「CCSの小さな一歩が、人類の大きな飛躍」
温暖化防止地球 システムホーム、 温暖化防止 CCS目次、 CCS ニュース



温暖化防止CO2地中貯留(CCS)技術の歴史
CO2吸込ひょうたん島、炭酸ガス微細泡化、地中メタン培養ー温暖化防止をしてエネルギー資源を栽培しまし よう!
http://homepage3.nifty.com/zeroemission/AAACCSnews0.htm

2011 年以前のCCS関係の主な出来事を以下に記述します。ー2012年以後の新し い動きは「CCSニュース」へ

2011/11/24 火 星にメタン生成菌はいるか?生命の起源に迫る大発見を期待したい(小出)。 火星大気中のメタンの源は何か?米NASAが火星探査機「キュリオシティ」を26日に打ち上げる。 http://www.nytimes.com/2011/11/23/science/space/aboard-mars-curiosity-rover-tools-to-plumb-a-methane-mystery.html

2011/11/24 木星の衛星エウロパの氷の下に巨大湖 、氷地殻内の3キロメートル程度の深さに五大湖級のレンズ状の液体の水塊がある(Nature 479, 7374 Nov 2011)。http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=86008

2011/11/12 福島原発事故の4日間時系列記録を米国原子力発電運転協会(INPO)が作成し た。 http://www.nytimes.com/2011/11/12/world/asia/report-details-initial-chaos-at-fukushima-daiichi-nuclear-plant-in-japan.html

2011/11/11 OPEC がCO2回収・貯留(CCS)の迅速広範な実施抜きではCO2排出増は避けられないと警告 、OPECが公開した報告によれば、2035年にも化石燃料は主なエネルギー源で、石炭が第一の燃料なので、世界のCO2排 出は43%増加する。 http://www.bloomberg.com/news/2011-11-08/world-co2-emissions-may-rise-43-by-2035-on-coal-use-opec-says.html

2011/11/9 オー ストラリアが炭素税導入、炭素価格制度が議会で可決、排出量の多い企業500社を対象に1トンあたり23豪ドル(約 1850円)の負担を求める(朝日)

2011/11/6 南 米ボリビアのウユニ塩湖の南で超巨大噴火の恐れ?標 高6,000mの死火山Uturuncuを中心に径70kmの円状地域が年1-2僂龍丹枦な速さで20年以上隆起している。http: //news.discovery.com/earth/zombie-volcano-or-new-supervolcano-in-bolivia-111103.html#mkcpgn=rssnws1

2011/11/5 カ ナダでCO2地中貯留(CCS)スタンダードの公開レビュー< /font> http://www.ipac-co2.com/component/content/article/97

2011/11/5 火星生命が存在するのはやはり地下か NASAの粘土鉱物研究によれば、火星の地下には長期にわたり水があったが、地上には液体の水があったのはごく短期だっ た。http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2011-337&rn= news.xml&rst=3186

2011/11/3 ベ ルギーも脱原発、2025年までに原子力発電所を全廃する。http: //www.enn.com/top_stories/article/43502

2011/10/9 ア イスランドで巨大噴火危機、氷河の下のKatlaカルデラ火山で群発地震。http: //en.vedur.is/about-imo/news/2011/nr/2360

2011/10/5 目 立ったキャンセルに拘らずCO2回 収・貯留(CCS)は着実に前進している(グローバルCCSインスティチュート報告)。 http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=carbon-capture-and-storage-projects-make-measured-progress

2011/10/5 燃料電池が石炭火力発電所CO2回 収の回答?溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)によるCO2濃縮を利用。 http://www.reuters.com/article/2011/10/04/idUS184611930620111004

2011/10/1 2011/11/3 ベ ルギーも脱原発、2025年までに原子力発電所を全廃する。http: //www.enn.com/top_stories/article/43502

" size="3">追い詰められるCO2回 収・貯留(CCS)
、再生可能エネルギー・ブームによりCCSが追い出され、実 証が困難になる (Nature Climate Change)。 http://www.nature.com/nclimate/journal/v1/n7/full/nclimate1231.html

2011/9/30 オ イルシェールから石油・ガスを抽出し発電とCO2地中貯留 を同時に実現する“electricity production with in situ carbon capture” (EPICC) ACS'journal Energy & Fuels. http://www.bizjournals.com/houston/blog/2011/09/a-gas-explosion-using-carbon-dioxide.html

2011/9/30 クリーンコール:米政府の躊躇により職と金を失っている。CO2回 収・貯留(CCS)は高価だが、将来の正しい石炭火力発電に必須。 http://www.thefiscaltimes.com/Articles/2011/09/29/Clean-Coal-Lost-Jobs-Wasted-Money-as-Feds-Dither.aspx#page1

2011/9/30 クリーンコールは再生可能エネルギーへの橋渡し、経済的で環境にも良い  http: //www.pointcarbon.com/news/1.1584048

2011/9/24 中 国がCO2回収・貯留(CCS)投資を倍増 すると共に、火力発電所の2012年から排出基準を厳しくする。 http://www.businessgreen.com/bg/news/2111207/china-banks-tighter-emissions-standards-ccs-cut-emissions

2011/9/22 中国大唐集団(電力)とAlstomがCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト、 黒竜江省大慶と山東省東営の石炭火力発電所。http://www.bloomberg.com/news/2011-09-21/alstom- datang-to-build-trial-carbon-capture-projects-in-china.html

2011/9/22 韓国がCO2回収・貯留(CCS)に1億5千万ドル投資 http: //www.pointcarbon.com/news/1.1584048

2011/9/22 産 業CO2回収・貯留(CCS)により2050年40億トンのCO2排出削減 が可能、CCS技術行程表を発表(国際エネルギー機関IEA)。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=2077

2011/9/19 CO2回収・貯留(CCS)装置付き石炭ガス化複合発電(IGCC)の効率1割向上、 日立が新触媒(電気新聞)http: //www.shimbun.denki.or.jp/news/industry/20110914_01.html

2011/9/16 表 面に液体状の水が存在しうるーつまり生命の存在する可能性のある太陽系外惑星が見つかった?http: //news.sciencemag.org/sciencenow/2011/09/super-earth-found-in-habitable-z.html

2011/9/16 人 工火山による温暖化防止ジオエンジニアリング実験が、英国ノーフォークの飛行場跡で行われる。巨大な風船から硫酸塩を大 気中に散布して地球を冷やす。 http://www.ibtimes.com/articles/214242/20110915/artificial-volcano-balloon-spice-global-warming.htm

2011/9/15 世界最古のCO2貯留実験:米国チェサピーク湾の塩生湿地 でCO2濃度を変えて植物の生育への影響を調べる実験が行われている。 http://www.earthtechling.com/2011/09/the-worlds-oldest-carbon-experiment-energynow-presents/

2011/9/15 CO2回 収・リサイクル(CCR)産業概説報告書:CO2を 原料として用いる新産業技術。http: //www.prizecapital.net/Prize_Capital/Home/Entries/2011/9/13_Prize_Capital_Releases_Report_Profiling_135_Different_Carbon_Capture_and_Recycling_Entities.html

2011/9/14 天 然CO2湧出の研究からCO2地中貯留(CCS)のリスクは低いこ とがわかる。http://arstechnica.com/science/news/2011/09/natural-co2-seeps- suggest-carbon-storage-is-low-risk.ars イタリアのガス湧出地 http: //googas.ov.ingv.it/

2011/9/14 CO2回収・貯留(CCS)抜きなら50-60%温暖化防止コストが高くなる:CCS にもっと多くの公的支援が必要(米フォーリン・アフェア誌)http: //www.foreignaffairs.com/articles/68256/s-julio-friedmann/carbon-capture-and-green-technology

2011/9/13 テ キサスは記録上最も暑く乾燥した夏だった(NOAA):テキサス州を中心に米国南部は大干ばつと山火事多発で大被害、全 米でも記録上2番目に暑い夏だった。http: //www.sciencedaily.com/releases/2011/09/110910134446.htm

2011/9/12 CO2回 収・地中貯留(CCS)をクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトに!アブダビで33ヶ国91人が参加2011/9/7-8 CCS-CDM国連ワークショップ"Technical Workshop on Modalities and Procedures for CCS in Geological Formations as CDM Project Activities" http://gulftoday.ae/portal/af0f6cc5-2253-4d6c-8108-74ece62dca24.aspx?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

2011/9/11 CO2回収・貯留付き石炭ガス化複合発電(IGCC-CCS)先端技術開発6プロジェクトに1 千4百万ドル、米エネルギー省。http://energy.gov/articles/secretary-chu-announces-14- million-six-new-projects-advance-igcc-technology

2011/9/10 大 気CO2直接吸収の実用化に今取り組むべき:CO2削減に効果があるのは 世界大不況くらいという状況を打開するジオエンジニアリング技術が期待される。 http://www.greenbiz.com/blog/2011/09/09/sucking-co2-air-climate-solution-crazy-enough-work

2011/9/10 ニュー ヨーク市近郊でCO2地中貯留適層調査進行中 、コロンビア大学ラモント研究所が、2.3億年前の溶岩固結層へボーリング掘削中。CO2排出源に近いのが利点。http: //blogs.ei.columbia.edu/2011/09/09/drilling-for-carbon-eating-rocks-in-suburban-new-york/

2011/9/7-8 クリーン開発メカニズム(CDM)としてのCO2回収・地中貯留(CCS)国連ワークショッ プ"Technical Workshop on Modalities and Procedures for CCS in Geological Formations as CDM Project Activities"がアブダビで開催される。低炭素未来世界に必須。 http://www.ameinfo.com/274150.html

2011/9/7 海底下の岩中に潜む微生物:火成岩質の海洋地殻の微生物研究は科学の最前線である (ネーチャー・レビュー)。地球最大の帯水層はCO2貯留サイトとしても期待される。 http://www.nature.com/nrmicro/journal/vaop/ncurrent/abs/nrmicro2647.html

2011/9/6 Global CCS Institute(GCCSI)日本事務所開設、アジア初、CO2回収・貯留 (CCS)とク リーンコール技術で日豪協力。 http://www.theaustralian.com.au/business/economics/japanese-co-operate-on-carbon-capture-in-tokyo/story-e6frg926-1226130062785

2011/9/6 テキサス炎上-各地で山火事被害、干ばつと低気圧の強風-地球温暖化の影響大。 http://edition.cnn.com/2011/US/09/05/texas.fires/index.html

2011/9/3 天 然ガス資源海外権益獲得へ民間を支援、経済産業省、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)。原子力発電所の運 転停止にともなう火力発電向け液化天然ガス(LNG)の需要増加に対応する。 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110901_01.html

2011/9/3 小規模地熱バイナリー発電(温泉発電)設備の実証試験を開始、九州電力山川地熱発 電所(鹿児島県指宿市)。全国各地で多様な地熱開発を広げられる可能性がある。離島などでも可能。 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110831_01.html

2011/9/3 「テ キサス干ばつ」:猛暑に終わりが見えない。ハリケーンも救いにならなかった。米国南部の干ばつは来年まで続くかも。 http: //www.reuters.com/article/2011/09/01/us-drought-usa-idUSTRE7805CT20110901

2011/9/2 南 ア大統領とノルウェー国王がCO2回収・貯留(CCS)開発協力話し合い、CCSを信頼性の高い 温暖化対策に育てるのは国や産業の責務。http://www.skipsrevyen.no/nyheter/136035.html

2011/9/2 ロッテルダムCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトから最初のナレッジ・シェアリン グ・レポート"CO2 capture technology selection methodology"が公開された。オランダ"ROAD"プロジェクトから続けて計7冊のナレッジ・シェアリング・レポートが公開される。 http://www.bellona.org/news/news_2011/First_knowledge_sharing_report_from_Rotterdam_CCS_project

2011/9/1 カ ナダでCO2漏洩の有無を国際チームが検証中、土壌からは天然にCO2が 多量に湧出しているので、CO2地中貯留からの人工CO2湧出があるか第三者検証を実施 http://www.leaderpost.com/news/International+research+teams+looking+carbon+fingerprints+Kerr+farm/5336109/story.html

2011/9/1 石 油を大増産しながらCO2貯留実現、近混相 CO2原油増進回収法(CO2EOR) によりカンサス州老朽油田で5億バーレル増産できる(米エネルギー省)http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11050-_Study_Confirms_CO2_Injection_Feas.html

2011/9/1 回 収CO2で藻類を養殖するバイオ燃料CCS(CO2回収・貯留)は 2030年千億ドル産業になる。カナダ東部ニューブ ランズウィックに沖合藻類養殖場。http: //telegraphjournal.canadaeast.com/front/article/1435875

2011/8/31 CO2貯 留(CCS)+地熱複合技術、CO2を吸収しつつ、エネルギーを安定供給でき、低コストで安全。 http://news.thomasnet.com/green_clean/2011/08/30/combining-carbon-capture-and-sequestration-with-geothermal-energy/

2011/8/30 日 本を救うか、石炭ガス化複合発電(IGCC)、発電効率50%以上も可能?日本のエネルギーは自然エネルギーを補助に、 主力としては火力発電。http://www.47news.jp/47topics/premium/e/219349.php

2011/8/30 温暖化対策:地球を冷やす荒業(ジオエンジニアリング)も台頭、世界は日本の想像 力を越えて、したたかに動いている。新政権を待ちかまえるCOP17のハードルは高い(産経)。http: //www.sankeibiz.jp/macro/news/110830/mca1108300504012-n1.htm

2011/8/29 震源を掘るー地震の力学を理解するため、米国カリフォルニア州のサンアンドレアス 断層。http: //www.nsf.gov/news/special_reports/science_nation/earthquakes.jsp?WT.mc_id=USNSF_58

2011/8/28 地 下玄武岩中にCO2水(人工炭酸水)を注入して化学貯留する 国際"CarbFix" 実験がア イスランド最大のHellisheidi地熱発電所で始まる。 人工炭酸水が玄武岩中で化学反応して、石灰石に変わり地下に永久的に固定される。海洋底に膨大に広がる海洋玄武岩層を利用できる。http: //www.ajc.com/news/nation-world/that-co2-warming-the-1149575.html

2011/8/27 米政府監査院(GAO)気候工学(ジオエンジニアリング)報告書"Climate Engineering: Technical Status, Future Directions, and Potential Responses,GAO-11-71 July 28,2011"、地球温暖化に対するため緊急に研究開発すべきであるが、リスクもあるので安全性に配慮しなければならない。http: //www.gao.gov/products/GAO-11-71

2011/8/26 巨 大な地下のアマゾン川発見アマゾン川の地下4kmの深さに地下のアマゾン川が流れている。川幅は200km-400km もあるが、流速は極めて遅い。http://news.mongabay.com/2011/0826-amazon_hamza_river.html

2011/8/26 先 進CO2回収技術開発16プロジェクトに4千万ドル投資(米エネルギー省)。石炭火力発電の燃焼 後排ガスからCO2を低コストで分離・回収する。http://energy.gov/articles/department- energy-announces-41-million-investment-carbon-capture-development

2011/8/25 CO2回収・貯留(CCS)教育センターを米国イリノイ州デケーターのリッチランド・コ ミュニティ・カレッジ に建設開始した。同じくデケーターに着工した大規模バイオ燃料CO2回 収・貯留(CCS)施設と連携し、モニタリングなどを実施する。米国エネルギー省の資金による。http: //will.illinois.edu/news/spotstory/carbon-sequestration-center-opens-on-richland-campus/

2011/8/25 初 の大規模バイオ燃料CO2回収・貯留(CCS)施設着工-間接的に大気からCO2吸収100万トン /年 、米国イリノイ州デケーター:トウモロコシからエタノールを生産する際に生じるCO2年100 万 トンを深さ2000mの塩水帯水層に貯留する。バイオ燃料の生産及び燃焼によって大気中に排出されるCO2の炭素は、もともとは植 物が大気中から吸収したCO2の炭素で あるため、バイオ燃料生産によるCO2を回収して地中に貯留すれば、間接的には大気からCO2を吸収して大 気CO2濃度低減に貢献したことになる。バイオ燃料生産の過程で化石燃料や電気を使用した分を割り引いても、年100万トン近い大 量の大気CO2純吸 収になる。 http://energy.gov/articles/energy-department-applauds-nation-s-first-large-scale-industrial-carbon-capture-and-storage

2011/8/25
CO2貯留研究会2011/9/28開催 「低 炭素社会とCCS に関する研究開発の進展」資源・素材学会秋季大会(大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)  http://www.mmij2011.net/?p=16

2011/8/25
第4 回CO2回収・貯留(CCS)フォーラム2011/9/16開催 「CCSの実現に向けた持続可能性と安全性」、東京大学 工学部武田先端知ビル5階武田ホール。http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/event/sympo110916top.html

2011/8/25 CO2シャ トル船輸送方式の海 底CO2地中貯留(CCS) http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20110824_03.html
開催日2011/9/15 CO2船舶輸送方式によるCCSワークショップ、東京大学 工学部2号館、212教室。http://www.frcer.t.u- tokyo.ac.jp/event/sympo110916top.html


2011/8/25 新 固体吸収剤によるCO2回収(CCS)技術をアブダビのマスダール と米国エネルギー省とRTI Internationalとペンシルバニア州立大が共同開発する。http: //www.albawaba.com/business/pr/masdar-rti-and-us-department-energy-partner-revolutionary-ccs-research-project-389593

2011/8/24 カ ナダの石炭火力発電所CO2排出規制導入によりCO2回収・貯留(CCS)技術開発に拍車! カナダ政府は、2015年から石炭火力発電所に天然ガス火力並みのCO2排出量に抑制することを 求めている。CCSを導入しなければ実現できないレベル。http://www.leaderpost.com/technology/regs+ give+boost+research/5292129/story.html

2011/8/24 現地時間23日午後2時ごろ米国首都ワシントンD.C.市の近くでM5.8の地震。 震源に近いNorth Anna原発は緊急停止、外部電源は失われ、予備のディーゼル発電機で冷却しているが、発電機4基のうち1基は故障した。放射能漏れの報告はない。予算削 減のため原発から地震計が取り外されていたことが問題になっている。ワ シントン記念塔の頂部にキレツ、大聖堂に被害、死者・重傷者なし。ペンタゴンで出水、ホワイトハウスでも避難。ウォールストリートでも地震騒ぎにな り、ニューヨーク市など東海岸一帯で広く震動が感じられた。カナダのトロントでも感じたという。震源はバージニア州リッチモンドとシャーロッツビルの中間 付近のMineralで、震源深さ6kmとごく浅い。Mineralは昔の金山町で、最盛期には15もの金鉱があったが、今は人口約400人で、ゴースト タウン状態。米国東部での強い地震は珍しい。(小出意見:地震断層が地表に生じている可能性があるので調査が 必要)http: //news.blogs.cnn.com/2011/08/23/quake-hits-near-washington-d-c/

2011/8/23 永 久凍土融解により今世紀中にCO2大量排出が起き 、地球温暖化が爆発的に進行する。新しいコンピューターモデルにより予測(ローレンス・バークレイ研究所、米科学アカデ ミー紀要)http://newscenter.lbl.gov/news-releases/2011/08/22/permafrost/

2011/8/22 高 効率の褐炭ガス化+CO2回収・貯留(CCS)新技術をオーストラリアで 商業化するプロジェクトを新日鉄エンジニアリング等の日本グループが進めている。ほとんど未利用の褐炭をガス化して輸入 する環境にやさしいシステムを構築すれば、巨大なエネルギー源を確保できる。http: //www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E3E2E29AE78DE3E2E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB

2011/8/22 千年に1度の巨大地震の世紀到来?三陸ではM9級超巨大地震+巨大津波が約千年ご とに 6回も襲い、北海道や東海・西日本でも連動型超巨大地震+巨大津波の痕跡が見つかっている。9世紀と同様な巨大地震頻発が心配な状況。 http://news.so-net.ne.jp/article/detail/613747/
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E2E2E0E78DE0E2E2EAE0E2E3E39180EAE2E2E2
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110803-00000506-san-soci

2011/8/21 海 底CO2回収・地中貯留(CCS)計画の環境影響評価(アセスメント)指針を来年日本の環境省が 作成する。強力なCO2排出削減技術として世界的に開発が進められているCO2回 収・地中貯留(CCS)の指針を整備する。(日本経済新聞)http: //www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E3EBE2E39D8DE0E2E2EAE0E2E3E39F9FEAE2E2E2

2011/8/20 CO2回 収・貯留(CCS)により安全にCO2排出削減す るための新トレーニングコースを英国エネルギー研究所が開設する。 http://www.energyinst.org/media-relations/media-centre/146

2011/8/19 オ イルサンドCO2排出を削減するカナダ初のQuestCO2回 収・地中貯留(CCS)プロジェクトの3分の2の費用を政府が負担する。年120万トンのCO2を アルバータ州の塩水帯水層に貯留する。http: //news.nationalgeographic.com/news/energy/2011/08/110818-quest-carbon-capture-canada-oil-sands/

2011/8/18 ブルガリアがCO2回収・地中貯留(CCS)を火力発電所等で実施す るための法律を、EUによる約80万ユーロの罰金を避けるために施行する。 http://www.sofiaecho.com/2011/08/18/1141393_bulgaria-to-draft-carbon-emissions-bill-to-escape-777-000-euro-fine

2011/8/17 石炭火力発電所からの先進的CO2回収システム開発4プロ ジェクトに米国エネルギー省が約7千万ドル投資し、回収コストを低減する。 http://www.netl.doe.gov/publications/press/2011/110815_projects_aimed_at_advancing%20.html

2011/8/16 CO2回 収・地中貯留(CCS)認証オンラインコースを開設 (アメリカ石油地質協会AAPG)http: //www.aapg.org/education/online/details.cfm?ID=223

2011/8/16 廃熱を利用してCO2回収(CCS)をする技術を開発する (米国ケンタッキー大学)。http://www.wfpl.org/2011/08/15/federal-grant-goes-to-carbon -capture-research-at-the-university-of-kentucky/

2011/8/15 「エ ネルギー・環境制約への挑戦」のため新長期研究開発国家プロジェクトを立ち上げへ、経済産業省の産業構造審議会研究開発 小委員 会。護送船団方式でなく産学官連携の「強者連合」がプロジェクトを実施する。http: //www.meti.go.jp/press/2011/08/20110815001/20110815001-2.pdf

2011/8/14 カ ナダ・アルバータ州で初の商業規模CO2地中貯留プロジェクトの認可申請 、Fort Saskatchewan北西のシェル社Scotford Upgrader から80kmのCO2パ イプラインでThornhildの北に運び、CO2地中貯留をする。http: //www.journalofcommerce.com/article/id46201

2011/8/13 米国ユタ州でCO2地中貯留が現場実施フェーズに、米国南 西部地域CO2貯留パートナーシップのGordon Creekプロジェクトは、塩水帯水層貯留の有効性を実証するため、年百万トン規模のCO2地中貯留を目指している。http: //www.nmt.edu/nmt-news/336-2011/4194-carbon-sequestration-pilot-project-enters-phase-iii

2011/8/13 深 地下科学技術実験施設(DUSEL)を米国サウスダコタ州の鉛鉱山跡に建設提案 、ダークマターやニュートリノなど最先端の実験を行う。http: //www8.nationalacademies.org/onpinews/newsitem.aspx?RecordID=13204

2011/8/12 テキサス大干ばつ:百年来の大干ばつ・熱波が米国南部から中西部コーンベルトに広 がって いる。テキサスのトウモロコシ収穫が半分に?穀物や畜産への影響が懸念される。http: //www.reuters.com/article/2011/08/11/us-drought- idUSTRE77A3P120110811?feedType=RSS&feedName=topNews&dlvrit=59363

2011/8/12 NASA:生命の設計図DNAの基になる分子を隕石中に発見、 隕石や彗星の衝突が生命の発生を促した可能性が高くなった。地球や火星だけでなく、従来考えられていた以上に、宇宙に生命が発生しやすいことも明らかに なった。http://www.nasa.gov/topics/solarsystem/features/dna-meteorites.html

2011/8/10 米 国ワイオミング州でCO2地中貯留調査井が目標深度4km に近づいている。ワイオミングCO2地中貯留プロジェクト(WY-CUSP)は Sweetwater郡のRock Springs隆起構造の深部帯水層への CO2地中貯留可能性を調査しているが、ウェストバージニア州でのアメリカ電力社(AEP)のCO2回収・ 貯留(CCS)計画の中断を受け、米国のエネルギー政策の行方を左右するものとして、注目を集めている。http: //solveclimatenews.com/news/20110808/tests-begin-wyoming-carbon-capture-storage-ccs-challenges-loom-large

2011/8/10 カリフォルニア沖海底に巨大な天然のCO2貯留場発見、海 洋の 植物プランクトンが CO2を吸収して、死がいが沈降し、海底の堆積物中に取り込まれると、数十万年以上貯留される( Deep-Sea Research 誌)。http://blogs.kqed.org/climatewatch/2011/08/09/natural-carbon-storage- off-the-california-coast/

2011/8/10 誘発地震の懸念のため、ヨーロッパ最大のガス地下貯蔵計画の一時差し止めをオラン ダ裁判所が命じた。アムステルダムの北40kmのBergermeer ガス地下貯蔵プロジェクトは、地下の枯渇天然ガス貯留層に41億立方メートルのガスを貯蔵する計画であるが、当初予定の2014年貯蔵開始は無理になっ た。 CO2地中貯留(CCS)への影響が懸念されている。http: //www.businessgreen.com/bg/news/2100206/dutch-gas-protests-unlikely-derail-uk-carbon-capture-plans

2011/8/9 CO2地 熱発電:超 臨界CO2を地下注入し発電とCO2地中貯留(CCS)を両立、米国ミシ シッ ピー州Cranfieldで、深さ3km温度120度の堆積層にCO2を注入して、CO2を媒体に地熱を抽 出し発電を行うと共に、CO2の一部は地下に固定される。CO2地 中貯留のコストを下げる。http://newscenter.lbl.gov/feature- stories/2011/08/08/geothermal-co2/

2011/8/8 カナダのアルバータ州が2件のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに10億ドル以上出資、 石炭地下ガス化とCO2原油増進回収を行う Swan Hills Synfuels プロジェクトとシェル社の Quest CCSプロジェクト。 http://www.energyefficiencynews.com/power-generation/i/4397/

2011/8/5 CO2地 中貯留を有害廃棄物地下注入規制から免除する方針 を米国環境保護庁が打ち出した。CO2回収・貯留(CCS)を促進するため。http: //www.epa.gov/epawaste/nonhaz/industrial/geo-sequester/index.htm

2011/8/5 火星生命の可能性高まる?火星に川がある!NASAによると季節的に塩水の流れる 数百メートルの川らしき黒 い筋がいくつもある( http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110805/k10014711681000.html)。(小出意見)地下水 が確実に存在するので、火星の地下には嫌気性の微生物が生存できる。 CO2もあるのでメタン生成菌(古細菌)発生可能?火星にはメタンが地下から湧出している 地域も見つ かっている。今のままの火星では人間は生存できませんが、人間の小さな大先祖メタン生成菌なら快適に生きられます。それだけに地球から微生物を持ち込まな いように注 意が必要。すでに“密航者”がいるかも。地球生命が火星起源なら“里帰り”だけど。

2011/8/4 巨 大なCO2排出削減能力:バイオマス+CCS複合技術は世界のCO2排出 量の 3分の1近い毎年約100億トンのCO2吸収能力ーすなわちCO2排出削減能力を2050年までに 持て る (IEA GHG ProgrammeとEcofys)。 http://www.ecofys.com/com/news/pressreleases2010/IEAGreenhouseGasRDProgramme.htm

2011/8/4 これからの安価なエネルギー源:石炭地下ガス化+CCS、CO2排 出抑制にCO2回収・貯留(CCS)を組み合わせる必要がある。 http://www.businessinsider.com/the-future-of-cheap-energy-underground-coal-gasification-2011-8

2011/8/3 CO2回収・貯留(CCS)は夢物語か?未来へのカギか?世 界で毎年300億トンのCO2が排出され、その半分は石炭からである。NOxとSOxの回収が当然になっているようにCO2回 収も当然になる? http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=carbon-capture -pipe-dream-or-key-to-2011-08

2011/8/2 CO2回 収・貯留(CCS)は2025年までに商業化可能だ が、その実現には強力な推進政策が必要。ヨーロッパの新しいCCSコスト報告書 “The Cost of CO2 Capture, Transport and Storage,”by European Technology Platform on Zero Emission Fossil Fuel Power Plants (ZEP)。 http://www.bellona.org/articles/articles_2011/new_zep
http://www.zeroemissionsplatform.eu/library/publication/168-zep-cost-report-storage.html

2011/7/30 使用済み核燃料の貯蔵と処分の新しい仕組みが必要、核廃棄物の貯蔵・処分・核燃料 サイクルの在り方を議論していたアメリカ原子力の未来委員会 Blue Ribbon Commission on America’s Nuclear Futureの報告案が出そろった。http://brc.gov/

2011/7/29 世界CO2回収・貯留(CCS)開発基金が必要:中国気候変動相が 強調した。開発途上国のCCS技術開発を促進するため。中国にCCSは必須。http://www.ecoseed.org/business- article-list/article/1-business/10583-chinese-minister-stresses-need-for-global-c-c-s-fund

2011/7/28 加アルバータ州で深部石炭ガス化ーCO2原油増進回収(coal -to-gas-EOR)プロジェクト:深さ1.4kmの深部非可採石炭層を熱と蒸気でガス化して合成ガスを生 産し、300メガワットの発電をすると共に、130万トンの CO2を分離・回収して付近の老朽油田に注入し、1億バーレルの原油を増産する。 http://www.canadianbusiness.com/article/36406--alberta-signs-third-carbon-capture-deal-with-coal-to-gas-project

2011/7/28 ルーマニアは2013年から年150万トンのCO2回 収・貯留を開始するため"Getica CCS"プロジェクトの準備が進んでいる。ルーマニアのCO2地 中貯留ポテンシャルは220億トンで、内180億トンの能力がある塩水帯水層に貯留する。 http://www.actmedia.eu/2011/07/28/top+story/ispe+manager%3A+romania+identifies+22+giga+tonnes+co2+storage+potential/34896

2011/7/27 米 国モンタナ州でCO2地中貯留の安全性現場実験、 Big Sky Carbon Sequestration Partnershipによりモンタナ州立大などがSunburst付近の天然 CO2貯留層から百万トンのCO2を回収して、パイプラインで10km離れた地層に再圧入する。天然CO2貯 留の仕組みも研究する。http: //www.therepublic.com/view/story/5b881e76dbfe4454ae9972d49060027a/MT--Carbon-Dioxide-Storage/

2011/7/26 CO2回収・利用(CCU)報告書。 http://www.policyinnovations.org/ideas/policy_library/data/01612

2011/7/26 生物大量絶滅の主犯はメタンハイドレート分解による急激な地球温暖化?火山からの CO2排 出が地球温暖化を招き、海水温が上昇、海底のメタンハイドレートが分解し、メタンを大量放出し、急激な温暖化で生物を大量絶滅させた。2億年前の大量絶滅 や恐竜を絶滅させた中生代末の大量絶滅の主犯だった?(Science誌) http://www.bitsofscience.org/mass-extinction-methane-clathrates-triassic-2300/

2011/7/25 英 国の豊富な石炭層はメタンを産出し、CO2貯留(CCS)にも利用でき、北海油田衰退を補う。英 国のシェールガス試掘は付近で地震が発生したため、中止された。 http://www.telegraph.co.uk/finance/commodities/8658228/Coal-bed-methane-could-help-keep-lights-on.html

2011/7/25 日本近海のメタンハイドレートから天然ガス産出実験へ、 南海トラフ東部で今年度末 から掘削着手(日経) http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2EAE2E3838DE0E6E2E5E0E2E3E39F9FEAE2E2E2;at=DGXZZO0195579008122009000000

2011/7/24 原発安全のために規制当局と電力企業があらゆることをしているという信頼を人々が 持てなければ、原子力の未来はない(ニューヨークタイムズ) http://www.nytimes.com/2011/07/24/opinion/sunday/24sun1.html?_r=1&nl=todaysheadlines&emc=tha211

2011/7/23 米 国ワイオミング州ガス工場からモンタナ州油田へ200kmのCO2パイプライン建設が間もなく始 まる。ガス工場で大気に放出されていたCO2を石油増産に利用する。http: //www.wyomingbusinessreport.com/article.asp?id=58846

2011/7/22 CO2回収ー原油増進回収(CCS-EOR)の財政的促進と規制撤廃を 呼びかけ(全米公益事業規制委員協会NARUC)http: //www.pennenergy.com/index/petroleum/display/0570992321/articles/pennenergy/petroleum/exploration/2011/07/state-utility_regulators.html

2011/7/21 米国西南ヴァージニア州で地下石炭層にCO2注入実験(ヴァー ジニア工大)http: //www.greenfieldreporter.com/view/story/4157fc869a6940faa75d7069762b4955/VA--Carbon-Storage/

2011/7/21 米 国テキサスの実用クリーン石炭(CCS-IGCC)プロジェクトが石油生産会社にCO2を長期販売す る契約を結んだ。年250万トンのCO2を15年間テキサス州の石油生産地Permian Basinに供給し、原油増進回収に用いる。テキサス・クリーンエネルギー・プロジェクト(TCEP)は 主要3生産物(電力、尿素、CO2)の販売先を確保し、計画が大きく前進した。http: //www.mywesttexas.com/top_stories/article_8271ff0c-3304-5a30-97e9-577889a3f5fb.html

2011/7/21 議会の責任(ニューヨーク・タイムズ):米国最大の電力会社AEPがCO2回 収・貯留(CCS)プロジェクトを中断ー地球温暖化を防ぐために新技術や野心的なプロジェクトがもっと必要だが、国がもっとインセンティブを与えなければ 企業は投資しない。http: //www.nytimes.com/2011/07/20/opinion/20wed2.html?ref=opinion

2011/7/21 中国クリーンエネルギー研究所(華能国際電力)と米ローレンスリバモア研究所がCO2回 収・貯留(CCS)など共同研究、CCSや原油増進回収やシェールガス開発や電力技術で情報交換。http: //www.pleasantonweekly.com/news/show_story.php?id=7340

2011/7/20 12 億ドルBoundary Dam CO2回 収・貯留(CCS)実証プロジェクトとのコンサルティング契約でクリーンコールCOE(Centre of Excellence)が カナダ・サスカチュワン州レジャイナ市に創られる。http://www.vancouversun.com/technology/Clean+ Coal+Centre+Excellence+finds+home+Regina/5125876/story.html

2011/7/20 藻類と石炭火力発電所の“結婚” によりCO2回収して飼料やバイオ燃料にする。http: //www.triplepundit.com/2011/07/green-algae-meets-dirty-coal-carbon-capture/

2011/7/20 次世代CO2回 収技術開発に英エネルギー技術研究所(ETI)が4千万ドル投資へ。http: //www.bloomberg.com/news/2011-07-19/bp-backed-energy-group-spends-38-million-on-u-k-carbon-capture.html

2011/7/19 CO2貯 留井のリスク管理ガイドライン"The CO2WELLS guideline"(ノルウェーDNV)。昨年公開したCO2貯 留サイト選定・操業管理に関する"The CO2QUALSTORE guideline"の補完編。http: //www.dnv.com/industry/energy/segments/carbon_capture_storage/recommended_practice_guidelines/co2qualstore_co2wells/index.asp

2011/7/18 シェールガス水圧破砕に用いる添加化学物質の公表義務を 定め、天然ガス開発を促進するエネルギー法がテキサス州で成立した。天然ガス開発会社は、米環境保護庁による連邦飲用水規則による規制より、州による規制 を歓迎している。http://www.reuters.com/article/2011/07/15/us-usa-energy-texas- idUSTRE76E5TF20110715/#ixzz1SVS0II4V

2011/7/16 米AEP電力のCO2回 収・貯留計画中止は石炭企業や炭鉱夫をはじめウェストバージニア等の石炭州にショックを与えた。http: //www.nytimes.com/cwire/2011/07/15/15climatewire-aep-move-to-stop-carbon-capture-and-sequestr-83721.html

2011/7/15 CO2注 入による石油増産コストは通常の石油生産コストと同じくらい!米国ワイオミング州モンタナ州の経験。http: //billingsgazette.com/news/state-and-regional/wyoming/article_36936a51-e6bb-5bd9-a387-3cd38385343e.html

2011/7/15 ウェストバージニアの大規模CO2回 収・貯留は中止されたが、全米8件のCCS実証プロジェクトが進行中。ウェストバージニア州Mountaineer石炭 火力発電所の大規模CO2回 収・貯留(CCS)計画が一時中止されたが、フューチャージェン計画など様々なCCSプロジェクトを米国エネルギー省が支援している。http: //green.blogs.nytimes.com/2011/07/14/scattered-attempts-at-carbon-capture/

2011/7/14 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発に失敗すれば2千5百万トンCO2排出増になる(2050年オースト ラリア)。http://www.theaustralian.com.au/national-affairs/treasury-backs- carbon-capture/story-fn59niix-1226094215013

2011/7/14 韓 国環境省:先端CO2回 収・貯留(CCS)技術を導入す る(CCS環境国際フォーラム、ソウル、2011/7/5)http: //www.koreaittimes.com/story/15671/advanced-ccs-technology-be-introduced-greenhouse-gas-reduction

2011/7/13 ジオエンジニアリングと原子力と地球温暖化:神の役割を人間がするのは地球に良い ? http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/8631604/Geo- engineering-nuclear-power-and-climate-change-playing-God-is-good-for-the-planet.html

2011/7/12 原発事故で世界が科学技術の「影」の側面を再認識(科学技術白書)(読売)

2011/7/11 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発のためヨーロッパ3研究所が新研究連合Tri4CCS Alliance結成:ノルウェーのSINTEF、オランダのTNO、フランスのIFPENの3研究所を合わせると、CCS分野で450人の研究者が働 き、年約6千万ユーロの研究費を活用している。http://www.utilityweek.co.uk/news/news_story.asp? id=195637&title=European+institutes+form+new+CCS+alliance

2011/7/11 「気候工学ー新たな温暖化対策ジオエンジニアリング」(杉山昌広著)日刊工業新聞 社

2011/7/10 豪 首相「炭素に価格を付け、クリーン・エネルギーの未来を創造する」2012年7月よりオーストラリアが炭素税導入を計 画。 http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201107100032.html

2011/7/10 CO2注入により増産可能な石油・天然ガス資源量の評価法 開発、米地質調査所とスタンフォード大が共催したCO2原油増進回収法ワークショップの成果。http: //pubs.usgs.gov/fs/2011/3075/pdf/fs2011-3075.pdf

2011/7/9 現実に石炭をクリーンにする技術CCSなどの開発が急がれている。CO2回 収・貯留(CCS)実現には、CO2排出の価格付けやCCSコストの削減やリスク低減が必要(IEA)。http: //www.publicservice.co.uk/feature_story.asp?id=17014

2011/7/8 米 テキサス東南部にCO2“グ リーン・パイプライン”の140km側線が2013年末に完成するとテキサス州Conroe油田に年140万トンのCO2を 地下注入し、計1億バレル以上の石油を増産できる。Denbury Resources社の“グリーン・パイプライン”は2010年末完成したルイジアナ州からヒューストン市南を結ぶ500kmのCO2パ イプライン。http://www.yourhoustonnews.com/courier/news/article_6d52706f -373f-5c5d-991f-36540d3678a6.html

2011/7/7 ドイツ下院がCO2回収・貯留(CCS)実験EU資金への道を開く法 律を通過させる模様、脱原発を決めて1週間後の温暖化防止への施策になる。http: //www.reuters.com/article/2011/07/07/us-germany-coal-idUSTRE7663ZY20110707

2011/7/7 真 の商業ベース実用規模CO2回収プラント建設開始、米国テキサス州サンアントニオ市で Skyonic社がセメント工場排ガスから7万5千トンのCO2を回収し、重曹や塩酸などの化合物を生産して販売する。販売収入は 2013年末から。http://www.statesman.com/business/carbon-capture-technology- from-austins-skyonic-will-go-1590464.html

2011/7/6 CO2地中貯留(CCS)安全性検証のためのフィールド実験を 米国ルイジアナ州、カンサス州、アパラチアの地下石炭層の3地域で実施し、データを米国CO2貯留(CCS)データベース・地理情 報システム (NATCARB)で公開する(米エネルギー省)http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11032-DOE_Selects_CCS_Field_Projects.html

2011/7/5 東 芝がブルガリアでCO2回収・貯留(CCS)超臨界石炭火力発電調査:独立行政法人新エネル ギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」 http://www.toshiba.co.jp/about/press/2011_07/pr_j0501.htm

2011/7/5 石 炭ゼロ・エミッション化へ8大学石炭研究プログラムを選定(米エネルギー省)、プリンストン大等、CO2回 収のための計算・材料・センサー等を開発。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11031-DOE_Selects_University_Projects.html

2011/7/5 カナダでCO2回収・貯留(CCS)石炭火力発電所建設開始 、老朽化したサスカチュワン州Boundary Dam石炭火力発電所を建て直して、CO2とSOxを 回収できる150メガワット石炭火力発電所を建設する。http://www.carboncapturejournal.com

2011/7/4 温 泉により温暖化対策、温泉熱や温泉付随ガス(メタン)を利用することにより温室効果ガス削減(日本環境省)。http: //www.env.go.jp/press/press.php?serial=13961

2011/7/4 太平洋にレアアース巨大鉱床発見、東京大学加藤泰浩准教授と海洋研究開発機構など がネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表。http: //www.asahi.com/science/update/0703/TKY201107030411.html

2011/6/30 カ リフォルニア州マンモス山でCO2地中貯留(CCS)の安全性研 究:カリフォルニア大ロサンジェルス校の大学エネルギー持続性研究センター(CEaS)。火山は天然にCO2が 湧出しているので、CO2地 中貯留の安全性研究に好適。 http://www.environmental-expert.com/news/csula-researchers -study-the-effects-of-planting-carbon-underground-244840

2011/6/29 CCSバンドワゴンにセメントも鉄もアルミニウム産業も乗らなければならない!CO2回 収で、ハイデルベルグ・セメント・グループがアルストム社と協力。http://www.ecoseed.org/energy- efficiency/carbon-capture-and-storage/article/78-carbon-capture-and-storage/10252-alstom-ties-up-with-hiedelbergcement-for-c-c-s-technologies-study

2011/6/29 世界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトを一覧できる ウェブ・サイトNATCARB(米エネルギー省)が大改装された。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11029-Redesigned_NATCARB_Website_Launche.html
CO2貯留(CCS)データベース/地理情報 システムNational Carbon Sequestration Database and Geographic Information System (NATCARB) http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/natcarb/index.html

2011/6/27 世界をリードする英ヨークシャーCO2回収パイプライン計画 の詳細が発表される(National Grid)。ドンカスター付近のHatfield新設クリーンコール石炭火力発電所から年5百万トンのCO2を160km 長の地下パイプラインで東ヨークシャーを通り、北海に送り、原油増進回収に用いる。http://renewable-energy-sources- portal.com/green-energy/green-energy-yorkshire-pipeline-to-lead-world-in-green-energy/

2011/6/26 台 湾でCO2地中貯留(CCS)実施可能、2025年の排出を2000年レベルに留める政府目標を 達成するには、年9千万トンのCO2地中貯留(CCS)が必要 (National Science Council)。http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national- news/2011/06/26/307583/Local-geological.htm

2011/6/26 CO2地中貯留(CCS)安全管理プログラム(UIC)の全容 をウェブ公開(米環境保護庁)CO2地中貯留(CCS)井は叉蚓体地下注入井として安全管理ガ イダンスが示された。http: //water.epa.gov/type/groundwater/uic/class6/gsinformation.cfm

2011/6/25 北 海・ノルウェー海域でCO2地中貯留(CCS)サイト募集!ノルウェーMongstadからCO2を パイプラインで輸送して、海底下の地層に注入する(Ministry of Petroleum and Energy)。http: //www.pennenergy.com/index/petroleum/display/7576658965/articles/pennenergy/petroleum/offshore/2011/06/norway-invites_nomination.html

2011/6/25 カナダのCO2回収・貯留(CCS) Quest project(シェル社)に15年間9億ドルをアルバータ州とカナダ政府が供与する。アルバータ州はCO2回 収・貯留(CCS)に総額20億ドル投入し年5百万トンのCO2を削減する。http: //www.bloomberg.com/news/2011-06-24/shell-gets-876-million-for-canadian-carbon-capture-project.html

2011/6/25 エネルギー大転換へ米エネルギー省が地熱開発5 州8プロジェクトに千万ドル投資。国際エネルギー機関(IEA)は政策インセンティブにより2050年までに地熱エネルギーを3%以上にできるとしてい る。http://www.upi.com/Business_News/Energy-Resources/2011/06/24/US- funding-geothermal-energy/UPI-77771308923481/

2011/6/23 CO2回 収・貯留(CCS)なしには中国の生長は持続可能ではない!石炭火力発電に依存しているため(駐中国オーストラリア大 使)。http://sl.farmonline.com.au/news/nationalrural/agribusiness-and- general/general/ambassador-sees-carboncapture-opportunity-in-china/2204432.aspx

2011/6/23 衛星地球観測によるCO2回 収・貯留(CCS)施設モニタリング技術開発(ヨーロッパ宇宙局)。http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=804

2011/6/22 原発が新設されなければ、ガス火力発電所の95%にCO2回収・貯留(CCS)付設が 必要。http://www.telegraph.co.uk/earth/earthnews/8589290/New-dash-for-gas- will-cost-consumers.html

2011/6/20-22 ジオエンジニアリング(地球工学)エキスパート会議(気候変動政府間パネルIPCC)リ マ、ペルー。地球温暖化防止ー暗礁に乗り上げた多国間話し合いより、地球規模技術ジオエンジニアリングの研究・実施へ。http://www.ipcc- wg3.de/meetings/expert-meetings-and-workshops/em-geoengineering  http: //www.guardian.co.uk/environment/interactive/2011/jun/15/ipcc-geo-engineering

2011/6/18 CO2回収・貯留(CCS)白書/米国石油技術者協会(SPE)“技 術的課題は克服できるが、CCSが温室効果ガス排出削減に役立つか決めるのは法制度である”。http: //www.spe.org/tech/2011/06/carbon- capture-and-sequestration/

2011/6/18 カナダ・アルバータ州のシェール・ガスとCO2回収・貯留(CCS)新 ガイド、ガス時代の到来によりシェール・ガスが注目されているが、温室効果ガス排出抑制に、シェール・ガス向けのCO2回収・貯留 (CCS)技術開発が必要。http://greenparty.ca/issues/alberta-oil-sands

2011/6/17 サ ウジアラビアがCO2地中貯留研究者募集、世界最大のガ ワール超巨大油田等でCO2地中貯留を計画している(Saudi Aramco)。http://www.worldwideworker.com/job-details/CO2-Storage- Sequestration-Researcher/Saudi-Aramco/Middle-East/?job=140881&org=all-energy-jobs-oil-and-gas-jobs

2011/6/17 新しいCO2貯留ー原油増進回収法:ガス重力原油排出(GAGD)攻法が 有望。http: //www.spe.org/twa/print/archives/2011/2011v7n2/09Academia_TWA_v7n2.pdf

2011/6/17 火山からのCO2排出は人為的排出の100分の1程度でしかない。 火山からのCO2排出は年平均1から5億トンの間、http: //www.agu.org/news/press/pr_archives/2011/2011-22.shtml

2011/6/16 ス コットランドで陸域CO2幹線パイプライン構想 :既存の天然ガスパイプラインを転用し、Longannet石炭火力発電所から年200万トンのCO2を260km 陸域パイプラインでPeterhead付近に運び、北海海底下にCO2地中貯留する。http: //www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-tayside-central-13739552

2011/6/15 CO2回収・貯留(CCS)は経済的競争力がある(Alstom 社)。石炭火力発電からのCO2回収・貯留(CCS)コストはトン当たり6千円くらいで、2030年には4千円くらいになる。 2035年でも世界の発電の半分以上を化石燃料に頼り、2050年にはCO2排出削減の20%をCO2回 収・貯留(CCS)が受け持つ。http://www.bloomberg.com/news/2011-06-14/alstom-says- carbon-capture-and-storage-cost-will-be-competitive.html

2011/6/14 三 菱重工が米国で石炭発電CO2回収大型実証試験開始 :500トン/日規模(発電量2万5,000kW相当)、米国発電大手サザンカンパニーと共同でアラバマ州のバリー (Barry)石炭火力発電所内に建設。http://www.mhi.co.jp/news/story/1106145080.html

2011/6/14 低コストCO2回収へ化学ループ燃焼法(CLC)パイロット試験 "DemoCLOCK pilot project"をスペインのElcogas Puertollano火力発電所で実施する。http://www.gizmag.com/democlock-uses-clc-to- capture-co2/18900/

2011/6/13 CO2回収・貯 留(CCS)教育に年50万ドル:カナダ・アルバータ州。http: //www.calgaryherald.com/technology/campaign+educate+Albertans+about+carbon+capture/4935029/story.html

2011/6/13 CO2貯 留(CCS)コストが大気CO2濃度を抑制する鍵になる。http: //ideas.repec.org/p/kie/kieliw/1702.html

2011/6/13 ヨーロッパ脱原発へ決定的:原 発再開反対94% 、イタリア国民投票。

2011/6/13 大気からCO2を回収する“人工樹” 、ラックナー教授(米コロンビア大学)"The Academic Minute" http://www.insidehighered.com/audio/academic_pulse/synthetic_trees_and_carbon_capture

2011/6/12 オー ストラリア最初の実用CO2回収・貯留(CCS)へ5,200万ドル 、豪連邦政府。オーストラリア南西部パース市南のCollie南西ハブ・プロジェクトの第一フェーズ。 http: //www.abc.net.au/pm/content/2011/s3241565.htm

2011/6/11 CO2地中貯留(CCS)からのCO2漏洩をナノパーティクル泡で留 めるーポリエチレン・グリコールでコーティングしたシリカ・ナノパーティクルによる泡が、岩石の割れ目をふさぎ、CO2漏 洩を留める。http://www.newscientist.com/article/mg21028164.500-nanofoam-could- plug-underground-co2-leaks.html?DCMP=OTC-rss&nsref=online-news

2011/6/9 地 熱技術革新に7千万ドル投入 :米エネルギー省。米国は地熱発電33ギガワット増の能力がある(米地質調査所USGS)。http: //www1.eere.energy.gov/geothermal/

2011/6/8 「CO2分 離・回収(CCS)技術の動向について」 エネルギー・資源学会第1回研究会(見学会併催)、場所:関西電力南港発電所、堺太陽光発電所。 TEL 06-6446-0537 FAX 06-6446-055 http://www.jser.gr.jp/

2011/6/7 米国西部におけるCO2地中貯留への法整備  Durrant, Marie Bradshaw and Reitze, Arnold W., Control of Geological Carbon Sequestration in the Western United States (May 1, 2011). Environmental Law Reporter, Vol. 41, No. 5, p. 10455, 2011. Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=1856571

2011/6/7 CO2プ リューム地熱システム(CPG) :CO2を熱媒体として、地下深部の地熱を抽出、CO2削減とエネルギー 回収を両立する。http://www.upi.com/Science_News/2011/06/06/Geothermal-energy- system-would-use-CO2/UPI-95431307408852/

2011/6/7 米国CO2回収センター(NCCC)が石炭火力発電からの燃焼後CO2回 収試験センター開設 アラバマ電力のGaston880MW超臨界微粉炭火力発電施設に併設される。http: //www.nationalcarboncapturecenter.com/index.html http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11024-NCCC_Launches_Post-Combustion_Test.html

2011/6/6 現 在のCO2排出速度は暁新世-始新世温暖化極大事件 (PETM)の10倍! 5千6百万年前の大地球温暖化事件よりずっと速い。http: //www.eurekalert.org/pub_releases/2011-06/ps-crt060311.php

2011/6/6 天然ガス黄金時代:原子力から天然ガスへ 、福島原発事故で原子力にブレーキ、2035年に天然ガス62%増、エネルギー需要37%増、国際エネルギー機関 (IEA)特別報告。"World Energy Outlook 2011 Special Report - Are We Entering a Golden Age of Gas?" http://www.iea.org/weo/docs/weo2011/WEO2011_GoldenAgeofGasReport.pdf

2011/6/6 CO2回 収・貯留(CCS)研究用の原子間力顕微鏡を開発 高圧100気圧・高温350Kで超臨界CO2と鉱物表面の反応を精密に観察できる。http: //www.crazyengineers.com/atomic-force-microscopes-get-tougher-440/

2011/6/4 回収したCO2は安全な殺虫剤として使える 。CO2は食品の殺虫に使っても安全で、最適。http: //www.guardian.co.uk/environment/2011/jun/03/captured-carbon-insecticide

2011/6/3 超苦鉄質鉱山尾鉱による自然CO2貯留 の反応輸送モデル。http: //www.goldschmidt2011.org/abstracts/originalPDFs/5227.pdf

2011/6/2 天 然ガス開発の環境問題が米国経済を左右する。”シェール・ガス大ラッシュ”ー水圧破砕による地下水汚染や誘発地震問題の 動向 が懸念される。http://newswatch.nationalgeographic.com/2011/06/02/natural-gas- environmental-impact-tied-to-economics/

2011/6/1 インドネシアDieng火山火口でCO2濃度が危険レベルに上昇ーCO2濃 度0.65%で、一酸化炭素も伴うため危険。Dieng火山では1979年にCO2火山ガス噴出により149人死亡。http: //www.thejakartaglobe.com/news/co2-hits-dangerous-level-at-mount-dieng/444349

2011/5/31 CO2回 収・貯留(CCS)の現状は、1980年代のSO2回収の状況に似ている。今では発電所でのSO2回 収はルーティンになっている。有力なモデルである。http://www.reportlinker.com/p0535950/The-Future- of-Carbon-Capture-and-Storage.html?utm_source=prnewswire&utm_medium=pr&utm_campaign=Industrial_Gases

2011/5/31 2010年世界CO2排出量(エネルギー起源)は306億トンに達し、最大記録になった。現 在建設中の発電所を加えれば、2020年目標の80%のCO2排出が既に確定している。気温上昇を2℃以内に抑制するのはますます 難しくなった(国際エネルギー機関IEA:"2010 World Energy Outlook")。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=1959

2011/5/31 原子力の克服は政治ではなく必然ークリーンコール(CO2回 収・貯留)か?原子力は安価と言われていたが、実際は高価だった。現代社会は安価な化石エネルギー中毒になっている。エネルギー問題の重大さに社会は気づ いていない。http://news.scotsman.com/politics/Analysis-Looking-beyond-nuclear- is.6777091.jp

2011/5/30 CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス排出削減に不可欠、商業実施は進まないが、豪オトウェイ盆地での地中貯留実験は成功。 エネルギー需要は強く、石炭をクリーンに利用する技術が必要である。http: //www.abc.net.au/rural/content/2011/s3230782.htm?site=perth

2011/5/30 気候変動は否定できなくなっているー今行動しなければならない(米科学アカデミー /学術研究会議NRC報告"America’s Climate Choices")。http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=12781

2011/5/28 シェール・オイルにより米国の石油産出が10年以内に25%増になる。テキサスの Eagle Ford頁岩などから水圧破砕による石油生産が盛んになっているため、地下水汚染の懸念もある。http: //www.nytimes.com/2011/05/28/business/energy-environment/28shale.html

2011/5/27 “不 思議な地下の国のCO2”アニメ動画、アリスの代わりにCO2が地下の国 で冒険するCO2地中貯留解説アニメ Center for Nanoscale Control of Geologic CO2 (NCGC)。http://blog.energy.gov/blog/2011/05/26/move-over-american-idol% E2%80%A6

2011/5/24 藻類CCS:石炭火力発電所の排ガスから微細藻類によりCO2を 吸収し、バイオ燃料やプラスチックスを生産する。http://www.zero10.no/innleggene/Bio- CCS_Marius.pdf

2011/5/24 米 国はCO2を削減しつつ原油生産を増やせる(CO2-EOR):MITと テキサス大のシンポジウム報告"Role of Enhanced Oil Recovery in Accelerating the Deployment of Carbon Capture and Sequestration," http://web.mit.edu/mitei/docs/reports/eor-css/110510_EOR_Report.pdf

2011/5/24 地球温暖化防止に今後10年が重要オーストラリア報告"Critical Decade report"。CO2貯留は有効だが、CO2に価格付けが必要。http: //climatecommission.govspace.gov.au/files/2011/05/4108-CC-Science-Update-PRINT-CHANGES.pdf

2011/5/22 海 底下CO2地中貯留(CCS)の環境影響と安全性を研究する国際プロジェクト開始、EUなど。北 海とバレンツ海で実施されている海底下大規模CO2地中貯留と天然のCO2海底湧出地(日本、イタリア、ド イツ、ノルウェー)を調査する。http://www.eurasiareview.com/assessing-environmental- risks-of-sub-seabed-co2-storage-21052011/

2011/5/20 超臨界CO2発電:超臨界状態のCO2で タービンを回す発電システムで、小型・高効率が可能(エネルギー総合工学研究所) http: //www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20110520_02.html。(小出)CO2地 下貯蔵とと組み合わせれば、効率的なエネルギー貯蔵ができる。

2011/5/19 米 国の温暖化防止政策にCO2回収・貯留(CCS)を組み込む。米議会上院の資源・環境委員会が 12日にCO2回収・貯留(CCS)公聴会を開いた。超党派でCCS推進法案と大気中CO2直接回収技術奨 励案が提案されている。http://www.rff.org/wv/archive/2011/05/18/incorporating-ccs- into-u-s-climate-policy.aspx

2011/5/19 高濃度大気CO2により海洋生物大量絶滅ー海洋堆積物の研 究により、高濃度大気CO2時期に続いて海洋生物大量絶滅が起きることが判った。http: //www.enn.com/wildlife/article/42717

2011/5/19 CO2回 収・貯留(CCS)は5,000人の雇用をスコットランドの3プロジェクト(Longannet, Peterhead and Hunterston)で創設する。http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-north-east-orkney -shetland-13428800

2011/5/19 CO2地中貯留など複数の温暖化対策を組み合わせる“くさび(ウェッジ)”理論に よりCO2削減は可能だが、やはり“苦い薬”である。http: //www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110518002&expand&source=gnews

2011/5/18 CO2を 地下のメタンハイドレート層に注入してメタンを産出する実験井が米国アラスカのノーススロープで掘削された。メタンを追 い出して、CO2ハイドレートが半永久的に残り、メタン生産とCO2地中貯留の一石二鳥になる。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11022-North_Slope_Well_to_Test_Hydrate_P.html

2011/5/18 CO2回収・貯留(CCS)の原子力に対する競争力が上昇へー 中国とインドは真剣にCCS付石炭火力発電と原子力発電のコストと福島原発事故を見比べている。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/wire-news-display/1418579314.html

2011/5/17 CO2注入点付近で石灰岩中の空隙拡大―遠方で沈殿して空隙を閉じ、CO2の 広がりを止めるーX線マイクロトモグラフィによるCO2地中貯留効果研究(ESRF)。 http://www.esrf.eu/Industry/case-studies/co2-sequestration/index_html

2011/5/12 天 然ガス、海上風力、CO2回収・貯留(CCS)のミックスでEUの排出目標を達成できる(ノル ウェー国営石油Statoil社)。http://www.bloomberg.com/news/2011-05-10/eu-can-use-gas -wind-ccs-to-meet-climate-targets-statoil-says.html

2011/5/12 石油メジャーのエクソン社が新たなCO2注入による原油増進回収(CO2EOR) 開始テキサス州のMeans油田。http: //www.upstreamonline.com/live/article255815.ece

2011/5/10 化 学工学的な大気からのCO2直接回収技術(DAC)は分散CO2排出源(車、建物等)対策に貢献できるが、 コストは高い。CO2貯留の部分のコストは小さい。アメリカ物理学会レポート"Direct Air Capture of CO2 with Chemicals" http://www.aps.org/about/pressreleases/dac11.cfm

2011/5/6 政治状況がCO2回収・貯留(CCS)実施を妨げているが、 それでも諸国は実施ゴールを達成できるだろう(米CC年会、ピッツバーグ)。http: //www.nature.com/news/2011/110505/full/news.2011.271.html

2011/5/6 北 米CO2回収・貯留(CCS)市場の新しい調査が刊行された。http: //www.researchandmarkets.com/research/69fc9e/north_american_carbon_capture_and_storage_market

2011/5/6 地中貯留からのCO2漏洩を化学反応が抑制する:塩水帯水 層に地中貯留したCO2の移動が化学反応により抑制される(ケンブリッジ大学)。http: //www.eurekalert.org/pub_releases/2011-05/uoc-ccs050611.php

2011/5/6 森林や土壌に化石燃料から排出するCO2の40%を貯留できる: 米国で新調査。http://environmentalresearchweb.org/cws/article/yournews/45857

2011/5/5 世 界でCO2回収・貯留(CCS)を3,200箇所実施すれば、次世代が生きるた めに必要な15%以上の排出削減が可能(国際エネルギー機関IEA)。http: //cleantechnica.com/2011/05/05/ccs-demos-grinding-to-a-halt/

2011/5/5 シェールガス開発のための水圧破砕の安全性と環境影響を改善するために、米エネル ギー省が新サブ委員会を設立。http://www.energy.gov/news/10309.htm http://www.nytimes.com/2011/05/07/science/earth/07frack.html?_r=1&nl=todaysheadlines&emc=tha24

2011/5/5 米 国のCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクト成功、ウェストバージニア州 Mountaineer石炭火力発電所(1300MW)で冷アンモニア法によるCO2回収と月7000トンのCO2地 中貯留に成功した。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/5708067385/articles/powergenworldwide/coal-generation/emissions-control/2011/05/Mountaineer-CCS-project-deemed-a-success.html

2011/5/4 核廃棄物の安全な貯蔵が最重点課題に(米国):日本の原発事故により、原発に併設 した貯蔵プールに使用済み核燃料を貯蔵する危険性が明らかになったため、早急に原発の外に移して安全な貯蔵をしなければならない(ロイター)。http: //www.reuters.com/article/2011/05/02/us-usa-nuclear-jaczko-idUSTRE7416O520110502

2011/5/3 OPECも地球温暖化防止にスタンスを変え、CO2回収・貯留(CCS)、 特にCO2原油増進回収の研究開発に投資をしている。http://blog.iaee.org/?p=2182

