New economic and safe air/CO2 capture and sequestration (Air-CCS) schemes: Hitoshi Koide/CCGeosystem
温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


2010/3/19 温暖化防止ジオエンジニアリングの話、地学クラブ資料ダウンロード
CCS関係文献・報告など
Google
2011新刊(IAEA) 「CO2地中貯留と放射性廃棄物地層処分: 比較評価」"Geological Disposal of Carbon Dioxide and Radioactive Waste: A Comparative Assessment" by Ferenc L. Toth(IAEA)632ページ,Springer-Verlag

2011/11/12 福島原発事故の4日間時系列記録を米国原子力発電運転協会(INPO)が作成した。 http://www.nytimes.com/2011/11/12/world/asia/report-details-initial-chaos-at-fukushima-daiichi-nuclear-plant-in-japan.html

2011/11/11 OPECがCO2回収・貯留(CCS)の迅速広範な実施抜きではCO2排 出増は避けられないと警告 、OPECが公開した報告によれば、2035年にも化石燃料は主なエネルギー源で、石炭が第一の燃料なので、世界のCO2排 出は43%増加する。 http://www.bloomberg.com/news/2011-11-08/world-co2-emissions-may-rise-43-by-2035-on-coal-use-opec-says.html

2011/10/5 目 立ったキャンセルに拘らずCO2回 収・貯留(CCS)は着実に前進している(グローバルCCSインスティチュート報告)。 http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=carbon-capture-and-storage-projects-make-measured-progress

2011/9/22 産 業CO2回収・貯留(CCS)により2050年40億トンのCO2排出削減 が可能、CCS技術行程表を発表(国際エネルギー機関IEA)。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=2077

2011/9/15 CO2回収・リサイクル(CCR)産業概説報告書 :CO2を 原料として用いる新産業技術。 http://www.prizecapital.net/Prize_Capital/Home/Entries/2011/9/13_Prize_Capital_Releases_Report_Profiling_135_Different_Carbon_Capture_and_Recycling_Entities.html

2011/9/2 ロッテルダムCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトから最初のナレッジ・シェアリン グ・レポート"CO2 capture technology selection methodology"が公開された。オランダ"ROAD"プロジェクトから続けて計7冊のナレッジ・シェアリング・レポートが公開される。 http://www.bellona.org/news/news_2011/First_knowledge_sharing_report_from_Rotterdam_CCS_project

2011/8/27 米 政府監査院(GAO)気候工学(ジオエンジニアリング)報告書"Climate Engineering: Technical Status, Future Directions, and Potential Responses,GAO-11-71 July 28,2011"、地球温暖化に対するため緊急に研究開発すべきであるが、リスクもあるので安全性に配慮しなければならない。http: //www.gao.gov/products/GAO-11-71

2011/8/5 CO2地中貯留を有害廃棄物地下注入規制から免除する方針 を米国環境保護庁が打ち出した。CO2回収・貯留(CCS)を促進するため。http: //www.epa.gov/epawaste/nonhaz/industrial/geo-sequester/index.htm

2011/8/2 CO2回 収・貯留(CCS)は2025年までに商業化可能だ が、その実現には強力な推進政策が必要。ヨーロッパの新しいCCSコスト報告書 “The Cost of CO2 Capture, Transport and Storage,”by European Technology Platform on Zero Emission Fossil Fuel Power Plants (ZEP)。 http://www.bellona.org/articles/articles_2011/new_zep
http://www.zeroemissionsplatform.eu/library/publication/168-zep-cost-report-storage.html

2011/7/30 使用済み核燃料の貯蔵と処分の新しい仕組みが必要、核廃棄物の貯蔵・処分・核燃料 サイクルの在り方を議論していたアメリカ原子力の未来委員会 Blue Ribbon Commission on America’s Nuclear Futureの報告案が出そろった。http://brc.gov/

2011/7/26 CO2回 収・利用(CCU)報告書。 http://www.policyinnovations.org/ideas/policy_library/data/01612

2011/7/19 CO2貯留井のリスク管理ガイドライン"The CO2WELLS guideline"(ノルウェーDNV)。昨年公開したCO2貯留サイト選定・操業管理に関する "The CO2QUALSTORE guideline"の補完編。http: //www.dnv.com/industry/energy/segments/carbon_capture_storage/recommended_practice_guidelines/co2qualstore_co2wells/index.asp

2011/7/11 「気 候工学ー新たな温暖化対策ジオエンジニアリング」(杉山昌広著)日刊工業新聞社

2011/7/4 太平洋にレアアース巨大鉱床発見、東京大学加藤泰浩准教授と海洋研究開発機構など がネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表。http: //www.asahi.com/science/update/0703/TKY201107030411.html

2011/6/26 CO2地 中貯留(CCS)安全管理プログラム (UIC)の全容をウェブ公開(米環境保護庁)CO2< /sub>地中貯留(CCS)井は叉蚓体地下注入井として安全管理ガイダンスが示された。http: //water.epa.gov/type/groundwater/uic/class6/gsinformation.cfm

2011/6/18 CO2回収・貯留(CCS)白書/米国石油技術者協会(SPE)“技 術的課題は克服できるが、CCSが温室効果ガス排出削減に役立つか決めるのは法制度である”。http: //www.spe.org/tech/2011/06/carbon- capture-and-sequestration/

2011/6/18 カナダ・アルバータ州のシェール・ガスとCO2回収・貯留(CCS)新 ガイド、ガス時代の到来によりシェール・ガスが注目されているが、温室効果ガス排出抑制に、シェール・ガス向けのCO2回収・貯留 (CCS)技術開発が必要。http://greenparty.ca/issues/alberta-oil-sands

2011/6/17 新しいCO2貯留ー原油増進回収法:ガス重力原油排出(GAGD)攻法が 有望。http: //www.spe.org/twa/print/archives/2011/2011v7n2/09Academia_TWA_v7n2.pdf

2011/6/13 CO2貯 留(CCS)コストが大気CO2濃度を抑制する鍵になる。http: //ideas.repec.org/p/kie/kieliw/1702.html

2011/6/13 大 気からCO2を回収する“人工樹” 、ラックナー教授(米コロンビア大学)"The Academic Minute" http://www.insidehighered.com/audio/academic_pulse/synthetic_trees_and_carbon_capture

2011/6/7 米国西部におけるCO2地中貯留への法整備  Durrant, Marie Bradshaw and Reitze, Arnold W., Control of Geological Carbon Sequestration in the Western United States (May 1, 2011). Environmental Law Reporter, Vol. 41, No. 5, p. 10455, 2011. Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=1856571

2011/6/6 天 然ガス黄金時代:原子力から天然ガスへ 、福島原発事故で原子力にブレーキ、2035年に天然ガス62%増、エネルギー需要37%増、国際エネルギー機関 (IEA)特別報告。"World Energy Outlook 2011 Special Report - Are We Entering a Golden Age of Gas?" http://www.iea.org/weo/docs/weo2011/WEO2011_GoldenAgeofGasReport.pdf

2011/6/3 超苦鉄質鉱山尾鉱による自然CO2貯留 の反応輸送モデル。http: //www.goldschmidt2011.org/abstracts/originalPDFs/5227.pdf

2011/5/31 CO2回 収・貯留(CCS)の現状は、1980年代のSO2回収の状況に似ている。今では発電所でのSO2回 収はルーティンになっている。有力なモデルである。http://www.reportlinker.com/p0535950/The-Future- of-Carbon-Capture-and-Storage.html?utm_source=prnewswire&utm_medium=pr&utm_campaign=Industrial_Gases

2011/5/31 2010年世界CO2排出量(エネルギー起源)は306億トンに達し、最大記録になった。現 在建設中の発電所を加えれば、2020年目標の80%のCO2排出が既に確定している。気温上昇を2℃以内に抑制するのはますます 難しくなった(国際エネルギー機関IEA:"2010 World Energy Outlook")。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=1959

2011/5/30 気候変動は否定できなくなっているー今行動しなければならない(米科学アカデミー /学術研究会議NRC報告"America’s Climate Choices")。http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=12781

2011/5/27 “不 思議な地下の国のCO2”アニメ動画、アリスの代わりにCO2が地下の国 で冒険するCO2地中貯留解説アニメ Center for Nanoscale Control of Geologic CO2 (NCGC)。http://blog.energy.gov/blog/2011/05/26/move-over-american-idol% E2%80%A6

2011/5/24 米 国はCO2を削減しつつ原油生産を増やせる(CO2-EOR):MITと テキサス大のシンポジウム報告"Role of Enhanced Oil Recovery in Accelerating the Deployment of Carbon Capture and Sequestration," http://web.mit.edu/mitei/docs/reports/eor-css/110510_EOR_Report.pdf

2011/5/24 地球温暖化防止に今後10年が重要オーストラリア報告"Critical Decade report"。CO2貯留は有効だが、CO2に価格付けが必要。http: //climatecommission.govspace.gov.au/files/2011/05/4108-CC-Science-Update-PRINT-CHANGES.pdf

2011/5/10 化 学工学的な大気からのCO2直接回収技術(DAC)は分散CO2排出源(車、建物等)対策に貢献できるが、 コストは高い。CO2貯留の部分のコストは小さい。アメリカ物理学会レポート"Direct Air Capture of CO2 with Chemicals" http://www.aps.org/about/pressreleases/dac11.cfm

2011/5/6 北 米CO2回収・貯留(CCS)市場の新しい調査が刊行された。http: //www.researchandmarkets.com/research/69fc9e/north_american_carbon_capture_and_storage_market

2011/5/6 地中貯留からのCO2漏洩を化学反応が抑制する:塩水帯水 層に地中貯留したCO2の移動が化学反応により抑制される(ケンブリッジ大学)。http: //www.eurekalert.org/pub_releases/2011-05/uoc-ccs050611.php

2011/5/6 森林や土壌に化石燃料から排出するCO2の40%を貯留できる: 米国で新調査。http://environmentalresearchweb.org/cws/article/yournews/45857

2011/4/16 “現 地CO2回収・貯留(CCS)”:天然のCO2固定プロセス利用、カンラ ン岩や玄武岩の炭酸化促進(Annual Review of Earth and Planetary Sciences)。http://www.annualreviews.org/doi/abs/10.1146/annurev-earth- 092010-152509

2011/4/15 放射性廃棄物最終処分のドキュメンタリー映画が連日満席(東京・渋谷のミニシア ター)。福島原発震災で、核燃料棒を地上の中間施設で一時貯蔵する危険が露呈したため、フィンランドの放射性廃棄物最終処分場建設が注目された。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2011041502000049.html

2011/4/8 CO2回 収・貯留(CCS)プロジェクト開発加速を世界のエネルギー大臣が合意、クリーンエネルギー相会合、アブダビ。"CO2回収・貯留(CCS)抜きでは、地球温暖化 防止もエネルギー・セキュリティも無い" 会合では、IEAがクリーン・エネルギー進展状況レポート( http://www.iea.org/papers/2011/CEM_Progress_Report.pdf )、GCCSIがCO2利 用のレポート( http://www.globalccsinstitute.com/institute/media-centre/media-releases/new-report-finds-role-industrial-reuse-co2-global-deployment-c )、WRIが開発途上国におけるCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトに関するレポート( http://www.wri.org/publication/ccs-demonstration-in-developing-countries )を出した。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=773

2011/4/8 米国エネルギー・セキュリティ政策の青写真、オバマ大統領:10年以内に石油輸入 を3分の1にする。“Blueprint for a Secure Energy Future” http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/blueprint_secure_energy_future.pdf

2011/4/5 CO2深部塩水帯水層貯留調査レポート世界CCS研究所、 米テキサス州西部Sweetwater付近Tenaska TrailblazerエネルギーセンターでCO2を回収し、原油増進 回収(EOR)のために販売する計画のオプションとして深部帯水層への貯留も研究している。http: //www.globalccsinstitute.com/resources/publications/deep-saline-sequestration-study

2011/4/1 世界で排出するCO2をすべて回収できるか?CO2回 収・貯留(CCS)には多くの課題や疑問があるが、経済を破壊しないくらいのコストで大量のCO2を回収できる能力がある。炭素価 格が実現のカギになる。http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=can-we- capture-all-of-the-worlds-ca-2011-03-31

2011/3/25 効率化とCO2回収・貯留(CCS)、クリーンコールの未 来を分析する新レポート"Analyzing Clean Coal Combustion Technologies" http://www.bradenton.com/2011/03/24/3058895/research-and-markets-2011-report.html

2011/3/23 CO2地 中貯留は主に半閉塞帯水層と開放帯水層が対象になる。Ehlig-Economidesらが主張するような、閉塞帯水層 での圧力上昇は避けられ、大量のCO2を貯留できる。http: //www.sciencedaily.com/releases/2011/03/110322115230.htm

2011/3/23 クリーンエネルギー基準(Clean Energy Standard:CES)白書: 再生可能エネルギー・原子力・CO2回収・貯留(CCS)付き石炭(クリーンコール)・天然ガスなどの低炭素エネルギー源による発 電を2035年までに80%にすることは正しい目標か?http://energy.senate.gov/public/index.cfm? FuseAction=IssueItems.View&IssueItem_ID=7b61e406-3e17-4927-b3f4-d909394d46de

