13 100km 上空でも大気CO2濃度は急速に上昇
2012/11/13 ア イスランドの火山で地熱発電し,海底送電線で英国に電力を送る!
2012/11/12 米 国 が世界最大の石油生産国に(IEA)
2012/11/8 地 球温暖化 リスクからニューヨークを守れ
2012/11/7 中 国が シェールガスの開発に補助金
2012/11/6 地 球温暖化 は危険な限界を超えた!6℃上昇も
2012/11/5 ハ リケー ンが米大統領選と温暖化問題のターニング・ポイント
2012/11/5 壊 滅的な地球温暖化を企業に警告:新PwCレポート
2012/11/4 小 惑星の衝 突が生命の誕生と進化を促した
2012/11/3 火 星の 大気にメタンなし キュリオシティー
2012/11/3 地 球温暖化への対応によりニューヨーク市長がオバマ大統領を支持
2012/11/3 地 球温暖化問題がアメリカ大統領選に戻ってきた
2012/11/3 気 候ドーピング:異常気象のドーピング問題ー地球温暖化
2012/11/2 日 本のメディアがペテンの効果を煽った
2012/11/1 日 本海・オホーツク海の海底下数メートルにメタンハイドレート
2012/11/1 ハ リケー ン・サンディは米大統領選の地球温暖化無視への罰
2012/11/1 地 球温暖化防止は経済的
2012/11/1 日 本海・オホーツク海の海底下数メートルにメタンハイドレート
2012/10/31 世 界の大 規模CO2回収貯留(CCS)プロジェクト74個所
2012/10/31 英 国はCO2回収貯留(CCS)4プロジェクトに総額1300億円
2012/10/31 ハ リケーンにより福島第一と同型の米国最古の原発で警戒警報
2012/10/30 化 石燃料 を地下に残しておいては危険だ!
2012/10/30 空っ ぽのマンハッタン!スーパーストーム・サンディ
2012/10/28 カ ナダ西海岸地震の津波がハワイや日本に到達!
2012/10/25 仁 徳陵に 巨大地震による地割れが多数
2012/10/24 米 国の石 炭輸出が増加
2012/10/24 ハ ワイのキラウエア火口の溶岩湖のレベルが上昇
2012/10/24 原 発近くでフラッキング
2012/10/23 台 風や豪 雨が地震発生の引き金になるか?
2012/10/23 CO2の鉄道輸送計画:米国
2012/10/22 地 震予知失敗で6年の刑安全宣言はもう出せない!
2012/10/22 米 作りが 地球温暖化を加速する
2012/10/22 Tour du dopage : ドーピングでツール・ド・フランス7連覇タイトル剥奪
2012/10/22 ス ペインの人工地震
2012/10/19 CO2排 出、原発停止で増加
2012/10/18 フ ラッキングによるロシア石油増産
2012/10/17 オッ クス フォード大の気候変動研究ネットワーク
2012/10/17 西 部開拓時代がよみがえるオイルブーム
2012/10/16 マ グマ混合が火山噴火の引き金
2012/10/16 世 界の CO2回収・貯留(CCS)の現状レポート
2012/10/15 半 世紀で人間のCO2排出量は4倍,地球のCO2吸収量は2倍
2012/10/14 米 国 初のキャップ・アンド・トレード:カ リフォルニア州
2012/10/12 米 国人の多くは異常気象は地球温暖化の影響と信じている
2012/10/12 自 然災害の急増は北米で最悪で,背景は地球温暖化
2012/10/12 カ リフォルニアの地震はフラッキングによる誘発地震か?
2012/10/10 米 国温暖化―記録上も著しい温暖化傾向
2012/10/10 米 国の天然ガス洪水の解決策は輸出:フラッキング技術革命
2012/10/4 石 油・ガス新資源発見は独立系べンチャーがリード
2012/10/4 石 油価格は長期的に上昇し続けている。
2012/10/1 地 球温暖化対策税(“環境税”)が日本でも導入
2012/9/30 Road to desert 地下に潜る米干ばつ
2012/9/29 太 陽に巨大な裂け目?
2012/9/28 2004 年スマトラ島沖地震M9.1以後地震が 頻発2012年もM8級2個
2012/9/28 シェー ルガス革命により中生代の産ガス堆積盆地が米国東部で注目
日本では,古第三紀堆積盆地が有望

2012/9/28 小 惑星ベスタのフォッサマグナ
2012/9/28 CO2回 収・貯留に焦点: オーストラリアCCSウィーク
2012/9/28 4 月のスマトラ沖地震は最大のプレート内横ずれ断層地震
2012/9/28 火星に川の跡?火星探査機キュリオシティ
2012/9/27 重 要課題として気候変動問題に取り組むべ き
2012/9/27 遺伝子組み換えトウモロコシで、ラットの発がん率が上昇
2012/9/26 尖 閣紛争の原因?東シナ海にヨー ロッパ全体より多い天然ガス
2012/9/26 百 万トンのCO2を消すマ ジック:BECCS
2012/9/26 北海からの泡がスコットランドを襲って,雪の様
2012/9/26 Water troubles of nuclear plants
2012/9/26 初期生命の宇宙旅行は意外に容易
2012/9/25 世界で23カ所の原発(原子炉74 基)が津波危険域
2012/9/24 北 海海底下堆積層中に巨大な割れ目
2012/9/24 CCS待望の無毒性のCO2回収剤
2012/9/22 放 射性廃棄物地層処分の適地三地域
2012/9/22 カナダ北部に昔の森林:温暖化により1世紀以内に!
2012/9/22 小惑星ベスタに水
2012/9/21 白頭山(長白山)に噴火の兆候?北 朝鮮・中国国境
2012/9/21 CO2回 収・地中貯留 (CCS)教育トレーニングセンター/米国
2012/9/21 南極氷床の下に膨大な量のメタンハイドレート。メタン40億トン
2012/9/21 ベ トナム中部でダム誘発地震?
2012/9/20 NIMBY(私の庭に置くな)からNIMCY (私の国に置くな)へ
from NIMBY (Not In My BackYard) to NIMCY (Not In My CountrY)
2012/9/19 原発の発電割合、2050年に世界で 半減
2012/9/18 シ ベリアに小惑星衝突による膨大なダイアモンド鉱 床!
2012/9/18 EU温暖化ガス排出を4分の1削減する北海中部 CO2貯留ハブ
2012/9/17 原 油増産、CO2技術がカギ  油田権益獲得の条件に
2012/9/17 地球温暖化防止本命:石炭火力発電所のCO 2回収・貯留スタート
2012/9/17 火 山のシャンパン現象!地震で揺すられてマグマ発泡―噴火誘発
2012/9/16 生命は宇宙ではなく地下の活断層中で誕生した?
2012/9/15 南 カリフォルニアで硫黄臭が拡がり地震前兆ではない かと不安!
2012/9/14 シャチはマザコン!
2012/9/13 南 カリフォルニアで異臭!ソ ルトン湖火山ガスの可能性
2012/9/12 火星に雪が降る!ただしドライアイスの雪
2012/9/11 シ ロクマより子供が温暖化の脅威のシンボルに
2012/9/11 核のゴミ地中廃棄を白紙に,福島原発「暫 定的保管」の恐ろしさ
2012/9/10 オイル・サンド 開発にCO2回収・地中貯留
2012/9/10 ア トランティス?サントリニ島カルデラ火山に噴火の前兆
2012/9/7 香港の地下に恐竜時代の超巨大火山
2012/9/7 米国石油ブームで鉄道復活
2012/9/6 富 士山のマグマだまりに地震で圧力
2012/9/5 ハリケーン・アイザックは効果的なネズミ・キ ラー
2012/9/4 CO2爆発の威力に要注意: 冷凍コーラ缶の爆発
2012/9/4 世界の大学教授の8割がインド人!
2012/9/4 火山噴火予知へ重力でマグマの動きを検知
2012/9/3 CO2-fracking 炭酸ガスフラッキング:
2012/9/2 大被害地震は想定外の場所で起きる。
2012/8/29 ハ リケーン”アイザック”が再びニューオーリンズを 襲っている。
2012/8/28 断 層形態の違いで,ソルトン湖以南は群発,北は大地 震
2012/8/27 米国の巨大活断層サンアンドレアス断層南端で群発地震発生。
2012/8/27 米 国で石炭火力発電所から回収したCO2を塩水帯水層に地中貯留する実験を開始
2012/8/27 米国中部で井戸が枯れている。地下水の水位低下
2012/8/25 氷河洪水がアイスランドで始まった。
2012/8/25 インドネシアのバンドン市で噴火警戒
2012/8/23 ツイッターによって地震波の伝播状況が判る!米 ヴァージニア地震
2012/8/23 地 球温暖化により世界の穀倉地帯が砂漠化:グローバル食糧危機!
2012/8/23 温暖化によりウエストナイル熱蔓延?米国
2012/8/23 地 球温暖化が加速:干ばつ,氷河溶解。
2012/8/18 カナダ人の60%がCO2回 収貯留(CCS)必要
2012/8/18 東 京都心に活断層!トモグラフィで調べよう。
2012/8/18 オランダ北東部で地震!誘発地震?
2012/8/17 米 国の発電増の半分は天然ガスで,3分の1は風力
2012/8/15 原 発に頼らなくても温室効果ガス削減は可能:CO2 ハイドレート貯留
2012/8/14 CO2濃度上昇による生物大量絶滅後,死の海が続い た
2012/8/13 中 国で世界初の塩水帯水層CCS実現日 本の研究グループが20年前に提案した技術 が,中国で実現
2012/8/11 ニュー ジーランドで火山活動が活発化巨大火砕流噴火の脅威。
2012/8/11 評 決が出た!著名な温暖化懐疑論者が過ちを認めた。
2012/8/11 不 意打ち大津波の恐怖!火山島地すべりや氷河すべりによる巨大津波
2012/8/10 ト ウモロコシは食糧に使え,燃料に使うな!国連
2012/8/10 ニュー ジーランド火山活動活発化ータウポ・リフト下でマグマ上昇?
2012/8/8 CO2地 中貯留(CCS)による誘発地震の可能性
2012/8/5 小 さな噴火でも気候冷却効果がある
2012/7/31 氷 河が溶けてグリーンランドでレアアース採掘ラッシュが起きる。
2012/7/31 CO2が南極周辺深海の巨大な渦に貯留される
2012/7/30 干 ばつが温暖化を加速。
2012/7/27 氷 河大崩落による大津波が心配だ!
2012/7/23 エ コエコ大災害到来!? 気候災害-投機-食糧危機-社会不安
  2012/7/23 地球温暖化が病原菌を蔓延?