2011/5/3 地熱探査井からCO2ガスが4年間湧出し続けている(トル コ南西部Isparta)。http://www.hurriyetdailynews.com/n.php?n=supposed-hot-water -well-continues-to-leak-co2-2011-05-02

2011/4/30 CO2利 活用はCO2回収・貯留(CCS)普及に役立つ。CO2削減能力はあまり 大きくないが、CCS理解の助けになる(グローバルCCS研究所(GCCSI)レポート)。http: //www.bellona.org/news/news_2011/co2_reuse_report

2011/4/30 エタノール工場からCO2回収計画米ペンシルバニア州 Clearfield。http://www.ethanolproducer.com/articles/7722/air-liquide- plans-to-build-co2-plant-at-bionol-clearfield

2011/4/28 サウジアラビア、クウェート、アブダビは巨大なガワール油田等へのCO2貯留(CCS)を実 施しようとしているが、富裕な産油国でも、先進国からのクリーン開発メカニズム(CDM)資金に期待している。 http://www.greenprophet.com/2011/04/opec-countries-seek-developing-nation-funds-to-capture-co2/

2011/4/26 カ ナダのクリーンコールCCS計画にゴーサイン!サスカチュワン州Estevanの石炭火力発電所でCO2回 収・貯留(CCS)。2013年より年100万トンのCO2削減。http: //www.thestarphoenix.com/technology/Clean+coal+project/4674496/story.html

2011/4/26 共和党支配でCCSを含むエネルギー予算が増加!共和党のクリーンエネルギー抑圧 に係わらず米エネルギー省の借入保証プログラムは増加した。http://cleantechnica.com/2011/04/25/despite- gop-budget-doe-can-fund-more-renewable-energy/

2011/4/25 CCS で原発に勝るCO2削減を!東京湾等の海底下や冷温深部帯水層へのCO2回 収・貯留で安全大量のCO2削減が出来ます。co2.eco.coocan.jp

2011/4/23 10億ドルのアブダビCO2回収・貯留プロジェクト:アル ミニウム工場の発電所から年500万トンのCO2を回収して、500km長の高圧パイプラインで地下油田に注入し、原油増進回収を 行う。http://www.renewablesbiz.com/article/11/04/economic-and-environmental -impact-abu-dhabi-us1billion-co2-capture-and-storage-project

2011/4/23 超臨界CO2で地熱を抽出する新技術"CO2ETM" 地熱CCSに米エネルギー省が投資。地熱開発のコスト低減とCO2削減に同時に貢献。http: //www.matternetwork.com/2011/4/doe-invests-greenfires-ccs-makes.cfm

2011/4/23 米ワイオミング州でSweetwaterCO2貯留プロジェクト掘削開始260 億トンのCO2貯留可能。http: //www.therepublic.com/view/story/96d696dea8dc4778b709f6cd794d33c9/WY--Carbon-Capture/

2011/4/23 “後 始末の時代”が来た!米国は9/11以後変わったが、日本も3/11以後変わった。福島第一原発は、巨 大な放射性廃棄物になり、原子力頼りのエネルギー政策と温暖化ガス対策はじめ政治・経済・科学のあらゆる面で、しっかり後始末しなければ明日は無い。co2eco koide_hitoshi

2011/4/22 原子炉建屋周囲に地中壁:福島第一原発1〜4号機の原子炉建屋周 囲の地中にコンクリート壁を地下水を通しにくい層に達する深さまで埋め込む(馬淵澄夫首相補佐官/事故対策統合本部中長期対策チーム政 府側責任者)。私が主張していた(4/6,4/20)抜本策がやっと出てきましたが、鉄板打ち込みなら数日で応急連続壁を作れる筈です。 原発内は放水で水浸しですが、応急連続壁で漏洩を至急止めた後に、ゆっくり粘土やコンクリートで地下粘土層に達する完全な止水壁を作り、壁内に溜る汚染水 は汲み上げて濾過除染して冷却に再利用し、循環サイクルを作れば、放射性汚染水を外に流さずに済みます。水の入れ過ぎの心配も無くなり、長期にわたって十 分な冷却が出来るようになります。原子炉付近は近づくこともできない状況ですが、止水壁を高くして建屋ごとすべて水没させられます。究極の巨大水棺です。 事故原発はもう発電機能を失っているので、巨大な放射性廃棄物です。修理したり、燃料棒を抜いたりして、放射性物質をさらにまき散らすより、丸ごと水没さ せて、10年以上十分に冷却してから、粘土等で完全に封じ込めるのが最も安全確実な処分法です。co2eco koide_hitoshi

2011/4/22 火星に大量のCO2埋蔵!火星の南極地下に約1万立方キロ メートルのCO2ドライアイスがレーダーで発見された。火星を人の住める星にしようという火星移住計画には朗報。(サイエンス誌) http://www.sciencemag.org/content/early/2011/04/20/science.1203091.full.pdf

2011/4/21 “後片付けをきちんとしよう”CO2回収・貯留(CCS) は不言実行(英ダーラム大)。http://www.publicserviceeurope.com/article/274/carbon- capture-less-conversation-more-action-please

2011/4/20 福 島原発の周囲に鉄板を打ち込み地中壁で囲んで、海や地下への放射性物質漏洩を完全に止めましょう(小出意見)。、産総研 の調査により福島原発の地下5メートルに水を通しにくい粘土層が広がっていることが判りました(朝日 http: //www.asahi.com/national/update/0418/TKY201104180467.html)。粘土層まで鉄板を打ち込んで 地中壁を作れば、放射性物質の海や地中への漏洩を簡単に止められます。

2011/4/18 スリーマイル島原発事故で損傷した燃料棒を封じているコンクリートがボロボロになっ ている(米アイダホ州)。凍結―融解の繰り返しでクラックが広がる。http://www.upi.com/Science_News/Resource -Wars/2011/04/18/Concrete-crumbling-at-nuclear-storage-site/UPI-10041303134643/

2011/4/18 米 国ニューヨーク市北郊でCO2地中貯留(CCS)のための地下地質調査、“ロックランド・プロ ジェクト”は米エネルギー省のCO2地 中貯留適層調査の一環。http: //www.lohud.com/article/20110417/NEWS01/104170364/0/COLUMNISTRSS/Rockland-hosts-major-test-carbon-storage-fight-climate-change?odyssey=nav|head

2011/4/16 ドイツがCO2回収・貯留(CCS)を促進する法案を閣議決定(時 事)http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%c3%a3%cf2&k=201104/2011041600228

2011/4/16 “現 地CO2回収・貯留(CCS)”:天然のCO2固定プロセス利用、カンラ ン岩や玄武岩の炭酸化促進(Annual Review of Earth and Planetary Sciences)。http://www.annualreviews.org/doi/abs/10.1146/annurev-earth- 092010-152509

2011/4/15 放射性廃棄物最終処分のドキュメンタリー映画が連日満席(東京・渋谷のミニシア ター)。福島原発震災で、核燃料棒を地上の中間施設で一時貯蔵する危険が露呈したため、フィンランドの放射性廃棄物最終処分場建設が注目された。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2011041502000049.html

2011/4/14 CO2価格が無いためCO 2回収・貯留(CCS)が財源不足に: ウェストバージニア州での米国初のCO2回収・貯留(CCS)プラント。http: //www.reuters.com/article/2011/04/14/idUS375884024020110414

2011/4/13 CO2回 収・貯留(CCS)を促進する法律に期待(ドイツ政府)、日本の原発事故による原子力離れのため。http: //www.bloomberg.com/news/2011-04-12/merkel-warms-to-carbon-capture-as-nuclear-policy-deadline-looms.html

2011/4/13 福島原発事故―閉じ込めて100年待て!ーチェルノブィリのような努力が必要 (Nature誌)。http://www.nature.com/news/2011/110413/full/472146a.html

2011/4/12 シェールガス開発は石炭より温暖化を促進する?水圧破砕により温室効果の大きいメ タンが大量に漏洩するため(コーネル大)。 http: //online.wsj.com/article/SB10001424052748704662604576257511559025764.html?mod=googlenews_wsj

2011/4/12 福島原発事故評価をレベル7に引き上げ(原子力安全・保安院)チェルノブィリ原発 事故と同レベルの最悪の原子力事故評価。http: //www.meti.go.jp/press/2011/04/20110412001/20110412001.html

2011/4/12 北海の石油・天然ガスプラットホームでガス漏洩:8日Statoilの Visundフィールド(ノルウェー)と11日ExxonMobil社のBeryl Bravoプラットホーム(英国)http://www.myfoxchicago.com/dpps/news/gas-leak-triggers- alert-on-north-sea-platform-dpgonc-20110409-gc_12694751 http: //news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/2186545.stm

2011/4/11 ブ ラジルで石油精製所CO2回収実証プロジェクト進行中、Petrobras研究施設。http: //www.co2captureproject.com/oil_refinery_key_docs_11.html

2011/4/11 プルトニウム商業利用に新たな疑問:福島第一原子力発電所3号機にMOX燃料を使 用していた(NYタイムス)。http://www.nytimes.com/2011/04/11/us/11mox.html?_r=1& nl=todaysheadlines&emc=tha2&pagewanted=all

2011/4/9 米ワシントン州原発で小規模な水素爆発、放射能漏れは無い。http: //www.47news.jp/CN/201104/CN2011040901000401.html

2011/4/8 CO2回 収・貯留(CCS)プロジェクト開発加速を世界のエネルギー大臣が合意、クリーンエネルギー相会合、アブダビ。"CO2回収・貯留(CCS)抜きでは、地球温暖化 防止もエネルギー・セキュリティも無い" 会合では、IEAがクリーン・エネルギー進展状況レポート( http://www.iea.org/papers/2011/CEM_Progress_Report.pdf )、GCCSIがCO2利 用のレポート( http://www.globalccsinstitute.com/institute/media-centre/media-releases/new-report-finds-role-industrial-reuse-co2-global-deployment-c )、WRIが開発途上国におけるCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトに関するレポート( http://www.wri.org/publication/ccs-demonstration-in-developing-countries )を出した。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=773

2011/4/8 米国エネルギー・セキュリティ政策の青写真、オバマ大統領:10年以内に石油輸入 を3分の1にする。“Blueprint for a Secure Energy Future” http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/blueprint_secure_energy_future.pdf

2011/4/7 台 湾CO2回収・貯留(CCS)連合発足2015年までに年1万トン規模のCO2回 収・貯留パイロットを開始する。台湾のCO2貯留ポテンシャルは陸域28億トン、海域1,135億トンに達する。http: //www.bellona.org/news/news_2011/ccs_alliance_Taiwan

2011/4/7午後11時32分 大きな余震ー宮城県沖M7.1、仙台市宮 城野区震度6強、女川原発の使用済み燃料貯蔵プールの冷却機能が一時失われたがすぐ復旧した。他に原発に異常は報告されていない。

2011/4/7 CO2回 収・貯留(CCS)と地熱開発を組み合わせCO2排出削減、ヨーロッパ地球物理学会(EGU) ウィーン。 http://environmentalresearchweb.org/blog/2011/04/egu-2011-ccs-and- geothermal--.html

2011/4/6 "炭化水素燃料よ永遠なれ":大気からCO2を直接回収し、藻類を培養しバイオ燃料を得るー 低コスト化で地球温暖化防止と炭化水素燃料の一石二鳥。 http://tech.fortune.cnn.com/2011/04/06/an- audacious-new-theory-to-compete-with-peak-oil-hydrocarbons-forever/?section=magazines_fortune

2011/4/6 ガスCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのパートナーを 英国エネルギー研究所が募集、複合ガスサイクル発電に後付けするCO2回 収・貯留技術のコスト低減を計る。英国のエネルギー未来に 不可欠の技術。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/9521876653/articles/powergenworldwide/gas-generation/emissions-control/2011/04/uk_s-energy_technologies.html

2011/4/6 CO2回 収に用いるアミンの健康影響評価:ノルウェー公衆健康研究所は、火力発電所等の燃焼排ガスからCO2を 回収するために用いる化学吸収剤のアミンはあまり有害ではないが、化学反応によって誘導されるニトロソアミンやニトラミンの気中含有量を0.3ナノグラム /m3以内に抑制することを求めている。http://www.fhi.no/artikler?id=88992

2011/4/6 福島原発を地中壁で完全に囲み、内部の水を汲み上げて、濾過循環させて今後10年 以上冷却を続け、地中や海中への漏洩を完全に留める必要があります(小出意見)。

2011/4/5 CO2深部塩水帯水層貯留調査レポート世界CCS研究所、 米テキサス州西部Sweetwater付近Tenaska TrailblazerエネルギーセンターでCO2を回収し、原油増進 回収(EOR)のために販売する計画のオプションとして深部帯水層への貯留も研究している。http: //www.globalccsinstitute.com/resources/publications/deep-saline-sequestration-study

2011/4/4 人 工樹計画などCO2回収・貯留(CCS)の革新技術で温暖化ガスを大幅に削減する提案が盛んに行 われている。http://www.dailykos.com/story/2011/04/03/963042/-Artifical-Trees- could-assist-in-the-Carbon-Capture-and-Storage-of-CO2

2011/4/4 石炭火力発電への融資制限を世界銀行が提案。最貧国だけに限定する? http: //www.guardian.co.uk/environment/2011/apr/04/world-bank-funding-coal-power

2011/4/3 化石燃料からの脱却は実際上は当分無理なのでCO2回収・貯留(CCS)が期待され、 実証実験も進展しているが、地域の協力と法制度がカギになる。http: //www.nytimes.com/2011/03/31/business/energy-environment/31CARBON.html http://www.oilgaslawbrief.com/add-category/carbon-sequestration/

2011/4/1 世界で排出するCO2をすべて回収できるか?CO2回 収・貯留(CCS)には多くの課題や疑問があるが、経済を破壊しないくらいのコストで大量のCO2を回収できる能力がある。炭素価 格が実現のカギになる。http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=can-we- capture-all-of-the-worlds-ca-2011-03-31

2011/4/1 CO2回 収・貯留(CCS)技術開発が福島原発事故で加速、原子力エネルギーに疑問符が付き、中国やインド等で石炭の利用が増大 している現実に対し、化石燃料発電からCO2排出する技術の開発がヨーロッパ諸国で急がれている。http: //www.businessweek.com/magazine/content/11_15/b4223059492137.htm

2011/4/1 福島原発地下水に放射性物質、付近の海水にも高濃度の放射性物質検出、炉心から核 分裂生成物が流出する経路が出来ている怖れがあり、早急に封じ込める必要がある。

2011/3/31 ヨーロッパの大規模クリーンエネルギー・プロジェクトに22件のCO2回収プロジェクトが 応募、EUの"NER 300 Program"のCCS採択枠は8件、また、再生可能エネルギー採択枠34件に対し131件の応募があった。http: //www.earthtechling.com/2011/03/big-clean-energy-projects-seek-big-eu-funding/

2011/3/28 大 学でのCO2回収・貯留(CCS)教育は、MITやプリンストン大やロンドン大インペリアル校が 有名だが、他にも多数になった。http://www.bellona.org/news/news_2011/CCS_programmes

2011/3/27 誘発地震の懸念がグリーンエネルギー推進の障害に、地熱エネルギー開発、水力発 電、CO2地中貯留プロジェクトの実施を遅らせる。http://spectrum.ieee.org/green- tech/geothermal-and-tidal/earthquakes-hinder-green-energy-plans

2011/3/25 米 国で核廃棄物貯蔵の安全性が争点に復活、日本の原発事故で、使用済み核燃料貯蔵プールの加熱のため。ネバダの核廃棄物最 終貯蔵施設建設停止などの遅れにより、各原発の貯蔵プールに使用済み核燃料が溜っている。http: //online.wsj.com/article/SB10001424052748703362904576218980605067662.html

2011/3/25 効率化とCO2回収・貯留(CCS)、クリーンコールの未 来を分析する新レポート"Analyzing Clean Coal Combustion Technologies" http://www.bradenton.com/2011/03/24/3058895/research-and-markets-2011-report.html

2011/3/24 CO2微細藻類吸収ーバイオ燃料生産パイロット実験、イン ド・オリッサ州アヌグルのNational Aluminum Company Limited (Nalco)の火力発電所排ガスから。http: //www.steelguru.com/metals_news/Nalco_to_set_up_Pilot_Project_on_Carbon_sequestration_in_its_CPP/196980.html

2011/3/23 CO2地 中貯留は主に半閉塞帯水層と開放帯水層が対象になる。Ehlig-Economidesらが主張するような、閉塞帯水層 での圧力上昇は避けられ、大量のCO2を貯留できる。http: //www.sciencedaily.com/releases/2011/03/110322115230.htm

2011/3/23 クリーンエネルギー基準(Clean Energy Standard:CES)白書: 再生可能エネルギー・原子力・CO2回収・貯留(CCS)付き石炭(クリーンコール)・天然ガスなどの低炭素エネルギー源による発 電を2035年までに80%にすることは正しい目標か?http://energy.senate.gov/public/index.cfm? FuseAction=IssueItems.View&IssueItem_ID=7b61e406-3e17-4927-b3f4-d909394d46de

2011/3/20 CO2媒体地熱発電のパイロット実験水 節約+CO2貯留、水の代わりに超臨界CO2を地下に注入し、加熱された CO2を回収して発電し、CO2は地下に再注入する。サイクルの途中で、CO2の一 部は地下に閉じ込められる。実験では、米国アリゾナ州Springerville近くのSt. John’s Dome産の天然CO2を 用いるが、火力発電所等から回収したCO2を用いれば、CO2排出削減にも貢献できる。http: //www.evwind.es/noticias.php?id_not=10901

2011/3/18 中国が原発新設認可を一時停止ー石炭火力で代替へ?日本の原発災害のため原発の安全性を精査する。 中国の新5カ年計画では70〜80GWの原子力発電所新設を目指してい るが、中国も地震が多いため反対が強くなっている。もし中国が原発から撤退すると、多くが石炭火力発電に代わることになるだろう。ドイツ等ヨーロッパでも 原発撤退の動きがあり、バイオマスや天然ガスや石炭火力発電に代えようとしている。CO2排出が大幅に増加する怖れが大きい。 http://www.sustainablebusiness.com/index.cfm/go/news.display/id/22069

2011/3/18 ジルコニウム火災危機!福島原発事故レベル5:使用済み核燃料貯蔵プールの方が核燃料の量が多く、原子炉自体より問 題、再臨界の怖れは小さい。 http://www.nytimes.com/2011/03/18/world/asia/18spent.html?_r=1&nl=todaysheadlines&emc=tha22

2011/3/18 CO2回収コストの標準化が必要、IEA レポート"Cost and Performance of Carbon Dioxide Capture from Power Generation" http://www.iea.org/publications/free_new_Desc.asp?PUBS_ID=2355

2011/3/17 1000年前に巨大地震―大津波の前例が東北日本にあった!東北大学 と産総研の調査で、西暦869年に貞観(じょうがん)巨大地震と大津波が東北 地方を襲っていたことが判り、地方自治体などにも周知して防災に役立ててもらおうとしていた矢先に3月11日東日本大地震が起きてしまったという(産業技 術総合研究所).くれぐれも惜しまれる。2011年東日本大地震は869年貞観地震の再来で、日本海溝で約1000年に1度発生する最大級巨大地震である 可能性が高い。http://unit.aist.go.jp/actfault-eq/katsudo/aferc_news/no.16.pdf http://www.jishin.go.jp/main/chousakenkyuu/miyagi_juten/h17_21/h17-21_3_4.pdf http://www.gsj.jp/jishin/H23tohoku_eq/index.html

2011/3/15 午後10時31分頃富士山で地震:静岡県富士宮市震度6強、M6.4、深さ 14km、南北方向に圧力軸(気象庁)1707年宝永地震 (M8.6)の49日後に富士山が大噴火しました。宝永地震は、東海地震―東南海地震―南海地震の3地震が同時に起きたと言われる連動型超巨大地震で、震 源の場所は違いますが、3月11日のM9.0東日本巨大地震に似ています。

2011/3/15 メルトダウン危機!福島原発炉心溶融・圧力急上昇ー圧力抑制室で爆発?放射線量急上昇、作業員退避、110km南の茨城県東海 村で放射能異常値福島第一原 子力発電所2号機の圧力上昇ー冷却水位低下―燃料棒すべて再露 出、放射性物質漏洩、定期点検中の4号機でも使用済み核燃料貯蔵プールの冷却水位低下ー爆発・火災?東 京都世田谷区で微量のヨウ素、セシウム検出

2011/3/14 英国がCO2最低基準価格設定へ http://www.steelguru.com/raw_material_news/UK_to_create_carbon_floor_price_rules_in_April/195767.html

2011/3/14 ドイツ沖の北海海底で天然CO2湧出発見CO2泡は海底から数メートルも上昇する間に完全に溶解し、溶 解したCO2は沈降する傾向があるので、海上からの発見が難しい。 東フリース島ユイストの北30kmの岩塩ドーム直上。http: //www.agu.org/pubs/crossref/2011/2010JC006557.shtml

2011/3/14 ス コットランドCO2地中貯留新レポート Scottish Carbon Capture and Storage (SCCS):"Progressing Scotland's CO2 Storage Opportunities" http://www.bbc.co.uk/news/mobile/uk-scotland-12712913

2011/3/11 14時46分 東日本M9.0超巨大地震福島原発震災開始ー予期されていた太平洋プレート潜り込 み境界の超巨大地震がついに発生、三陸沖―宮城沖ー福島沖ー茨城沖にわたる巨大な震源域、断層長さ600km×幅200km、万人単位の犠牲者、至近津波 で大被害、東北日本地震活発化、12日3時59分新潟県中越-長野北部M6.7、「原子力緊急事態宣言」発令、津波で非常用電源がすべて浸水して動かない ため非常用炉心冷却装置(ECCS)が作動しなくなり、福島第一原子力発電所で"China Syndrome"炉心溶融へ、冷却水面低下ー燃料棒露出、容器内温度・圧力上昇、蒸気放出、福島第一原発1号機周辺で 放射能漏洩―セシウム検出ー燃料棒破損、水素爆発、数十名以上被曝、2号機冷却水位低下―燃料棒すべて露出、3号機でも放射能漏洩、水素爆発、福島第二原 子力発電所でも圧力上昇ー避難、女川原発で高放射線値観測(朝日など)

2011/3/10 CO2注 入ー原油増産(EOR)ー石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)がベトナム沖海底ランドン油田で実証事業を始 める。水深50mの海底下2km深にある生産開始以来13年の老朽油田に6月から21日間CO2注入し、原油増産を試す。(朝日新 聞)

2011/3/9 高レベル放射性廃棄物処分地の選定は国が前面に立って行うべきー原子力委員会の新 大綱策定会議で議論(電気新聞)http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110309_02.html

2011/3/9 世 界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトが234件に増加ー2010年に世界のCCSプロ ジェクトは26増加し、234プロジェクトが実施中または計画中。しかしコストの課題があり、オランダやフィンランド等でいくつかのプロジェクトが中止ま たは延期された。世界CCS研究所レポート"The Global Status of CCS: 2010" http://www.globalccsinstitute.com/global-status-ccs-2010 http://www.reuters.com/article/2011/03/08/climate-carbon-idUSLDE7271AK20110308

2011/3/9 火星のCO2は地下に貯留されていた?クレーターに地下深 く埋まっていた炭酸塩鉱物。 http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2011-071

2011/3/9 中国は膨大な石炭資源量で新しい”中東”になるCO2回収・貯留(CCS)など“低炭素石炭利用技術”を中国と米 国は推進しているが、中国がリードしている。“ピーク・コール”の心配は無い。http: //www.guardian.co.uk/environment/2011/mar/08/china-coal-new-middle-east

2011/3/9 米国環境保護局がオクラホマ州の石炭火力発電所のクリーン化を要求http: //www.reuters.com/article/2011/03/08/us-utilities-epa-oklahoma-coal-idUSTRE72742J20110308

2011/3/8 EU行程表2020年に1990年比温室効果ガス25%減可能(日経)http: //www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE2E5E2E6948DE2EAE2E1E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

2011/3/8 CO2を原料に樹脂製品を作る技術開発で住友精化株高 (NSJ日本証券新聞)http: //mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20110308248706.html

2011/3/7 ハ ワイで割れ目噴火ーキラウエア火山のEast Rift Zoneで長さ2.3kmの新割れ目、ハワイの火山は粘性の低い溶岩が流出する比較的穏やかなタイプの噴火だが、割れ目からの巨大地すべりにより大津波が 発生すると日本にも影響が及ぶ心配はある。対岸の火事ではありません。http: //volcanoes.usgs.gov/hvo/activity/kilaueastatus.php

2011/3/7 クリーンエネルギーで中国が米国をリードー米国も技術革新で経済回復へ。Chu米 エネルギー長官「国のセキュリティはエネルギー・セキュリティに基づく」(2/28-3/2 超先端エネルギーARPA-Eサミットにて) http://green.yahoo.com/news/livescience/20110306/sc_livescience/chinaleadsusincleanenergy.html

2011/3/7 英 国CO2回収・貯留(CCS)スキームにイングランド北東部でリンマス等のCCS石炭火力発電所応 募へ。英CCSスキームによりスコットランドLongannetのCCSに10億ポンドの支援が発表され、今年中にさらに3箇所のCCS建設支援が決まる 予定。http://www.nebusiness.co.uk/business-news/latest-business- news/2011/03/07/north-east-hopes-to-win-power-station-deal-51140-28289327/

2011/3/6 超臨界CO2駆動タービンで発電効率50%向上-火力及び 原子力発電:超臨界CO2(S-CO2)ブレイトンサイクル・タービンは蒸気タービンより50%、通常のガ ス・タービンより40%変換効率が良く、しかも小型で設備費も安い(米サンディア研究所)。http: //www.sciencecentric.com/news/11030505-supercritical-carbon-dioxide-brayton-cycle-turbines-promise-giant-leap.html

2011/3/5 米アーカンソー群発地震は人工地震の疑いが強くなり、天然ガスの廃塩水地下注入を 停止した。アーカンソー州には数百の廃水注入井があるが、閉鎖された2井は未知の断層に近いと懸念されている。http: //www.foxnews.com/scitech/2011/03/04/arkansas-quakes-manmade-business-halts -science-steps/#ixzz1Fn7lKCVW (注:米国は太平洋岸で地震が多く、ロサンジェルス市付近のサンアンドレアス断層による “カリフォルニア巨大地震”の発生が近い(巨大な空白域の周囲で地震活動が活発化するドーナッツ現象)と心配されるが、アーカンソーは米国中部では最も懸 念されているニューマドリッド断層に近い)

2011/3/5 ニュー ヨーク市北西近郊等全米11箇所でCO2地中貯留適層調査-TriCarbコンソーシアムが ニューアーク盆地にCO2地中貯留できるかボーリング調査する。米DOEの経済再生資金によるCO2地中貯 留適層調査全国11箇所の1、コロンビア大学ラモント研などが協力。http: //www.lohud.com/article/20110304/NEWS03/103040317/Rockland-s-rocks-may-store-excess-CO2-one-day?obref=obinsite

2011/3/5 深海水温:10年間で最大0.077度上昇-3,000m以深の深海水温が地球の ほぼ全域で上昇、海洋研究開発機構。http://www.jonfr.com/volcano/

2011/3/5 ノ ルウェーがCO2回収技術の選択範囲を拡大-「CO2回収に用いるアミン 等による健康被害が無いことを確かめる必要がある」ため。「アミンに健康被害は無く、Mongstad精油所のCO2回収計画を遅 らせる理由にしている」という批判がある。http://www.reuters.com/article/2011/03/04/norway- carbon-idUSLDE72317320110304

2011/3/4 アイスランドの首都レイキャビク付近で群発地震-Krysuvik火山/地熱地帯 で、群発地震に伴い地割れー地熱活動が広がっているとの報告がある。http://www.jonfr.com/volcano/

2011/3/3 米 ケンタッキー州でCO2貯留法成立へ。州上院が満場一致で賛成。CO2地 中貯留実証へ5プロジェクトまで実施。http://www.isurfmuhlenberg.com/news/local-news/8243- yonts-co2-storage-bill-set-to-become-law.html

2011/3/3 緊急時の科学的助言と証言、 火山灰、サイバー攻撃、豚インフルエンザ・パンデミッ クなどのリスク評価と対応、英科学技術委員会レポート。http: //www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/science-and-technology-committee/news/110224-scientific-evidence-report-to-be-published/

2011/3/3 中部電力がオーストラリアの石炭権益取得、石炭調達の安定性のため。http: //www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110303_01.html

2011/3/2 米国カンサスCO2地中貯留(CCS)プロジェクトArbuckle 帯水層をカンサス地質調査所が調査。http://www.kansan.com/news/2011/mar/02/kgs-tests- underground-co2-storage/

2011/3/1 サ ウジアラビアが世界最大のガワール油田に2013年CO2注入開始-原油増産のため。CO2回 収会議(Khobar, Saudi Arabia)で発表。http://www.arabianbusiness.com/saudi-aramco-use-co2-boost- ghawar-oil-field-output-by-2013-383900.html

2011/3/1 米国フューチャージェンCO2地中貯留(CCS)サイトにイリノイ州モーガン郡が 選定された。ビジターセンターと研究・訓練施設も併設される。CO2排出源のMeredosia石炭火力発電所に近い。http: //www.futuregenalliance.org/  http://blogs.nature.com/news/thegreatbeyond/2011/03/us_carbon_storage_project_choo_1.html

2011/3/1 米カリフォルニア州The Geysers地熱地帯でM4.5地震-被害無し、小 地震多発と地熱開発による水注入との関連を住民が論議。http: //www.pressdemocrat.com/article/20110228/ARTICLES/110229492/1350?Title=Magnitude-4-5-earthquake-rattles-northern-Sonoma-County

2011/2/28 酵 素によりCO2回収エネルギー30%減-米国超先端エネルギーARPA-Eサミットで Codexis社発表。http://www.prnewswire.com/news-releases/codexis-announces- carbon-capture-progress-at-arpa-e-summit-117053608.html

2011/2/28 シェールガス開発で開発企業と環境保護団体が協力-加ニューブランズウィック州。 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110228002&expand#title

2011/2/28 米アーカンソー州で群発地震-2010年9月以来アーカンソー州中央北部Guyお よびGreenbrierで発生、2月28日に最大M4.7、天然ガス採取に伴って出る廃塩水の地下再注入との関連が疑われている。大きな被害は無いが、 関連調査の間、廃塩水注入井新設を停止した。http: //www.nytimes.com/2011/03/01/us/01earthquakes.html?_r=1&nl=todaysheadlines&emc=tha23

2011/2/24 21 世紀後半CO2回収・貯留(CCS)が必須:気温上昇を2℃未満にするには、 21世紀後半に温室効果ガス排出量を実質的にマイナスにしなければならない http://mainichi.jp/life/ecology/news/20110224ddm041040121000c.html 海洋研究開発機構JAMSTEC新しい地球システム統合モデル (ESM)による地球環境予測 http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20110223/

2011/2/24 未知の活動度の低い断層による地震-22日のニュージーランドの地震-M6.3に しては大きすぎる被害、液状化が影響か?日本に似て、プレート境界の火山と断層の多い島国ー潜在断層の調査が必要か?原因究明が重要。(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/today/news/20110224k0000e040040000c.html?inb=fa

2011/2/23 英国ニューカッスル市中心部で地熱開発ーCO2排出の無い エネルギー、2,000mのボーリングをして、80度の温水を暖房等に用いる。http://www.bbc.co.uk/news/uk- england-tyne-12547313

2011/2/23 海 洋鉄分散布施肥国際コンソーシアムISIS (In-Situ Iron Studies) Consortium:海への鉄分散布による大気CO2削減効果と環境影響を 研究する。ウッズホール海洋研究所等12大学・研究所の科学者が連合、ジオエンジニアリング実施は時期尚早であるが、研究は急がなければならない。 http://isisconsortium.org/ http://www.newswise.com/articles/whoi-helps-form-international-consortium-on-iron-and-the-oceans

2011/2/23 米ミズーリ州CO2浅層地中貯留実証プロジェクト は、CO2が 超臨界状態にならない(つまり気体状態に留まる)程度の浅い地下へのCO2地中貯留の可能性を研究している。ミズーリ州スプリング フィールドのSouthwest発電所の浅層地下を試掘調査していたが、地下水の塩濃度が低く,水資源として将来利用される可能性が否定できないため、 CO2地下注入を断念し、ミズーリ州内の他の候補地を調査することになった。http://www.news- leader.com/article/20110222/BUSINESS/110222031/CU-ends-project-injected-CO2-into-ground?odyssey=mod|newswell|text|FRONTPAGE|p

2011/2/22 "グリーン経済はトリックではない"英ハウェル国務大臣(国際エネルギー政策担 当)、東京(日本エネルギー経済研究所)にて。http://www.upi.com/Science_News/Resource- Wars/2011/02/22/Green-energy-no-gimmick-London-says/UPI-22441298385065/

2011/2/22 活 断層上の老朽ダム:Lake Isabella Damは、米カリフォルニア州Bakersfield市の発展をもたら したが、住民34万人を危険にさらしている。決壊の怖れのある全米4,400のダムのうち、もっとも危険な12のダムの一つである(ニューヨークタイム ズ)。http://www.nytimes.com/2011/02/22/science/22dam.html?nl= todaysheadlines&emc=tha210

2011/2/22現地午後1時頃(12/21 23:51:43UTC)ニュージーランド南島クライストチャーチ市リトルトンで地震-M6.3 だが震源が浅い(深さ5km)ため大被害、クライストチャーチの大聖堂の塔など倒壊,2010年9月3日M7.0地震の余震であるが市街地に近い (USGS,BBC)

2011/2/21 GDPの2%をグリーン経済に投資して、スマートな経済成長と貧困撲滅、国連環境 計画(UNEP)レポート"Towards a Green Economy: Pathways to Sustainable Economy and Poverty Eradication" http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=659&ArticleID=6902&l=en

2011/2/20 CO2の 回収貯留(CCS)は温暖化対策の切り札か:財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL)とカナダ・アルバータ州が技 術開発で協力、サスカチアン州、オーストラリア・ビクトリア州に続き、3カ所目の覚書調印。http: //sankei.jp.msn.com/life/news/110220/trd11022007000005-n1.htm

2011/2/19 米国の発電CO2排出量急増:経済回復により2010年の 発電によるCO2排出量は、前年より5.56%増の24.2億トンになったが、2007年の最高25.7億トンには及ばなかった。 http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFN1828184020110218

2011/2/19 巨大噴火のCO2大放出により生物大量絶滅:ニューヨーク 西方に残るCentral Atlantic Magmatic Province (CAMP)火山岩層の間の炭酸塩の安定同位体分析により、2億年前に大気CO2濃度が2,000ppmから噴火により倍増したこ とが判明。この大量絶滅後の生物空白期に恐竜が勃興、6,500万年前の巨大隕石衝突により恐竜は鳥類を残して絶滅した。(Science誌)  http://blogs.ei.columbia.edu/2011/02/18/giant-co2-eruptions-in-the-backyard/

2011/2/18 CO2地 中貯留(CCS)技術プログラム計画:米国エネルギー省NETL"Carbon Sequestration Program: Technology Program Plan" http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/2011_Sequestration_Program_Plan.pdf

2011/2/18 CO2地中貯留(CCS)によるCO< sub>2
漏洩を検出し、封塞する新技術を 開発したとスコットランドのHeriot-Watt大学石油工学研究所が発表して、注目されているが、技術内容は公表されていない。3年間の現場実験が必 要。http://www.businessgreen.com/bg/news/2027016/ccs-sector-hails-carbon- dioxide-sealant

2011/2/17 米 ウェストヴァージニアのCO2回収・地中貯留(CCS)プロジェクト(AEP社 Mountaineer火力発電所)に世界CCS研究所(GCCSI)資金、実証計画は予定どおり進行中 http://www.dailymail.com/Business/201102161217

2011/2/17 凍土融解が温暖化を加速2200年までに凍土の3分の2が融ける、コロラド大 http://www.abc.net.au/worldtoday/content/2011/s3141432.htm

2011/2/16 加アルバータ州精油所から大規模CO2回収・地中貯留(CCS)Alberta Carbon Trunk Line http://www.am770chqr.com/News/Local/Story.aspx?ID=1365389

2011/2/16 メ タンなど炭化水素ガス分子を取り込んだ新鉱物「千葉石」千葉県南房総市の元採石場で発見、メタンハイドレートに似て、シ リカ(SiO2)のかご状結晶構造中にガス分子を含有ーシリカ包摂化合物(clathrasil)の一種。沈み込み境界付近で、有 機物に富む堆積物に低温の熱水が作用? (時事、Nature Communications誌Nat. Commun. 2 : 196 doi:10.1038/ncomms1196 (2011))(小出:生成条件が判れば、CO2固定に利用できる可能性 もあります。)

2011/2/15 CO2回収・貯留(CCS)規則・許認可プロセス開発ツールキット世界CCS研究所(GCCSI)-エジンバラ大学 http://globalccsinstitute.com/CCSRegToolkit

2011/2/15 土壌中の炭酸カルシウム沈殿促進によるCO2固定研 究、 ローレンス・バークレイ研究所地球科学部。 http: //earthsciences.typepad.com/blog/2011/02/testing-a-new-carbon-sequestration-strategy-by-accelerating-calcite-precipitation-in-soils.html

2011/2/14 先 進CO2回収・貯留(CCS)に大重点:4.5億ドル2012年度米国エネルギー省化石エネルギー研究予算、超先進エネルギー研究ARPA-Eにも5.5億ドル< /font> http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11015 -DOE_Unveils_Fossil_Energy_Budget.html http: //www.nytimes.com/2011/02/15/science/earth/15environment.html

2011/2/14 EUのCO2回収・貯留(CCS)実証計画ネットワーク4プロジェクトの進捗報告ス ペインCompostilla, 英国Hatfield,ドイツJanschwalde, イタリアPorto Tolle各実証プロジェクト。 http: //www.bellona.org/news/news_2011/ccs_demo_projects_network

2011/2/14 CO2回 収、トン当たり15米ドル!Inventys社(カナダ・バンクーバー)発表、吸着法"VeloxoThermTM" プロセスによる、大型化可能。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php? NewsID=736

2011/2/14 オランダCO2地中貯留:オランダ北部内陸を断念、北海海底下に 集中、住民の反対のため http://www.rnw.nl/english/bulletin/no-co2-storage-north- netherlands

2011/2/14 深部高温岩体地熱開発(EGS)と誘発地震ビデオ、ローレンスバークレイ研究所地 球科学部 http://www.energynow.com/video/2011/02/14/geothermal-power-and- earthquakes

2011/2/11 東 芝がインドにCO2回収プラント2016年5メガワット:インド最大の電力会社NTPCと協議。 福岡県大牟田市にある47メガワット三川CO2回収プラントと同様なプラント http: //www.bloomberg.com/news/2011-02-11/toshiba-holds-talks-with-ntpc-to-build-carbon-capture-project-in-india.html

2011/2/11 エジプトのムバラク大統領辞任、軍管理に

2011/2/10 EU のCO2回収・貯留(CCS)基金"NER300":CO2排出権販売に よる60億ドルにイギリス9グループ、ドイツ、スウェーデン、オランダのグループも応募。http: //www.reuters.com/article/2011/02/10/us-britain-ccs-drax-alstom-idUSTRE71938H20110210   http://www.bloomberg.com/news/2011-02-10/vattenfall-nuon-energy-seek- european-union-carbon-capture-project-funding.html

2011/2/9 サウジの石油は2012年にピーク?サウジアラビアの石油埋蔵量は40%過大に見 積もられているー米大使館ーウィキリーク。http://www.guardian.co.uk/business/2011/feb/08/saudi -oil-reserves-overstated-wikileaks

2011/2/9 米CO2パイプライン6,000km以上で年9千万トン以上のCO2輸 送米エネルギー省とTexas Carbon Capture and Storage Association (TxCCSA)調査。http://www.mywesttexas.com/business/oil/article_b754305f-3db3 -5fd7-b99b-ed99dfbb7003.html

2011/2/7 温 暖化防止セッションに25件の投稿有り難うございました。2011 年5月22日(日)-27日(金)2011年日本地球惑星科学連合 大会、幕張メッセ国際会議場

2011/2/7 低温地熱発電を油ガス田で活用、ワイオミング州キャスパー付近Rocky Mountain Oilfield Testing Center (RMOTC) 、米エネルギー省 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11012-DOE_Leverages_FE_Expertise.html

2011/2/4 ブラジル沖海底下CO2地中貯留ブラジル沖の岩塩下油田は CO2を多く含むため、石油・天然ガス産出に伴って出てきたCO2を海底下に再注入する。 Petrobrasブラジル国営石油会社 http://www.reuters.com/article/2011/02/03/us-petrobras-co-idUSTRE7124PJ20110203

2011/2/2 極 小気泡「マイクロバブル」を用いてCO2回収・貯留(CCS)コスト半減を狙う、日本ゼネコン大 手5社とエンジニアリング振興協会。(日刊工業新聞)http: //www.nikkan.co.jp/news/nkx0520110202aaaz.html

2011/2/2 クリーンコール技術/地球科学モニタリング/宇宙科学の3研究センターなどクリーンエネルギー等に重点をおいた新科学研究計画ーイノベーション2020:中国科 学アカデミー。http://www.nature.com/news/2011/110202/full/470015a.html

2011/2/2 ク リーンエネルギー基準(Clean energy standard:CES)をオバマ政権が支持:再生可能エネルギーに原子力・CO2回収・貯留(CCS)付き石炭(クリーン コール)・天然ガスを加えた低炭素エネルギー源による発電量をクリーンエネルギー基準(CES)適合電力と認定する。最近2年程米政界で広 まった概念で、認定枠は売買・譲渡できる。オバマ米大統領は2035年までに80%の発電をCES適合にすると表明した。超党派の支持があるが、本当にク リーンかなどと、反対意見もある。http://www.vnf.com/news-alerts-552.html

2011/2/2 米コロラド州CraigでCO2地中貯留(CCS)サイト地質調査、 コロラド地質調査所。http://www.craigdailypress.com/news/2011/feb/01/carbon- sequestration-project-near-craig-moves-forw/

2011/2/1 CO2貯 留パイプライン・インフラストラクチャー建設へ、連邦によるインセンティブ創造を含む枠組み作りが必要。米国エネルギー省DOE/NETL レポート。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11007- New_Report_Analyzes_CO2_Pipeline_S.html

2011/1/30 電磁法によるCO2地中貯留モニタリングスペインHontomin (Burgos)のCO2地 中貯留実験サイトで計画、バルセロナ大学。http://www.scienceknowledge.org/2011/01/29/monitor- co2-injection-with-electromagnetic-methods/

2011/1/30 新燃岳溶岩ドーム直径500mに成長、九州霧島山の爆発的噴火ー大火砕流の心配(時事)

2011/1/29 中 国が世界のCO2回収・貯留(CCS)実験場 Woodrow Wilson Center:"Advancing Carbon Capture and Sequestration in China: A Global Learning Laboratory" http://www.wilsoncenter.org/topics/pubs/CES%2011%20pp.%2099-130.pdf
China Environment Series 11 (2010/2011) http://www.wilsoncenter.org/index.cfm?fuseaction=topics.publications&topic_id=1421&imageField.x=18&imageField.y=11

2011/1/28 バイオ燃料CO2回収・貯留(CCS)Mt.Simon砂岩層環境評価。DOE/NETL nepa.energy.gov/documents/EA-1828D.pdf

2011/1/28 クリーンエネルギー開発競争で勝っている中国、ダボス会議で国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)フィゲレス事務局 長。http://www.bloomberg.com/news/2011-01-27/china-winning-the-green- economy-race-un-climate-talks-chief-says.html

2011/1/27 加 サスカチュワン州ワイバーンCO2地中貯留モニタリングに5億ドル、カナダ政府と米国政府。http: //www.e-book-catalog.com/articles-for-all/Art/114524/117/The-USA-And-Canada-Increase-Of-CCS-Technologies-Investment.html

2011/1/27 洪水救済でCO2回収・貯留(CCS)資金削減/繰り延べ、オーストラリア政府がクイーンズラ ンド洪水救済のためフラッグシップCCSプログラムとGlobal CCS Instituteの資金から2億5千万ドルを削減/繰り延べする。http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=727

2011/1/26 今はスプートニクの時-“現代のアポロ計画”クリーン エネルギー技術革新へ投資ー国際競争力強化ーイノベーションがアメリカを偉大にした。2035年までにアメリカの電力の80%をクリーンエ ネルギーー風力、太陽、原子力、クリーンコール、天然ガスーにする。オバマ米大統領一般教書演説がクリーンエネルギー/クリーンコールの起爆剤にーロビー 活動盛んになる。http://www.nytimes.com/gwire/2011/01/26/26greenwire-obamas-sotu- nod-unleashes-lobbying-on-clean-pow-3140.html
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2011/01/25/remarks-president-state-union-address
State of the Union Highlights http://notes.nap.edu/2011/01/27/state-of-the-union-highlights/?utm_medium=etmail&utm_source=National%20Academies%20Press&utm_campaign=NAP+mail+eblast+-+1.26.11+-+SOTU&utm_content=Downloader&utm_term=

2011/1/25 日本ーカナダCO2回収・貯留(CCS)クリーンコール技術協力、石炭エネルギーセンター (JCOAL)と加サスカチュワン州が覚書。http: //www.canadianbusiness.com/markets/headline_news/article.jsp?content=b5754865

2011/1/25 人 為的なCO2排出は、量が少しであっても水蒸気量も増加させるため、地球温暖化を増幅する。地球温暖化の原因の半分 は水蒸気で、CO2の直接の影響は19%にすぎないが間接的影響の方が大きい?(Nature Climate Change誌:Atmospheric science: Humidity holds the heat)。http://www.natureasia.com/japan/nclimate/article/006.php

2011/1/25 日本沈没は何回も起きた!現在も進行中?大規模「構造侵食」新説(地学雑誌:鈴木和恵・丸山茂徳・山本伸次・大森聡一 :日本列島の大陸地殻は成長したのか?―5つの日本が生まれ,4つの日本が沈み込み消失した―(総説), Journal of Geography Vol.119 No.6,p.1173-1196 2010)。http://www.geog.or.jp/journal/main.htm

2011/1/24 石炭の爆発的燃焼が生物大量絶滅に寄与?シベリアの石炭層が爆発的に燃焼したことが、2億5000万年前ペルム紀大量 絶滅時に、石炭燃焼によるフライアッシュに似た堆積層が見つかった。世界的海洋汚染の可能性がある(Nature Geoscience誌)。http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id= 1126

2011/1/23 CO2回 収・貯留(CCS)実用化政策の有効性大規模技術の商業化初期における「死の谷」を越えるための施策の比較。http: //www.economicsclimatechange.com/2011/01/efficiency-of-policy-instruments-for.html

2011/1/23 CO2回収・貯留(CCS)研究のためミニ火力発電所:米テキサス大オースチン校、費用は主に 寄付金。http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/tx/7393993.html

2011/1/22 CO2回 収・貯留(CCS)-クリーンコール米中合同作業計画:米中クリーン・エネルギー研究センター(CERC) http://www.us-chinacerc.org/pdfs/CERC_Coal_JWP.pdf

2011/1/22 CO2アミン化学吸収法回収技術で米中協力中国の低コストCO2回収技術が貢献できるか注目される:American Electric Power,China Huaneng, the US DOE, and China’s National Energy Administration. http://www.aep.com/investors/newsreleases/?id=1660
その他、米中クリーン・エネルギー合意 http: //switchboard.nrdc.org/blogs/bfinamore/president_hu_and_president_oba.html
http://switchboard.nrdc.org/blogs/mdavidson/strong_words_and_stronger_acti.html
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2011/01/19/fact-sheet-us-china-commercial-relations

2011/1/21 中国で中型地震頻発:中国国内でM5クラス以下の中小地震がこの2週間頻発。「人民網日本語版」 http://j1.people.com.cn/94475/7269005.html

2011/1/21 CO2回収・貯留(CCS)など米中協力クリーンエネルギー研究:両国が半分ずつ負担して1億 5千万ドル投資することに合意。クリーン・エネルギー研究センター3カ所は全て完成、大学、研究所、国家実験室50以上、および大手企業50-60社が既 に集まっている。「人民網日本語版」 http://j1.people.com.cn/95952/7269058.html

2011/1/20 米 中低排出クリーンコール協力:内モンゴルでCO2回収 付き1,200メガワット石炭超臨界火力発電、China Huaneng Group, Peabody Energy, Calera Corp.が合意。CO2は 炭酸塩固化して建設材料に利用する。  http://www.prnewswire.com/news-releases/china-huaneng-peabody-and-calera-agree-to-pursue-development-of-low-carbon-emissions-clean-coal-project-in-inner-mongolia-114280314.html

2011/1/20 CO2回収・貯留(CCS)付き石炭ガス化複合発電(IGCC)が解決策か? http: //www.glgroup.com/News/Combating-Carbon-Emissions--IGCC-and-Pre-combustion-CCS-May-be-a-Way-Out-52278.html

2011/1/20 クリーンエネルギー基準(Clean energy standard:CES)法に原子力とCO2回収・貯 留(CCS)は必須、米国議会で超党派の支持を得るため。http: //www.nytimes.com/gwire/2011/01/20/20greenwire-buzz-builds-for-clean-energy-standard-but-pass-96369.html

2011/1/20 カ リフォルニアの未来にCO2回収・貯留(CCS)が必要、California’s Carbon Capture and Storage Review Panelレポート。http://climatechange.ca.gov/carbon_capture_review_panel/ http://caccscoalition.org/

2011/1/20 ワイバーンCO2漏洩疑惑の独立調査をInternational Performance Assessment Centre for Geological Storage of CO2 (IPAC-CO2)が実施する。http://www.ipac-co2.com/

2011/1/20 CO2漏洩は事実無根!科学者が加サスカチュワン州ワイバーンの農場主の告発とコンサルタント 調査を批判(サイエンテフィック・アメリカン誌) http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=weyburn-carbon-storage-alleged-leak

2011/1/19 CO2-H2S 混合酸性ガス注入ー原油増進回収(EOR) Plains CO2 Reduction (PCOR) PartnershipによるApache's Zama Project. http://eponline.com/articles/2011/01/19/doe-funds-demonstration-of-co2h2s-injection-in-oil-field.aspx

2011/1/19 CO2海洋貯留:天然の石灰岩風化プロセス の加速、海洋生物にも益. http://scienceblog.com/41937/speeding-up-mother-natures-very-own-co2-mitigation-process/

2011/1/19 米エネルギー省から無料季刊デジタルニュース誌"Fossil Energy Today"発刊 http://www.fossil.energy.gov/news/energytoday.html

2011/1/18 中 国の画期的低コストCO2回収技術に世界が注目、上海郊外Shidongkou No. 2火力発電所でHuaneng Groupが、精製前ならCO2トン当たり20ドルという驚異的な低CO2回 収コストを示した。技術の詳細は明らかにされていないが、基本的には従来から実用化されているアミン化学吸収法。中国で実施しているから安いと言う見方も あるが、他国でも広く低コストを実現できれば、CO2排出低減に画期的貢献が出来る。中国の胡錦濤国家主席の訪米で、米中協力ク リーンエネルギー・イニシアティブが期待される中、CO2回収技術が注目されている。(Nature誌) http://www.nature.com/news/2011/110118/full/469276a.html

2011/1/18 アブダビがCO2回収・貯留(CCS)拡大へ、Rumaitha油田への60トン/日CO2-EOR パイロット成功により、EOR実施油田の範囲を広げ、CO2圧入量を1,750トン/日に増強する。CO2供 給源はEmirates Steel Industries PJSC。http://www.bloomberg.com/news/2011-01-18/abu-dhabi-studying- proposal-to-expand-carbon-capture-and-storage.html

2011/1/18 大気からCO2を吸収する大地炭素貯留マニュアル"Best Practices for Terrestrial Sequestration of Carbon Dioxide"-米エネルギー省(DOE)6冊目のCCSマニュアルBest Practice Manuals (BPM) http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11005- DOE_Publishes_Best_Practices_Manua.html

2011/1/18 CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス排出削減に重要Alstom社, World Future Energy Summit in Abu Dhabi。http://www.bloomberg.com/news/2011-01-18/alstom-expects-expansion- in-commercial-carbon-capture-technology.html

2011/1/18 国際エキスパート・チームでCO2漏洩の有無を検証加サスカチュワン州ワイバーン、 International Performance Assessment Centre for Geologic Storage of Carbon Dioxide (IPAC-CO2)。http://www.leaderpost.com/technology/IPAC+probe+couple+ claims/4123351/story.html

2011/1/17 九 州大学がCO2地中貯留(CCS)実証研究:CO2の地中移動実験、モニ タリング、微生物によるCO2の天然ガスへの変換も研究。http: //www.nikkan.co.jp/news/nkx0720110114eaat.html

2011/1/17 地球は想定よりずっと暑くなるー地球の過去から学ぶー このまま温室効果ガスを排出し続けると、数千万年前のように大気CO2濃度は900-1,000ppmに達し、気温は平均16度高 くなる。気温は数世紀にわたり上昇し、温室効果ガスは数万年にわたり高くなる(サイエンス誌)。http: //www.sciencemag.org/content/331/6014/158.summary

2011/1/17 米 中協力が世界の温暖化防止の動向を決めるー米クリントン国務長官。http: //www.businessgreen.com/bg/news/1937529/clinton-delay-china-climate-agreement

2011/1/17 シェールガス開発に水汚染を警告マンチェスター大レポート、英国ランカシャーにシェールガス。http: //www.tyndall.ac.uk/shalegasreport http: //www.businessgreen.com/bg/news/1937486/scientists-uk-shale-gas-moratorium

2011/1/17 CO2回収・貯留(CCS)研究センターを計画、加アルバータ州カルガリー大。http: //www.calgaryherald.com/technology/plans+carbon+capture+research+centre/4117938/story.html

2011/1/14 安 全性研究無しにCO2地中貯留(CCS)しないと加アルバータ州首相が公約。http: //www.vancouversun.com/technology/Alberta+premier+vows+carbon+capture+without+safety+review/4109579/story.html

2011/1/14 CO2回収・貯留(CCS)をクリーン開発メカニズム(CDM)に含める規則を今年決めなけれ ばならない。2010年Cancunサミット(COP16)でのCCS-CDM承認を受けて、2011年11月28日-12月9日南アDurbanでの COP17で規則等を定めることが期待されている。http://www.worldcoal.org/blog/ccs-in-the-cdm-% E2%80%93-making-it-happen/

2011/1/14 CO2漏 洩ではなく天然現象?加サスカチュワン州ワイバーン"CO2漏洩"騒動、科学者が反論:CO2土 壌濃度も同位体比もCO2圧入前と比べて異常ではない。 http: //www.theglobeandmail.com/news/technology/science/alleged-leaks-from-carbon-storage-project-questioned/article1869487/
http://www.leaderpost.com/health/More+Cenovus+Kerrs+story/4113466/story.html

2011/1/13 加アルバータ州はCO2回収・貯留(CCS)推進、隣のサスカチュワン州での漏洩騒動やNGO の反対に係わらず4大規模実用プロジェクトを2015年までに開始 http: //www.calgaryherald.com/health/Alberta+stands+carbon+capture/4101749/story.html

2011/1/13 中国がCO2排出取引導入へ? http: //www.scientificamerican.com/article.cfm?id=will-china-start-carbon-trade

2011/1/13 CO2を 吸収する環境配慮型コンクリート、CO2を吸収することでコンクリートを硬化させる性質を持つ特殊混和材(ダイカル シウムシリケートγ相)を使用し、排出量を上回る量のCO2を吸収させることで,製造時におけるCO2排出量を実質ゼロ以下とする ことができる。中国電力、鹿島建設、電気化学。http://www.energia.co.jp/press/10/p110113-1.html

2011/1/12 ワイバーンCO2-EORプロジェクトでCO2漏洩?カナダで大規模CO2原油増進回収を実施しているサスカ チュワン州ワイバーン(Weyburn)油田上に住む農場主夫婦が、地下の油田からCO2が漏洩していると告発している。深さ約 1.5kmのワイバーン油田には、2000年以来1千6百万トンのCO2を注入し、老朽油田から残留原油回収を実施している。農場 主が依頼したコンサルタントの調査では、農場土壌のCO2濃 度が平均約2万ppm、最高約11万ppmに達している。http: //www.winnipegfreepress.com/greenpage/environment/carbon-injected-underground-now-leaking-saskatchewan-farmers-study-says-113276449.html
既にワイバーン油田で実施された詳細な国際モニタリング調査では、CO2は漏洩していないと結論している。http: //www.ieaghg.org/index.php?/20110112226/ptrc-press-release.html

2011/1/12 アラスカ・パイプライン再開

2011/1/11 豪 クィーンズランドのクリーンコールCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトが洪水の犠牲になるか?最終選考に残って いるWandoanクリーンコール実証プロジェクトも、洪水による経済負担のため見直されるかもしれない。 http: //climatecommercial.wordpress.com/2011/01/11/clean-coal-ccs-project-a-possible-victim-of-queensland-flooding/

2011/1/10 工業CO2回収・貯留(CCS)に国際セクター別アプローチが必要、排出制約の緩い国に工業が 移ることを防ぐため。国連工業開発機関(UNIDO) "Carbon Capture and Storage in Industrial Applications: Technology Synthesis Report”http://www.bellona.org/news/news_2011/CCS_industrial_applications_needs_global_sectors_approaches

2011/1/9 ア ラスカ・パイプライン閉鎖、ポンプ場での漏洩のため、再開時期不明。 http: //www.reuters.com/article/idUSTRE7080H820110109

2011/1/8 地熱ヒートポンプ、家の暖冷房費を節約し、温室効果ガス排出を削減する簡単な方法(米エネルギー省) http: //blog.energy.gov/blog/2011/01/04/energy-101-geothermal-heat-pumps

2011/1/7 CO2回 収・貯留(CCS)オープンハウス:オイルサンドCCS-カナダ・アルバータ州Quest CCS Project、シェル社Scotford Oil Sand UpgraderからCO2年120万トン回収、パイプラインで 84km北に運び、深度2kmの内陸塩水帯水層に貯留する。 http://www.shell.ca/quest

2011/1/7 ドイツでCO2回収・貯留(CCS)論争激化、NGOや住民の反対、法律制定の遅れ、与党内の 分裂。 http://www.bellona.org/articles/articles_2011/ccs_germany

2011/1/7 石炭の社会コスト:クリーンコール神話を告発するドキュメンタリー動画DIRTY BUSINESS: "Clean Coal" and the Battle for Our Energy Future.http://www.dirtybusinessthefilm.com/

2011/1/5 CO2地 中貯留サイト選定マニュアル公表-米エネルギー省(DOE)- Best Practices for: "Site Screening, Site Selection and Initial Characterization for Storage of CO2 in Deep Geologic Formations" Version1.0 DOE/NETL-401/090808 November 2010 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2011/11002-Best_Practices_Manual_Released.html

2011/1/5 ニンジン大作戦?広範な賞金制度により研究開 発振興:米競争力強化法再成立H.R. 5116 - America COMPETES Reauthorization Act of 2010に4日大統領が署名し成立した。2007年版の強化版、先端エネルギー技術APRA-Eや基礎研究NSFへの投資増強と共に、全省庁に広範に賞金 を出す権限を与え、問題解決へ向けてトップ研究開発振興や国中の市民の新アイデア発掘を計る。ニンジン作戦の方が効果的?http: //www.whitehouse.gov/blog/2011/01/06/america-competes-act-keeps-americas-leadership-target http://www.whitehouse.gov/blog/2010/12/21/congress-grants-broad-prize-authority-all-federal-agencies

2011/1/5 米 国2年間石炭火力発電所新設無し-米国の電力の半分は石炭火力発電だが、天然ガス価格低下、シェールガス開発、経済不況、環境グループの反 対などで、石炭火力発電所新設計画は多数あったが、ほとんど中止された。「石炭は死んだ。銀 行も保険会社も環境保護庁も尻込みしている。」(ワシントン・ポスト)http://www.washingtonpost.com/wp -dyn/content/article/2010/12/31/AR2010123104110.html

2011/1/5 インドネシアへのクリーン・コール・テクノロジー(CCT)導入調査-IGCC石炭ガス化複合発電など高効率石炭火力 発電(電気新聞)

2011/1/4 世界の火力発電量は2015年までに18兆キロワット時に達する-石炭が主力燃料であり続けるが、天然ガスの比率は徐 々に増える(Global Industry Analysts, Inc.新報告)http://www.prweb.com/releases/prweb2011/1/prweb8040067.htm

2011/1/4 EU エネルギー政策CO2回収・貯留(CCS)にプライオリティー-経済再生投資10億ユーロと排出権取引がCCSを推 進、EU電力網と発電に2030年までに1兆ユーロ必要(EUエネルギー・コミッショナー)。http: //www.neurope.eu/articles/103978.php

2011/1/4 ナウジェン(NowGen)CO2回収・貯留(CCS)-米国テキサス州クリーン・エネル ギー・プロジェクト(TCEP)、元フューチャージェン候補サイトのテキサス州オデッサPenwellに400MW石炭ガス化複合(IGCC)火力発電所 を建設し、排出するCO2の90%を回収する。実験ではなく、世界初の商業用大規模IGCC-CCS計画である。http: //texascleanenergyproject.com/

2010/12/28 米競争力強化法H.R. 5116 - America COMPETES Reauthorization Act of 2010上下院通過、大統領署名へ、2007年版を強化し、科学技術ー特に先端エネルギー技術や基礎研究/教育への政府投資増強を狙っているが、下院の共 和党支配により実現性が危ぶまれる。http: //news.sciencemag.org/scienceinsider/2010/12/comprehensive-science-legislatio.html

2010/12/27 CO2回収・貯留(CCS)研究開発実証(RD&D)ロードマップ-米エネルギー省 (DOE)- "DOE/NETL Carbon Dioxide Capture and Storage RD&D Roadmap" http://www.netl.doe.gov/rss/carbonseq.xml

2010/12/24 米環境保護局が発電所と精油所の温室効果ガス排出基準を2011年に提案すると発表した(日経)。http: //www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E6E2E3E78DE0E6E3E0E0E2E3E29C9CE2E2E2E2;at=ALL