2011/3/18 CO2回収コストの標準化が必要、IEA レポート"Cost and Performance of Carbon Dioxide Capture from Power Generation" http://www.iea.org/publications/free_new_Desc.asp?PUBS_ID=2355

2011/3/17 1000年前に巨大地震―大津波の前例が東北日本にあった!東北大学と産総研の調査で、西暦869 年に貞観巨大地震と大津波が東北地方を襲っていたことが判り、地方自治体などにも周知して防災に役立ててもらおうとしていた矢先に3月11日東日本大地震 が起きてしまったという(産業技術総合研究所).くれぐれも惜しまれる。2011年東日本大地震は869年貞観地震の再来であった可能性が高い。 http://unit.aist.go.jp/actfault-eq/katsudo/aferc_news/no.16.pdf http://www.jishin.go.jp/main/chousakenkyuu/miyagi_juten/h17_21/h17-21_3_4.pdf http://www.gsj.jp/jishin/H23tohoku_eq/index.html

2011/3/14 スコットランドCO2地中貯留新レポート Scottish Carbon Capture and Storage (SCCS):"Progressing Scotland's CO2 Storage Opportunities" http://www.bbc.co.uk/news/mobile/uk-scotland-12712913

2011/3/9 世 界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトが234件に増加ー2010年に世界のCCSプロ ジェクトは26増加し、234プロジェクトが実施中または計画中。しかしコストの課題があり、オランダやフィンランド等でいくつかのプロジェクトが中止ま たは延期された。世界CCS研究所レポート"The Global Status of CCS: 2010" http://www.globalccsinstitute.com/global-status-ccs-2010 http://www.reuters.com/article/2011/03/08/climate-carbon-idUSLDE7271AK20110308

2011/3/3 緊急時の科学的助言と証言、 火山灰、サイバー攻撃、豚インフルエンザ・パンデミッ クなどのリスク評価と対応、英科学技術委員会レポート。http: //www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/science-and-technology-committee/news/110224-scientific-evidence-report-to-be-published/

2011/2/21 GDP の2%をグリーン経済に投資して、スマートな経済成長と貧困撲滅、国連環境計画(UNEP)レポート"Towards a Green Economy: Pathways to Sustainable Economy and Poverty Eradication" http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=659&ArticleID=6902&l=en

2011/2/18 CO2地中貯留(CCS)技術プログラム計画:米国エネル ギー省NETL"Carbon Sequestration Program: Technology Program Plan" http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/2011_Sequestration_Program_Plan.pdf

2011/2/16 メ タンなど炭化水素ガス分子を取り込んだ新鉱物「千葉石」千葉県南房総市の元採石場で発見、メタンハイドレートに似て、シ リカ(SiO2)のかご状結晶構造中にガス分子を含有ーシリカ包摂化合物(clathrasil)の一種。沈み込み境界付近で、有 機物に富む堆積物に低温の熱水が作用? (時事、Nature Communications誌Nat. Commun. 2 : 196 doi:10.1038/ncomms1196 (2011))(小出:生成条件が判れば、CO2固定に利用できる可能性 もあります。)

2011/2/15 CO2回収・貯留(CCS)規則・許認可プロセス開発ツールキット世界CCS研究所(GCCSI)-エジンバラ大学 http://globalccsinstitute.com/CCSRegToolkit

2011/2/14 先 進CO2回収・貯留(CCS)に大重点:4.5億ドル2012年度米国エネルギー省化石エネルギー研究予算、超先進エネルギー研究ARPA-Eにも5.5億ドル http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11015 -DOE_Unveils_Fossil_Energy_Budget.html http: //www.nytimes.com/2011/02/15/science/earth/15environment.html

2011/2/14 EUのCO2回収・貯留(CCS)実証計画ネットワーク4プロジェクトの進捗報告ス ペインCompostilla, 英国Hatfield,ドイツJanschwalde, イタリアPorto Tolle各実証プロジェクト。 http: //www.bellona.org/news/news_2011/ccs_demo_projects_network

2011/2/14 CO2回 収、トン当たり15米ドル!Inventys社(カナダ・バンクーバー)発表、吸着法"VeloxoThermTM" プロセスによる、大型化可能。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php? NewsID=736

2011/2/14 深部高温岩体地熱開発(EGS)と誘発地震ビデオ、ローレンスバークレイ研究所地 球科学部 http://www.energynow.com/video/2011/02/14/geothermal-power-and- earthquakes

2011/2/9 米CO2パ イプライン6,000km以上で年9千万トン以上のCO2輸送米エネルギー省とTexas Carbon Capture and Storage Association (TxCCSA)調査。http://www.mywesttexas.com/business/oil/article_b754305f-3db3 -5fd7-b99b-ed99dfbb7003.html

2011/2/4 CO2土壌固定と牛肉生産、牧場土壌により牛肉生産による 温室効果ガス排出を削減する。レポート http://www.foodnavigator-usa.com/Financial-Industry/Storing-emissions-from-US-beef-production-could-cut-climate-impact

2011/2/1 CO2貯留パイプライン・インフラストラクチャー建設へ、連邦によるインセンティブ創造を含む 枠組み作りが必要。米国エネルギー省DOE/NETLレポート。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11007-New_Report_Analyzes_CO2_Pipeline_S.html

2011/1/29 中 国が世界のCO2回収・貯留(CCS)実験場 Woodrow Wilson Center:"Advancing Carbon Capture and Sequestration in China: A Global Learning Laboratory" http://www.wilsoncenter.org/topics/pubs/CES%2011%20pp.%2099-130.pdf
China Environment Series 11 (2010/2011) http://www.wilsoncenter.org/index.cfm?fuseaction=topics.publications&topic_id=1421&imageField.x=18&imageField.y=11

2011/1/28 バイオ燃料CO2回収・貯留(CCS)Mt.Simon砂岩層環境評価。DOE/NETL nepa.energy.gov/documents/EA-1828D.pdf

2011/1/28 米連邦省庁の環境影響評価(EIS)のための削減ガイダンス国 家環境政策法(NEPA)、The Council on Environmental Quality (CEQ)“Final Guidance for Federal Departments and Agencies on the Appropriate Use of Mitigation and Monitoring and Clarifying the Appropriate Use of Mitigated Findings of No Significant Impact” (“Guidance Memorandum”) http://www.federalregister.gov/articles/2011/01/21/2011-1188/final-guidance-for-federal-departments-and-agencies-on-the-appropriate-use-of-mitigation-and

2011/1/25 北欧のCO2回収・貯留(CCS)ポテンシャルノルウェー沖帯水層に850億トン、デンマーク 20億トン。http://www.nordicinnovation.net/article.cfm?id=1-834-974

2011/1/25 人 為的なCO2排出は、量が少しであっても水蒸気量も増加させるため、地球温暖化を増幅する。地球温暖化の原因の半分 は水蒸気で、CO2の直接の影響は19%にすぎないが間接的影響の方が大きい?(Nature Climate Change誌:Atmospheric science: Humidity holds the heat)。http://www.natureasia.com/japan/nclimate/article/006.php

2011/1/25 日本沈没は何回も起きた!現在も進行中?大規模「構造侵食」新説(地学雑誌:鈴木和恵・丸山茂徳・山本伸次・大森聡一 :日本列島の大陸地殻は成長したのか?―5つの日本が生まれ,4つの日本が沈み込み消失した―(総説), Journal of Geography Vol.119 No.6,p.1173-1196 2010)。http://www.geog.or.jp/journal/main.htm

2011/1/24 石 炭の爆発的燃焼が生物大量絶滅に寄与?シベリアの石炭層が爆発的に燃焼したことが、2億5000万年前ペルム紀大量絶滅時に、石炭燃焼によ るフライアッシュに似た堆積層が見つかった。世界的海洋汚染の可能性がある(Nature Geoscience誌)。http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id= 1126

2011/1/23 CO2回収・貯留(CCS)実用化政策の有効性大規模技術の商業化初期における「死の谷」を越 えるための施策の比較。http://www.economicsclimatechange.com/2011/01/efficiency-of- policy-instruments-for.html

2011/1/22 CO2回 収・貯留(CCS)-クリーンコール米中合同作業計画:米中クリーン・エネルギー研究センター(CERC) http://www.us-chinacerc.org/pdfs/CERC_Coal_JWP.pdf

2011/1/22 CO2アミン化学吸収法回収技術で米中協力中国の低コストCO2回収技術が貢献できるか注目される:American Electric Power,China Huaneng, the US DOE, and China’s National Energy Administration. http://www.aep.com/investors/newsreleases/?id=1660
その他、米中クリーン・エネルギー合意 http: //switchboard.nrdc.org/blogs/bfinamore/president_hu_and_president_oba.html
http://switchboard.nrdc.org/blogs/mdavidson/strong_words_and_stronger_acti.html
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2011/01/19/fact-sheet-us-china-commercial-relations

2011/1/20 カ リフォルニアの未来にCO2回収・貯留(CCS)が必要、California’s Carbon Capture and Storage Review Panelレポート。http://climatechange.ca.gov/carbon_capture_review_panel/
http://climatechange.ca.gov/carbon_capture_review_panel/documents/
http://caccscoalition.org/legislationregulation/california-ccs-review-panel/

2011/1/20 CO2漏洩は事実無根!科学者が加サスカチュワン州ワイバーンの農場主の告発とコンサルタント 調査を批判(サイエンテフィック・アメリカン誌) http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=weyburn-carbon-storage-alleged-leak

2011/1/19 米エネルギー省から無料季刊デジタルニュース誌"Fossil Energy Today"発刊 http://www.fossil.energy.gov/news/energytoday.html

2011/1/18 大 気からCO2を吸収する大地炭素貯留マニュアル"Best Practices for Terrestrial Sequestration of Carbon Dioxide"-米エネルギー省(DOE)6冊目のCCSマニュアルBest Practice Manuals (BPM):既刊は、1.CO2地中貯留リスク解析とシミュレーションRisk Analysis and Simulation for Geologic Storage of CO2、2.CO2地中貯留地層分類 Geologic Storage Formation Classifications、3.CO2地中貯留サイト選定と初期調 査 Site Screening, Selection, and Initial Characterization for Storage of CO2 in Deep Geologic...、4.CO2地中貯留のためのモニタリング、検証、報告 Monitoring, Verification, and Accounting of CO2 Stored in Deep Geologic Formations 5.CO2地中貯留のための広報と教育 Public Outreach and Education for Carbon Storage Projects  http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/refshelf.html
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11005-DOE_Publishes_Best_Practices_Manua.html

2011/1/17 シェールガス開発に水汚染を警告マンチェスター大レポート、英国ランカシャーにシェールガス。http: //www.tyndall.ac.uk/shalegasreport http: //www.businessgreen.com/bg/news/1937486/scientists-uk-shale-gas-moratorium

2011/1/10 CO2回収・貯留(CCS)導入に国際セクター別アプローチが必要、排出制約の緩い国に工業が 移ることを防ぐため。国連工業開発機関(UNIDO) "Carbon Capture and Storage in Industrial Applications: Technology Synthesis Report”http://www.bellona.org/news/news_2011/CCS_industrial_applications_needs_global_sectors_approaches

2011/1/7 CO2回 収・貯留(CCS)オープンハウス:オイルサンドCCS-カナダ・アルバータ州Quest CCS Project、シェル社Scotford Oil Sand UpgraderからCO2年120万トン回収、パイプラインで 84km北に運び、深度2kmの内陸塩水帯水層に貯留する。 http://www.shell.ca/quest

2011/1/7 石炭の社会コスト:クリーンコール神話を告発するドキュメンタリー動画DIRTY BUSINESS: "Clean Coal" and the Battle for Our Energy Future.http://www.dirtybusinessthefilm.com/

2011/1/5 CO2地中貯留サイト選定マニュアル-米エネルギー省(DOE)- Best Practices for: "Site Screening, Site Selection and Initial Characterization for Storage of CO2 in Deep Geologic Formations" Version1.0 DOE/NETL-401/090808 November 2010 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11002-Best_Practices_Manual_Released.html

2010/12/27 CO2回収・貯留(CCS)研究開発実証(RD&D)ロードマップ-米エネルギー省 (DOE)- "DOE/NETL Carbon Dioxide Capture and Storage RD&D Roadmap" http://www.netl.doe.gov/rss/carbonseq.xml

2010/12/22 バイオ燃料作物が生物多様性に脅威、 ヨーロッパ・レポート https://wcd.coe.int/wcd/ViewDoc.jsp?id=1560497&Site=DG4-Nature&BackColorInternet=DBDCF2&BackColorIntranet=FDC864&BackColorLogged=FDC864

2010/12/22 カンラン石風化増進ジオエンジニアリングの可能性、ケイ酸塩鉱物風化による天然のCO2固定の 促進。"Geoengineering potential of artificially enhanced silicate weathering of olivine." Proceedings of the National Academy of Science U.S.A. http://www.pnas.org/content/107/47/20228.abstract?sid=2f4eeff7-306e-4d97-a8d5-0eded736fdef

2010/12/21 米国シェールガス開発の環境問題米国でシェールガス(頁岩ガス)開発がブームになっているが、その環境影響が問題にな り始めている。頁岩内部に封じ込められているガスを抽出するために実施するハイドロフラクチャリング(水圧破砕)の添加化学物質に主に懸念がもたれてい る。http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20101221_02.html
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/101213.html
"New Report: Coal-to-Liquids and Oil Shale Pose Significant Financial and Environmental Risks to Investors" http://www.ceres.org/Page.aspx?pid=1308