2012/7/22 日本にも豊富な天然ガス資源:北海道,三 陸沖,常磐沖,北西九州
2012/7/20 米 国人の70%が地球温暖化を信じるようになった。
2012/7/6 米国で年間700万トンのCO2を地下から汲み上げる計画
2012/7/4 太 平洋の向かい側で東北地震に連動した海底火山活動
2012/7/4 風力発電が最も成長する
2012/7/4 恐竜は皆羽毛が生えていた!
2012/6/29 抗 ジオエンジニアリング技術が必要な理由
2012/6/28 南鳥島海底に大量のレアアース, 技術 的に採掘可能
2012/6/1 カ リフォルニアでCCS石炭火力発電:原子力に代われるか?


2011/11/24 火 星にメタン生成菌はいるか? NASA火星探査機「キュリオシティ」
2011/11/24 木星の衛星エウロパの氷の下に巨大湖
2011/11/12 福島原発事故の4日間時系列記録
2011/11/11 OPEC がCO2回収・貯留(CCS)抜きではCO2排 出増と警告
2011/11/9 オー ストラリアが炭素税導入
2011/11/6 南 米ボリビアのウユニ塩湖の南で超巨大噴火の恐れ?
2011/11/5 カ ナダでCO2地中貯留(CCS)スタンダードの公開レビュー
2011/11/5 火星生命が存在するのはやはり地下か
2011/11/3 ベ ルギーも脱原発
2011/10/9 ア イスランドで巨大噴火危機、氷河下Katlaカルデラ
2011/10/5 目 立ったキャンセルに拘らずCO2回 収・貯留(CCS)は着実に前進
2011/10/5 燃料電池が石炭火力発電所CO2回 収の回答?
2011/10/1 追い詰められるCO2回 収・貯留(CCS)(Nature Climate Change)
2011/9/30 オ イルシェールから石油・ガスを抽出し発電とCO2地中貯留
2011/9/30 クリーンコール:米政府の躊躇により職と金を失っている
2011/9/30 クリーンコールは再生可能エネルギーへの橋渡し
2011/9/24 中 国がCO2回収・貯留(CCS)投資を倍増
2011/9/22 中国大唐集団(電力)とAlstomがCO2回収・ 貯留(CCS)プロジェクト
2011/9/22 韓国がCO2回収・貯留(CCS)に1億5千万ドル
2011/9/22 産 業CO2回収・貯留(CCS)により2050年40億トン削減 IEA
2011/9/19 CO2回収・貯留(CCS)付き石炭ガス化複合発電 (IGCC)効率1割向上
2011/9/16 液 体状の水ー生命の存在する可能性のある太陽系外惑星
2011/9/16 人 工火山による温暖化防止ジオエンジニアリング実験、英国
2011/9/15 世界最古のCO2貯留実験: 米国チェサピーク湾塩生湿地
2011/9/15 CO2回 収・リサイクル(CCR)産業概説報告書
2011/9/14 天 然CO2湧出から見てCO2地中貯留(CCS)のリスクは低い
2011/9/14 CO2回収・貯留(CCS)抜きなら50-60%温 暖化防止コスト増
2011/9/13 テ キサスは記録上最も暑く乾燥した夏だった
2011/9/12 CO2回 収・地中貯留(CCS)をCDMプロジェクトに!
2011/9/11 CO2回収・貯留付き石炭ガス化発電 (IGCC-CCS)技術開発
2011/9/10 大 気CO2直接吸収の実用化に今取り組むべき
2011/9/10 ニュー ヨーク市近郊でCO2地中貯留適層調査
2011/9/7-8 CDMとしてのCO2 回収・地中貯留(CCS)国連ワークショップア ブダビ
2011/9/7 海底下の岩中に潜む微生物:火成岩質海洋地殻の微生物
2011/9/6 Global CCS Institute(GCCSI)日本事務所開設、アジア初
2011/9/6 テキサス炎上-各地で山火事被害、干ばつ、強風-地球温暖化の影響大。
2011/9/3 天 然ガス資源海外権益獲得へ経済産業省、JOGMEC
2011/9/3 小規模地熱バイナリー発電(温泉発電)設備の実証試験 、九州
2011/9/3 「テ キサス干ばつ」:猛暑に終わりが見えない
2011/9/2 南 ア大統領とノルウェー国王がCO2回収・貯留 (CCS)開発協力
2011/9/2 ロッテルダムCCSプロジェクトからナレッジ・シェアリング・レ ポート
2011/9/1 カ ナダでCO2漏洩の有無を国際チームが検証中
2011/9/1 石 油を大増産しながらCO2貯留実現米カンサス老朽油田
2011/9/1 CO2で 藻類を養殖するバイオ燃料CCS千億ドル産業
2011/8/31 CO2貯 留(CCS)+地熱複合技術CO2を吸収し、エネルギー獲得
2011/8/30 日 本を救うか、石炭ガス化複合発電 (IGCC)
2011/8/30 温暖化対策:地球を冷やす荒業(ジオエンジニアリング)も台頭
2011/8/29 震源を掘るー地震の力学を理解:米サンアンドレアス断層
2011/8/28 地 下玄武岩中にCO2水を注入して化学貯留する実験アイスランド
2011/8/27 米政府監査院(GAO)気候工学(ジオエンジニアリング)報告書
2011/8/26 巨 大な地下のアマゾン川発見ブラジル
2011/8/26 先 進CO2回収技術開発16プロジェクトに4千万ドル投資(米DOE)
2011/8/25 CO2回収・貯留(CCS)教育センター、米イリノ イ州デケーター
2011/8/25 米 国大 規模バイオ燃料CO2回収・貯留(CCS)-CO2吸収100万トン /年
2011/8/25 学 会2011/9/28開催 「低 炭素社会とCCS に関する研究開発の進展」
2011/8/25 フォーラム2011/9/16開催 「CCS の実現に向けた持続可能性と安全性」
2011/8/25
ワークショップ2011/9/15開催「CO2船舶輸送方式によるCCS」
2011/8/25 新 固体吸収剤によるCO2回収(CCS)技術:アブダビのマスダール
2011/8/24 カ ナダ石炭火力排出規制によりCO2回収・貯留(CCS)開発に拍車!
2011/8/24 現地時間23日午後2時ごろ米首都ワシントンD.C.近くでM5.8地震
2011/8/23 永 久凍土融解によりCO2大量排出 、地球温暖化加速
2011/8/22 高 効率の褐炭ガス化+CO2回収・貯留(CCS) 新技術をオーストラリアで
2011/8/22 千年に1度の巨大地震の世紀到来?
2011/8/21 海 底CO2回収・地中貯留(CCS)の環境影響評価(アセスメント)指針
2011/8/20 CO2回 収・貯留(CCS)により安全にCO2排出削減
2011/8/19 オ イルサンドCO2排出を削減するカナダのCCSプロジェクト
2011/8/18 ブルガリアがCO2回収・地中貯留(CCS)を火力発電所等で実施
2011/8/17 石炭火力発電所からの先進的CO2回収システム開発米 国
2011/8/16 CO2回 収・地中貯留(CCS)認証オンラインコースを開設 (AAPG)
2011/8/16 廃熱を利用してCO2回収(CCS)ケ ンタッキー大
2011/8/15 「エ ネルギー・環境制約への挑戦」新長期国家プロジェクト 経産省
2011/8/14 カ ナダ・アルバータ州で商業規模CO2地中貯留プロジェクトの認可申請
2011/8/13 米国ユタ州でCO2地中貯留が現場実施フェーズに
2011/8/13 深 地下科学技術実験施設を米国サウスダコタ州鉱山跡に建設
2011/8/12 テキサス大干ばつ・熱波、トウモロコシ収穫半分に?
2011/8/12 生命の設計図DNAの基になる分子を隕石中に発見
2011/8/10 米 国ワイオミング州でCO2地中貯留調査井が目標深度4km
2011/8/10 カリフォルニア沖海底に巨大な天然のCO2貯留場発見
2011/8/10 誘発地震の懸念で、ヨーロッパ最大のガス地下貯蔵差し止めオ ランダ
2011/8/9 CO2地 熱発電:発電とCO2地中貯留(CCS)を両立、米国
2011/8/8 カナダのアルバータ州がCO2回収・貯留 (CCS)プロジェクトに10億ドル
2011/8/5 CO2地 中貯留を有害廃棄物地下注入規制から免除米EPA
2011/8/5 火星に川がある? CO2もあるのでメタン生成菌(古細菌)発生可能?
2011/8/4 CO2排 出削 減能力100億トン/年!バイオマス+CCS複合技術
2011/8/4 これからの安価なエネルギー源:石炭地下ガス化+CCS
2011/8/3 CO2回 収・貯留(CCS)は夢物語か?未来へのカギか?
2011/8/2 CO2回 収・貯留(CCS)は2025年までに商業化可能(ZEP)
2011/7/30 使用済み核燃料の貯蔵と処分の新しい仕組みが必要
2011/7/29 世 界CO2回 収・貯留(CCS)開発基金が必要:中国気候変動相
2011/7/28 加 アルバータ州で深 部石炭ガス化ーCO2原油増進回収
2011/7/28 ルーマニアは2013年から年150万トンのCO2回 収・貯留
2011/7/27 米 国モンタナ州でCO2地中貯留の安全性現場実験
2011/7/26 CO2回 収・利用(CCU)報告書
2011/7/26 生物 大量絶滅の主犯はメタンハイドレート分解による温暖化?
2011/7/25 英 国の豊富な石炭層 はメタンを産出し、CO2貯留 (CCS)に利用できる
2011/7/25 日本近海のメタ ンハイドレートから天然ガス産出実験
2011/7/24 原発 安全のためにあらゆることをしているという信頼が不可欠
2011/7/23 米 国ガス工場から 油田へ200kmのCO2パイプライン建設
2011/7/22 CO2回収ー原油増進回収(CCS-EOR)の財政 的促進と規制撤廃
2011/7/21 米国西南ヴァージニア州で地下石炭層にCO2注入実験
2011/7/21 米 テキサスの クリーン石炭(CCS-IGCC)からのCO2で石油増産
2011/7/21 議会の責任地球温暖化防止にインセンティ ブを与えよ(NYtimes)
2011/7/21 中 国の電力会社研究所と米研究所がCO2回 収・貯留(CCS)共同研究
2011/7/20 Boundary Dam CCSプロジェクトのためクリーンコールCOE カナダ
2011/7/20 藻類と石炭火力発電所の“結婚”
2011/7/20 次 世代CO2回 収技術開発に英ETIが4千万ドル投資へ
2011/7/19 CO2貯 留井のリスク管理ガイドライン(ノルウェーDNV)
2011/7/18 シェールガス水圧破砕に用いる添加化学物質に公表義務米 テキサス
2011/7/16 米AEP 電力のCO2回 収・貯留計画中止は石炭州にショック
2011/7/15 CO2注 入による石油増産コストは通常の石油生産コストと同じ
2011/7/15 ウェ ストバージニアCO2回 収・貯留中止も、全米8件のCCS進行中
2011/7/14 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発失敗は2千5百万トンCO2排出増 (豪)
2011/7/14 韓 国環境省:先端CO2回 収・貯留(CCS)技術を導入
2011/7/13 ジ オエンジニアリングと原子力と地球温暖化:神の役割?