2010/12/24 クリスマスにはCO2固定マシン(人工樹)を建てよう。http: //theragblog.blogspot.com/2010/12/bruce-melton-i-want-sequestration.html

2010/12/22 三菱重工がインドの国営肥料会社NFLへCO2回収技術を供与回収能力は世界最大級の450ト ン/日 http://www.mhi.co.jp/

2010/12/22 バイオ燃料作物が生物多様性に脅威、 ヨーロッパ・レポート https://wcd.coe.int/wcd/ViewDoc.jsp?id=1560497&Site=DG4-Nature&BackColorInternet=DBDCF2&BackColorIntranet=FDC864&BackColorLogged=FDC864

2010/12/22 カンラン石風化増進ジオエンジニアリングの可能性、ケイ酸塩鉱物風化による天然のCO2固定の 促進。"Geoengineering potential of artificially enhanced silicate weathering of olivine." Proceedings of the National Academy of Science U.S.A. http://www.pnas.org/content/107/47/20228.abstract?sid=2f4eeff7-306e-4d97-a8d5-0eded736fdef

2010/12/22 大気CO2濃度は390ppmに達し、なお上昇中、ハワイのマウナロア観測所、2014年には 400ppmに達する見込み、1950年代に観測を初めた頃は310ppmだった。http: //www.nytimes.com/2010/12/22/science/earth/22carbon.html

2010/12/22 日本温室効果ガス25%削減ロードマップ、環境省

2010/12/22 CO2回収・貯留(CCS)によりギリシャは2050年までに160億ユーロ節約できる、Bellona によるギリシャCCSロードマップ。http://uk.reuters.com/article/idUKLDE6BK0XQ20101221
http://www.bellona.org/articles/articles_2010/greece-ccs-report

2010/12/22 アフリカ象は2種、 アフリカの小型の森林象と大型のサバンナ象は、マンモスとアジア象くらい違うことが遺伝子から判 明。http://www.reuters.com/article/idUSTRE6BK6I920101222?feedType=RSS& feedName=environmentNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2Fenvironment+%28News+%2F+US+%2F+Environment%29

2010/12/21 CCS-CDM実現へのハードル、COP16でのCCS-CDMの承認は大きな前進だが、実現にはまだハードルがあ る。国連科学技術助言機関(SBSTA)がCOP17にCCS-CDMの手順や方法を勧告する予定。http: //www.bloomberg.com/news/2010-12-11/un-approves-co2-capture-for-emissions-market-in-great-success-.html

2010/12/21 ポルトガル・スペイン・モロッコのCO2回収・貯留(CCS)可能性調査、EUのCOMETプ ロジェクト。http://www.bellona.org/news/news_2010/Portugal_Research_storage

2010/12/21 米国シェールガス開発の環境問題米国でシェールガス(頁岩ガス)開発がブームになっているが、その環境影響が問題にな り始めている。頁岩内部に封じ込められているガスを抽出するために実施するハイドロフラクチャリング(水圧破砕)の添加化学物質に主に懸念がもたれてい る。http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20101221_02.html
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/101213.html
"New Report: Coal-to-Liquids and Oil Shale Pose Significant Financial and Environmental Risks to Investors" http://www.ceres.org/Page.aspx?pid=1308

2010/12/20 ルーマニアCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクト、Turceni発電所でAlstom 社アンモニア法(CAP)で CO2回収、CO2内 陸地中貯留。http: //www.pennenergy.com/index/power/display/5660448576/articles/electric-light-power/generation/emissions-environmental/2010/12/Alstom_process_selected_for_carbon_capture_plant_in_Romania.html

2010/12/20 日本産業界が地球温暖化問題研究機関「国際環境経済研究所」、実効的な温暖化対策づくりを促す(電気新聞)。 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20101220_01.html

2010/12/20 米ジョージア州の発電所でCO2回収・貯留(CCS)、Southern Co.の子会社Georgia PowerのYates発電所、岩塩ドームにCO2地中貯留計画。http: //jacksonville.com/news/georgia/2010-12-19/story/georgia-powers-plant-yates-models-how-capture-carbon

2010/12/20 石炭に暗雲:クリーンコール計画挫折オー ストラリアの“フラッグシップCCSプロジェクト”4候補の中の1候補、クイーンズランド州のCO2回収・貯留(CCS)付き ZeroGen 石炭火力発電所が高コストのため中止になった。ゼロエミッション石炭複合ガス化発電の実現が10年遅れる。(小出意見)ZeroGen計画はCO2貯 留サイトとの距離が遠すぎて、元々コスト高は明らかでした。排出源のもっと近くに貯留サイトを見つけるべきです。CO2は気体で、 量が膨大なので、ちょっと甘く見ると運搬や取り扱いなどのコストが跳ね上がります。甘い計画を立てて、途中で投げ出すのは、何もしないよりずっと大きな害 悪を及ぼします。オーストラリアのCCSプロジェクト自体は健在で、元々最も弱いと見られていた候補が自ら脱落したにすぎませんが、クイーンズランド州に は石炭を開発する資格はありません。http: //www.abc.net.au/news/stories/2010/12/20/3097218.htm?section=business

2010/12/20 圧気エネルギー貯蔵を利用、再生可能エネルギーの安定使用のため、米国ユタ州。http: //www.renewableenergyworld.com/rea/blog/post/2010/12/energy-storage-in-utah-new-report-calls-for-caes?cmpid=rss

2010/12/19 CO2地中貯留(CCS)は安全、原油増進回収(EOR)の経験、米国は年3千5百万トンの CO2を原油増進回収(EOR)のため地下注入し、約30年間で総計5億トン近くになる。テキサス州西部セミノール市の地下には最 古最大級のEOR施設があり、年百万トンのCO2を地下注入しているが、CO2漏洩による災害は起きていな い。イェローストーン国立公園では、間欠泉オールドフェイスフルなどから、年1千7百万トンのCO2が湯と共に湧出しているが、観 光客にも健康被害は無い。流体注入による誘発地震は極めて小さく、テキサス州では数千本の流体地下注入井があり、全米では年間20億トン以上の各種流体を 地下注入しているが、人間の感じるような誘発地震の発生例はごく少ない。http: //www.catf.us/blogs/ahead/tag/geological-sequestration/

2010/12/17 中国とオーストラリアがCO2回収・貯留(CCS)実用化研究で協力、国連CCS-CDM承認 が追い風。http://www.platts.com/RSSFeedDetailedNews/RSSFeed/Oil/7757341

2010/12/16 オランダCO2パイプラインを欧州委員会が支援、ロッテルダム港のバイオエタノール工場から 25kmのパイプラインでオランダZuidplaspolderの温室にCO2を輸送する。http: //pipelinesinternational.com/news/european_commission_backs_co2_pipeline/053841/

2010/12/16 英国HunterstonにCO2回収・貯留(CCS)付き石炭・バイオマス混焼火力発電所計 画、東アイリッシュ海でCO2地中貯留。http: //www.heraldscotland.com/business/corporate-sme/ayrshire-power-consortium-set-to-develop-ccs-plan-1.1074785

2010/12/15 CO2回収・貯留(CCS)を主力CO2排出削減オプションに、国際エ ネルギー機関(IEA)。CCSプロジェクトを2020年までに100箇所、2050年までに3,400箇所で実施、温室効果ガス排出を半減するために CCSが全体の20%を削減。http://www.iea.org/ccs/
http://www.iea.org/impagr/cip/index.htm

2010/12/14 UAEアブダビのMasdarCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト国連CCS-CDM承認が追い風、2012年よりEmirates SteelのMusaffah工場から80万トンのCO2を回収して、500kmのパイプラインでアブダビの油田に輸送し、枯渇油 層に注入し、原油増進回収(EOR)に利用する。http://www.thenational.ae/business/energy/un- boost-for-uae-carbon-capture-bid

2010/12/14 CO2回収・貯留(CCS)付設により石炭火力発電所に大気浄化法許可、 米テキサス州環境委員 会。35億ドルの 600 MW Tenaska Trailblazer Energy Center。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/5920009554/articles/powergenworldwide/coal-generation/coal-generation-equipment/2010/12/Trailblazer-air-permits.html

2010/12/14 CO2地中貯留(CCS)による地震発生リスクを著名地球物理学者が警告、米国地球物理学会 (AGU)でスタンフォード大Mark Zoback教授:CO2地下注入により被害のあるような大きな地震が発生する怖れは無い が、小さい地震が多数発生し、小さな割れ目形成によるCO2湧出もありうる。地球温暖化防止のため世界で3400個所ものCO2地 中貯留(CCS)プロジェクトが必要になり、適切なサイトを見つけることは不可能ではないが、大きなチャレンジである。 http://planetsave.com/2010/12/14/earthquakes-could-hamper-carbon-sequestration/

2010/12/11 国連CCS-CDM承認(COP16)、IEA田中信夫事務局長「(地球温暖化防止へ)大成功」:メキシコでの気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)でCO2回 収・貯留(CCS)をクリーン開発メカニズム(CDM)に含めることを承認した。「カンクン 合意」が採択され、千億ドル途上国支援の「グリーン気候基金」が決まったが、13年以降の次期枠組みは空白期間が出来ないように次回 COP17に決定することになった。http://www.iisd.ca/climate/cop16/
http://www.bloomberg.com/news/2010-12-11/un-approves-co2-capture-for-emissions-market-in-great-success-.html

2010/12/11 CO2駆動ー群発地震:米国イェローストーン巨大カルデラ。CO2湧出 増が群発地震発生と密接に関連していることが、泥火山ー地熱地帯の松の木の年輪の炭素同位体調査により判明した。イェローストーン・カルデラからは1日あ たり推定45,000トンものCO2が湧出している。Geology誌v. 38 no. 12 p. 1075-1078 http://billingsgazette.com/news/state-and- regional/wyoming/article_d1166ec7-ba40-5bc6-9623-e020636811ac.html

2010/12/11 天然ガスから年7百万トン大規模CO2回収・地中貯留、米国ワイオミング州LaBarge付 近、エクソン社。多くの天然ガス田で、天然ガスから不純物のCO2を分離・除去しているが、従来は除去したCO2を 大気に放出していたので、温暖化を加速していた。エクソン社は、分離したCO2を枯渇油田に注入して原油増進回収に利用するが、 CO2の多くは地下に留まり、CO2地中貯留されるので、その分は温暖化を加速させないで済むことになる。 http://www.bloomberg.com/news/2010-12-10/exxon-expands-carbon-capture-plant.html

2010/12/11 炭素に富む巨大ガス惑星発見、NASAスピッツァー宇宙望遠鏡。http: //spacefellowship.com/news/art24335/nasa-s-spitzer-reveals-first-carbon-rich-planet.html

2010/12/9 石炭火力発電所からCO2回収して微細藻類を大規模培養しバイオ燃料"algae oil"を 生産するパイロットプロジェクトに成功、オーストラリアOriginOilとMBD Energy。http://news.cnet.com/8301-11128_3-20025185-54.html

2010/12/7 英 国東海岸に大規模CO2回収・貯留(CCS)ネットワークを建設、ロンドン大学インペリアル・コレッジ Grantham気候変動研究所がCCS投資を呼びかけ、レポート。www.imperial.ac.uk/climatechange
http://www3.imperial.ac.uk/climatechange/publications

2010/12/6 CO2回収設備のEPC(設計・調達・建設)業務を千代田化工建設(株)が受注:電源開発株式 会社(J-POWER)若松研究所(北九州市)で新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で実施している革新的CO2回 収型石炭ガス化技術開発に係るプラント設備。http://www.tradingmarkets.com/news/stock- alert/irth_chiyoda-announces-epc-contract-for-co2-separation-and-recovery-plant-1350108.html

2010/12/6 CO2回 収・貯留(CCS)実施は地球への義務:中国は世界経済回復の牽引役と期待されているが、そのためには膨大な量の石炭を燃焼することにな る。中国にはCO2回収・貯留(CCS)が必須である。http: //news.xinhuanet.com/english2010/indepth/2010-12/06/c_13636636.htm

2010/12/5 国連科学技術助言機関(SBSTA)がクリーン開発メカニズム(CDM)にCO2回収・貯留(CCS)を 含める勧告をした。カンクン国連気候変動会議(2010/11/29-12/10)。http: //www.bloomberg.com/news/2010-12-04/un-may-approve-carbon-capture-and-storage-for-offset-projects.html
バージン・グループのRichard Bransonは世界炭素税を推称。 http://www.guardian.co.uk/environment/2010/dec/06/cancun-climate-change-richard-branson
"Carbon dioxide capture and storage in geological formations as clean development mechanism project activities"(FCCC/SBSTA/2010/L.24) http://abclive.in/news/environment/clean-engergy/490-sbsta-global-carbon-dioxide-capture-and-storage-data-cop16.html
日本の京都議定書延長反対など、先進国と途上国の対立激化による温室効果ガス排出削減の政治的停滞に直面して、 マイナス排出が実現できるバイオCCS(藻類などのバイオ燃料とCO2回 収・貯留を組み合わせると大気からCO2を純削減できる)や、http: //www.bellona.org/articles/articles_2010/bioccs_cancun
ジオエンジニアリング技術による温暖化問題解決の提案が盛んになっ ている。http://www.theglobeandmail.com/news/technology/science/with-emission -cuts-stalling-scientists-look-to-geoengineering/article1825426/

2010/12/5 ヨーロッパにおけるCO2回収・貯留(CCS)インフラ整備への政策課題レビュー、 Heitmann, N., C. Bertram and D. Narita (2010). "Embedding CCS Infrastructure into the European Electricity System: A Policy Coordination Problem." Kiel Working Paper No. 1657。http://www.economicsclimatechange.com/2010/12/embedding-ccs- infrastructure-into.html

2010/12/3 CO2貯 留リーダーシップ・フォーラム(CSLF)技術ロードマップ2010、世界的に大きな進展があったが、大規模CO2パ イプライン網建設などに社会受容(publc acceptance)や法規整備が重要。http: //www.cslforum.org/publications/documents/CSLF_Technology_Roadmap_2010.pdf

2010/12/3 火星のタルシス台地は太陽系最大の巨大火山?従来、最大の火山とされていたオリンポスはその一部?http: //news.nationalgeographic.com/news/2010/12/101203-science-space-biggest-volcano-solar-system-mars/

2010/12/2 北米CO2貯留アトラス第3版、5,000年分以上!の排出CO2を貯 留できる。http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/atlasIII/
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10058-Third_Edition_of_Carbon_Sequestrat.html

2010/11/30 新設石炭火力発電所はCO2回収・貯留準備済(CCS-ready)でなければならないーオー ストラリア政府"A Cleaner Future for Power Stations"。http://www.thegovmonitor.com/economy/australia-releases-clean- power-stations-discussion-paper-43548.html

2010/11/30 中国の内モンゴルで2011年1月よりCO2地中貯留開始、神华集团の石炭液化(CTL)プラ ント。http://af.reuters.com/article/commoditiesNews/idAFTOE6AT02F20101130

2010/11/30 環境に優しいCO2回収技術、オーストラリアのCO2CRCが炭酸カリ吸収法によるCO2回 収技術を開発。http://www.abc.net.au/rural/news/content/201011/s3080231.htm

2010/11/30 アブダビのMasdarでCO2回収・貯留(CCS)のため500kmパイプライン・ネットワーク、2030 年にCO22千万トン/年輸送。http://www.bloomberg.com/news/2010-11-30/abu- dhabi-s-masdar-studying-500-kilometer-pipe-network-for-carbon-capture.html

2010/11/29 土星の衛星レアに酸素とCO2に富む薄い大気、新しい謎、NASAカッシーニ探査機。 http://science.slashdot.org/story/10/11/26/1543203/Thin-Oxygen-CO2-Atmosphere-Discovered-On-Rhea?from=rss

2010/11/28 クウェートのEquate Petrochemical 社がCO2回収、2012年。 http://www.bloomberg.com/news/2010-11-28/equate-petrochemical-to-capture-co2-from-facilities-in-2012.html

2010/11/26 2011年にピーク・コールが来るか?石油に続いて、「安い石炭」の時代が終わるので、CO2回 収・貯留(CCS)などクリーンコール投資は無駄になるという議論が、Cancun気候サミットを前に起きている。
(小出意見:中国などの石炭使用急増や埋蔵量推定精度が低い問題はあるが、石炭資源は世界的にはなお豊富で あり、今後は石炭利用は資源量よりむしろCO2排出量など環境問題に制約されるので、クリーンコール投資はむしろ増やすべきであ る。) http://www.nature.com/nature/journal/v468/n7322/full/468367a.html
http://www.worldcoal.org/coal-the-environment/climate-change/post-2012-climate-agreement/

2010/11/26 バイオ暗号化:百万ギガバイトのデータを細菌のDNAに保存:1グラム相当の大腸菌にコンピューター全体のハードディ スク分のデータを収録できる。 http://io9.com/5699767/bioencryption-can-store-almost-a-million-gigabytes-of-data-inside-bacteria

2010/11/26 世界初のCO2地中貯留(CCS)国際スタンダード作成へ米加共同技術委員会。http: //www.ntm.nickles.com/issues/story.aspx?aid=1000394436&ref=rss

2010/11/24 米国環境保護局がCO2地中貯留(CCS)促進へ安全規則 http://water.epa.gov/type/groundwater/uic/wells_sequestration.cfm
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/0/2300005fbc11568d852577e3006058bd?OpenDocument

2010/11/22 恐ろしい未来を信じない心理が温暖化懐疑論を増やす「・・に地震は来ない神話」と同じー実施可能な解決策を示すことが重要。 http://willer.berkeley.edu/

2010/11/22 韓国が2014年に100メガワットCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトを2箇所で開 始、2020年実用化。http://www.bloomberg.com/news/2010-11-21/south-korea-aims-to- start-up-two-carbon-capture-plants-by-2020.html

2010/11/19 世界は炭素制約型社会にChu米エネルギー長官、東京大学で講演、CO2回収・貯留(CCS) などの新エネルギー・環境技術に積極的に取り組んでいる。http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k= 2010111900788

2010/11/18 難航中の地球温暖化防止への救世主?CO2回 収・貯留(CCS)の画期的低コスト化に日本企業JFEが世界で初めて成功世 界の最重要技術課題:温室効果ガス削減費用の大幅低減を実現!JFEエンジニアリング株式会社の発表によれば、従来のCO2回 収コストの半分程度の、CO2トンあたり2,500円程度での分離・回収が可能という。CO2回収・貯留 (CCS)全過程を合計しても、CO2トンあたり5,000円以下でCO2排出削減ができると期待できる。 CO2を微細気泡化して水と混合した上で、「ネオホワイト」(JFEエンジニアリングと独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開 発機構 (NEDO)が共同開発した空調用水和物蓄熱材の商品名、成分は臭化テトラnブチルアンモニウム:TBAB)を微量加え、CO2を ほぼ常温・常圧(圧力=0.11Mpa、温度=18℃)でハイドレート化し、混合ガスからCO2を分離・回収することに成功した。 低消費エネルギ−でのCO2分離・回収が可能になった、 http://www.jfe- eng.co.jp/release/news10/news_e10015.html

2010/11/18 火星の乗り物はCO2で動く?生ビールの押し出しに使うCO2ボンベと 同じ。http: //www.redorbit.com/news/space/1953203/scientists_envision_martian_vehicles_propelled_by_co2/

2010/11/18 ジオエンジニアリングによる温暖化緊急防止,1991年ピナツボ火山噴火により、平均温度18ヶ月間0.5度低下 "Geoengineering: A Quick, Clean Fix?"(タイム誌) http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2030804,00.html

2010/11/18 CO2回収・貯留(CCS)による地下水汚染?米Duke大学の研究がCO2が 飲用帯水層へ漏洩すると汚染を増幅することを示唆。http://green.blogs.nytimes.com/2010/11/19/what- if-captured-carbon-makes-a-getaway/

2010/11/14-19 Chu米エネルギ−長官 がクリ−ンエネルギ−技術協力のため日中訪問、上海の世界最大のCO2回収・貯留(CCS)プラント等訪問。 http://www.huffingtonpost.com/steven-chu/building-clean-energy-par_b_783600.html

2010/11/17 CO2地中貯留(CCS)は地元コミュニティの参加がカギ、建設的関係を構築。 World Resources Institute (WRI)レポート:"CCS and Community Engagement: Guidelines for Community Engagement in Carbon Dioxide Capture, Transport and Storage Projects" http://www.wri.org/publication/ccs-and-community-engagement
http://www.wri.org/press/2010/11/news-release-effective-community-engagement-essential-ccs-deployment

2010/11/17 米フューチャージェンCO2地中貯留に6サイトが立候補< /font>。http://www.wthitv.com/dpp/news/illinois/six-bid-for-futuregen- 20-storage-site

2010/11/15 カリフォルニア湾の海底堆積物から炭素(メタン)が広範囲に湧出、リフト活動により地下深部から高温のマグマが有機物 に富む堆積層に貫入しているため。("Carbon release by off-axis magmatism in a young sedimented spreading centre", Nature Geoscience, November 15, 2010) http://www.vtt.fi/vtt_show_record.jsp?target=julk&form=sdefe&search=64258

2010/11/14 CO2回収・貯留(CCS)が唯一の”後付け”温室効果ガス排出削減技術、米環境保護局 (EPA)が大規模温室効果ガス(GHG)排出源新規・既存産業施設に対し大気浄化法(Clean Air Act)による重大な環境悪化の防止に向けた排出源審査(PSD) 及びTitleV操業許可プログラムについてのガイダンスを公表。特に、技術要件「利用可能な最善の制御技術(Best Available Control Technology:BACT)」 決定のアドバイス。http://www.vnf.com/news-alerts-519.html
http://www.eenews.net/assets/2010/11/10/document_gw_04.pdf

2010/11/13 北欧におけるCO2回収・貯留(CCS)の可能性、"Potential for carbon capture ans storage (CCS) in the Nordic region" http://www.vtt.fi/vtt_show_record.jsp?target=julk&form=sdefe&search=64258

2010/11/11 韓国電力公社とイタリアのエネルがCO2回収・貯留(CCS)やスマートグリッド開発で協力。 http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFLDE6AA10220101111

2010/11/10 アルジェリアのガス田でCO2地中貯留(CCS)拡大、南部In-Salahの他、南西部の Timimoun, Ahnet および Touat各ガス田に。http://www.north- africa.com/naj_news/news_na/1noveleven45.html

2010/11/10 汚い石炭のクリ−ンな未来ー中国がリーダーに、米中協力で“CO2の出ない石炭”実現へ (ATLANTIC MAGAZINE)。http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2010/12/dirty-coal -clean-future/8307/1/

2010/11/10 世界(石炭等)ガス化(プラント)データベース,米国エネルギー省、合成ガスー石炭の低排出利用の進展。http: //www.netl.doe.gov/technologies/coalpower/gasification/worlddatabase/index.html
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10055-World_Gasification_Database_Now_Av.html

2010/11/9 台 湾の石炭火力発電所でCO2回収試行へ。http://www.bloomberg.com/news/2010- 11-09/taiwan-power-plans-trial-carbon-capture-program-at-its-coal-fired-plant.html

2010/11/9 安い石油の時代は終わり、天然ガス黄金時代に,IEA:"World Energy Outlook 2010" 、25年後原油価格4倍、大気CO2濃度を450ppmに抑制するIEAシナリオを実行すれば原油価格も3倍以内に抑制できる。 http://www.worldenergyoutlook.org/
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010110901025

2010/11/9 カ タールCCS-CDM案、カタールがCO2回収・貯留(CCS)によりCDM-排出権を得る方法論を国連に提案。 Doha Carbon & Energy Forum in Doha, Qatar from Nov. 8 – 10, 2010. http://www.bloomberg.com/news/2010-11-08/qatar-proposes-new-methodology-to-wins-credits-for-co2-capture-projects.html
DOHA CARBON AND ENERGY FORUM BRIEFING PAPER: Carbon Capture and Sequestration, http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=679

2010/11/9 EUがCO2回収・貯留(CCS)に60億ドルの補助へのコンテストを開始。http: //www.bloomberg.com/news/2010-11-09/eu-opens-bidding-for-6-billion-in-carbon-capture-renewable-energy-aid.html

2010/11/8 米 豪温暖化防止協力:開発途上国CO2回収・貯留(CCS)促進へ米国内務省から世界CCS研究所に新資金50万ドル など。http://www.rttnews.com/ArticleView.aspx?Id=1472223

2010/11/8 英国が天然ガス発電へのCO2回収・貯留(CCS)実証プログラム。http: //www.decc.gov.uk/en/content/cms/news/PN10_117/PN10_117.aspx

2010/11/6 温 暖化防止技術に待った!名古屋議定書ジオエンジニアリング・モラトリアム:生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)における名古屋 議定書と愛知ターゲットの採択は歴史的快挙であった。しかし、科学的基盤が整備されていないジオエンジニアリングを禁止する“ジオエンジニアリング・モラ トリアム条項”は適切な取り決めにも見えるが、規定が曖昧なので運用次第で、森林固定や珊瑚礁やバイオチャーのようなリスクの小さい大気CO2濃 度低減技術も対象になる可能性がある。ケムトレイル陰謀論のような独自の強い主張をするグループに強力な武器を与えることになり、地球温暖化防止の新技術 開発を事実上禁止する効力を持つ怖れもある。日本ではジオエンジニアリングがまだ知られていないので、マスコミにも注目されていないが,地球温暖化対策を さらに遅らせることにならないよう願いたい。("Geoengineering faces ban",Nature 468, 13-14 (2010) | doi:10.1038/468013a) http://www.nature.com/news/2010/101102/full/468013a.html

2010/11/5 国際エネルギー機関(IEA)がCO2回収・貯留(CCS)普及へ法規制モデルを公表。 "Carbon Capture and Storage Model Regulatory Framework"127p. http://www.iea.org/ccs/legal/modelframework.asp

2010/11/5 フュー チャージェンCO2地中貯留サイトを9市/郡が争う。 米イリノイ州中央部。http: //www.nasdaq.com/aspx/stock-market-news-story.aspx?storyid=201011051245dowjonesdjonline000564&title=nine-cities-surface-as-possible-sites-for-us-carbon-capture-project

2010/11/5 CO2増加により4千万年前の温暖化が起きた。大気中のCO2濃度が 2~3倍になり、南西太平洋の海水温が3~6度上昇(Science誌)。http: //www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/330/6005/819

2010/11/4 CO2回収・貯留(CCS)がアラブ首長国連邦(UAE)の天然ガス不足を緩和する。発電需要 と原油増進回収(EOR)のための地下注入の増加により湾岸諸国の多くが天然ガス不足になっている。CO2の地中注入により天然ガ スを節約できる。アブダビが2箇所の陸域油田にCO2地中注入を計画、140 箇所の油田にCO2地中注入ー原油増進回収(EOR)実施の可能性がある。http://www.petroleum- economist.com/default.asp?Page=14&PUB=279&SID=727401&ISS=25708
http://www.arabianbusiness.com/abu-dhabi-plans-two-projects-for-co2-injection-in-onshore-fields-360138.html

2010/11/4 オランダのロッテルダム市近郊Barendrecht町の地下へのCO2地中貯留プロジェクト中止、 北オランダと北海海底下へのCO2地中貯留プロジェクトは継続するーオランダ政府。http: //af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFLDE6A31NT20101104

2010/11/4 EUの放射性廃棄物処分場が必要、EU27ヶ国のうち14ヶ国が計143基の原子力発電所を持ってるが、放射性廃棄物 処分サイトが予定されているのは、2020年フィンランド、2023年スウェーデン、2025年フランスのみである。放射性廃棄物処分はEU全体の問題と して重要である。一つの国で事故が起きれば,他の国にも影響する。http: //www.aboutmyplanet.com/environment/eu-debates-permanent-storage-for-nuclear-waste/

2010/11/4 CO2回 収・貯留準備(CCSR: CCS Ready)政策が将来のゼロ排出発電への道を拓く、世界CCS研究所(GCCSI)論文。http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=672
http://www.globalccsinstitute.com/downloads/news/2010/CCS_Ready_release_Australia.pdf

2010/11/4 ドイツのダルムシュタット工大にCO2回収パイロットプラント、CO2排 出ゼロ発電を研究。http://www.lepidopterology.com/news/article.php?q=10110301-on- the-way-co2-free-power-plants

2010/11/4 米国で褐炭層へのCO2地中貯留現場実験に成功、ノースダコタ州Burke Countyで地下300m深の褐炭層に90トンのCO2を3ヶ月間封入ーモニタリングした。米エネルギー省と大平原地域CO2削 減パートナーシップ(PCOR)。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10054- Field_Test_Demonstrates_CO2_Storag.html

2010/11/3 北 海道苫小牧沖でCO2地中貯留調査、来年度以降の実証試験の可能性検討、経済産業省ー日本CCS調査。(日経) http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E1E2E2E0918DE2E0E3E3E0E2E3E28698E2E2E2E2

2010/11/3 カナダのアルバータ州がCO2回収・貯留(CCS)大規模実施へ法整備。http: //www.canadaviews.ca/2010/11/01/amendments-guide-use-of-carbon-capture-and-storage-technology/

2010/11/1 ホ ワイトハウスが温暖化防止ジオエンジニアリング研究プロジェクトを主導すべきー米国会計検査院(GAO)報告。http: //www.gao.gov/new.items/d10903.pdf

2010/11/1 火星に微生物が存在できる環境が比較的最近まであった。シルティス・メジャー火山複合体にある水和したシリカ堆積物 ("A habitable microenvironment on Mars? ",Nature Geoscience) http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id=812 (小出注)火星生命の直接的証拠はまだ発見されていないが、嫌気性(原核?)微生物の存在を暗示する指標がまた見つかった?現在、火星生命が生存し得るの は、火星地下の地下水中のみと考えられているが、昔地下水が地表に湧出して湖または海を作っていた時期もあったらしい。

2010/11/1 カナダで新CO2回収・貯留(CCS)-年百万トンサスカチュワン州Estevan付近の SaskPower’s Boundary Dam石炭火力発電所。http://www.onlinetes.com/current-alternative-energy-design- manufacturing-siemens-110110-tes.aspx

2010/10/31 ドバイUAEがCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電の技術経済研究募集、Dubai Electricity and Water Authority(DEWA)。http: //www.zawya.com/story.cfm/sidZAWYA20101031100630/Tender for a Techno Economical Study for the Application of Coal based Electricity Generation

2010/10/31 沖縄海底下に最大級の黒鉱鉱床、水深1,100m、海洋研究開発機構(日経)

2010/10/30 名古屋議定書採択CO2回収・貯留 (CCS)以外の(科学的基盤が未確立の)ジオエンジニアリングにモラトリアム:生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)。環境団 体の強い主張により最終段階でモラトリアム条項が入った模様、小規模実験は認める。ジオエンジニアリングの環境・生物多様性への影響の情報を収集すること になった。http://www.digitaljournal.com/article/299588 http://geoengineeringpolitics.blogspot.com/

2010/10/30 オランダのロッテルダムCO2回収プラントにEUから1億5千万ユーロ。http: //www.steelguru.com/raw_material_news/EU_grants_EUR_150_million_for_CO2_capture_plant_in_Netherlands/172615.html

2010/10/29 日本北九州にCO2回収・貯留(CCS)候補地:経済産業省と日本CCS調査(株)は北九州市 若松区で深さ1200mの調査ボーリングを行い、帯水層と泥岩層の互層を確認、CO2排出源に近いので温暖化防止の切り札と期待さ れるCO2回収・貯留(CCS)の候補地に有力としている(西日本新聞)。http: //www.nishinippon.co.jp/nnp/item/206508

2010/10/29 CO2が火星の不思議なガリー(溝)を掘った?水の流れた跡ではない!凍ったCO2(ド ライアイス)がスベリ落ちた? http://www.space.com/scienceastronomy/mars-gullies-carbon-dioxide-water-101029.html

2010/10/29 米国議会初のジオエンジニアリング報告書、下院科学技術委員会。http: //voices.washingtonpost.com/post-carbon/2010/10/first-ever_congressional_geoen.html

2010/10/29 LNGプロジェクトはすべてCO2回収・貯留(CCS)が必須と環境グループが主張。新規 LNGプロジェクトがすべて成立するとオーストラリアの温室効果ガス排出量は爆発的に増加する。http://mathaba.net/news/?x= 625160

2010/10/29 米イリノイ州Morgan CountyがFutureGenの全体誘致へ、CO2地中貯留サ イトを誘致、Meredosia,石炭発電所でのCO2回収と併せFutureGenの郡内取り込みを狙う。http: //www.myjournalcourier.com/news/futuregen-29793-morgan-wants.html

2010/10/29 米国地域CO2固定パートナーシップ年会プロシーディングス"Regional Carbon Sequestration Partnerships Annual Review Meeting" October 5-7, 2010。http://www.netl.doe.gov/publications/proceedings/10/rcsp/index.html

2010/10/28 ナノ孔質固体によるCO2回収、水を加熱しないので省エネルギーになる(サイエンス誌)。 http://www.sciencemag.org/cgi/content/short/330/6004/595
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/sci;330/6004/650

2010/10/27 世界初の台地玄武岩層へのCO2地中貯留パイロット、米国ワシントン州Wallula製紙工場 付近の台地玄武岩層の1km強の深さにCO21,000トンを1年半注入し、再取り出しして化学変化を調べる。台地玄武岩はインド 等で巨大なCO2貯留ポテンシャルが期待される。http: //cleantechnica.com/2010/10/26/worlds-first-carbon-capture-and-storage-project-in-basalt-begins-in-usa/

2010/10/27 海底下CO2地中貯留の最適管理(テキサス大オースチン校)などの先端海洋再生エネルギー研究 プロジェクトに米エネルギー省、BOEMREとNOAAが共同で5百万ドル。 http://www.energy.gov/news/9724.htm

2010/10/27 卵殻でCO2回収・貯留?インドのコルカタ大学、卵殻膜は、その7倍の重量のCO2を 吸収する。http://cleantechnica.com/2010/10/27/eggshells-another-interesting- way-to-fight-global-warming/

2010/10/26 インドネシアのメラピ火山噴火火砕流発生(ムラピ火山ともいう、ジョグジャカルタ市、ボロブドール遺跡に至近)

2010/10/25 米FutureGenがCO2地中貯留ハブ・サイトを正式に公募。 http://www.futuregenalliance.org/

2010/10/25 京都議定書延長にEUは柔軟姿勢、日本は絶対反対(Climate Update)。 http://www.vnf.com/news-alerts-510.html

2010/10/25 スマトラ島沖でM7.7地震津波発生、死者多数

2010/10/23 Masdar InstituteでのCO2回収・貯留(CCS)やCO2原油増進回 収(EOR)研究開発など、アブダビのMasdar再生可能エネルギー・イニシァティブとジーメンス社が長期戦略パートナーシップを結ん だ。http: //7thspace.com/headlines/361242/siemens_to_intensify_partnership_with_abu_dhabis_renewable_energy_initiative.html

2010/10/23 カーボン・ナノチューブ・メンブレンによる経済的CO2分離・回収技術の研究開発、米国ローレ ンスリバモア国立研究所の元研究者らのヴェンチャーが、経済再生資金やカリフォルニア州エネルギー委員会の資金を得て経済的CO2回 収技術を開発中。http://infogreenglobal.com/carbon-nanotube-membranes-could- provide-cheaper-carbon-dioxide-sequestration/

2010/10/22 バイオエネルギー+CO2回収・貯留(CCS)でマイナス排出実現へ 2010/10/14-15 バイオCCS(BECCS)国際ワークショップ、オルレアン、フランス。http://www.univ- orleans.fr/leo/bccs/
http://www.bellona.org/articles/articles_2010/Bio_CCS_taskforce_Orleans_October_

2010/10/22 CO2回収・貯留(CCS)付き新褐炭液化プラント(CTL)、オーストラリアLatrobe Valley、CO2年1千3百万トンをBass Strait海底下枯渇油田に貯留する。http://www.miningweekly.com/article/carbon- sequestration-technologies-for-new-ctl-plant-2010-10-22

2010/10/22 石油精製CO2回収・貯留(CCS)の省エネルギー、接触分解ーCO2回 収のエネルギー・ロス低減ーコスト削減。http: //www.bellona.org/news/news_2010/oil_refineries_cost_CCS

2010/10/22 月に大量の水(氷)NASAがScience誌に発表。 http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-11598813
http://www.sciencemag.org/cgi/content/short/330/6003/463

2010/10/21 丸紅がインドネシアでCO2回収・貯留(CCS)、東電はベトナムで原子力発電、新興国支援 (日経)http://www.nikkei.com/news/category/article/g= 96958A9C93819696E0E2E2979E8DE0E2E3E2E0E2E3E28698E2E2E2E2;at=ALL

2010/10/21 ジオエンジニアリング実施に国連承認を必須に?国連生物多様性会議(COP10名古屋)で提案。 http://www.reuters.com/article/idUSTRE69K18320101021

2010/10/21 カメルーンのニオス湖のCO2ガス抜きが最終段階に、しかしアフリカにはCO2突 沸の危険をはらむ湖がさらに2つある(Natureダイジェスト)。 http: //www.nature.com/news/2010/100823/full/4661033a.html

2010/10/21 断層の観察で地震を予測できるかも、震源断層の中でひずみが最大になっていた箇所が2010年2月チリ地震を発震 (Natureダイジェスト) http: //www.nature.com/news/2010/100908/full/news.2010.456.html

2010/10/20 中国天津CO2回収・貯留(CCS)パイロット"GreenGen"プロジェクト、250MW 石炭複合ガス化発電所(IGCC)が来年末完成予定、次フェーズに450MWに拡大し、商業規模CCSを実施する。http: //switchboard.nrdc.org/blogs/jqian/taking_the_carbon_out_of_coal.html

2010/10/20 セメントCO2回収・リサイクル(CCR)実証プラント、MantraのCO2電 化還元技術(ERC)、北米Lafargeセメント工場。 http://www.marketwatch.com/story/mantra-to- deploy-carbon-capture-and-recycling-technology-at-lafarge-cement-plant-2010-10-20?reflink=MW_news_stmp

2010/10/20CO2回 収・貯留(CCS)早期実施へ経済的インセンティブを与える方法、米ハーバード大Belfer Center. http://belfercenter.ksg.harvard.edu/publication/20420/analysis_of_financial_incentives_for_early_ccs_deployment.html

2010/10/19 国家戦略室は温暖化対策や新成長戦略を担当、日本内閣官房新体制

2010/10/18CO2地 中貯留(CCS)特集号、Rocky Mountain Geology (RMG) http://geology.uwyo.edu/?q=node/411

2010/10/17 地熱発電所敷地内に新たな熱水噴出孔、作業員死1名大やけど1名、宮城県大崎市電源開発(Jパワー)鬼首地熱発電所施 設南西300mの敷地内。熱水噴出は9月に始まり、10月8日水蒸気約20m高、湯池直径10〜15mに拡大、いったん高さ1mに収まったので11日から 石で埋める作業をしていた所、17日午後3時35分頃約30mの高さに蒸気噴出、数100m範囲に土砂が降り積もった。直径20〜30mの熱水噴出孔がで きた。鬼首地熱発電所は、1975年運開。発電出力1万5千キロワット。http: //www.asahi.com/national/update/1018/TKY201010180115.html

2010/10/16 誘発地震ウェブサイト開設、米国エネルギー省ローレンス・バークレイ国立研究所。地熱開発、CO2地 中貯留(CCS)、石油・天然ガス開発で、流体地下圧入により発生する誘発地震の重要性が高まる。2010年2月スタンフォード大学で実施した誘発地震 ワークショップ資料・成果・勧告もダウンロードできる。http: //esd.lbl.gov/research/projects/induced_seismicity/

2010/10/15 CO2は地球温暖化の調整弁、持続性のためにCO2が地球気候の主なコ ントロール・ノブになる(サイエンス誌) http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/330/6002/356
 http://ecocentric.blogs.time.com/2010/10/14/climate-why-co2-is-the-control-knob-for-global-climate-change/

2010/10/15 M7.0ハイチ地震は複数の深部断層の活動?UAVSAR(Nature Geoscience) http://dx.doi.org/10.1038/ngeo977

2010/10/14 英国CO2回収・貯留付き石炭ガス化(IGCC)水素―燃料電池発電計画Doncaster,UK.  http://www.h2journal.com/displaynews.php?NewsID=525

2010/10/14 スペインでCO2回収開始、CO2回収・貯留付き石炭ガス化 (IGCC)発電―水素生産パイロットプラントPuertollano, Spain. http://www.h2journal.com/displaynews.php?NewsID=527&PHPSESSID =qpbuchi06k8k6dhs2174mpui07

2010/10/12 国際CCS研究所(Global CCS Institute)が豪・米・蘭・ルーマニアの6CO2回収・貯 留(CCS)プロジェクトに18百万ドル配分、オーストラリア前首相の約束を継承。 http://www.bloomberg.com/news/2010-10-12/australia-carbon-capture-institute-distributes-18-million-to-six-projects.html

2010/10/11 火星には昔CO2が豊富だったー原始生命存在しうる?火星深部に炭酸塩堆積物が広範に存在 (Nature Geoscience) http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id=795 (小出私見)地球の炭酸塩岩の多くは生物がCO2固定をした跡ですが、大気からCO2を吸収しすぎて寒冷化 し、地球全体が凍結したことがあります(全球凍結)。地球では火山が CO2を放出して再温暖化して、生物は救われました。火星に も巨大な火山が存在し、CO2や水を放出し、生物の住む環境を作った可能性がありますが、火星は地球と違い、火山のCO2放 出が十分続かずに、寒冷化に歯止めがかからず火星生物がCO2固定 しすぎて自滅したのかもしれません?炭酸塩は無機的沈殿の可能性もありますが、ともかく、火星にCO2と水が豊富 だった時期があるようです。火星深部ではまだ生命が残っていることを期待します。

2010/10/8 CO2回 収・貯留(CCS)への政府投資は、英国110億ドル、米、加、豪、EC約40億ドル、韓国10億ドル、日本1億ドル、IEA:CO2回収・貯留(CCS)は世界的には大きく進展したが、一層の技術 進歩と政府の継続的支援が必要、IEA CCS Unit。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=655
小出意見:日本は、 世界に先駆けてCO2回収・貯留(CCS)研究に取り組み,技術開発では世界をリードしているのですが、世界の動きに比べて日本政 府や企業のCCS投資が無いも同然であるため、実証/実用化で大きく遅れています。
このままでは、日本は有効な地球温暖化防止ができない国になる怖れがあることを警告します。

2010/10/8 世界の科学界に温暖化に対する中国の戦いに支援を呼びかけ、CO2回収・貯留(CCS)は長期 的には英国の利益になる:英国の新CO2回収・貯留(CCS)研究施設"National Centre for Carbon Capture and Storage"。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=654&PHPSESSID=jjg2srhg0820drqc2v0qhlme01

2010/10/8 アラブ首長国連邦(UAE)がCO2固定リーダーシップフォーラム(CSLF)に加入ー25ヶ国に、 オーストラリアのGorgonプロジェクト(2020年に年4百万トン)他、ポーランド、ノルウェー、カナダ、米国のプロジェクトが加わり、CSLFの公 認CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトが34件になった(ワルシャワ)。 http://www.cslforum.org/

2010/10/8 大 気CO2濃度を350ppm以下に減らす必要がある!気候災害を防ぐため、報告“Not Just a Number: Achieving a CO2 Concentration of 350 ppm or Less to Avoid Catastrophic Climate Impacts”,Center for Biological Diversity と 350.org。http://www.enn.com/press_releases/3524 http://www.biologicaldiversity.org/programs/climate_law_institute/350_or_bust/pdfs/Not_Just_a_Number-v3.pdf

2010/10/8 CO2海洋貯留:世界最善の「悪いアイデア」"Ocean Carbon Sequestration: The World’s Best Bad Idea", Miller-McCune magazine, November-December 2010 issue. http://www.miller-mccune.com/science-environment/ocean-carbon-sequestration-the-worlds-best-bad-idea-23521/

2010/10/7 米国北東部Marcellus頁岩層がCO2回収・貯留(CCS)とシェールガス生産で期待さ れているが、水圧破砕による地下水汚染に配慮が必要。ニューヨーク、オハイオ、ペンシルバニア、ウェストバージニアに分布。ワシントン州からデトロイトに 至るハイウェイ12沿いなど北米各地で、オイルシェール・タールサンドや深ガス シェールなど非在来型化石燃料資源の開発がブームになっているが,環境リスクも懸念されている。  http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/Marcellus_CCS.pdf
http://e360.yale.edu/feature/a_high-risk_energy_boom_sweeps_across_north_america/2324/

2010/10/6 フュー チャージェンのサイト選定プロセス公表、米イリノイ州MeredosiaのAmeren Energy Resources社火力発電所からCO2を回収し、パイプラインでイリノイ州Mattoonに運びCO2地 中貯留する計画であったが、Mattoonが計画改変を拒否したため、新たにCO2地中貯留サイトを公募する。 http://www.FutureGenAlliance.org/
http://www.thegovmonitor.com/world_news/united_states/futuregen-2-0-carbon-storage-site-selection-process-moves-forward-39982.html

2010/10/6 沖縄トラフ海底下に巨大熱水貯留層と“黒鉱”、統合国際深海掘削計画(IODP)「沖縄熱水海底下生命圏掘削−1」、 独立行政法人海洋研究開発機構 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-168454-storytopic-1.html
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20101005/?jn

2010/10/5 CO2地中貯留(CCS)に適した地層11種、米エネルギー省マニュアル"Geologic Storage Formation Classifications: Understanding Its Importance and Impact on CCS Opportunities in the United States"公表。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10050- Geologic_Storage_Manual_Issued.html
米国クリ−ンコール技術研究プロジェクトマップ http://www.americaspower.org/The-Facts/Clean-Coal-Technology

2010/10/5 石炭地下ガス化空洞をCO2回収・貯留(CCS)に利用する研究をドイツの研究所GFZが Linc Energy Ltdのため実施する。http://news.smh.com.au/breaking-news-business/linc-in-deal- with-german-research-centre-20101005-1654i.html

2010/10/4 地 球温暖化の脅威が米国のジオエンジニアリングへの関心に火をつけた。米下院科学技術委と英下院が共同報告を今月出す他、米国会計検査院と NCEP(National Commission on Energy Policy)が政府のジオエンジニアリング研究プログラムを勧告する予定。(ワシントンポスト)http: //www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/10/03/AR2010100303458.html

2010/10/4 民間投資はCO2回収へは始まっているが、CO 2地中貯留へはまだ躊躇している。CO2回 収技術は既に実証され、原油増進回収(EOR)への利用が行われているが、CO2地中貯留技術はまだ発展途上で、民間投資には不確 実性が大きい。http://www.glgroup.com/News/Private-sector-funding-for-CO2- Capture-%E2%80%93-but-Sequestration-is-another-story-50839.html

2010/10/4 イラク原油埋蔵量が世界第3位にイランを抜き1431億バレル(朝日)。

2010/10/2 ナ ノ微粒子安定化CO2泡注入による原油増進回収など次世代CO2-EOR技術開発10プロ ジェクトに計9百万ドル、米エネルギー省。CO2地下注入技術の革新やシミュレーション/可視化技術等開発。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10047-Projects_Selected_to_Boost_Unconve.html

2010/10/2 モンゴルのレアアース(希土類)などの鉱物資源開発に協力日蒙首相懇談。 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101003k0000m010056000c.html

2010/10/1 20光年先に地球に似た惑星?生命存在の可能 性も?恒星からの距離と大きさがちょうど良いので、液体の水と大気が存在する可能性があり、生命存在の条件を満たす。ただし、水や大気の存 在はまだ確認されていない。http: //www.asahi.com/science/update/0930/TKY201009300367.html

2010/9/30 政 府が行動すべき時だ!CO2回収・貯留(CCS)実現へ、英国とドイツ。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=648 ; http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFLDE68T1SB20100930

2010/9/30 ウェストバージニア州の将来はCO2地中貯留に懸かっている。州の油ガス田や石炭層に171億 トンのCO2貯留が可能で、塩水帯水層はずっと多量の貯留ができる。 http://www.wvnstv.com/story.cfm?func=viewstory&storyid=86872

2010/9/30 ノルウェーのMongstadCO2回収・貯留(CCS)センターのコストは当初見積りの9倍10億ドルに 上昇した。ノルウェー首相は、「CCS抜きではCO2排出大幅削減は難しいので、予想以上に困難で高価でも、CCSを信じなければ ならない」と語る。http: //af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFLDE68T0EC20100930

2010/9/29 FutureGen 2.0に経済再生資金10億ドル米エネルギー省とFutureGen Industrial Alliance及び Ameren Energy Resourcesが正式合意、CO2貯留サイトの選定プロセスは数週間以内に発表 http://www.energy.gov/news/9584.htm

2010/9/28 中国はCO2回収・貯留(CCS)国際協力に期待、英国は上海Expoで新しいCO2回 収・貯留(CCS)センター"National Center for Carbon Capture and Storage" (NCCCS)を発表、中国との協力を議論する。2010/10/11 上海EXPO会議:中国におけるCO2回収・貯留(CCS)、Zep Pavilion, Shanghai Expo http://www.bgs.ac.uk/news/DIARY/Shanghai_sponsors.pdf
http://english.cri.cn/6909/2010/09/28/2021s596803.htm

2010/9/27 世界各地で地下水減少、地下水採取は1960年代の倍、使用量の80%は農業用、採取した地下水の95%が海に排水さ れ,海面上昇の4分の1の原因になった?(Geophysical Research Letters) http://news.discovery.com/earth/groundwater-aquifers-agriculture-irrigation.html#mkcpgn=rssnws1

2010/9/27 サウジアラビア北西部で火山噴火危機ー紅海リフト活動、メディナの北西200kmの紅海リフト縁のHarrat Lunayyir古溶岩帯で、北西―南東方向10km長の岩脈状マグマ貫入が地下2km深以内に上昇し,地表に8km長の地割れ群を生じると共に、 2009年4−6月に群発地震を発生した(Nature Geoscience)。http: //www.nature.com/ngeo/journal/vaop/ncurrent/full/ngeo966.html

2010/9/26 ド イツCO2回収・貯留(CCS)推進法案に州政府が反対、Schleswig-Holstein州と Lower Saxony州 http: //www.spiegel.de/international/germany/0,1518,719751,00.html

2010/9/25 国立公園でも地熱発電、域外から斜め掘削を認める方針、環境省(日経)。http: //www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E0E1E2E2E68DE0E7E2EBE0E2E3E29F9FE2E2E2E2

2010/9/24 カ ナダCO2回収・貯留(CCS)に脚光、実証事業に連邦政府や州政府も手厚い資金援助、アルバータ州で約1650億 円のCCSファンド(電気新聞)http: //www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20100924_02.html

2010/9/23 CO2回収・貯留(CCS)と原子力発電は CO2削減目標達成に必須、 着実な資金供給での後押しが必要。http://theenergycollective.com/terynnorris/43963/what% E2%80%99s-next-nuclear-power-and-carbon-capture-technology

2010/9/23 次回GHGT-11は京都(3回目)2012年11月18 −22日 第11回温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT-11)、京都

2010/9/23 米ジョージア州Yates火力発電所でCO2回収パイロット開始三菱重工アメリカと Southern社、関西電力と三菱重工が開発したKM-CDR CO2回収プロセスによる。http: //www.mitsubishitoday.com/ht/display/ArticleDetails/i/7202/pid/2720

2010/9/23 ブ ラジル沖でCO2原油・ガス増進回収(CO2-EOR)に用いるCO2ガス注入コン プレッサーを三菱重工コンプレッサー社が受注、三井海洋開発株式会社が建造する超大水深対応の浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出施設 (FPSO)に搭載し、ブラジルのペトロブラス社が開発を進めるプレソルト層鉱区(Guara油田、ブラジル沖合)で石油・ガス増進回収に供される。 http://www.mhi.co.jp/news/story/1009214980.html

2010/9/23 ”サワー”(酸性)ガスを安全にCO2回収・貯留(CCS)や原油増進回収(EOR)に使える。 大平原CO2削減パートナーシップがカナダのアルバータ州Zama油田で試験。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10046-PCOR_Project_Demonstrates_Importan.html

2010/9/23 火山噴火がネアンデルタール人絶滅の原因?、4万年前イタリアのナポリ市西部フレグレイ・カルデラで巨大噴火。 http://content.usatoday.com/communities/sciencefair/post/2010/09/volcanoes-neanderthals-extinct/1

2010/9/23 「ジ オエンジニアリングを語ろう」、とんでもない話に聞こえるかもしれないが、無視できなくなっている。http: //www.slate.com/id/2268309/
http://deepseanews.com/2010/09/why-ocean-scientists-cant-ignore-geoengineering/
ジオエンジニアリング特集 http://www.slate.com/id/2267724/landing/1/
2010/9/27 A Future Tense Event: Geoengineering ジオエンジニアリング会議http: //www.newamerica.net/events/2010/geoengineering

2010/9/23 中国がレアアース(希土類鉱物資源)の日本への輸出停止?と米紙ニューヨーク・タイムズが報道 http://www.nytimes.com/2010/09/23/business/global/23rare.html?_r=1&emc=na

2010/9/22 CO2媒体地熱開発に米エネルギー省が2百万ドル資金、アリゾナ州東部"St. Johns Dome"天然CO2ドーム。http://smartenergynews.net/2010/09/22/greenfire -energy-awarded-2-million-doe-grant/

2010/9/21 米 国はクリーン・コール技術と格闘中、CO2回収・貯留(CCS)付き石炭ガス化複合発電(IGCC)は石炭のCO2排 出低減の本命で、エネルギー省が力を入れているが、コストや支援等の不透明もあり、新技術採用に躊躇。http: //www.nytimes.com/cwire/2010/09/21/21climatewire-states-wrestle-with-clean-coal-technology-wi-44916.html

2010/9/21 CO2回収・貯留(CCS)へ民間投資は前向きだが信頼性と競争力を示すのが前提。CCS民間 投資報告書"Carbon Capture and Storage: Mobilising Private Sector Finance" Climate Group, Ecofin Research Foundation, Global CCS Institute http://www.reuters.com/article/idUS21618585020100920
http://www.theclimategroup.org/publications/2010/9/20/ccs-mobilising-private-sector-finance/

2010/9/21 ナノメーター級薄膜でCO2分離ー回収(CCS)、高い透過性と選択性を兼備、 September 1, 2010 issue of Nanotechnology ("Nanometric thin film membranes manufactured on square meter scale: ultra-thin films for CO2 capture") http://www.nanowerk.com/spotlight/spotid=18139.php

2010/9/20 オ バマ政権の新エネ戦略担う「米バテル研」、CO2回収・貯留(CCS)やスマートグリッド技術などの米国商業化プロ ジェクトを主導。バテル研ワーズワース社長「日本はすぐれたアイデアは豊富だが、事業化や製品群への適用の段階で課題が多い。もっと発明者への対価を上げ たり企業家精神を養う努力が必要かもしれない。」(日経)http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g= 96958A9C93819696E2E4E2E79E8DE3E2E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E3;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB

2010/9/19 メキシコ湾原油流出、完全封じ込め、オバマ米大統領声明、リリーフ井により油井深部にセメント流し込み、米史上「最悪 の環境災害」約490万バレル(約7億8千万リットル)流出

2010/9/18 ヨー ロッパCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト・ネットワーク:2020年までにCCS商用化を実現するために実証 プロジェクト間で知識を共有する。http://www.ccsnetwork.eu/

2010/9/18 ベトナムで肥料工場からCO2回収開始、PetroVietnam Fertiliser and Chemicals Company の Phu My Fertilizer Plant 。http://vietnamnews.vnagency.com.vn/Economy/Business/203773/Carbon-filters-set-to-cut-CO2-emissions-.html

2010/9/17 CO2回 収・貯留(CCS)のサイト選定、長期安全評価のためのコンピューター知識マネージメントシステム開発"Geologic Sequestration Software Suite (GS3)"、米エネルギー省研究所PNNLなど、9月22日GHGT-10国際会議で発表。http: //www.chem.info/News/Feeds/2010/09/topics-plant-operations-a-place-for-carbon-sequestration-collaboration/
http://eponline.com/articles/2010/09/20/knowledge-system-to-be-used-worldwide-to-manage-ghg-storage-collaboration.aspx

2010/9/17 米ウィスコンシン州CO2回収・貯留(CCS)ポテンシャル報告書。http://aesp- wi.blogspot.com/2010/09/psc-issues-final-report-on-potential.html

2010/9/16 産 学連携CO2回収・貯留(CCS)開発ScottishPower Academic Alliance、英電力ScottishPower社とインペリアルカレッジ(ロンドン大)、エジンバラ大。http: //www.energyhelpline.com/news/article.aspx?aaid=800067601&y=2010&m=9&w=3&pid=1

2010/9/16 彗星衝突が生命誕生のきっかけになった?彗星の衝突によりアミノ酸(グリシン)が生成される(Nature Chemistry)。 http://www.nature.com/nature/journal/v467/n7313/full/467281a.html
http://www.nature.com/nchem/journal/vaop/ncurrent/full/nchem.827.html

2010/9/15 百万トン級CO2回収・地中貯留(CCS)によりオイルサンド開発からのCO2排出低 減、シェル社のカナダ・アルバータ州アサバスカ・オイルサンド・プロジェクトJackpine鉱山増強。http: //www.upi.com/Science_News/Resource-Wars/2010/09/15/Shell-looks-to-carbon-capture-in-Canada/UPI-85801284556315/

2010/9/14 金 属-有機構造体によりCO2回収、多孔性材料、ガス貯蔵能力:水素(164 mg g−1) 、 CO2 (2,315 mg g−1)。http: //www.nature.com/nchem/journal/vaop/ncurrent/full/nchem.834.html
http://www.theepochtimes.com/n2/content/view/42500/

2010/9/13 米国ミシガン州CO2地中貯留(CCS)情報サイト(MichCarb) 、http://wsh060.westhills.wmich.edu/MichCarb/

2010/9/10 化石燃料にサヨナラできるか?、CO2を排出する設備の新設を今後完全に止めれば、CO2レ ベルは430ppm以下に抑えられ、気温上昇を1.3度程度に抑制できるが、化石燃料燃焼施設は増加しつづけているので、新設を抑制する事は難しい(サイ エンス誌論文)。 http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/329/5997/1292
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/sci;329/5997/1330
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100910001&expand#title

2010/9/10 石 炭火力環境技術パッケージ事業、双日がカナダ中西部のサスカチュワン州で石炭火力の熱効率向上、CO2回収・利用・ 貯留(CCUS)、排出権創出に至るパッケージ化(電気新聞)

2010/9/10 南アフリカのCO2地中貯留(CCS)ポテンシャルは1,500億トン、主に海底下塩水帯水 層、南アフリカCO2地中貯留(CCS)アトラス http: //www.engineeringnews.co.za/article/newly-launched-atlas-identifies-viable-sites-for-sa-carbon-storage-2010-09-10

2010/9/9 米国フロリダ州大規模石炭ガス化(IGCC)火力発電所でCO2回収・貯留(CCS)パイロットプロジェクト、Tampa Electric Polk Power Stationの250メガワットintegrated gasification combined cycle (IGCC) unit、米国エネルギー省資金によるパートナーシップ。http://www.marketwatch.com/story/tampa- electric-to-capture-and-sequester-carbon-dioxide-at-its-polk-power-station-as-part-of-a-us-department-of-energy-funded-demonstration-project-2010-09-09?reflink=MW_news_stmp

2010/9/9 CO2地中貯留(CCS)シミュレーションモデル開発に4千万ドル、米国エネルギー省、大学と 国立研究所の連合。http://www.wboy.com/story.cfm?func=viewstory&storyid= 85818&catid=3

2010/9/9 「ク リーンコールを巡る最近の動向2010」、『2010クリーン・コール・デー国際会議』関連資料、(財)石炭エネルギーセンター (JCOAL) https://www.brain-c-jcoal.info/ccd2010/conference.html
http://www.brain-c-jcoal.info/news_images/ccd2010_material.pdf

2010/9/9 競争力スイスが1位、日本6位、米国は4位に後退。http: //www.weforum.org/en/index.htm

2010/9/9 中国は国の積極的支援によりクリーン・エネルギーでリード、対照的に欧米のクリーン・エネルギー産業は苦境で、人員削 減や中国へ仕事を移している。http: //www.nytimes.com/2010/09/09/business/global/09trade.html?_r=1&hp

2010/9/9 米 中クリーン・エネルギー研究センター(CERC)、CO2回収・貯留(CCS)などで2大温室効果ガス排出国が連 帯。"Big emitters team up: US–China clean-energy collaboration targets coal and cars." Nature 467, 144 (2010) | doi:10.1038/467144a http://www.nature.com/news/2010/100907/full/467144a.html

2010/9/8 米追加景気対策3500億ドル、研究開発減税恒久化など

2010/9/8 CO2地 中貯留(CCS)サイト地質特性調査10件など工業CCS15プロジェクトを米国エネルギー省が選定、計約6億ドル。枯渇油・ガス貯留層、 深部塩水帯水層、深部石炭層、含油・ガス・有機物頁岩層、玄武岩層が対象、含油・ガス層は油・ガス生産増が期待できるが、塩水帯水層は世界的に膨大なCO2削 減能力がある。1,100年分以上のCO2排出量を封じ込められる。エネルギー省は経済再生でCCSに40億ドル投入し、民間も 70億ドル投資した。http://www.voanews.com/policy/editorials/Storing-Greenhouse- Gas-102394224.html
http://www.energy.gov/news/documents/ICCS_Project_Selections.pdf

2010/9/8 石炭-CO2回収(CCS)-水素製造は競争力があるが、天然ガスからの水素製造に比べ先行投 資が大きい。米エネルギー省NETL報告書2冊。"Assessment of Hydrogen Production with CO2 Capture, Volume 1: Baseline State of the Art Plants"DOE/NETL-2010/1434,"Production of High Purity Hydrogen from Domestic Coal: Assessing the Techno-Economic Impact of Emerging Technologies"DOE/NETL-2010/1432. http://www.netl.doe.gov/energy-analyses/refshelf/Default.aspx