2010/12/7 英 国東海岸に大規模CO2回収・貯留(CCS)ネットワークを建設、ロンドン大学インペリアル・コレッジ Grantham気候変動研究所がCCS投資を呼びかけ、レポート。www.imperial.ac.uk/climatechange
http://www3.imperial.ac.uk/climatechange/publications

2010/12/5 国連科学技術助言機関(SBSTA)がクリーン開発メカニズム(CDM)にCO2回収・貯留(CCS)を 含める勧告をした。カンクン国連気候変動会議(2010/11/29-12/10)。http: //www.bloomberg.com/news/2010-12-04/un-may-approve-carbon-capture-and-storage-for-offset-projects.html
"Carbon dioxide capture and storage in geological formations as clean development mechanism project activities"(FCCC/SBSTA/2010/L.24) http://abclive.in/news/environment/clean-engergy/490-sbsta-global-carbon-dioxide-capture-and-storage-data-cop16.html
日本の京都議定書延長反対など、先進国と途上国の対立激化による温室効果ガス排出削減の政治的停滞に直面して、マイナス排出が実現できるバイオCCS(藻類などのバイオ燃料とCO2回収・貯留を組み合わせ ると大気からCO2を純削減できる)や、http: //www.bellona.org/articles/articles_2010/bioccs_cancun
ジオエンジニアリング技術による温暖化問題解決の提案が盛んになっ ている。http://www.theglobeandmail.com/news/technology/science/with-emission -cuts-stalling-scientists-look-to-geoengineering/article1825426/

2010/12/5 ヨーロッパにおけるCO2回収・貯留(CCS)インフラ整備への政策課題レビュー、 Heitmann, N., C. Bertram and D. Narita (2010). "Embedding CCS Infrastructure into the European Electricity System: A Policy Coordination Problem." Kiel Working Paper No. 1657。http://www.economicsclimatechange.com/2010/12/embedding-ccs- infrastructure-into.html

2010/12/3 CO2貯 留リーダーシップフォーラム(CSLF)技術ロードマップ2010、世界的に大きな進展があったが、大規模CO2パ プライン網建設などに社会受容(publc acceptance)や法規整備が重要。http: //www.cslforum.org/publications/documents/CSLF_Technology_Roadmap_2010.pdf

2010/12/2 北米CO2貯留アトラス第3版、5,000年分以上!の排出CO2を貯 留できる。http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/atlasIII/
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10058-Third_Edition_of_Carbon_Sequestrat.html

2010/11/30 新設石炭火力発電所はCO2回収・貯留準備済(CCS-ready)でなければならないーオー ストラリア政府"A Cleaner Future for Power Stations"。http://www.thegovmonitor.com/economy/australia-releases-clean- power-stations-discussion-paper-43548.html

2010/11/18 米国環境保護局がCO2地中貯留(CCS)促進へ安全規則 http://water.epa.gov/type/groundwater/uic/wells_sequestration.cfm
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/0/2300005fbc11568d852577e3006058bd?OpenDocument

2010/11/17 CO2地中貯留(CCS)は地元コミュニティの参加がカギ、建設的関係を構築。 World Resources Institute (WRI)レポート:"CCS and Community Engagement: Guidelines for Community Engagement in Carbon Dioxide Capture, Transport and Storage Projects" http://www.wri.org/publication/ccs-and-community-engagement
http://www.wri.org/press/2010/11/news-release-effective-community-engagement-essential-ccs-deployment

2010/11/14 CO2回収・貯留(CCS)が唯一の”後付け”温室効果ガス排出削減技術、米環境保護局 (EPA)が大規模温室効果ガス(GHG)排出源新規・既存産業施設に対し大気浄化法(Clean Air Act)による重大な環境悪化の防止に向けた排出源審査(PSD) 及びTitleV操業許可プログラムについてのガイダンスを公表。特に、技術要件「利用可能な最善の制御技術(Best Available Control Technology:BACT)」 決定のアドバイス。http://www.vnf.com/news-alerts-519.html
http://www.eenews.net/assets/2010/11/10/document_gw_04.pdf

2010/11/13 北欧におけるCO2回収・貯留(CCS)の可能性、"Potential for carbon capture ans storage (CCS) in the Nordic region" http://www.vtt.fi/vtt_show_record.jsp?target=julk&form=sdefe&search=64258

2010/11/10 世界(合成)ガス化データベース,米国エネルギー省、合成ガスー石炭の低排出利用の進展。http: //www.netl.doe.gov/technologies/coalpower/gasification/worlddatabase/index.html
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10055-World_Gasification_Database_Now_Av.html

2010/11/9 安い石油の時代は終わり、天然ガス黄金時代に,IEA:"World Energy Outlook 2010" 、25年後原油価格4倍、大気CO2濃度を450ppmに抑制するIEAシナリオを実行すれば原油価格も3倍以内に抑制できる。 http://www.worldenergyoutlook.org/
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010110901025

2010/11/9 カ タールがCO2回収・貯留(CCS)によりCDM-排出権を得る新方法を国連に提案。Doha Carbon & Energy Forum in Doha, Qatar from Nov. 8 – 10, 2010. http://www.bloomberg.com/news/2010-11-08/qatar-proposes-new-methodology-to-wins-credits-for-co2-capture-projects.html
DOHA CARBON AND ENERGY FORUM BRIEFING PAPER: Carbon Capture and Sequestration, http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=679

2010/11/6 温 暖化防止技術に待った!名古屋議定書ジオエンジニアリング・モラトリアム:生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)における名古屋 議定書と愛知ターゲットの採択は歴史的快挙であった。しかし、科学的基盤が整備されていないジオエンジニアリングを禁止する“ジオエンジニアリング・モラ トリアム条項”は適切な取り決めにも見えるが、規定が曖昧なので運用次第で、森林固定や珊瑚礁やバイオチャーのようなリスクの小さい大気CO2濃 度低減技術も対象になる可能性がある。ケムトレイル陰謀論のような独自の強い主張をするグループに強力な武器を与えることになり、地球温暖化防止の新技術 開発を事実上禁止する効力を持つ怖れもある。日本ではジオエンジニアリングがまだ知られていないので、マスコミにも注目されていないが,地球温暖化対策を さらに遅らせることにならないよう願いたい。("Geoengineering faces ban",Nature 468, 13-14 (2010) | doi:10.1038/468013a) http://www.nature.com/news/2010/101102/full/468013a.html

2010/11/5 国際エネルギー機関(IEA)がCO2回収・貯留(CCS)普及へ法規制モデルを公表。 "Carbon Capture and Storage Model Regulatory Framework"127p. http://www.iea.org/ccs/legal/modelframework.asp

2010/11/4 CO2回収・貯留準備(CCSR: CCS Ready)政策が将来のゼロ排出発電への道を拓 く、世界CCS研究所(GCCSI)論文。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php? NewsID=672
http://www.globalccsinstitute.com/downloads/news/2010/CCS_Ready_release_Australia.pdf

2010/11/1 ホ ワイトハウスが温暖化防止ジオエンジニアリング研究プロジェクトを主導すべきー米国会計検査院(GAO)報告。http: //www.gao.gov/new.items/d10903.pdf

2010/10/29 米国議会初のジオエンジニアリング報告書、下院科学技術委員会。http: //voices.washingtonpost.com/post-carbon/2010/10/first-ever_congressional_geoen.html

2010/10/20CO2回 収・貯留(CCS)早期実施へ経済的インセンティブを与える方法、米ハーバード大Belfer Center. http://belfercenter.ksg.harvard.edu/publication/20420/analysis_of_financial_incentives_for_early_ccs_deployment.html

2010/10/18CO2地中貯留(CCS)特集号、Rocky Mountain Geology (RMG) http://geology.uwyo.edu/?q=node/411

2010/10 小 特集:CO2地中貯留への取組、Journal of MMIJ、社団法人 資源・素材学会、Vol.126,No10,11, p.583-626.

2010/10/8 大 気CO2濃度を350ppm以下に減らす必要がある!気候災害を防ぐため、報告“Not Just a Number: Achieving a CO2 Concentration of 350 ppm or Less to Avoid Catastrophic Climate Impacts”,Center for Biological Diversity と 350.org。http://www.enn.com/press_releases/3524 http://www.biologicaldiversity.org/programs/climate_law_institute/350_or_bust/pdfs/Not_Just_a_Number-v3.pdf

2010/10/8 CO2海洋貯留:世界最善の「悪いアイデア」"Ocean Carbon Sequestration: The World’s Best Bad Idea", Miller-McCune magazine, November-December 2010 issue. http://www.miller-mccune.com/science-environment/ocean-carbon-sequestration-the-worlds-best-bad-idea-23521/

2010/10/5 CO2地中貯留(CCS)に適した地層11種、米エネルギー省マニュアル"Geologic Storage Formation Classifications: Understanding Its Importance and Impact on CCS Opportunities in the United States"公表。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10050- Geologic_Storage_Manual_Issued.html

2010/9/21 CO2回収・貯留(CCS)へ民間投資は前向きだが信頼性と競争力を示すのが前提。CCS民間 投資報告書"Carbon Capture and Storage: Mobilising Private Sector Finance" Climate Group, Ecofin Research Foundation, Global CCS Institute http://www.reuters.com/article/idUS21618585020100920
http://www.theclimategroup.org/publications/2010/9/20/ccs-mobilising-private-sector-finance/

2010/9/21 ナノメーター級薄膜でCO2分離ー回収(CCS)、高い透過性と選択性を兼備、 September 1, 2010 issue of Nanotechnology ("Nanometric thin film membranes manufactured on square meter scale: ultra-thin films for CO2 capture") http://www.nanowerk.com/spotlight/spotid=18139.php

2010/9/17 CO2回 収・貯留(CCS)のサイト選定、長期安全評価のためのコンピューター知識マネージメントシステム開発"Geologic Sequestration Software Suite (GS3)"、米エネルギー省研究所PNNLなど、9月22日GHGT-10国際会議で発表。http: //www.chem.info/News/Feeds/2010/09/topics-plant-operations-a-place-for-carbon-sequestration-collaboration/
http://eponline.com/articles/2010/09/20/knowledge-system-to-be-used-worldwide-to-manage-ghg-storage-collaboration.aspx

2010/9/17 米ウィスコンシン州CO2回収・貯留(CCS)ポテンシャル報告書。http://aesp- wi.blogspot.com/2010/09/psc-issues-final-report-on-potential.html

2010/9/10 化 石燃料にサヨナラできるか?、CO2を排出する設備の新設を今後完全に止めれば、CO2レベ ルは430ppm以下に抑えられ、気温上昇を1.3度程度に抑制できるが、化石燃料燃焼施設は増加しつづけているので、新設を抑制する事は難しい(サイエ ンス誌論文)。 http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/329/5997/1292
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/sci;329/5997/1330
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100910001&expand#title

2010/9/10 南アフリカのCO2地中貯留(CCS)ポテンシャルは1,500億トン、主に海底下塩水帯水 層、南アフリカCO2地中貯留(CCS)アトラス http: //www.engineeringnews.co.za/article/newly-launched-atlas-identifies-viable-sites-for-sa-carbon-storage-2010-09-10

2010/9/9 「ク リーンコールを巡る最近の動向2010」、『2010クリーン・コール・デー国際会議』関連資料、(財)石炭エネルギーセンター。 https://www.brain-c-jcoal.info/ccd2010/conference.html
http://www.brain-c-jcoal.info/news_images/ccd2010_material.pdf

2010/9/9 米中クリーン・エネルギー研究センター(CERC)、CO2回収・貯留(CCS)などで2大温 室効果ガス排出国が連帯。"Big emitters team up: US–China clean-energy collaboration targets coal and cars." Nature 467, 144 (2010) | doi:10.1038/467144a http://www.nature.com/news/2010/100907/full/467144a.html

2010/9/8 メキシコ湾原油流出事故BP内部調査報告書、事故原因は複合要因、油井へのガス流入をチェックできなかった。 http://www.bp.com/sectiongenericarticle.do?categoryId=9034902&contentId=7064891

2010/8/30 石 炭-CO2回収(CCS)-水素製造は競争力があるが、天然ガスからの水素製造に比べ先行投資が大きい。米エネル ギー省NETL報告書2冊。"Assessment of Hydrogen Production with CO2 Capture, Volume 1: Baseline State of the Art Plants"DOE/NETL-2010/1434,"Production of High Purity Hydrogen from Domestic Coal: Assessing the Techno-Economic Impact of Emerging Technologies"DOE/NETL-2010/1432. http://www.netl.doe.gov/energy-analyses/refshelf/Default.aspx

2010/8/23 米 国CO2輸送40年、1960年代からCO2-EOR、1970年代からCO2パ イプライン輸送。http://sustainability-counsel.com/2010/08/23/demonstrating- carbon-capture-sequestration-one-step-at-a-time/

2010/8/20 堀越 叡『地殻進化学』, 東京大学出版会、360頁,税込6720円,ISBN978-4-13-060747-6、http://www.utp.or.jp/bd/978-4 -13-060747-6.html