2011/7/12 原発事故で世界が科学技術の「影」の側面 を再認識
2011/7/11 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発のためヨーロッパ3研究所が新研究連合
2011/7/11 「気候工学ー新 たな温暖化対策ジオエンジニアリング」
2011/7/10 豪 首相「炭素に価格を付け、クリーン・エネルギーの未来を創造する」
2011/7/10 CO2注入により増産可能な石油・天然ガス資源量 評価 へ
2011/7/9 現実に 石炭をクリーンにする技術CCSなどの開発が急がれる(IEA)。
2011/7/8 米 テキサス東南CO2“グ リーン・パイプライン”140km側線
2011/7/7 ドイツ下院がCO2回 収・貯留(CCS)実験EU資金への道を開く
2011/7/7 真 の商業ベース実用規 模CO2回収プラント建設開始米国
2011/7/6 CO2地 中貯留(CCS)安全性検証のためのフィールド実験米国
2011/7/5 東 芝がブルガリアで CO2回収・貯留(CCS)超臨界石炭火力発電調査
2011/7/5 石炭ゼロ・エミッ ション化へ8大学石炭研究プログラム(米DOE)
2011/7/5 カナダ でCO2回収・貯留(CCS)石炭火力発電所建設開始
2011/7/4 温 泉により温暖化対策
2011/7/4 太平洋にレアアー ス巨大鉱床発見東大など
2011/6/30 米 マンモス山でCO2地 中貯留の安全性研究
2011/6/29 CCSバンドワゴンにセメントも鉄もアルミニウム産業も乗る
2011/6/29 世 界のCO2回収・貯留 (CCS)プロジェクトを一覧
CO2貯留(CCS)データベース/地 理情報 システム(NATCARB)
2011/6/27 世界をリードする英ヨークシャーCO2回 収パイプライン計画
2011/6/26 台 湾でCO2地中貯留(CCS)実施可能 、年9千万トン
2011/6/26 CO2地中貯留(CCS)安全管理プログラム (UIC)(米環境保護庁)
2011/6/25 北 海・ノルウェー海域でCO2地中貯留(CCS)サイト募集!
2011/6/25 カナダのCO2回収・貯留(CCS)Quest projectに15年間9億ドル
2011/6/25 エネルギー大転換へ米エネルギー省が地熱開発に千万ドル投資
2011/6/23 CO2回 収・貯留(CCS)なしには中国の生長は持続可能ではな い!
2011/6/23 衛星地球観測によるCO2回 収・貯留(CCS)施設モニタリング
2011/6/22 原発なければガス火力発電所の95%にCO2回収・貯留 (CCS)付設
2011/6/20-22 ジオエンジニアリング(地球工学)エキスパート会議(IPCC)
2011/6/18 CO2回収・貯留(CCS)白書/米国石油技術者協会 (SPE)
2011/6/18 カナダ・アルバータ州のシェール・ガスとCO2回 収・貯留(CCS)
2011/6/17 サ ウジアラビアがCO2地中貯留研究者募集
2011/6/17 新しいCO2貯留ー原油増進回収法:ガス重力原油排 出 (GAGD)攻法
2011/6/17 火山からのCO2排出は人為的排出の100分の1 程度
2011/6/16 ス コットランドで陸域CO2幹線パイプライン構想
2011/6/15 CO2回収・貯留(CCS)は経済的競争力がある (Alstom 社)
2011/6/14 三 菱重工が米国で石炭発電CO2回収大型実証試験開始
2011/6/14 低コストCO2回収へ化学ループ燃焼法(CLC) スペイン
2011/6/13 CO2回収・貯 留(CCS)教育に年50万ドル:加アルバータ州
2011/6/13 CO2貯 留コストが大気CO2濃度を抑制する鍵
2011/6/13 ヨーロッパ脱原発へ:原 発再開反対94%、イタリア国民投票
2011/6/13 大気からCO2を回収する“人工樹”
2011/6/12 オー ストラリア最初の実用CO2回収・貯留 (CCS)へ5,200万ドル
2011/6/11 CO2地中貯留からの漏洩をナノパーティクル泡で留める
2011/6/9 地 熱技術革新に7千万ドル :米エネルギー省
2011/6/8 「CO2分 離・回収(CCS)技術の動向について」 研 究会
2011/6/7 米国西部におけるCO2地中貯留への法整備
2011/6/7 CO2プ リューム地熱システム(CPG)
2011/6/7 米国CO2回収センター(NCCC)が燃焼後CO2回 収試験センター開設 l
2011/6/6 現 在のCO2排出速度は暁新世-始新世温暖化の10倍!
2011/6/6 天然ガス黄金時代:原子力から天然ガス へ、IEA
2011/6/6 CO2回 収・貯留(CCS)研究用の原子間力顕微鏡を開発
2011/6/4 回収したCO2は安全な殺虫剤として使える
2011/6/3 超苦鉄質鉱山尾鉱による自然CO2貯留
2011/6/2 天 然ガス開発の環境問題が米国経済を左右する
2011/6/1 インドネシアDieng火山火口でCO2濃度が危険 レベルに上昇
2011/5/31 CO2回 収・貯留(CCS)の現状は、1980年代のSO2回 収に似ている。
2011/5/31 2010年世界CO2排出量は過去最大306億トンに達した(IEA)
2011/5/31 原子力の克服は政治ではなく必然ークリー ンコール(CCS)か?原子力か?
2011/5/30 CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス排出削減に不可欠
2011/5/30 気候変動は否定できないー今行動の時(米 NRC)
2011/5/28 シェール・オイルにより米国の石油産出が10年以内に25%増になる。
2011/5/27 “不 思議な地下の国のCO2”アニメ動画
2011/5/24 藻類CCS:石炭火力発電所の排ガスから微細藻類によりCO2吸 収
2011/5/24 米 国はCO2を削減しつつ原油生産を増やせる (CO2-EOR)
2011/5/24 地球温暖化防止に今後10年が重要オーストラリア報告
2011/5/20 超臨界CO2発電
2011/5/19 米 国の温暖化防止政策にCO2回収・貯留(CCS)を組み込む。
2011/5/19 高濃度大気CO2により海洋生物大量絶滅
2011/5/19 CO2回 収・貯留(CCS)で5,000人の雇用
2011/5/19 CO2地中貯留などの“くさび(ウェッジ)”理論により CO2削減
2011/5/18 CO2を メタンハイドレートに注入しメタン産出実験アラス カ
2011/5/18 CO2回収・貯留(CCS)の原子力に対する競争力が上昇 へ
2011/5/17 CO2注入点付近で石灰岩中の空隙拡大―遠方で閉じ る
2011/5/12 天 然ガス、海上風力、CCSのミックスでEU排出目標達成
2011/5/12 石油メジャーがCO2注入原油増進回収
2011/5/10 大 気CO2直接回収技術(DAC)は分散CO2排出源(車など)対策 に貢献
2011/5/6 政治がCO2回収・貯留(CCS)実施を妨げている
2011/5/6 北 米CO2回収・貯留(CCS)市場新調査
2011/5/6 地中貯留からのCO2漏洩を化学反応が抑制する
2011/5/6 森林や土壌に化石燃料から排出するCO2の40%を貯留できる
2011/5/5 世 界でCO2回収・貯留(CCS)を3,200箇所で実施す れば、次世代に必要な15%以上の排出削減が可能(IEA)
2011/5/5 シェールガス水圧破砕の安全性と環境影響を改善
2011/5/5 米 国のCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクト成功、 ウェストバージニア石炭火力発電所
2011/5/4 核廃棄物の安全な貯蔵が最重点課題に(米国)
2011/5/3 OPECも地球温暖化防止、CO2回収・貯留(CCS)に 投資
2011/5/3 地熱探査井からCO2ガス湧 出(トルコ)
2011/4/30 CO2利 活用はCO 2回収・貯留(CCS)普及に役立つ
2011/4/30 エタノール工場からCO2回収計画
2011/4/28 サウジアラビア、クウェート、アブダビのCO2貯留 (CCS)
2011/4/26 カ ナダのクリーンコールCCS計画にゴーサイン!サスカチュワン州
2011/4/26 共和党支配でCCSを含むエネルギー予算が増加!
2011/4/25 CCS で原発に勝るCO2削減を!
2011/4/23 10億ドルのアブダビCO2回収・貯留プロジェクト
2011/4/23 超臨界CO2で地熱を抽出する新技術"地熱 CCS"米DOE
2011/4/23 “後 始末の時代”が来た!co2eco koide_hitoshi
2011/4/22 原子炉建屋周囲に地中壁福島第一原発(事故対策 統合本部)
2011/4/22 火星に大量のCO2埋蔵!火星移住計画に朗報
2011/4/21 “後片付けをきちんとしよう”CO2回 収・貯留(CCS)
2011/4/20 福 島原発を地中壁で囲んで漏洩を完全に止めましょう地下5メートルに粘土層がある (産総研調査)ので海や地中への漏洩を簡単に止められます。
2011/4/18 スリーマイル事故損傷燃料棒を封じるコンクリートがボロボロ
2011/4/18 米 国ニューヨーク市北郊でCO2地中貯留(CCS)地下地質調査
2011/4/16 ドイツがCO2回収・貯留(CCS)法案を閣議決定
2011/4/16 “現 地CO2回収・貯留(CCS)”、カンラン岩や玄武岩 の炭酸化促進
2011/4/15 放射性廃棄物最終処分ドキュメンタリー映画が連日満席(渋谷)
2011/4/14 CO2価格が無いためCO2回 収・貯留(CCS)が財源不足
2011/4/13 CO2回 収・貯留(CCS)促進法に期待(ドイツ)
2011/4/13 福島原発事故―閉じ込めて100年待て!
2011/4/12 シェールガス開発は石炭より温暖化を促進する?