2010/9/8 メキシコ湾原油流出事故BP内部調査報告書、事故原因は複合要因、油井へのガス流入をチェックできなかった。油井の底 のセメント封鎖の不備で、油層から天然ガスが油井に流入、ガスによる油井の圧力増加を作業員が見逃し、安全遮断弁も機能せず,ガスが暴噴した。(注:暴噴 というのは圧力急上昇によってガスや油が噴出することです。ガスが吹き出した後に引火して火災になったので、混同されていますが、引火爆発は原油流出の結 果で、原因ではないと思われます。)http://www.bp.com/sectiongenericarticle.do?categoryId= 9034902&contentId=7064891

2010/9/7 CO2回 収・貯留(CCS)投資と原子力発電所延命、ドイツのエネルギー・ロードマップ。http: //online.wsj.com/article/BT-CO-20100907-703943.html

2010/9/7 国際連帯税導入へ議論、政府税調小委、途上国向けの地球温暖化対策や人道支援に役立てる(北海道新聞)http: //www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/249844.html

2010/9/7 低品位炭からメタンガス製造技術開発、大阪ガス(電気新聞)

2010/9/6 石 炭地下ガス化ーCO2地中貯留(CCS)技術開発のためClean Global Energy Limited(豪)がUniversity of New South Wales (UNSW)と Colorado School of Mines (CSM) に研究資金、石炭地下ガス化後の空洞にCO2地中貯留する。空洞周囲の地下水管理も研究 http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=630&PHPSESSID=8po9arra47eqdcd7r3isi62hf2

2010/9/5 9月最高気温記録39.9度、京都府京田辺市

2010/9/4 米 国経済活性化のためクリーンエネルギー投資や中流減税などのパーケージを来週(8日)発表するーオバマ大統領演説。http: //www.nytimes.com/2010/09/04/us/politics/04obama.html

2010/9/4 東京で多剤耐性菌で9人以上死亡帝京大病院(板橋区)で2009年8月より46人院内感染27人死亡(内耐性菌死9 人)

2010/9/4 火 星に有機物ー生命の可能性復活?1976年バイキング探査で火星に有機物が見つからず、生命の可能性は否定されたが、本当は有機物はあった かもしれない。 http://www.nytimes.com/2010/09/04/science/space/04mars.html

2010/9/4/4:36(日本時間1:36) ニュージーランド南島で大きな地震M7.0クライストチャーチ市に大きな被害

2010/9/3 新化学吸収剤で石炭火力発電CO2回収のエネルギー消費を20%節約とRWE, BASF and Lindeが発表した。http://www.basf.com/group/pressrelease/P-10-395

2010/9/2 CO2回 収・貯留(CCS)など環境技術事業化へ三菱商事と米バテル研究所が提携(日経)。http: //www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E3E291918DE2E3E2EBE0E2E3E29F9FEAE2E2E2

2010/9/2 米中CO2回収・貯留(CCS)協力プロジェクト、米エネルギー省がUS-China Clean Energy Research Center (CERC)でのクリーンコール技術開発のため、West Virginia University, World Resources Institute, Lawrence Livermore National Laboratory他で構成するコンソーシアムをパートナーに選んだ。http://www.energy.gov/news/9443.htm

2010/9/1 今年の日本の夏は最も暑く、8月は平均2.25度高かった。2010年6月〜8月の日本の平均気温は平年より1.64 度高く、統計を開始した1898年以降の113年間でもっとも高い記録、6月は1.24度高く、7月は1.42高いだけだが、8月は2.25度高かった。 東京は6-8月平均気温27.1度で、平年より2.3度高く、35度以上の猛暑日が10日あった。熊谷は猛暑日31日(気象庁)。http: //www.jma.go.jp/jma/press/1009/01a/temp10jsum.html

2010/9/1 米 国エネルギー省のCO2地中貯留リスク評価研究National Risk Assessment Program (NRAP)、国立エネルギー技術研究所をリーダーに Los Alamos, Lawrence Berkeley, Lawrence Livermore, Pacific Northwest 国立研究所が参加。http://www.rdmag.com/News/2010/09/Energy-Environment-DOE- conducts-risk-assessment-for-carbon-sequestration/

2010/9/1 米国のシェールガス開発プロジェクトへ住友商事が参画, ペンシルバニア州の新型ガス田の権益30%を取得。総投資額は 10年間で約1千億円規模。(シェールガス開発は2010/8/24の項にも) http: //www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E1E3E2E1978DE1E3E2EAE0E2E3E29F9FEAE2E2E2;au=DGXZZO0195599008122009000000

2010/9/1 浮 体式洋上風力発電の実証実験、2千キロワット、12年度末から、環境省。(電気新聞)

2010/8/31 ゼロエミッション石炭火力発電技術やメタンハイドレート開発などに厚く配分、経済産業省資源・燃料関係概算要求(電気 新聞)。http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/2011/doc03.pdf

2010/8/30 英国の海底下CO2地層貯留許認可プラン発表、北海海底下に英国は100年分以上のCO2を 貯留できる。英国エネルギー気候省(DECC)。http://www.energyportal.eu/latest-emissions- news/9063-under-sea-co2-storage-licensing-plans-published.html

2010/8/30 地 中熱利用事業化へ地中熱ヒートポンプ空調システム、JFEグループと川崎市が「南河原こども文化センター」(川崎市幸区)で実証実験。 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/industry/20100830_01.html

2010/8/29 インドネシア・スマトラ島のシナブン(Sinabung)火山噴火、400年ぶり。約7万年前に人類を絶滅寸前に追い やったと言われる超巨大噴火をしたトバ火山の北側。インドネシアでは,5月にロンボク島のRinjani火山が噴火、7月にシアウ島の Karangetang火山が溶岩流出。http://en.wikipedia.org/wiki/Sinabung

2010/8/27 深 海に貯留されていたCO2の大量放出が最終氷期末の氷河融解を加速した?氷河期末に大気CO2濃 度が上昇すると共に放射性のC-14の比率が低下。http: //www.nature.com/nature/journal/v466/n7310/abs/nature09288.html

2010/8/26 小麦ゲノムのドラフト配列を英国でリリース(BBC)。

2010/8/26 英国で新500MW燃焼前CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト、ノーサンバーランド州 LynemouthのAlcan社アルミ工場隣接、英政府のCCSコンペティションに参加する。http: //newenergyfocus.com/do/ecco/view_item?listid=1&listcatid=32&listitemid=4313&section=Carbon

2010/8/26 環 境税創設要望、環境省(電気新聞)

2010/8/25 "ドライウォーター"でCO2貯留する研究、英国リバプール大学。http: //www.gizmag.com/dry-water-stores-carbon-dioxide/16138/

2010/8/24 温暖化対策へ石油石炭税増税検討、経済産業省と環境省(電気新聞)

2010/8/24 カナダのシェールガス開発プロジェクトへ三菱商事が参画,ブリティッシュ・コロンビア州のCordova(コルド バ)堆積盆地、シェールガス資産は約5〜8兆立方フィート(LNG 換算約1〜1.6億トン以上)http: //www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2010/html/0000010989.html

2010/8/23 米 国CO2輸送40年、1960年代からCO2-EOR、1970年代からCO2パ イプライン輸送。http://sustainability-counsel.com/2010/08/23/demonstrating- carbon-capture-sequestration-one-step-at-a-time/

2010/8/23 CO2固定付バイオ燃料が最良のジオエンジニアリング太陽光減少ジオエンジニアリングでは海水 準上昇を留められないという研究結果、効果に遅れがあるため。http: //www.pnas.org/content/early/2010/08/20/1008153107
http://www.nature.com/news/2010/100823/full/news.2010.426.html
http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=all-out-geoengineering-still-would-2010-08-23

2010/8/20 堀越 叡『地殻進化学』, 東京大学出版会、360頁,税込6720円,ISBN978-4-13-060747-6、http://www.utp.or.jp/bd/978-4 -13-060747-6.html

2010/8/20 “CO2回 収・貯留(CCS)”と“ジオエンジニアリング”がオックスフォード辞典入り!Oxford Dictionary of English第3版の新項目“Carbon capture and storage : the process of trapping and storing carbon dioxide produced by burning fossil fuels”および“ Geoengineering : manipulation of environmental processes in an attempt to counteract the effects of global warming”、他に“Vuvuzela:ブブゼラ”など2,000の新語句も加えられた(ロイター)。 http: //blogs.reuters.com/environment/2010/08/ccs-makes-it-into-oxford-dictionary-of-english/

2010/8/20 地下水回復、地盤沈下も収まってきたー管理下利用へ国土交通省。日本の地下水総量は約13兆トン、地下にしみ込む雨水 などの量は年1400億トン、日本の地下水利用は約120億トンで,水使用の1割程度、利用の余地は大きい。しかし地下水管理が重要。(朝日新聞夕  http://www.asahi.com/national/update/0820/TKY201008200188.html

2010/8/18 バ イオチャー地中固定で世界CO2排出12%削減できる!"Sustainable biochar to mitigate global climate change" (by Dominic Woolf, James E. Amonette, F. Alayne Street-Perrott, Johannes Lehmann & Stephen Joseph)、Nature Communications 1, Article number: 56 doi:10.1038/ncomms1053, Published 10 August 2010 http://www.nature.com/ncomms/journal/v1/n5/abs/ncomms1053.html

2010/8/17 英国北ノーフォーク沖巨大天然ガス海底地下貯蔵施設実現に近づく、23億立方メートルBaird gas storage project、天然ガス危機に備え。 http://www.upi.com/Science_News/Resource- Wars/2010/08/17/UK-gas-storage-plans-closer-to-reality/UPI-48471282059951/

2010/8/16 米国シカゴ南西の原子力発電所が自動停止、原因究明中だが安全上の問題は無いという。シカゴから100kmの 2300MW Braidwood原子力発電所(Exelon Corp.)http://cbs2chicago.com/local/Braidwood.nuclear.plant.2.1862267.html

2010/8/16 中 国上海の石炭火力発電CO2回収が実用化に1歩前進、Huaneng Shanghai Shidongkou Second Power PlantのCO2回収が年10万トンに増強された。http: //en.ce.cn/Insight/201008/16/t20100816_21725566.shtml

2010/8/14 米イリノイ州Mattoonは新たなCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電所を募集中、FutureGen2.0 の跡地活用、代わりにTuscola や Decatur等の他の近くの町がFutureGen2.0誘致に名乗り  http://www.herald-review.com/business/local/article_2b5f2e8f-7c99-5dea-93cc-bcb27c04bff9.html

2010/8/12 米 国CCS省際タスクフォースが、10年以内に広範なCO2回収・貯留(CCS)実施を大統領に勧告、そのためCCS のコスト低減と障害除去・CO2価格設定、国の推進政策を要するが、克服できない障害はない。CCS省際タスクフォース報告書  http://www.fe.doe.gov/programs/sequestration/ccs_task_force.html

2010/8/12 ドイツのCO2回収・貯留(CCS)はもっと工業とバイオマスからのCO2に 重点を置くべき。 Wupperthal instituteの報告書新版 "Renewable Energies (RE) in Comparison to Carbon Capture and Storage (CCS): An Update"  http://www.wupperinst.org/en/projects/proj/index.html?beitrag_id=1419&projekt_id=286&bid=42&searchart=

2010/8/12 低コストの太陽放射管理(SRM)ジオエンジニアリングは予期しない影響をもたらす、硫酸エアロゾルの成層圏注入の影 響が地域により異なるので、地域間で合意できない。Ricke,K.L., Morgan,M.G. & Myles R. Allen,M.R. :"Regional climate response to solar-radiation management" Nature Geoscience 3, 537 - 541 (2010) Published online: 18 July 2010 | doi:10.1038/ngeo915. http://www.theecologist.org/News/news_round_up/562566/cheap_solar_geoengineering_plans_may_have_unintended_consequences.html

2010/8/12 米国カリフォルニア州Kern郡のCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電で論争、カリ フォルニアの人々は地震に敏感なためCO2地下注入に不安? http: //www.nytimes.com/cwire/2010/08/12/12climatewire-calif-project-spurs-debate-over-a-decarboniz-64147.html?pagewanted=all

2010/8/11 米 大学等のCO2地中貯留(CCS)研究15プロジェクトに3年間2千万ドル、北米のCO2地 中貯留(CCS)ポテンシャルは3.5兆トンで米国とカナダの1千年分のCO2排出量全部を貯留できる、米国エネルギー省。 http://blog.energy.gov/blog/2010/08/11/geological-carbon-sequestration-spelunking-and-you

2010/8/11 地元イリノイ州Mattoonが再改変FutureGenを拒絶、発電所が別の町Meredosiaに移り、CO2を パイプラインで輸送してMattoonに地中貯留する計画に変更されたため。http://thehill.com/blogs/e2-wire/677 -e2-wire/113833-new-troubles-for-revamped-clean-coal-project

2010/8/11 スーパー病原菌:抗生物質が効かない新耐性菌がインドから南アジア/英国へ広がっている(ロイター)

2010/8/10 CO2地 中貯留(CCS)及びCO2原油増進回収施設に温室効果ガス湧出測定値を報告させる?CCS法規の基礎資料にする (米国環境保護庁EPA)。http://www.nytimes.com/gwire/2010/08/10/10greenwire-omb- reviewing-regulations-on-underground-co2-s-97799.html

2010/8/10 CO2回収しやすいケミカルループ燃焼石炭発電に欧米で脚光(電気新聞)

2010/8/9 米国20メガワット・フライホイール・エネルギー貯蔵プラントに4千万ドルの債務保証、エネルギー省が発表、ニュー ヨーク州Stephentown。 http://www.energy.gov/news/9315.htm

2010/8/9 英 国産業連盟(CBI)がCO2回収・貯留(CCS)等の低炭素エネルギー政策の確固とした推進を政府に勧告、政策の 不明確さが低炭素エネルギー投資を妨げている。新報告"No time to lose: Deciding Britain's energy future" http://www.cbi.org.uk/ndbs/press.nsf/0363c1f07c6ca12a8025671c00381cc7/cc7ac0b73334efee8025777700379c67?OpenDocument

2010/8/9 EUはCO2回収・貯留(CCS)に130億ユーロ投資、2020年以後全新設石炭発電所に CO2回収・貯留(CCS)を設置するため。http://www.examiner.com/x-5908- Environmental-Policy-Examiner~y2010m8d9-Europe-investing-in-solar-and-carbon-capture

2010/8/8 環境対策など5本柱-「APEC成長戦略」別府。http: //www.apec.org/apec/news___media/media_releases/20100808new_growth_strategy.html

2010/8/7 石 炭火力発電からのCO2吸収に藻類培養プロジェクト、ドイツ・ベルリン市の南の Senftenberg褐炭火力発電所でVattenfall社がgreen MiSSiON (Microalgae Supported CO2 Sequestration in Organic Chemicals and New Energy) を実施。http://www.bemoreeco.com/2010/08/07/german-power-plant-testing-co2- scrubbing-algae/

2010/8/6 国連:新国際炭素税が地球温暖化防止費用:年千億ドルのため必要、潘基文国連事務総長の諮問パネルが10月に最終報 告。http: //www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5g1JSga_CNGr6cpuIGcVrNxOuOBOAD9HDEAGG0

2010/8/6 モスクワに有害スモッグ、猛暑と干ばつによる森林火災のため

2010/8/5 "FutureGen 2.0":米国CO2回収・貯留(CCS)ネットワークに再生法資金10億ドル、イリノイ州 Meredosiaの200メガワット酸素燃焼石炭火力発電が排出するCO2を280kmのパイプラインでイリノイ州 Mattoonに輸送し、年100万トン以上のCO2地中貯留をする。http: //www.energy.gov/news/9309.htm
http://www.nytimes.com/2010/08/06/business/energy-environment/06coal.html?_r=1&src=busln

2010/8/5 ロシアが穀物輸出禁止、世界3位の輸出国、猛暑-干ばつ-森林火災で小麦生産急減、穀物価格上昇、世界に影響

2010/8/5 三 菱重工と英Foster Wheeler社が英国ケント州Kingnorth超臨界石炭火力発電所(160万kW)の実用スケールCO2回 収・貯留(CCS)装置の初期設計(FEED)を受注。電力会社E.ON UKはこれをもって、英国エネルギー・気候変動省(DECC)が進める大規模なCCS実証プロジェクトに入札する。三菱重工と関西電力が共同開発した吸収 液(KS−1)を用いるKM−CDRプロセス。http://www.mhi.co.jp/news/story/1008054971.html

2010/8/4 石油価格上昇によりCO2回収・貯留(CCS)が採算ラインに近づきつつある? http: //www.bloomberg.com/news/2010-08-04/carbon-capture-closer-to-profit-as-brent-rally-continues-energy-markets.html

2010/8/4 メキシコ湾原油流出事故("Deepwater Horizon leak")の流出原油8億リットルの26%のみが まだ海洋に残存。http://www.nytimes.com/2010/08/04/science/earth/04oil.html

2010/8/2 石 炭と天然ガスは中期的に重要で、CO2回収・貯留は不可欠、英国新首相が地球温暖化防止新エネルギー政策  http://www.triplepundit.com/2010/08/david-cameron-obama-on-climate-change/
Annual Energy Statement: http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/uk_supply/aes/aes.aspx
2050 Pathways Analysis: http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/lc_uk/2050/2050.aspx

2010/8/2 世界最大の商用CO2鉱物化プラント建設へ米エネルギー省から2500万ドル、Skyonic 社のCapitol-SkyMine 第2フェーズ、発電所や工場からCO2を回収して重曹を作る。San Antonio/テキサス州 http://pr-usa.net/index.php?option=com_content&task= view&id=448365&Itemid=28

2010/8/1 電気抵抗トモグラフィで地下CO2挙動モニタリング、深さ3km、米国ミシシッピー州 Cranfield Oilfield、Southeast Regional Carbon Sequestration Partnership (SECARB) http://www.sciencemagnews.com/going-underground-to-monitor- carbon-dioxide.html

2010/7/30 天 然ガスからの高効率CO2回収実証試験、高圧状態で効率的なCO2回収ができる新プロセス (HiPACT: High Pressure Acid gas Capture Technology)、新潟県長岡市越路原プラントで国際石油開発帝石株式会社、日揮株式会社およびドイツ化学メーカーBASF 社 http://www.inpex.co.jp/news/pdf/2010/20100730.pdf

2010/7/30 中国CO2回収・貯留(CCS)法規World Resources Institute:"CCS in China: Toward an Environmental, Health, and Safety Regulatory Framework" http://www.wri.org/publication/ccs-in-china

2010/7/28 米 イリノイ州TaylorvilleでCCS付設716メガワット石炭ガス化複合(IGCC)発電計画、CO2年200 万トン削減に貢献、4億ドルの税控除を受ける。http://www.environmentalleader.com/2010/07/28/ccs- technologies-to-capture-65-and-90-of-co2-emissions-at-coal-power-plants/

2010/7/27 酸素吹き石炭ガス化発電多用途化へ、中国電力とJパワー(電源開発)による「大崎クールジェン」(広島市)

2010/7/26 メタンハイドレート分解で22億年前に「超温暖化」か?氷点下40度から100度上昇(田近英一東大准教授ら)  http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072601000716.html

2010/7/25 微 生物CO2固定2例 http: //www.brighthub.com/engineering/mechanical/articles/79184.aspx
地下帯水層中の微生物へのCO2注入の影響とバイオフィルム形成によるCO2封鎖  http://cee.mit.edu/node/2665
塩湖での微生物によるドロマイト化CO2固定  http://www2.le.ac.uk/departments/geology/extranet/research/PhDprojects/PhDTopic19

2010/7/23 米国アリゾナ州のホピ族議会がCO2地中貯留(CCS)プロジェクト承認、Black Mesa Basinの貯留ポテンシャル調査 http://www.navajohopiobserver.com/main.asp?SectionID=1&SubSectionID=1&ArticleID=12711

2010/7/23 コンクリート・ブロックへのCO2固定研究 http://www.ncma.org/news/enews/Lists/News%20Archive/DispForm.aspx?ID=329&RootFolder=%2Fnews%2Fenews%2FLists%2FNews%20Archive

2010/7/22 CO2利用・リサイクル技術開発に経済再生投資1億ドル:工業源回収CO2を 燃料・プラスチック・セメント・肥料等の有用物に転換する6技術開発プロジェクトに、米エネルギー省。http: //www.energy.gov/news/9247.htm

2010/7/20 第1 回世界クリーンエネルギー閣僚級会議でCO2回収・利用・貯留(CCUS)アクション・グループなど11のクリーン エネルギー技術推進のための国際協力計画に合意した。米国ワシントン市で世界主要23ヶ国会合。 http://www.nytimes.com/gwire/2010/07/20/20greenwire-energy-ministers-endorse-clean-tech-measures-b-89532.html
http://www.energy.gov/news/documents/CCUS-Fact-Sheet.pdf

2010/7/20 世界最大の1,800万トンのCO2地中貯留を実現したIEAGHG Weyburn-Midale油田プロジェクトに米国エネルギー省とカナダ天然資源省が5百万ドルを追加支出する。http: //www.ntm.nickles.com/issues/story.aspx?aid=1000379372&ref=rss

2010/7/20 南アフリカCO2地中貯留(CCS)アトラス来月公開。http: //allafrica.com/stories/201007200387.html

2010/7/19 CO2回 収・貯留(CCS)は中国の排出を18%削減できる、IEA。政府のCCS支援とCO2価格付けが必要、CO2回 収・貯留(CCS)なしでは、中国の50%削減は不可能。http://www.chinapost.com.tw/china/national- news/2010/07/19/265161/China-emissions.htm

2010/7/19 メキシコ湾事故井付近の海底に石油湧出の兆候、事故井の頂部の石油封じ込めには成功したが、圧力上昇により別の所へ湧 出してきたのか、心配されている。メキシコ湾海底では天然の石油湧出も知られている。http: //www.nytimes.com/2010/07/19/us/19oilspill.html?_r=1&th&emc=th

2010/7/19 米 エネルギー省のCO2回収・貯留(CCS)プログラム評価、米会計検査院GAOhttp: //blogs.wvgazette.com/coaltattoo/2010/07/16/new-gao-report-on-carbon-capture-and-storage/

2010/7/16 メキシコ湾1,500m深海試掘井の原油流出止まった:BP発表、4月20日事故発生以来87日ぶり。新設の密閉ぶた による。(共同)

2010/7/14 CO2回収・貯留(CCS)のリスクマネジメントなど温暖化対策で九州大学を「世界トップレベ ル研究拠点」に選定、文部科学省。http://www.kyushu-u.ac.jp/topics/index_read.php?kind= &S_Category=T&S_Page=Main&S_View=&word=&page=&B_Code=2843

2010/7/14 CO2回 収・貯留(CCS)実施法案が米国上院に超党派提案:"Carbon Capture and Storage (CCS) Deployment Act of 2010" http://rockefeller.senate.gov/press/record.cfm?id=326356&

2010/7/14 米国温暖化対策法は電力CO2排出規制に特化?、米上院温暖化対策法案の修正草案(ロイ ター)。http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16283220100714

2010/7/13 400MW天然ガス火力発電所に燃焼後CO2回収・貯留(CCS)計画、英国スコットランド Peterhead。http://www.tradingmarkets.com/news/stock-alert/ssezy_sse-plans -carbon-capture-and-storage-project-at-peterhead-1036917.html

2010/7/12 CO2回 収・貯留(CCS)で日米技術協力、経済産業省。産業技術総合研究所(AIST)や地球環境産業技術研究機構(RITE)が米国研究機関と 協力して、革新的CO2回収技術やCO2長期挙動予測などの共同研究をする。(電気新聞)

2010/7/8 世界に80件の大規模CO2回収・貯留プロジェクト(LSIP:年100万トン以上のCO2貯 留規模のもの)新 Global CCS Instituteステータス・リポート"The Status of CCS projects Interim Report 2010" http://www.globalccsinstitute.com/general_information/reports_papers_documents.html
http://www.thegovmonitor.com/world_news/united_states/doe-invests-67-million-for-carbon-capture-development-35077.html

2010/7/7 先進的CO2回収技術開発10プロジェクトに7千万ドル投資CO2回収 コストを微粉炭発電で30%、石炭ガス化発電で10%以下が目標、米国エネルギー省http: //www.thegovmonitor.com/world_news/united_states/doe-invests-67-million-for-carbon-capture-development-35077.html

2010/7/6 CO2を吸収してバイオ燃料を作る藻培養実験施設、愛知県西尾市デンソー工場内に完成(NHK ニュース)

2010/7/1 温 室効果ガス削減は省エネルギーとCO2回収・貯留技術に懸かる、IEAレポート:Energy Technology Perspectives 2010 -- Scenarios & Strategies to 2050, 650 pages, ISBN 978-92-64-08597-8, paper €100, PDF €80 (2010)、http://www.iea.org/techno/etp/index.asp
http://www.businessweek.com/news/2010-07-01/climate-plan-depends-on-energy-saving-carbon-storage-iea-says.html

2010/6/29 オバマ米大統領がCO2に価格付けする必要を強調、上院超党派議員団に。 http://www.nytimes.com/gwire/2010/06/29/29greenwire-obama-stresses-need-for-price-on-carbon-as-dem-58641.html

2010/6/29 デンマークNiels Bohr InstituteのGary Shaffer教授がCO2貯留による長期漏洩のモデル計算の結果をNature Geoscienceに発表し、「CO2地中貯留(CCS)は最良 のジオエンジニアリング技術であるが、千年間1%以内の漏洩率に抑えないと温暖化を避けられない。CO2漏洩が大きければ、再埋設 を長期間続ける必要がある。」とし、さらにマスコミに「CO2地 中貯留(CCS)放射性廃棄物並みに長期有害で、未来の世代に時限爆弾となる。化石燃料大量使用の正当化にCO2地中貯留 (CCS)を使うな!」と主張しています。モデル計算は仮定に基づくものですが、約200年間の世界のCO2排出の ほとんど約3兆トン(炭素換算で)を貯留し、さらにそのほとんどが遅かれ早かれ漏洩するという設定になっています。これでは温暖化の影響がいずれ現れるの は当然でしょう。結果の図をよく見ると、何もしなければ大気CO2濃度は1200ppm近くになりますが、CO2地 中貯留(CCS)をすれば大気CO2濃度は半分から3分の1くらいに抑制されます。大気CO2濃度は 1200ppm近くになれば、破滅的な地球温暖化になるでしょう。この研究結果は、実はCO2地 中貯留(CCS)の地球温暖化防止効果が著しいことを示していると私は思います。もちろん、CO2長期漏洩を極小にしなければなり ません。地球温暖化防止は世界政治・経済に関わる重要問題です。有料化して論文の内容を見せずに、要旨やマスコミ発表でCO2貯留 (CCS)の温暖化防止効果を否定すれば、否定だけが一人歩きし、世界の政治経済にも影響を与える怖れがあります。これは重大な問題です。 Gary Shaffer:"Long-term effectiveness and consequences of carbon dioxide sequestration", Nature Geoscience, Published online: 27 June 2010 | doi:10.1038/ngeo896, http://www.nature.com/ngeo/journal/vaop/ncurrent/full/ngeo896.html
http://www.nbi.ku.dk/english/news/news10/carbon_sequestration/

2010/6/29 ポー ランドにGeoCO2科学技術コンソーシアム設立、塩水帯水層へのCO2地中貯留(CCS) を研究開発。http://www.polishmarket.com.pl/document/:23396?p=%2FEconomic+ Monitor%2F

2010/6/25 今後数十年間、天然ガスが米国の温室効果ガス排出削減の主役になる(新MITレポート:"The Future of Natural Gas")。古い非効率な石炭火力発電を高効率な複合サイクル・ガス火力発電に置き換え、天然ガス利用は倍増する。しかし、より長期的には80%排出削減 のため、ゼロエミッション発電ー原子力やCCS付火力発電が必要になる。http: //web.mit.edu/mitei/research/studies/naturalgas.html

2010/6/23 有 機物の多い地層にCO2地中貯留をすると地中微生物のメタン生産を促進ことを示唆する結果が発表された。1980年 代に原油増進回収のため人為的にCO2を注入した、有機物に富む夾炭層砂岩貯留層内で、微生物がCO2をメ タンに再生していた。温室効果ガス削減とエネルギー資源再生を同時に実現する夢のカーボンリサイクルが実際に起きていることを立証するには、なお研究が必 要であるが、CO2地中貯留がエネルギー生産にも寄与できる可能性を示している。米国ルイジアナ州。Jennifer C. McIntosh, Peter D. Warwick, Anna M. Martini and Stephen G. Osborn:"Coupled hydrology and biogeochemistry of Paleocene–Eocene coal beds, northern Gulf of Mexico",GSA Bulletin; July 2010; v. 122; no. 7-8; p. 1248-1264 http://bulletin.geoscienceworld.org/cgi/content/abstract/122/7 -8/1248
http://news.discovery.com/earth/bacteria-turn-coal-and-oil-into-renewable-energy.html

2010/6/22 Nature Climate Change(NCC)誌、2011年4月創刊へ。http: //forcast.emailalert.jp/c/adgwadqLmevqpsab

2010/6/21 微生物トラップ:地下に溶解貯留されたCO2の漏洩を防ぐ微生物発見、Bacillus subtilisはバイオフィルムを作り、地下水のpHを高め、炭酸塩化によるCO2永久固定を促進する。http: //www.newscientist.com/article/dn19063-green-machine-bacteria-will-keep-cosub2sub-safely-buried.html

2010/6/21 油 田微生物により貯留したCO2をメタン/水素に変換、温室効果ガスを削減してガス資源を得る。ゴールドシュミット国 際会議基調講演。http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-06/uota- ubi060810.php
http://www.nicernews.com/2010/06/could-bacteria-placed-in-oil-wells-convert-oil-to-natural-gas-while-its-still-in-the-we/

2010/6/21 Parish石炭火力発電燃焼後CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト実施へ米エネルギーと NRG Energyが合意、テキサス州ThompsonsのWA Parish 石炭火力発電所で年40万トンのCO2を回収し て、パイプラインで輸送して原油増進回収に用いる。http://www.theengineer.co.uk/news/doe-signs-deal -to-build-co2-capture-system/1003054.article

2010/6/20 石 炭火力発電が最も経済的、次いで原子力とCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電、太陽光がもっとも高コスト、 Bloomberg New Energy Finance。この記事の原ウェブhttp://www.greendaze.org/do-you-agree-with-nature- magazine-that-solar-is-the-most-expensive-way-to-generate-electricity/は、 Nature誌の発電コストのグラフを根拠にしていると書いてありますが、Nature誌にはそのようなグラフは無く、Bloomberg New Energy Financeのグラフを根拠にしているようです。謝して訂正します。

2010/6/20 八甲田山で火山ガスのため中学2年生死亡、強い硫黄臭があり、二酸化硫黄または硫化水素のため?無風状態で火山ガスが 溜まりやすかった?八甲田山では1997年にCO2ガスのため陸自隊員3人が死亡した。http: //mainichi.jp/select/today/news/20100620k0000e040008000c.html

2010/6/19 CO2回 収・貯留(CCS)が必須、低炭素パスAPEC福井宣言、CO2発生を抑える石炭のクリーン技術の開発、普及 、再生可能エネルギーや原子力などCO2排出量がゼロに近いエネルギーを導入するため個別目標と行動計画を策定、APEC福井宣言 (アジア太平洋経済協力会議エネルギー相会合共同声明)。http: //www.apec.org/apec/ministerial_statements/sectoral_ministerial/energy/2010_energy.html
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061901000312.html

2010/6/18 物理吸収法CO2回収技術開発開始、J-POWER (電源開発株式会社) 若松研究所 (北九州市) 、新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) との共同研究、既に開発中の低〜中圧プロセス向けの化学吸収法と併せ、石炭ガス化複合発電(IGCC)用に高圧プロセス向けのCO2分 離回収技術を開発する。 http://www.jpower.co.jp/news_release/news100618.html

2010/6/18 ”コールド・ユッカ山地処分場”CO2回収・貯留(CCS)は石炭産業の難題か?ユッカ山地放 射性廃棄物処分候補地の経験から比較レポート http://www.marshall.org/article.php?id=891

2010/6/17 中 国はCO2回収・貯留(CCS)市場をリードする(China Daily)。http://english.people.com.cn/90001/90778/90860/7027959.html

2010/6/17 天然ガス火力発電所にもCO2回収・貯留(CCS)が必須、英国、50年に80%排出削減のた め。http://www.guardian.co.uk/business/2010/jun/17/gas-power-carbon- capture

2010/6/17 酸素吹き方式の石炭ガス化複合発電(IGCC)推進体制強化、CO2回収適合、中国電力とJパ ワー(電源開発)(電気新聞)

2010/6/16 CO2貯 留とコールベッドメタン増進回収複合アラバマ試験サイトでCO2注入開始、Black Warrior CO2 貯留プロジェクト、 Southeast Regional Carbon Sequestration Partnership (SECARB) 。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10019-CO2_Injection_Begins_in_Black_Warr.html

2010/6/16 APECエネルギー大臣会合、CO2回収・貯留(CCS)と原子力に注目、2010年6月18 -20日APEC(アジア太平洋経済協力会議)エネルギー大臣会合、福井市(電気新聞)

2010/6/15 フ ランスがCO2貯留(CCS)実験に成功、ラック天然ガス田のメタン精製工場から回収したCO212 万トンをピレネーJuranonのブドウ畑の地下4,500mの枯渇ガス層に貯留する。http: //www.guardian.co.uk/environment/2010/jun/09/carbon-capture-storage-test-france

2010/6/15 メキシコ湾石油流出事故、1日あたり最大1万立方メートルに再修正、米政府。(CNN)

2010/6/14 「CO2回 収・貯留(CCS)は温室効果ガス削減に必須、G8政府と企業の一層の努力が必要」IEAとCSLFがG8サミット(2010年6月25− 26日Muskoka, カナダ)に向け報告書 "Carbon Capture and Storage: Progress and Next Steps" http://www.iea.org/papers/2010/ccs_g8.pdf
http://www.businessweek.com/news/2010-06-14/iea-urges-governments-industry-to-advance-co2-storage-projects.html

2010/6/14 ヨークシャー・ハンバーCO2回収・貯留(CCS)ネットワーク、CO2Sense Yorkshire。 http://www.co2sense.org.uk/Networks/ccs/default.aspx
http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=578

2010/6/14 北海CO2地中貯留(CCS)-2030年に2.7億トン/年、ノルウェーと英国の共同研究報 告書。http://www.npd.no/en/Publications/Reports/One-North-Sea/

2010/6/13-18 CO2貯留(CCS)の地球化学がホットトピック、参加者2,000人、世界最大の地球化学 ゴールドシュミット国際会議 "Goldschmidt 2010", Knoxville,米テネシー州。http://www.goldschmidt2010.org/

2010/6/13 サウジアラビアでCO2貯留(CCS)の地質専門家求人 Saudi Aramco。 http://www.expatengineer.net/expat-engineering- jobs/D7004825773600350951

2010/6/11 ク リーンエネルギー革新に年160億ドル投資を、ビル・ゲイツらが米国新エネルギー戦略を提言、さらにエネルギー研究COE(centers of excellence)構築、超先端エネルギー研究(APRA-E)に年10億ドル、大規模パイロット推進のため新エネルギー・チャレンジ・プログラム創 設。American Energy Innovation Council(AEIC): "A Business Plan for America's Energy Future" http://www.americanenergyinnovation.org/full-report/
http://mainichi.jp/select/biz/it/cnet/archive/2010/06/11/20415029.html

2010/6/10 工業CO2回収・貯留(CCS)の第2フェーズ3プロジェクトに米エネルギー省と私的投資を合わせ10億ドル、 既存のメタノールやエタノールプラントからCO2を回収して塩水帯水層に貯留またはEORに用いる。http: //www.energy.gov/news/9065.htm

2010/6/10 中 国初のCO2回収・地中貯留(CCS)実用プラントが2010年末までに操業開始、内モンゴルのオルドス堆積盆地の 塩水帯水層にCO2地中貯留をする。オルドス市で、年10万トン規模、将来4百万トンに拡張予定。オルドス堆積盆地のCO2地 中貯留ポテンシャルは44億トン。http: //www.bellona.org/articles/articles_2010/first_ccs_china

2010/6/9 CO2地中貯留(CCS)のため地下のCO2の動きを追跡するトレーサー実験に成功、 米エネルギー省(DOE)国立エネルギー技術研究所(NETL)がニューメキシコ州サンファン堆積盆地テストサイトで、炭層に35,000トンのCO2を 地下注入開始し、不活性ガスのパーフルオロカーボン(PFC)をトレーサーにCO2の動きを追跡した。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10016-Tracers_Track_Subsurface_Movement_.html

2010/6/5 次世代CO2-EOR(原油増進回収)技術等開発プロジェクトに米エネルギー省国立エネルギー 技術研究所(NETL)が総額1,000万ドル公募。革新的WAG(水―ガス交互)注入技術、ミシブル・フラッディングなど。http: //www.favstocks.com/netl-soliciting-projects-in-unconventional-fossil-energy-and-co2-eor-research-for-9-7m-in-funding/0516513/

2010/6/5 廃 天然ガス井漏洩事件がCO2回収・貯留(CCS)に影、加アルバータ州エドモントン南西Calmarで住宅地に廃天 然ガス井が見つかり、漏洩を止めるために住宅5軒を撤去して廃天然ガス井をシールする騒ぎになった。1960年代に閉鎖された天然ガス井であるが、記録が 廃棄されていたため、後に住宅地が作られた。付近には他に2本の廃天然ガス井があり、内1本は既にシールされたが、他にも忘れられている廃井があるのでは ないかと懸念されている。アルバータ州には35万本もの油ガス井があり、針山のような状態であるが、ほとんどはきちんと記録されている。しかし、エドモン トン市の近くでも漏洩している忘れられた廃井が存在し、住宅地が建設されていた。アルバータ州は2050年までに年1億トン以上のCO2回 収・貯留(CCS)を計画している。貯留サイト選定を適切に行えば、CO2漏洩の心配はいらないと専門家は言うが、Calmarの 事例が誤りは常に起こりえるという疑念を呼んでいる。http://www.edmontonjournal.com/opinion/Calmar+ leak+conjures+spectre+future+carbon+capture+woes/3115933/story.html

2010/6/4 原子力発電所30年までに14基新増設、経産省行動計画(電気新聞)

2010/6/4 中小地熱開発促進へ、バイナリー・サイクル方式タービン発電機の規制緩和、経産省(電気新聞)

2010/6/3 CO2回 収・貯留(CCS)の健康影響、アミン吸収法でCO2回収に使われるアミンはリサイクルされ、大気に放出される割合 はごく僅かである。しかし、地球温暖化防止のために回収されるCO2量は膨大になるため、大気に放出されるアミンの量もかなり大き くなる怖れがある。アミン類には発ガン性のあるものがあるが、CO2回収に用いられるアミンの毒性は十分に調査されていない。フラ ンス最初の15万トンCO2回 収・貯留(CCS)パイロットプロジェクトをピレネー山麓ジュランソン(ポー市の南隣)でTOTAL 社が計画している。住宅地に近く、地震地帯である。http://co2.jurancon.blog.free.fr/index.php? post/2010/06/03/CCS-and-Health-|-%E2%80%9C-Amines-%E2%80%9D-A-Closer-Look-at-the-Toxic-Compounds-Released-to-the-Atmosphere-by-Carbon-Capture-Processes

2010/6/2 CO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電所を英国グラスゴー付近Hunterston原子 力発電所近くに建設する計画がスコットランド政府に提出された。70年代以来初の石炭火力発電所新設ですが、反対もある。http: //news.bbc.co.uk/2/hi/scotland/glasgow_and_west/10208275.stm

2010/6/1 世界の石炭使用量と温室効果ガス排出量は2035年50%増、政策が変わらなければ、世界温室効果ガス排出量は 2007年297億トンから2035年424億トンへ(CO2換算)、主な増加は中国とインド。"International Energy Outlook 2010 - Highlights" U.S. Energy Information Administration (EIA)。

2010/6/1 主 要国政府と主要石油ガス企業の推進政策が世界的なCO2回収・貯留(CCS)投資を活発化、"Government Policies and the Oil and Gas Industry's Focus have Boosted Global Carbon Sequestration Activities" Published by GlobalData on May 25, 2010 , 9 pages 。http://www.prlog.org/10708690-new-research-on-global-carbon-sequestration-activities.html

2010/6/1 CO2回収・貯留(CCS)への豊富な可能性がカリフォルニアの新たな地下資源。http: //www.favstocks.com/california%E2%80%99s-subterranean-natural-resources-%E2%80%93-a-wealth-of-opportunity-for-ccs/0116017/

2010/5/31 米プリンストン大とノルウェーのベルゲン大がCO2回収・貯留(CCS)共同講義新コース開 設。http://cmi.princeton.edu/news/cee_599.php

2010/5/30 メキシコ湾原油流出事故は長期化、米史上最悪の環境災害に、流出阻止のための「トップキル」技術は失敗、石油流出量は 200万ないし300万リットル(その後6月15日見積もりでは1千万リットルに増加)、石油流出総量は1億リットルを越え、1989年アラスカ沖タン カー座礁事故の4千万リットルをしのぐ米国史上最大の石油流出事故になった。

2010/5/28中 国でのCO2回収・貯留(CCS)にノルウェーが9百万ドル投資へ。http: //www.pointcarbon.com/news/1.1448568

2010/5/28 「中国は2014年までに国内排出権取引市場を開設する」中国政府高官談(Bloomberg) http://www.businessweek.com/news/2010-05-28/china-may-start-state-guided-carbon-market-by-2014-update2-.html

2010/5/28中 南米で2火山噴火27日グアテマラのパカヤ火山、28日エクアドルのトゥングラウア火山が噴火。http: //www.yomiuri.co.jp/world/news/20100529-OYT1T00400.htm?from=yolsp

2010/5/27低 炭素発電ベストミックス、CO2回収・貯留(CCS)など低炭素排出技術開発助成「e8(世界電力首脳の会議)東京 サミット宣言」http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20100527.html

2010/5/2720 年以内に、石炭火力発電所からのCO2排出を全廃できる。以後の石炭火力発電所はすべてCO2回 収・貯留(CCS)を設置しなければならない。NASAゴダード宇宙センターHansenらが論文。http: //pubs.acs.org/doi/full/10.1021/es101320m
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es903884a

2010/5/26枯 渇油層内でCO2をメタンに再資源化、マイクロバブルー分散型CO2貯留(CCS)、広大な海洋玄武岩に CO2貯留、海洋底にCO2が 湧出しても溶解して海面に達しない、地下に超臨界CO2が存在した証拠、産業技術総合研究所のCO2モニタリング技術等CO2回収・貯留 (CCS)関係の最新研究成果が発表された。 日本地球惑星科学連合2010年会「M-AG021 地球温暖化防止と地学(CO2固定、CCS、地球工学等)」セッション目次・ 発表要旨 https://secure.jtbcom.co.jp/jpgu_program/program/M-AG021.html

2010/5/25 トニー・ブレア元英首相がCO2貯留(CCS)を含む環境ベンチャーの特別顧問就任シリコン・ バレーの環境ベンチャー投資企業Khosla Ventures のspecial adviserになった。 http://www.acceunited.org/

2010/5/20 大 気CO2回収・貯留(AirCCS)も必要百年前 より1.4度気温が高くなっている。 米国科学アカデミーから地球温暖化への緊急対処の必要を示す3新報告書"Advancing the Science of Climate Change","Limiting the Magnitude of Future Climate Change","Adapting to the Impacts of Climate Change" http://content.usatoday.com/communities/greenhouse/post/2010/05/new-reports-document-climate-change/1
http://www8.nationalacademies.org/onpinews/newsitem.aspx?RecordID=05192010

2010/5/20 中国石油集団(CNPC)がCO2回収・貯留(CCS)と石油・天然ガス・オイルサンド探 査投 資へカナダ・サスカチュワン州と合意。http: //www.winnipegfreepress.com/business/breakingnews/china-saskatchewan-agreement-could-lead-to-more-deals-in-province-analyst-94517934.html

2010/5/20 米オハイオ州で深部地質調査、CO2回収・貯留(CCS)の普及に備えて。http: //www.farmanddairy.com/news/grants-approved-for-study-of-deep-geology-in-ohio/14975.html

2010/5/20 ニューヨークのような大都市でCO2回収・貯留(CCS)は可能か? http: //www.greenergotham.com/?p=170

2010/5/19経 産省:削減の切り札となるCO2回収・貯留(CCS)の20年代後半本格導入のためアクションプラン策定へ 、エ ネルギー革新技術ロードマップ見直し(電気新聞)

2010/5/19 CO2地中貯留(CCS)の広域漏洩リスク研究プリンストン大、ブルックヘブン研究所、ミシガ ン大。http: //www.netl.doe.gov/publications/factsheets/project/Project647.pdf

2010/5/18日 本の地球温暖化対策法案 が衆議院通過

2010/5/18 メ キシコ湾石油流出事故でオイル・サンドへの依存がますます高くなるが、温室効果ガス排出など環境/経済上のリスクも大きい。 http://www.nytimes.com/2010/05/19/business/energy-environment/19sands.html
オイル・サンドのリスク新報告書 "Canada's Oil Sands: Shrinking Window of Opportunity" http://www.ceres.org/Page.aspx?pid=125

2010/5/17中国が石炭の大量使用を続けるならCO2回収・貯留(CCS)がもっとも効果的な温室効果ガス削減技術である- アジア開発銀行(ADB)。 http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/2010- 05/17/content_9855902.htm

2010年 5月15日(土)午後10:00〜午後10:35NHK教育テレビのサイエンスZERO「資源になる!?二酸化炭素を利用せよ」の中で「メタ ン生成菌はきわめて珍しく、海底から二種類しか見つかっていない」と言っていましたが、実は、メタン生成菌は沼や水田の泥の中など、地下に豊富に棲んでい て、種類も多様です。メタン生成菌は酸素に弱く、地下や動物の腸の中などのような酸素が無い場所にしか棲んでいないため、あまり知られていなかっただけで す。海底だけではなく、沼や湖の地下の堆積物や油田や石炭層の中などでメタン生成菌が最近続々と見つかっていますので、二酸化炭素(CO2)を地中貯留(CCS)しておけば、メタン生成菌によりCO2が メタンに変換され、将来メタン・ガス田として再生する可能性があります。この地下カーボンリサイクル技術は、1999年第4回温室効果ガス管理国際会議(GHGT-4)で私が世界最初に発表し、2000年エネルギー資源学会創立20周年記念懸賞論文 優秀賞を受賞しました。その後、カナダ、米国、ドイツにも研究が広がっています。日本でも細 々ながら研究が進み、琵琶湖岸の地下堆積層や夕張・青森沖の地下石炭層や千葉の天然ガス田 や秋田・新潟の油田などで続々メタン生成菌が見つかり、CO2を 削減しながら、油・ガス田・炭田を再生する夢の技術もようやく実用化の望みも見えてきたところです。サイエンスZEROでは、百年後に使え れば良いと言っていましたが、ずっと早く実現しそうになってきています。なお、蛇足ですが、メタン生成菌は地球生命の共通祖先にごく近い微生物で、しかも火星から来た宇宙生物かもしれないという貴重な生きた化石でもありま す。40億年も生き残り、地下千メートル級の(有機物を含まない溶岩の固まった)玄武岩中でCO2だけでも生きているしたたかな微 生物(だから宇宙旅行も可能だった?深地下や深海底だけでなく、もし火星の地下でもメタン生成菌 が見つかれば、私達が火星からの侵略者の子孫だった証拠になり、21世紀最大の発見になります。昨年、火星にメタンが大量に湧出している地 域が見つかっているので、望みがありそうです。本CCSニュースの2009年1月15日を ご覧ください。最近までメタン生成菌は細菌bacteriaの一種と思われていましたが、まったく異なる生物と判り、古細菌または始原菌 archeaと呼ばれるようになりました。)なのですが、酸素の多い大気中では生きられないので研究が遅れていました。今後、地下生物の研究の進展は、地球環境の理解/保全にも必須です。

2010/5/14毎 年、石油・天然ガス生産総量の2倍の容積のCO2を世界3,400箇所のCO2回収・貯留(CCS)プロ ジェクトで地下注入するようになるー国際エネルギー機関(IEA)は、2050年までに温室効果ガス削減の19%をCCSにより削減すると 予測。 http://cquestor.blogspot.com/2010/05/how-to-jumpstart-carbon-capture -and.html

2010/5/13CO2回 収・貯留(CCS)推進に年20億ドル、米上院温暖化対策法修正案発表。1000ページ近い。温室効果ガス排出を2020年に05年比 17%削減、2050年に80%削減する。全経済にわたる総合的なキャップアンドトレードは見送られ、温室効果ガス排出の多い4セクターに分けて規制す る。電力と石油精製は2013年から、工業と天然ガス配給は2016年から規制する。発電所の法規制を検討するためタスクフォースを創設する。原発や米国 内の石油・天然ガス開発を促進するが、メキシコ湾の石油掘削井事故の影響で、沿岸石油開発に州が拒否権を持つよう変更された。経済再生法による24億ドル に加えて、全化石燃料火力発電所への税により年20億ドル×10年間の資金で、CO2回収・貯留(CCS)実証ナショナルプログラ ムを推進する。またCO2回収・貯留(CCS)にトンあたりのインセンティブが与えられる。新設石炭火力発電所はCCS商用化4年 後から2020年まではCO2排出50%以上削減、2020年以後は65%以上削減する。石炭から天然ガスなど低炭素燃料への転換 も推進する。  http://kerry.senate.gov/americanpoweract/pdf/APAbill.pdf

2010/5/12政 治より技術の方が容易第9回米国CO2回収・固定年会(ピッツバーグ)より http://www.post- gazette.com/pg/10132/1057406-28.stm

2010/5/11CO2削 減に集中する従来の地球温暖化政策に大幅な変更を求める“ハートウェル・ペーパー”が論議を呼んでいる。CO2から 目をそらして温暖化を招くという批判もある。LSE(ロンドン経済大学)の研究報告。日本鉄鋼連盟、日本自動車工業会等がスポンサー。 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science_and_environment/10106362.stm
http://www.lse.ac.uk/collections/mackinderProgramme/theHartwellPaper/Default.htm

2010/5/11隠れた活断層探せ、地下に隠れた活断層を新たに探索、地震調査研究推進本部。http: //www.asahi.com/national/update/0511/TKY201005110214.html

2010/5/10CO2回 収・貯留(CCS)には多くの重大な障害があるが、2020年代初期にはCCS産業は大成長する。 Pike Research新報告書”Carbon Capture and Sequestration: Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts” http://www.pikeresearch.com/newsroom/despite-serious-hurdles-in-the-near-term-carbon-capture-sequestration-will-become-a-market-reality-by-2020
http://www.pikeresearch.com/research/carbon-capture-and-sequestration (小 出注:障害を如何に克服するか?世界の最先端の知恵を集めて、根本からCCSの最良の方法を構築し直す必要があります。そのような方向に進んでいないのが 残念です。)

2010/5/9メ タンハイドレート形成によりメキシコ湾の石油流出防止作業中断。石油流出個所に被せた巨大な箱の頂上の、石油抜きのためのパイプをメタンハ イドレートが塞いだため。 http://www.usatoday.com/news/nation/2010-05-08-oil-rig-blast_N.htm (小出注:今回のメキシコ湾ルイジアナ沖での事故原因は未だ解明中で、いろいろ論議されています。石油掘削時には、異常高圧層と呼ばれる流体圧が高い地層 に突き当たって暴噴することが多いのですが、今回はセメントで固めている最中で、高圧層に突き抜けたのではないようです。掘削井の中は、通常、水と石油で 満たされているので、異常高圧層でなければ水と石油の自重で押さえることができます。ところが、天然ガスが出てきて、掘削井の内部に天然ガスが多くなる と、水や石油より天然ガスの方が軽いので、自重で油層の流体圧を押さえる事が出来なくなって、暴噴することがあります。おそらく、天然ガスが多くなったた めに、掘削井の上部の圧力が急上昇して、それに対応できず、暴噴したのだろうと思います(5/3のニュース参照)。漏れている映像を見ても、天然ガスが多 い事が判ります。天然ガスにはメタンが多く含まれていて、1,500mの深度の海水は低温高圧なため、海水とメタンが混ざるとメタンハイドレートになり、 固化します。そのため石油抜きのパイプにメタンハイドレートが詰まったようです。当面は、汚染拡大防止が急務ですが、原因究明も災害を繰り返さないために 重要です。天然ガス・メタンハイドレートは近未来のエネルギー資源として期待されていますが、有益な物質でも扱い方を誤れば害になる事もあります。メキシ コ湾事故によるBPの負担は4億ドル以上になり、100億ドルに達するだろうと予測されている。流出量は、1日当たり1万立方メートルに達するという説が あり、メキシコ湾に長さ16km×幅5km×厚さ100mの巨大な石油プリュームが生じている。http: //www.nytimes.com/2010/05/16/us/16oil.html?th&emc=th)

2010/5/9CO2回 収・貯留(CCS)コスト増大がエネルギー産業の大幅排出削減の希望を損なう。ノルウェーのフラッグシップCO2回 収・貯留(CCS)プロジェクトNaturkraftガス火力発電所のコスト見積が2007年の3倍に増大した。これは一例だが、そのようなコスト増大が CCSの障害になっている。 http://www.heraldscotland.com/news/transport-environment/rising-cost-of-carbon-capture-is-killing-the-great-green-hope-1.1026267

2010/5/7CO2回 収技術法:大気からCO2を直接回収・貯留する技術開発に賞を与える法案が米国議会委員会Senate Committee on Energy and Natural Resourcesを通過した。 http: //www.businessweek.com/ap/financialnews/D9FI00B80.htm
S.2744 - Carbon Dioxide Capture Technology Act of 2009 http://www.opencongress.org/bill/111-s2744/text

2010/5/7高 効率の天然ガス火力発電への転換が米国のCO2排出大幅削減に貢献。米国の2009年エネルギー関係CO2排 出量は7%の大幅削減になった。不況の影響もあるが、石炭火力発電から高効率の天然ガス火力発電への転換と、風力/太陽/地熱発電の貢献も大きい。 http://www.eia.doe.gov/oiaf/environment/emissions/carbon/?featureclicked=2&

2010/5/7藻 類を利用しCO2から化学製品を生産する研究を株式会社地球快適化インスティテュート(株式会社三菱ケミカルホール ディングスの100%子会社)がカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に委託。 http://www.kaiteki- institute.com/jpn/news/2010/20100507.html

2010/5/7CO2回 収・貯留(CCS)は米国に15万人分以上の職を創造する。American Coalition for Clean Coal Electricity (ACCCE)の研究ー10年版。http://behindtheplug.americaspower.org/2010/05/new-study -job-benefits-of-carbon-capture-and-storage.html

2010/5/7環 境グループがテキサスのCO2回収・貯留(CCS)を支援、Environmental Defense Fund (EDF)とTexas Carbon Capture and Storage Association (TxCCSA) が共同でCO2地 中貯留を許容するテキサスの法規案(SB 1387)を支持するコメントを出した。 http://www.examiner.com/x-42936-Austin-Green- Technology-Examiner~y2010m5d7-TxCCSA-and-EDF-agree-on-carbon-sequestration-rules

2010/5/6協 力がCO2回収・貯留(CCS)成功のカギ、地球CCS研究所Global CCS Instituteのメンバー会合が5月12、13日にピッツバーグで開催される。http: //www.greenbiz.com/blog/2010/05/06/why-collaboration-key-successful-carbon-capture-storage

2010/5/6米国 省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォース公開会合、ワシントンD.C.、誰でも無料で参加でき、公開実況放映 もされる。http: //www.whitehouse.gov/administration/eop/ceq/initiatives/ccs/meetings

2010/5/3「石 油産業のチェルノブイリ」:ガス・バブル上昇による高圧力がメキシコ湾石油掘削リグ暴噴の原因?ノルウェーやブラジルなど他の国の海洋石油 リグで義務づけられているリモートコントロールの緊急遮断スイッチが、米国の海洋石油リグでは義務づけられていない。チェイニー前副大統領による規制緩和 の一つ。http://www.bellona.org/articles/articles_2010/BP_documents (5/9のニュース に解説追加)

2010/5/2ノル ウェーのMongstad大規模CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトの実施決定が4年後に延期、2014年の次 期議会に決定が先延ばしされる。「月面着陸」に匹敵すると、ノルウェー政府が 力を入れていた矢先の後退で、いろいろ憶測を生んでいる。輸送コスト(パイプライン)の大きさが障害か?CO2回収に用いるアミン の健康影響(発ガン性)調査に時間がかかる? http://www.reuters.com/article/idUSTRE6410YM20100502

2010/5/2ハ チの居ない地球へ?米国のミツバチのコロニーが4年続けて3分の1以上越冬できなかった。食料危機の怖れがある。http: //www.guardian.co.uk/environment/2010/may/02/food-fear-mystery-beehives-collapse

2010/4/30 CO2回 収・貯留(CCS)などMasdarクリーンエネルギー・プロジェクトで米国とUAEが協力。http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=562

2010/4/29 米ARPA-E超先端エネルギー技術開発第2弾1億ドル。CO2回収新技術やCO2か らバイオ燃料に微生物変換する技術など37プロジェクト。 http://arpa-e.energy.gov/NewsMedia/News/tabid/83/vw/1/ItemID/21/Default.aspx

2010/4/28 世界“クリ−ンエネルギー革命”が必要。潘基文国連事務総長エネルギー気候変動諮問団報告"Energy for a Sustainable Future"。 http://www.unido.org/index.php?id=7881&tx_ttnews%5Btt_news%5D=467&cHash=db2f49a6e6
http://www.un.org/wcm/webdav/site/climatechange/shared/Documents/AGECC%20summary%20report%5B1%5D.pdf

2010/4/28 CO2回 収・貯留(CCS)技術には大きな可能性がある、米エネルギー省Chu長官が上院委員会で証言。省際CCSタスクフォースでコストなどのバ リアを克服する方策を練っている。http://www.energy.gov/news/8904.htm

2010/4/28 気候変動を確認:米環境保護庁(EPA)報告、USEPA:"Climate Change Indicators in the United States" http://www.epa.gov/climatechange/indicators.html

2010/4/28CO2回収・貯留(CCS)は技術・経済上実用的で、十分な貯留ポテンシャルがある。EU-ZEP:The realities of storing carbon dioxide, A response to CO2 storage capacity issues raised by Ehlig-Economides & Economides http://www.bellona.org/files/fil_ZEP-CO2-Storage-Capacity.pdf

2010/4/26日 立製作所がCCS実用化へ新CO2回収技術開発、酸素燃焼方式石炭火力発電、  株式会社日立 製作所とバブコック日立株式会社とフィンランドの電力会社フォータム社(Fortum Corporation)が協力。日立グループでは、CO2回 収の市場規模が、2020年までに約3兆 円、2030年までに35兆円以上に拡大すると見込んでいます。http: //www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/04/0426c.html

2010/4/25「従来のCO2地中貯留ポテンシャル見積は20倍も過大で、CCSはCO2排出削減に 役立たない」とテキサスの大学教授夫妻が主張して、温暖化対策のためCCSを欧米で重点的に推進しているため議論が起きている。1石炭火力 発電所で排出するCO2を削減するために、小さな州くらいの大きさの貯留層が必要になるという。http: //www.guardian.co.uk/business/2010/apr/25/research-viabilty-carbon-capture -storage 原論文はChristine Ehlig-Economides and Michael J. Economides:"Sequestering carbon dioxide in a closed underground volume",Journal of Petroleum Science and Engineering, Volume 70, Issues 1-2, January 2010, Pages 123-130 (小出注:閉塞された地下貯留層にCO2を多量に注入する と、地下の流体圧力が上昇して入り難くなることを指摘した論文です。ずっと前から周知の問題で、一部の石油・天然ガス層のように閉塞の完全な貯留層ほど圧 力上昇が大きくなります。原油増進回収のように生産井または揚水井を設けて、圧力を下げる事ができます(私 共のCO2地中貯留設計では初期の頃から生産井・揚水井を常設しています。1993年の図をご覧くださ い。)。北海スレイプナーのCO2地中貯留層のような巨大な塩水帯水層や開放的な帯水層では、圧力上昇の効果は局部的で す。操業上および安全上の大きな問題になりえますが、従来のCO2地中貯留ポテンシャル見積を大きく変えることではありません。)
このCCS否定論の提唱者は温暖化懐疑論者でもあるようです。要するに、単純化しすぎた結論(その前提の範囲では正しい)により、もっと複雑な体系全体を 否定する誤りで、"Bumblebee analogy" (マルハナバチは羽が小さすぎて飛べないという“科学的結論”がある!)というそうです。本当の問題は、このような懐疑論が、たとえバカバカしいコジツケ でも、政治や企業が何もしない言い訳にされてしまう事でしょう。詳しい反論は以下に掲載されました。EUによる反論は4/28の項を参照。
http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/publications.html
http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/Popular_Response_to_Economides_Guardian_27April2010.pdf
http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/Formal_reply_to_Ehlig-Economides_Journal_of_Petroleum_Science_and_Engineering_2010.pdf
http://blogs.edf.org/texasenergyexchange/2010/04/30/new-carbon-sequestration-critique-disputed-by-scientific-community/

2010/4/24東 ガスなど都市ガス業界20年温暖化ガス4700万トン削減構想、天然ガス導入拡大(日経電子版)

2010/4/23米上院地球温暖化対策法案は電力セクターのみの排出量取引を2013年から実施、原子力発電促進?温室効果ガスの削減 目標は05年 比で20年までに17%減とする見通し。http://www.reuters.com/article/idUSTRE63M58E20100423

2010/4/22アー スデー(地球の日)、1970年に米国で始まり、40周年。http://www.earthday.jp/

2010/4/22CO2回 収・貯留(CCS)は米国に7万人分の永久職と37万人・年分の建設職を創造する。Clean Air Task Force (www.catf.us)が公開した報告Keybridge Research LLC & University of Maryland Inforum Modeling Project: "Estimating the Economic Impacts of Carbon Capture and Storage" http://www.coaltransition.org/filebin/pdf/CCS_Jobs_Study_CATF.pdf

2010/4/22地 球温暖化対策ー温室効果ガス削減方策新専門誌。Industrial GHG Solutions - The Magazine of Idustrial Green House Gas Measurement and Mitigation" http://www.industrialghg.com/

2010/4/22米ルイジアナ沖で石油掘削リグが爆発沈没、天然ガス暴噴がきっかけ?海底の石油パイプから80万リットル/日の石油が メキシコ湾に流出。大規模な海洋汚染に。http://www.reuters.com/article/idUSTRE63O01U20100425  その後、石油流出量見積もりはしだいに増加、6月15日には3万5千バーレルから6万バーレル(1千万リットル)/日と増え、当分流出を止められそうにな い。1989年アラスカ沖タンカー座礁事故の総流出量4千万リットルをはるかにしのぐ米国史上最大の石油流出事故になった。

2010/4/22ノ ルウェーのCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのコスト見積が2年間で3倍に上昇した。13億ユーロになった。 http://www.endseurope.com/23783

2010/4/21CO2鉱物固定実証プラントが米テキサス州サンアントニオ市で操業開始。 テキサス最大のセメン ト工場Capitol Aggregatesで、Skyonic社はSkyMine 大規模商用プラントを将来建設する予定。産物の重炭酸ナトリウムは、バイオ燃料のための藻類育成に有用で、温室効果ガス削減と共に利益が見込める。 http://www.newenergyworldnetwork.com/renewable-energy-news/by_technology/energy_efficiency/us-carbon-capture-developer-skyonic-starts-operations-at-carbon-mineralisation-demonstration-facility.html

2010/4/20CO2回 収・地中貯留(CCS)実証試験誘致へ向け苫小牧CCS促進協議会発足、苫小牧市と企業が連携、経産省の委託を受けた日本CCS調査が苫小 牧沖と磐城沖を候補として地中調査を進めている。(苫小牧民報 、電気新聞)

2010/4/20西テキサスCO2回収(CCS)付き石炭火力発電所建設に環境グループが反対しないことを決め た。テキサス州Sweetwater付近の600メガワット石炭火力発電所Tenaska's Trailblazer Energy Centerは、排出するCO2の85%以上を回収して、西テキサスで原油増進回収するため地下にCO2地 下注入をする。環境グループ Environmental Defense Fund は石炭火力発電所建設に反対しない事に同意したが、 Sierra Clubは反対を続けている。 http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/news/localnews/stories/DN-coalburning_20met.ART.State.Edition1.4c49f1b.html

2010/4/19地 球温暖化が地震・火山噴火・地すべりを活発化!?ガス・ハイドレートの不安定化による大規模海底地すべり、海水準変動による誘発地震、氷河 荷重減少による火山噴火など気候・水圏変動と地質災害の関係を論じたPhilosophical Transactions of the Royal Society A誌特集号'Climate forcing of geological and geomorphological hazards'(May 28, 2010 368巻)刊行 http://www.guardian.co.uk/environment/2010/apr/19/climate-change -geological-hazards

2010/4/16ドイツのアーヘン大学で採掘せずに石炭を利用しCO2貯留コストを低減する研究:石炭地下ガス 化で生じた空隙にCO2地中貯留することにより、低コストでガス生産とCO2削減を実現する。http: //www.nytimes.com/gwire/2010/04/16/16greenwire-researchers-explore-coal-without-mining-in-bid-90786.html

2010/4/16「核 の春」が来るか?核軍縮が進み、プルトニウムの平和利用が必要になる。地球温暖化防止のため原子力発電が期待されているが、廃棄物対策がま すます重要になる。

2010/4/14CO2回収・貯留(CCS)ークリ−ンコールがエネルギー新時代を拓く、米下院公聴会で石炭産業首脳が証 言、Select Committee on Energy Independence and Global Warming公聴会“The Role of Coal in a New Energy Age” http://globalwarming.house.gov/pubs?id=0017

2010/4/14ア イスランド氷河下で新たな割れ目噴火、3月21日割れ目噴火の近く、新たな噴火口はEyjafjallajokul氷河に覆われていたため 氷河の融解により洪水発生。火山灰により英国空域が全面閉鎖され、ヒースロー空港等ヨーロッパ北部の空港が閉鎖され空路マヒ。地球規模の寒冷化「火山の冬」を引 き起こすような大規模噴火になるか注目されます。アイスランド中央を縦断する大地溝(大西洋中央海嶺の一部です)を形成する割れ目群からの噴火です。今回 の噴火で形成されたEyjafjallajokul割れ目の北東延長で、同じ大地溝帯中のラキの割れ目群で、1783年にアイスランド史上最大の噴火がありました。ラキ噴火では、火山灰がイギリスまで降り、ヨーロッパを二酸化 硫黄微粒子を含む噴煙が覆った。煙霧と天候不順で餓死・病死が増え、アイスランドの人口が20%減った。その後数年世界で天候不順が続き、1789年フラ ンス革命の一因になったと言われています。

2010/4/14CO2回収・貯留(CCS)30%、原子力30%、再生可能エネルギー40%、ヨーロッパ低炭素経済ロードマップ2050、European Climate Foundation (ECF) :‘Roadmap 2050: a practical guide to a prosperous, low-carbon Europe’ http://www.roadmap2050.eu/

2010/4/14米 国政府の推進により2009年地熱開発26%増、15州188プロジェクトで7千MW以上の発電能力増。Geothermal Energy Association (GEA)のレポート" The April 2010 US Geothermal Power Production and Development Update" http://www.geo-energy.org/

2010/4/14中国青海省玉樹M6.9地震、死者・不明1,000人以上

2010/4/14国 際エネルギー機関(IEA)がカナダにCO2回収・貯留(CCS)開発の国際リーダーシップを採るよう勧告、"Energy Policies of IEA Countries - Canada 2009 Review" http://www.iea.org/w/bookshop/add.aspx?id=395

2010/4/14AAPG のCO2地中貯留(CCS):予測と検証会議の要旨集2009/8/16-19Geological Carbon Sequestration: Prediction and Verification:AAPG Hedberg Conference,Vancouver, BC, Canada。)要旨ダウンロード http: //www.searchanddiscovery.net/abstracts/pdf/2010/hedberg_vancouver/

2010/4/13 CO2地中貯留(CCS)のサイト選定から閉鎖後に至るライフサイクルをカバーするガ イドライン'CO2QUALSTORE Guideline for Selection, Characterisation and Qualification of Sites and Projects for Geological Storage of CO2', Det Norske Veritas (DNV) http://www.dnv.com/industry/energy/rules_standards/qualstore_guideline_co2/index.asp

2010/4/13 CO2回収・貯留(CCS)国際法規シンポジウム(2010/3/15-16 at New York University)資料などCCS法規関係会議資料ダウンロード http://www.ucl.ac.uk/cclp/ccsprojectnews.php

2010/4/13ア フリカ/モザンビクでCO2回収・貯留(CCS)会議、"Maputo seminar on carbon capture and storage" http://allafrica.com/stories/201004130740.html

2010/4/12 秋田県湯沢市で地熱発電所建設へ調査Jパワー(電源開発)、三菱マテリアル、三菱ガス化学。地熱発電所新設 は国内では1999年以来になる。 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g= 96958A9C93819696E3E0E291E38DE3E0E2E6E0E2E3E28698E2E2E2E2?n_cid=DSGGL001

2010/4/9 CO2回収・貯留(CCS)をカリフォルニアの新産業に:4月22日 California Carbon Capture and Storage Review Panel初会合 http://www.centralvalleybusinesstimes.com/stories/001/?ID=14862

2010/4/9 CO2地中貯留(CCS)の方法を見つける事が最優先課題:新イリノイ地質調査所長。 http: //www.sj-r.com/news/x998205171/CO2-top-concern-for-state-Geological-Survey-new-director-says

2010/4/9 CO2回収・貯留(CCS)は石炭ガス化発電に付設される事が多くなっ ているため、天然ガス価格の影響を受けて商用化が進まないが、ロシアに天然ガスを頼っている中 国は20件の石炭ガス化プロジェクトを計画している。 http: //www.nytimes.com/gwire/2010/04/09/09greenwire-recession-chills-zeal-for-highly-touted-co2-ca-12931.html

2010/4/8 新 潟県十日町市の松之山温泉で温泉を利用した地球にやさしい小規模地熱発電の実証研究、地熱技術開発と独立行政法人産業技術総合研究所、環境 省 委託(日経)

2010/4/8 核軍縮でプルトニウム廃棄に何十年も要する。http: //www.nytimes.com/2010/04/09/world/europe/09nuke.html?th&emc=th

2010/4/8 ポー ランドがCO2排出権を日本企業に四千万ドルで売ったと発表した。企業名は公表されていな い。http://economictimes.indiatimes.com/Developmental-Issues/Poland-sells- 30-million-euros-of-CO2-quotas-to-Japan-Report-/articleshow/5775152.cms

2010/4/8 英CO2回収・貯留(CCS)資金のため電力会社に課税。英国は、 CCSにより2050年80%排出削減(1990年比)をする。CCS技術開発は英経済に年100億ドル、10万人雇用を加える。 http: //www.businessweek.com/news/2010-04-08/u-k-set-to-tax-electricity-to-fund-carbon-capture-and-storage.html

2010/4/8 経 済性の良い浅い塩水帯水層(深さ約500m)へのCO2地中貯留調査井掘削開始へ米ミズーリ 州スプリングフィールドCity Utilities' Southwest Power Station。http://www.news- leader.com/article/20100408/NEWS01/4080362/0/NEWS06/Federal-earmark-helps-City-Utilities-carbon-sequestration-project

2010/4/8 鹿児島県桜島で地盤膨張-大きな噴火活動の前兆?