2010/8/18 バイオチャー地中固定で世界CO2排出12%削減できる!"Sustainable biochar to mitigate global climate change" (by Dominic Woolf, James E. Amonette, F. Alayne Street-Perrott, Johannes Lehmann & Stephen Joseph)、Nature Communications 1, Article number: 56 doi:10.1038/ncomms1053, Published 10 August 2010 http://www.nature.com/ncomms/journal/v1/n5/abs/ncomms1053.html

2010/8/12 米 国CCS省際タスクフォースが、10年以内に広範なCO2回収・貯留(CCS)実施を大統領に勧告、そのためCCS のコスト低減と障害除去、国の推進政策を要するが、克服できない障害はない。CCS省際タスクフォース報告書 http: //www.fe.doe.gov/programs/sequestration/ccs_task_force.html

2010/8/12 ドイツのCO2回収・貯留(CCS)はもっと工業とバイオマスからのCO2に 重点を置くべき。 Wupperthal instituteの報告書新版 "Renewable Energies (RE) in Comparison to Carbon Capture and Storage (CCS): An Update"  http://www.wupperinst.org/en/projects/proj/index.html?beitrag_id=1419&projekt_id=286&bid=42&searchart=

2010/8/9 英 国産業連盟(CBI)がCO2回収・貯留(CCS)等の低炭素エネルギー政策の確固とした推進を政府に勧告、政策の 不明確さが低炭素エネルギー投資を妨げている。新報告"No time to lose: Deciding Britain's energy future" http://www.cbi.org.uk/ndbs/press.nsf/0363c1f07c6ca12a8025671c00381cc7/cc7ac0b73334efee8025777700379c67?OpenDocument

2010/8/2 石炭と天然ガスは中期的に重要で、CO2回収・貯留は不可欠、英国新首相が地球温暖化防止新エ ネルギー政策  Annual Energy Statement: http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/uk_supply/aes/aes.aspx
2050 Pathways Analysis: http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/lc_uk/2050/2050.aspx

2010/7/30 中 国CO2回収・貯留(CCS)法規World Resources Institute:"CCS in China: Toward an Environmental, Health, and Safety Regulatory Framework" http://www.wri.org/publication/ccs-in-china

2010/7/16 米エネルギー省のCO2回収・貯留(CCS)プログラム評価、米会計検査院GAOレポート 「Opportunities Exist for DOE to Provide Better Information on the Maturity of Key Technologies to Reduce Carbon Dioxide Emissions」。http://blogs.wvgazette.com/coaltattoo/2010/07/16/new-gao- report-on-carbon-capture-and-storage/

2010/7/8 世界に80件の大規模CO2回収・貯留プロジェクト(LSIP:年100万トン以上のCO2貯 留規模のもの)新 Global CCS Instituteステータス・リポート"The Status of CCS projects Interim Report 2010" http://www.globalccsinstitute.com/general_information/reports_papers_documents.html
http://www.thegovmonitor.com/world_news/united_states/doe-invests-67-million-for-carbon-capture-development-35077.html

2010/7/1 温 室効果ガス削減は省エネルギーとCO2回収・貯留技術に懸かる、IEAレポート:Energy Technology Perspectives 2010 -- Scenarios & Strategies to 2050, 650 pages, ISBN 978-92-64-08597-8, paper €100, PDF €80 (2010)、http://www.iea.org/techno/etp/index.asp
http://www.businessweek.com/news/2010-07-01/climate-plan-depends-on-energy-saving-carbon-storage-iea-says.html

2010/6/25 今後数十年間、天然ガスが米国の温室効果ガス排出削減の主役になる(新MITレポート:"The Future of Natural Gas"公開)。古い非効率な石炭火力発電を高効率な複合サイクル・ガス火力発電に置き換え、天然ガス利用は倍増する。しかし、より長期的には80%排出 削減のため、ゼロエミッション発電ー原子力やCCS付火力発電が必要になる。http: //web.mit.edu/mitei/research/studies/naturalgas.html

2010/6/23 CO2地 中貯留をすると地中微生物がメタンに再生することが立証された。1980年代に原油増進回収のため人為的にCO2を 注入した、有機物に富む夾炭層砂岩貯留層内で、微生物がCO2をメタンに再生していた。温室効果ガス削減とエネルギー資源再生を同 時に実現する夢のカーボンリサイクルが実際に起きていることが示された。米国ルイジアナ州。Jennifer C. McIntosh, Peter D. Warwick, Anna M. Martini and Stephen G. Osborn:"Coupled hydrology and biogeochemistry of Paleocene–Eocene coal beds, northern Gulf of Mexico",GSA Bulletin; July 2010; v. 122; no. 7-8; p. 1248-1264 http://bulletin.geoscienceworld.org/cgi/content/abstract/122/7 -8/1248
http://news.discovery.com/earth/bacteria-turn-coal-and-oil-into-renewable-energy.html

2010/6/22 Nature Climate Change(NCC)誌、2011年4月創刊へ。http: //forcast.emailalert.jp/c/adgwadqLmevqpsab

2010/6/18 ”コールド・ユッカ山地処分場”CO2回収・貯留(CCS)は石炭産業の難題か?ユッカ山地放 射性廃棄物処分候補地の経験から比較レポート http://www.marshall.org/article.php?id=891

2010/6/14 「CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス削減に必須、G8政府と企業の一層の努力が必要」IEAとCSLFがG8サミット(2010年6月25− 26日Muskoka, カナダ)に向け報告書 "Carbon Capture and Storage: Progress and Next Steps" http://www.iea.org/papers/2010/ccs_g8.pdf
http://www.businessweek.com/news/2010-06-14/iea-urges-governments-industry-to-advance-co2-storage-projects.html

2010/6/14 北海CO2地中貯留(CCS)-2030年に2.7億トン/年、ノルウェーと英国の共同研究報 告書。http://www.npd.no/en/Publications/Reports/One-North-Sea/

2010/6/11 ク リーンエネルギー革新に年160億ドル投資を、ビル・ゲイツらが米国新エネルギー戦略を提言、さらにエネルギー研究COE(centers of excellence)構築、超先端エネルギー研究(APRA-E)に年10億ドル、大規模パイロット推進のため新エネルギー・チャレンジ・プログラム創 設。American Energy Innovation Council(AEIC): "A Business Plan for America's Energy Future" http://www.americanenergyinnovation.org/full-report/
http://mainichi.jp/select/biz/it/cnet/archive/2010/06/11/20415029.html

2010/6/1 世界の石炭使用量と温室効果ガス排出量は2035年50%増、政策が変わらなければ、世界温室効果ガス排出量は 2007年297億トンから2035年424億トンへ(CO2換算)、主な増加は中国とインド。"International Energy Outlook 2010 - Highlights" U.S. Energy Information Administration (EIA)。

2010/6/1 主 要国政府と主要石油ガス企業の推進政策が世界的なCO2回収・貯留(CCS)投資を活発化、"Government Policies and the Oil and Gas Industry's Focus have Boosted Global Carbon Sequestration Activities" Published by GlobalData on May 25, 2010 , 9 pages 。http://www.prlog.org/10708690-new-research-on-global-carbon-sequestration-activities.html

2010/5/31 米プリンストン大とノルウェーのベルゲン大がCO2回収・貯留(CCS)共同講義新コース開 設。http://cmi.princeton.edu/news/cee_599.php

2010/5/2720 年以内に、石炭火力発電所からのCO2排出を全廃できる。以後の石炭火力発電所はすべてCO2回 収・貯留(CCS)を設置しなければならない。NASAゴダード宇宙センターHansenらが論文。http: //pubs.acs.org/doi/full/10.1021/es101320m
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es903884a

2010/5/25 CCSの可能性マーケットリサーチ報告書"Looking at the Potential of Carbon Sequestration"Aruvians Risearch, 148p. http://www.the-infoshop.com/report/aruv119473-carbon-sequestr_toc.html

2010/5/20 大 気CO2回収・貯留(AirCCS)も必要百年前 より1.4度気温が高くなっている。 米国科学アカデミーから地球温暖化への緊急対処の必要を示す3新報告書"Advancing the Science of Climate Change","Limiting the Magnitude of Future Climate Change","Adapting to the Impacts of Climate Change" http://content.usatoday.com/communities/greenhouse/post/2010/05/new-reports-document-climate-change/1
http://www8.nationalacademies.org/onpinews/newsitem.aspx?RecordID=05192010

2010/5/18 メ キシコ湾石油流出事故でオイル・サンドへの依存がますます高くなるが、温室効果ガス排出など環境/経済上のリスクも大きい。 http://www.nytimes.com/2010/05/19/business/energy-environment/19sands.html
オイル・サンドのリスク新報告書 "Canada's Oil Sands: Shrinking Window of Opportunity" http://www.ceres.org/Page.aspx?pid=125

2010/5/13石 炭と原発抜きの米国ー報告書"Beyond Business as Usual: Investigating a Future without Coal and Nuclear Power in the U.S." http://www.synapse-energy.com/Downloads/SynapseReport.2010- 05.CSI.Beyond-Business-as-Usual.10-002.pdf

2010/5/13 米国ペンシルバニア州CO2地中貯留(CCS)ポテンシャルとリスク、3報告書"Geologic Carbon Sequestration Opportunities in Pennsylvania","Assessment of Risk, Legal Issues, and Insurance for Geologic Carbon Sequestration in Pennsylvania","Viability of a Large-Scale Carbon Capture & Sequestration Network in Pennsylvania" http://www.dcnr.state.pa.us/info/carbon/reports- research.aspx

2010/5/11CO2削減に集中する従来の地球温暖化政策に大幅な変更を求める“ハートウェル・ペーパー”が 論議を呼んでいる。CO2から目をそらして温暖化を招くという批判もある。LSE(ロンドン経済大学)の研究報告。日本鉄鋼連盟、 日本自動車工業会等がスポンサー。 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science_and_environment/10106362.stm
http://www.lse.ac.uk/collections/mackinderProgramme/theHartwellPaper/Default.htm

2010/5/10CO2回 収・貯留(CCS)には多くの重大な障害があるが、2020年代初期にはCCS産業は大成長する。 Pike Research新報告書”Carbon Capture and Sequestration: Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts” http://www.pikeresearch.com/newsroom/despite-serious-hurdles-in-the-near-term-carbon-capture-sequestration-will-become-a-market-reality-by-2020
http://www.pikeresearch.com/research/carbon-capture-and-sequestration

2010/5/8石 炭/天然ガスから水素生産/CO2コントロール-総合ガイド、 米エネルギー省:2009 Ultimate Guide to Hydrogen from Coal and Natural Gas, Carbon Dioxide Control, Clean Coal and FutureGen, Gasification, Carbon Sequestration (Ringbound Book plus Two CD-ROMs) http://genevievewalczak.lavendrama.com/2010/05/08/2009-ultimate-guide-to-hydrogen-from-coal-and-natural-gas-carbon-dioxide-control-clean-coal-and-futuregen-gasification-carbon-sequestration-ringbound-book-plus-two-cd-roms/

2010/4/28 世 界“クリ−ンエネルギー革命”が必要。潘基文国連事務総長エネルギー気候変動諮問団報告"Energy for a Sustainable Future"。 http://www.unido.org/index.php?id=7881&tx_ttnews%5Btt_news%5D=467&cHash=db2f49a6e6
http://www.un.org/wcm/webdav/site/climatechange/shared/Documents/AGECC%20summary%20report%5B1%5D.pdf

2010/4/28 気候変動を確認:米環境保護庁(EPA)報告、USEPA:"Climate Change Indicators in the United States" http://www.epa.gov/climatechange/indicators.html

2010/4/28CO2回収・貯留(CCS)は技術・経済上実用的で、十分な貯留ポテンシャルがある。EU-ZEP:The realities of storing carbon dioxide, A response to CO2 storage capacity issues raised by Ehlig-Economides & Economides http://www.bellona.org/files/fil_ZEP-CO2-Storage-Capacity.pdf

2010/4/25「従 来のCO2地中貯留ポテンシャル見積は20倍も過大で、CCSはCO2排出削減に役立たない」と テキサスの大学教授達が主張して、温暖化対策のためCCSを欧米で重点的に推進しているため議論が起きている。1石炭火力発電所で排出するCO2を 削減するために、小さな州くらいの大きさの貯留層が必要になるという。http: //www.guardian.co.uk/business/2010/apr/25/research-viabilty-carbon-capture -storage 原論文はChristine Ehlig-Economides and Michael J. Economides:"Sequestering carbon dioxide in a closed underground volume",Journal of Petroleum Science and Engineering, Volume 70, Issues 1-2, January 2010, Pages 123-130 (小出注:閉塞された地下貯留層にCO2を多量に注入する と、地下の流体圧力が上昇して入り難くなることを指摘した論文です。ずっと前から考慮されている問題で、一部の石油・天然ガス層のように閉塞の完全な貯留 層ほど圧力上昇が大きくなります。原油増進回収のように生産井または揚水井を設けて、圧力を下げる事ができます(私共のCO2地 中貯留設計では初期の頃から生産井・揚水井を常設しています。1993年の図をご覧ください。)。北海スレイプナーのCO2地 中貯留層のような巨大な塩水帯水層や開放的な帯水層では、圧力上昇の効果は局部的です。操業上および安全上の大きな問題になりえますが、従来のCO2地 中貯留ポテンシャル見積を大きく変えることではありません。)