2011/4/12 福島原発事故評価をレベル7に引き上げ
2011/4/12 北海の石油・天然ガスプラットホームでガス漏洩
2011/4/11 ブ ラジルで石油精製所CO2回収実証プロジェクト
2011/4/11 プルトニウム商業利用に疑問:福島原発にMOX燃料(NYタイムス)
2011/4/9 米ワシントン州原発で小規模な水素爆発
2011/4/8 CO2回 収・貯留(CCS)加速を世界のエネルギー大臣が合意 "CO2回収・貯留 (CCS)抜きでは、地球温暖化を防止できない"
2011/4/8 米国エネルギー・セキュリティ政策の青写真
2011/4/7 台 湾CO2回収・貯留(CCS)連合発足
2011/4/7午後11時32分 大きな余震ー宮城県沖M7.1
2011/4/7 CO2回 収・貯留(CCS)と地熱開発組み合わせ (EGU)
2011/4/6 大気からCO2を直接回収し、バイオ燃料を得る
2011/4/6 ガスCCSプロジェクト、英国エネルギー研究所
2011/4/6 CO2回 収に用いるアミンの健康影響評価
2011/4/6 福島原発を地中壁で完全に囲み、水を循環し、冷却を続けるべき
2011/4/5 CO2深部塩水帯水層貯留調査レポート米 テキサス州
2011/4/4 人 工樹計画などCCS革新技術で大幅削減
2011/4/4 石炭火力発電への融資制限へ世界銀行
2011/4/3 CO2回収・貯留(CCS)が期待されるが、地域の協力と 法制度がカギ
2011/4/1 世界で排出するCO2をすべて回収できるか?
2011/4/1 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発が福島原発事故で加速
2011/4/1 福島原発地下水に放射性物質
2011/3/31 EUに22件のCO2回収プロジェクト応募
2011/3/28 大 学でのCO2回収・貯留(CCS)教育多数に
2011/3/27 誘発地震がグリーンエネルギー推進の障害に
2011/3/25 米 国で核廃棄物貯蔵プールの安全性が争点に日本の原発事故で
2011/3/25 効率化とCCS、クリーンコールの未来
2011/3/24 CO2微細藻類吸収ーバイオ燃料生産パイロット実験、イン ド
2011/3/23 CO2地 中貯留は主に半閉塞帯水層と開放帯水層
2011/3/23 クリーンエネルギー基準(Clean Energy Standard:CES)白書
2011/3/20 CO2媒体地熱発電水 節約+CO2貯留、米アリゾナ州
2011/3/18 中国が原発新設認可を一時停止ー石炭火力で代替?
2011/3/18 福島原発:使用済み核燃料貯蔵プールの方が原子炉より問題
2011/3/18 CO2回収コストの標準化が必要IEA
2011/3/17 1000年前に巨大地震―大津波の前例が東北日本にあった
2011/3/15 富士山で地震:静岡県富士宮市震度6強
2011/3/15 緊急事態!福島原発炉心溶融・圧力急上昇燃料棒すべて再露出
2011/3/14 英国がCO2最低基準価格設 定へ
2011/3/14 ドイツ沖北海海底で天然CO2湧出発見
2011/3/14 ス コットランドCO2地中貯留新レポート
2011/3/11 14時46分 東日本M9.0超巨大地震-福島原発震災開始
2011/3/10 CO2注 入ー原油増産(EOR)JOGMECがベトナム沖 で実証事業
2011/3/9 高レベル放射性廃棄物処分地の選定は国が前面に
2011/3/9 世 界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトが234件に増加GCCSI
2011/3/9 火星のCO2は地下に貯留されていた?
2011/3/9 中国は石炭の"中東"" 低炭素石炭利用技術"CCSで中国がリード
2011/3/9 米EPAが石炭火力発電所のクリーン化を要求
2011/3/8 EU行程表2020年に1990年比温室効果ガス25%減
2011/3/8 CO2を原料に樹脂製品
2011/3/7 ハ ワイで割れ目噴火ーキラウエア火山East Rift Zone
2011/3/7 クリーンエネルギーで中国がリードー米国も技術革新で経済回復
2011/3/7 英 国CO2回収・貯留(CCS)スキームによりCCS石炭火力発電所建 設支援
2011/3/6 超臨界CO2駆動タービンで発電効率50%向上-火力及び 原子力
2011/3/5 米アーカンソー群発地震は人工地震?
2011/3/5 ニュー ヨーク市北西近郊等全米11箇所でCO2地中貯留適層調査
2011/3/5 深海水温:10年間で最大0.077度上昇
2011/3/5 ノ ルウェーがCO2回収技術の選択範囲を拡大
2011/3/4 アイスランドの首都レイキャビク付近で群発地震火 山/地熱地帯
2011/3/3 米 ケンタッキー州でCO2貯留法成立
2011/3/3 緊急時の科学的助言と証言火山灰、サイ バー攻撃など、英レポート
2011/3/3 中部電力がオーストラリアの石炭権益取得
2011/3/1 サ ウジアラビアがガワール巨大油田に2013年CO2注入開 始
2011/3/1 米FutureGenCO2地中貯留サイトにイリノ イ州モーガン郡選定
2011/3/1 米カリフォルニア州The Geysers地熱地帯でM4.5地震
2011/2/28 酵 素でCO2回収エネルギー30%減-米ARPA-Eサ ミット
2011/2/28 シェールガス開発で開発企業と環境保護団体が協力カナダ
2011/2/28 米アーカンソー州で群発地震、天然ガス廃 水地下注入との関連調査
2011/2/24 21 世紀後半CO2回収・貯留(CCS)が必須JAMSTEC 地球環境予測
2011/2/24 未知の活動度の低い断層による地震-22 日ニュージーランド
2011/2/23 英国ニューカッスル市中心部で地熱開発
2011/2/23 海 洋鉄分散布施肥国際コンソーシアム
2011/2/23 米ミズーリ州CO2浅層地中貯留実証プロジェクト
2011/2/22 "グリーン経済はトリックではない"英国
2011/2/21 GDPの2%をグリーン経済に投資、国連環境計画(UNEP)
2011/2/20 CO2の 回収貯留(CCS)は切り札か:JCOALと加ア ルバータ州が協力
2011/2/19 米国の発電CO2排出量急増経済回復のため
2011/2/19 巨大噴火のCO2大放出により生物大量絶滅2 億年前
2011/2/18 CO2地 中貯留(CCS)技術プログラム計画:米DOE
2011/2/18 CCSによるCO2漏洩を検出し、封塞する新技術
2011/2/17 米 ウェストヴァージニアのCCSプロジェクト
2011/2/17 凍土融解が温暖化を加速
2011/2/16 加アルバータ州精油所大規模CO2回収・貯留 (CCS)
2011/2/16 メ タンを取り込んだ新鉱物「千葉石」シリカ包摂化合物
2011/2/15 CO2回収・貯留(CCS)規則・許認可プロセス開 発ツールキット
2011/2/15 土壌炭酸カルシウムCO2固定
2011/2/14 先 進CCS重点4.5億ドルARPA -E5.5億ドル米2012予算
2011/2/14 EUのCO2回収・貯留(CCS)実証計画ネット ワーク進捗報告
2011/2/14 CO2回 収、トン当たり15米ドル!カナダ、吸着法
2011/2/14 オランダCO2地中貯留:北部内陸断念、北海に集中
2011/2/14 深部高温岩体地熱開発(EGS)と誘発地震
2011/2/11 東 芝がインドにCO2回収プラント2016年5メガワット
2011/2/11 エジプトのムバラク大統領辞任
2011/2/10 EU のCO2回収・貯留(CCS)基金"NER300"排 出権より60億ドル
2011/2/9 サウジの石油は2012年にピーク?
2011/2/9 米CO2パイプライン6,000km以上で年9千万トン以上輸送
2011/2/7 温 暖化防止セッションに25件の投稿 5月地球惑星科学連合大会
2011/2/7 低温地熱発電を油ガス田で実施、米エネルギー省
2011/2/4 ブラジル沖CO2地中貯留
2011/2/2 マ イクロバブルを用いてCO2回収・貯留(CCS)コスト半減
2011/2/2 クリーンコール研究センターなど中国新科学研究計画
2011/2/2 ク リーンエネルギー基準(CES)をオバマ政権が支持
2011/2/1 CO2貯 留パイプライン建設米DOE/NETLレポート
2011/1/30 電磁法によるCO2地中貯留モニタリングスペイン
2011/1/30 新燃岳溶岩ドーム直径500m
2011/1/29 中 国が世界のCO2回収・貯留(CCS)実験場
2011/1/28 クリーンエネルギー開発競争で勝っている中国
2011/1/26 現 代のアポロ計画クリーンエネルギー米大 統領一般教書
2011/1/25 日本カナダCCS-クリーンコール技術協力(JCOAL)
2011/1/25 CO2排 出は、水蒸気量も増加させて地球温暖化を増幅する
2011/1/25 日本沈没は何回も起きた!現在も進行中?地学雑誌
2011/1/24 石炭の爆発的燃焼が生物大量絶滅に寄与?
2011/1/23 CO2回 収・貯留(CCS)初期における「死の谷」を越える施策
2011/1/23 CO2回収・貯留(CCS)研究ミニ火力発電所米テキサス大
2011/1/22 CO2回 収・貯留(CCS)-クリーンコール米中合同作業計画
2011/1/22 CO2アミン化学吸収法回収技術で米中協力
2011/1/21 CCSなど米中協力クリーンエネルギー研究1億5千万ドル
2011/1/20 米 中低排出クリーンコール協力CO2回 収石炭火力発電
2011/1/20 CCS付き石炭ガス化複合発電(IGCC)が解決策
2011/1/20 Clean energy standard:CESに原子力とCCSは必須、米議会
2011/1/20 カ リフォルニアの未来にCO2回収・貯留(CCS)が必要
2011/1/20 ワイバーンCO2漏洩独立調査IPAC-CO2
2011/1/20 CO2漏洩は事実無根!(Scientific American)
2011/1/19 CO2-H2S ガス注入ー原油増進回収(EOR)
2011/1/19 CO2海洋貯留:天然の石灰岩風化プロセス の加速
2011/1/18 中 国の画期的低コストCO2回収技術に世界注目
2011/1/18 アブダビがCO2回収・貯留(CCS)拡大へ
2011/1/18 大気からCO2を吸収する大地炭素貯留マニュアル米DOE
2011/1/18 CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス排出削減に重要Alstom社
2011/1/18 国際エキスパート・チームでCO2漏洩の有無を検証ワイバーン
2011/1/17 九 大がCO2地中貯留CCS実証:微生物 によるCO2-天然ガス変換研究
2011/1/17 地球はずっと暑くなるー地球の過去から学ぶ
2011/1/17 米 中協力が温暖化防止の動向を決める
2011/1/17 英シェールガス開発に水汚染を警告
2011/1/14 安 全性研究無しにCO2地中貯留しない加アルバータ州
2011/1/14 CCSをCDMに含める規則を今年決める
2011/1/14 CO2漏 洩ではなく天然現象?加サスカチュワン州ワイバーン
2011/1/13 加アルバータ州はCO2回収・貯留(CCS)推進
2011/1/13 中国がCO2排出取引導入へ?