2010/4/8 地球温暖化対策を協議する主要経済国 フォーラム(MEF)18日−19日米国ワシントンで開催 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14721820100408 ドイツも5月2 −4日ボンで温暖化対策の閣僚級会合を開催する。http: //www.47news.jp/CN/201004/CN2010040901001081.html

2010/4/7 怯えた住民の怒りがドイツの石炭火力発電CO2回収・貯留プロジェクトの障害に。  枯渇しつつあるアルトマルク天然ガス田へのCO2ーEGRが最有望 http: //www.nytimes.com/gwire/2010/04/07/07greenwire-frightened-furious-neighbors-undermine-german-35436.html?pagewanted=all

2010/4/6 CO2回収・貯留(CCS)は地球温暖化解決策になるか?特効薬かマヤカシか?ワシントンポストのパネル ディスカッション。 http://views.washingtonpost.com/climate-change/2010/03/is_carbon_capture_the_solution/all.html

2010/4/6 世界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトと政策に関する新報告Global Carbon Policy Analysis: Policy Initiatives Driving the Growth of the Carbon Sequestration Market , http://www.bharatbook.com/Market-Research-Reports/Global-Carbon-Policy-Analysis-Policy-Initiatives-Driving-the-Growth-of-the-Carbon-Sequestration-Market.html

2010/4/5 NASAの地球観測ー特に気候変動研究が大幅に強化される。米オバマ政権は科学―特に地球科学に重点を置き、NASA の地球科学プログラムは60%増になる。 http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=125507009

2010/4/5 米 ルイジアナ州Delhi油田CO2-EORによる原油生産が3月に始まった。CO2注入は前年11月に開始、本年中頃の原油生産開始予定より早かった。 http://www.prnewswire.com/news-releases/evolution-petroleum-reports-first-eor-oil-production-at-delhi-89899567.html

2010/4/3 米国省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォースのホームページ開設 http://www.whitehouse.gov/administration/eop/ceq/initiatives/ccs

2010/4/1 東京都の「キャップアンドトレード」制度スタート。東京都が大規模事業所にCO2排 出総量削減を義務付け、キャップ・アンド・トレード制度が始まった。また、温暖化対策行程表(ロードマップ)の環境相試案が発表された。温暖化対策を夏の 参院選マニフェスト(政権公約)にするよう鳩山首相が政権公約会議で指示した。

2010/4/1 オ バマ米大統領は米東海岸沖の 石油・ガス開発を打ち出し、環境派からも共和党からも批判されているが、温暖化対策法案を後押しする可能性が ある。http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid= apfB4ged5FSc

2010/3/31 気候ゲート事件、データ改ざんは無いが、気候科学は透明性を高めるべき、英下院科学技術委員会報告書 'The disclosure of climate data from the Climatic Research Unit at the University of East Anglia', HC 387-I http://www.parliament.uk/parliamentary_committees/science_technology/s_t_cru_inquiry.cfm

2010/3/25 クリーン・エネルギー投資額トップは中国、2位米国・・・日本は15位(G20の20ヶ国中!)オリンピックだけでは なかった!中国のクリーン・エネルギー投資額は346億ドルで2位米国の倍、日本は8億ドルで中国の43分の1(The Pew Charitable Trusts’ Who’s Winning the Clean Energy Race? http://www.pewtrusts.org/news_room_detail.aspx?id=57972 による)http://www.nytimes.com/cwire/2010/03/25/25climatewire-china-leads- major-countries-with-346-billion-15729.html

2010/3/25 す べての石炭火力発電所新増設はCO2回収・貯留(CCS)"Ready"へ、2020年ごろ CO2回収・地中貯留(CCS)商用化、2030年までに石炭火力にCCS導入、2020年までに原発8基 増設、経済産業省の新「エネルギー基本計画」骨子案、日本も世界的動きに同調か?(METIによれば、2009年6月のEU指令では、30万kW以上の火 力発電所の新設に係る許認可の要件について、"CCS Ready"として、(1)適切なCO2貯留地点が 存在すること。(2)CO2輸送が技術的かつ経済的に可能であること。(3)将来のCO2回収・圧縮設備の建設が技術的かつ経済的に可能であることについての調査を要求。さらに、CO2の回収および圧縮に必要な施設のためのスペースを確保することを要求。) http://www.meti.go.jp/topic/downloadfiles/100324a02j.pdf

2010/3/25 CO2回収技術賞を米上院議員が提案 http://keionline.org/node/818

2010/3/25 「CO2回収・貯留(CCS)は経済成長をもたらし、地球温暖化対策−エネルギー政策を建設的にするポテンシャルがある。」CCS 推進のための新エネルギー法案を米上院議員が準備中、CCS技術革新プログラムに15年間8.5億ドル、CCSパイオニア・プログラムで20GW-CCS システムの早期実現、CCS早期適用プログラムではCO2回収量に応じた税控除で投資を促進する。 http://www.statejournal.com/story.cfm?func=viewstory&storyid=77292

2010/3/24 CO2地中貯留サイトからの湧出量報告を義務化、米環境保護庁温室効果 ガス排出量報告制度拡充。 http://www.wbcsd.org/plugins/DocSearch/details.asp?type=DocDet&ObjectId=MzgwMzU

2010/3/24 地球温暖化懐疑論は20年来の組織的産業、グリーンピース報告書。 http://www.greenpeace.org/international/press/reports/dealing-in-doubt

2010/3/24 新CO2回収剤にアミノシリコン:シャンプーや洗濯後の柔軟剤に使われ る成分を石炭火力発電所の排ガスからCO2を吸収するために用いる研究。 http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-03/acs-nc030910.php

2010/3/23 中 国の石炭火力発電所にCO2回収の動き http://www.gasworld.com/news.php?a=4537]]]

2010/3/22 CO2回収・貯留(CCS)イニシァティブに100億ドル(10年間×年10億ド ル)。電力セクターだけを対象にキャップアンドトレードをするが、排出枠は フリーに与える。米・医療保険改革法案可決と共に温暖化対策法案にも展望が開 けてきた。明らかになってきた上院妥協案の内容は:包括的なキャップアンドトレードの代わりにセクター別アプローチを採り、米国の温室効果 ガスの40%を排出する電力産業を対象としたキャップアンドトレードに限定し、初期EU取引制度と同様に排出枠を任意に与える。工業への温室効果ガス規制 は2016年からになる。価格をCO2トンあたり10ドル以上30ドル以下に限定する。石油税;新原発への 540億ドル政府保証;炭素規制をしていない国からの輸入に炭素関税をかける。 http://www.businessgreen.com/business-green/news/2259898/obama-healthcare-victory-clears
http://www.sustainablebusiness.com/index.cfm/go/news.display/id/19982
http://www.reuters.com/article/idUSTRE62G3YG20100319

2010/3/22 中 国最大の電力会社China Huanengグループが24万トンのCO2を回収した。上海 と北京の石炭火力発電所で12万トンずつ。 http://www.chinapost.com.tw/china/business/2010/03/22/249369/China-Huaneng.htm

2010/3/22 2千5百万ポンド新CCS研究開発プロジェクトを英Energy Technologies Institute (ETI)が開始低 コストCO2回収技術を開発。CO2地中貯留ポテンシャル評 価にも約4百万ポンド。 http://www.greenwisebusiness.co.uk/news/eti-launches-25m-ccs-research-project-1230.aspx

2010/3/21 地下450m深の石炭層へのCO2注入をウェストバージニア州 Marshall郡でConsol社が開始した。http: //blogs.forbes.com/energysource/2010/03/16/with-gas-deal-consol-strives-to-turn-coal-green/

2010/3/21 ア イスランド氷河近くで割れ目噴火、首都レイキャビック南東160km、450人避難。http: //www.usatoday.com/news/world/2010-03-21-iceland-volcano_N.htm

2010/3/20 カリフォルニアCO2回収・貯留(CCS)連合誕生。http: //www.electricityforum.com/news/mar10/CaliforniaCCSCoalitionisborn.html

2010/3/20 中 国におけるCO2回収・貯留(CCS)の展望についての報告、China Power社。http://nanopatentsandinnovations.blogspot.com/2010/03/china-power -report-reviews-carbon.html

2010/3/20 CO2回収(CCS)が将来の農業を助ける?化石燃料の燃焼によるCO2を温室に注入して植物成長を助けるなどの研究開発を推進すべき。http: //www.glgroup.com/News/CCS-may-yield-positive-important-future-farming-industries.-47209.html

2010/3/19 仏独が京都議定書2008年目標達成、約束期間の初年度。http: //www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100319ATGM1803718032010.html

2010/3/19 CCS付きIGCC石炭ガス化火力発電所のコスト$5,500/kW、30% コスト増、Mississippi Power 社の計画する582 MW Kemper County integrated gasification combined cycle (IGCC) coal-fired power plant。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/1243586990/articles/powergenworldwide/coal-generation/new-projects/2010/03/igcc-cost-wrap.html

2010/3/18 米英ジオエンジニアリング共同声明、米下院科学技術委員会と英下院科学技術委員会が報告書 'The Regulation of Geoengineering', HC 221, http://www.parliament.uk/parliamentary_committees/science_technology/s_t_geoengineering_inquiry.cfm

2010/3/18 英 国は2050年までに80基の原発かCO2回収・貯留(CCS)付き石炭火力発電所が必要、Royal Academy of Engineering (RAE)報告書'Generating the Future: UK energy systems fit for 2050', http://www.raeng.org.uk/news/releases/shownews.htm?NewsID=553

2010/3/18 カナダで世界初のセメント工場CO2回収―バイオ育成リサイクル、カナ ダのオンタリオ州南西のSt. Marys Cement 社のセメント製造工場で、回収したCO2をバイ オリアクターに注入して藻類を育成し、工場の余熱で藻を乾燥して、セメント製造の燃料に用いるリサイクルをしている。アジア太平洋パートナーシップで、中 国のセメント工場への応用のために資金を得ている。 http: //theenergycollective.com/TheEnergyCollective/61289

2010/3/17 都市を覆う“CO2ドーム”が大気汚染を悪化。 http: //pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es903018m?cookieSet=1&journalCode=esthag

2010/3/17 英 国初のCCS低炭素経済地域にヨークシャー/ハンバーを指定。CO2回収・貯留(CCS)産業セクターは10万人を雇用し、年65億ポンド産業になる(2030年)。 Ed Milibandエネルギー気候相 http: //www.guardian.co.uk/environment/2010/mar/17/carbon-capture-and-storage-strategy
http://www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/4693847157/articles/powergenworldwide/Business/Policy/2010/03/uk-launches__ccs_economic.html

2010/3/17 米国コロラド州もCCSタスクフォース発足 http://www.indenvertimes.com/levy-schwartz-white-looper-to-serve-on-ritters-carbon-capture-task-force/

2010/3/17米 ウォール街温暖化対策「石炭株を買い、太陽光関連を売れ」政府の大気汚染抑制に向けた支援が削減される可能性があるとの市場心理を反映。国 際エネルギー機関(IEA)によると、石炭は世界の発電燃料の約41%を占め、この割合は30年までに44%に 拡大すると予想されている。http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid= a7opzHL0kjB8

2010/3/17 米国ワイオミング州の突貫計画:「緑の石炭」グリーンコール開発 米国最大の石炭産地は、CO2回収・貯留(CCS)実現に努力。 http://www.nytimes.com/cwire/2010/03/17/17climatewire-wyos-crash-program-to-develop-green-coal-18583.html

2010/3/16 英 国スコットランドHunterstonでCO2回収・貯留(CCS)付き1.2ギガワット石炭火力発電所、Ayrshire Powerが45億ドル計画。http: //www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/5988816999/articles/powergenworldwide/coal-generation/new-projects/2010/03/ayrshire-power_submits.html

2010/3/16 海への鉄分散布により有害な藻類異常発生の怖れ。ジオエンジニアリングの副作用? http: //www.wired.com/wiredscience/2010/03/neurotoxic-geoengineering/

2010/3/15 中 東最初の地熱井掘削開始ア ブダビの再生可能エネルギー・イニシアティブ:Masdarが2,800mと4,500mの地熱井を掘削。 http://www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/2342113333/articles/powergenworldwide/renewables/geothermal/2010/03/masdar-commences_drilling.html

2010/3/15 米イリノイ州DecaturのCO2地中貯留(CCS)サイトで三次元地震探査Midwest Geological Sequestration Consortium (MGSC)、2011年CO2地 中注入実施前に必須の地下帯水層のベースライン(初期)データを取得した。http: //fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10009-Illinois_CO2_Project_Moves_Forward.html

2010/3/14 カ ナダのCO2地中貯留(CCS)能力は十分、長期リスクの独立評価のため情報をすべて公開。  アルバータ州のWabamun Area CO2地中貯留プロジェクト (WASP)など4大規模CCSプロジェクトに20億ドル、十分な貯留ポテンシャルがある。http: //nanopatentsandinnovations.blogspot.com/2010/03/canadian-greenhouse-gas-storage.html

2010/3/13米インディアナ州住民がCO2パイプライン反対のグループを結成した。CO2地下圧入による地下水汚染と誘発地震を懸念。(AP) http: //www.daytondailynews.com/news/ohio-news/opponents-of-co2-pipeline-make-pre-emptive-strike-597650.html

2010/3/12 日本の地球温暖化対策基本法案を閣議決定、今国会成立を目指す。25%削減、排出量総量規制、原単位方式も検討、原発 推進。

2010/3/12 日 豪政府共同で低品位石炭の天然ガス転換技術商業化へ、新日鉄エンジニアリングが受注して、11年度から大型試験プラント建設。(日経) http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100312ATFS1102L111032010.html

2010/3/12 北海道の自治体がCO2排出枠を収入源に期待、国内版排出クレジット (J―VER)の発行を目指す。(日経)http: //www.nikkei.co.jp/news/retto/20100311cfc1100e11.html

2010/3/12 英 国政府がCO2回収・貯留(CCS)設計にクリーンコール基金付与、E.ON UKのKingsnorth石炭火力発電所(テームズ河口南岸)とScottishpowerのLongannet石炭火力発電所(Fife,スコットラ ンド)は公的資金を得て設計後、審査によりCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのための基金数億ポンド の最終獲得者が決まる。ドイツのRWE社による中央イングランド TilburyのCCS石炭火力発電所(テームズ河口近くの北岸)も候補に残っている。いずれの計画もCO2地 中貯留のため北海底の油田・塩水帯水層へのパイプライン・アクセスが課題。http: //in.reuters.com/article/idINLDE62B1TW20100312

2010/3/12 米国クリーンコール発電イニシァティブ(CCPI)第三ラウンドで燃焼前CO2回収・貯留(CCS)石炭複合ガス化発電テキサス・クリーンエネルギー・プロジェクト、テキサス州 Midland-Odessaの西に、Summit Texas Clean Energy LLC (STCE) が新工場を建設、年最大300万トンのCO2を回収し、west Texas Permian Basinの油田で原油増進回収に用いる。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10008-DOE_Awards_Cooperative_Agreement.html

2010/3/12米国クリーンコール発電イニシァティブ(CCPI)第三ラウ ンドでウェストバージニア州Mountaineer商業規模CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト、1300MW石炭火力発電所の235MW分の排ガスから冷凍アン モニア法(CAP)で年150万トンのCO2を回収し、深さ約2,000mの塩水帯水層に地中貯留する。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10007-DOE_Awards_Cooperative_Agreement.html

2010/3/10 CO2回収ー原油増進回収は米国に一挙両得(win-win)、CO2排出 と石油輸入の両方削減。米国は2020年までに約8千万トン/年、2030年に約5億トン/年のCO2を 回収するようになり、それを原油回収に利用すれば2030年に3百万バーレル/日の原油を回収でき、7千億ドル近い石油輸入費を節約できる。 ARI CCS-CO2-EOR白書、  http://www.adv-res.com/pdf/ARI%20CCS-CO2-EOR%20whitepaper%20FINAL%203-10-10.pdf

2010/3/9 「サウジアラビアはCO2回収・貯留(CCS)のパイオニアになる。」 湾岸環境フォーラム、ジッダ、サウジアラビア。http://arabnews.com/saudiarabia/article27714.ece

2010/3/9米国クリーンコール発電イニシァティブ(CCPI)第三ラウン ドでテキサスCO2回収・貯留(CCS)実証 プロジェクトに1,500万ドル。NRG Energyがテキサス州Thompsonsに60メガワットCO2回 収実証プラントを作り、近くのTexas Gulf Coast oilfieldsでCO2-EOR-地 中貯留を行う。 http://www.energy.gov/news/8729.htm

2010/3/8米国 が次世代原子力発電(NGNP)設計に5千万ドル。http://www.energy.gov/news/8723.htm

2010/3/8 温泉発電(地熱バイナリー発電)広がるか?沸点の低いペンタンやアンモニアを熱媒体に使って、従来の地熱発電より温度 の低い摂氏53度から120度程度の温泉くらいの温度の湯で発電できる。環境への負荷が小さく、堆積盆地などで潜在資源が大きいので、温泉と共存共栄でき れば、地熱発電を飛躍的に拡大させられそう。(朝日)

2010/3/8 ア ジア・大洋州で地熱発電増強、インドネシアでは発電所増設計画のうち4割が地熱発電 、フィリピンやニュージーランドでも新設計画(日経)http: //www.nikkei.co.jp/news/main/20100308ATGM050F908032010.html

2010/3/6 中国青海省でメタン・ハイドレート探査増強、青海―チベット高原のメタン・ハイドレート資源は石油350億トン相当 で、中国の90年分のエネルギーを供給できると期待されている。http: //news.xinhuanet.com/english2010/china/2010-03/06/c_13200033.htm

2010/3/6 地球温暖化対策に日本原発34基新設必要エネ庁試算。20年までに温室効果ガス25%減(1990年比)という方針の 実現に原発8基新設が必須、30年までにさらに6基、2030年以降20基の新設が必要(毎日)http: //mainichi.jp/select/science/news/20100306dde035040022000c.html

2010/3/4 地 元の町の住民は放射性トリチウムを漏洩した米原発の存続を支持、15の町がVermont Yankee原発の閉鎖と代替エネルギーの探索をバーモント州に求めたが、地元の町Vernonは主要雇用元である原発の存続を支持している。トリチウム 漏洩は少量で健康被害は無く、全米で20以上の原発で漏洩が見つかっている。

2010/3/2 工場排気から回収したCO2で藻類を増殖し、バイオ燃料を生産する実証実験、Honeywell 社のバージニア州Hopewell工場で、米エネルギー省から150万ドルの資金協力により実施する。藻類が工場排水から窒素分を吸収するので、CO2回 収・利用の上に排水浄化の効果もある。http://www.prnewswire.com/news- releases/honeywells-uop-awarded-funding-for-carbon-dioxide-capture-and-reuse-through-algae-growth-and-biofuel-production-85948492.html

2010/3/2 セメント工場でCO2回収・地中貯留(CCS)実証へ、Cemex社と RTIが、乾式吸収剤でセメント工場からCO2回収をする。米国再生法による米エネルギー省の工業排出源 CCSプロジェクト12件の一つの第1フェーズ。http: //www.environmentalleader.com/2010/03/02/cemex-rti-to-demo-co2-capture-technology/

2010/3/1-3 米国超先端(ARPA-E)エネルギー技術革新サミットGaylord Convention Center, Washington,DC, USA http://www.energy.gov/news/8691.htm

2010/3/1 米 国の温暖化対策が包括的キャップ・アンド・トレードからセクター別アプローチによる温室効果ガス価格付けへ変化か?議会で難航している温暖 化対策法案について、3人の上院議員(民主党John Kerry、共和党Lindsey Graham、独立系Joe Lieberman)が超党派で、包括的な温室効果ガス排出規制によるキャップ・アンド・トレードの代わりに、セクター別アプローチによる排出規制と温室 効果ガスの価格付けにより、原子力とCO2回 収・貯留(CCS)を推進することを提案している。 "Greenhouse gas carbon pricing could replace cap and trade" http://www.powergenworldwide.com/index/display/articledisplay/7680674265/articles/powergenworldwide/emissions-and-environment/regulation/2010/03/carbon-price-vs-cap-and-trade.html

2010/3/1 米国アラバマ州でCO2 貯留-EOR併用DOE後援Citronelleプロジェクト、米国ではCO2-EORによ り15億バレルの石油が回収されているが、本試験により、テキサス以外でも広くCO2-EORを経済的に実 施でき、またEOR後も枯渇油層や塩水帯水層にCO2を地中貯留できることを示す。http: //fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10004-CO2_Injection_Begins_in_Alabama_Oi.html

2010/2/27 チ リM8.8プレート境界巨大地震、チリ中部Maule沖、現地時間午前3時34分(日本時間午後3時34分)、日本に28日午後津波到達。 チリで死者数100人以上?200万人被災、首都サンティアゴで化学火災。ナスカ・プレートが南アメリカ・プレートの下に沈み込む境界断層のすべりで発 生、1960年M9.5チリ沖プレート境界超巨大地震(近代世界最大地震、死者1655人、日本でも津波死者142人)の北延長の断層が破壊

2010/2/26 米国ヴァーモント州の原子力発電所使用延長を巡って放射性トリチウム漏洩調査が急がれている。オバマ政権は地球温暖化 対策のため原発推進政策を打ち出したが、ヴァーモント州のVermont Yankee原発はトリチウムによる地下水汚染が見つかったため、40年間操業した原発の使用期限を、さらに20年間延長する申請が州議会で否決された。 飲料水のトリチウム汚染は無く、放射能汚染の被害を受けた人も居ないが、原発の信頼性を取り戻すため、トリチウム漏洩源の特定と対策を急いでいる。 http://www.nytimes.com/2010/02/27/us/27nuke.html?th&emc=th

2010/2/25 ブルー・カーボンー海洋生物系によるCO2吸収が重要、国連環境計画 (UNEP)とインドネシア政府、UNEP管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラム、バリーUNEP報告 Nellemann, C., Corcoran, E., Duarte, C. M., Valde´s, L., DeYoung, C., Fonseca, L., Grimsditch, G. (Eds). 2009. Blue Carbon. A Rapid Response Assessment. United Nations Environment Programme, GRID-Arendal, http://www.grida.no/publications/rr/blue-carbon/

2010/2/25 米 ワイオミング州Rock Springs Upliftに50年分7億トン以上のCO2地中貯留可能ワ イオミング州地質調査所報告 http://www.wyomingbusinessreport.com/article.asp?id=104174

2010/2/24 炭酸脱水酵素(CA)を利用した微生物CO2固定が注目されている。 http://technical.scienceboard.net/?p=183

2010/2/23 「石炭火力発電所は消滅する?」by Lester R. Brown, Earth Policy Institute http://www.earthpolicy.org/index.php? /book_bytes/2010/pb4ch10_ss3

2010/2/23 CO2排出量取引市場準備会社を東京証券取引所と東京工業品取引所が共同で4月1日に設立する。(朝日)

2010/2/20 オーストラリアはCO2回収・貯留(CCS)を優先し、原子力には依然として反対であ る。(Kevin Rudd首相)オーストラリアはCO2回収・貯留(CCS)技術で世界を リードしている。 http://www.business-visas-australia.com/australia-remains-opposed-to-nuclear/

2010/2/19 CO2回収・貯留(CCS)産業別行程表を国連工業開発機関 (UNIDO)が今年中に作成へ http://interdiscussion.blogspot.com/2010/02/un-launches-project-to-help-developing.html

2010/2/19 CO2を年25,000トン以上排出する新規の米国政府承認プロジェクトには温室効果ガス排出量調査を必須と することをオバマ政権が提案した。石炭火力発電所にCO2回収・貯留(CCS)付設が必要になる等の影響が 出る可能性がある。 http://www.environmentalleader.com/2010/02/19/white-house-calls-for-emissions-studies-for-federally-approved-projects/

2010/2/19 CO2パイプラインに土地収用権を認める法律が米国ケンタッキー州下院 で承認された。 http://www.businessweek.com/ap/financialnews/D9DVBAS00.htm

2010/2/18 ビル・ゲイツ:エネルギー・ミラクルが必要ーゼロへの技術革 新「クレージーなアイデアをサポートしよう。」低コストで汚染の無いエネルギー源のため。CO2回 収・貯留(CCS)、原子力、風力、太陽光、太陽熱の革新やジオエンジニアリング。TED2010会議、 2010年2月9日−13日 Long Beach, California,USA http://www.ted.com/talks/bill_gates.html

2010/2/17 米国環境保護庁がCO2地中貯留安全性研究のため6件の大学プロジェク トに研究費配分 http://www.wecanbegreen.com/blog/2010/02/green-news-epa-awards- 17-million-to-study-climate-change.html

2010/2/16 石 炭火力発電所からのCO2回収プラントの受注活動を東芝が開始する。東芝は福岡県三川の火力 発電所で小規模CO2回収試験を行っている。 http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100216ATDD0506C15022010.html

2010/2/16 米国30年ぶりの原子力発電所新設へ83億ドルの政府保証をオバマ大統領が発表した。スリーマイル島事故以来。 Southern Companyがジョージア州Burke Countyで原子炉2基を建設する。石炭火力発電所に比べて年1,600万トンのCO2排出削減になる。米エネルギー省はさらに3原発の政府保証を協議中(BBC news、NY Times)

2010/2/15 ア ブダビでJOGMECと国際石油開発帝石がCO2-EOR共同研究を開始、独立行政法人石油 天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と国際石油開発帝石株式会社(INPEX)およびジャパン石油開発株式会社(JODCO)が、アブダビ国営石 油会社(ADNOC)の要請により、アブダビ沖の大規模な海洋油田(下部ザクム油田)で二酸化炭素(CO2) 圧入による原油回収率向上技術(CO2-EOR)の研究を開始した。費用は下部ザクム油田の現地操業会社が 負担する。ADNOCが検討しているア ブダビの主要な油田での大規模CO2-EOR事業化に貢献する。 JOGMECとJODCOは、2000年から2005年にかけて、同じアブダビ沖の上部ザクム油田でCO2-EOR の共同研究を実施し、良い結果を得た。 http://release.nikkei.co.jp/print.cfm?relID=243809

2010/2/15 カナダの大規模CO2回収・地中貯留(CCS)実証プロジェクトに日立と双日が参加、 サスカチュワン州エステバン近くのサスカチュワン州立の電力会社サスカチュワン・パワーコーポレーション(サスクパワー)のBoundary Dam 石炭火力発電所からCO2を回収して、付近の枯渇した油田に地下注入して原油増進回収に役立てる。2013 年に着手し年間100万トン以上貯留する予定。http://www.canadaviews.ca/2010/02/16/hitachi-joins -carbon-capture-and-sequestration-demo-project/

2010/2/15 サ ウジアラビアが世界最大のGhawar油田に2012年までにCO2注入を開始する計画をし ている。CO2排出削減と原油増進回収のため、年間約80万トンのCO2を 地下の油田に注入する。2008年にガワール油田はサウジアラビアの石油生産量の半分以上の5百万バーレル/日の石油を産出した。 http: //in.reuters.com/article/oilRpt/idINLDE61E0TW20100215

2010/2/12 インドネシアのSidoarjo(略称Lusi)泥火山噴出は天然ガス探査ボーリングのためという新証拠。スラバヤ市 付近で2006年から続く泥噴出により6万人が避難している。地震が原因という主張もある。 http://www.dur.ac.uk/news/newsitem/?itemno=9553

2010/2/12 DNAに似た三次元結晶構造を持つ新CO2回収剤開発(UCLA)。 Science誌2月12日号に発表。 http://www.sciencedaily.com/releases/2010/02/100211141144.htm

2010/2/11 超 臨界CO2活用地熱開発が米国アリゾナ州で計画されている。地熱を地下から運び出す流体とし て、水の代わりに超臨界CO2を用いる。GreenFire Energy社は、ニューメキシコ州との州境に近いアリゾナ州Springervilleの地下800m深のSt. Johns Dome天然CO2ガス層からCO2を採取し、超臨界状態に再加圧して、元のガス層より 深い地下に再注入し、地熱を抽出して2メガワットの地熱発電を行う。CO2の一部は地下の岩石中に永久に固 定される。火力発電所や工場から回収したCO2を用いれば、CO2排 出削減とエネルギー獲得が同時にできる。 http://www.nytimes.com/gwire/2010/02/11/11greenwire-ariz-nm-border-region-targeted-for-co2-based-g-19188.html

2010/2/9 日本25%削減へ排出枠設定―排出量取引制度導入へ温暖化対策基本法案−環境省 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010020900847

2010/2/4 流体地下注入・生産による誘発地震ワークショップ エネルギー関連。Stanford University. 会議資料はサイトよりダウンロードできます。http://esdnews.wordpress.com/2010/01/20/workshop-on -induced-seismicity-due-to-fluid-injectionproduction-from-energy-related-applications/

2010/2/3 オ バマ米大統領が包括的CO2回収・貯留(CCS)連邦戦略大統領覚書を発表し、新省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォースを 作り、10年以内に経済効率の良いCO2回 収・貯留(CCS)の広範な実施を目指すことを宣言した。そのための方策を省際タスクフォースが6ヶ月以内に作成する。省際タスクフォース はDOEとEPAを共同議長に、超党派で州知事も含む。2016年までに5ないし10個所の大規模CO2回 収・貯留(CCS)実証プロジェクトを作る。 http://www.whitehouse.gov/the-press-office/presidential-memorandum-a-comprehensive-federal-strategy-carbon-capture-and-storage
http://blogs.wvgazette.com/coaltattoo/2010/02/03/breaking-obama-to-announce-task-force-to-speed-ccs/
http://www.nasdaq.com/aspx/stock-market-news-story.aspx?storyid=201002031458dowjonesdjonline000566&title=obama-creates-carbon-capture-and-storage-task-force

2010/2/3 英国北東部にCO2回収・貯留(CCS)クラスターを作り、パイプライ ンで北海海底下にCO2地中貯留する20億ポンドのプロジェクトが計画されている。http: //thegovmonitor.com/uk_features/uk_features_3/prospectus-for-carbon-capture-and-storage-cluster-technology-23009.html

2010/2/2 日 本の温室効果ガス削減行程表案、25%削減のうち15%以上を国内(真水)で (日経)

2010/2/1 EUがCCSへ数十億ユーロの配分方法を合意した、資金はEUの排出権取引市場から得る。 http://uk.reuters.com/article/idUKTRE61156020100202

2010/2/2 オーストラリアのヴィクトリア州政府がCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト5件に 年2千9百万オーストラリアドル、http://elementalpower.com.au/news/?p=581

2010/2/1 2011 年度米国CO2回収・貯留(CCS)技術予算5億ドル、超先端エネルギー研究3億ドル、エネ ルギー省予算284億ドル中、CCS技術開発5億4千5百万ドル、超先端エネルギー研究ARPA-Eに3億ドル。化石エネルギー関係の炭素固定技術開発 Carbon sequestration programに1億4千3百万ドル、地域CO2固定パート ナーシップは年百万トン級大規模貯留数箇所、1箇所はCO2百万トン注入を完了し、注入後モニタリングを開 始する。CO2貯留リーダーシップ・フォーラムや米中クリーンエネルギー研究センター等の国際協力を行う。 既存施設後付けCO2回収技術の革新に6千5百万ドル、IGCCプログラムに5千5百万ドル、集中排出源お よび大気からのCO2回収技術の革新や計算工学開発を行う。その一方、クリーンコール発電イニシアティブや FutureGenには新しい予算は配分されていない。http: //www.whitehouse.gov/omb/factsheet_key_clean_energy/
http://www.whitehouse.gov/omb/factsheet_department_energy/
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10002-President_Requests_%24760.4_Million_.html

2010/2/1 コペンハーゲン合意に基づき温室効果ガス削減目標・取組を国連に提出した国は55ヶ国に達した。排出量では世界全体の 約78%に相当する。各国の目標値は、前に自主的に示していた値と変わっていない。 (日経)

2010/1/31 コペンハーゲン合意に基づき温室効果ガス削減目標・取組を国連に提出した国は193ヶ国中19ヶ国に未だ留まっている。 http://english.aljazeera.net/news/europe/2010/01/201013183043882743.html

2010/1/31 オー ストラリアはCO2回収・貯留(CCS)に30億ドル以上の巨額投資をする。世界の発電用石 炭の20%はオーストラリア産である。CO2回収・貯留(CCS)技術は未熟で高コストであるが、CCS抜 きでは石炭産業は生き残れない。候補プロジェクトは クィーンズランド州のWandoan および ZeroGen発電所、パース南西のCollie South West Hubプロジェクト、ヴィクトリア州 Latrobe ValleyのCarbonNetプロジェクトで,2010年中頃に最終決定される。http: //theangle.org/2010/01/31/australian-governments-spend-big-capturing-carbon/

2010/1/30 Exelon社がFutureGen加盟、2月にはFutureGen-CCS付き石炭ガス化火力発電所建設にエネルギー省のゴーサ インが出るか?、FutureGenはイリノイ州MattoonでCO2回収・貯留 (CCS)付き石炭ガス化火力発電建設を計画していたが、ブッシュ政権によって中断され、オバマ政権誕生により復活したが、エネルギー省による最終的な建 設決定は未だされていない。イリノイ州には、CCS付き590MW-Taylorville プロジェクトもあるが、政府支援なくしてはクリーンコールは成り立たない。http://www.prnewswire.com/news- releases/governor-quinn-senator-durbin-announce-exelon-corporation-joining-futuregen-alliance-83153207.html
http://www.stltoday.com/stltoday/business/stories.nsf/0/0833AFF22D277D5A862576BB001136C7?OpenDocument

2010/1/30 CO2地中貯留(CCS)実施に向けて地下孔隙の所有権を巡って、ワイ オミング州、モンタナ州、ノースダコタ州に続き、ニューメキシコ州、テキサス州からミシガン州に至る多くの州で法整備が考慮されている(AP)  。http: //www.cbsnews.com/stories/2010/01/30/ap/business/main6157701.shtml

2010/1/29 米 国放射性廃棄物問題の安全かつ長期的解決のため新委員会"Blue Ribbon Commission on America's Nuclear Future"発足、フリーハンドかつオープンに解決の可能性を探るが、ユッカ山地旧候補サイトは事実上除外されている。http: //www.energy.gov/news/8584.htm
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/presidential-memorandum-blue-ribbon-commission-americas-nuclear-future

2010/1/29 米政府機関温室効果ガス28%削減2020年まで

2010/1/29 ポーランドでCO2回収・貯留(CCS)を安全かつ効率的に実施するた めの勧告の報告書が出た。http://www.demoseuropa.eu/files/CCSreport_demosEUROPA_en.pdf

2010/1/27 「ア メリカは1位を目指します。クリーンエネルギーで世界をリードする国になります。地球温暖化対策の傍観者から、共に戦う立場になりました。」オ バマ米大統領一般教書演説

2010/1/27 "PurGen"CCS付設石炭火力発電所建設がニューヨーク市近郊ニュージャージー州Linden市で承認された。 "PurGen"プロジェクトは、500MW石炭ガス化火力発電所を建設し、CO2を回収して160kmの パイプラインで大西洋海底下2000mの深さにCO2地中貯留をする。地元民は賛成と反対が交錯している。 http://www.nj.com/news/index.ssf/2010/01/linden_approves_25m_purgen_coa.html

2010/1/26 米ワイオミング州西部で提案されている大規模CO2地中貯留計画の環境影響評価案公 表、約6,000m深のMadison天然ガス層からメタンとヘリウムを採取し,不純物のCO2とH2Sを分離して地下に再圧入する。http://billingsgazette.com/news/state- and-regional/wyoming/article_ae751772-0a3f-11df-bd27-001cc4c002e0.html

2010/1/26 Cemtrex社が石炭火力発電所からの経済的なCO2回収技術のパイロットテストを 開始した(FARMINGDALE, N.Y.)。http://www.prnewswire.com/news-releases/cemtrex-commences-carbon- dioxide-capture-pilot-test-program-82681497.html

2010/1/25 米下院に超党派石炭議員会が石炭州選出の6議員で結成された。http: //thehill.com/blogs/e2-wire/677-e2-wire/77877-coal-state-house-members-seek-unified-voice-with-new-caucus

2010/1/22 CO2回収・地中貯留(CCS)へ四王国イニシアティブ(サウジアラビア・英国・オラ ンダ・ノルウェー) http://www.arabnews.com/?page=1&section= 0&article=131616&d=22&m=1&y=2010&pix=kingdom.jpg&category=Kingdom

2010/1/20 アブダビ(UAE)とアルバータ州(カナダ)がCO2回収(CCS)で協力。http: //online.wsj.com/article/BT-CO-20100120-711420.html?mod=WSJ_World_MIDDLEHeadlinesMideast

2010/1/19 CO2回収・地中貯留(CCS)技術実証のため福島県いわき沖で今夏調査井掘削へ。 経産省は福島県いわき 市の石炭ガス化複合火力(IGCC)で回収したCO2を福島県楢葉町沖のいわき沖ガス田に貯留する試験を想 定し、「日本CCS調査」が請け負うものとみられる。CCS実証のため、いわき沖や北海道苫小牧沖など国内4地点を実地調査する。(電気新聞)

2010/1/19 CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト資金支援プログラムに50件5億オーストラリ ア・ドル以上の応募、Global CCS Institute がアブダビの世界未来エネルギーサミットで発表 http://www.eyeofdubai.com/v1/news/newsdetail- 38523.htm

2010/1/18 UAEの水素発電ーCO2回収・地中貯留(CCS)プロジェクトが2014年完成の見 込み、年170万トンのCO2を回収、UAEのMasdarが60%、BPが40%シェア。 http://www.reuters.com/article/idUSLDE60H20520100118?type=marketsNews

2010/1/15 石炭国ポーランドで年200万トンのCO2回収・貯留付設褐炭火力発電施設建設へ、EU 最大のCO2排出源(2008年3千1百万トン)の4450MW-Belchatow火力発電所でEU経済 再生ファンド1億8千万ユーロを受け、2015年末までに運開。 http: //www.bellona.org/news/news_2010/belchatow_ccs

2010/1/13 CO2貯留(CCS)プロジェクト公報教育マニュアル米エネルギー省(DOE)が出版:http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2010/10002-DOE_Publishes_Best_Practices_Manua.html

2010/1/12 ハイチ首都直下地震12日午後4時53分(日本時間13日午前午前6時53分,2010 January 12 21:53:10 UTC)、マグニチュード(M)7.0、震源は首都ポルトープランスの西南西25キロ L醇Pogane、深さ13キロ。病院、ホテル、大統領宮殿、国連ハイチ本部などビル倒壊、刑務所大破で収容者逃亡、火災発生など首都壊滅状態。1995 年神戸地震に似たほぼ同規模の内陸横ズレ活断層地震。死者23万人、3百万人以上被災、国連スタッフ83人死亡、32人行方不明。軟質の堆積層が厚い都市 部で揺れが大きかった?カリブプレートと北米プレートの境界地域に近い大きな左横ずれ活断層“ Enriquillo-Plaintain Garden断層系”の活動。地表地震断層は未だ報告されていない。地表に割れ目が現れなかったかもしれないが、詳細な調査が必要。エンリキロ活断層系に 最近大きな地震は無かったが、歴史的地震が1860, 1770, 1751に発生。今回の地震はドミニカからハイチを通りジャマイカに至る全長500kmのエンリキロ活断層系の十分の一の約50−60kmが活動したもの で、今後断層系の残部をはじめ、付近の地震活動が活発化する怖れがある。http: //earthquake.usgs.gov/earthquakes/eqinthenews/2010/us2010rja6/#details

2010/1/12 海 運CO2回収・貯留(CCS)技術開発へ:海運により年10億トン以上のCO2が排出されている。船上で化学的にCO2を回収し,港に運んで貯留す る技術モデルを開発する。(英国、ノルウェー)http: //www.psenterprise.com/sectors/energy/ccs/maritime.html

2010/1/11 フランスLacqにヨーロッパ初の工業CO2回収・地中貯留(CCS)施設開設Air LiquideとTotal社、酸素燃焼方式でボイラーから出るCO2が90%の排ガスを27kmパイプラ インで輸送し、4,500m深のRousse地中貯留サイト(旧天然ガス田)に貯留する。2年間で12万トン。http: //cleantech.com/news/5476/air-liquide-ccs-technology-picked

2010/1/9 EUが加盟国に炭素税義務づけ検討、http: //www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20100108D2M0604908.html

2010/1/8 日 本政府が京都議定書目標期間の2012年までに海外から購入する温室効果ガス排出枠が2000億円に達する。http: //www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100108AT1C0700207012010.html

2010/1/8 米オバマ大統領がクリーンエネルギー・イニシアティブを発表クリーンエネルギー技術企業に23億ドルの税控除。 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13273820100109

2010/1/8 中 国とノルウェーがCO2回収・貯留(CCS)と再生可能エネルギー開発で協力ノルウェーは、 CO2回収・貯留(CCS)開発に9億ドル投資している。http: //news.xinhuanet.com/english/2010-01/09/content_12779444.htm

2010/1/8 カナダ・アルバータ州ではCO2回収・貯留(CCS)を酸性ガス地中注入プロジェクト 法規で扱い パイプラインを承認 http://ablawg.ca/2010/01/08/ercb-decision-on-an-acid-gas- disposal-scheme-further-lessons-for-the-regulation-of-carbon-capture-and-storage-schemes/

2010/1/7 ヒトデやウニなどが予想以上にCO2海洋隔離に貢献し、年1億トン(炭 素換算)埋めている(ネーチャーニュース) http: //www.nature.com/news/2010/100107/full/news.2009.1041.html

2010/1/7 フ ランス未来への投資で、CO2回収・貯留(CCS)と再生可能エネルギーに25億ユーロ、サ ルコジ大統領が発表した大学世界一などを狙った環境技術や教育への「大借入投資」350億ユーロの内訳、http: //www.bellona.org/news/news_2010/french_ccs_loan

2010/1/4 CO2を青森沖の海底炭層に貯留し、地下微生物(メタン生成菌)によりメタンに変換す る実験を目指し、海洋研究開発機構が2013年までに地球深部探査船「ちきゅう」で調査する。最大2000億トンのCO2が封入可能で、将来は巨大天然ガス源になる可能性がある。(読売新聞)、以下参考情報
地中カーボンリサイクル:地下メタン醸造所  膨大な新資源:クリーン深部石炭
2006,小出 仁: 我が国の炭層ガス資源量とその 温暖化対策への活用―新しいガス・ソース+CO2シンクとしての深部石炭層、日本エネルギー 学会誌, Vol.85, p.112-118
2001, H. Koide, K. Yamazaki: Subsurface CO2 Disposal with Enhanced Gas Recovery and Biogeochemical Carbon Recycling, Environmental Geosciences Vol.8 , No:3, p.218-224

2010/1/4 2014 年までに73件の新CCSプロジェクトに1,460億ドル投資され、1.46億トンのCO2が貯留される。CCS と排出権取引新報告書 “Carbon Capture, Sequestration and Emissions Trading: The Outlook for Global Carbon Markets,” ABI Research、 http://www.abiresearch.com/press/1573-Carbon+Emissions+Trading+to+Reach+%24395+Billion+in+2014
http://www.abiresearch.com/research/1004439-Carbon_Capture%2c_Sequestration_and_Emissions_Trading

2010/1/4 バーレーンに中東初の石油化学CO2回収プラント,1日450トンの CO2を回収し,尿素やメタノール合成に用いる。三菱重工が参加。 http://www.gulf-daily-news.com/NewsDetails.aspx?storyid=267815

2010/1/4 米国北東部ニューヨーク沖の海底玄武岩層に9億トンのCO2貯留可能コ ロンビア大ラモント研、http://solveclimate.com/blog/20100105/scientists-suggest- storing-co2-offshore-basalt-formations

2009/12/31 米国のクリーン環境技術への2009年ヴェンチャーキャピタル投資は史上2番目、前年より数(356件)は若干増えた が金額は大幅減(50億ドル弱)。http://www.greentechmedia.com/articles/read/green-vc- total-second-best-year-ever/
http://green.venturebeat.com/2009/12/31/2009s-top-9-forward-looking-cleantech-investments/

2009/12/31 米国の地熱開発は2009年に6プラント新設、100個所以上調査中で、10年で10ギガワットに達する可能性がある が、中止された計画もある(2009/12/11参照)。http: //www.greentechmedia.com/articles/read/us-geothermal-wrap-up-2009

2009/12/29 CCS-地熱開発:CO2地中貯留により地熱開発を高効率にする。地熱 抽出に水よりCO2の方が効率が良い。低温で浅くても熱を抽出できる。大規模CO2回収・地中貯留(CCS)と地熱開発の両立ができる。 http: //news.discovery.com/earth/carbon-dioxide-capture-geothermal-green-energy.html

2009/12/28 温暖化対策に力点、日本10年度予算(電気新聞)

2009/12/26 環境技術が中国の環境破壊鉱山の産出する希土類金属に頼っている。、電気自動車から風車に至るまで最先端環境技術に必 要な希土類金属の中国への依存が高まり、価格も高騰しているが、希土類金属を産出する鉱山の環境破壊はひどく、ギャングに支配されている。未来の技術の ネックになると懸念が高まる。米国は軍事技術の中国希土類への依存を憂慮して,代替技術の開発を命じた。(NYtimes)  http://www.nytimes.com/2009/12/26/business/global/26rare.html

2009/12/25 CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのための保険2種をZurich 保険が発表、Carbon Capture and Sequestration (CCS) Liability Insuranceと Geologic Sequestration Financial Assurance (GSFA):CCSプロジェクトの特殊性に対応する保険制度。http://www.insurancenewstoday.org/zurich- creates-two-new-insurance-companies-in-the-technology-of-greenhouse-gases-to-support-the-specific-needs-of-capture-and-sequestration/

2009/12/21 日本も参加しているゼロジェン計画がオーストラリア政府の20億ドルCCSフラッグシッププログラムに残った。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=499

2009/12/19 「コペンハーゲン合意」に「留意」で早朝決着:気温上昇を2℃以内に、強制力なし、削減目標など来年に持ち越し、二大 排出国米中主導に意義と限界、米中の石炭火力発電が最大の問題、米中や新興国が加わったことは大きな進展だが、自主目標のコペンハーゲン合意と削減義務の ある京都議定書が二重構造になる怖れがあり、結果的に排出量は大幅に増える恐れが残る。失望により排出権価格が下落。

2009/12/17 COP15:日本途上国支援3年150億ドルに増、EUは3年100億ドル、米国クリントン国務長官は他の先進国と併せて合計年 1000億ドルの基金を提案、中国は環境に4400億ドル投資すると言っている!米中の削減義務が焦点に(CNNなど)

2009/12/17 より伊豆半島東方沖で群発地震活動、伊東で震度5弱、マグマの活動か。

2009/12/16 世界のCO2回収・貯留(CCS)は2030年に10−20兆円市場に なる。新報告書:"Carbon Capture and Sequestration Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts " Pike Research http://www.pikeresearch.com/newsroom/carbon-capture-and-sequestration-market-could-reach-128-billion-by-2030
http://www.pikeresearch.com/research/carbon-capture-and-sequestration

2009/12/16 中国が原子力発電所大増設へ、2020年に70ギガワット、2050年に400ギガワット。 http: //www.nytimes.com/2009/12/16/business/global/16chinanuke.html?_r=1&th&emc=th

2009/12/16 COP15:CCS-CDMの承認はまた来年に延期、原子力発電やCO2回 収・貯留(CCS)は「技術が先進国に限定されている」。日米欧やIEAは温暖化防止に不可欠とし、CDMの対象とするよう求めた。中国は好意的だが、ブ ラジルが排出権価格の低下を心配して反対、島嶼国も石炭利用を恐れて反対、長期漏洩の研究を求め決定はすべて延期に。"CCS under the CDM: SBSTA Chair Plume reported that no agreement had been reached on this issue and SBSTA adopted conclusions (FCCC/SBSTA/2009/L.20). SAUDI ARABIA and AUSTRALIA expressed disappointment that agreement was not reached. GHANA proposed requesting that SBSTA establish a programme for CCS as a mitigation technology and activity.・・・The UNITED ARAB EMIRATES and others proposed adopting modalities and procedures for including CCS under the CDM at COP/MOP 6 instead of COP/MOP 7." http://www.iisd.ca/vol12/enb12454e.html
 http://www.euractiv.com/en/climate-change/carbon-capture-ruled-un-clean-projects-list/article-188403
http://unfccc.int/resource/docs/2009/sbsta/eng/l20.pdf

2009/12/15 途上国支援「鳩山イニシアチブ」100億ドル、COP15へ(東京新聞)

2009/12/15 デンマークとフィンランドの3社がCO2回収・貯留(CCS)で共同プロジェクトFortum、 Teollisuuden Voima (TVO)、Moller-Maersk、2015年までに年120万トン。 http: //www.helsinkitimes.fi/htimes/domestic-news/business/9233-fortum-moller-maersk-and-tvo-launch-carbon-capture-project-.html

2009/12/15 米国環境保護局EPAがCO2-EORとCO2地 中貯留の温室効果ガス排出量報告規則を制定へ http://thehill.com/blogs/e2-wire/677-e2- wire/72289-epa-plans-ghg-reporting-rule-for-enhanced-oil-recovery-sequestration

2009/12/15 フィリピンのマヨン火山噴火へ 大噴火が心配(CNN)

2009/12/14 CO2地中貯留、大気CO2直接吸収特 集:Nature Geoscience 2009年12月号 http://www.naturejpn.com/ngeo/

2009/12/14 英国西カンブリア地域で高レベル放射性廃棄物処分地選定調査へ(電気新聞)

2009/12/12 COP15非公式閣僚級会合始まる。積極的温暖化対策もとめコペンハーゲンでデモ、拘束者多数

2009/12/12 科学は偽造されていない。しかし、きれいともいえない!"気候ゲート事件"で英研究機関から漏洩したEメイル 1,000通以上をAssociated Pressが精査。 http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5gRa5F7Lv_zO0ZKaHmbQENlyV3KdgD9CHPLC00

2009/12/12 石炭を採掘しないでエネルギーを得てCO2排出を75%削減 Clean Air Task Force: http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=what-if-energy-from-un-mined-coal-c-2009-12
http://www.catf.us/publications/reports/Coal_Without_Carbon.pdf

2009/12/12 アイルランド炭素税CO2トンあたり15ユーロ、財政再建のため。  http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20091211D2M1000S11.html

2009/12/11 京都議定書の継続を柱にするCOP15作業部会草案提示、日欧反発。  http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091212AT2G1200412122009.html

2009/12/11 米国カリフォルニア北部のAltaRock地熱開発プロジェクト中止、前日10日にスイス政府がバーゼルでの地熱プロ ジェクトを地震誘発のため永久閉鎖した。オバマ政権最初の地熱開発プロジェクトは頓挫したが、米国エネルギー省は自然エネルギーとしての地熱のポテンシャ ルに期待しており、地熱開発に年4億ドル用意している。  http://www.nytimes.com/2009/12/12/science/earth/12quake.html?_r=1
http://www.nytimes.com/2009/12/11/science/earth/11basel.html?ref=environment

2009/12/11 クリーンエネルギー技術:GDPあたり金額で日本11位、絶対金額では日本3位、中国4位、中国で急速に拡大、2020年に世界で2 兆ドル第3の産業セクターになる。 WWFのクリーンエコノミー報告書:クリーンエネルギー技術金額でドイツ1位、米国2位、日本3位、中 国4位、GDPあたり金額ではデンマーク1位、ブラジル2位、ドイツ3位、中国6位、日本11位、米国19位、 http://www.panda.org/?183363/Growing-China-industry-helps-clean-energy-boom
http://assets.panda.org/downloads/rapport_wwf_cleaneconomy_international_def.pdf

2009/12/11 EUが気候変動途上国支援に100億ドル(3年間72億ユーロ)提供へ。http: //news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8407112.stm

2009/12/10 COP15で京都議定書の延長を求める声が途上国などで強まり、新興国の削減義務を求める日本や米国など先進国との対 立が深まっている。ツバルなど島国と最貧国が新興国の削減義務を求め、途上国の間でも激しく対立

2009/12/10 「CO2貯留技術促進」COP-15内会合、COP-15 Event "Advancing Carbon Sequestration Technology" at the U.S. Center at the United Nations Climate Change Conference(COP-15) in Copenhagen, http://www.cslforum.org/pressroom/publications/CSLF_flyer_COP-15.pdf

2009/12/10 米国の森林と土壌に米国排出量50年分のCO2貯留ポテンシャルがあ る。米国地質調査所 http://www.usgs.gov/newsroom/article.asp?ID=2362

2009/12/9 EUはCO2回収・貯留(CCS)6プロジェクトに10億ユーロ投資、 ポーランド、ドイツ、イタリアースペイン、英国、オランダ(ベネルックス) http://www.baltic-course.com/eng/baltic_states/?doc=21370

2009/12/7 世 界のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクト支援に年5千万豪ドル基金,The Global CCS Institute, http://www.nbr.co.nz/article/australian-govt-backed-fund-offers-a50m-carbon-capture-storage-116010
http://www.globalccsinstitute.com/downloads/work-plan/Global-CCS-Institute-Project-Funding-and-Support-Program.pdf

2009/12/7 英国ダーラム大学で最初のCCS教授誕生 http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=491&PHPSESSID=g0649g54qf9b542jnavl8k98t2