2010/4/22地 球温暖化対策ー温室効果ガス削減方策新専門誌。Industrial GHG Solutions - The Magazine of Idustrial Green House Gas Measurement and Mitigation" http://www.industrialghg.com/

2010/4/19地 球温暖化が地震・火山噴火・地すべりを活発化!?ガス・ハイドレートの不安定化による大規模海底地すべり、海水準変動による誘発地震、氷河 荷重減少による火山噴火など気候・水圏変動と地質災害の関係を論じたPhilosophical Transactions of the Royal Society A誌特集号'Climate forcing of geological and geomorphological hazards'(May 28, 2010 368巻)刊行 http://www.guardian.co.uk/environment/2010/apr/19/climate-change -geological-hazards

2010/4/14CCS30%、 原子力30%、再生可能エネルギー40%、ヨーロッパ低炭素経済ロードマップ2050、European Climate Foundation (ECF) :‘Roadmap 2050: a practical guide to a prosperous, low-carbon Europe’ http://www.roadmap2050.eu/

2010/4/14国 際エネルギー機関(IEA)がカナダにCO2回収・貯留(CCS)開発の国際リーダーシップを採るよう勧告、"Energy Policies of IEA Countries - Canada 2009 Review" http://www.iea.org/w/bookshop/add.aspx?id=395

2010/4/14AAPG のCO2地中貯留(CCS):予測と検証会議の要旨集2009/8/16-19Geological Carbon Sequestration: Prediction and Verification:AAPG Hedberg Conference,Vancouver, BC, Canada。)要旨ダウンロード http: //www.searchanddiscovery.net/abstracts/pdf/2010/hedberg_vancouver/

2010/4/13 CO2地中貯留(CCS)のサイト選定から閉鎖後に至るライフサイクルをカバーするガ イドライン'CO2QUALSTORE Guideline for Selection, Characterisation and Qualification of Sites and Projects for Geological Storage of CO2', Det Norske Veritas (DNV) http://www.dnv.com/industry/energy/rules_standards/qualstore_guideline_co2/index.asp

2010/4/13 CO2回収・貯留(CCS)国際法規シンポジウム(2010/3/15-16 at New York University)資料などCCS法規関係会議資料ダウンロード http://www.ucl.ac.uk/cclp/ccsprojectnews.php

2010/4/12 長寿命低レベル放射性廃棄物処分Disposal Approaches for Long-Lived Low and Intermediate LevelRadioactive Waste. (IAEA Nuclear Energy Series No. NW-T-1.20)

2010/4/6 CO2回収・貯留(CCS)は地球温暖化解決策になるか?特効薬かマヤカシか?ワシントンポストのパネル ディスカッション。 http://views.washingtonpost.com/climate-change/2010/03/is_carbon_capture_the_solution/all.html

2010/4/6 世界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトと政策に関する新報告Global Carbon Policy Analysis: Policy Initiatives Driving the Growth of the Carbon Sequestration Market , http://www.bharatbook.com/Market-Research-Reports/Global-Carbon-Policy-Analysis-Policy-Initiatives-Driving-the-Growth-of-the-Carbon-Sequestration-Market.html

2010/3/31 気候ゲート事件、データ改ざんは無いが、気候科学は透明性を高めるべき、英下院科学技術委員会報告書 'The disclosure of climate data from the Climatic Research Unit at the University of East Anglia', HC 387-I http://www.parliament.uk/parliamentary_committees/science_technology/s_t_cru_inquiry.cfm

2010/3/25 ク リーン・エネルギー投資額トップは中国、2位米国・・・日本は15位(G20の20ヶ国中!)オリンピックだけではなかった!中国のクリー ン・エネルギー投資額は346億ドルで2位米国の倍、日本は8億ドルで中国の43分の1(The Pew Charitable Trusts’ Who’s Winning the Clean Energy Race? http://www.pewtrusts.org/news_room_detail.aspx?id=57972 による)http://www.nytimes.com/cwire/2010/03/25/25climatewire-china-leads- major-countries-with-346-billion-15729.html

2010/3/24 地球温暖化懐疑論は20年来の組織的産業、グリーンピース報告書。 http://www.greenpeace.org/international/press/reports/dealing-in-doubt

2010/3/21 豪Latrobe Valleyに於けるCO2回収・貯留(CCS)コスト解析: Kolstad, C. and D. Young (2010). "Cost Analysis of Carbon Capture and Storage for the Latrobe Valley." Bren School of Environmental Science and Management, University of California, Santa Barbara, Mar 2010. http://www2.bren.ucsb.edu/~kolstad/HmPg/publicationset.htm

2010/3/18 米 英ジオエンジニアリング共同声明、米下院科学技術委員会と英下院科学技術委員会が報告書 'The Regulation of Geoengineering', HC 221, http://www.parliament.uk/parliamentary_committees/science_technology/s_t_geoengineering_inquiry.cfm

2010/3/18 英国は2050年までに80基の原発かCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電所 が必要、Royal Academy of Engineering (RAE)報告書'Generating the Future: UK energy systems fit for 2050', http://www.raeng.org.uk/news/releases/shownews.htm?NewsID=553

2010/3/10 CO2回収ー原油増進回収は米国に一挙両得(win-win)、CO2排出 と石油輸入の両方削減。米国は2020年までに約8千万トン/年、2030年に約5億トン/年のCO2を 回収するようになり、それを原油回収に利用すれば2030年に3百万バーレル/日の原油を回収でき、7千億ドル近い石油輸入費を節約できる。 ARI CCS-CO2-EOR白書、  http://www.adv-res.com/pdf/ARI%20CCS-CO2-EOR%20whitepaper%20FINAL%203-10-10.pdf

2010/2/25 ブルー・カーボンー海洋生物系によるCO2吸収が重要、国連環境計画 (UNEP)とインドネシア政府、UNEP管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラム、バリーUNEP報告 Nellemann, C., Corcoran, E., Duarte, C. M., Valde´s, L., DeYoung, C., Fonseca, L., Grimsditch, G. (Eds). 2009. Blue Carbon. A Rapid Response Assessment. United Nations Environment Programme, GRID-Arendal, http://www.grida.no/publications/rr/blue-carbon/

2010/2CO2回 収・貯留(CCS)実施のための交信-The Global CCS Institute−2009/11国際ワークショップ報告 http: //www.globalccsinstitute.com/downloads/general/Communicating-for-CCS-deployment.pdf

2010/2/25 米ワイオミング州Rock Springs Upliftに50年分7億トン以上のCO2地 中貯留可能ワイオミング州地質調査所報告 http: //www.wyomingbusinessreport.com/article.asp?id=104174

2010/2/23 「石 炭火力発電所は消滅する?」by Lester R. Brown, Earth Policy Institute http://www.earthpolicy.org/index.php? /book_bytes/2010/pb4ch10_ss3

2010/1/29 ポーランドでCO2回収・貯留(CCS)を安全かつ効率的に実施するた めの勧告の報告書が出た。http://www.demoseuropa.eu/files/CCSreport_demosEUROPA_en.pdf

2010/1/13 CO2貯留(CCS)プロジェクト公報教育マニュアル米エネルギー省(DOE)が出版:http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10002-DOE_Publishes_Best_Practices_Manua.html

2010/1/4 2014年までに73件の新CCSプロジェクトに1,460億ドル投資され、1.46億トンのCO2が 貯留される。CCSと排出権取引新報告書 “Carbon Capture, Sequestration and Emissions Trading: The Outlook for Global Carbon Markets,” ABI Research、 http://www.abiresearch.com/press/1573-Carbon+Emissions+Trading+to+Reach+%24395+Billion+in+2014
http://www.abiresearch.com/research/1004439-Carbon_Capture%2c_Sequestration_and_Emissions_Trading

2009/12/16 世界のCO2回収・貯留(CCS)は2030年に10兆−20兆円市場に なる。新報告書:"Carbon Capture and Sequestration Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts " Pike Research http://www.pikeresearch.com/newsroom/carbon-capture-and-sequestration-market-could-reach-128-billion-by-2030
http://www.pikeresearch.com/research/carbon-capture-and-sequestration

2009/12/14 CO2地中貯留、大気CO2直接吸収特 集:Nature Geoscience 2009年12月号 http://www.naturejpn.com/ngeo/

2009/12/12 石炭を採掘しないでエネルギーを得てCO2排出を75%削減 Clean Air Task Force: http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=what-if-energy-from-un-mined-coal-c-2009-12
http://www.catf.us/publications/reports/Coal_Without_Carbon.pdf

2009/12/11 クリーンエネルギー技術:GDPあたり金額で日本11位、絶対金額では日本3位、中国4位、中国で急速に拡大、2020年に世界で2 兆ドル第3の産業セクターになる。 WWFのクリーンエコノミー報告書:クリーンエネルギー技術金額でドイツ1位、米国2位、日本3位、中 国4位、GDPあたり金額ではデンマーク1位、ブラジル2位、ドイツ3位、中国6位、日本11位、米国19位、 http://www.panda.org/?183363/Growing-China-industry-helps-clean-energy-boom
http://assets.panda.org/downloads/rapport_wwf_cleaneconomy_international_def.pdf

2009/11/22 石炭の人間健康への害報告書、“Coal’s Assault on Human Health”、Physicians for Social Responsibility.http://www.psr.org/resources/coals-assault-on-human- health.html

2009/11/18 フィンランド新CO2回収・貯留(CCS)報告書(英語要旨付き) Technical Research Centre of Finland (VTT)、http://www.vtt.fi/inf/pdf/tiedotteet/2009/T2503.pdf

2009/11/16 海洋の炭素シンクが温暖化防止に重要"The Management of Natural Coastal Carbon Sinks"報告書  http://cmsdata.iucn.org/downloads/carbon_managment_report_final_printed_version_1.pdf

2009/11/13 世界のCO2回収・貯留プロジェクト増加中米エネルギー省エネルギー技 術国立研究所のNETL新CO2回収・貯留データベース。20ヶ国192プロジェクトの内、CO2回収38件、CO2貯留46件、CO2回 収・貯留108件。http: //www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/database/index.html

2009/11/12 The World Coal Institute の新報告書 "Securing the Future - Financing Carbon Capture and Storage in a Post-2012 World".  http://www.worldcoal.org/bin/pdf/original_pdf_file/securing_the_future_ccs_financing(12_11_2009).pdf

2009/11/9 カナダにおけるCO2回収・貯留(CCS)の重要性を示す報告書2種、 “カナダにおけるCCS":http://www.ico2n.com/docs/media/ICO2N%20Report_09_final.pdf
“カナダにおける温室効果ガス削減”:http://www.ico2n.com/docs/media/Delphi%20GHG% 20Alternatives%20Report%202009.pdf

2009/11/4 米 中CO2回収・貯留(CCS)協力ロードマップ、 http://www.americanprogress.org/issues/2009/11/china_ccs.html
http://www.americanprogress.org/issues/2009/11/pdf/china_ccs.pdf

2009年11月3日 ゴア元米副大統領が温暖化対策を示す新著「Our Choice: A Plan to Solve the Climate Crisis」出版 「不都合な真実」続編、Rodale Books. http://www.ourchoicethebook.com/

2009/11/3 地球科学者不足 Nature 461, 1307 (28 October 2009) 地球温暖化や資源/エネルギー/環境問題のため、米国では地球科学の大学卒業生4,000人/年では足りないそうですが、日本の大学で地球科 学と言える卒業生は何人いるのでしょうか?
"GEO Vision: Unraveling Earth's Complexities through the Geosciences", National Science Foundation (NSF)
http://www.nsf.gov/geo/acgeo/geovision/nsf_ac-geo_vision_10_2009.pdf

2009/10/27 Global CCS Instituteから新しいCO2回収・貯留 (CCS)促進ビデオとレポート
Strategic Analysis of the Global Status of CCS - Report 5, Synthesis Report
http://www.globalccsinstitute.com/general_information/reports_papers_documents.html
日本語ブックレット: http://www.globalccsinstitute.com/downloads/Overview/Global_CCS_Institute_Overview_Booklet_Japanese.pdf
ビデオ: http://www.globalccsinstitute.com/video/

2009/10/26 オイルサンドからのCO2排出はCCSでも50%しか削減できない: Carbon Capture and Storage in the Alberta Oil Sands -A Dangerous Myth, WWF, http://www.co-operative.coop/Corporate/PDFs/Tar%20Sands%20CCS.pdf

2009/10/ 英土木学会がCO2回収・貯留促進を勧告、CCS報告書 Institution of Civil Engineers。http://www.ice.org.uk/knowledge/document_details.asp?Docu_id= 2372&faculty=

2009/10/15 中国には3兆トン以上の膨大なCO2地中貯留ポテンシャルがある。ほと んどは塩水帯水層、米国PNNLと中国科学院の共同研究(フル報告書は11月)
中国CO2地中貯留ポテンシャル報告書要約版
http://energyenvironment.pnl.gov/news/pdf/us_china_pnnl_flier.pdf
中国CO2地中貯留ポテンシャル地図
http://graphics8.nytimes.com/images/blogs/greeninc/chinamaplarge.jpeg
中国CO2地中貯留早期実施報告要約版
http://www.eenews.net/public/25/12812/features/documents/2009/10/16/document_cw_01.pdf
(2009/10/5)中国科学院武漢岩土力学研究所の李小春(Li Xiao Chun)教授によれば、中国の46油ガス層、68石炭層、24塩水帯水層ののCO2地中貯留ポ テンシャルは約3.2兆トンで、その10%だけを使っても1世紀間は対応できる(Josh Fenn: China Grapples With A Burning Question, Science 25 September 2009:Vol. 325. no. 5948, p. 1646) http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5948/1646