2011/1/13 CO2を 吸収する環境配慮型コンクリート
2011/1/12 加ワイバーンEORプロジェクトでCO2漏 洩?農夫告発
2011/1/12 アラスカ・パイプライン再開
2011/1/11 豪 クィーンズランドのクリーンコールCCSが洪水の犠牲に?
2011/1/10 工業CO2回収・貯留(CCS)に国際セクター別アプローチ
2011/1/9 ア ラスカ・パイプライン閉鎖、漏洩のため
2011/1/8 地熱ヒートポンプ、家の暖冷房費を節約
2011/1/7 CO2回 収・貯留(CCS)オープンハウス:オイルサンドCCS
2011/1/7 ドイツでCO2回収・貯留(CCS)論争激化
2011/1/5 CO2地 中貯留サイト選定マニュアル米DOE
2011/1/5 賞金により研究開発振興:米競争力強化法再成立
2011/1/5 米 国2年間石炭火力発電所新設無し「石炭は死 んだ」
2011/1/5 インドネシアへクリーン・コール(CCT)導入調査
2011/1/4 世界火力発電量は2015年に18兆キロワット時に達する
2011/1/4 EU エネルギー政策CO2回収・貯留(CCS)にプライオリティー
2011/1/4 ナウジェン(NowGen)米テキサス州大規模IGCC-CCS計画
2010/12/28 米競争力強化法America Competes Act大統領署名へ
2010/12/27 CO2回収・貯留(CCS)研究開発実証(RD&D)ロードマップ米国
2010/12/24 米:発電所と精油所の温室効果ガス排出基準提案へ
2010/12/24 クリスマスにCO2固定マシン(人工樹)を
2010/12/22 三菱重工がインドへCO2回収技術を供与
2010/12/22 カンラン石風化増進ジオエンジニアリング
2010/12/22 大気CO2濃度は390ppmに達した、マウナロア観 測所
2010/12/22 日本温室効果ガス25%削減ロードマップ、環境省
2010/12/21 米国シェールガス開発の環境問題
2010/12/20 日本産業界が地球温暖化問題研究機関
2010/12/20 石炭に暗雲:クリーンコール計画挫折
2010/12/20 圧気エネルギー貯蔵を利用しよう米国ユタ州
2010/12/19 CO2地中貯留(CCS)は安全、原油増進回収(EOR)の経験
2010/12/17 中国とオーストラリアがCCS実用化研究協力
2010/12/16 オランダCO2パイプライン、ロッテルダム港
2010/12/15 CCSを主力CO2排出削減オプションにIEA
2010/12/14 アブダビMasdarCCS国連CCS-CDM承認が 追い風
2010/12/14 CO2回収(CCS)付設石炭火力発電所に米大気浄化法許可
2010/12/14 CO2地中貯留(CCS)による地震発生リスク、スタ ンフォード大
2010/12/11 国連CCS-CDM承認(COP16)「カンクン合意」 採択
2010/12/11 CO2駆動ー群発地震:米国イェローストーン巨大カル デラ
2010/12/11 天然ガスから大規模CO2回収・貯留、米ワイオミング
2010/12/11 炭素に富む巨大ガス惑星発見
2010/12/9 石炭火力発電所のCO2から"藻類オイル"
2010/12/7 英 国東海岸大規模CO2回収・貯留(CCS)ネットワーク
2010/12/6 J-POWER若松研究所(北九州市)CO2回収設備
2010/12/6 CO2回 収・貯留(CCS)は中国の地球への義務
2010/12/5 CCS-CDM,世 界炭素税バイオCCS, ジオエンジニアリング:カンクン気候会議
2010/12/5 ヨーロッパCO2回収・貯留(CCS)インフラ整備政策課題
2010/12/3 CO2貯 留CSLF技術ロードマップ社会受容が重要
2010/12/2 北米CO2貯留アトラス第3版、5,000年分貯留可能
2010/11/30 新設石炭火力発電所はCO2回収・貯留準備済(CCS-ready)
2010/11/30 中国で2011年1月よりCO2地中貯留開始
2010/11/30 環境に優しいCO2回収技術炭酸カリ吸収法
2010/11/30 アブダビMasdarでCO2500kmパプライン・ネットワーク
2010/11/29 土星の衛星レアに酸素とCO2に富む薄い大気
2010/11/28 クウェートでCO2回収
2010/11/26 2011年にピーク・コール?「安い石炭」の時代が終わる?
2010/11/26 バイオ暗号化:百万ギガバイトのデータを細菌のDNAに保存
2010/11/26 CO2地中貯留(CCS)国際スタンダード作成へ
2010/11/24 米EPAがCO2地中貯留安全規則
2010/11/22 温暖化懐疑論「・・に地震は来ない神話」と同じ
2010/11/22 韓国100メガワットCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクト
2010/11/19 世界は炭素制約型社会にChu米エネルギー長官、CCS取組
2010/11/18 難航中の地球温暖化防止への救世主?CO2回 収・貯留(CCS)の画期的低コスト化に日本企業JFEが世界で初めて成功
2010/11/18 火星の乗り物はCO2で動く
2010/11/14-19 Chu米エネルギ−長官 が日中訪問、上海CCSプラント等
2010/11/17 CO2地中貯留(CCS)は地元コミュニティの参加がカギ
2010/11/17 米フューチャージェンCO2地中貯留に6サイト
2010/11/14 CCSは唯一の後付け温室効果ガス排出削減技術、米EPA
2010/11/13 北欧におけるCO2回収・貯留(CCS)の可能性
2010/11/11 韓国電力公社とイタリアのエネルがCO2回収・貯留(CCS)協力
2010/11/10 アルジェリアのガス田CO2地中貯留(CCS)拡大
2010/11/10 汚い石炭のクリ−ンな未来ー中国がリーダーに
2010/11/10 世界(石炭等)ガス化データベース,米国エネルギー省
2010/11/9 台 湾の石炭火力発電所でCO2回収試行
2010/11/9 安い石油の時代は終わり、天然ガス黄金時代に,IEA
2010/11/9 カ タールがCO2回収・貯留(CCS)-CDM-排出権提案
2010/11/9 EUがCO2回収・貯留(CCS)補助コンテスト開始
2010/11/8 米豪CO2回収・貯留(CCS)促進へ協力
2010/11/6 温 暖化防止技術に待った!名古屋議定書(Nature誌)
2010/11/5 IEAがCO2回収・貯留(CCS)法規制モデル
2010/11/5 CO2増加により4千万年前の温暖化が起きた
2010/11/4 CO2回 収・貯留(CCS)がUAEの天然ガス不足を緩和する
2010/11/4 オランダBarendrechtCO2貯留中止、北オ ランダ等は継続
2010/11/4 EUの放射性廃棄物処分場が必要
2010/11/4 CO2回 収・貯留準備(CCSR: CCS Ready)政策GCCSI
2010/11/4 独ダルムシュタット工大にCO2回収パイロットプラント
2010/11/4 米国ノースダコタ州で褐炭層へのCO2地中貯留に成功
2010/11/3 北 海道苫小牧沖でCO2地中貯留調査
2010/11/3 アルバータ州が大規模CCS法整備
2010/11/1 ホ ワイトハウス主導で温暖化防止ジオエンジニアリング(GAO)
2010/10/30 名古屋議定書採択CO2回 収・貯留(CCS)以外のジオエンジニアリングにモラトリアム-小規模実験可、生物多様性会議(COP10)
2010/10/29 日本北九州にCO2回収・貯留(CCS)候補地
2010/10/29 米議会初のジオエンジニアリング報告書
2010/10/29 豪LNGプロジェクトはCO2回収・貯留(CCS)が必須
2010/10/29 米Morgan CountyがFutureGenの全体誘致
2010/10/27 台地玄武岩層CO2地中貯留
2010/10/27 海底下CO2地中貯留の最適管理
2010/10/27 卵殻でCO2回収・貯留?
2010/10/25 米FutureGenCO2地中貯留ハブ・サイト公募
2010/10/25 京都議定書延長にEU柔軟姿勢
2010/10/25 メラピ火山噴火危機、スマトラ島沖M7.7地震
2010/10/23 Masdar InstituteでのCCSやCO2EOR研究開発
2010/10/23 カーボン・ナノチューブ・メンブレンCO2分離
2010/10/22 バイオエネルギー+CO2回収・貯留(CCS)
2010/10/22 CO2回収・貯留(CCS)付き褐炭液化(CTL)
2010/10/22 石油精製CO2回収・貯留(CCS)の省エネルギー
2010/10/22 月に大量の水(氷)NASA(Science誌)
2010/10/21 丸紅がインドネシアでCO2回収・貯留(CCS)
2010/10/21 ジオエンジニアリング実施に国連承認必須に?(COP10)
2010/10/21 アフリカの湖のCO2ガス抜き(Natureダイジェ スト)
2010/10/21 断層の観察で地震を予測 (Natureダイジェスト)
2010/10/20 中国天津CO2回収・貯留(CCS)"GreenGen"プロジェクト
2010/10/20 セメントCO2回収・リサイクル(CCR)実証へ北米
2010/10/20CO2回 収・貯留(CCS)へ経済的インセンティブ
2010/10/19 国家戦略室が温暖化対策を担当、日本
2010/10/17 鬼首地熱発電所敷地内に新たな熱水噴出孔
2010/10/16 誘発地震ウェブサイト、米LBNL国立研
2010/10/15 CO2は地球温暖化の調整弁(サイエンス誌)
2010/10/11 火星生物はCO2固 定しすぎて自滅した?
2010/10/8 CO2回 収・貯留(CCS)投資:英国110億,韓国10億,日本1億ドル
2010/10/8 世界の科学界に温暖化に対する中国の戦いに支援を呼びかけ
2010/10/8 UAE加入でCSLF25ヶ国CCSプロジェクト34件に
2010/10/8 大 気CO2濃度を350ppm以下に減らす必要がある!
2010/10/8 CO2海洋貯留:世界最善の「悪いアイデア」
2010/10/7 米国北東部でCO2回収・貯留(CCS)とシェールガス生産
2010/10/6 米 フューチャージェンのサイト選定プロセス公表
2010/10/6 沖縄トラフ海底下に巨大熱水貯留層と“黒鉱”
2010/10/5 CO2地中貯留(CCS)に適した地層11種
米国クリ−ンコール技術研究プロジェクトマップ
2010/10/5 石炭地下ガス化CO2回収・貯留(CCS)研究ドイツ
2010/10/4 地球温暖化の脅威によりジオエンジニアリングに米関心
2010/10/4 民間投資はCO2回収へは始まったが、CO2地 中貯留へは未だ
2010/10/4 イラク原油埋蔵量が世界第3位に 1431億バレル
2010/10/2 ナノ微粒子CO2泡 注入など次世代CO2-原油増進回収
2010/10/1 20光年先に地球に似た惑星?生命の可能性?