2009/12/7 先端的CO2回収プロセス等の超先端エネルギー技術研究プロジェクト第2弾1億ドル発 表、米エネルギー省先端研究局ARPA-E http://arpa-e.energy.gov/

2009/12/7 米 環境保護局がCO2やメタンなど6つの温室効果ガスを汚染物質と認定大気汚染防止法による排 出規制が可能になった。

2009/12/5 ノルウェーが温暖化ガス排出を20年以内にゼロ以下に(日経)

2009/12/5 米 オバマ大統領COP15最終日出席へ(時事)

2009/12/4 世界銀行の開発途上国向けCO2回収・貯留(CCS)技術醸成新基金にノル ウェーが最大の6百万ドル出資へ http://www.upstreamonline.com/live/article200825.ece

2009/12/4 2008年米温暖化ガス排出量2.2%減、90年比14%増(日経)

2009/12/4 米 国の商業規模CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに30億ドル投資、エネルギー省から 10億ドル。Clean Coal Power Initiative Round III:
Mountaineer Carbon Dioxide Capture and Storage Demonstrationーウエストバージニア州New Havenの1,300MW Mountaineer 石炭火力発電所からCO2年150万トンを回収して、深度2km強の塩水帯水層に貯留。
Southern Company Carbon Capture and Sequestration Demonstrationーアラバマ州Mobileの北のAlabama Power’s Plant Barry既設石炭火力発電所からCO2年100万トンを回収して、深部塩水帯水層に貯留、EORの可能性も探る。
Texas Clean Energy Project (TCEP)ーテキサス州Midland-Odessa付近の新設400MW石炭ガス化火力発電所からCO2年270 万トンを回収して、パイプラインで原油増進回収EORに用いる。
http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09081-Secretary_Chu_Announces_CCS_Invest.html

2009/12/3 オイルサンド開発にCO2回収・貯留(CCS)準備が必須(Statoil Canada Ltd.)。http: //www.winnipegfreepress.com/business/breakingnews/78455412.html

2009/12/3 インドは2020年までに単位GDP当たり温室効果ガス排出量を05年比20-25%削減できると表明した。

2009/12/2 中 国の火力発電所近くで藻類培養し、CO2回収と食料生産をする。http: //www.greentechmedia.com/green-light/post/algae-in-china-for-co2-capture-and-food/

2009/12/2 CO2による海洋酸性化は悪影響ばかりではないかも? エビやカニ等の 中には酸性化により殻が却って厚くなるものがいる。http://www.msnbc.msn.com/id/34244057/ns/us_news- environment/

2009/12/1 ノーベル平和賞を受賞したIPCCパチャウリ議長が大気からのCO2直接削減の 必要性を支持(タイムズ)。http: //www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article6938298.ece

2009/12/1 世 界の首脳の多くがコペンハーゲン国連気候会議COP15に出席する。国連192メンバー中98人、何らかの合意が得られる可能性が高くな る。http://www.nytimes.com/reuters/2009/12/01/news/news-us-climate- copenhagen.html?_r=1

2009/11/30 アミン吸収法でCO2回収エネルギー3分の1低減とScottishPower が発表、英Longannet石炭火力発電所。http: //www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=486 

2009/11/26 中国は2020年までに単位GDP当たり温室効果ガス排出量を05年比40-45%削減すると発表した。中国はGDP 増が大きいと予想される。

2009/11/26 米国は2020年までに05年比温室効果ガス排出17%削減目標、90年比約3%削減、国連気候変動会議COP15で オバマ大統領が表明する。25年30%、30年42%と段階的に縮小

2009/11/25 苫小牧沖CO2地中貯留実証実験候補地の地質調査終了、地元は経済効果 に期待(北海道新聞)

2009/11/25 大気CO2直接削減が温暖化防止に必須、http://www.physorg.com/news178392408.html

2009/11/24 アルバータCO2幹線パイプライン計画にカナダ政府から6千万ドル  http://online.wsj.com/article/BT-CO-20091124-712813.html

2009/11/24 中国山西省沁水のCO2炭層固定パイロットプロジェクト作業面積を5平方キロに拡大、Deep Un-mineable Coal CO2 Sequestration and Enhanced Coalbed Methane ("ECBM") Pilot Project http://www.prnewswire.com/news-releases/commencement-of-co2- sequestration-ecbm-pilot-project-on-an-enlarged-operations-area-73048677.html

2009/11/23 米国は12月の国連気候会議前に短期削減目標を発表する?17−20%削減?(ニューヨークタイムス)http: //www.nytimes.com/2009/11/24/science/earth/24climate.html?_r=1

2009/11/23 2008年温室効果ガス排出量が記録更新2008年CO2レベルは 385.2ppmに上昇、国連WMO http: //www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jpb_XLYuoxGC3vy8Ahghw0jPhiNg

2009/11/23 海洋のCO2吸収が減っている。(Nature) http: //www.nature.com/nature/journal/v462/n7271/full/nature08526.html

2009/11/23 米サンディア国立研究所がCO2を太陽光エネルギーにより燃料に転換するプロトタイプ "Sunshine to Petrol"システムを作った。http: //www.technologyreview.com/energy/23996/?nlid=2548

2009/11/22 石炭の人間健康への害報告書、“Coal’s Assault on Human Health”、Physicians for Social Responsibility.http://www.psr.org/resources/coals-assault-on-human- health.html

2009/11/19 オランダ政府はロッテルダム郊外18kmの人口4万人の町BarendrechtでのCO2地 中貯留(CCS)を承認した。Royal Dutch Shell社は、町の地下2kmの深さの枯渇ガス田に80万トンのCO2を地中貯留する。住民は猛反対しており、地方自治体は直ちに妨害措置をとると言っている。http: //www.nrc.nl/international/article2417585.ece/Dutch_government_approves_CO2_storage_below_town

2009/11/19 英国最初のDoncaster付近Hatfield炭鉱に隣接するCO2回収・貯留 (CCS)付き石炭燃焼火力発電所にEUが1億8千万ポンド提供する。石炭燃焼で水素とCO2を 産出、CO2はパイプラインで北海に輸送し、地中貯留する。http: //news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/south_yorkshire/8368688.stm

2009/11/18 米国石炭産業の生き残りはCO2回収・貯留(CCS)に懸かっている。CCS は石炭火力発電の唯一の温暖化防止策である(World Resources Institute)。(ロイター)http: //www.reuters.com/article/companyNews/idUKTRE5AH2R920091118
http://www.reuters.com/article/companyNews/idUSN0926278820091118

2009/11/17 米中共同宣言、大規模CO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトなどクリーンエネル ギー技術協力:1.米中クリーンエネルギー研究センター、2.米中電気自動車イニシアティブ、3.米中エネルギー効率化行動計画、4.米中 再生可能エネルギーパートナーシップ、5. 21世紀石炭技術イニシアティブ、6.ガス頁岩イニシアティブ、7.米中エネルギー協力プログラム
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/us-china-joint-statement
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/us-china-clean-energy-announcements
http://www.energy.gov/news2009/8292.htm
http://www.energy.gov/news2009/documents2009/U.S.-China_Fact_Sheet_CERC.pdf
http://www.pi.energy.gov/documents/RFI-CERC.pdf
http://www.energy.gov/news2009/documents2009/US-China_Fact_Sheet_Coal.pdf
http://www.energy.gov/news2009/documents2009/US-China_Fact_Sheet_Shale_Gas.pdf

2009/11/16 CO2注入によりメタンハイ ドレート増進回収、電力中央研究所。CO2は、メタンの代わりにハイドレート化して地層に貯 留される。 http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20091116.html

2009/11/16 CO2注入により地熱回収50%増、水よりCO2の方が地熱を多く回収できるというモデル計算結果。 http://www.technologyreview.com/energy/23953/

2009/11/16 海洋の炭素シンクが温暖化防止に重要"The Management of Natural Coastal Carbon Sinks"報告書  http://cmsdata.iucn.org/downloads/carbon_managment_report_final_printed_version_1.pdf

2009/11/13 CO2回収・貯留のリスク予測など日米クリーンエネルギー技術協力、日米首脳合意。 二酸化炭素回収・貯蔵技術に関する、起こり得るリスクを予測し緩和するためのモデル作成、試験及びデータ共有、並びに、新たな回収手法、シミュレーション 手段及びモニタリング手法の開発を含む協力を行う。地球温暖化対策で2050年までに温室効 果ガス80%削減を目指す。 http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/200911/13usa_doc1.pdf
http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/200911/13usa_doc2.pdf

2009/11/13 世界のCO2回収・貯留プロジェクト増加中米エネルギー省エネルギー技 術国立研究所のNETL新CO2回収・貯留データベース。20ヶ国192プロジェクトの内、CO2回収38件、CO2貯留46件、CO2回 収・貯留108件。http: //www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/database/index.html

2009/11/12 大気からCO2を直接削減する技術の開発者に賞を与える超党派法案が米 上院に提出された。燃焼排ガスからのCO2回収は賞の対象にならない。http: //dotearth.blogs.nytimes.com/2009/11/12/senators-pursue-prize-for-capturing-co2/

2009/11/12 米国インディアナ州Posey CountyでCO28千トン地下注入開始、 中西部地域炭素固定パートナーシップ(MGSC)。枯渇石油生産井にCO2を注入、Clore層のCO2地中貯留ポテンシャルと原油増進回収の可能性を探る。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09078-Indiana_CO2_Injection_Begins.html

2009/11/12 The World Coal Institute の新報告書 "Securing the Future - Financing Carbon Capture and Storage in a Post-2012 World".  http://www.worldcoal.org/bin/pdf/original_pdf_file/securing_the_future_ccs_financing(12_11_2009).pdf

2009/11/11 環境省によれば京都議定書初年度2008年度の日本の温室効果ガス排出量はCO2換算12億8600 万トンで、経済不況により前年度比6.2%の大幅減だったが、90年度比では 1.9%増で、経済回復傾向もあり目標達成は依然として厳しい

2009/11/10 オランダのロッテルダム付近Barendrechtで 枯渇ガス田へのCO2地中貯留計画に住民 が反対  http://www.msnbc.msn.com/id/33837127/ns/us_news-environment/

2009/11/9 英 国は原子力発電所10個所の立地とCO2回収・貯留実験4個所を実施する計画を発表した http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE5A84DO20091109

2009/11/9 ロッテルダム大規模CO2ハブ計画、ドイツ・ベルギーなど複数の排出源 からCO2をパイプラインで集め北海海底下に貯留(電気新聞)。2008年7月11日と2009年9月3日 に関連記事

2009/11/9 カ ナダにおけるCO2回収・貯留(CCS)の重要性を示す報告書2種、“カナダにおける CCS":http://www.ico2n.com/docs/media/ICO2N%20Report_09_final.pdf
“カナダにおける温室効果ガス削減”:http://www.ico2n.com/docs/media/Delphi%20GHG% 20Alternatives%20Report%202009.pdf

2009/11/6 温暖化ガス長期目標「2050年に80%削減」鳩山首相(日経)

2009/11/6 米カリフォルニア州Kern Countyで年200万トン大規模CO2回収・貯留 (CCS)付き250MW水素発電所新設、米エネルギー省とHydrogen Energy California LLC (HECA)が合意。CO2を約6kmパイプラインで運びElk Hills油田に注入する。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09077-DOE_Signs_Cooperative_Agreement.html

2009/11/5 ジ オエンジニアリング(地球工学)研究が地球温暖化防止に必要、米下院科学技術委員会が地球工学ヒアリング http://science.house.gov/press/PRArticle.aspx?NewsID=2676

2009/11/5 米国ミシシッピー州Cranfieldの大規模CO2地中貯留(CCS)が100万ト ンに達した。世界で5番目、米国エネルギー省南東地域パートナーシップ、EOR+大規模な塩水帯水層貯留。既に100万トン以上のCO2地中貯留サイトはノルウェーのSleipnerとSn�hvit、カナダのWeyburn-Midale、アルジェ リアのIn Salah

2009/11/4 温暖化ガス25%削減「相当程度は国内で」菅戦略相(日経)

2009/11/4 オーストラリア北西沖Gorgonの世界最大CO2回収・貯留(CCS)プロジェクト、Chevron Australiaが General Electric (GE)に4億ドル契約。 http://www.triplepundit.com/2009/11/the-worlds-largest-carbon-capture-and-storage-project/

2009/11/3 地 球科学者不足 Nature 461, 1307 (28 October 2009) 地球温暖化や資源/エネルギー/環境問題のため、米国では地球科学の大学卒業生4,000人/年では足りないそうですが、日本の大学で地球科 学と言える卒業生は何人いるでしょうか?日本では地球科学/地学は大学/高校/中学で絶滅危惧種です。
"GEO Vision: Unraveling Earth's Complexities through the Geosciences", National Science Foundation (NSF)
http://www.nsf.gov/geo/acgeo/geovision/nsf_ac-geo_vision_10_2009.pdf

2009年11月3日 ゴア元米副大統領が温暖化対策を示す新著「Our Choice: A Plan to Solve the Climate Crisis」出版 「不都合な真実」続編、Rodale Books. http://www.ourchoicethebook.com/

2009/11/2 CO2の国境越え輸送の解禁を国際海事機関(IMO)が決めた。批准に 数年かかるが、北海油ガス田の枯渇後のCO2貯留による収入に期待する英国に朗報になった。 http://www.businessgreen.com/business-green/news/2252401/co2-transportation-ban

2009/11/2 悪名高い2005年エネルギー法の中でも“ハリバートンの抜け穴”は当時のチェイニー副大統領(元ハリバートンCEO/株主) の命令で挿入されたと言われ、環境保護局(EPA)から「水圧破砕法」の規制権を奪った。「水圧破砕法」は、石油や天然ガスの採取のために、孔井に水や砂 や化学物質を圧入して地下の岩石を破砕する方法で、1940年代にハリバートンが発明した。しかし、水圧破砕法は地下水汚染や誘発地震の原因にもなる。先 週、議会は環境保護局に「水圧破砕法」のリスクを改めて調査することを命じる法案を通した。さらに、“抜け穴”を塞ぐため、水圧破砕を規制し、使用する化 学物質を公開させる法案を準備中であるが、企業側は企業秘密として抵抗している。(ニューヨークタイムス)http: //www.nytimes.com/2009/11/03/opinion/03tue3.html?_r=1&th&emc=th

2009/10/30 京都議定書初年度の2008年度日本のエネルギー起源CO2排出量は90年度比 7.4%増、目標達成は厳しい、経済不況により前年度比6.7%減の11億3800万トン。http: //www.asahi.com/eco/TKY200910300438.html

2009/10/30 米国Mountaineer石炭火力発電所のCO2回収・貯留開始、石 炭火力発電の排ガスから冷アンモニア法により回収したCO2を深さ2,000m強の砂岩帯水層に注入開始。 年10万トン規模。 http://www.statejournal.com/story.cfm?func=viewstory&storyid=69426

2009/10/30 地球を冷やすジオエンジニアリングMITシンポジウム"Engineering a Cooler Earth: Can We Do It? Should We Try?"、米国   http://web.mit.edu/esi/symposium2009.html

2009/10/29 地球温暖化防止法案反対の手紙詐欺事件で米議会公聴会、少数民族団体の名を偽って米下院議員に 温暖化防止エネルギー法案に反対を迫る手紙が石炭ロビー企業から送られた。http://globalwarming.house.gov/pubs? id=0012

2009/10/26 2050年までに米国で原子力発電炉180基新設へ!、米国環境保護局。放射性廃棄物処分か?CO2回収・貯留(CCS)か?http://www.examiner.com/x-19285-Chicago- Economic-Policy-Examiner~y2009m10d26-EPA-sees-180-new-nuclear-power-plants-over-the-horizon

2009/10/25 米エネルギー省が超先端エネルギー技術育成へ、マイクロチップやインターネットを育成した国防省のDarpaをモデル に、ARPA-E局(Advanced Research Projects Agency-Energy)により、CO2回 収酵素やガソリンを作るバクテリアなど大抵は失敗するが世の中を変えるかもしれない超先端エネルギー技術を、即決―長期育成で支援する。初回プロジェクト 37件総額1億5千万ドルのうち、CO2回収技術5件を含む。 http: //www.nytimes.com/2009/10/26/science/earth/26energy.html?_r=1&th&emc=th
ARPA-Eホームページ http://arpa-e.energy.gov/

2009/10/24 クリーンなエネルギー技術の開発競争に勝つ国が世界経済のリーダーになる。オバマ大統領がMITで演説。http: //www.tothecenter.com/index.php?readmore=11590

2009/10/24 投資家は、今後20年間世界でCCSに7千億ドルの投資が行われることに気付くべき。 http://www.istockanalyst.com/article/viewarticle/articleid/3577668

2009/10/24 長期目標にCO2濃度350ppmがクローズアップされている。 http://dotearth.blogs.nytimes.com/2009/10/24/a-global-focus-on-a-hot-number/

2009/10/24 CCSプロジェクトの成功にアウトリーチが不可欠。ヒューストンでのCO2会 議にて。http://www.eganenergy.com/public-outreach-vital-for-successful-ccs- projects/

2009/10/24 経済不況のためCO2回収実験から手を引く企業も増えている。カナダ・ アルバータ州では多くのCO2回収プロジェクトが立案されていたが、Questプロジェクト(Shellな ど)とPioneerプロジェクト(TransAltaなど)だけが連邦政府と州政府からの15年間16億ドルの補助により生き残った。回収したCO2は原油増進回収に使われるが、原油を増産すると結果的にCO2排出は 増えるという批判もある。 http://www.edmontonjournal.com/technology/Graham+Thomson+Economics+prove+fatal+carbon+capture+projects/2139960/story.html

2009/10/22 青森県六ヶ所村で高レベル放射性廃液漏れ?使用済み核燃料再処理工場内で約20ミリリットル、日本原燃

2009/10/21 ジオエンジニアリング(地球工学)の方が現今対策よりずっと経済的に地球温暖化防止が出来る? Freakonomics(邦題『ヤバい経済学』)の続編SuperFreakonomics (仮題『超ヤバい経済学』未邦訳)の最終章での主張が、また激しい論議を呼んでいる。 http://opinionator.blogs.nytimes.com/2009/10/21/engineering-a-cooler-planet/

2009/10/21 太陽系外惑星に水、メタン、CO2を確認、生命の存在に必須の化学物質 を備える。ナショナルジオグラフィック

2009/10/21 米国ケンタッキー州East Bendサイトで約1,000mの深さのMount Simon砂岩塩水帯水層に液化CO2を1,000 トン地下注入し、同塩水帯水層がオハイオ・バレー地域のCO2地中貯留に有望であることを示 した。USDOE中西部地域炭素固定パートナーシップ http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09074-Partnership_Completes_CO2_Injectio.html

2009/10/21 米国サウスカロライナ大学地球科学資源研究所がサウスカロライナ州南部地下の玄武岩層へのCO2地中 貯留(CCS)研究で490万ドルの研究費を得た。米国エネルギー省国立エネルギー技術研究所(NETL)から、安全かつ持続的なCO2固定に適した地層ポテンシャル研究のため全国11件7500万ドル以上が配分された。http: //www.free-times.com/index.php?cat=1992912064025693&ShowArticle_ID=11012010092439391

2009/10/16 実業家ソロス氏がClimate Policy Initiativeを設立し、クリーン・エネルギー技術に10億ド ル投資する。 http://www.enn.com/energy/spotlight/40592

2009/10/15 14日に直嶋経産相と会談したチュー米エネルギー長官 は、CO2回収・貯留(CCS)技術の実用化に向 け、日本と協力を拡大したい考えを示した。(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/world/news/20091016ddm008030053000c.html

2009/10/15 国際エネルギー機関(IEA)は「CO2回収・貯留(CCS)は排出削減対策として費 用対効果が高い」と評価、世界のCCSプロジェクトは2020年に100箇所ー年3億トン、2030年に900箇所ー年24億トン、 2050年までに3000箇所ー年100億トンに達し、温暖化ガス排出削減の主要手段になると予測した。50年時点での施設は中国だけで600カ所超。 (日経新聞) http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091015AT2M1403715102009.html

2009/10/15 中国には3兆トン以上の膨大なCO2地中貯留ポテンシャルがある。ほと んどは塩水帯水層、米国PNNLと中国科学院の共同研究(フル報告書は11月)
http://greeninc.blogs.nytimes.com/2009/10/15/study-says-china-is-ripe-for-carbon-storage/
http://www.nytimes.com/cwire/2009/10/16/16climatewire-report-finds-ample-room-for-joint-us-china-c-45709.html
中国CO2地中貯留ポテンシャル報告書要約版
http://energyenvironment.pnl.gov/news/pdf/us_china_pnnl_flier.pdf
中国CO2地中貯留ポテンシャル地図
http://graphics8.nytimes.com/images/blogs/greeninc/chinamaplarge.jpeg
中国CO2地中貯留早期実施報告要約版
http://www.eenews.net/public/25/12812/features/documents/2009/10/16/document_cw_01.pdf
(2009/10/5)中国科学院武漢岩土力学研究所の李小春(Li Xiao Chun)教授によれば、中国の46油ガス層、68石炭層、24塩水帯水層ののCO2地中貯留ポ テンシャルは約3.2兆トンで、その10%だけを使っても1世紀間は対応できる(Josh Fenn: China Grapples With A Burning Question, Science 25 September 2009:Vol. 325. no. 5948, p. 1646) http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5948/1646

2009/10/15 製鉄最初のCO2回収をUAEのEmirates Steelが計画。アブダビのMasdar Initiativeと協力。http://www.steelbb.com/us/?PageID=157&article_id

2009/10/15 カナダのエドモントン西方に建設中の Keephills 3石炭火力発電所にCO2回 収・貯留(CCS)を付設するためカナダ政府とアルバータ州が約8億ドル補助する。TransAlta Corp. およびCapital Power Corp. . http://www.theglobeandmail.com/report-on-business/power-plant-to-pipe-co-2-underground/article1324256/

2009/10/14 IEAがCO2回収・貯留(CCS)ロードマップを公表した。CCS無 しでは大幅排出削減コストが70%上昇する。世界で2020年までに100箇所、2050年までに3000箇所以上のCCSプロジェクト、2010年から 2050年までに2.5ないし3兆ドル以上のCCSへの投資が必要であるが、全排出削減費の6%になる。 http://www.iea.org/index_info.asp?id=657
http://www.iea.org/Papers/2009/CCS_Roadmap.pdf
http://www.iea.org/papers/2009/CCS_roadmap_targets_(viewing).pdf

2009/10/14 韓国政府はCO2回収・貯留(CCS)技術開発に4年間で千億ウォン投 資し、電力会社が2020年まで1兆ウォン以上投資する。http: //english.chosun.com/site/data/html_dir/2009/10/14/2009101400628.html

2009/10/14 地球温暖化防止の実施に最大の障害は支払いである。1兆ドル近いと言われる温暖化防止のための費用をどう負担するか が、気候合意に障害になる。  http://www.nytimes.com/2009/10/15/science/earth/15climate.html?th&emc=th

2009/10/14 メタンガスの漏洩を見つけ、シールすることが効果的な地球温暖化防止策になる。  http://www.nytimes.com/2009/10/15/business/energy-environment/15degrees.html?_r=1&th&emc=th

2009/10/14 CO2 Capture Projectから新報告書 "Carbon Dioxide Capture for Storage in Deep Geologic Formations - Results from the CO2 Capture Project - Volume Three Advances in CO2 Capture and Storage Technology (2004-2009)" http://www.co2captureproject.org/pubsearch.php

2009/10/13 世界は2020年までに100個所の大規模CO2回収・貯留が必要であり、2050年 までには数千個所必要になるNobuo Tanaka 国際エネルギー機関(IEA)事務局長、http: //www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE59C1ET20091013

2009/10/13 米国中西部諸州がCO2パイプラインを建設し、CCS技術のハブになる ことで合意、インディアナ、イリノイ、ケンタッキーの石炭ガス化工場・発電所からCO2を米湾岸地域に送っ て油田に注入して原油増進回収に用いる。http://www.nytimes.com/gwire/2009/10/13/13greenwire- pipeline-would-carry-midwest-co2-to-gulf-coast-19951.html

2009/10/13 既存火力発電所排ガスからCO2を回収する技術の開発に5500万ドル、 米エネルギー省 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09073- DOE_Issues_Carbon_Capture_FOA.html

2009/10/12 インドにおけるCO2回収・貯留(CCS)の可能性に関する報告書 "Investigating the prospects for Carbon Capture and Storage technology in India",University of Edinburgh and University of Surrey. http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/india-ccs-prospects.html

2009/10/12 8年から10年以内に世界で広く経済的に実施できるCO2回収・貯留(CCS)技術の 開発が最重要研究課題。Chu米エネルギー長官が炭素隔離リーダーシップフォーラムへの手紙で、世界のエネルギー大臣や科学者や企業に科学 的能力と研究資源を挙げて取り組むことを呼びかけた。http: //www.fossil.energy.gov/programs/sequestration/publications/ccs_letter_s1.pdf
エネルギーと気候の危機を解決するために、様々な科学的ブレークスルーが必要であるが、安全かつ経済的で広く実施可能なCO2回 収・貯留(CCS)技術は最重要な科学的研究課題である。米国はCO2回収・貯留(CCS)に40億ドル以 上の史上最大の政府投資を行っている。さらに民間から70億ドル投資される。米国は2016年までに10件の商業実証プロジェクトを実施し、それに加えて 2020年以後の実施を目指した革新技術の研究を行っている。
米エネルギー省の取組は
・FutureGen計画ー2016年まで商業規模CCS付き火力発電実現に10億ドル以上。
・CCS新技術付き石炭火力発電所の商業規模実証プロジェクト5件に14億ドル以上
・既存施設への後付けCO2回収実証プロジェクト5件に約13億ドル
・CO2利用の革新概念に1億ドル
・将来の大規模CO2貯留サイトを見出すための地層研究に5千万ドル
・新技術実施に必要な熟練要員を養成するために2千万ドル
・CO2回収コストを低減する新技術に2010年から4億ドル
・CO2地中貯留の長期安全性の科学とモニタリング技術に10年間5億ドル以上の継続的投資
・CO2回収・貯留国際共同研究のため米中クリーンエネルギー研究センター設立

2009/10/11 アラスカのアンカレッジ西方で原住民企業Cook Inlet Region Inc. (CIRI)が石炭地下ガス化(UCG)ーCO2回収・貯留(原油増進回収)-100MWガス火力発電所複 合開発プロジェクトを発表した。2014年発電開始予定、費用は3億ドル。ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)が技術コンサルタン ト。アラスカは、世界の石炭資源の6分の1を持ち、膨大な未開発石炭層がある。http: //www.greencarcongress.com/2009/10/ciri-20091011.html

2009/10/10 日中韓首脳が12月コペンハーゲンで新気候合意成立への協力を約束した。 北京

2009/10/9 オバマ米大統領にノーベル平和賞

2009/10/8 す べての国がCO2回収・貯留(CCS)の開発・実施を推進す るべき、オーストラリア資源エネ ルギー相。 http://www.nasdaq.com/aspx/stock-market-news-story.aspx?storyid=200910082300dowjonesdjonline000682&title=australian-min-wants-to-speed-global-use-of-carbon-capture

2009/10/8 カナダ・エドモントン付近オイルサンド大規模CO2回収・貯留(CCS)にカナダ政府 とアルバータ州から8億ドル以上の資金、アルバータ州Fort Saskatchewan付近のQuestプロジェクト(シェル社) http://www.canada.com/technology/Shell+gets+865M+carbon+capture/2082387/story.html

2009/10/8 米国ウィスコンシン州Pleasant Prairie石炭火力発電所の排ガスから冷アンモニア法によるCO2回収実験に成功、We Energies,Alstom,米電力研究所(EPRI) http://www.reuters.com/article/rbssIndustryMaterialsUtilitiesNews/idUSN0853815320091008

2009/10/8 英国で反対運動の起きているKingsnorth石炭火力発電所増設は景気低迷による電力需要減のため3年延期するが、英国政府の CO2回収・貯留(CCS)資金への応募は変更しない 。E.ON社. http://www.reuters.com/article/rbssIndustryMaterialsUtilitiesNews/idUSL824121020091008

2009/10/7 中 国は欧米が温室効果ガスを排出してきたことを非難し、日本は排出権を買い漁る (国 連気候変動バンコック会議,2009/9/28- 10/9)  http://blogs.tampabay.com/energy/2009/10/china-chastises-us-europe-over-greenhouse-gases-while-japan-buys-co2-rights-fromlatvia.html

2009/10/7 オーストラリアのRudd政権は、オーストラリアが海外に輸出したウラニウムから生じた放射性廃棄物を受け入れて処分するという要求 を拒否した。 http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,,26176021-2702,00.html?from=public_rss
http://www.upi.com/Science_News/Resource-Wars/2009/10/06/Australia-mulling-nuclear-waste-storage/UPI-14471254857164/

2009/10/7 砂嵐が海洋のCO2吸収を促進する。 http://www.sciencealert.com.au/news/20090710-19943.html

2009/10/7 ドイツのCO2地中貯留に地域住民の反対運動 スウェーデン電力大手Vattenfall社は、ドイツのSchwarze Pumpe褐炭火力発電所にヨーロッパ初のCO2回 収実験を始めたが地中貯留は認められなかったが、ベルリンに近いJanschwalde褐炭火力発電所でさらに大きい(650MW)CO2回収実験を計画し、ブランデンブルグ州のNeutrebbin と BeeskowでCO2地中貯留することを提案している。しかし、地元からCO2の漏洩を恐 れて反対運動が起きている。ドイツでは、40箇所も天然ガス地下貯蔵が実施されているので、より安全なCO2地 中貯留に反対するのは不思議と言う意見もあるが、安全性が実証されていないー「実験動物になりたくない」ーと反対している。ドイツ議会はCCS法案を4月 に一旦通したが、反対の強さに選挙後まで棚上げしている。
EUは2015年までに10ないし15箇所のCCS実証プロジェクトを実施するため15億ドルの経済再生資金と88億ドル相当の排出権クレジットを用意し ている。(ウォールストリート・ジャーナルより) http://online.wsj.com/article/SB125476964655765445.html

2009/10/6 2007年世界のCO2排出量290億トン(前年比3%増)、国別で中国が1位になり 60億トン(同8%増)、米国が2位58億トン(同1%増)、日本は5位12億トン(同2%増)、IEA報告。

2009/10/5 EU がエネルギー研究費を3倍の年80億ユーロに、CO2回収・貯留(CCS)には10年間に130億ユーロ投 資する。(ロイター) http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE5942I920091005

2009/10/5  パソコン大手アップル社や電力会社が地球温暖化対策に批判的な全米商工会議所から離脱 (日経)

2009/10/5 オ ルドスで中国初の大規模石炭CO2回収・貯留(ccs):中国最大の石炭企業神華集団は、内 モンゴル自治区オルドス市の石炭液化プラントから排出される年360万トンのCO2を回収し、付近の油田に 地下注入して原油を回収する試みをする。中国では、他にGreenGenと呼ばれるCO2回収・貯留 (ccs)実験プロジェクトが天津と上海で進んでいる。(Josh Fenn: China Grapples ith A Burning Question, Science 25 September 2009:Vol. 325. no. 5948, p. 1646) http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5948/1646

2009/10/2 EU7件のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに計10億ユーロを投資 http://www.endseurope.com/22281

2009/10/2 CO2回収・貯留(CCS)の講義ムービー "Geologic Carbon Sequestration: Mitigating Climate Change by Injecting CO2 Underground", Berkley Laboratory,カリフォルニア大学テレビ、英語59分、ユーチューブから無料ダウンロードできます。 http://www.youtube.com/watch?v=D9U0fRYrHyw&feature=player_embedded#

2009/10/2 温暖化ガスを年2万5000トン以上排出する発電所や工場など大規模事業所を対象に排出規制へ、米環境保護局(EPA)。 http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20091001D2M0101001.html

2009/10/2 CO2回収・貯留(CCS)に10年で100億ドル、2020年の温 暖化ガス排出量、05年比で20%削減 (電気新聞)−米上院"Clean Energy Jobs and American Power Act"法案。http: //www.eenews.net/public/25/12607/features/documents/2009/09/30/document_gw_07.pdf

2009/10/2 米国12件の工業排出源CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに経済再生法から所 要費用の約半分2千万ドルを投資して、第1期調査を行い、2010年に評価して、成功したプロジェクトに最終的な設計・建設・操業の資金を 供給する。それに加えて、さらに16プロジェクトを条件付き選定して、追加評価する。米エネルギー省  http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09072-DOE_Announces_Industrial_CCS.html
12プロジェクトは:
  *Air Products and Chemicals Inc. (Allentown, Pa.)―テキサス州Port Arthurで水蒸気天然ガス改質水素製造装置から年100万トン以上のCO2を回収して、パイプラインで Oyster Bayou油田に送り原油増進回収に用いる。
  *Archer Daniels Midland Corporation (Decatur, Ill.)―Dow ALSTOM 改良アミン法により回収したCO2をMt. Simon砂岩層に貯留する。
  *Battelle Memorial Institute, Pacific Northwest Division (Richland, Wash.)―黒液燃料からの排ガス用に改良したアミン法で回収したCO2をワシントン州の洪水玄武岩層深 部に貯留する。
  *C6 Resources (Salno, California)―カリフォルニアのベイ・エリア地域から年百万トンのCO2をパイプラインで集めて、地下3kmより深い塩水帯水層に貯留する。
  *CEMEX Inc. (Houston, Texas)―セメント工場からドライ吸着剤でCO2を 回収し、地中貯留する。
  *ConocoPhillips (Houston, Texas)―石油コークス使用683MWガス化IGCC火力発電所から年5百万トン以上のCO2を回収し て、枯渇油ガス田に貯留する。
  *Leucadia Energy LLC (New York, N.Y.)―Lake Charles, La.付近の石油コークス―メタノール・コジェネ工場から年4百万トン以上のCO2を回収し、20kmのパ イプラインを建設してルイジアナのGreen Lineパイプライン・システムに接続し、原油増進回収に用いる。
  *Leucadia Energy LLC (New York, N.Y.)― Moss Point, Miss.の石油コークス・ガス化工場で年4百万トンの大規模CO2回収・貯留実証試験を行う。
  *Praxair Inc. (Danbury, Conn.)―石油精製所水素生産から年百万トンのCO2を 回収してパイプラインで、Green Lineパイプライン・システムに接続し、原油増進回収に用いる。
  *Shell Chemical Capital Company (Houston, Texas)―ニューオルリンズからバトンルージュに至るミシシッピ川流域の副産物およびオフガスのCO2年 百万トンをパイプラインで集めて、地中貯留する。
  *University of Utah (Salt Lake City, Utah)―複数の工業排出源から年百万トン以上のCO2を2本の新設カンサス州内パイプラインで集めて、油田およびその下のカンサス州の大部分に広がる巨大な塩水帯水層に 貯留する。
  *Wolverine Power Supply Cooperative Inc. (Cadillac, Mich.)―Rogers City, Mich.近くに建設する600MW循環流動床石炭火力発電所からHitachi and Dowの改良アミン技術により年30万トンのCO2を回収する。

2009/10/1 大気からCO2を直接削減する新技術が注目されている。大気CO2直接削減技術は場所を選ばずに実施できるのが特徴で、CO2を多量に 排出する発電所や工場の無い貧しい国にも投資して、再生可能エネルギーを利用して温暖化ガスを削減し、排出権を売ることができる利点がある。(ロイター)  http://www.reuters.com/article/latestCrisis/idUSN01290245

2009/10/1 石炭からのCO2を地球に戻す。米ウェストヴァージニア州 Mountaineer石炭火力発電所から排出するCO2の1.5%の地下深部注入を開始した。(ニュー ヨークタイムズ) http://greeninc.blogs.nytimes.com/2009/10/02/returning-coals- co2-to-the-earth/?hp

2009/9/30 経済危機を乗り越えてアイスランドのCO2地中玄武岩層貯留実験が続いている。 地熱開発で水蒸気と共に湧出するCO2を地下の玄武岩中に戻すと、玄武岩の風化反応でCO2は炭酸塩に固定される。気体や超臨界流体ではなく、固体になるので長期安定である。玄武岩は、アイスランドの90% を占め、世界でも普遍的に存在するので、実験の意義は大きい。 http://www.pri.org/business/social-entrepreneurs/storing-co2-underground1645.html

2009/9/29 Greencore CO2パイプライン・プロジェクト米ワイオミン グ州Fremont CountyのLost Cabin ガス工場から回収したCO2をモンタナ州南東部 Encore社 Bell Creek 油田まで370kmの新高圧CO2パイプラインで送り、CO2-EORを行う。年約100万トンのCO2排出を削減し、石油生産を 1日あたり1,200バレルから7,000バレルに増産する。2011年運開。http://ca.sys-con.com/node/1124836

2009/9/29 東 芝が福岡県大牟田市で石炭火力発電所からのCO2回収実験開始。シグマパワー有明の三川発電 所、アミン吸収法で1日10トン規模のパイロットプラント(朝日)

2009/9/29 火星の地下浅くに氷がある。NASA. http://www.nytimes.com/2009/09/29/science/space/29mars.html?th&emc=th

2009/9/25 CO2回収に用いるアミンの健康影響"Amines Used in CO2Capture- Health and Environmental Impacts" (Bellona Report) http://www.bellona.org/files/fil_Bellona_report_September__2009_-_Amines_used_in_CO2_capture.pdf

2009/9/25 CO2回収・貯留(CCS)特別号(Science誌)VOL 325, ISSUE 5948, p.1585-1740. Steven Chu 米エネルギー長官:「石炭の資源量は豊富で、特に米国、ロシア、中國、インドの四ヶ国に世界の石炭資源量の3分の2がある。どの国も、当分は(貴重なエネ ルギー源の)石炭から離れられない。そのため、 CO2回収・貯留(CCS)を積極的に推進しなければなら ない。」(表紙はアイスランドの地熱開発に伴い湧出する CO2を地下の玄武岩層に戻す実験の現場) http://www.sciencemag.org/

2009/9/25 英国政府が海底下CO2地中貯留認可法諮問案、 Le Meridien Piccadilly, London W1、英国: http: //decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/co2_storage/co2_storage.aspx

2009/9/24 「地球規模の課題に対応するため、すべての国が責任を分かち合うときがきた」オバマ米大統領、国連総会演説。

2009/9/24 月の土壌に水米とインドの3探査機が発見(共同)。(注)大ニュースです。地球で水があるところには、どこでも微生物 が居ます。含有率0.5%未満とわずかなので、そこまでいうのは早いですが、これまで月に生物は絶対居ないと考えられてきましたが、地下にもっと多くの水 が溜まっていれば、月の地下に微生物が居る可能性を排除できなくなったと思います。人間が月に移住できる可能性も高くなりました。

2009/9/24 CO2を地下に埋めるのは愚行か? "BURYING CARBON DIOXIDE IN UNDERGROUND SALINE AQUIFERS: Political Folly or Climate Change Fix?",Munk Centre for International Studies,University of Toronto. http://beta.images.theglobeandmail.com/archive/00242/Munk_Centre_Paper_242701a.pdf

2009/9/22 鳩 山首相が温室効果ガス25%削減を国際公約、国連気候変動サミット 。途上国への資金や省エネ技術の積極的供与を明示した「鳩山イニシアチブ」も提唱した。

2009/9/22 州はCO2排出で電力会社を訴えることが出来る。米連邦控訴裁判所。 http://redgreenandblue.org/2009/09/22/federal-appeals-court-allows-states-to-sue-power-companies-for-co2-emissions/

2009/9/22 米 国ウェストバージニア州New HavenのMountainieerの石炭火力発電所でCO2回収・貯留 (CCS)テストが今週始まる。http: //www.nytimes.com/2009/09/22/science/earth/22coal.html

2009/9/21 工業バイオテクにより年25億トンの排出削減が可能。 WWFレポート  www.divshare.com/download/8537942-24e
www.divshare.com/download/8537939-3e0

2009/9/21 MITがCO2回収・貯留(CCS)に適した高圧酸素燃焼石炭火力発電方式を 開発した。従来方式より10−15%効率が良くなる見込み。スポンサーの伊ENEL社がパイロットプラントを計画。 http://esciencenews.com/articles/2009/09/21/mit.develops.initial.step.toward.carbon.sequestration

2009/9/18 ドイツ電力メジャーE.ON社がCCS法を早く制定するよう政府に要請した。これ以上法制定が遅れるとCO2回収・貯留(CCS)先端技術開発に支障し、ドイツ企業に不利になる。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE58H39U20090918

2009/9/18 オーストラリア北西GorgonのCO2地中貯留(CCS)は閉鎖後15年は操業者が 管理、以後は(予定2069年)、国80%と州20%で責任分担する。巨大なGorgon LNG プロジェクトでは、Barrow島の地下2km超の深さに世界最大のCO2地中貯留(CCS)が計画されて いる。プロジェクトの40%の排出削減をする。 http://blogs.wsj.com/environmentalcapital/2009/09/18/carbon-storage-why-the-gorgon-gas-play-might-be-really-important/

2009/9/17 排 出権取引はEU産業に害になってはいない。The Climate Groupレポート http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE58G4LZ20090917

2009/9/16 CO2回収・貯留(CCS)サイト特性調査・地層研究の11プロジェクト に米エネルギー省経済再生プロジェクトから7600万ドル  http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09065-DOE_Awards_Site_Characterization_P.html

2009/9/16 CO2回収・貯留(CCS)大学教育・トレーニングの43プロジェクト に米エネルギー省経済再生プロジェクトから1300万ドル  http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09066-DOE_Advances_CCS_Training.html

2009/9/16 オーストラリアの石炭ブーム、5年で30%増450万トンへ、オーストラリア産石炭の45%が日本向けで、その55% は発電用で、残りは鉄鋼生産用。CO2排出削減のため日本向け輸出は激減すると予測されていたが、実際には 減りそうにない。 http://www.upi.com/Energy_Resources/2009/09/16/Australias-boom-in-coal-production/UPI-10541253134605/

2009/9/15 石 炭からのCO2排出低減の低コスト化ロードマップ“Coal Without Carbon”が 発表された。石炭地下ガス化や CO2帯水層貯留等。Clean Air Task Force (CATF)   http://www.coaltransition.org/filebin/pdf/Coal_Without_Carbon_Final_High-Resolution.pdf

2009/9/14 最初の商業規模CO2回収・貯留(CCS)付設270MW超低排出IGCC石炭火力発 電所を 米ペンシルヴァニア州Good Springに建設するため、米エネルギー省のクリーンコール発電イニシアティブ(CCPI)の資金に応募する。Future Power PA Inc (FPPI)  http://www.marketwatch.com/story/future-power-pa-applies-for-federal-grant-to-accelerate-near-zero-emissions-power-plant-2009-09-14

2009/9/14 中国政府のためイタリアのEnel社がCO2回収・貯留(CCS)実証研究を 行う。 http://www.reuters.com/article/rbssIndustryMaterialsUtilitiesNews/idUSLE72216420090914

2009/9/12 日本の電力の2008年度CO2排出係数は0.444kg/kWhであったが、京都メ カニズムにより購入した排出権を使えば0.373kg/kWhになると電事連が発表(電気新聞) http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20090914.html

2009/9/12 モ ルディブが観光客に環境税検討1日3ドル、海面上昇で水没の危機、温暖化対策が最重要課題

2009/9/11 グリーン・ホワイト・ハウス?オバマ大統領は、米国グリーンビルディング協会(USGBC)のグリーンビルディング格 付けシステムLEED認定の取得を目指して、ホワイトハウスのグリーン化を進めている。 http://www.sierraclubgreenhome.com/green-news/the-greenest-white-house/ http://www.thegreenguide.com/home-garden/home-improvement/white-house?source=email_gg_20090715

2009/9/11 ドイツで1983年放射性廃棄物地下貯蔵サイト科学的安全評価書に政治家が干渉した疑いで調査が行われる。前政権がゴ アレーベン放射性廃棄物貯蔵サイトの危険性を指摘した節を削除させたという疑いのため。原子力発電を2021年までに廃止する計画を中止するかが争われて いる9月27日の議会選挙に先立って、疑いが表面化した。http://www.bloomberg.com/apps/news?pid= 20601100&sid=aEQZF2xZ4cEM

2009/9/11 ド イツ地熱開発で誘発地震騒ぎ、ドイツ中西部カールスルーエの北西のLandauの地熱開発サイト付近で8月15日にM2.7の地震が発生、 人にも建物にも被害は無かったが、住民は地熱開発による誘発地震だと騒いでいる。地熱開発プロジェクト側は関係を否定しているが、震源は地熱井から 450m、深さも2400mで地熱貯留層と同じ深さであった。他に、人に感じられない程度の地震が4回あり、地元のラインラント・ファルツ州地質調査所は 地熱開発による誘発地震の可能性が高いとしている。地熱発電分を石炭火力発電で置き換えると年3万トンのCO2排 出があるので、そのリスクに比べれば耐えうる程度だという人も居るが、懐疑的な住民も居る。バーゼルでは誘発地震騒ぎで地熱開発が中断され、まだ再開して いない。カリフォルニアでも誘発地震を恐れて住民が地熱開発に反対している。(ニューヨークタイムズ)。http: //www.nytimes.com/2009/09/11/science/earth/11quake.html?_r=1&th&emc=th

2009/9/11 カナダ西部州がCO2回収・貯留(CCS)で協力 http://www.570news.com/news/national/more.jsp?content=n114430027

2009/9/10 米ウェストヴァージニア州South Charlestonで石炭ボイラー排ガスから改良アミン法でCO2回収をするパイロットプラント操業開始年1,800トン、Dow-Alstomプロジェクト。 http://www.reuters.com/article/pressRelease/idUS162103+10-Sep-2009+PRN20090910

2009/9/8 カライド酸素燃焼プロジェクトは順調に進んでいる(Jパワー)。豪クイーンズランドで2011年より30MW石炭火力 発電所で酸素燃焼とCO2回収・地中貯留によりCO2をほと んどゼロにする計画

2009/9/8 英 国は北海海底下のCO2地中貯留により年100億ポンド稼げるようになる。CCSはブーム産 業になる。北海海底下の塩水帯水層と枯渇油ガス田がCO2貯留スペースになり、”逆油田”として資源にな る。http://www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article6826247.ece

2009/9/8 CO2炭層固定のためのCO2地下注入 開始、米ウェストバージニア州Marshall County、II級地下注入井。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09063- First-of-a-Kind_Sequestration_Fiel.html

2009/9/7 "石炭の悪夢The Coal Nightmare" ABC (Australian Broadcasting Corporation)放映、クリーンコールーCO2回収・貯留(CCS)は温暖化防止の切り札として喧 伝されているが、遅々として進んでいない。もう間に合わないのでは? http://www.abc.net.au/4corners/special_eds/20090907/coal/

2009/9/7 「鳩山イニシアティブ」2020年までに1990年比25%削減民主・鳩山代表:朝日地球環境フォーラムで。 http://www.asahi.com/politics/update/0907/TKY200909070166.html?ref=rss

2009/9/6 地 球温暖化防止のための地球工学(ジオエンジニアリング):大気CO2直接除去(CDR)が最有力。Royal Society報告"Geoengineering the climate: Science, governance and uncertainty" http://royalsociety.org/displaypagedoc.asp?id=35151

2009/9/5 アイスランドで玄武岩へのCO2固定"CarbFix"実験開始。国際 会議も開催。http://blogs.uscannenberg.org/neontommy/2009/09/co2eating-rocks-of -iceland.html

2009/9/4 米 主導「国際炭素市場」構想日本はカヤの外、産業界はなお「削減義務を伴う排出取引市場」にも「25%減」にも反発(朝日)

2009/9/4 中國CO2回収貯留(CCS)に30年間で4千億ドル必要:石炭火力発 電からのCO2排出低減のため。スタンフォード大報告"The Real Drivers of Carbon Capture and Storage in China and Implications for Climate Policy" http: //pesd.stanford.edu/publications/the_real_drivers_of_carbon_capture_and_storage_in_china_and_implications_for_climate_policy/

2009/9/4 世界初のCO2パイプライン輸送ガイドラインノルウェー。 http://www.scandoil.com/moxie-bm2/news/inviting-the-industry-to-continue-developing-co2-p.shtml

2009/9/3 ロッ テルダムCO2ハブ、2015年に5百万トン/年、2025年に2千万トン/年。http: //www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSL361527620090903

2009/9/3 CO2ベース地熱開発:アリゾナ州からニューメキシコ州にまたがるSt Johns DomeヘリウムーCO2鉱床から産出する超臨界CO2で 地熱発電をする実証プロジェクトが計画されている。http: //news.prnewswire.com/DisplayReleaseContent.aspx?ACCT=104&STORY=/www/story/09-03-2009/0005087786&EDATE=

2009/9/1 米国ヒューストン南西の3,653MW石炭/ガス火力発電所に燃焼後CO2回収実証ユ ニットを建設するため、NRG Energy社が米エネルギー省のクリーンコール発電イニシアティブに応募する。またNational Carbon Capture Center (NCCC)にも加入する。http: //pepei.pennnet.com/display_article/368568/6/ARTCL/none/none/1/NRG-applies-for-CCS-project-at-3,653-MW-power-plant/

2009/8/31 炭層、玄武岩層、浅い帯水層へのCO2地中貯留を許容へ、米環境保護局 がCO2地中貯留の規則案変更へ、原案では飲用地下水層より浅い帯水層や地表の浅い岩層への貯留を禁じてい たが、供用されている水を汚染しないことを証明すれば良いことになる。 (Climate Change Policy Update)

2009/8/31 上 海の石炭火力発電所で世界最大のCO2回収施設着工、Shanghai Shidongkou Second Power Plant。中國華能グループでは、北京に続き2番目。年末までに年10万トンのCO2回収ができる施設を完成する。 http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/2009-08/31/content_8634756.htm

2009/8/31 EUのCO2排出量は4年連続で減少した。2008年CO2排出量は、1990年比、EU15ヶ国で6.2%減、EU27ヶ国では10.7%減(ロイター)

2009/8/31 浅い砂層へのCO2地中貯留:米国エネルギー省の費用によりミズーリ科 学技術大がミズーリ州Springfieldの地下深度600mで試験をする。http: //news.mst.edu/2009/08/st_researchers_study_carbon_se.html

2009/8/30 海洋は、予想されていたよりずっと多くのCO2大気から吸収できる。(Nature Geosciences)

2009/8/28 老朽火力発電所建て替え、CO2排出削減につながる場合に限りアセス審査簡素化、 環境省(電気新聞)

2009/8/28 米 国ニュージャージー沖のCO2海底下地層貯留の安全性に地域住民が疑問、”ニュージャージー は地震が多い” http://www.nj.com/news/local/index.ssf/2009/08/linden_residents_question_safe.html

2009/8/28 地域CO2固定教育プログラム7件に8百万ドル、米エネルギー省。 http://www.sustainablebusiness.com/index.cfm/go/news.display/id/18782

2009/8/28 クリーンコールのロビー活動に54万ドル使用、第2四半期。 http://www.businessinsider.com/clean-coal-group-spent-544853-lobbying-in-2q-2009-8

2009/8/27 温 暖化防止地球工学技術:大気からCO2を吸収する“人工樹”と藻外裝ビル(藻類バイオ)と白色屋根(太陽光 反射)が有望、機械技術者協会(英)報告。 http://www.imeche.org/NR/rdonlyres/872412E4-BE9E-42D3-85EC-39F1889C74CB/0/Geoengineering_Giving_us_the_time_to_act.pdf

2009/8/27 天然ガス貯蔵が容量限界に近い、http://www.forbes.com/2009/08/27/natural-gas-storage-business-energy-niska.html

2009/8/26 CO2地中貯留からのCO2漏洩は予想 以上に少ない。MIT論文。 http://sequestration.mit.edu/pdf/YamamaRaza_Thesis_May09.pdf

2009/8/26 米 カリフォルニア州Bakersfieldの西で350MW10億ドルのCO2回収プラントが 承認の見込み。リオティントとBPの合弁Hydrogen Energy International LLC、石油コークスと石炭から水素を生産し、発電するとともにCO2の90%を回収して、油田に地中貯留 する予定 。 Hydrogen Energyはアブダビでも20億ドルのCO2回収プラントを計画してい る。http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601081&sid=ac0eCNG4Ve_U

2009/8/26 CO2貯留でメキシコとコロンビアとコスタリカが協力す る。メキシコは 米加ともCCSで協力を決めている。 http://pepei.pennnet.com/Articles/Article_Display.cfm?Section=ARTCL&SubSection=Display&PUBLICATION_ID=6&ARTICLE_ID=368251

2009/8/25 CO2回収・貯留(ccs)技術のガイドブック"A Technical Basis for Carbon Dioxide Storage "(CO2 Capture Project) http://www.co2captureproject.org/co2_storage_technical_book.html

2009/8/25 CO2回収・貯留(ccs)等を環境アセス法の対象にするか環境省の中 央環境審議会の委員会で議論する(電気新聞)。

2009/8/25 オランダのロッテルダム市郊外Barendrechtで住民の反対のためRoyal Dutch Shell社のCO2貯留実験が遅れている。http://english.ntdtv.com/ntdtv_en/ns_europe/2009-08-25/012357126432.html

2009/8/25 環境にやさしい溶剤:超臨界CO2、"Supercritical CO2: a Green Solvent" http://www.sriconsulting.com/PEP/Public/Reports/Phase_2009/RP269/

2009/8/24 総 額3千6百万ドル4年以上のCO2地中貯留(ccs)の19の安全評価/モニタリング研究開発プロジェクトを 米国エネルギー省が発表した。http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09059- DOE_Selects_CO2_Monitoring_Project.html

2009/8/20 米国オハイオ州における9千万ドルのCO2地中注入プロジェクトが地域住民の不動産価 格低下や地震の心配により中止された。米エネルギー省中西部地域炭素固定パートナーシップがオハイオ州Darke CountyのGreenvilleエタノール工場からCO2地中注入を計画していた。 http://www.daytondailynews.com/business/greenville-carbon-dioxide-injection-plan-abandoned-257679.html

2009/8/20 中国のCO2排出は2030年にピークになり、2050年には2005年レベルに低下さ せられる。中国のシンクタンクが報告書。http://www.newscientist.com/article/mg20327221.700- chinese-emissions-could-peak-in-20-years.html

2009/8/19 オバマ政権最初の地熱開発試験が遅れている(北カリフォルニア)。誘発地震の安全性評価のため。 http://www.nytimes.com/2009/08/20/us/20alta.html?_r=1&th&emc=th

2009/8/18 ド イツのケルン付近のRWE社 Niederaussem褐炭火力発電所でCO2回収開始EU は2020年以後すべての新設石炭火力発電所にCCSを設置する。ドイツのCCS法は延期されたが、9月の選挙後のトッププライオリティになる。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE57H3JA20090818

2009/8/18 ケンタッキー地質調査所は、米国ケンタッキー州Hancock郡の2,500m試験井にCO2地 中注入を開始した。 http://news.uky.edu/news/display_article.php?category=8&artid=4958

2009/8/17 全 火力発電所にCO2回収貯留(CCS)設置(ビジョンA)または石炭火力発電所のみにCCS 併設(ビジョンB)、2050年に温暖化ガス80%削減、環境省案。

2009/8/16 エルニーニョ?温暖化?6月の海洋表面温度が世界的に過去最高になった。 http://www.kansascity.com/444/story/1386080.html

2009/8/14 米国でソーダ(CO2)税の議論が盛んになっています。温暖化対策では なく、健康保険の財源として炭酸飲料に税をかけようという意見です。

2009/8/12 日本の電力会社10社中8社がCO2自主削減目標を達成できなかった(2008 年度)、ロイター

2009/8/11午前5時7分 駿河湾の地震、M6.5発生。今回は、予期されている「東海地震」のようなプレート境界地震ではなく、沈み込むフィリ ピン海プレート内部の地震で、右横ずれ型でした。右横ずれ断層ですから、今回の断層のズレにより、東海地震プレート境界断層の南西部分つまり東海地震の南西側半分は、すべりが加速され、地震に近づいたので、やはり要注意です。詳しく は「近づく東海地震と駿河湾地震」の項参照
 
2009/8/11 北米三国(米、加、メキシコ)が協力してCCSの実用化を推進する。北米CO2固 定アトラスやCCS技術開発で協力する。北米サミット、 Guadalajara, メキシコ。 http://www.ibtimes.com/articles/20090810/north-america-unveils-drive-for-carbon-capture-and-sequestration-tech.htm

2009/8/10 中国の膨大な石炭火力発電から排出するCO2を回収・貯留するコストは大きいが、温室効果ガス削減のために 価値のある支出であると米国Chuエネルギー長官が中国にCCS実施を呼びかけた。米中共同クリーンエネルギー研究センターでCCS技術の 共同開発を計画している、中国は、北京と上海でCCS実証実験をする他、内蒙古オルドスで最初の実用規模CCSプロジェクトを建設中である。 http://english.people.com.cn/90001/90778/90857/90860/6723794.html

2009/8/9 CO2を地中貯留するといずれはダイヤモンドになるので、利益が得られ るという報告がオーストラリアで出された!(温暖化防止地球システム株式会社 小出 仁 注:CO2を海洋 プレート中に貯留すると、いずれはマントルに深く沈み込み、ダイヤモンドになる可能性はあります。ただし、数百万年以上かかるので、利益は得られそうにあ りません。) http://thecuriousmail.wordpress.com/2009/08/09/coal-industry-says-carbon-sequestration-will-produce-diamonds/

2009/8/7 経済産業省がCO2回収・貯留(CCS)実証試験の技術指針をまとめ た。(電気新聞)

2009/8/6 全 米46のエネルギーフロンチア研究センターに、5年間総額3億8千万ドルの研究費配分リストが米エネルギー省から公表された。ローレンス・ バークレイ研究所のCO2地中貯留ナノスケール・コントロール・センターに2千万ドルなど。 http://www.sc.doe.gov/bes/EFRC_Award_List.pdf

2009/8/4 CCSのコストは2030年に3,000円ないし7,000円/tCO2程 度になると予測されています。 http://www.bellona.org/news/news_2009/1249400665.01

2009/8/3 米国は2030年までに2005年比41%CO2排出削減できるが、 CO2回 収・貯留(CCS)や原子力など新技術をフルに利用する必要がある(EPRI報告)。新技術の利用 は1兆ドルのコスト削減になる。 http://my.epri.com/portal/server.pt/gateway/PTARGS_0_222923_317_205_776_43/http%3B/uspalecp604%3B7087/publishedcontent/publish/epri_confirms__full_portfolio__of_technologies_key_to_curbing_co2__meeting_demand_growth__limiting_cost_increases_da_657059.html

2009/8/3 世界石油生産は10年後にはピーク、大油田の多くが既にピークを過ぎた。IEA幹部 http://www.independent.co.uk/news/science/warning-oil-supplies-are-running-out-fast-1766585.html

2009/8/3 日 本の10電力会社の2008年度CO2排出量は、前年比5.3%減の3.95億トン、経済情 勢を反映か?

2009/8/3 クラゲがCO2海洋貯留により温暖化防止に貢献!大気からCO2を吸収した海洋表面の水をクラゲ等の生物の活動が深部に押し下げ、循環を促進。 (Nature newsより改変)

2009/7/31 アジアのCO2回収・貯留(CCS)地質・環境調査支援に新CCS基金2,150豪ドル、 オーストラリア政府とアジア開発銀行が合意、当初は中国、インド、インドネシア、ヴェトナム優先。 http://www.energyefficiencynews.com/power-generation/i/2308/

2009/7/29 「大 崎クールジェン」石炭ガス化複合発電IGCCとCO2分離回収技術の実証試験へ、中国電力とJパワー(電源 開発)が新会社を設立(電気新聞、朝日新聞)。

2009/7/29 NUMBY("Not Under My Backyard")現象により、ドイツの“世界初の超低排出石炭火力発電所”は当分実現できなくなった。 Vattenfall社の Schwarze Pumpe計画のCO2地中貯留に地元民が同意しないため、せっかく分離回収したCO2を大気中に放出せざるをえなくなったので、CO2排出量はかえって増 えることになる。 http://www.guardian.co.uk/environment/2009/jul/29/germany-carbon-capture

2009/7/24 カナダ・アルバータ州CCS促進報告書 Accelerating Carbon Capture and Storage Implementation in Alberta, Final Report  (Alberta Carbon Capture and Storage Development Council) http://www.energy.alberta.ca/Org/pdfs/CCS_Implementation.pdf

2009/7/20 ハチと風船をCO2地中貯留の漏洩監視に利用、米エネルギー省国立エネ ルギー研究所(NETL)、ハチが集めてきた花粉から地中に注入したトレーサーを検出し、ヘリウムを満たした風船で空中のトレーサー分布を調べる。 http://www.ornl.gov/info/news/pulse/no291/feature.shtml

2009/7/20 CO2回収コスト、成熟段階ではCO2削 減量あたり$30-50/tCO2、初期には$100-150/tCO2、ハーバード大Belfer Center、http: //belfercenter.ksg.harvard.edu/files/2009_AlJuaied_Whitmore_Realistic_Costs_of_Carbon_Capture_web.pdf

2009/7/20 ア ラバマ州の既設石炭火力発電所でCO2回収・地中貯留(CCS)、2011年から年15万ト ンのCO2を回収し、Citronelle油田の深部3,000mの塩水帯水層に貯留する。 Southern Company と南東地域CO2固定パートナーシップ (SECARB) http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09047-SECARB_Announces_CCS_Plans.html

2009/7/19 「米国の過ちを繰り返さないで」米国務長官、早急な温暖化対策インドに要求(読売)

2009/7/18 ドイツにおけるCCSの将来-ポジション・ペーパー(有 料!)、"Position Paper - the Future of CCS in Germany" http://www.reportlinker.com/p0128217/Position-Paper-the-Future-of-CCS-in-Germany.html?utm_source=LivePR&utm_medium=pr&utm_campaign=LivePR

2009/7/15 米 国と中国が米中クリーンエネルギー研究センターを創設し、CO2回収・貯留(CCS)など低 炭素技術研究を支援する情報センターにする。 http://www.greenbiz.com/news/2009/07/15/china-us-clean-energy

2009/7/15 アフリカのキブ湖のガスの脅威と利用価値(Nature誌)、活動的なニイラゴンゴ火山に近いキブ湖の湖水には、火山 ガス由来の300立方キロメートルのCO2と、その一部をメタン生成菌が変換した60立方キロメートルのメ タンを含んでいる。ガスが突出すると、キブ湖岸に住む2百万人にニオス湖事件を上回る大災害をもたらすおそれがあるが、キブ湖の湖水のCO2濃度は低いのでまだ危険ではないと言う。湖水からメタンの採取が行われ、その際にガスが放出されるので、ガス突出の 危険を同時に減らすことができるが、湖水の安定性を損なうために却って危険だという意見もある。過去30年間に、湖水のCO2は10% 増加し、メタンは15−20%増加した。 http://www.nature.com/news/2009/090715/full/460321a.html

2009/7/14 CO2地中貯留と非在来型天然ガスの組み合わせがエネルギー―温暖化問題の解決策に なる。スタンフォード大Mark Zobackら、http://www.physorg.com/news166808069.html

2009/7/13 南アフリカは2016年までにCO2地中注入実験を行い2020年に最初の商業規模実 証プラントを計画、2010年3月に最初のCCSアトラスを出す。 http://www.fin24.com/articles/default/display_article.aspx?ArticleId=1518-1786_2538217

2009/7/10 北 海道苫小牧沖でCO2回収・貯留実証試験へ実地調査開始経済産業省。苫小牧近郊にあるセメン ト会社の石炭火力などから回収したCO2を苫小牧沖海底下に貯留するための調査を公募する。CCS実証候補 4地点のうちの2番目(電気新聞)

2009/7/09 中国天津でのCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトにアジア開発 銀行が資金、IGCC石炭火力発電所を建設。 http://www.energy-business-review.com/news/adb_to_fund_ccs_project_in_china_090709

2009/7/08 温暖化ガス、先進国80%削減で合意 G8首脳宣言、50年までに。気温上昇は2度以内に。「グリーンリカバリー」推 進。拡大G8、主要経済国フォーラム(MEF)で世界50%削減の目標数値は入らなかった。

2009/7/08 石 炭火力のCO2回収・貯留(CCS)、東芝が8月に実証試験開始(電気新聞)

2009/7/06 温暖化ガス2050年までに先進国全体では80%削減、温度上昇2度以内に。主要経済国フォーラム(MEF)共同宣言 案、CO2地中貯留(CCS)など温暖化を防止する技術開発や普及で協力する。G8でも同様の内容になる か?