2009/10/14 IEAがCO2回収・貯留(CCS)ロードマップを公表した。CCS無 しでは大幅排出削減コストが70%上昇する。世界で2020年までに100箇所、2050年までに3000箇所以上のCCSプロジェクト、2010年から 2050年までに2.5ないし3兆ドル以上のCCSへの投資が必要であるが、全排出削減費の6%になる。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=657
http://www.iea.org/Papers/2009/CCS_Roadmap.pdf
http://www.iea.org/papers/2009/CCS_roadmap_targets_(viewing).pdf

2009/10/14 CO2 Capture Projectから新報告書 "Carbon Dioxide Capture for Storage in Deep Geologic Formations - Results from the CO2 Capture Project - Volume Three Advances in CO2 Capture and Storage Technology (2004-2009)" http://www.co2captureproject.org/pubsearch.php

2009/10/12 インドにおけるCO2回収・貯留(CCS)の可能性に関する報告書 "Investigating the prospects for Carbon Capture and Storage technology in India",University of Edinburgh and University of Surrey. http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/india-ccs-prospects.html

2009/9/28 CO2回収・貯留(CCS)の講義ムービー "Geologic Carbon Sequestration: Mitigating Climate Change by Injecting CO2 Underground", Berkley Laboratory,カリフォルニア大学テレビ、英語59分、ユーチューブから無料ダウンロードできます。 http://www.youtube.com/watch?v=D9U0fRYrHyw&feature=player_embedded#

2009/9/25 CO2回収に用いるアミンの健康影響"Amines Used in CO2Capture- Health and Environmental Impacts" (Bellona Report) http://www.bellona.org/files/fil_Bellona_report_September__2009_-_Amines_used_in_CO2_capture.pdf

2009/9/25 CO2回収・貯留(CCS)特別号(Science誌)、Steven Chu米エネルギー長官他VOL 325, ISSUE 5948, PAGES 1585-1740. http://www.sciencemag.org/

2009/9/25 英国政府が海底下CO2地中貯留認可法諮問案、 Le Meridien Piccadilly, London W1、英国: http: //decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/co2_storage/co2_storage.aspx

2009/9/24 CO2を地下に埋めるのは愚行か? "BURYING CARBON DIOXIDE IN UNDERGROUND SALINE AQUIFERS: Political Folly or Climate Change Fix?",Munk Centre for International Studies,University of Toronto. http://beta.images.theglobeandmail.com/archive/00242/Munk_Centre_Paper_242701a.pdf

2009/9/21 工業バイオテクにより年25億トンの排出削減が可能。 WWFレポート  www.divshare.com/download/8537942-24e
www.divshare.com/download/8537939-3e0

2009/9/15 石 炭からのCO2排出低減の低コスト化ロードマップ“Coal Without Carbon”が 発表された。石炭地下ガス化や CO2帯水層貯留等。Clean Air Task Force (CATF)   http://www.coaltransition.org/filebin/pdf/Coal_Without_Carbon_Final_High-Resolution.pdf

2009/9/14 タールサンド・レポート Dirty Oil: How the Tarsands Are Fuelling Global Climate Change http://www.greenpeace.org/raw/content/canada/en/documents-and-links/publications/tar_sands_report.pdf

2009/9/12 米Southwest Hydrology誌CO2地中貯留特集 http://aquadoc.typepad.com/waterwired/2009/09/septemberoctober-2009-southwest-hydrology-co2-sequestration.html
CO2地中貯留関係記事
Opportunities for Carbon Capture and Geologic Storage, by Richard J. Myhre and Marian Stone
The Hydrology of Geologic Sequestration, Gregory Schnaar and Stephen J. Cullen
Managing the Risks of CO2 Sequestration,  Amy Hardberger and Scott Anderson
Regulating Geologic Sequestration of CO2, Patricia R. Pfeiffer and Bruce J. Kobelski
Frio Brine Pilot: The First U.S. Sequestration Test, Susan D. Hovorka
Exploring Geologic CO2 Storage in Arizona, Dennis H. Shirley, Daniel J. Collins, and John L. Boyer

2009/9/7 "石炭の悪夢The Coal Nightmare" ABC (Australian Broadcasting Corporation)放映、クリーンコールーCO2回収・貯留(CCS)は温暖化防止の切り札として喧 伝されているが、遅々として進んでいない。もう間に合わないのでは? http://www.abc.net.au/4corners/special_eds/20090907/coal/

2009/9/5 地 球温暖化防止のための地球工学(ジオエンジニアリング):大気CO2直接除去(CDR)が最有力。Royal Society報告 "Geoengineering the climate: Science, governance and uncertainty" http://royalsociety.org/displaypagedoc.asp?id=35151

2009/9/4 中國CO2回収貯留(CCS)に30年間で4千億ドル必要:石炭火力発 電からのCO2排出低減のため。スタンフォード大報告"The Real Drivers of Carbon Capture and Storage in China and Implications for Climate Policy" http: //pesd.stanford.edu/publications/the_real_drivers_of_carbon_capture_and_storage_in_china_and_implications_for_climate_policy/

2009/8/27 温暖化防止地球工学技術:大気からCO2を吸収する“人工樹”と藻外裝ビル(藻類バイ オ)と白色屋根(太陽光反射)が有望、機械技術者協会(英)報告。 http://www.imeche.org/NR/rdonlyres/872412E4-BE9E-42D3-85EC-39F1889C74CB/0/Geoengineering_Giving_us_the_time_to_act.pdf

2009/8/27 "CCS current trends and future prospects" £375.00、 http://www.companiesandmarkets.com/Summary-Market-Report/ccs-current-trends-and-future-prospects-157210.asp

2009/8/26 CO2地中貯留からのCO2漏洩は予想 以上に少ない。MIT論文。 http://sequestration.mit.edu/pdf/YamamaRaza_Thesis_May09.pdf

2009/8/25 CO2回収・貯留(ccs)技術のガイドブック"A Technical Basis for Carbon Dioxide Storage "(CO2 Capture Project) http://www.co2captureproject.org/co2_storage_technical_book.html

2009/8/25 環境にやさしい溶剤:超臨界CO2、"Supercritical CO2: a Green Solvent" http://www.sriconsulting.com/PEP/Public/Reports/Phase_2009/RP269/

2009/8/3 米国は2030年までに2005年比41%CO2排出削減できるが、 CO2回 収・貯留(CCS)や原子力など新技術をフルに利用する必要がある(EPRI報告)。新技術の利用 は1兆ドルのコスト削減になる。 http://my.epri.com/portal/server.pt/gateway/PTARGS_0_222923_317_205_776_43/http%3B/uspalecp604%3B7087/publishedcontent/publish/epri_confirms__full_portfolio__of_technologies_key_to_curbing_co2__meeting_demand_growth__limiting_cost_increases_da_657059.html

2009/7/24 カナダ・アルバータ州CCS促進報告書 Accelerating Carbon Capture and Storage Implementation in Alberta, Final Report  (Alberta Carbon Capture and Storage Development Council) http://www.energy.alberta.ca/Org/pdfs/CCS_Implementation.pdf

2009/7/21 ヨーロッパで計画中のCO2回収・地中貯留(CCS)プロジェクト(ロイター)

COMPANY/PROJECT NAME・ FUEL・ PLANT OUTPUT・TECHNOLOGY・ OPERATIONAL
Centrica, Teeside,UK・ Coal ・ 850 MW・ IGCC・ Postponed
Dong Energy, Denmark・ Coal ・ 400 MW ・ Post-combustion・2015
Enel, Brindisi, Italy・ Coal・ 660 MW ・ Retrofit ・ 2012
Endesa, Leon, Spain・ Coal・ N.A. ・ OxyFuel・ 2015
E.ON, Killingholme, UK・ Coal・ 450 MW・ IGCC・ Cancelled
E.ON, Kingsnorth, UK ・ Coal・ 1,600 MW ・ Post-combustion・After 2014
Fortum, Finland ・ Coal ・ 565 MW・ Retrofit・ 2015
GE / Polish utility ・ Coal・ 1,000 MW ・ IGCC ・ N.A
Hypogen/ Dynamis, EU ・ Coal ・ N.A ・ Pre-combustion・ 2014-2016
Kaarstoe, Norway ・ Gas・ 384 MW・ IGCC・ Stalled
Mongstad, Norway ・ Gas ・ 280 MW ・ Post-combustion・2014
Nuon, Eemshaven, Neth.・ Various・1,200 MW ・ IGCC・ 2013
Powerfuel, UK ・ Coal ・ 900 MW ・ IGCC ・ 2013
Progressive Energy, UK・ Coal・ 450 MW・ IGCC ・ N.A.
RCI consortium, Neth.・ Coal・ N.A. ・ N.A. ・ 2015
RWE, Germany ・ Coal ・ 450 MW ・ IGCC ・ 2014
RWE, Tilbury, UK ・ Coal ・ N.A. ・ Post-combustion・2016
RWE, Eemshaven, Neth.・ Coal・ 160 MW ・ Retrofit ・ N.A
RWE, Blyth, UK ・ Coal ・ N.A.・ Retrofit ・ 2014
RWE, south Wales, UK ・ Coal ・ N.A.・ Post-combustion・2010
ScottishPower, UK ・ Coal・ N.A ・ Post-combustion・2014
Scottish & Southern, UK・ Coal ・ 800 MW ・ Retrofit ・ 2014
Union Fenosa, Spain ・ Coal ・ N.A. ・ Post-combustion・2017
Vattenfall, Denmark ・ Coal ・ N.A. ・ Post-combustion・2013
Vattenfall, Germany ・ Coal ・ N.A. ・ OxyFuel ・ 2015

Sources include: IEA, CCSA, Reuters data
(Reporting by Nina Chestney and Gerard Wynn; Editing by James Jukwey)
http://in.reuters.com/article/oilRpt/idINLL61331920090721

2009/7/20 CO2回収コスト、成熟段階ではCO2削 減量あたり$30-50/tCO2、初期には$100-150/tCO2、ハーバード大Belfer Center、http: //belfercenter.ksg.harvard.edu/files/2009_AlJuaied_Whitmore_Realistic_Costs_of_Carbon_Capture_web.pdf

2009/7/18 ドイツにおけるCCSの将来-ポジション・ペーパー(有 料!)、"Position Paper - the Future of CCS in Germany" http://www.reportlinker.com/p0128217/Position-Paper-the-Future-of-CCS-in-Germany.html?utm_source=LivePR&utm_medium=pr&utm_campaign=LivePR

2009/7/15 ア フリカのキブ湖のガスの脅威と利用価値(Nature誌)、活動的なニイラゴンゴ火山に近いキブ湖の湖水には、火山ガス由来の300立方キ ロメートルのCO2と、その一部をメタン生成菌が変換した60立方キロメートルのメタンを含んでいる。ガス が突出すると、キブ湖岸に棲む2百万人にニオス湖事件を上回る大災害をもたらすおそれがあるが、キブ湖の湖水のCO2濃 度は低いのでまだ危険ではないと言う意見もある。湖水からメタンの採取が行われ、その際にガスが放出されるので、ガス突出の危険を同時に減らすことができ るが、湖水の安定性を損なうために却って危険だという意見もある。過去30年間に、湖水のCO2は10%増 加し、メタンは15−20%増加した。 http://www.nature.com/news/2009/090715/full/460321a.html

2009/7/06 Tony Blair前英首相がG8会議に向け、直ちに削減策を実施することを呼びかけた報告書 "Technology for a Low Carbon Future"を発表しました。既存策で、2020年までに必要な排出削減の70%を達成できるが、 CCSや新世代原子力等の次世代技術への投資も呼びかけています。 http://tonyblairoffice.org/180_TCG_BTCD_TB TECH REPORT.pdf

2009/6/29 "Towards a low carbon future"英国王立協会The Royal Society報告書 http://royalsociety.org/document.asp?tip=0&id=8174

2009/6/28 北ドイツ、キール市におけるCCS火力発電の経済・環境評価 An Economic and Environmental Assessment of Carbon Capture and Storage (CCS) Power Plants: A Case Study for the City of Kiel
http://www.ifw-members.ifw-kiel.de/publications/an-economic-and-environmental-assessment-of-carbon-capture-and-storage-ccs-power-plants-2013-a-case-study-for-the-city-of-kiel/kwp-1527

2009/6/19 米 国と中国の既設石炭火力発電所からのCO2排出削減が必須、MITエネルギーイニシァティブ から3月のシンポジウム報告書。 http://web.mit.edu/newsoffice/2009/coal-0619.html

2009/6/17 クリーンコール技術は2030年までに40億ポンドの経済効果があり、6万人分の職を英国で増やす。英国政府がCCS とクリーンコールの諮問報告書を公開した。 http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/uk_supply/energy_mix/ccs/ccs.aspx
http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/towards_ccs/towards_ccs.aspx
http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/clean_coal/clean_coal.aspx