2010/9/30 政 府が行動すべき時だ!CO2回収・貯留(CCS)実現へ
2010/9/29 FutureGen 2.0に経済再生資金10億ドル米エネルギー省
2010/9/28 中国-英国CO2回収・貯留(CCS)国際協力上海Expo
2010/9/27 世界各地で地下水減少排水が海面上昇の4分の1の原因
2010/9/27 サウジアラビアで噴火危機ー紅海リフト活動
2010/9/26 ド イツCO2回収・貯留(CCS)推進法案に州政府が反対
2010/9/24 カナダCO2回収・貯留(CCS)に脚光CCSファン ド
2010/9/23 次 回GHGT-11は京都(3回目)2012年11月18 −22日
2010/9/23 中国がレアアースの日本輸出停止?NYタイムズ報道
2010/9/22 CO2媒体地熱開発
2010/9/21 米 国はクリーン・コール技術と格闘中
2010/9/21 CCSへ民間投資は前向きだが信頼性と競争力が前提
2010/9/21 ナノメーター級薄膜でCO2分離ー回収(CCS)
2010/9/20 オ バマ政権の新エネ戦略担う「米バテル研」(日経)
2010/9/19 メキシコ湾原油流出、完全封じ込め、約5百万バレル流出
2010/9/18 ヨー ロッパCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト・ネットワーク
2010/9/17 CO2回収・貯留(CCS)知識マネージメントシステム、 米
2010/9/16 産 学連携CO2回収・貯留(CCS)開発英国
2010/9/16 彗星衝突が生命誕生のきっかけ
2010/9/15 CO2回収(CCS)によりオイルサンドのCO2排出低減
2010/9/14 金 属-有機構造体によりCO2回収
2010/9/10 化石燃料にサヨナラできるか?(サイエンス)
2010/9/10 石 炭火力環境技術パッケージ事業、双日がカナダで
2010/9/9 米国石炭ガス化(IGCC)発電所でCO2回収・貯留(CCS)
2010/9/9 CO2地 中貯留(CCS)シミュレーションモデル開発米国
2010/9/8 米追加景気対策3500億ドル、研究開発減税恒久化など
2010/9/9 「ク リーンコールを巡る最近の動向2010」
2010/9/9 競争力スイスが1位、日本6位
2010/9/9 中国は積極的支援でクリーン・エネルギーをリード欧米苦境
2010/9/9 米中クリーン・エネルギー研究センター(CERC)
2010/9/8 CO2貯 留サイト地質特性調査などCCS15プロジェクト米DOE
2010/9/8 石炭-CO2回収(CCS)-水素製造は競争力がある米DOE-NETL
2010/9/7 CO2回 収・貯留(CCS)投資と原子力発電所延命、ドイツ
2010/9/7 低品位炭からメタンガス、大阪ガス
2010/9/6 石 炭地下ガス化ーCO2地中貯留(CCS)技術開発(豪)
2010/9/4 米国経済振興のためクリーンエネルギー投資
2010/9/2 CO2回 収・貯留(CCS)など事業化へ三菱商事と米バテル研
2010/9/2 米中CO2回収・貯留(CCS)協力プロジェクト、米エネルギー省
2010/8/27 深 海貯留CO2の大量放出が氷河期を終らせた?
2010/8/23 CO2固定付バイオ燃料が最良のジオエンジニアリング
2010/8/20 “CO2回 収・貯留(CCS)”がオックスフォード辞典入り!
2010/8/18 バイオチャー地中固定でCO2排出12%削減Nature Communications
2010/8/17 英国北ノーフォーク沖巨大天然ガス海底地下貯蔵施設実現へ
2010/8/16 中国石炭火力発電CO2回収が実用化に1歩前進
2010/8/12 米 国CCS省際タスクフォース報告書広範なCCS実施を
2010/8/12 ドイツCCSは工業とバイオマスに重点を
2010/8/12 太陽放射管理(SRM)ジオエンジニアリングは制御困難
2010/8/11 米 大学等のCO2地中貯留(CCS)研究15プロジェクト選定、米国とカナダは1千年分のCO2を 貯留できる(米DOE)
2010/8/11 スーパー病原菌:抗生物質が効かない新耐性菌インド
2010/8/10 CO2地 中貯留(CCS)の温室効果ガス湧出測定値報告(米EPA)
2010/8/10 CO2回収しやすいケミカルループ燃焼石炭発電
2010/8/9 英 国産業連盟(CBI)が低炭素エネルギー政策推進を政府に勧告
2010/8/9 EUはCO2回収・貯留(CCS)に130億ユーロ投資
2010/8/8 環境対策など5本柱-「APEC成長戦略」
2010/8/7 石 炭発電からのCO2吸収に藻類培養、ドイツSenftenberg
2010/8/6 国連パネル:新国際炭素税提言
2010/8/6 モスクワに有害スモッグ
2010/8/5 "FutureGen 2.0":米国CO2回収・貯留(CCS)ネットワーク
2010/8/5 ロシアが穀物輸出禁止、猛暑-干ばつ
2010/8/5 三 菱重工が英石炭発電CO2回収・貯留(CCS)設計に参加
2010/8/4 石油価格上昇によりCCSの採算性改善
2010/8/2 石 炭と天然ガスは中期的に重要で、CO2回収・貯留は不可欠
2010/8/2 世界最大のCO2鉱物化プラント
2010/7/30 高 圧CO2回収実証試験新潟県長岡市
2010/7/27 酸素吹き石炭ガス化発電多用途化へ、「大崎クールジェン」
2010/7/26 メタンハイドレート分解で22億年前超温暖化?
2010/7/25 微 生物CO2固定バイオフィルムとドロマイト化
2010/7/22 CO2利用・リサイクル技術に経済再生投資1億ドル米DOE
2010/7/20 CO2回収・利用・貯留(CCUS)推進クリーンエネルギー閣僚会議
2010/7/19 CO2回 収・貯留(CCS)なしでは、中国の50%削減は不可能:IEA
2010/7/19 メキシコ湾事故井付近の海底に石油湧出か?
2010/7/19 CO2回 収・貯留(CCS)プログラム評価、米GAO
2010/7/16 メキシコ湾原油流出止まった:BP
2010/7/14 CO2回収・貯留(CCS)など温暖化対策トップ拠点に九州大学
2010/7/14 CO2回 収・貯留(CCS)実施法案、米上院超党派提案
2010/7/14 米温暖化対策法は電力CO2排出規制に特化?
2010/7/12 CO2回 収・貯留(CCS)で日米協力、経済産業省、AIST、RITE。
2010/7/8 世界に80件の大規模CO2回収・貯留プロジェクト(LSIP)
2010/7/1 GHG 排出削減は省エネルギーとCO2貯留に懸かる、IEAレポート
2010/6/29 米大統領:CO2価格付け必要
2010/6/29 「CO2貯留で化石燃料使用を正当化できない」NatureGeo論文
2010/6/25 天然ガスが排出削減の主役"The Future of Natural Gas"
2010/6/23 CO2を 地中貯留すると微生物がメタンに再生
2010/6/21 地中貯留CO2の漏洩を防ぐ微生物発見
2010/6/21 油田微生物がCO2をメタンにゴールドシュミット国際会議
2010/6/20 石炭発電が最も経済的、次いで原子力とCCS付石炭
2010/6/19 CO2回 収・貯留(CCS)が必須、低炭素パスAPEC福井宣言
2010/6/17 中国はCCSをリードする(China Daily)
2010/6/14 「CCS 推進にG8政府と企業の一層の努力が必要」IEA
2010/6/14 北海CO2地中貯留(CCS)2.7億トン/年
2010/6/13-18 CO2貯留の地球化学ゴールドシュミット国際会議
2010/6/13 サウジアラビアでCO2貯留地質専門家求人
2010/6/11 ビ ル・ゲイツらが米国新エネルギー戦略を提言
2010/6/10 工業CO2回収・貯留(CCS)に10億ドル米DOE
2010/6/10 中 国初のCO2回収・貯留(CCS)が本年末開始
2010/6/9 米で地中貯留CO2のトレーサー実験に成功
2010/6/5 次世代CO2-EOR技術等開発、米エネルギー省研究所
2010/6/5 廃 天然ガス井漏洩事件、加アルバータ州
2010/6/4 原子力発電所14基新増設、経産省
2010/6/4 中小地熱開発促進へ、経産省
2010/6/3 CO2回 収の健康影響
2010/6/2 英国グラスゴー付近でCCS石炭火力発電所計画
2010/6/1 世界石炭使用と温室効果ガス排出量は2035年50%増
2010/6/1 政 府と企業の政策が世界CCS投資を活発化
2010/5/28 中国は2014年排出権取引市場開設
2010/5/27CCS など低炭素技術開発「e8東京サミット宣言」
2010/5/27石 炭火力発電所からのCO2排出を全廃できる。Hansenら
2010/5/26油 層でCO2再資源化、分散型CO2貯留等最新研究発表
2010/5/20 大 気CO2回収・貯留も必要1.4 度気温が高い
2010/5/19経 産省CO2回収・貯留(CCS)本格導入アクションプラン策定へ
2010/5/18 環境/経済リスクの大きいオイル・サンドに依存高まる。
2010/5/17中 国にCO2回収・貯留(CCS)がもっとも効果的-アジア開発銀行
2010/5/14石 油・天然ガス生産量の倍のCO2を地下注入へ、2050年
2010/5/13CCS 推進に年20億ドル、米上院温暖化対策法修正案、電力セクターに限ってキャップアンドトレード導入
2010/5/11地 下に隠れた活断層探索
2010/5/102020 年代初期にはCO2回収・貯留(CCS)産業は大成長する
2010/5/7大気 CO2直接回収・貯留技術に賞、米国上院委員会
2010/5/7高 効率天然ガス火力発電が米国のCO2排出大幅削減に貢献
2010/5/6米国 省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォース公開会合
2010/5/3ガ ス・バブルがメキシコ湾石油掘削リグ暴噴の原因?
2010/5/2ノル ウェーのMongstad大規模CCSプロジェクト延期
2010/5/2ハ チの居ない地球へ?食料危機の怖れ
2010/4/29 米ARPA-E超先端エネルギー技術開発第2弾1億ドル
2010/4/28 世界“クリ−ンエネルギー革命”が必要。潘国連事務総長
2010/4/28 CCS 技術には大きな可能性がある:米エネルギー省長官
2010/4/28 気候変動を確認:米EPA
2010/4/28EU:CO2地中貯留ポテンシャルは十分
2010/4/26日 立製作所がCCS実用化へ新CO2回収技術開発
2010/4/25「CO2地中貯留ポテンシャル見積は過大?」
2010/4/24都 市ガス業界20年温暖化ガス4700万トン削減
2010/4/22CO2回 収・貯留(CCS)は米国に7万人分の職を創造する
2010/4/22地球温暖化対策新専門誌
2010/4/20CO2地 中貯留実証試験誘致へ苫小牧CCS促進協議会
2010/4/19地 球温暖化が地震・火山噴火・地すべりを活発化!?