2009/7/06 Tony Blair前英首相がG8会議に向け、直ちに削減策を実施することを呼びかけた報告書 “Technology for a Low Carbon Future”を発表しました。既存策で、2020年までに必要な排出削減の70%を達成できるが、 CCSや新世代原子力等の次世代技術への投資も呼びかけています。 http://tonyblairoffice.org/180_TCG_BTCD_TB TECH REPORT.pdf

2009/7/01 温暖化対策、日本の評価はG8諸国中5位、ドイツが1位、カナダが最下位、The G8 Climate Scorecard: World Wildlife Fund & Allianz SEによる。 http://www.worldwildlife.org/

2009/7/01 福 島県磐城沖でCO2回収・貯留(CCS)実証試験のための本格的実地調査開始福島県いわき市 の石炭ガス化複合火力(IGCC)発電所と同県楢葉町沖の海底下CO2地中貯留候補地を結ぶ海底CO2パイプライン施設のための調査を開始する。いわき市に加えて日本海沿岸、北海道沿岸、西日本沿岸の合計4地点で CCS実証に向けた各種調査が行われる。(電気新聞)

2009/7/01 米エネルギー省からクリーンコール発電イニシアティブ(CCPI)の2件の新CO2回 収・貯留(CCS)プロジェクトに4億ドル、 内訳は、ノースダコタのBasin Electric Power Cooperativeの既設火力発電所へのCCS後付けに1億ドル、カリフォルニアのHydrogen Energy International LLCの先進CCS付きIGCC火力発電に3億ドル。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09043-DOE_Announces_CCPI_Projects.html

2009/6/30 アルバータ州の3CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトへの20億ドルの資金は7社に 配分される。7社には、Epcor (TSX:EP.UN), Enbridge (TSX:ENB), Shell Canada (TSX:SHC), Chevron Canada, Marathon Oil Sands, Enhance/Northwestを含む。 http://www.inews880.com/Channels/Reg/LocalNews/story.aspx?ID=1108477

2009/6/29 ニュジーランドが炭素固定リーダーシップフォーラム(CSLF)の23番目のメンバーに成った。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09042-New_Zealand_Joins_CSLF.html

2009/6/27 石 炭火力発電CO2回収・貯留(CCS)は2015年までに実用化し、2020年までに広く普及す る。アメリカ電力会社(AEP)CEO談 http://www.planetaazul.com.mx/www/2009/06/27/aep-sees-carbon-capture-from-coal-ready-by-2015/

2009/6/26 米下院で温暖化法案可決  20年に温室ガス20%減(共同)

2009/6/26 EU は中国の石炭火力発電所のCO2回収・貯留(CCS)に5000万ユーロ(約67億円)の資 金協力をすると発表した。(日経)

2009/6/25 東芝・佐々木則夫新社長:CO2回収・貯留(CCS)など環境分野の強化も めざす。NHK-BS1経済最前線

2009/6/25 京大「総長カレー」10万食を突破京都大の尾池和夫前総長が味付け(朝日)

2009/6/25 鹿児島県喜入基地で日本とアブダビが初めて石油共同備蓄(NHK)

2009/6/24 土星の衛星エンケラドスの氷の下に液体の海生命誕生の可能性もわずかながらある。リングに塩が含まれることから(共 同、Nature)

2009/6/22 オーストラリアのCO2回収・地中(深部塩水帯水層)貯留(CCS)付き石炭ガス化複 合発電(IGCC)"ZeroGen”プロジェクトに三菱重工業と三菱商事が参画し、フィージビリティ・スタディを受注した。クィーズラン ドに建設するIGCCの発電出力は53万kWで、CO2回収・貯留機能を備えた商業レベルの最先端超低排出 IGCC発電所の建設は世界で初めて。2015年の運転開始を目指す。 三菱商事は豪州に大規模な石炭権益を保有する一方、豪州連邦政府が設立するCCS 商業化支援機関Global CCS Institute(GCCSI)の設立メンバーとして、低環境負荷での石炭資源継続活用の実現に取り組んでいる。 http://www.mhi.co.jp/news/story/090622.html
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2009/html/0000007642.html

2009/6/19 米 国と中国の既設石炭火力発電所からのCO2排出削減が必須、MITエネルギーイニシァティブ から3月のシンポジウム報告書。 http://web.mit.edu/newsoffice/2009/coal-0619.html

2009/6/19 EUは中国やインドのCO2回収・貯留(CCS)技術開発を支援する模 様。EU-China Near Zero Emissions Coal (NZEC)プロジェクトだけでも3億ユーロ必要。 http://www.reuters.com/article/rbssIndustryMaterialsUtilitiesNews/idUSLJ65010020090619

2009/6/18 三菱重、英大規模石炭火力発電CCS実証試験に技術提供を目指す。CO2排出が問題になって いた、英国30年ぶりのKingnorth石炭火力発電所のCO2回収装置の基本設計を英社と共同受注し た。Kingnorth石炭火力発電所を建設する英電力会社、エーオン・UK(E.ON-UK)は、これをもって英国政府が進める大規模なCCS実証プロ ジェクトに応札する。 http://www.mhi.co.jp/news/story/0906184825.html

2009/6/18 地中に封じよ二酸化炭素 先進ノルウェー、発電所に分離回収施設(朝日夕刊)

2009/6/17 ゼ ロエミッション石炭火力発電の実証研究「クールジェン計画」と、日本の高度な技術を世界に普及させ地球環境問題に貢献する「クリーンコール・フォー・アー ス計画」を2本柱に、二酸化炭素(CO2)排出抑制など環境技術に重点を置く新石炭政策を経 産省のクリーンコール部会でまとめた。石炭ガス化発電やCO2回収・貯留(CCS)技術で民間の開発を支 援、国際協力にも力を入れる(朝日、電気新聞)



2009/6/17 クリーンコール技術は2030年までに40億ポンドの経済効果があり、6万人分の職を英国で増やす。英国政府がCCS とクリーンコールの諮問報告書を公開した。 http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/what_we_do/uk_supply/energy_mix/ccs/ccs.aspx
http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/towards_ccs/towards_ccs.aspx
http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/consultations/clean_coal/clean_coal.aspx

2009/6/17 英国でCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクト資金のため電気税が 提案された(ロイター)

2009/6/12 世界初の大規模CO2回収・貯留(CCS)付き超低排出石炭火力発電所を 三菱重工業がオーストラリアで建設する方向で、豪クィーンズランド州政府と調整中(日経)

2009/6/12 フューチャージェン計画の復活へブッシュ政策をまた転換、米再生法から10億ドル負担、イリノイ州Mattoonにおける米国初の大規模 CO2回収・貯留技術(CCS)計画の設計活動や地下調査を再開、2010年初めに実行か中止か決定するこ とで、米エネルギー省とFutureGen Allianceが合意した。米再生法から10億ドル、FutureGen Allianceが4ないし6億ドルを負担する。 http://www.energy.gov/news2009/7454.htm

2009/6/11 効率的で安全なCO2回収・貯留(CCS)の開発と規準の確立等「気候 変動と低炭素社会に向けたエネルギー技術への転換」を提言、G8サミットに向けた各国学術会議の共同声明。http: //www.scj.go.jp/ja/int/g8/index.html

2009/6/11 石炭ガス化火力発電所の燃焼前CO2回収技術開発9プロジェクトに 1,130万ドルの投資、米エネルギー省。 http://www.energy.gov/news2009/7453.htm

2009/6/10 麻生首相:日本の温室効果ガス中期目標(2020年)ー2005年比15%削減を表明。1990年比8%削減相当、京 都目標からは2%削減のみ。

2009/6/08 世 界的にCO2回収・貯留(CCS)に未曾有の投資が進められている(WRI)。 http://www.wri.org/stories/2009/06/governments-investing-ccs-demonstrations

2009/6/08 米再生法により精錬、セメント、化学工場からのCO2回収・貯留(CCS)実証プロ ジェクトに13億ドル、CO2の恒久的転換・利活用革新技術に1億ドルの公募.8月7日ま で、エネルギー省。 fossil.energy.gov/sequestration/publications/arra/DE-FOA-0000015.pdf

2009/6/05 ラック(Lacq)天然ガス田でフランス最初のCO2地中貯留(CCS)パイロット・ プロジェクト開始、6月末から2年間、ボイラーの排ガスからCO2を 回収し、27kmのパイ プラインで送って、枯渇近い深度4.5kmのRousse天然ガス貯留層に注入する。 http://www.pennenergy.com/index/articles/display/2828370014/s-articles/s-oil-gas-journal/s-drilling-production/s-production-operations/s-ior_eor/s-articles/s-lacq-field_ccs_project.html

2009/6/05 スウェーデン、高レベル廃棄物処分地をフォルスマルクに決定、フィンランドのオルキオト、米国のユッカマウンテンに 続く決定だか、米国はオバマ大統領が撤回したので、世界で2番目の処分地になる予定。(電気新聞)

2009/6/03 英 国とノルウェーが北海のCO2地中貯留(CCS)ポテンシャルを共同調査。 http://www.greenconsumerguide.com/index.php?news=3686

2009/5/29 CCS知識パートナーシップ:スコットランド電力会社と環境グループが協力し、Longannet石炭火力発電所で小 規模CO2回収実験を開始。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE54S1UI20090529

2009/5/28 世 界銀行が,まだ実験段階のCO2回収・貯留(CCS)研究にも貢献する方針。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE54R66G20090528

2009/5/28 長さ500kmの新CO2パイプライン"Green Pipeline"が、 米ルイジアナ州Donaldsonvilleとテキサス州Hastingsの間で2010年までに建設される。 http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/tx/6445706.html

2009/5/28 新報告書 "Carbon Capture and Storage (CCS) - Current Situation and Future Potential" 価格$2,795ドル http://www.reportlinker.com/p0120048/Reportlinker-Adds-Carbon-capture-and-storage-(CCS)---current-situation-and-future-potential.html

2009/5/27 ノー ベル賞を受賞したIPCCパチャウリ議長が「CO2地中貯留は非常に魅力ある排出削減技術であり、その促進 とコスト低減と規模拡大が必要」と呼びかけた。主催国ノルウェーの Stoltenberg首相は「世界は多くの人々を貧困から救うためにももっと多くのエネルギーを必要とするが、同時に温室効果ガス排出を大幅に削減しな ければならない。このジレンマを解決するためにCCS技術の開発と普及が重要になる」と語った。CCSハイレベル会議、ベルゲン、ノル ウェー。(AP) http://news.moneycentral.msn.com/provider/providerarticle.aspx?feed=AP&date=20090527&id=9942013

2009/5/27 「CO2地中貯留の真実」、グリーンピースがCCSハイレベル会議に対抗してレポートを出し、北海 Tordisでの油漏洩事象などを指摘、同じUtsira砂層にCO2地中貯留をしているSleipner でも予想と異なるCO2の挙動があり、調査研究が不足しているCCSに温暖化防止の多くを期待するのは危険 と主張した。 http://www.greenpeace.org/utsira

2009/5/27 主要8カ国(G8)と中国、インドなど新興国が、CO2地中貯留など温暖化対策技術の 協力で一致、基金創設で進展、主要経済国フォーラム(MEF)事務レベル会合、25、26日、パリ(日経)

2009/5/27 米国CO2回収センター(NCCC)新設、米エネルギー省がアラバマ州 Wilsonvilleに石炭火力発電からのCO2回収技術の開発・試験のため設立し、Southern Companyが運営する。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09034-National_Carbon_Capture_Center_Est.html

2009/5/26 石 炭火力発電所計画はCO2排出が多く「是認し難い」環境相、福島県いわき市「小名浜パワー事 業化調査」に

2009/5/26 G8エネルギー相会合共同声明、温室効果ガス排出を抑制しつつ経済発展できるようにエネルギー獲得手段を改善、省エネ 対策に取り組む新組織「国際省エネ協力パートナーシップ(IPEEC)」を設立する。

2009/5/26 CO2注入者のCO2管理責任は10年、地下孔隙空間の所有権は、地表の土 地所有者ではなく、鉱業権者に認められる。米国モンタナ州でCO2回収・貯留(CCS)法が 成立。

2009/5/25 中国华能集团公司が上海で第2のCO2回収パイロットプロジェクトを開 始する。しかし、CO2回収コストが高く、中国で安定な貯留層を見つけるのが難しい。 http://www.reuters.com/article/GCA-BusinessofGreen/idUSTRE54O15Y20090525

2009/5/24 ブ ラジルの新設石炭火力発電所でCO2回収を計画、2012年720メガワット http://www.brazzilmag.com/content/view/10775/1/

2009/5/23 米国とイタリアがクリーンコールとCO2回収・貯留(CCS)での協力にG8 サミットに先立ちサインした。 http://www.voanews.com/english/2009-05-23-voa23.cfm

2009/5/22 大 規模CO2塩水帯水層貯留のためのコア試料採取開始、米国エネルギー省の平原地域CO2削減パートナーシップ(PCOR)がカナダのブリティッシュコロンビア州Fort Nelson ガス精製工場付近で年2百万トン以上貯留計画。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09033-CCS_Core_Sampling_Begins.html

2009/5/21 三菱重工と関西電力の開発したCO2回収技術によりアラバマ州 Mobile付近のSouthern Co.の既設 Barry石炭火力発電所で2011年から年10万から15万トンのCO2を回収して塩水帯水層に貯留する実証実験を行う。16km離れたCitronelle油田地域の貯留サイトへパイプ ライン輸送する。南東地域炭素固定パートナーシップ(SECARB) http://pepei.pennnet.com/display_article/362882/6/ARTCL/none/none/1/Southern-to-test-MHI-carbon-capture-technology/

2009/5/21 CO2回収・貯留(CCS)などの低炭素技術普及への国際協力の枠組み新設へ、 G8エネルギー相会合(24-25日、ローマ)(電気新聞)

2009/5/21 石 炭をクリーンにできるか? CO2回収・貯留(CCS)実現へ再生資金。Nature社説 http://www.nature.com/nature/journal/v459/n7245/full/459299b.html

2009/5/21 ノルウェー沖北海Sleipnerでヨーロッパと米国が共同してCO2地下挙動モニ タリングを行う。Sleipnerは世界初の大規模CO2地中貯留サイトで、約1kmの深さ の塩水帯水層に、これまでに1000万トン以上のCO2が貯留されている。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09032-DOE_Study_Monitors_CO2_Storage.html

2009/5/21 米クリーンエネルギー法案が下院エネルギー商業委員会を通過し、下院本会議に送付された。

2009/5/21 小規模CO2地中貯留試験でアパラチア盆地の地質について有益な知識が得られた。 オハイオ州Shadyside付近、FirstEnergy’社 R. E. Burger火力発電所、中西部地域炭素隔離パートナーシップ。http: //coresectorcommunique.blogspot.com/2009/05/small-scale-carbon-sequestration-field.html

2009/5/20 世 界のセメント産業の3分の1が結集してCO2回収・貯留(CCS)やバイオ燃料などにより CO2排出の大幅削減を目指す。Cement Sustainability Initiative (CSI) (ロイター)http://www.reuters.com/article/GCA- GreenBusiness/idUSTRE54J5L420090520

2009/5/19 米ワイオミング州でCO2パイプラインのためのデータベースが作られ た。 http://eori.gg.uwyo.edu/

2009/5/16 CO2回収・貯留(CCS)にオーストラリアでも24億ドルオーストラ リア政府予算 http://sydney.indymedia.org.au/story/climate-protest-highlights- environment-funding-australian-budget

2009/5/15 CO2回収・貯留(CCS)に米経済再生法から24億ドル、Chu米エネルギー長官がNational Coal Councilで表明。内、Clean Coal Power Initiativeに8億ドル、Industrial Carbon Capture and Storageに15.2億ドル、Geologic Sequestration Site Characterizationに5千万ドル、Geologic Sequestration Training and Researchに2千万ドル配分。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09029-DOE_Announces_Stimulus_Funding.html

2009/5/14 米 国連邦政府所有地だけで1千億トン以上のCO2固定ポテンシャルがあるが、大部分はミシシッ ピー川より西の塩水帯水層である。(NETL報告書) http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09027-DOE_Publishes_Federal_Lands_Study.html

2009/5/14 メキシコ湾で高品質のガスハイドレート鉱床を発見したと米エネルギー省が発表した。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09028-DOE_Discovers_Hydrate_Deposit.html

2009/5/14 地熱発電への補助拡充を提言経済産業省(日経)

2009/5/13 中国が富裕国に2020年までに25−40%のCO2排出大幅削減を呼びかけて いる。(ロイター) http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE54C0ZA20090513

2009年5月8日 米 国CO2回収・貯留(CCS)予算が大幅増、「低炭素社会でも石炭を利用出来るようにする」。 エネルギー省の2010年度予算でクリーン化石エネルギー技術に9億ドル! http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09026-FE_Releases_FY10_Funding_Request.html

2009年5月7日 米ネバダ州ユッカ山地の放射性廃棄物地層処分場計画が打ち切られ、新設のNational Commission on Nuclear Wasteにより代案を検討する。米大統領予算教書、http: //www.47news.jp/CN/200905/CN2009050701001123.html

2009年5月7日 カナダのサスカチュワン州と米国モンタナ州がCO2回収・貯留(CCS)で協力、 サスカチュワン南部の石炭火力発電所からCO2を回収して、モンタナにパイプラインで送り地中貯留する。 http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20090507/sask_montana_090507/20090507?hub=Canada

2009年5月4日 CO2回収・貯留(CCS)に減税、米テキサス州で法案承認、70%以 上のCO2回収をする石炭火力発電所に3億ドルの税クレジット。 http://www.star-telegram.com/workandmoney/story/1357268.html

2009年5月4日 米 ウエストバージニア州で最初のCO2回収・地中貯留(CCS)認可、同州New Havenの Appalachian Power Company社Mountaineer火力発電所で年16万5千トンまでのCO2を回収し地中貯留する。 http://www.statejournal.com/story.cfm?func=viewstory&storyid=58240

2009年5月3日 石炭は使い放題?CCS抜きの「ポスト京都」はありえないだろう。(毎日新聞朝刊より)

2009年5月1日 米国エネルギー省内にクリーンエネルギーに投資する独立機関 Clean Energy Deployment Administration (CEDA)を作る超党派法案“21st Century Energy Technology Deployment Act”が米議会に提出された。 http://www.reuters.com/article/GCA- GreenBusiness/idUSTRE5406CY20090501

2009年5月1日 「スコットランドはヨーロッパのCO2回収・貯留(CCS)をリードできる」  スコットランド沖の6北海油ガス田で約11億トン、北海海底下10塩水帯水層に約46億トンから460億トンのCO2貯 留が可能。天然ガスパイプラインをCO2輸送用に転用を計画。 スコットランド炭素貯留センター報告書 "Opportunities for CO2 Storage around Scotland - an integrated strategic research study" http://www.geos.ed.ac.uk/sccs/

2009年4月30日 気候変動:悪いことが多すぎる Nature誌気候特集

2009年4月28日 米国はエネルギー・フロンティア研究センターを46の大学/研究所に新設し、5年間で8億ドル近く投資する。GDPの3%以上を科学 研究開発費に投じるとオバマ大統領が米国科学アカデミー年会で表明した。http://www.er.doe.gov/bes/EFRC.html
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Fact-Sheet-A-Historic-Commitment-To-Research-And-Education/

2009年4月28日 IEAエネルギー技術公報58号http://www.iea.org/impagr/cip/index.htm
IEAレポートEnsuring Green Growth in a Time of Economic Crisis:  The Role of Energy Technology
http://www.iea.org/Textbase/Papers/2009/ensuring_green_growth.pdf

2009年4月27日 IEAから報告「Cleaner Coal in China」が出版されました。 http://www.iea.org/w/bookshop/add.aspx?id=355

2009/4/26 "America has to make clean coal work" CBS NEWS Videos
Clean Coal: Dream or Reality? http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969906n
Powered By Coal- http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969902n
Is China The Real Problem? http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=4969904n

2009年4月24日 ソロス氏らの投資グループがCCS企業Powerspanに5千万ドル投資 http://www.carbonoffsetsdaily.com/global/soros-goes-green-invests-in-carbon-capture-company-6760.htm

2009年4月24日 産業ロビイスト・グループ は故意にウソを言っていた! Global Climate Coalitionは石油・石炭・自動車など主要企業が参加し、数百万ドルを費やして、京都議定書に反対し、地球温暖化は人為的ではないと主張するキャン ペーンを行ってきたが、1990年代半ばにCO2による地球温暖化は科学的に十分根拠があり、否定できない という内部科学者報告を隠していた。 http://www.businessinsider.com/oil-coal-auto-industry-lobbyist-lied-about-global-warming-for-years-2009-4
http://www.nytimes.com/2009/04/24/science/earth/24deny.html?_r=4&pagewanted=1&hp

2009年4月24日 第9回温室効果ガス管理技術国際会議(GHGT-9)オンライン・プロシーディングスEnergy Procedia誌第1巻1号として電子出版されました。最新温 暖化対策技術の膨大な情報源です。http://www.sciencedirect.com/science/journal/18766102

2009年4月23日 英国はCO2回収・貯留(CCS)抜きの石炭火力発電所新設を許可しないこ とにした。また、世界的なCO2回収・貯留(CCS)開発競争に参加する。米国、中国、ノルウェー、ドイ ツ、フランス、オーストラリアで少なくとも20以上のCO2回収・貯留(CCS)開発プロジェクトが実施ま たは計画されている。(ガーディアン) http://www.guardian.co.uk/environment/2009/apr/23/carbon-capture-plans
http://www.guardian.co.uk/environment/2009/apr/23/global-carbon-capture-storage-projects

2009年4月22日 英国政府は2箇所以上4箇所までのCO2回収・貯留(CCS)実証プラントを 支援するとDarling財務大臣が語った。(ロイター) http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKLM1859220090422

2009年4月21日 テームズ川CO2パイプライン・ネットワークをE.ON社が提案してい る。(ロイター) http://uk.reuters.com/article/domesticNews/idUKTRE53K59620090421

2009年4月20日 電力CO2排出率2020年度3割減を目指す(電事連)。CO2排出原単位を電力1kWhあたり2008年度0.45キログラムから2020年度に0.33キログラム程度に削減す る。(電気新聞) 原子力利用率が3年連続60%台に低迷しているが、その回復が前提。

2009年4月19日 CO2回収・貯留(CCS)のためのCO2タ ンカー建造の検討がMaersk や IM Skaugenなどの船会社と電力会社の間で始まった。現在、CO2タンカーはコカコーラ社所有の4隻しか世界に存在しない。日本のようにCO2貯 留能力の低い国から中東などの枯渇油田に輸送する需要を狙っている。(The Sunday Times)(注:枯渇油ガス田等へのCO2貯留容量が小さいため、日本のCO2貯留能力が低いという定評が世界 的に広まっていますが、私が提唱した塩水帯水層へのCO2溶解によれば日本も1000億トン程度のCO2貯留能力があり、温暖化防止に十分です。ただし、原油増進回収のために中東や東南アジアの油ガス田にCO2をタンカー輸送するようになる可能性はあります。) http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/natural_resources/article6122254.ece

2009年4月19日 米国のCO2地中貯留法規制の比較検討: Melisa F. Pollak, and Elizabeth J. Wilson (2009) Regulating Geologic Sequestration in the United States: Early Rules Take Divergent Approaches, Environ.Sci.Techno., http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es803094f

2009年4月17日 米国環境保護局はCO2及び他5種の温室効果ガスを大気浄化法の汚染物質と 正式に宣言した。米国の政策転換、CO2は温暖化原因と公認。http: //yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/0ef7df675805295d8525759b00566924!OpenDocument

2009年4月16日 地球CO2回収・貯留(CCS)研究所の正式発足をオーストリアのラッ ド首相が宣言した。

2009年4月15日 オイルサンドを地下微生物によりガス化採取するテストが行われている(カナダ、アルバータ州) http: //www.newscientist.com/article/mg20227043.900-can-oil-from-tar-sands-be-cleaned-up.html

2009年4月13日 CO2は排出抑制より回収を!(週刊ダイヤモンド2009/04/18 特集ニッポンの「発明力」、p60)

2009年4月13日 CO2回収・貯留(CCS)へのガイド、CCSは化石燃料から気候を救 えるか?(Scientific American)http://www.sciam.com/report.cfm?id=carbon-capture-storage-ccs

2009年4月11日 CO2回収・貯留(CCS)の重要性と実施への課題を分析した報告書が 世界資源研究所(WRI)から公表された。 http://pdf.wri.org/capturing_king_coal.pdf
http://www.asiaing.com/capturing-king-coal-deploying-carbon-capture-and-storage-systems-in-the-u.s.-at.html

2009年4月11日 オーストラリアは地球温暖化の悪影響の見本市になっている。熱波、干ばつ、洪水、山火事、蚊の媒介する病気、野生生物 絶滅、珊瑚礁破壊、・・・。昔(1959)のSF映画「渚にて」では、全面核戦争で北半球は壊滅し、最後に残されたオーストラリアにも核汚染が迫り、人々 は静かに最後の時を迎える。オーストラリアの民謡「ワルツィング・マチルダ」が、迫り来る放射能汚染を暗示して、恐ろしくも印象的だった映画を覚えている 人は少なくなったかもしれないが、新しい脅威「地球温暖化」ではオーストラリアが真っ先に影響を受けているように見える。(ロサンジェルス・タイムスより 改変) http://www.latimes.com/news/opinion/editorials/la-ed-australia11-2009apr11,0,5613275.story

2009年4月11日 企業の2007年度温室効果ガス(CO2換算)排出量は、1位:東京電力 9452万トン(06年度1位、2564万トン増)で柏崎刈羽原発の停止が響いた。2位:新日本製鉄 6305万トン(06年度3位、371万トン増)、3位:JFEスチール 6253万トン(06年度2位、224万トン増)、4位:中部電力 5757万トン(06年度4位、223万トン増)、5位:Jパワー 4525万トン(06年度5位、168万トン増)、6位:東北電力 3373万トン(06年度6位、 40万トン減)、7位:中国電力 2740万トン(06年度7位、 194万トン増)、8位:関西電力 2707万トン(06年度10位、 658万トン増)、9位:住友金属工業 2367万トン(06年度8位、 153万トン増)、10位:九州電力 2255万トン(06年度9位、 126万トン増)、電力会社は発電段階、その他は電力使用分を含む。

2009年4月9日 麻生太郎総理大臣は2020年までに目指す未来像に「低炭素革命で、世界をリードする国」を掲げた。 http://response.jp/issue/2009/0410/article123086_1.html
低炭素革命:http://www.meti.go.jp/policy/sougou/juuten/simon2009/simon2009_7- 1.pdf

2009年4月9日 北極海は30年で夏に氷が消えるという研究報告が出た。 http://www.globe-net.com/other_news/listing.cfm?type=2&newsID=4104

2009年4月9日 英国は枯渇している北海天然ガス田のパイプラインをCO2パイプラインに転用するこ とを検討している。個々の発電所でパイプラインを敷くより、CCSネットワークが勝る。スコットランドのSt Fergusとイングランド北東部のHumber河口地区がCCSネットワークの拠点になる。   http://www.nationalgrid.com/corporate/About+Us/climate/press/Expired_070409.htm http://www.ofgem.gov.uk/Networks/Trans/GasTransPolicy/Documents1/20090408CCS.pdf

2009年4月9日 既設ガス火力発電所への後付けCO2回収・貯留(CCS)プラントが操 業開始する。フランス南西部ラックでCO2を回収し,27kmのパイプラインでRousseガス田に運び、 4,500mの深さの枯渇ガス貯留層に貯留する。 http://www.lowcarboneconomy.com/community_content/_low_carbon_news/5321

2009年4月8日 CO2回収・貯留(CCS)がオバマ政権の最重要課題であるとホワイトハウス高官が語った。またオバマ政権 はジオエンジニアリングも受け入れる。「大規模技術はリスクがあるが,何もしない方がもっとリスクが高い」http: //www.easybourse.com/bourse-actualite/marches/white-house-official-co2-capture-storage-priority-for-648610
http://www.guardian.co.uk/environment/2009/apr/08/geo-engineering-john-holdren

2009年4月8日 カナダのAlberta Saline Aquifer Project (ASAP)がエドモントン市西方のWabamun地域でCO2塩水帯水層貯留(CCS)のパイロット試験を 開始する。Alberta Saline Aquifer Project (ASAP)はEnbridge Incをリーダーとし,38社の参加するコンソーシアムで、カナダ政府とアルバータ州政府の資金援助を受ける。クリーンピースなどの環境団体は、CCSに 頼る事を批判している。http: //www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSN0852198320090408

2009年4月7日 非 可逆的な災厄を避けるためにはCO2の大気濃度を現状385ppmから350ppmに下げるべ きとJames Hansen博士(NASA/コロンビア大)が発表した。CCS抜きの石炭火力発電は止めなければならない。http: //www.columbia.edu/~jeh1/2008/TargetCO2_20080407.pdf

2009年4月6日 気候変動問題での米中協力が必要、1月に現エネルギー長官Chu博士らが米中協力のロードマップを作成した。 http://www.celsias.com/article/us-china-need-cooperation-climate-change/
2009年1月米中気候変動問題協力ロードマップ http://www.asiasociety.org/taskforces/climateroadmap/US_China_Roadmap_on_Climate_Change.pdf

2009年4月6日 北ノルウェーのスノーヴィットLNGプラントで全CO2回収の可能性を 研究する事を,ノルウェー環境大臣がスタットオイルハイドロ社に要求した。年130万トン以上のCO2回収 が必要。 http://www.barentsobserver.com/demands-snoehvit-co2-capture-survey.4576901-116321.html

2009年4月1日 ドイツ内閣がCO2回収・貯留(CCS)法案を承認した。議会での承認 は確実と見られる。(ロイター)

2009年4月1日 CO2貯留(CCS)技術開発プロジェクトに100億ドル、米国議会下院で審議されるアメリカ・クリーンエ ネルギー・安全保障法案の内容が判ってきた。温室効果ガス排出を2020年までに2005年レベルから20%削減で、オバマ大統領案の14%削減よりやや 大きく削減するが、2050年には同じ80%削減。(ニューヨークタイムス、ダウジョーンズ)、 キャップ・アンド・トレード制度、再生可能エネルギー、エネルギー効率向上を含むが、地球温暖化への適応策に初めて重点が置かれている。
石炭火力発電所は、2015年までに50%、2020年までに60%CO2排出を削減、
再生可能エネルギーによる発電を、2012年までに6%、2025年までに25%、
エネルギー効率基準は2020年までに、電力で15%、天然ガスで20%削減、
新しい建物の効率を2012年までに30%、2016年までに50%向上。

2009年4月1日 フューチャージェンCO2回収・貯留(CCS)ー石炭火力発電計画の復活の可能性が さらに高くなった。Chu米国エネルギー省長官がフューチャージェン幹部と会談した。 http://www.technologyreview.com/business/22375/?a=f

2009年4月1日 CO2地中貯留のモデルとしての天然ガス田、地下水への溶解が重要 Nature誌 vol.458 (7238)

2009年4月1日 オー ストラリアは海底下温室効果ガス地中貯留10サイトを 発表した。海底下石油/温室効果ガス貯留法に基づき、 5海域堆積盆地:Gippsland Basin, Torquay Sub-basin, Otway Basin, Vlaming Sub-basin, Petrel Sub-basinに位置する。http: //www.ret.gov.au/RESOURCES/CARBON_DIOXIDE_CAPTURE_AND_GEOLOGICAL_STORAGE/CARBON_CAPTURE_AND_STORAGE_ACREAGE_RELEASE/Pages/default.aspx

2009年4月1日 新CO2回収・貯留(CCS)ウェブサイト開設、Bellona Foundation、 http://www.bellona.org/ccs

2009年3月31日 EUがエネルギーに54億ドル追加投資、英・独・オランダ・ポーランド・スペインの石炭火力発電 所の13のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトに14億ドル回収・貯留(CCS)投資。 http://www.reliableplant.com/article.aspx?articleid=16750&pagetitle=European+energy+projects+receive+%245.4+billion+boost

2009年3月31日 カナダFort Nelson CO2回収・貯留(CCS) プロジェクトが 精密地質評価のフェーズを開始した。ブリティッシュコロンビア州北東部、Spectra Energy社。 http://www.tradingmarkets.com/.site/news/Stock%20News/2248305/

2009年3月30日 米国ウェストヴァージニア州でCO2回収パイロットプラント、Alstom とDow Chemicalが協力。 http://www.foxbusiness.com/story/markets/industries/industrials/alstom-dow-collaborate-combat-climate-change/

2009年3月30日 先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる (毎日新聞) http://mainichi.jp/select/today/news/20090330k0000m030121000c.html?inb=ff

2009年3月29日 気候の転換点(ティッピングポイント)が近づいている? http://www.nytimes.com/2009/03/29/weekinreview/29revkin.html?_r=1

2009年3月29日 日米がCO2回収・貯留(CCS)など環境・エネルギー8分野の最先端技術共同研究を 進める。産総研、ロスアラモス研など(読売)

2009年3月29日 100カ所の海底活断層を調査、沿岸30キロ圏、地震調査研究推進本部(共同) http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032901000411.html

2009年3月28日 イリノイ州DecaturのCO2貯留CCS実験 が4月6日起工 式、2010年から2014年まで地下約2,000mの深さにCO2地下注入をする。中西部地域炭素固定 パートナーシップ。 http://www.sj-r.com/business/x1660810821/Experiment-on-CO2-storage-about-to-begin-at-Decaturs-ADM

2009年3月27日 「CO2回収・貯留(CCS)の未来」研究報告書第4版、Research and Markets、60ページ、320ユーロ http://www.researchandmarkets.com/research/5c56cd/the_future_of_carb

2009年3月27日 静岡県のダムにひび割れ、静岡県森町の太田川ダム(高さ約70m、総貯水量1180万立方メートル)で堤体に多数のひ び割れ、2008年10月16日から試験湛水開始、ひび割れは130ヵ所で、最大で長さ24.5メートル、深さ70センチメートル。ダム周辺で岩盤滑りが 起きたり、森町付近で2008年11月から静岡県西部群発地震が発生している。(ダイヤモンドオンライン) http://news.biglobe.ne.jp/social/dol_090327_8281748145.html

2009年3月26日 Electromethanogenesis:CO2と水と電流から水素を経ずに直接にメタン生成菌がメタ ンを生成、ペンシルバニア州立大、Environmental Science and Technology誌Publication Date (Web): March 26, 2009、http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/es803531g

2009年3月26日 西カナダの8箇所のCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトにカナダ政府が1億4千万カナダドルを配分。 http://www.reuters.com/article/marketsNews/idUSN2635434620090326

2009年3月26日 石油価格低下で投資が急減速し、将来の石油ショックが心配される。 Cambridge Energy Research Associates報告(ニューヨークタイムズ)。 http://www.nytimes.com/2009/03/27/business/energy-environment/27oil.html?_r=1&th&emc=th

2009年3月26日 スコットランドのLongannet火力発電所でCO2を回収し、北海油ガス田で貯留するCCS計画を ScottishPowerが計画、2024年操業、世界最大になる。 http://www.cnplus.co.uk/sectors/energy/mott-macdonald-teams-up-with-scottishpower-for-ccs/1996001.article

2009年3月26日 カナダのブリティッシュコロンビア州北東部Fort Nelson CO2回収・貯留(CCS)プロジェク トが次のフェーズの精密地質調査に入る。Spectra Energy 社、http://pressrelated.com/press-release-spectra-energys-proposed-carbon- capture-and-storage-project-in-northeast-british-columbia-enters-ne.html

2009年3月25日 アリゾナ州Joseph CityのAPS社火力発電所の地下約1,000mの塩水帯水層に2千トンのCO2を貯留する西海岸地域炭素固定パートナーシップ(WESTCARB) の実験を、米国環境保護局とアリゾナ州環境保護局が許可した。 http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/0/220b7b1e753178ee85257584005ef34a?OpenDocument

2009年3月24日 CO2貯留(CCS)技術開発に数十億ドルを投資する新法案を、 Rick Boucher下院議員(民、ヴァージニア)が下院に再提出した。 http://gristmill.grist.org/story/2009/3/24/141826/240

2009年3月24日 オバマ米大統領がラッド豪首相とクリーンコール/CO2貯留(CCS)技術が温暖化防止と職業創造に重要で ある事で一致、豪の地球CCS研究所global carbon capture and storage instituteのパートナーになる事 を表明した。 http://www.boston.com/news/politics/politicalintelligence/2009/03/obama_meets_pol.html

2009年3月23日 太平洋パイプラインがロシアと中国の間で協議されている。 http://www.upi.com/Energy_Resources/2009/03/23/Russia_plans_to_develop_new_oil_deposits/UPI-88731237815855/

2009年3月21日 ロッテルダム(オランダ)の新1100MW石炭火力発電所でCO2回収・貯留(CCS)共同 開発を開始、Maasvlakte power stationでE.ON Benelux と Rotterdam Climate Initiative (RCI) による。http: //www.oilvoice.com/n/EON_and_Rotterdam_Climate_Initiative_Start_Joint_Development_of_CCS/2a7c76bb.aspx

2009年3月20日 アブダビで世界初の大規模500メガワットCO2回収・貯留技術(CCS)プロジェクトが2014年にフル 操業をする。アブダビから12−24ヶ月遅れでカリフォルニアの400メガワットCO2回 収・貯留技術(CCS)プロジェクトも操業開始する予定。BP、リオティント、Hydrogen Energyの共同事業。(ロイター)http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/8414071

2009年3月20日 環境グループがCO2排出権1000トンを購入した。米国初のキャップアンドトレード・プロ グラムで、排出権を利用するためではなく、削除するため。http://www.ens-newswire.com/ens/mar2009/2009- 03-20-092.asp

2009年3月17日 CO2地中貯留のモニタリング方法の新報告書が公刊された。CO2地中貯留の安全性と効率的貯留のため米国エネルギー省の国立エネルギー技術研究所(NETL)がまとめた。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09016-DOE_Releases_MVA_Report.html

2009年3月17日 経済産業省は膜分離によるCO2回収・貯留技術(CCS)の実用化を目 指す。2011年からCCS予備試験、2020年までに実用化(電気新聞)

2009年3月16日 CO2回収・貯留(CCS)のコスト低下により、2020年までにCCS発電プラント が商業的に有利になる。Vattenfal社によればCCSコストがトンあたり20−25ユーロになる。(ロイター)

2009年3月16日 欧州委員会のCO2回収・貯留(CCS)研究開発への経済再生投資によりスペイン北西 部の旧炭鉱地帯の再活性化が始まった。 http://www.energycurrent.com/index.php?id=3&storyid=16748

2009年3月16日 米国経済再生法により石炭ガス化火力発電におけるCO2回収・貯留(CCS)実現が 早くなる。インディアナ州EdwardsportのDuke Energyプラント(ニューヨークタイムス) http://www.nytimes.com/2009/03/17/business/energy-environment/17coal.html?_r=1&pagewanted=all

2009年3月16日 米地質調査所からCO2地中貯留ポテンシャルの新見積方法のレポートが 出た。 http://www.usgs.gov/newsroom/article.asp?ID=2163
http://pubs.usgs.gov/of/2009/1035/

2009年3月15日 CO2を注入してメタンハイドレートを生産するフィールド試験をするため、コノコ社と 米エネルギー省が、アラスカのノーススロープで実験サイトを選定中。プリュドー湾の天然ガスは12.5%CO2を 含むので、CO2回収・貯留が必要。ノルウェーと共同開発で、ハイドレートの構造を壊さないでCO2とメタンを置換するので、他のメタンハイドレート生産方法より安定。フィールド試験費用は1600万ドルで、その 80%をエネルギー省が負担。http://www.tradingmarkets.com/.site/news/Stock% 20News/2222874/

2009年3月14日 ゴア元米副大統領は、「政治の転換点(tipping point)を越えた。12月のコペンハーゲンの国連気候会議で世界は温暖化対策で合意できるだろう。オバマ米大統領の選出と産業リーダー の自覚により世界最大の環境問題に取り組む政治的モメンタムができた。世界に、温暖化対策が経済危機克服にも役立つという合意が出来ている。」と語った。 (ガーディアン誌) http://www.guardian.co.uk/world/2009/mar/14/al-gore-climate-change1

2009年3月13日 温暖化対策支援に国際炭素税案など検討、国際的な資金メカニズムの創設のため、環境省研究会(共同通信)

2009年3月13日 地熱発電、2020年に現在の2倍規模に、資源エネルギー庁。地熱発電が2020年に現行の2.2倍程度の120万キ ロワット前後、30年に同3.5倍程度の190万キロワット前後(電気新聞)

2009年3月13日 南アフリカはCO2回収・貯留実証プラントを2020年までに操業する。 また、来年までにCO2地中貯留アトラスを作成する。South African National Energy Research Institute (Saneri)。 http://www.businessday.co.za/articles/economy.aspx?ID=BD4A958598

2009年3月12日 水素製造時にCO2回収・貯留−東京ガス、オンサイトで実証試験(電気 新聞)

2009年3月12日 日本CCS調査、東大と共同研究へ (電気新聞)

2009年3月12日 京都議定書の代わりに地球炭素税を、コペンハーゲン気候変動国際会議でNordhausイェール大学教授が提案。 http://www.guardian.co.uk/environment/2009/mar/12/carbon-tax-should-replace-kyoto-protocol

2009年3月12日 宇宙ゴミの衝突の危険のため、国際宇宙ステーションの乗員がロシアのソユーズ船に避難した! その後、危険が去ったため、宇宙ステーションに戻った(BBC)

2009年3月12日 米コネチカット州WindsorのAlstom社施設で酸素燃焼によるCO2回収技術の テストを実施する。エネルギー省の既設発電所排出回収プログラムの一環 http://behindtheplug.americaspower.org/2009/03/new-doe-carbon-capture-project-announced.html

2009年3月11日 計算間違いで、米ブッシュ政権はフューチャージェンCCS付き石炭火力発電計画から手を引いた!?コストが倍近くに上 昇するとして、フューチャージェン計画への支出を中止したが、エネルギー省が5億ドルも計算違いをしたためで、実は39%増であったという報告が出ている (ニューヨークタイムス)。 http://www.nytimes.com/2009/03/11/science/earth/11coal.html?_r=2&scp=1&sq=futuregen&st=cse
http://democrats.science.house.gov/Media/file/Commdocs/hearings/2009/Energy/11mar/StaffReport_FutureGen_CleanCoal.pdf

2009年3月11日 IPCC予測の倍の速さで海面上昇している。コペンハーゲン気候変動国際会議(2009年3月10−12日)にて。 http://www.nytimes.com/cwire/2009/03/11/11climatewire-researchers-warn-that-sea-levels-will-rise-m-10080.html

2009年3月10日 米ノースダコタ州Burke郡で、約300mの深さの褐炭層に400トンのCO2を注 入するCO2褐炭固定実証実験を開始した。米国エネルギー省大平原地域CO2削減パートナーシップ http://www.fe.doe.gov/news/techlines/2009/09015-CO2_Injection_Begins.html

2009年3月10日 CO2排出により恐竜時代以来なかった海洋酸性化が進んでいる。ブリス トル大学の科学者による。コペンハーゲン気候変動国際会議(2009年3月10−12日)にて。 http://www.guardian.co.uk/environment/2009/mar/10/carbon-emissions-oceans-copenhagen

2009年3月9日 CO2回収・貯留などの温暖化対策技術の研究開発を重点化、科学技術基本計画で環境とエネルギーを統合・重 点推進分野に(化学工業日報)http: //www.chemicaldaily.co.jp/news/200903/09/04101_4138.html

2009年3月9日 温暖化対策目標 国民に「希望」を示せ、(中日新聞社説) http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009030902000041.html

2009年3月7日 CO2回収・貯留などエネルギー革新技術で日本とEUが共同研究「エネ ルギー技術開発に関する戦略ワークショップ」(日経、電気新聞)

2009年3月6日 英国は2020年までに電力の10%以上をCCS付き火力発電所の発電にするべき、Advisory Committee on Carbon Abatement Technologies (ACCAT)による。 http://www.reuters.com/article/GCA-GreenBusiness/idUSTRE52558U20090306
"Low Carbon Industrial Strategy: A Vision"(March2009) http://www.berr.gov.uk/files/file50373.pdf
http://www.hmg.gov.uk/lowcarbon

2009年3月6日 フューチャージェン計画がアメリカ再生法で復活しそう(ワシントンポスト)。 http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/03/05/AR2009030502138.html

2009年3月5日 「海底下帯水層に貯留したCO2は漏洩していない。予想どおり地層に沿って広がって いる。」北海スレイプナー地区で、13年間1,000万トン以上のCO2を貯留したノル ウェーStatoilHydro社が観測結果を発表した。 http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE5245YT20090305

2009年3月5日 CO2を吸収する岩石の分布地図が米国で公開されました。米国地質調 査所とコロンビア大学地球研究所が米国のCO2鉱物固定マップを作成、超苦鉄質岩の分布を図示しています。 http://www.earth.columbia.edu/articles/view/2393 http://pubs.usgs.gov/ds/414/

2009年3月4日  米エネルギー省はアメリカ再生法によるCO2固定に関する教育研究、実施、サイト調 査の公募を開始した。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09013-DOE_Issues_Notice_of_Intent.html

2009年3月4日 米ユタ州にCO2地中貯留のジョイントベンチャーHeadwaters Clean Carbon Services (HCCS)をユタ大学とHeadwaters社が創った。ユタ中央部で10億トンのCO2貯留能力があり、500MW石炭火力発電所6基からのCO2を50年 分以上貯留できる。 http://www.eponline.com/articles/71080/

2009年3月1日 米国コロラド州で、オイルシェールにCO2を地中貯留し、代わりに油/ガスを回収する試 みが始められている。 http://www.gjsentinel.com/hp/content/news/stories/2009/03/01/030209_2a_carbon___shale.html

2009年2月27日 米国ワイオミング州でCO2地中貯留法が成立した。http: //www.forbes.com/feeds/ap/2009/02/27/ap6106634.html

2009年2月27日 米ミシガン盆地で5万トンのCO2地下注入開始、米エネルギー省中西部 地域炭素固定パートナーシップは、ミシガン州Gaylord付近のシルリア紀ドロマイト層中の深部塩水帯水層への初期1万トンCO2地下注入に続き、さらに第2段階5万トンのCO2地下注入を開始し た。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09012-DOE_Partners_Begin_CO2_Injection.html

2009年2月26日 米国は排出量取引の歳入を減税や環境対策に充て、今後10年でクリーンエネルギー技術に1500億ドルを投資する。温 暖化ガス排出量を2020年までに05年比14%減、2050年までに83%減を目指す。オバマ大統領予算教書(ロイター、日経)

2009年2月24日 オバマ米大統領は初めての施政方針演説で、再生可能エネルギーやクリーン石炭などの技術の開発に対して年間150億ドルを投資するこ とを表明した。

2009年2月24日 日本、グリーン・ニューディール全面協力へ オバマ米大統領と麻生太郎首相は 気候変動の優先順位を高め、途上国の温暖化ガス削減を支援し、クリーンエネルギー技術の研究開発に共同で取り組む方針を打ち出した。(ブルームバーグ)

2009年2月24日 米国NASAはCO2観測衛星の打ち上げに失敗

2009年2月22日 アブダビの水素発電ーCO2回収プロジェクトが2010年まで18ヶ月間延期さ れた。 http://www.carbonoffsetsdaily.com/asia/carbon-capture-project-delayed-4718.htm

2009年2月21日 クリントン米国務長官は、中国を訪問し、温室効果ガス削減で中国の協力を求め、CO2回 収・貯留(CCS)などのクリーン・エネルギー技術に関するパートナーシップを創設することになった。北京にGEの協力で造った排出の少な い天然ガス火力発電所を視察した。 http://www.nytimes.com/2009/02/22/world/asia/22diplo.html?_r=1&hp

2009年2月21日 低コストのCO2回収法を開発したとION Engineeringが発表した。石炭火力発電所からトン当たり20ドルでCO2を回収、既に実用化され ているアミン吸収法でなく、イオン性液体を用いる。http://www.carbonoffsetsdaily.com/usa/carbon- capture-on-the-cheap-4676.htm

2009年2月20日 経済産業省はCO2地中貯留(CCS)実証試験に向けて、安全確保と影響評価に関する 指針素案をまとめた。3月末をめどにCCS実証試験の指針案を策定する方針。(電気新聞)

2009年2月19日 ドイツのフランクフルト近くのE.ON社の石炭火力発電所にCO2回収パイロットプラ ントを建設する。Siemens と E.ON Kraftwerkeにより、2009年夏から操業予定、ハーナウ近くGrosskrotzenburgで。 http://www.lowcarboneconomy.com/community_content/_low_carbon_news/4588

2009年2月19日 米中専門家は、米中は2国で世界の温室効果ガスの 40%を排出、石炭への依存度が高く、特に石炭火力発電からのCO2回収・貯留(CCS)技術の研究開発が重要として、気候変動問題でのサミット開催を呼びかけた。(中 国新聞など)“A Roadmap for U.S.-China Cooperation on Energy and Climate Change”

2009年2月19日 温暖化ガス4%削減も難しい 電事連副会長表明(日経)

2009年2月19日 凍土地帯が縮小している(スウェーデン・ルンド大)

2009年2月19日 ドイツ経済環境省はCCS法案を承認し、9月の選挙前に議会を通過する事を期待している。 http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601100&sid=akWO3gE3KZSw&refer=germany

2009年2月19日 オバマ大統領がカナダに初外遊、CO2回収・貯留(CCS)技術開発中心の2国間協議 「米加クリーンエネルギー対話」を創設することで合意した。(各紙)

2009年2月19日 米国エネルギー省はCO2地中貯留(CCS)の安全性評価能力の進歩の ための研究開発プロジェクトの公募をしている。2,400万ドルが準備され、160人分の職をプロジェクト継続の4年間維持する。開発費用の20%は自己 負担が求められている。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09009-DOE_Issues_FOA.html

2009年2月19日 アメリカ再生法により35億ドルが追加され、米連邦のCCSプロジェクト資金は80億ドル以上に急増、イリノイ、テキ サス、ペンシルヴァニア、ノースダコタ、カンサス各州でCCS法が導入される。テキサスでは、CCS付きIGCC石炭火力発電所に1億ドルの税控除が考え られている。世界では120近いプロジェクトがあり、各国政府により200億ドル以上が投資される予定である。 Emerging Energy Research (EER)による。 http://www.environmental-finance.com/onlinews/0219ana.html

2009年2月18日 米国環境保護局が初めてCO2およびその他の温室効果ガスを規制する模 様(NY Times)

2009年2月17日 米CO2固定(CCS)研究開発に34億ドル、グリーン・ニューディール始動、 オバマ大統領がデンバーでアメリカ再生法に署名した。オバマ大統領は、アメリカ再生法署名前に 、「オイルサンドの排出が大きいために排出削減とエネルギー開発のジレンマになっているが、CO2回収・貯 留(CCS)がその解決法になると期待している」と語った。米国やカナダだけでなく、中国やひいては世界がエネルギーのジレンマを抱えている。温室効果ガ ス排出を加速せずにエネルギーを得て経済を成長させる方法が必要である。アルバータ州が20億ドル拠出することを既に決めているので、米国も30億ドル以 上拠出し、協力してCO2回収・貯留(CCS)開発をすれば、オイルサンドだけでなく石炭もクリーンな利用 が可能になると期待を示した。http://www.canada.com/Technology/Alberta+oilsands+create+ carbon+footprint+Obama+says/1299649/story.html

2009年2月17日 CO2回収・貯留(CCS)の実施によりドイツの電気料金が安くなる!と いう報告が出た。安価な石炭を利用できるため。RWE AGによる。(Bloomberg) http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601100&sid=a4ZPOm3wlcVA&refer=germany

2009年2月17日 米国イリノイ州Decaturで大規模CO2貯留実験のためのボーリングを開始した。米 エネルギー省が作った7地域パートナーシップの一つ中西部地域CO2固定コンソーシアムは、エタノール生産 工場からCO2を100万トンまで回収し、約1000億トンの貯留能力を持つ地下約2000メートルのサイ モン山砂岩層に貯留する。

2009年2月16日 温暖化により地球工学(ジオエンジニアリング)は空想物語から必須になりつつある http://www.telegraph.co.uk/earth/4641586/Can-geo-engineering-rebuild-the-planet.html

2009年2月15日 温暖化を遅くするために火山噴火を活性化させる!という驚くべき地球工学(ジオエンジニアリング)案が米国で話題になっているそうで す。(http://www.enn.com/top_stories/article/39320) 火山噴火によるエアロゾル放出により、寒冷化することは良く知られていますが、実際には火山噴火予知も困難な状況なので、まだ制御は無理です。インドネシ アのタンボラ火山の巨大噴火により、世界が数年間大飢饉になったといわれています。将来、火山噴火を制御できるようになれば、火山防災のために夢のような 快挙ですが、むしろ、巨大火山噴火による寒冷化を温室効果ガスで抑制する方が、地球工学で実現し易いと思います。

2009年2月15日 中国やインドなどの石炭火力発電所増設などによりIPCC報告書の予想以上に速く温暖化が進み、さらに気温上昇が森林 や凍土からの温室効果ガス放出を加速し、21世紀末までにコントロールできないスパイラル状態になる怖れがあるとクリス・フィールド教授(スタンフォード 大)が、アメリカ科学振興協会で警告した。http: //www.sciencedaily.com/releases/2009/02/090214162648.htm

2009年2月15日 石油生産はピークに近い、最大8千9百万バレル/日が上限で、2015年からは4百万バレル/日の割で生産が下降す る。Total社による(フィナンシャル・タイムス) http://www.ft.com/cms/s/0/d25b8d2c-fb97-11dd-bcad-000077b07658.html

2009年2月14日 7870億ドルのアメリカ再生法が米国議会両院を通過した。共和党からの賛成は、下院は0、上院は3人、火曜日に大統 領の署名により成立する予定。上院案で復活したFutureGenは文面上は消えているが、エネルギー省の化石エネルギーR&Dに34億ドル配分 されている。

2009年2月13日 北海スライプナーの海底下CO2地中貯留に対し、CO2漏洩の怖れがあるというグリーンピースの警告 が 出た。その根拠はTordis油田の油水漏洩事故で、2008年5月に北海海面で油まじりの水が発見された。原因は、StatoilHydro社が北海 Tordis油田で海底下のUtsira砂層に水を注入した時の失敗で、上盤キャップロック層の水圧破砕により油水が漏洩した。実際には、CO2が漏洩した訳ではなく、スライプナーから300kmの距離がある。注入したのは同じUtsira砂層であるが、遠い ために実際の地質/岩質はかなり異なる。スライプナーのCO2プリュームは、12年経って南北に3kmを少 し越えた程度の広がりで、Tordisに達する前に溶解し、CO2溶解水は重いため下降するので、 Tordisでのキャップロック破砕によりCO2が漏洩する怖れはないとStatoilHydro社は反論 している。http://www.bellona.org/ccs/ccs_blog/1237887972.68

2009年2月12日 2009年はCO2固定産業の勃興年になる。 世界で120件のCCSプロジェクトがあり、既に30件の大規模 CCS実証プロジェクトに総額200億ドル以上が配分されていると推定され、各国の経済再政策でもっと増える。Emerging Energy Research(EER) http://www.emerging-energy.com/

2009年2月12日 米エネルギー省新長官Chu博士はエネルギー環境問題の解決にはノーベル賞級のブレークスルーが必要と語った (NYtimes)。

2009年2月12日 大気中CO2濃度が392ppmに達した、ノルウェー北極圏スバールバ ル諸島で2008年12月観測、経済危機の影響は未だ見られない(ロイター)

2009年2月12日 北米最初の大規模CO2地中貯留計画をモンタナ州知事が発表した。カナダの石炭火力発電所からCO2を回収し、パイプ ラインで米国モンタナ州に送り、地中貯留する。 http://www.google.com/hostednews/canadianpress/article/ALeqM5hDjO7V97k8BgwNvQc4OmeJX0faMA

2009年2月12日「日本バイオ炭(たん)普及会」が4月発足 <バイオ炭CO2 固定による温暖化防止> http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20090212018/1.htm

2009年2月11日 北海に20億ポンドのCO2パイプライン輸送ー地中貯留ネットワークを 建設する(英National Grid)。 http://www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article5705182.ece

2009年2月11日 米ヴァージニア州の石炭層にCO2地中注入開始 南東地域CO2固定パートナーシップ(SECARB)による中央アパラチア盆地の石炭層へのCO2地 中貯留と炭層メタン回収実証実験http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2009/09006- Coal_Seam_Injection_Begins.html

2009年2月10日 温暖化防止のためにCCSなどのエネルギー技術の研究開発に60億ドル必要という報告書がオーストラリア工学アカデ ミーから出た。http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID= 335&
"Energy Technology for Climate Change – Accelerating the Technology Response" http://www.atse.org.au/uploads/EnergyClimateChange.pdf

2009年2月10日 アメリカ再生法の上院案でフューチャージェン(クリーンコール)計画20億ドルが復活http://www.ens- newswire.com/ens/feb2009/2009-02-10-10.asp

2009年2月10日 環境省の分析では経済危機の影響で、日本の温室効果ガス排出量がCO2約5千万トン分 も減少する可能性がある。(共同通信)1990年度の4%分に相当するが、2007年度の排出量は過去最大の90年度比8.7%増に達して いるので、京都議定書で2008年からの目標になっている90年度比6%減には未だ遠いが、初めての大幅減。

2009年2月10日 米国ペンシルバニア州がCO2地中固定(CCS)の可能性調査をする。 http://www.earthtimes.org/articles/show/pa-dcnr-accepting-bids-to,711392.shtml

2009年2月10日 北米最大8億トンの未開発CO2埋蔵量を誇るセントジョンズ・ヘリウム CO2天然ガス田(アリゾナ・ニューメキシコ)の開発パートナーを募集している。産出したCO2は 原油増進回収用に販売する。 http://www.proactiveinvestors.com/companies/news/966/enhanced-oil-resources-seeking-jv-partners-for-st-johns-helium-and-co2-field-0966.html

2009年2月9日 経済産業省は6日クリーンコール部会第1回会合を開催、クリーンで効率的な石炭利用を目指す、また「新エネルギー利用 特別措置(RSP)法」の運用を抜本的に見直す方針(電気新聞)。

2009年2月8日 経済産業省は地熱発電を2030年までに3倍にする計画、「新エネルギー利用特別措置(RSP)法」の対象に認定する (産経)。

2009年2月8日 オー ストリア南東部ビクトリア州で、史上最悪の森林火災多発となり死者200人以上に達した、7日メルボルンで観測史上最高の46.4度を記 録、連日40度を越える猛暑が続いていた。(NHK,BBC)。

2009年2月6日 米環境保護局(EPA)は自動車排ガスに含まれるCO2などの温室効果ガスを大気汚染 物質とみなし、カリフォルニア州の規制を許可する手続きを始めた(朝日)。

2009年2月5日 スウェーデンが脱原発政策を転換、温暖化対策のため(日経)

2009年2月2日 2009 年はCO2回収・貯留(CCS)の年?http://blogs.zdnet.com/green/?p=1970

2009年1月31日 ノルウェーはKaarstoeでのCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトを承認した。http: //www.norwaypost.no/content/view/21561/1/

2009年1月30日 ノルウェーはMongstadの精油所に7億5千万ド ルでCO2回収・貯留(CCS)研究センターを建設する。 http: //www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSLU62914620090130