2009/6/ "Global Climate Change Impacts in the United States" U.S.Global Change Research Program. http://www.globalchange.gov/publications/reports/scientific-assessments/us-impacts

2009/6/ CCS-nature's way 自然流CCS "The Natural Fix? The Role of Ecosystems in Climate Mitigation.", UNEP,http://www.unep.org/pdf/BioseqRRA_scr.pdf

2009/6/03 米 国公有地へのCO2地中貯留ポテンシャル報告"Framework for geological carbon sequaestration on public land", Report to Congress,U.S.Department of Interior http://www.doi.gov/news/09_News_Releases/EISA_Sec._714_Report_to_Congress_V12_Final.pdf

2009/5 米 国既設石炭火力発電所へのCO2回収・貯留(CCS)後付けの可能性報告、 Simbeck, D., and W. Roekpooritat (2009). “Near-Term Technologies for Retrofit CO2 Capture and Storage of Existing Coal-fired Power Plants in the United States.” White Paper for the MIT Coal Retrofit Symposium, Mountain View, California, USA. SFA Pacific,Inc. : http://web.mit.edu/mitei/docs/reports/simbeck-near-term.pdf

2009/5/28 New Climate Science 2006-2009, SWEDEN GOVT,65p. http://www.sweden.gov.se/content/1/c6/12/73/90/f3ffebe1.pdf

2009/5/28 新報告書 "Carbon Capture and Storage (CCS) - Current Situation and Future Potential"価 格$2,795ドル http://www.reportlinker.com/p0120048/Reportlinker-Adds-Carbon-capture-and-storage-(CCS)---current-situation-and-future-potential.html

2009/5/27 「CO2地中貯留の真実」、グリーンピースがCCSハイレベル会議に対抗してレポートを出し、北海 Tordisでの油漏洩事象などを指摘、同じUtsira砂層にCO2地中貯留をしているSleipner でも予想と異なるCO2の挙動があり、調査研究が不足しているCCSに温暖化防止の多くを期待するのは危険 と主張した。 http://www.greenpeace.org/utsira

2009年5月1日 「スコットランドはヨーロッパのCO2回収・貯留(CCS)をリードできる」  スコットランド沖の6北海油ガス田で約11億トン、北海海底下10塩水帯水層に約46億トンから460億トンのCO2貯 留が可能。天然ガスパイプラインをCO2輸送用に転用を計画。 スコットランド炭素貯留センター報告書 "Opportunities for CO2 Storage around Scotland - an integrated strategic research study" http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/
http://www.scotland.gov.uk/Publications/2009/04/28114540/0

2009年4月30日 気候変動:悪いことが多すぎる Nature誌気候特集

2009年4月28日 IEAエネルギー技術公報58号http://www.iea.org/impagr/cip/index.htm
IEAレポートEnsuring Green Growth in a Time of Economic Crisis: The Role of Energy Technology
http://www.iea.org/Textbase/Papers/2009/ensuring_green_growth.pdf

2009年4月27日 IEAから報告「Cleaner Coal in China」が出版されました。 http://www.iea.org/w/bookshop/add.aspx?id=355

2009/4/26 "America has to make clean coal work" CBS NEWS Videos
Clean Coal: Dream or Reality? http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969906n
Powered By Coal- http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969902n
Is China The Real Problem? http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969904n

2009年4月24日 第9回温室効果ガス管理技術国際会議(GHGT-9)オンライン・プロシーディングスEnergy Procedia誌第1巻1号として電子出版されました。 http://www.sciencedirect.com/science/journal/18766102

2009年4月19日 米国のCO2地中貯留法規制の比較検討: Melisa F. Pollak, and Elizabeth J. Wilson (2009) Regulating Geologic Sequestration in the United States: Early Rules Take Divergent Approaches, Environ.Sci.Techno., http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es803094f

2009年4月13日 CO2回収・貯留(CCS)へのガイド、CCSは化石燃料から気候を救 えるか?(Scientific American)http://www.sciam.com/report.cfm?id=carbon-capture-storage-ccs

2009年4月11日 CO2回収・貯留(CCS)の重要性と実施への課題を分析した報告書が 世界資源研究所(WRI)から公表された。 http://pdf.wri.org/capturing_king_coal.pdf
http://www.asiaing.com/capturing-king-coal-deploying-carbon-capture-and-storage-systems-in-the-u.s.-at.html

2009年4月7日 非 可逆的な災厄を避けるためにはCO2の大気濃度を現状385ppmから350ppmに下げるべ きとJames Hansen博士(NASA/コロンビア大)が発表した。CCS抜きの石炭火力発電は止めなければならない。http: //www.columbia.edu/~jeh1/2008/TargetCO2_20080407.pdf

2009年4月6日 気候変動問題での米中協力が必要、1月に現エネルギー長官Chu博士らが米中協力のロードマップを作成した。 http://www.celsias.com/article/us-china-need-cooperation-climate-change/
2009年1月米中気候変動問題協力ロードマップ http://www.asiasociety.org/taskforces/climateroadmap/US_China_Roadmap_on_Climate_Change.pdf

2009年4月1日 CO2地中貯留のモデルとしての天然ガス田、地下水への溶解が重要 Nature誌 vol.458 (7238)

2009年4月1日 新CCSウェブサイト開設、Bellona Foundation、 http://www.bellona.org/ccs

2009年3月27日 「CO2回収・貯留(CCS)の未来」研究報告書第4版、Research and Markets、60ページ、320ユーロ http://www.researchandmarkets.com/research/5c56cd/the_future_of_carb

2009年3月26日 Electromethanogenesis:CO2と水と電流から水素を経ずに直接にメタン生成菌がメタ ンを生成、ペンシルバニア州立大、Environmental Science and Technology誌Publication Date (Web): March 26, 2009、http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/es803531g

2009年3月17日 CO2地中貯留のモニタリング方法の新報告書が公刊された。CO2地中貯留の安全性と効率的貯留のため米国エネルギー省の国立エネルギー技術研究所(NETL)がまとめた。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09016-DOE_Releases_MVA_Report.html

2009年3月16日 米地質調査所からCO2地中貯留ポテンシャルの新見積方法のレポートが 出た。 http://www.usgs.gov/newsroom/article.asp?ID=2163
http://pubs.usgs.gov/of/2009/1035/

2009年3月6日 英国は2020年までに電力の10%以上をCCS付き火力発電所の発電にするべき、Advisory Committee on Carbon Abatement Technologies (ACCAT)による。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE52558U20090306
"Low Carbon Industrial Strategy: A Vision"(March2009) http://www.berr.gov.uk/files/file50373.pdf
http://www.hmg.gov.uk/lowcarbon

2009年3月5日 「海底下帯水層に貯留したCO2は漏洩していない。予想どおり地層に沿って広がって いる。」北海スレイプナー地区で、13年間1,000万トン以上のCO2を貯留したノル ウェーStatoilHydro社が観測結果を発表した。 http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE5245YT20090305

2009年3月5日 CO2を吸収する岩石の分布地図が米国で公開されました。米国地質調 査所とコロンビア大学地球研究所が米国のCO2鉱物固定マップを作成、超苦鉄質岩の分布を図示しています。 http://www.earth.columbia.edu/articles/view/2393 http://pubs.usgs.gov/ds/414/


2009年2月17日 CO2回収・貯留(CCS)の実施によりドイツの電気料金が安くなる!と いう報告が出た。安価な石炭を利用できるため。RWE AGによる。(Bloomberg) http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601100&sid=a4ZPOm3wlcVA&refer=germany

2009年2月12日 2009年はCO2固定産業の勃興年になる。 世界で120件のCCSプロジェクトがあり、既に30件の大規模 CCS実証プロジェクトに総額200億ドル以上が配分されていると推定され、各国の経済再政策でもっと増える。Emerging Energy Research(EER) http://www.emerging-energy.com/

2009年2月12日「日本バイオ炭(たん)普及会」が4月発足 <バイオ炭CO2 固定による温暖化防止> http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20090212018/1.htm

2009年2月10日 温暖化防止のためにCCSなどのエネルギー技術の研究開発に60億ドル必要という報告書がオーストラリア工学アカデ ミーから出た。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID= 335&
"Energy Technology for Climate Change – Accelerating the Technology Response" http://www.atse.org.au/uploads/EnergyClimateChange.pdf

2009年1月30日 ノルウェーはMongstadの精油所に7億5千万ド ルでCO2回収・貯留(CCS)研究センターを建設する。 http: //www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSLU62914620090130

2009年1月27日 GDPの1%以下のコストで温暖化を2°C以内に抑制できるという報告をマッキンゼーが発表しました。 "Pathways to a low-carbon economy"Version2: http://globalghgcostcurve.bymckinsey.com/

2009年1月22日 南極大陸も10年ごとに0.12度気温上昇(Nature誌)。

2009年1月22日 北 極付近の温暖化も予想以上に早く進んでいるという新しい報告が米国地質調査所から出ています。http: //climatescience.gov/Library/sap/sap1-2/final-report/sap1-2-final-report-all.pdf

2009年1月22日 2008年の世界の災害死者は23万5千人に増加、大部分がアジア(国連ISDR,http: //www.unisdr.org/eng/media-room/press-release/2009/pr-2009-01-disaster-figures -2008.pdf)。

2009年1月19日 経済産業省は、CO2地中貯留実証試験に向けた指針の素案を示した。3 月末をめどに指針案を策定する方針(電気新聞)。

2009年1月13日 ノルウェーなどヨーロッパ9ヶ国が共同して、8千万ユーロで15の新CO2回収・貯留 (CCS)研究所を建設する/ http://www.azocleantech.com/Details.asp?newsID=4355

2009年1月8日 泥岩が超長期にわたりCO2を封じ込められることがナチュラル・アナログ(天然類似 物)研究で示された。北海油田の天然のCO2貯留層上の泥岩中でCO2が7千万年間に12mしか移動していなかった(GEOLOGY誌2009年1月号)。 http://geology.geoscienceworld.org/cgi/content/abstract/37/1/35

2009年1月7日 火力発電所のCO2により藻を育て燃料にする技術や枯渇油田にCO2を注入しメタンを生成する技術の開発が朝日新聞夕刊環境欄に紹介されています。当社はCO2からのエネルギー資源再生のパイオニアです。<地中炭素サイクル:地下メタン醸造所>

2006/3/Future Of Carbon Sequestration: Key Drivers And Resistors, Costs And Technologies, Business Insights, http://energybusinessreports.com/shop/item.asp?itemid=930&affillink=ENER

世界では 国連気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)は、アル・ゴア米国前副大統領とともに2007年ノーベル平和賞を受賞しましたが、http://www.ipcc.ch/
2005年9月に公開されたCO2回収・貯留 (CCS)IPCC特別報告書により、油・ガス層と塩水帯水層へのCO2地中貯留は実施可能(フィージブ ル)であると評価しました。
http://arch.rivm.nl/env/int/ipcc/pages_media/SRCCS-final/IPCCSpecialReportonCarbondioxideCaptureandStorage.htm

また、排出量報告のためのIPCCガイドライン2006年改訂版にCO2地中貯留が加えられました。
2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories
Volume 2 Energy 5 Carbon Dioxide Transport, Injection and Geological Storage
http://www.ipcc-nggip.iges.or.jp/public/2006gl/vol2.htm

IPCC第四次評価報告書(AR4)はIPCCのホームページからダウンロー ドできます。
 2007年1月 第1作業部会報告書(温暖化動向予測) http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg1.htm
2007年4月 第2作業部会報告書(温暖化影響予測) http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg2.htm
2007年5月  第3作業部会報告書(温暖化緩和策) http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg3.htm
2007年11月 統合報告書要旨 http://www.ipcc.ch/pdf/assessment-report/ar4/syr/ar4_syr_spm.pdf
IPCCやCDM理事会関係の情報は、地球産業文化研究所のホームページhttp://www.gispri.or.jp/menu.htmllから得ら れます。第3作業部会報告書の政策決定者向け要約の和訳もダウンロードできます。
http://www.gispri.or.jp/kankyo/ipcc/ipccreport.html

海洋汚染防止のためのロンドン条約1996年議定書およびオスパール条約でCO2海底下貯留(CCS)は承認されています。両条約において、CO2海 底下貯留(CCS)のガイドライン作りが進められています。ロンドン議定書に於ける海底下貯留の安全評価・管理の枠組みはhttp: //www.imo.org/includes/blastData.asp/doc_id=8176/CO2%20SEQUESTRATION%20RAMF%202006.doc に示されています。オスパール条約は北東大西洋の海洋環境保護のための条約であるので、日本への直接の影響はないが、昨年のロンドン条約に続き、オスパー ル条約でもCO2海底下貯留が承認された意義は大きい。
http://www.ospar.org/eng/html/press_statement_2007.htm

以上のように国際的には油・ガス層と塩水帯水層へのCO2地 中貯留は温室効果ガス排出削減技術としてオーソライズされました。今、CDMとしての承認やガイドライン作りや各国国内法の整備が急がれています。