2010/4/16「核 の春」と「火山の冬」が来るか?
2010/4/14CO2回収・貯留(CCS)がエネルギー新時代を拓く、米下院公聴会
2010/4/14ア イスランド氷河下噴火、洪水、ヨーロッパ航空大混乱
2010/4/14CCS30%、 ヨーロッパ低炭素経済ロードマップ2050
2010/4/14米 国地熱開発26%増
2010/4/13 CO2地中貯留(CCS)サイト選定からのガイドライン
2010/4/12 秋田県で地熱発電所新設へ調査
2010/4/9 CCS をカリフォルニアの新産業
2010/4/8 新潟県で温泉を利用した地球にやさしい地熱発電研究
2010/4/8 核軍縮でプルトニウム廃棄に何十年も要する。
2010/4/8 ポー ランドがCO2排出権を日本企業に四千万ドルで売った
2010/4/8 英CO2回収・貯留(CCS)資金のため電力会社に課税
2010/4/8 浅 い塩水帯水層へのCO2地中貯留へ米ミズーリ州
2010/4/8 桜島で地盤膨張
2010/4/6 CO2回収・貯留(CCS)は地球温暖化解決策になるか?
2010/4/6 世界CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト新報告
2010/4/5 NASA地球観測ー気候研究大幅強化
2010/4/1 東京都の「キャップアンドトレード」制度開始
2010/4/1 オ バマ米大統領が米東海岸沖の 石油・ガス開発を打ち出した。
2010/3/31 気候ゲート事件、データ改ざんは無い、英政府報告書
2010/3/25 石 炭火力CCS"Ready"へ、20年日本原発8基増設、30年CCS導入
2010/3/25 クリーン・エネルギー投資1位中国、2位米国…日本15位!
2010/3/25 CCS は経済成長をもたらし、温暖化対策を建設的にする
2010/3/22 米・医療保険改革法成立-温暖化対策法案にも展望
2010/3/22 中国Huanengグループが24万トンのCO2回収
2010/3/19 仏 独が京都議定書初年度目標達成
2010/3/18英原発またはCCS付き石炭火力発電所2050年までに80基必要
2010/3/18カ ナダで世界初のセメント工場CO2回収―バイオ育成リサイクル
2010/3/17 都市を覆う“CO2ドーム”
2010/3/17 英 国CCS低炭素経済地域ハンバー川10万人産業
2010/3/17米ウォール街温暖化対策「石炭株を買い、太陽光関連を売れ」
2010/3/17 米国ワイオミング州の「緑の石炭」
2010/3/16 英 国でCCS付き1.2ギガワット石炭火力発電所
2010/3/16 海への鉄分散布で有害な藻類異常発生
2010/3/15 中 東最初の地熱井掘削開始アブダビMasdar
2010/3/14 カ ナダのCO2地中貯留(CCS)能力は十分、情報をすべて公開。
2010/3/12 日本、地球温暖化対策基本法案閣議決定
2010/3/10 CCS-CO2-EORで米国CO2排 出と石油輸入の両方削減
2010/3/9 サウジアラビアがCO2回収・貯留(CCS)のパイオニアへ意欲
2010/3/8 温泉発電(地熱バイナリー発電)広がるか?(朝日)
2010/3/6 地球温暖化対策に日本原発34基新設必要エネ庁試算。
2010/3/4 地 元は漏洩米原発の存続支持
2010/3/2 米国工場から回収したCO2で藻類を増殖し、バイオ燃料を生産
2010/3/2 米国セメント工場CO2回収・地中貯留(CCS)実証
2010/3/1-3 米国超先端(ARPA-E)エネルギー技術革新サミット
2010/3/1 米 国の温暖化対策がセクター別温室効果ガス価格付けへ?
2010/3/1 米国アラバマ州でCO2貯留-EOR併用プロジェクト
2010/2/27 チ リM8.8プレート境界大地震、日本に28日午後津波到達
2010/2/26 米国原発でトリチウム漏洩調査、使用期限延長を巡って。
2010/2/25 ブルー・カーボンー海洋生物系によるCO2吸収UNEP
2010/2/24 炭酸脱水酵素(CA)微生物CO2固定
2010/2/20 オーストラリアはCO2回収・貯留(CCS)優先、原子力反対
2010/2/19 国連CO2回収・貯留(CCS)産業別行程表作成へ
2010/2/18 ビ ル・ゲイツ:エネルギー・ミラクルが必要
2010/2/16 米国30年ぶりの原子力発電所新設へ
2010/2/15 ア ブダビでJOGMECと国際石油開発帝石がCO2-EOR共同研究
2010/2/15 カナダCO2回収・貯留(CCS)実証に日立、双日が参加
2010/2/15 サ ウジアラビアが世界最大のガワール油田にCO2注入
2010/2/11 米で超臨界CO2活用地熱開発を計画
2010/2/9 日本排出量取引導入へ温暖化対策基本法案
2010/2/3 オ バマ米大統領が包括的CCS戦略覚書、新省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォース発足
2010/2/3 英国北東部CCSクラスター
2010/2/2 日本削減行程表案15%以上真水
2010/2/1 米 国2011年度CCS技術予算5億ドル、超先端エネルギー研究ARPA-E3億ドル
2010/1/29 米国放射性廃棄物対策新委員会
2010/1/27 ア メリカは1位を目指す。クリーンエネルギーで世界をリードする。オバマ米大統領
2010/1/27 ニューヨーク近郊"PurGen"CCS付設石炭火力発電所建設承認
2010/1/19 CO2回収・地中貯留(CCS)技術実証のため福島県いわき沖で今夏調査井掘削へ
2010/1/15 EU最大のCO2排出源のポーランド褐炭火力発電所にCO2回収・貯留(CCS)建設へ
2010/1/13 CO2貯留(CCS)プロジェクト公報教育マニュアル米DOE
2010/1/12 ハイチ首都直下地震死者15万人以上?1995年神戸地震に似た内陸横ズレ活断層地震
2010/1/12 海 運CO2回収・貯留(CCS)技術開発へ
2010/1/11 フランスLacqで工業CO2回収・地中貯留(CCS)
2010/1/9 EUが炭素税義務づけ
2010/1/8 日 本政府が海外から温室効果ガス排出枠2000億円購入
2010/1/8 米オバマ大統領クリーンエネルギー・イニシアティブ23億ドル
2010/1/8 中国とノルウェーがCCS協力
2010/1/7 フ ランスがCO2回収・貯留(CCS)等に25億ユーロの「大借入投 資」
2010/1/4 青森沖の海底炭層で、地下微生物によるCO2ーメタン変換実験へ、海洋 研究開発機構
2009/12/31 米国のクリーン環境技術への2009年ヴェンチャーキャピタル投資は史上2番目
2009/12/31 米国の地熱開発は2009年に6プラント新設、100個所以上調査中
2009/12/29 大規模CO2回収・地中貯留(CCS)により地熱開発効率化
2009/12/28 温暖化対策に力点、日本10年度予算
2009/12/26 環境技術は中国の環境破壊鉱山の希土類金属産出に頼っている。
2009/12/19 「コペンハーゲン合意」に「留意」で早朝決着:米中主導に意義と限界
2009/12/17 COP15:途上国支援に日本150億ドル、EU100億ドル、米国は先進国計年1000億ドルの基金を提案
2009/12/16 世界CCSは2030年に10−20兆円市場
2009/12/16 中国が原子力発電所大増設へ
2009/12/16 COP15:原発/CCS-CDM承認はまた延期「技術が先進国に限定」
2009/12/15 途上国支援「鳩山イニシアチブ」100億ドル
2009/12/12 科学は偽造されていない。しかし、きれいともいえない!"気候ゲート事件"
2009/12/12 石炭を採掘しないでエネルギーを得てCO2削減
2009/12/11 クリーンエネルギー技術:日本11位、2020年に2兆ドル産業にWWFクリーンエコノミー報告書
2009/12/10 京都議定書延長か?新興国削減義務か?COP15
2009/12/10 「CO2貯留技術促進」COP-15内会合
2009/12/9 EUが6CCSプロジェクトに10億ユーロ
2009/12/7 英 国ダーラム大学で初のCCS教授
2009/12/7 超先端エネルギー技術研究プロジェクト第2弾1億ドル米ARPA-E
2009/12/7 世 界のCCSプロジェクト支援に基金,The Global CCS Institute
2009/12/5 ノルウェーが温暖化ガス排出を20年以内にゼロ以下に
2009/12/5 米オバマ大統領COP15最終日出席へ
2009/12/4 2008年米温暖化ガス排出量2.2%減
2009/12/4 米 国CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに30億ドル投資
2009/12/3 インドは2020年までに単位GDP当たり温室効果ガス排出量を05年比20-25%削減
2009/12/1 大気CO2直接削減が必要:ノーベル 平和賞受賞IPCCパチャウリ議長
2009/12/1 世界首脳の多くが国連気候会議COP15に出席、合意へはずみ
2009/11/26 中国は2020年までに単位GDP当たり温室効果ガス排出量を05年比40-45%削減
2009/11/26 米国は2020年までに05年比温室効果ガス17%削減目標、COP15でオバマ大統領表明へ
2009/11/23 2008年世界温室効果ガス排出量が記録更新CO2385.2ppm へ
2009/11/23 海洋のCO2吸収が減っている。(Nature)
2009/11/18 石炭産業の生き残りはCO2回収・貯留(CCS)に懸 る
2009/11/17 大規模CO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトなど米中クリーンエネルギー技術協 力
2009/11/13 CO2回収・貯留リスク予測など日米クリーンエネルギー技術協力
2009/11/12 大気CO2直接削減技術に賞、米上院
2009/11/11 京都議定書初年度2008年度日本温室効果ガス排出量は90年度比1.9%増、経済不況で前年度よりは大幅減も目標達 成は依然として厳しい
2009/11/9 ロッテルダム大規模CO2ハブ計画
2009/11/9 カ ナダでCCSが重要
2009/11/5 米国ミシシッピー州CranfieldのCO2地中貯留(CCS)が100万トンに達 した。世界で5番目
2009/11/3 地球科学者不足 Nature, NSF
2009/11/3 ゴ ア元米副大統領が温暖化防止新著出版
2009/11/2 CO2の国境越え輸送解禁へ国際海事機関(IMO)
2009/11/2 水圧破砕のリスク調査ー“ハリバートンの抜け穴”を塞ぐ、米EPA
2009/10/30 京都議定書初年度の2008年度エネルギー起源CO2排出量は90年度比7.4%増、 目標達成は厳しい
2009/10/30 米国Mountaineer石炭火力発電所のCO2回 収・貯留開始
2009/10/26 2050年までに米国で原子力発電炉180基新設へ!、米国環境保護局
2009/10/25 米エネルギー省が超先端エネルギー技術育成へ、初回1億5千万ドル37件中CO2回 収5件、ARPA-E
2009/10/24 クリーンなエネルギー技術の開発競争に勝つ国が世界経済のリーダーになるオバマ大統領
2009/10/24 世界でCCSに7千億ドルの投資
2009/10/24 長期目標CO2濃度350ppm
2009/10/24 CCSプロジェクトの成功にアウトリーチが不可欠
2009/10/21 ジオエンジニアリング(地球工学)の方が経済的?"SuperFreakonomics"
2009/10/15 米国が日本にCCS実用化へ協力要請
2009/10/15 CCSは年100億トンに達し、温暖化ガス排出削減の主要手段になる(IEA)
2009/10/15 中国に巨大なCO2地中貯留ポテンシャル
2009/10/14 IEAがCO2回収・貯留(CCS)ロードマップを公表した。
2009/10/12 CO2回収・貯留(CCS)技術開発が最重要研究課題米エネルギー長 官.
2009/10/11 アラスカでUCG-CCS発電プロジェクト
2009/10/10 日中韓首脳が新気候合意成立へ協力
2009/10/9 オバマ米大統領にノーベル平和賞
2009/10/8 す べての国がCCSを推進するべき、オーストラリア
2009/10/8 カナダ・オイルサンド大規模CO2回収・貯留(CCS)に8億ドル以上資 金補助
2009/10/6 2007年CO2排出量、中国が1位60億トン
2009/10/5 EU がCO2回収・貯留(CCS)に130億ユーロ投資
2009/10/5 中国のCO2地中貯留(ccs)ポテンシャルは 3兆トン以上
2009/10/5 オ ルドスで中国初の大規模石炭CO2回収・貯留(ccs)
2009/10/2 EUの7CCSプロジェクトに10億ユーロ
2009/10/2 米国が大規模事業所に排出規制
2009/10/2 米国工業排出源CO2回収・貯留(CCS)に経済再生法投資
2009/10/1 大気からCO2を直接削減する新技術が注目されて いる。
2009/9/29 東 芝が石炭火力発電所からのCO2回収実験開始
2009/9/29 火星の地下浅くに氷
2009/9/25 CO2回収に用いるアミンの健康影響(Bellona Report)
2009/9/25 CO2回収・貯留(CCS)特別号 (Science誌)
2009/9/24 「地 球規模の課題にすべての国が責任を分かち合おう」オバマ米大統領、国連総会演説。
2009/9/24 月の土壌に水
2009/9/22 鳩 山首相が温室効果ガス25%削減を国際公約、国連気候変動サミット
2009/9/22 州はCO2排出で電力会社を訴えることが出来る。米連邦控訴裁判所。
2009/9/17 排出権取引はEU産業に無害
2009/9/16 CO2回収・貯留(CCS)で米大学に9千万ドル 米エネルギー省経済再生プロジェクト
2009/9/16 オーストラリアで石炭ブーム半分近く日本へ
2009/9/11 グリーン・ホワイト・ハウス?オバマ大統領はLEED認定の取得を目指す。
2009/9/11 ドイツで1983年ゴアレーベン放射性廃棄物地下貯蔵サイト科学的安全評価書に政治家が干渉した疑いで調査が行われる。
2009/9/11 ド イツ地熱開発で誘発地震騒ぎ、ドイツ中西部Landau
2009/9/8 カライド酸素燃焼プロジェクトは順調(Jパワー)
2009/9/8 北 海海底下の塩水帯水層と枯渇油ガス田がCO2貯留のための”逆油田”
2009/9/7 2020年までに1990年比25%削減民主・鳩山代表
2009/9/6 ジオエンジニアリング:大気CO2直接除去(CDR)有力
2009/9/4 米 主導「国際炭素市場」構想日本はカヤの外、産業界は削減義務に反発
2009/9/4 中國CO2回収貯留(CCS)に30年間で4千億ドル必要スタンフォー ド大報告
2009/8/31 炭層、玄武岩層、浅い帯水層へのCO2地中貯留を許 容へ、米環境保護局
2009/8/31 EUのCO2排出量は4年連続で減少
2009/8/30 海洋は多くのCO2を大気から吸収できる
2009/8/27 温 暖化防止地球工学技術:人工樹と藻外裝ビルと白色屋根
2009/8/25 CO2回収・貯留(ccs)技術のガイドブック
2009/8/25 CO2回収・貯留(ccs)等を環境アセス法の対象に検討環境省
2009/8/24 米 エネルギー省CO2地中貯留(ccs)安全評価研究開発プロジェクト発表
2009/8/20 米国オハイオ州CO2地中注入プロジェクトが地震の心配などにより中止
2009/8/20 中国のCO2排出は2030年にピーク
2009/8/19 カリフォルニアの地熱開発が誘発地震評価で遅れている
2009/8/17 全 火力発電所にCO2回収貯留(CCS)設置2050年に温暖化ガス 80%削減環境省案。
2009/8/12 日本の電力会社10社中8社がCO2自主削減目標を 達成できなかった(2008年度)
2009/8/11 北米三国がCCSの実用化を推進
2009/8/11午前5時7分 駿河湾の地震、M6.5フィリピン海プレート内右横ズレ。近づく東海地震
2009/8/10 米 エネルギー長官が中国にCO2回収・貯留(CCS)実施を呼びかけ た。
2009/8/3 CCSなど新技術利用で米国は2030年までに2005年比41%CO2排出削減でき る(EPRI報告)
2009/8/3 大油田の多くが既にピークを過ぎた。
2009/8/3 日 本10電力の2008年度CO2排出量は、前年比5.3%減
2009/8/3 クラゲがCO2海洋貯留により温暖化防止に貢 献!
2009/7/31 アジアのCO2回収・貯留(CCS)地質・環境調査支援に新CCS基金
2009/7/29 「大 崎クールジェン」石炭ガス化複合発電IGCCとCO2分離回収実証試験へ、 中国電力とJパワー(電源開発)
2009/7/29 NUMBY("Not Under My Backyard")現象により、ドイツの“世界初の超低排出石炭火力発電所”は当分実現できなくなった。 CO2地中貯留に地元民が同意しないため
2009/7/20 CO2回収コスト、成熟段階ではCO2削 減量あたり$30-50/tCO2
2009/7/19 「米国の過ちを繰り返さないで」インドで米国務長官
2009/7/15 米 国と中国が米中クリーンエネルギー研究センターを創設、CCSなど低炭素技術の情報センターに。
2009/7/15 アフリカのキブ湖のガスの脅威と利用価値(Nature誌)
2009/7/14 CO2地中貯留と非在来型天然ガスの組み合わせ がエネルギー―温暖化問題の解決策,スタンフォード大
2009/7/08 温暖化ガス2050年までに先進国は80%削減、温度上昇2度以内にG8、グリーン リカバリー推進
2009/7/01 温暖化対策、日本の評価はG8中5位
2009/7/01 福島県磐城沖でCO2回収・貯留(CCS)実証試験のための本格的実地調査開始
2009/6/26 米下院で温暖化法案可決20年に温室ガス20%減(共同)
2009/6/26 EU が中国石炭火力発電所CO2回収・貯留(CCS)に資金協力
2009/6/22 オーストラリアのCO2回収・地中(深部塩水帯水層)貯留(CCS)付き石炭ガス化複 合発電(IGCC)"ZeroGen”プロジェクトに三菱重工業と三菱商事が参画
2009/6/17 ゼ ロエミッション石炭火力発電の実証研究「クールジェン計画」と国際技術協力の「クリーンコール・フォー・アース計画」を2本柱に、 環境技術重点の新石炭政策:経産省
2009/6/12 フューチャージェン計画の復活へ ブッシュ政策をまた転換
2009/6/08 世 界的にCO2回収・貯留(CCS)に未曾有の投資(WRI)。
2009/6/05 スウェーデン、高レベル廃棄物処分地をフォルスマルクに決定
2009/5/27 IPCC 議長「CO2地中貯留の促進が必要」CCSハイレベル会議
2009/5/27 米国CO2回収センター(NCCC)新設、 米エネルギー省がアラバマ州Wilsonvilleに
2009/5/26 G8エネルギー相:「国際省エネ協力パートナーシップ(IPEEC)」創設
2009/5/21 石炭をクリーンにできるか? CO2回 収・貯留(CCS)実現へ、Nature社説
2009/5/13 中国が富裕国に2020年までに25−40%のCO2排出大幅削減を呼びかけ
2009年4月28日 エネルギー・フロンティア研究センターを46新設、GDP3%を科学研究開発費に…オバマ大統領
2009年4月17日 米国環境保護局がCO2を汚染物質と正式に宣言ー米国の政策転換、CO2は温暖化原因と公認。
2009年4月16日 地球CO2回収・貯留(CCS)研究所正式発足(キャ ンベラ)
2009年4月13日 CO2は排出抑制より回収を!(週刊ダイヤモンド)
2009年4月11日 「ワルツィング・マチルダ」は地球温暖化の序曲?オーストラリアが温暖化の見本市に!
2009年4月9日 麻生首相未来像「低炭素革命で、世界をリードする国」
2009年4月8日 CO2回収・貯留(CCS)がオバマ政権の最重要課題(ホワイトハウス 高官)
2009年3月9日 CO2回収・貯留などの温暖化対策技術の研究開発を重点化、科学技術基 本計画
2009年3月5日 「海底下帯水層に貯留したCO2は漏洩しな い。」北海で13年間1,000万トン以上貯留
2009年2月17日 CO2回収・貯留(CCS)によりドイツの電気 料金が安くなる!
2009年2月15日 温暖化を遅くするために火山噴火を活性化させる!米で究極の地球工学案。
2009年2月15日 石油生産はピークに近い!
2009年2月12日 エネルギー環境問題にノーベル賞級のブレークスルーが必要
2009年1月15日 メタン湧出ー火星地下に生命活動?地球人類の先祖が居るかも?
2009年1月8日 泥岩が超長期間CO2封じ込め
2009年1月7日 「CCSの小さな一歩が、人類にとって大きな飛躍」月旅行競争に匹敵!
2008年12月18日 米国でCO2に税金!?ニューヨークでソー ダ税

・・・・・・・・・・<詳しくはCCSニュー スへ>


<トップページへもどる>
本ホーム ページのスポンサーを募集しています。
温暖化防止地球シ ステム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com
「CCS and CR の小さな一歩が、人類の大きな飛躍」 CC Geosystem:http://co2.eco.coocan.jp/