IPCCと共にノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア前米国副大統領の書籍と映画「不都合な真 実」(2006)は話題を呼んでいますが、
http://www.futsugou.jp/
英国の「スターン・レビュー」(2006)も温暖化の経済的被害が膨大である ことを指摘し、大きな衝撃を世界に与えました。
http://www.hm-treasury.gov.uk/independent_reviews/stern_review_economics_climate_change/sternreview_index.cfm
さらに、米国マサチューセッツ工科大(MIT)の学際研究報告「石炭の未来The Future of Coal」(2007)は、石炭は低コストのエネルギー源として頼みの綱であり、利用は増え続けるので、CO2回収・貯留(CCS)が重要であることを指摘し、米国政財界に強い影響を与えています。http: //web.mit.edu/coal/

温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT)が温暖化防止技術のオリンピックと言える存在で、 1992年にオランダのアムステルダムで第1回会議が開催され(最初の頃は、二酸化炭素除去国際会議ICCDRと言う名前でした)、その後隔年で開催さ れ、日本でも2回開催しました。各回のGHGTのプロシーディングスを見ると、CCSの発展傾向がよく判ります。第1回会議ではCO2地中貯留に関する発表は私の論文を含めてたった3件でした。第2回では1セッションになり、2006年の第8回では 全発表454件の約半分がCO2貯留関係で、CO2回収等も 加えれば、CCS関連全体では400件近くに達しています。CCSに関わろうとする方はGHGTプロシーディングスに目を通すことをお薦めします。


GHGTを共同主催するIEA Greenhouse Gas R&D Programme(IEAGHG)http://www.ieagreen.org.uk/のニュース誌Greenhouse Issuesは、世界の動向を要領よく知ることができる必読情報源で す。既刊分を含めてIEAGHGのホームページから無料でダウンロードできますhttp: //www.ieagreen.org.uk/ghissues.html。さらに、世界のCCS 研究開発プロジェクトのデータベースが見られますhttp://www.co2captureandstorage.info/。ここから 世界各地で行われているCCS研究開発プロジェクトや実証実験・CO2地下注入プロジェクトを知る事ができ ます。大規模CO2排出源のデータベースや地下貯留のリスク・シナリオのデータベースも用意されています。 さらに、米国の対話型炭素固定アトラスにもリンクしています。http: //www.natcarb.org/

2007年から新国際学術誌「INTERNATIONAL JOURNAL OF GREENHOUSE GAS CONTROL」がElsevier社より発刊されました。京都大学の薛 自求先生が編集委員です。 http://www.elsevier.com/wps/find/journaldescription.cws_home/709061/description#description

2008年12月22日 世界の80件以上のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのリストが 公表された。American Coalition for Clean Coal Electricity (ACCCE):www.cleancoalusa.org

世界石炭協会(WCI)は、石炭利用の効率化とCCS技術開発によりゼロエ ミッション化を指向しています。http: //www.worldcoal.org/assets_cm/files/PDF/coal_meeting_the_climate_challenge.pdf 日本語のCO2地中貯留の解説も出しています。http: //www.worldcoal.org/pages/content/index.asp?PageID=476

炭素固定リーダーシップフォーラム(CSLF)は米国の提唱で作られ、日本を 含む21カ国とECが参加する国際協力組織です。ホームページから各国のCCS関係プロジェクトの概要を知ることができます。また、「CSLF集会所」(PuMP:CSLF Public Meeting Place)を ホームページに開設しました。  http://www.cslforum.org/cslfpump/forums/list.page
CO2回収・貯留(CCS)に関心を持つ人は誰でも参加できます。登録しなくても読むことはできますが、登 録すれば意見を出したり、質問をすることもできます。

クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ(APP) http://www.asiapacificpartnership.org/ では、8つのタスクフォースの内、「よりクリーンな化石エネルギー」タスクフォースでCCSの開発を行っています。
http://www.asiapacificpartnership.org/FossilEnergyTF.htm

アジア太平洋経済協力(APEC:Asia-Pacific Economic Cooperation)のエネルギー作業部会(EWG) http://www.ewg.apec.org/ で、CCS学習パッケージが作られるとともにhttp://www.delphi.ca/apec/、APEC地域のCO2貯 留能力の調査が行われています。
CO2 Storage Prospectivity of Selected Sedimentary Basins in the Region of China and South East Asia
http://www.ewg.apec.org/index.cfm?event=object.showContent&objectID=F0505973-65BF-4956-BBB3E85155C85BC9
Carbon Dioxide Capture & Geological Sequestration Potential of the APEC Region - Phase II
http://www.ewg.apec.org/assets/documents/apecinternet/Publications%5FGeosequestration20050511140423%2Epdf

中国では、英国政府と共同で二酸化炭素回収貯留(CCS)によるゼロエミッション 石炭火力発電UK-China Near Zero Emissions Coal (NZEC)プロジェクトを開始した。http://www.nzec.info/ 

EUの気候変動関係対応は、 http://ec.europa.eu/environment/climat/home_en.htm
EUのCCSウェブサイトは、 http://ec.europa.eu/environment/climat/ccs/index_en.htm
EUのCCS関係の多数の活動を進めています。 http://ec.europa.eu/environment/climat/ccs/docs_en.htm
特に、ヨーロッパではCCS付きゼロエミッション発電の共同開発を行っていま す。
The European Technology Platform on Zero Emission Fossil Fuel Power Plants (ETP ZEP) http://www.zero-emissionplatform.eu/website/
ヨーロッパの水素開発計画HYPOGENでは、4サイトを選んでCCSの調査をしています。 http://www.dynamis-hypogen.com/

英国では、 DTIのエネルギー部門があります。 http://www.dti.gov.uk/energy/sources/sustainable/carbon-abatement-tech/c02capture/page19316.html
Rio TintoとBPがCCS専門の新合弁会社を作って、オーストラリアのパース近郊で石炭から水素を作って発電する計画を発表しています。 http://www.hydrogenenergy.com/

ドイツでは、CO2SINKプロ ジェクトが、ベルリン西郊ケチンでCO2塩水帯水層貯留を行うための掘削進行状況を公開しています。 http://www.icdp-online.de/sites/co2sink/public/news.html
RWEはCCS付きIGCC石炭火力発電プラントを計画しています。 http://www.rwe.com/generator.aspx/konzern/fue/strom/co2-freies-kraftwerk/language=en/id=268960/co2-page.html
Vattenfall社は、CCS付き酸素燃焼方式でゼロエミッション石炭発電を実現しようとしています。 http://www.vattenfall.com/www/co2_en/co2_en/index.jsp?WT.ac=content

オーストラリアでは、 CO2貯留について、 The Cooperative Research Centre for Greenhouse Gas Technologies (CO2CRC)が開発の中心になっています。 http://www.co2crc.com.au/
石炭火力発電については、COAL21 http://www.coal21.com.au/
クリーンな石炭利用The Cooperative Research Centre for Coal in Sustainable Development (CCSD) http://www.ccsd.biz/whatsnew.cfm
石炭ガス化についてはCSIRO Energy Technology http://www.csiro.au/science/CoalGasificationOverview.html

カナダでは、アルバータ 研究協会(ARC)がCO2の地中貯留の研究を行い、 http://www.arc.ab.ca/index.aspx/OwnerTemplateID/40
中国のCO2炭層固定ー炭層メタン生産実験に協力し。 http://www.arc.ab.ca/index.aspx/ARC/1141
また微生物によるCO2還元メタン再生の研究開発を行っています。 http://www.arc.ab.ca/Index.aspx/ARC/1143
アルバータ地質調査所もCO2地中貯留関係の調査研究を行っています。 http://www.ags.gov.ab.ca/activities/CO2/CO2_main.shtml


米国では、炭素回収・ 固定(CCS)年会議がエネルギー省の主催で毎年開催されています。初期の頃は国内会議と称していましたが、2007年には23カ国から 700人以上参加する大規模な会議になっています。論文のレベルはGHGTより高いくらいです。http: //www.carbonsq.com/index.htm
その他、GSAやAGUやAAPGなどの学会でもCCS関係のセッションが盛んに開催されています。

米国エネルギー省(DOE)の炭素固定サイトはエネルギー省関係の研究開発の情報が得られます。
http://www.fossil.energy.gov/programs/sequestration/index.html
米国の炭素固定研究開発プロジェクトのデータベースが見られます。
http://www.fossil.energy.gov/fred/feprograms.jsp?prog=Carbon+Sequestration
米国環境庁(EPA)の炭素固定サイトは、
http://www.epa.gov/climatechange/emissions/co2_geosequest.html
ですが、特に地下注入管理プログラム(UIC)http://www.epa.gov/safewater/uic/index.html でのCO2地下注入の取り扱いが課題になっています。実証実験の段階では、5級実験井として扱われていますが、実用段階での取 り扱いはまだ研究中です。

米国エネルギー省の国立エネルギー技術研究所(NETL)も旧石炭・石油関係の研 究所を統合して作られ、エネルギー関係の温暖化防止技術の研究センターになっています。その炭素固定ウェブサイトは、様々な情報の入り口になります。
http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/index.html
炭素固定ニュースレターは米国の動きを知るために便利で、下記サイトからダウン ロードできます。
http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/subscribe.html
下記サイトにも関係記事が出ています。
http://www.netl.doe.gov/newsroom/netlog.html
「図書棚」には、ロードマップやポートフォリオなども見られ、エネルギー省関係の炭素固定研究開発活動のほぼ全貌を知ることができます。 http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/refshelf.html

米国のCCS関係研究開発は多数ありますが、日本にもっとも有名なのは、フューチャージェン (FutureGen)計画でしょう。石炭から水素製造と発電を同時に行い、そのプロセスから排出されるCO2を 地中貯留することによりゼロエミッション化する技術を開発します。オーストラリアや中国や日本も加わった国際的なプロジェクトになっていますが、実験サイ トはテキサス州とイリノイ州で選定中です。
http://www.fossil.energy.gov/programs/powersystems/futuregen/index.html http://www.futuregenalliance.org/
CO2地中貯留ーCCSの実現に向けて作られた産官学協力の組織が、地域炭素固定パートナーシップです。全米で7パートナーシップあり,米国のCCS開発の主力です。カナダも一部の州が 参加しています。 http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/partnerships/partnerships.html
これまでの地域炭素固定パートナーシップの成果のうちでも目立つのが北米炭素固定アトラスで、 北米だけで3兆5千億トンのCO2固定能力を識別しました。
http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/atlas/index.html
対話型炭素固定アトラスも開発されています。http: //www.natcarb.org/

米国マサチューセッツ工科大は石炭の役割について学際研究を行い、石炭が将来も重要で、CCSが必須であることを報告し、米国政財界に大きな影響を与えて います。研究報告The Future of Coalはhttp://web.mit.edu/coal/ からダウンロードできます。

米国電力研究所EPRI Journalの2007年春号はCCS特集です。 http://my.epri.com/portal/server.pt?

世界の発電所及び電力会社のCO2排出量のオンラインデータベースをCarbon Monitoring for Action (CARMA)が提供しています。(http://carma.org/)

日本では
、 財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)http://www.rite.or.jp/ は、 地球温暖化対策技術開発を目的に設立された経済産業省系の研究所です。二酸化炭素地中貯留データ ベースがオープンしました。http://cgsdb.rite.jp/ 長岡での二酸化炭素地中貯留実証実験などの成果報告書をダウンロードできますhttp: //www.rite.or.jp/Japanese/navigate/seikahoukoku.htmlが、NEDOの補助に依る研究の成果は次の NEDOのホームページからダウンロードできます。

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)http://www.nedo.go.jp/ は様々な技術開発を行っていますが、その成果は成果報告書データベースhttp://www.tech.nedo.go.jp/index.htmからダ ウンロードできます。CCS関係の研究成果も多く有ります。海外情報誌「NEDO海外レポート」にもCCS関係の記事やニュースがしばしば載ります。 NEDO海外レポート1020号ー地球温暖化特集ー2000年4月9日刊に世界のCO2回収・貯留 (CCS)への取り組みが紹介されています。 http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/1020/index.html

独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)http://www.aist.go.jp/ は旧工業技術院に所属していた研究所を統合した巨大な研究所ですが、CCSに関係する研究http: //unit.aist.go.jp/georesenv/kobetu-gijyutu.htmlもいろいろ行っています。

「夕張プロジェクト」つまりCO2炭層固定技術開 発プロジェクトは(株)環境総合テクノスhttp://www.kanso.co.jp/kankyo_j/k_kenkyu/co2_0.html を中心に、石炭エネルギーセンター(JCOAL)http://www.jcoal.or.jp/ が夕張での現場試験を担当して実施していましたが、2000年3月にプロジェクトは残念ながら終了しました。

CCS専門の学会はまだ有りません。別項の<CO2固定研究会>は学会ではありませんが、情報交換を主な目的にしています。資源・素材学会 (MMIJ)http://www.mmij.or.jp/は春秋の大会にCCS関係のセッションや発表があります。資源・素材学会環境工学部門委員会はCCS関係の活動を強化中です。また、エネルギー・資源学会http://www.jser.gr.jp/、化学工学会http://www.scej.org/、石油技 術協会http://www.japt.org/、物理探査学会http://www.segj.org/でもCCS関係の発表が行われて います。

日本地球惑星科学連合(JGSU)http://www.jpgu.org/は毎年幕張メッセ国 際会議場(千葉市)で開催する連合大会http://www.jpgu.org/meeting/index.htmの中で、CCSに関す るセッションを実施します。


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部 技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに 留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://co2.eco.coocan.jp/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球シ ステム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com