2009年1月29日 ヨーロッパ再生計画で5ヶ国のCO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトに12億5 千万ユーロを支出する模様。 http://www.carboncapturejournal.com/displaynews.php?NewsID=331?PHPSESSID=46c9be8b0455a30930ea70b3882a23ef
ドイツ 2億5千万ユーロ
Huerthプロジェクトー450 MW石炭火力発電所ーIGCCー塩水帯水層
Jaenschwaldeプロジェクトー500 MW石炭火力発電所ー酸素燃焼ー油ガス田
オランダ 2億5千万ユーロ
Eemshavenプロジェクトー1200 MW石炭火力発電所ーIGCCー油ガス田
Rotterdam1プロジェクトー1080 MW石炭火力発電所ーPCー油ガス田
Rotterdam2プロジェクトー800 MW石炭火力発電所ーPCー油ガス田
ポーランド 2億5千万ユーロ
Belchatowプロジェクトー858 MW石炭火力発電所ーPCー塩水帯水層
スペイン(含ポルトガル) 2億5千万ユーロ
Compostellaプロジェクトー500 MW石炭火力発電所ー酸素燃焼ー塩水帯水層
英国 2億5千万ユーロ
Kingsnorthプロジェクトー800 MW石炭火力発電所ーPCー油ガス田
Longannetプロジェクトー3390 MW石炭火力発電所ーPCー塩水帯水層
Tilburyプロジェクトー1600 MW石炭火力発電所ーPCー油ガス田
Hatfield (Yorkshire)プロジェクトー900 MW石炭火力発電所ーIGCCー油ガス田
総計 12億5千万ユーロ

2009年1月28日 アル・ゴア元米副大統領が、米議会上院の公聴会で温暖化対策を急ぐよう訴えた。

2009年1月28日 電力会社と米国電力研究所(ESPRI)が協力して、 米国ノースダコタ州、イリノイ州、ユタ州、オハイオ州、カナダのノヴァスコシア州の既設石 炭火力発電所計5カ所でCO2回収実験を行う。 http://www.greenbiz.com/news/2009/01/28/epri-and-utilities-study-carbon-capture-existing-power-plants

2009年1月27日 GDPの1%以下のコストで温暖化を2°C以内に抑制できるという報告をマッキンゼーが発表しました。 "Pathways to a low-carbon economy"Version2: http://globalghgcostcurve.bymckinsey.com/

2009年1月26日 経済産業省の研究会で低炭素火力発電について議論、CO2回収・貯留(CCS)も重要 な選択肢に、またCO2回収技術の多様化のための法整備を検討(電気新聞)

2009年1月23日 経産省がCO2膜分離技術の開発本格化へ(電気新聞)。CO2回収・貯留(CCS)技術は、大きく回収/運搬/貯留の3過程に大別されますが、もっともエネルギーを消費し、コス トの多くを占める過程は、大方の人々の予想に反して、最初の回収の部分です。回収技術では、日本は化学吸収法で世界をリードしていますが、他の方法につい ても基礎研究を行っています。そのうち、特に省エネルギーが期待できる膜分離技術について、開発を本格化させることが報じられています。

2009年1月23日 CO2やメタンの濃度を測定する温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が 打ち上げられました。温室効果ガスのCO2やメタンは地上でももちろん観測できますが、うっそうとした密林 の中で、森を観測しているようなもので、個々の木は精密に観測できても、森全体の様相は把握し難いという問題がありました。温室効果ガス観測衛星により、 宇宙から広い視野でCO2やメタンの大気濃度を観測することにより、人間や自然による温室効果ガスの排出や 吸収の実態を把握できると期待されます。

2009年1月22日 南極大陸も10年ごとに0.12度気温上昇(Nature誌)。
<温暖化による氷河地震-海面上 昇―大津波の危機>

2009年1月22日 北 極付近の温暖化も予想以上に早く進んでいるという新しい報告が米国地質調査所から出ています。http: //climatescience.gov/Library/sap/sap1-2/final-report/sap1-2-final-report-all.pdf

2009年1月22日 2008年の世界の災害死者は23万5千人に増加、大部分がアジア(国連ISDR,http: //www.unisdr.org/eng/media-room/press-release/2009/pr-2009-01-disaster-figures -2008.pdf)。

2009年1月21日 米国ワシントン州Wallulaで約1,000m深の玄武岩層にCO2を固定する実験の ためのボーリングを開始した。ビッグスカイ地域炭素隔離パートナーシップによるCO2固定量1000トンの 小規模実験。 http://www.kvewtv.com/news/?sect_rank=1&section_id=18&story_id=13478

2009年1月19日 経済産業省は、CO2地中貯留実証試験に向けた指針の素案を示した。3 月末をめどに指針案を策定する方針(電気新聞)。

2009年1月19日 CO2回収・地中貯留(CCS)プロジェクト対象の保険をチューリッヒ 保険会社が発表した。CO2地中注入終了後の数十年間のモニタリング期間もカバーする。

2009年1月15日 米国経済再生でCO2回収・貯留(CCS)技術実証プロジェクトに24億ドル、 米国地質調査所に2億ドルなど、総額8千億ドル超のアメリカ再生法が米国議会下院に提案される。http: //newmexicoindependent.com/15265/a-first-glimpse-at-the-federal-stimulus-bill-package

2009年1月15日 火星地下に生命活動?NASAから大ニュース:NASAがScience誌に、火星にメタンが大量に湧出していると見 られる地域があり、しかも季節変化があることを発表した。なぜこれが大ニュースかといいますと、火星に今も生命があるだけでなく、地球生命の火星起源をも 示唆するかもしれない現象だからです。地球の地下にはメタン生成菌が活動していますが、火星の地下にもメタン生成菌あるいは類似の生物が居る可能性がある ことになります。メタン生成菌は、人間の遠い先祖であるだけでなく、地球最初の生命に近いかもしれない特別な生物です。ほとんどすべての生物は有機物が無 い所では生きられませんが、溶岩の固まった玄武岩などの中で、CO2さえあれば有機物が全く無くてもメタン 生成菌だけは生きられます。しかも、熱水の中でも極寒でも平気で活動できるしたたかな微生物なので、隕石などの中での宇宙旅行も平気だろうといわれていま す。もし、このようなメタン生成菌が火星の地下で見つかれば、それは地球生命の祖先の生き残りである可能性が非常に高くなります。つまり我々の先祖は火星から来た可能性が高くなります。火星にはCO2も水素もあることも判っているので、生物現象ではなく、化学的作用でメタンが生じた可能性もありますが、私は地下の 生物が関わっている可能性が大きいと思います。科学的意義だけでなく、<メタン生成菌の力により、温暖化防止とエネルギー資源再生を同時に実現できる可能性もあります。>火 星と地球は姉妹星と言うことにも現実味がますます出てきました。 http://www.sciencemag.jp/highlight/index.jsp?pno=142#tx_0

2009年1月14日 【新・成長産業】温暖化防止技術 CO2分離・回収を“ドル箱”に 日本が得意とする環境技術として、高い成長が期待される。 http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200901140017a.nwc

2009年1月13日 ノルウェーなどヨーロッパ9ヶ国が共同して、8千万ユーロで15の新CO2回収・貯留 (CCS)研究所を建設する/ http://www.azocleantech.com/Details.asp?newsID=4355

2009年1月11日 バイオ炭(バイオチャー)CO2固定(biochar carbon sequestration)による温暖化防止が最近注目されています。アマゾン原住民に学んだ一石何鳥にもなる温暖化防止技術で す。「魔法の土」が大気の温室効果ガス低減と食料増産/森林再生/沙漠緑化に貢献します。 http://www.biochar.org/

2009年1月8日 泥岩が超長期にわたりCO2を封じ込められることがナチュラル・アナログ(天然類似 物)研究で示された。北海油田の天然のCO2貯留層上の泥岩中でCO2が7千万年間に12mしか移動していなかった(GEOLOGY誌2009年1月号)。 http://geology.geoscienceworld.org/cgi/content/abstract/37/1/35

2009年1月7日 火力発電所のCO2により藻を育て燃料にする技術や枯渇油田にCO2を注入しメタンを生成する技術の開発が朝日新聞夕刊環境欄に紹介されています。当社はCO2からのエネルギー資源再生のパイオニアです。<地中炭素サイクル:地下メタン醸造所>

2009年1月7日 二 酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)技術の国内実証へ 経済産業省が民間に委託して、国 内4地域(太平洋沿岸、日本海沿岸、北海道沿岸、西日本沿岸)で調査を年度内に開始する(電気新聞)。

2009年1月7日 「CCSにとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」CCS技術開発は月旅行競争に匹敵する。 Paul Soffe (EcoSecurities) http://cleantech.com/news/4034/one-small-step-ccs-one-large-step-mankind



2008年12月26日 欧州の火力発電、CO2ゼロで先手 10年代半ば民間が実用化(日経による)仏 重電アルストムや独シーメンスが、火力発電所にCO2回収装置を設置し、2010年代半ばの実用化を目指し ている。 http://eco.nikkei.co.jp/news/nikkei/article.aspx?id=AT2M25043%2025122008
2008年12月22日 世界の80件以上のCO2回収・貯留(CCS)プロジェ クトのリストが公表された。American Coalition for Clean Coal Electricity (ACCCE):www.cleancoalusa.org
2008年12月18日 米国でCO2に税金!? ニューヨークでソーダ税ーつまりコーラなどの炭酸飲料に税金を掛けようという案が出ているそうです。温暖化 防止のためではなく、健康のためです。もちろん、CO2が健康に悪いのではなく、糖分を多くとりすぎるのが 健康に悪いのです。(CNN)
2008年12月10日 COP14,CMP4,ポズナニ,ポーランドでCCSーCDM制度の承認は来年6月ボンに持ち越された。
2008年12月10日 NASAはハッブル望遠鏡により63光年離れた惑星大気にCO2を発見した。太 陽系外惑星に生命活動の可能性を示す。http: //www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hGvm1sKKxtcXheEMRmKvIj_HqjLA
2008年11月24日 豪 Rudd首相がCO2回収・貯留(CCS)促進に年1億ドル投資す る計画を発表した。(ABC)
2008年11月20日 第9回温室効果ガス技術国際会議GHGT-9が終了。参加者は過去最大の42ヶ国1469人に達し,日本からの参加は 98人で開催国米国の次に多かった。発表論文数は約750件であった。次回の第10回大会GHGT-10は2010年9月19−23日、第1回と同じアム ステルダムで開催されることになった。
2008年11月19日 二酸化炭素(通称:炭酸ガス)を微細なマイクロバブ ルに封じ込めて地下深部の岩石の微細孔中に注入し、浮上しないようにして、半永久的に地下に固定する新技術<CO2マイクロバブル固定技術(CMS)>を第9回温室効果 ガス管理技術国際会議(GHGT-9)で世界に提案しました。この技術の開発により世界の広範な地域で安全かつ経済的なCO2地 中貯留(CCS)が可能になります。日本国内では2007年春の資源・素材学会で発表しましたが<微細泡CO2注入法>、国際会議では初 公表です。
Hitoshi Koide, Ziqiu Xue : Carbon microbubbles sequestration: a novel technology for stable underground emplacement of greenhouse gases into wide variety of saline aquifers, fractured rocks and tight reservoirs, GHGT-9: 9th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies, 16 - 20 November 2008, The Omni Shoreham Hotel Washington DC, U.S.A, Technical Session 7E - Novel Options for Geological Storage, November 19, p.1-8. [小出 仁(早大理工研)、 薛 自求(京大) : 二酸化炭素マイクロバブル固定: 多様な塩水帯水層、割れ目系岩体、難浸透性貯留層への安定な新温室効果ガス注入技術, GHGT-9: 第9回温室効果ガス管理技術国際会議] https://www4.eventsinteractive.com/iea/rs.esp?id=270005&scriptid=sppp1

2008年11月18日 油田カン水で地熱発電 ワイオミング州キャスパーの北の米エネルギー省のRocky Mountain Oilfield Testing Center (RMOTC) Naval Petroleum Reserve #3 (NPR-3) site で2008年9月から12ヶ月間油田カン水で地熱発電をする試験を開始し、10月18日現在成功していることを公表した。発電には、Ormat Organic Rankine Cycle power plantを用い、油田生産井からの87.8度の湯を一次熱流体とし、熱交換器Ormat Energy Converter (OEC)により二次作動流体として用いる低沸点の有機流体を蒸発させ、タービンを回して発電する。9月初めの開始以来150-250 gross kilowattsの電気を発電し、石油生産に利用した。http: //www.fe.doe.gov/news/techlines/2008/08057-Geothermal_Powers_Oilfield.html
2008年11月17日 北米炭素固定アトラスの第2版が出版された。米国とカナダの地下だけで3兆5千万トンのCO2固定(CCS)ポテンシャルがある。アトラスは無料でダウンロードできる。 http://www.netl.doe.gov/technologies/carbon_seq/refshelf/atlasII/
2008年11月16日 第9回温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT-9)が米国ワシントンD.C.で始まった。http://mit.edu/ghgt9/
2008年11月14日 日豪官民協力のCO2回収・貯留(CCS)実証プロ ジェクトの起工式(豪・カライド発電所)。Jパワー(電源開発)、IHI、三井物産が参画(電気新聞)
2008年11月10日 オーストラリアのビクトリア州でCO2回収・貯留(CCS)法が成立し、陸域CO2地中貯留が2010年1月1日より可能に なる。http://latrobevalley.yourguide.com.au/news/local/news/general/ccs- bill-gets-the-nod/1356258.aspx
2008年11月9日 太陽および風力発電は電力網の信頼性を損なう(ニューヨークタイムス)。 http://www.nytimes.com/2008/11/10/business/10grid.html?_r=1&oref=slogin
2008年11月3日 経済産業省が2009年春にCO2地中貯留(CCS)の安全指針を作る 方針(日経)
2008年11月1日 フューチャージェン同盟は新大統領にイリノイ州MattoonにおけるFutureGen計画ーCO2回 収・貯留(CCS)付き石炭火力発電所建設の早期復活 を期待している。http://www.chicagotribune.com/news/chi-ap-il-futuregen-newhope, 0,50849.story
2008年10月31日 Union of Concerned Scientistsが新報告書"Coal Power in a Warming World"を公表し、CCS無しの石炭火力発電所新設を止め、大規模CO2回収・貯留(CCS)実現へ投 資すべきことを提案した。 http://www.ucsusa.org/assets/documents/clean_energy/Coal-power-in-a-warming-world.pdf
2008年10月31日 ハリケーン”アイク”のゴミでバイオマス発電を行い、排出するCO2をテキサスの廃油 田に地中貯留するとBiofuels Power Corporationが発表した。 廃ガスを貯留するHumble岩塩ドームは断層・割れ目が多く、原油増進回収はあまり期待できないという。http: //www.marketwatch.com/news/story/Biofuels-Power-Announces-Pilot-Biomass/story.aspx?guid=%7B3529804C-7659-4B0D-9756-E94DE4FCB7E9%7D
2008年10月28日 技術は既に存在するのでCO2回収・貯留(CCS)実証実験を今開始すべきである。 WRIがCCSガイドライン公表:"Guidelines for Carbon Dioxide Capture, Transport, and Storage" World Resources Institute, http://www.wri.org/publication/ccs-guidelines
2008年10月28日 アブダビのCO2回収・貯留(CCS)が2013年開始予定。年約2百 万トン規模で、枯渇油田でのEORを行う(ロイター)。http: //www.guardian.co.uk/business/feedarticle/7940190
2008年10月27日 日本の2007年度エネルギー起源CO2排出量は2.7%増の12億1800万トンに 達した(経済産業省)。2007年に世界は3.1%増、米国は1.8%増、中国は8%増 (オランダ環境庁)。
2008年10月21日 イタリア最初のCCS計画  イタリア南部のBrindisiのEnel社の石炭火力発電所からCO2を回収して、北部のPiacenza付近CortemaggioreのEni社の枯渇天然ガス鉱床に液体CO2パイプラインで運び2010年秋から地中貯留を開始する。(ロイター)http: //www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSLL51565620081021
2008年10月20日 IEAがCCS報告書を出版し、世界が協力してCO2回収・貯留(CCS)を開発・推 進することを勧告した。 IEAーCCS報告”Carbon Dioxide Capture and Storage: A Key Carbon Abatement Option”.  http://www.iea.org/w/bookshop/add.aspx?id=335
2008年10月16日 英国は2050年迄に温室効果ガス排出を80%削減する厳しい目標を発表した。CO2回 収・貯留(CCS)に真剣に取り組む必要がある。経済危機により、イタリアやポーランドは厳しい削減目標に反対するも、EUは2020年に20%削減の目 標維持。(BBC)
2008年10月15日 エネルギー産業界、CO2回収・貯留技術(CCS)の安全性PRに力 (電気新聞)
2008年10月14日 温暖化対策は、金融危機への取り組みに役立つ、COP14準備会合、ワルシャワ(朝日)
2008年10月14日 サウジアラビア、ノルウェー,オランダ,英国が‘CCS Group’を結成し、global carbon capture and storage (CCS) initiativeにより新しいクリーンエネルギー革命の時代を開くと発表した。http: //climatechange.me/2008/global-warming-saudi-arabia-part-of-ccs-initiative/
2008年10月14日 世界銀行の新石炭プロジェクトは、途上国のCO2回収・貯留技術(CCS)実施を促進す るものに限定する。http://www.pointcarbon.com/news/1.985470
世界銀行の温暖化防止戦略 "Development and Climate Change: A Strategic Framework for the World Bank Group" http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/TOPICS/ENVIRONMENT/EXTCC/0
2008年10月12日 丸紅がベトナムで石炭地下ガス化の実証実験に参入(日経)。石炭をガスに変えて取り出すため、CO2排出量を2割程度削減できる。また、人間が地下に立ち入らないため、安全に採取できる。CO2地中貯留(CCS)と組み合わせれば、CO2排出量の大幅削減も可能 になる。
2008年10月9日 経済産業省はCO2回収・貯留(CCS)技術実用化へ、法的枠組みの検討に 着手する(電気新聞)。
2008年10月7日 経済産業省は「2020年ゼロエミッション電源50%」を達成するため、電力会社などに「非化石燃料」の利用を義務付けする方針 (読売)
2008年10月7日 "Super Tuesday":EU議会環境委員会は2015年以後、CO2回収・ 貯留(CCS)なしの石炭火力発電所新設を事実上禁止する方針を決めた。(金融危機により目標を緩和するという噂もあったが)300MW以上の火力発電所は1kWhあたり500g以内にCO2排出を抑制しなければならないとし、2020年迄に20%排出削減の厳しい目標を堅持した。2013年からCO2排出を有料にし、目標を守れなかった国にCO2トンあたり100ユー ロを課すことを推薦した。火力発電全体で年300億ユーロの負担になる可能性がある。排出権(ETS)収入から年100億ユーロを、ヨーロッパの12のCO2回収・貯留 (CCS)プラントに用い、将来さらにCCSを増やす。(The Times、ロイター、AP、BBCより)
2008年10月7日 ノルウェー政府はCO2回収・貯留(CCS)に19億NOK(約300億円)を支出す る。 MongstadのCCS試験センターやKarstoのCO2回収プラントや CLIMIT(CCS)研究開発計画など。http://www.carboncapturejournal.com/
2008年10月3日 米国でCO2貯留クレジットが成立した。米国金融安定化法の議会通過のための修正により、CO2地中貯留にCO2-1トンあたり20ドル、CO2原油(および天然ガス)増進回収に CO2-1トンあたり10ドルの税クレジットなど、クリーン技術促進方策Energy Improvement and Extension Act of 2008が追加成立した。http://www.mondaq.com/article.asp?articleid=67442
2008年10月3日 「石炭の最後の機会:CO2回収・貯留(CCS)の実現」レポート" A last chance for coal: making carbon capture and storage a reality": http://www.green-alliance.org.uk/
2008年10月2日 米エネルギー省は近く公表される北米炭素隔離アトラス2008のためのCO2貯留ポテ ンシャル評価方法を公開した。 http://fossil.energy.gov/programs/sequestration/publications/Project_Reports/carbonstorage_method08.pdf
2008年10月2日 世界で初めて坑廃水を利用した水力発電所が操業開始、オランダ南部ヘールレン(Heerlen)にて(AFP) http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2523151/3384311
2008年10月1日 CO2回収・貯留(CCS)の普及には、国のCO2排 出規制方策の確立と省際協力が必須である。米国Government Accountability Office (GAO)報告"Federal Action Will Greatly Affect the Viability of Carbon Capture and Storage As a Key Mitigation Option": http://www.globalwarming.house.gov/tools/3q08materials/files/0017.pdf
2008年10月1日 南アフリカCO2貯留アトラスを2010年4月に出版する。 http://www.engineeringnews.co.za/article.php?a_id=144255
2008年9月29日 米国が新大統領に代われば、ヨーロッパとCO2回収・貯留(CCS)を主にしたクリー ンエネルギー技術協力と新エネルギー開発競争が盛んになる。 CCSはクリーンコールの聖杯である。CCSなしではヨーロッパはロシアの天然ガスに頼らざるをえなくなる。 (UPI) http://www.upi.com/Energy_Resources/2008/09/29/Future_of_US- European_energy_ties/UPI-68351222721552/
2008年9月26日 CO2排出多いと環境相が福島県いわき市での石炭火力発電所計画に否定的(朝 日)
2008年9月25日 ゴア前米副大統領がCO2回収・貯留なしの石炭火力発電所反対の市民不服従運動を呼び かけた。 Clinton Global Initiativeでのゴア氏の呼びかけ:「石炭燃焼企業が本当に 安全にCO2地中貯留できれば良いですが、どうかごまかさないでください。幻想は与えないように。私達は将来の世代に責任があり ます。今苦しんでいる人々も居ます。温暖化の危機を解決するために世界が参加しましょう。それを経済発展にも役立てましょう。」 http://edition.cnn.com/2008/TECH/science/09/25/gore.carbon/
2008年9月25日 オーストラリアの提唱した国際CO2回収・貯留(CCS)研究所に英国とノルウェーが 参加を表明、クリントン前米大統領も支持した。 http://news.theage.com.au/world/norway-backs-rudds-carbon-storage-plan-20080925-4nmt.html
2008年9月25日 2007年の世界のCO2排出量は3%増。 1990年代の4倍の増加率で、中国やインドなどでの大幅増が大きな要因。2007年の大気中の CO2濃度は383ppmで、産業革命前の39%増になった。http: //climateprogress.org/2008/09/25/global-carbon-emissions-jumped-3-in-2007/
“Carbon Budget 2007” (The Global Carbon Project)より、 http://www.globalcarbonproject.org/global/pdf/GCP_CarbonBudget_2007.pdf
2008年9月23日 CO2回収・貯留(CCS)のため、1960年代のアポロ計画や1970年代の月旅行 計画に匹敵する研究開発を行い、危機をエコ利益に変えるべきである。 ケンブリッジ大学気候変動軽減研究センターのBarker所長が語っ た。 http://www.guardian.co.uk/environment/2008/sep/23/climatechange.carboncapturestorage
2008年9月22日 CO2回収・貯留(CCS)は2030年には公的支援無しでも実施可能になる。McKinsey 社報告書"Carbon Capture & Storage: Assessing the Economics" http: //www.reuters.com/article/environmentNews/idUSLM57702920080922
2008年9月19日 福島県いわき市で石炭ガス化複合発電(IGCC)実証機(25万キロワット)による長時間(2千時間)連続運転で約3ヶ月間安定した 運転に成功した(9電力会社とJパワーが出資するクリーンコールパワー研究所)。CO2回 収・貯留(CCS)と組み合わせて、ほぼゼロエミッションでの石炭火力発電を実現するためのベースができた。(電気新聞) http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20080919.html
2008年9月19日 オーストラリアは年1億ドルを投資して国際CO2回収・地中貯留(CCS)研究所を設 立し、温暖化防止技術開発で世界をリードする。 ニューヨークで開催される国連総会でRudd首相が表明する。http: //news.smh.com.au/national/australia-funds-carbon-capture-institute-20080919-4jj2.html
2008年9月17日ア イルランドにおけるCO2地中貯留(CCS)の可能性。Sustainable Energy Ireland (SEI)とアイルランド環境保護庁が、報告書「An Assessment of the Potential for Geological Storage of CO2 for the Island of Ireland」を公表した。アイルランド南部沖のKinsale枯渇ガス田に約3億トンの CO2地中貯 留が可能で、Moneypoint発電所とCorkの排出量の50年分を貯留できる。北アイルランドとスコットランドの間のPortpatrick海底堆 積盆の塩水帯水層に Kilroot石炭火力発電所の CO2を58年分貯留できる。 http: //www.sei.ie/index.asp?locID=565&docID=1704
2008年9月16日地 下1,000mの岩石と反応させてCO2地中固定をする実験が始まった。 地球環境産業技術 研究機構と電力中央研究所などの研究グループが、秋田県湯沢市にある地熱発電の坑井を利用し、CO2溶解水 1万リットルを地下注入し、岩石と反応させて炭酸塩化する研究をしている。(NHKニュース7、電気新聞)http: //www3.nhk.or.jp/news/k10014136301000.html#
2008年9月15日北 海海底下に全ヨーロッパから排出する600年分のCO2地中貯留が可能。Scottish Power社は英国スコットランド最大のFifeのLongannet石炭火力発電所にCCSを付設する計画で、英政府の公募に応募する。エディンバラ大 学が海底下への長期安全なCO2地中貯留サイトの調査に協力する。(The Times)http: //business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/natural_resources/article4753362.ece
2008年9月14日 ポーランドは2015年までに少なくとも2つのCCS付き火力発電所を新設すると経済大臣が語った。 http://asianminingstock.com/2008/09/14/poland-mining-report-q3-2008/
2008年9月12日 米国イリノイ州Decaturのエタノール工場でCO2回収・貯留(CCS)テストの ための法手続きが終わりに近づき、公聴会が開かれる。中西部地域地中固定コンソーシアムにより、深さ約2kmの注入井と数本の観測井を掘 り、イリノイ州・ケンタッキー州・インディアナ州・オハイオ州に広がるMount Simon砂岩塩水帯水層の CO2貯 留能力をテストする。2009年末から2012年まで約100万トンの CO2を地下注入し、注入後2年間 モニタリングを行う。 http://www.tradingmarkets.com/.site/news/Stock%20News/1878790/
2008年9月11日 EUはヨーロッパにCO2回収・貯留(CCS)プロジェクトのネットワークを 作る。 http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/1315&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en
2008年9月9日 ド イツで世界初のCO2回収付き石炭火力発電パイロット操業開始。スエーデンの電力会社 Vattenfallは、ドイツの首都ベルリンの南東方のSchwarze Pumpe火力発電所で30MWのパイロットユニットを建設し、1時間あたり9トンのCO2回収を行う。 http://www.vattenfall.com/www/vf_com/vf_com/370103press/558539press/index.jsp?pmid=93724
2008年9月6日 炭酸水(CO2溶解水)で肥料代半減。高知市春野町の農業雨森克弘さん (48)が、炭酸水で土壌の水素イオン指数(pH)を下げ、肥料を半減させる栽培方法を考案した。(日経エコロミー) http://eco.nikkei.co.jp/news/today/article.aspx?id=NN003Y210%2005092008
2008年9月5日 米, 英,豪など各国が「日本CCS調査」との提携を求めている。日本が官民上げて取り組むCO2回 収・貯留(CCS)技術に世界が熱い視線を投げかけている。(電気新聞) http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20080905.html
2008年9月2日 最近10年間の北半球の気温は過去1,300年間で最も高温であった。"roxy-based reconstructions of hemispheric and global surface temperature variations over the past two millennia" Proceedings of the National Academy of Sciences,Open Access Article :http://www.pnas.org/content/early/2008/09/02/0805721105.full.pdf
2008年9月2日 CO2回収・貯留(CCS)の早期商業実施に炭素税やキャップアンドトレードによるCO2価 格付けが必須である と米議会調査局報告書"CRS ― Capturing CO2 from Coal-Fired Power Plants: Challenges for a Comprehensive Strategy" http://opencrs.com/document/RL34621が指摘した。 http://hosting-source.bronto.com/6335/public/ClimateChangePolicyUpdate_Sept_2_2008.pdf
2008年9月1日 地 球温暖化を防ぐためには過激なリスクの大きい技術を使わざるを得なくなった。英国王立協会からPhilosophical Transactions A特別号「気候変動を回避するための地球サイズ技術」 (Geoscale engineering to avert dangerous climate change)が刊行された http://royalsociety.org/。海洋を富栄養化して藻類によりCO2を固定する方法や エアロゾルなどで大気の透明度を変える方法などが紹介されている。科学者の政治への絶望の現れとの反論もある。http: //www.guardian.co.uk/environment/2008/sep/01/climatechange.scienceofclimatechange2
2008年8月29日 ドイツのケルン市付近HuerthにCCS付設450MW褐炭ガス化複合発電所を2014年 までにRWE社が建設する。 RWE Dea社は、ドイツ北端のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン地域でCO2地中貯留適地を調査し、ラインランドの火力発電所からのCO2パイプ ライン建設 を計画している。 http://www.rwe.com/generator.aspx/presse/language=en/id=76864?pmid=4002414
2008年8月27日 2014年からノルウェーMongstad火力発電所で年250万トンCO2回収を 実施するとStatoilHydro社が発表した。 http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKLR2590820080827
2008年8月27日 ノルウェーはCO2パイプラインの新基準作りを進めている。CCSが温 暖化防止の重要なオプションになったため、18ヶ月以内に基準を作成する。http: //www.energycurrent.com/index.php?id=2&storyid=12735
2008年8月27日 米国南東地域炭素固定パートナーシップ (SECARB)はミシシッピ州Cranfield油層に注入したCO2の挙動を測定する装置を地下3kmに挿入した。南東地域炭素固定パートナーシップは Cranfieldなど4サイトでCO2の実証試験を実施すると共に、実施フェーズの大規模CO2地中貯留のために複数サイトの評価を進めている。 http://www.fe.doe.gov/news/techlines/2008/08035-Carbon_Storage_Monitoring_Begins.html
2008年8月27日 二酸化炭素回収・貯留(CCS)の実証に40億円:経産省概算要求、温暖化対策に重点(電気新聞)
2008年8月26日 風力発電に圧気貯蔵を併設:風が強いが電力需要が小さい時に地下空洞に圧気を貯え、需要のピーク時に圧気により発電を する計画が、米国New Jersey で進んでいる。 http://www.nytimes.com/2008/08/26/nyregion/26wind.html
2008年8月24日 10月から鹿児島湾でCO2地中貯留の影響調査、環境省が、天然に海底 からCO2が湧出している鹿児島湾で、CO2地中貯留の影響 を調査する(読売新聞)。7月27日、本欄参照
2008年8月22日 北米"CCSハイウェイ"(CO2 パイプラインーインフラストラクチャー)プロジェクト等に5億ドル投資。米国の大手投資会社Och-Ziff Capital Management はCCS専門会社 Blue Source LLCに5億ドル投資し、パイプラインなどCO2回 収・輸送・地中貯留およびメタン回収プロジェクト開発に用いる。 http://www.businessgreen.com/business-green/news/2224589/carbon-capture-receives-500m
2008年8月22日 米工学アカデミーはCO2を 回収して地下深部や海底下に貯留する技術の開発を21世紀最大の工学課題の 一つと認定した。 http://www.engineeringchallenges.org/cms/8996/9077.aspx
2008年8月19日 燃料費の高騰と温室効果ガス削減のため、地熱が再び注目されている。1904年イタリアの Larderelloで開始以来、2008年現在では24ヶ国で合計1万メガワットの地熱発電が行われているが、2010年には46ヶ国1万3千5百メガ ワットに増加する。 "World Geothermal Power Generation Nearing Eruption." http://www.earthpolicy.org/Updates/2008/Update74.htm
2008年8月18日 米国オクラホマ州で地中CO2クレジット実現へ、オクラホマ州では 1980年代初期から原油増進回収のため油層にCO2地下注入を実施しているが、地中CO2クレジットによりCO2-EORプロジェクトが大幅に増加すると期待 されている。 http://www.tulsabeacon.com/?p=772
2008年8月18日 米国の主な環境NGOの多くはCO2回収・貯留(CCS)の必要性を認めているが、少 数のNGOが反対している。意見調査した環境NGOはすべて温暖化対策を支持しているが、CCSに対する態度は大きく異なる。( "Environmental non-government organizations' perceptions of geologic sequestration", Environmental Research Letters (ERL) Volume 3, Number 2, April-June 2008) http://www.iop.org/EJ/journal/erl
2008年8月18日 アパラチア炭田の炭層にCO2注入試験開始 ヴァージニア工科大学の学 生達とRick Boucher下院議員は、ヴァージニア州Russell Countyで炭層にCO2を 注入する試験を開始した。南東地域炭素隔離パートナーシップのCO2炭層固定実験の一環である。 http://www.bdtonline.com/local/local_story_228224708.html
2008年8月18日 カナダ初のCO2回収・貯留付き低排出IGCC石炭火力発電所がアル バータ州エドモントン付近のGeneseeで建設される。Siemens の技術により、270メガワットの発電所が2015年完成予定。http://www.azom.com/News.asp?NewsID=13344
2008年8月17日 アイルランドでCO2回収・海底下地中貯留評価プロジェクト、首都ダブ リンの火力発電所からCO2を回収して、沿岸のアイリッシュ海 Kish Bank Basin の塩水帯水層でCO2海底下地中貯留と天然ガス地下貯蔵をするポテンシャルを評価する ULYSSESプロジェクトがスタートした 。http://www.telegraph.co.uk/money/main.jhtml?view=DETAILS&grid=&xml=/money/2008/08/18/cnulys118.xml
2008年8月15日 オーストラリアでCCS法案が下院委員会を通過し議会に上程される。石炭利用等により排出されるCO2を回収して、海底下に地中貯留するための法案the Draft Offshore Petroleum Amendment (Greenhouse Gas Storage) Bill 2008は、5月に提案され審議されていた。温室効果ガス地中貯留の長期責任を政府が持つことにより、CCS実施を促進する。  http://www.news.com.au/story/0,23599,24186137-29277,00.html
2008年8月14日 バーレーンにCO2回収プラントを三菱重工の技術によりGPICが 2010年に建設する。 http://www.albawaba.com/en/countries/Bahrain/234093
2008年8月14日 ノルウェーで経済的なCO2回収技術の開発に、 Aker Clean Carbonらの技術研究グループが8年間で6千万ドルを投資する。(ロイター)http: //uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKLE13903620080814
2008年8月14日 北米炭素固定アトラスが出版優秀賞を受賞したと、米国エネルギー省が発表した。改訂版が11月に出る。 http://www.upi.com/Science_News/2008/08/14/US_publication_wins_an_excellence_award/UPI-12601218727873/
2008年8月13日 原発停止により日本の排出量を約4%増。日本の電力会社10社の2007年度のCO2排 出量が前年度より14.3%増えた。柏崎刈羽原子力発電所が停止するなどのため、日本の排出量を約4%押し上げる要因になる。(日経)
2008年8月11日 米国エネルギー省は年3億4千万ドルの第3次クリーン石炭火力発電イニシアティブの補助金公募を開始した。年30万トン以上のCO2回収・貯留(CCS)ま たは利用等が求められている。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2008/08033-CCPI_Round_3_Begins.html
2008年8月11日 南アフリカ政府は、新設石炭火力発電所に二酸化炭素(CO2)回収・地中貯留 (CCS)付設を義務付ける方針を決めた。(日経)http: //www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080811AT2M0503Y11082008.html
2008年8月6日 CO2排出量の半分を地中貯留することを条件に、米国テキサス州ヒューストン付近のNRG Energy Inc Texas社の石炭火力発電所の増設に反対しないことに環境団体が合意した(ロイター) http://www.reuters.com/article/rbssUtilitiesElectric/idUSN0448357820080804
2008年8月4日 米 国ニューメキシコ州のサンファン石炭堆積盆地でCO2炭層固定実験を開始した。米国エネル ギー省と南西地域炭素隔離パートナーシップ(SWP)は、ニューメキシコ州Navajo City付近で地下深さ約900mの石炭層に6ヶ月間で3万5千トンのCO2を注入し、炭層メタンを回収す る。注入井1本を中心に生産井3本を配するが、今回の実験の主目的は温暖化防止のためのCO2固定技術の開 発である。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2008/08031-San_Juan_Basin_CO2_Injection.html
2008年7月31日 夕張再生のため、夕張市はCO2を地下の石炭層に封入する実験施設を誘致する方針。 夕張商工会議所と夕張市議会は、地球温暖化防止のため、二酸化炭素(CO2)を地下の石炭層に注入して貯留 する技術の実用化のための実験施設を誘致する方針を決めた。同市内では、経済産業省資源エネルギー庁が昨年度まで四年間予備実験を実施し、地下の石炭層に CO2を一日約六トン注入し、代わりにメタンガスを同約七百立方メートル取り出すことに成功している。地下 石炭層へのCO2地中貯留は、一石二鳥の温暖化防止技術として早期実用化が期待されていて、米国、ヨーロッ パ、オーストラリアでも開発競争が始まっている。(北海道新聞)
2008年7月29日 日本は、2020年までにCO2回収・貯留(CCS)の実用化を目指すなど、低炭素社 会づくり行動計画を閣議決定した。
2008年7月27日 環境省がCO2海底下地中貯留(CCS)の厳密な環境影響評価(アセス)を 可能にする技術開発に着手する。天然にCO2がわき出る桜島近くの鹿児島湾内で、実際にCO2が海中で拡散する様子や生物への影響等を調べる。(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/today/news/20080727k0000m040112000c.html?inb=ff
2008年7月26日 日本政府は2020年までにCO2回収・貯留(CCS)の実用化を目指す。  将来の低炭素社会に向けた政府の行動計画案を29日に決定する予定と各紙が報道している。石炭火力発電や製鉄などで排出されるCO2を回収し地中貯留するCCS技術について、2009年度に大規模な実証試験に着手し、2020年までの実用化を目指 す。処理コストがCO21トン当たり5000円を超えると試算されているが、20年代には1000円台に低 減する目標を掲げ技術開発を進める。
2008年7月24日 中国の石炭利用が将来の地球の気候を決める。 Nature誌は「特集:中国の挑戦」で、中国の石炭火力発電所から排出されるCO2を回収し、地中貯留す る技術開発が既に始まっているが、資金と技術の援助が必要であることを紹介している。
2008年7月23日 NEDO技術開発機構がCCSを含む革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクトの委託先を決定した。CO2回収・輸送・貯留関係が含まれている。 http://www.nedo.go.jp/
2008年7月23日 石油資源開発等が出資する日本CCS調査は、福島県い わき市の石炭火力発電所から排出される CO2を、福 島県沖合の枯渇したガス田に貯留するための事業化調査を、NEDOから受託した。また、中国の火力発電所が排出するCO2を回収し、大慶油田に封じ込めるCO2地中貯留(CCS)事業に参加する。 http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003008&sid=aRkOqBPT.PcQ&refer=jp_politics
2008年7月19日 日本政府は石炭火力発電所などから出る二酸化炭素(CO2)の地中貯留(CCS)技術 を2020年までに実用化する方針。行動計画を7月下旬に閣議決定する。(日経より) http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080720AT3S1801O18072008.html
2008年7月17日 米国イリノイ州で炭層固定のためCO2地中注入開始、 米国中西部地域 地中貯留コンソーシアムがイリノイ州Wabash Countyで地下の炭層にCO2を注入し、メタンを回 収する試験を開始した。3ヶ月で250トンのCO2を注入する。 http://www.fe.doe.gov/news/techlines/2008/08026-Regional_Partnerships_Tap_Unmined_Coal.html
2008年7月17日 中国华能集团公司は北京で火力発電所の排ガスからCO2を回収する試験に成功した。 設備はすべて国産であるが、オーストラリアのCSIROと協力している。中国华能集团公司は天津でゼロエミッションIGCC石炭火力発電所を開発するグ リーンジェン計画も開始している。 http://news.xinhuanet.com/english/2008-07/17/content_8561442.htm
2008年7月17日 ノルウェー西部のMongstadにCO2Test Centre (TCM)建設へ。 火力発電所と精油所からCO2 を回収する試験を行う。費用の80%を国が、20%をStatoilHydro社が負担する。 http://www.norwaypost.no/cgi-bin/norwaypost/imaker?id=173178
2008年7月15日 米国環境庁EPAが二酸化炭素地中貯留促進のために新しくCO2地中注入井管理規則を 提案した。EPAは地中注入井管理プログラム(UIC)の中に、CO2地中注入井を管理する ための6級井のカテゴリを設け、管理規則を提案した。二酸化炭素削減策として有力視されるCO2地中貯留の 実施を支援する。 http://www.epa.gov/safewater/uic/wells_sequestration.html http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/d35b72dfe481043b85257487005e47cd!OpenDocument
2008年7月12日 環境省はCO2地中貯留(CCS)の候補地選びに指針を示し、企業参入 を促す。(日経より) http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080712AT2G1200212072008.html
2008年7月11日 オランダのロッテルダムがCO2回収・貯留(CCS)のハブを目指す。  ロッテルダム近くの多数の排出源からCO2を集めて大規模地中貯留すれば、低コストで温暖化ガス大量削減が 出来る。オランダには天然ガス産業の技術とインフラがある。2015年に年5百万トン、2025年までに年2千万トンのCO2地 中貯留を目指す。北海にパイプラインを敷くことも出来るので、貯留ポテンシャルは十分である。将来はドイツのルール地域やベルギーのアントワープ地域から の接続も目指している。(ロイター) http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKL116761620080711
2008年7月9日 IEA は、広範な国際協力によるCO2回収・貯留(CCS)などの温暖化防止策の実行を呼びかけ た。IEA事務局長はG8の呼びかけを歓迎すると共に、IEAの勧告を直ちに実行すれば2030年までに82億トンのCO2削 減が可能とのべた。G8声明は、2010年までに世界で20以上の大規模CCS実証プロジェクトの開始を呼びかけたIEA勧告を強く支持している。 http://environmentalresearchweb.org/cws/article/yournews/34966
2008年7月8日 北 海道洞爺湖サミットですべての国々に2050年までに温室効果ガスを半減することを求めることで合意した。中期の国別総量目標を設けることも決め、主要経済国の協力を呼びかけた。それに対し、新興5カ国は、先進国に80―95%削減を要求し、排出削減のため技術革新と財政支援を求め た。(日経、NHKより要約)
2008年7月8日 IEA 事務局長がCO2地中貯留(CCS)など発電分野の削減が最重要と語った。IEAの試算によ るとCO2地中貯留(CCS)の普及が50年までの排出半減量の2割を占めることを明らかにした。風力、太 陽熱など再生可能エネルギーの利用拡大(21%)、原発増設(6%)などを加えると、発電分野だけで排出削減量の半分近くを稼ぐ計算になる。(日経) http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080708AT2M0701007072008.html
2008年7月8日 カ ナダのアルバータ州は、CO2回収・貯留(CCS)技術開発のため20億カナダドルのイニシアティブを発表 した。Canada-Alberta ecoEnergy Carbon Capture and Storage Task Forceによれば、CCSは石炭利用やオイルサンド開発に必須であり、カナダの排出量の40%にあたる年6億トンの温暖化ガス削減が可能である。アル バータ州ではCO2パイプライン敷設構想もある。 http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20080713.wcomment0713/BNStory/specialComment/
2008年7月6日 オー ストラリアのCO2地中貯留量が1万トンに達した。ビクトリア州のOtway盆地の地下 2,000mの枯渇天然ガス層で実証実験中。来年はCO2貯留量10万トンに増加する予定。 http://www.theage.com.au/environment/carbon-dioxide-burial-reaches-a-milestone-20080706-32no.html
2008年7月4日 温 暖化対策で、日本はG8国中5位! 1位は英国 、次いでフランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、カナダ、米国の順 、世界自然保護基金(WWF)と独保険大手アリアンツによる。asahi.com
2008年7月3日 東 電、07年度のCO2排出量が3割2890万トン増、柏崎刈羽原発の運転停止などのため、CO2排出係数が大幅増。東京電力は2007年度の二酸化炭素(CO2) 排出量が前年度比3割増の1億2650万トンだったと発表した。日本のCO2排出量のほぼ10%を占める。 新潟県の柏崎刈羽原発の運転停止で火力発電所による発電が増えたため、CO2排出量が2890万トン増え た。東電の電力1キロワット時あたりのCO2排出係数も前年度の0.339から0.425に悪化した。東京 の家庭や店舗やビルなどの排出量も電気分は計算上増える。 http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080703AT1D030A103072008.html
2008年7月3日 三 菱重工が、ドイツで石炭火力発電所のCO2回収実証実験 エーオン・エナジーと共同で 2010年に100トン/日設備を稼働させる。三菱重工は国内の石炭火力発電向けでは、電源開発(Jパワー)の松島火力発電所(長崎県西海市)内で、CO2回収能力10トン/日の試験設備を2006年7月から稼働させている。(三菱重工ニュース)http: //www.mhi.co.jp/news/story/0807034712.html
2008年6月30日 CO2地中貯留の新会社「日本CCS調査」発足、東京電力など電力11 社、新日本石油など石油元売り5社、新日鉄エンジニアリング、日揮、石油資源開発、住友金属工業など計24社が出資し、石油資源開発の石井正一常務が社長 に就いた。発電所や製鉄所から出るCO2を回収し、地下1000メートル程度の砂岩層などに封じ込める。 2009年度以降に実証実験を始め、 「2020年に国内で5000万トン以上」のCO2地中貯留を目標に する。政府は地中貯留で20年に年1億トンのCO2削減をめざしている。
2008年6月30日 ベルリン近郊のKetzinでCO2地中貯留実験を開始した。地下 600mの帯水層に2年間で6万トンのCO2を貯留する予定。ヨーロッパの陸域では初めての実験。海域では 既に北海海底のスレイプナーの帯水層に既に1,000万トンのCO2が地中貯留されている。 http://www.gfz-potsdam.de/portal/-?$part=CmsPart&$event=display&docId=2431056&cP=GFZextern.content.detail
2008年6月29日 G8サミットでCO2地中貯留(CCS)などの革新技術の研究開発に年100億ドル以 上を投資し、2013年以降の温暖化ガス削減に関する国別の中期目標をつくることで合意する見通しと日経が伝えた。 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080629AT3S2602C28062008.html
2008年6月25日 ブレア前英首相が東京で二酸化炭素地中貯留技術開発(CCS)や森林破壊対策を訴えた。東京都内で開かれた「気候変動 に関する東京フォーラム」で講演した。米国の両大統領候補も排出削減を強調した。(毎日夕刊)
2008年6月25日 東京都が国内初の二酸化炭素(CO2)排出量削減義務化 大規模事業所に二酸化炭素(CO2)排出量の削減を義務付け る改正環境確保条例案が25日午後の東京都議会本会議で可決・成立した。 http://eco.nikkei.co.jp/news/nikkei/article.aspx?id=AS3B25004%2025062008
2008年6月25日 日本学術会議は国際環境専門者会議を開催し、低炭素社会の実現には、二酸化炭素回収・貯留などの革新技術の研究開発と普及、それに加えて 社会革新が重要との議長提言をした。 http://www.scj.go.jp/index.html
2008年6月24日 米エネルギー省は、旧FutureGen計画から撤退した代わりに、改変した新FutureGen 計画によりCO2回収・貯留(CCS)技術の商業実用化のために13億ドルを投資すると発表 しました。 http://www.fossil.energy.gov
2008年6月23日 経済産業省から「二酸化炭素地中貯留技術研究開発(実証試験に適する地下帯水層等に係わる評価技術開発)」の公募が出た。産 業技術環境局地球環境技術室。
2008年6月16日 米エネルギー省はFutureGen計画から正式に撤退、その代わりに複数のCCSプロジェクトの募集を準備中。 FutureGen Allianceでは米議会と連携して、イリノイ州Matoonの前進を維持しつつ、次期政権を待つ構えでいる。http: //www.futuregenalliance.org/など。
2008年6月10日 G8プラス5カ国の科学アカデミーがCO2貯留(CCS)施設建設を洞爺湖サミットに 向け勧告 日本学術会議は、7月7日から9日に北海道洞爺湖で開催されるG8サミットに向け、G8主要先進各国及び関係5カ国(ブラジル、 中国、インド、メキシコ、南アフリカ)のアカデミーと共同で、G8 プラス5 諸国政府に対し、2009 年までに相当数のCO2回収・貯留(CCS)実証用プラントを建設するための日程および資金拠出について合意するよう勧告した。
2008年6月8日 G8 エネルギー相会合で、2010年までに20の大規模CO2回収・貯留(CCS)実証プロジェクトに着手する 必要があることで一致した(ロイター)
2008年6月7日 米 国の本格的な地球温暖化対策は次期政権に 米国の地球温暖化対策の最有力法案といわれていた「米気候安全保障法案」 the Lieberman-Warner Climate Security Actが上院で事実上廃案になった。
2008年6月6日 日 欧の鉄鋼業界、CO2大幅削減で共同技術開発へ(読売)
2008年6月6日 2050 年に世界のCO2排出量を半減させるためには、毎年55の火力発電所にCO2回 収・貯留(CCS)の設置が必要。 IEAはEnergy Technology Perspectives 2008を東京で公表した。各国が現行の政策を維持すれば2050年までにCO2排出量は倍増し、2050 年までに世界の排出量を半減させるには総額45兆ドルの追加投資が必要と試算した。半減には480億トンの排出削減が必要で、CO2回収・貯留(CCS)がその19%を担うとすると、毎年35の石炭火力発電所と20のガス火力発電所にCCSを設置 する必要がある。
2008年6月3日 CO2回収・地中貯留(CCS)によるゼロエミッション石炭火力発電の実証試験を2016年末から開始するとJパワーと中 国電力が発表した。瀬戸内海の広島県大崎上島町長島で、石炭ガス化発電とCO2回収の実証試 験を行う。CO2地中貯留の場所は未定。(朝日) http://www.asahi.com/business/topics/TKY200806020282.html
2008年5月30日 国連生物多様性会議で、CO2吸収促進のために海洋に栄養素を散布する事が禁止さ れた。(ロイター)http: //uk.reuters.com/article/environmentNews/idUKL2981194420080530
2008年5月23日 CO2を安全に埋設する方法を見つける事が温室効果ガスを危険なレベル以下に保てる唯 一の道であるとIEA(国際エネルギー機関)のchief economist が語った(ロイター)。 http://www.planetark.org/dailynewsstory.cfm/newsid/48473/story.htm
2008年5月22日 EU市場のCO2排出権価格が2年来の高値 石油価格の上昇と共に排出 権価格も高騰し、26.55 ユーロ ($41.85)に達した(ロイター)
2008年5月21日 「地球を考える会」が首相に新エネルギー技術開発提言 途上国のエネルギー・環境対策では、石炭の利用で排出される二 酸化炭素を回収して地中に封じ込める技術を、先進国が積極的に供与すべきだと提言した。(読売) http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20080521-OYT1T00543.htm?from=nwla
2008年5月17日 オーストラリアでCCS法案提案 オーストラリア資源相は世界初のCO2回 収・貯留(CCS)法案を提案した。オーストラリアの電力の83%は石炭火力発電に頼っており、CCSによるクリーンコール技術の実現が必須である。法案 は下院委員会で審議された後、今年中に議会に提出される。  http://www.thedaily.com.au/news/2008/may/17/aap-draft-carbon-capture-laws-unveiled/
2008年5月14日 スエーデンの国有エネルギー会社Vattenfallは、ドイツの Jaenschwaldeにある褐炭火力発電所の一部を使って、500MWのCO2回収・地中貯留 (CCS)付き実証火力発電プラントを2015年までに作ると発表した。同社は、ドイツの Schwarze PumpeでCO2分離回収を行う予定であり、またドイツの Altmarkの枯渇天然ガス田へのCO2地 中貯留のテストを行っている(ロイター)。 http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSL2385285020080523
2008年5月14日 ブルガリアはCO2回収・地中貯留(CCS)の可能な石炭火力発電所を建設する投資者 を募っている。EUは2015年までに12のCCS実証プラントの建設を期待しているが、資金提供は決まっていない(ロイター)。 http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSL1430569120080514
2008年5月10日 テキサス州で電力開発企業がCCS付き石炭火力発電所を建設する。 米国のTenaska社はテキサス州 Sweetwater付近に30億ドル600MWの超臨界微粉炭火力発電所を建設し、排ガスからアミン吸収法でCO2を 回収し、80km以内にあるCO2パイプラインまで自社パイプラインを建設して送り、西テキサスの油田に CO2を注入して原油増進回収に利用する。このTenaska Trailblazer エネルギーセンターは、2009年に建設開始し、2014年に完成の予定。現在、西テキサスの油田ではコロラドやニューメキシコの天然CO2ガス田から生産したCO2を原油増進回収に利用しているが、原油価格 の上昇によりCO2需要が増え、供給不足になっている。米議会で審議中のLieberman-Warner 法のような気候対策法の成立を待っていては遅くなるため、先行投資をする。 http://www.redorbit.com/news/business/1379123/tenaskas_trailblazing_ccs_proposal/
2008年5月6日 米 国カリフォルニア州とオハイオ州で大規模CCSプロジェクト 中西部地域炭素固定パートナーシップ(MRCSP)は、バテル研究所をリー ダーとして、オハイオ州のエタノール生産工場から排出されるCO2を年100万トン以上、深さ約 1,000mのMount Simon砂岩層帯水層に注入する。プロジェクトの総費用約9千3百万ドルの内、エネルギー省補助は6千1百万ドルである。
西海岸地域炭素固定パートナーシップは、カリフォルニア州エネルギー委員会をリーダーとして、CCS実験の一環として世界初?のゼロ排出火力発電所をカリ フォルニア州カーン郡に2年間で建設する。カリフォルニア州Bakersfieldの北30kmのKimberlina Roadのバイオマス工場跡に50メガワットの天然ガスー合成ガス火力発電所を建設する。2011年に操業開始の予定。バイオマス工場は大気環境基準が厳 格化されたため1986年に閉鎖された。CO2は、カリフォルニア中央谷の深さ1600mの砂岩層帯水層中 に注入する。プロジェクトの総費用約9千1百万ドルの内、エネルギー省補助は6千6百万ドルである。   http://www.energy.gov/news/6231.htm
2008年5月5日 偽 りの希望ーCO2回収・貯留(CCS) グリーンピースの報告書。CCSは化石燃料の気候への影響を和らげることを目的とし、石炭火力発電所の新設の正当化に使われているが、CCS技術は実証さ れていない部分が大きく、温暖化防止に間に合わないと主張する。 http://www.greenpeace.org/australia/resources/reports/climate-change/false-hope-why-carbon-capture
2008年5月3日 日 中共同で石炭火力発電所から回収した二酸化炭素(CO2)を地中貯留 中国黒竜江省のハルビ ン石炭火力発電所など複数の発電所から年間約300万トンを回収し、パイプラインで大慶油田まで運び、油田にCO2を 注入する。官民連携で09年にも事業を始める。福田首相と胡錦濤・中国国家主席による7日の首脳会談で正式に合意する予定で、地球温暖化対策の共同声明に 盛り込む。(アサヒ・コム)
2008年5月2日 ヨー ロッパは2025年までのCO2回収(CCS)義務化を考慮 ヨーロッパ議会の環境委員会 に、2025年までにすべての化石燃料焚き火力発電所にCCSを設置することが提案される。 http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKL0225761120080502
2008年5月2日 ノ ルウェーSleipnerで北海海底下の帯水層に地中貯留されたCO2量が千万トンに達したとStatoilHydro 社が発表した。Sleipnerでは1996年秋から北海海底下のUtsira砂層にCO2地中注入が開始 され、12年間で千万トンに達した。1日あたり2,800トンのCO2地中注入が行われているが、他の油ガ ス田や陸地の排出源からのCO2の受け入れも検討されている。  http://www.norwaypost.no/cgi-bin/norwaypost/imaker?id=147751
2008年4月29日 柏崎原発停止で国内温室ガス2%増 東電集計 東電の07年度のCO2排 出量は予測より約2400万トン多い約1億2700万トンとなり、約23%増加したことが分かった。中越沖地震で被災して停止した世界最大出力の柏崎刈羽 原発(821万キロワット)の発電量を補うため、長期休止中だった火力発電所を再稼働し、新たに購入した石油約500万キロリットル、天然ガス約210万 トンを燃焼させ、発電したことによる。国内全体の温室効果ガスの総排出量を推定で2%程度押し上げるとみられる。(アサヒ.コム)
2008年4月23日 中国で渤海湾の枯渇油田がCO2地中貯留(CCS)の候補地に 2006 年から実施されている中国ーEU共同の Near Zero Emissions Coal Projectで、2015年までに建設される予定の超低排出石炭火力発電所から回収されるCO2を地中貯 留する。http://www.chinadaily.com.cn/china/2008-04/25/content_6642446.htm
GreenGenプロジェクトと華能(Huaneng)グループは2015年までに400MWのCCS付きゼロエミッション石炭火力発電所を天津に建設す る。2010年から小規模な20MWのCCS付き火力発電所して技術的課題を解決する。CO2はEORに利 用または枯渇油ガス田に貯留する。華能は、GreenGenとは別に北京に小規模なCO2回収プラントを稼 働しており、年間3,000トンのCO2を炭酸飲料に利用している。 http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKPEK31729520080423
2008年4月23日 4月22日午後に、温暖化防止を目的にした世界で3番目のCO2大規模地中貯留を北極 圏ノルウェー沖のSnohvitで開始したとStatoilHydro社が発表した。ノルウェーは、世界最初のCO2大規模地中貯留を北海のSleipnerで実施している.2番目はアルジェリアのIn Salahで実施されている。3ケース共、産出する天然ガスから不純物のCO2を分離して地下に再圧入す る。火力発電所等の廃ガスから分離したCO2を温暖化防止のために大規模に地中貯留するケースは依然として 未だ無いが、将来Snohvitに天然ガス火力発電所から回収したCO2も貯留する計画がある。米国などで は原油増進回収のためにCO2の地下圧入を多数実施している。
北極圏バレンツ海海底下のSnohvit(白雪姫の意)ガス田から産出する天然ガスは5−8%のCO2を不 純物として含むため、長さ143kmの海底多相流パイプラインでノルウェー北部のHammerfest付近にあるMelkoya島に運び、CO2をアミン吸収法で分離回収する。回収したCO2は、Snohvit海 底ガス田に長さ153kmの海底CO2パイプラインで送り返し、天然ガス貯留層より深い海底下2,600m 深のTubasen砂岩帯水層に液体状態で注入して、地中貯留する。フル操業になれば、年間70万トンのCO2を 注入できる。 http://www.statoilhydro.com/en/NewsAndMedia/
2008年4月23日 環境意識の高いヨーロッパでも石炭への回帰が起こり、今後5年間に50の石炭火力発電所が増加する。温暖化加速の脅威が高まってい る。 World Wildlife Fund(WWF)は、「エネルギー問題解決に石炭が必要なら、CO2回 収・貯留(CCS)がすぐ可能で、現実に排出削減ができることを示さなければならない」という。http: //www.nytimes.com/2008/04/23/world/europe/23coal.html
2008年4月23日 カナダ東部ノバスコシアでのCO2回収・貯留(CCS)研究にカナダ政 府が5百万ドル投資する。カナダは、中西部のアルバータやサスカチュワンでCO2回収・貯留(CCS)開発 が盛んに行われているが、東部でも研究開発を実施する。 www.nrcan.gc.ca/media
2008年4月22日 サウジアラビアとフランスがCO2回収・貯留(CCS)技術で国際協力  http://afp.google.com/article/ALeqM5hHCEM1_wYhHddCrlUk328EdGq6jQ
2008年4月20日 CO2地中貯留技術の普及へ日欧が国際協力  地球温暖化対策の切り札として注目される二酸化炭素地中貯留(CCS)技術について、日本やイギリス、カナダ、それにサウジアラビアなどのエネルギー担当 の閣僚らによる会議が20日ローマで開かれ、CCS技術を世界的に普及させるために、新たな制度の創設を目指すことで一致した。先進国の支援でCCS技術 を途上国が導入した場合には、削減できた二酸化炭素の量を先進国みずからの排出枠として認める新たな制度の創設を目指す。CCSーCDM制度の国際認定は 2008年12月のCOPMOP4で決められる予定。CCS技術は、温暖化対策の有効な手段として世界的に期待されているだけに、日本として、さらなる技 術開発など、この分野でいかに貢献していくかが、環境技術の先進国として問われることになります。なお、世界の主な産油国と消費国、国際機関の代表者など が参加する「国際エネルギーフォーラム(産消対話)」が21日からローマで開催されます。(NHKニュースより改変)
2008年4月19ー20日 オーストラリアで開催された「オーストラリア2020サミット」 で、CCS無しの石炭火力発電所の建設禁止が議論されたが勧告には 入らなかった。 http://www.smh.com.au/news/national/dispute-over-coal/2008/04/20/1208629717530.html
2008年4月19日 ノルウェーが南アフリカとCO2貯留で協力 ノルウェーのJens Stoltenberg首相はヨハネスバーグ郊外にある南アフリカのエネルギー会社SasolのSecunda工場を訪れ、CO2貯留の可能性を探る事で協力を合意した。Secunda工場では、石炭から合成石油とディーゼルを生産し、ノル ウェーを上回る年間約6千万トンのCO2を排出する。http: //www.norwaypost.no/cgi-bin/norwaypost/imaker?id=144332
2008年4月17日 日立(Hitachi Power Europe)とドイツのEONとベルギーのElectrabelは共同で火力発電所排ガスからのCO2回 収テストセンターを設立し、 CO2回収のための吸収剤を開発する。 http://afp.google.com/article/ALeqM5gl6cPwIQ46CmpgtHQcRN1MbS1Wdw
2008年4月16日 ブッシュ米大統領が自主的中期目標発表:2025年までに温室効果ガス排出増をゼロに ブッシュ米大統領は、 17〜18日にパリで開かれる米国主催の主要排出国会議に先立ち、地球温暖化対策に関して演説し、緩やかな自主的な中期目標を発表した。米国としては初の 総量目標になるが、義務的目標設定には依然として反対した。また原子力の利用など技術革新による排出削減を強調し、電力業界に、今後10〜15年以内に排 出量が減少に転じるよう求める。(アサヒ・コム)
2008年4月14日 カナダでオイルサンド開発によるCO2を油田に注入する実験 ARC Energy Trust 社は Alberta Research Councilをパートナーに、アルバータ州エドモントン市付近にあるオイルサンドの改質ハブから出るCO2を 回収し、付近のRedwater 油田に注入する研究をする。 http://uk.reuters.com/article/oilRpt/idUKN1435714320080414
2008年4月9日 CCS の現状と展望(世界) NEDO海外レポート1020号ー地球温暖化特集ーで世界のCO2回 収・貯留(CCS)への取り組みが紹介されています。 http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/1020/index.html
2008年4月8日 三 菱重工業は、インドの尿素肥料会社にCO2回収技術を供与する。CO2回 収能力は世界最大級の450トン/日。プラントはチェンナイの北東約700kmのKakinada市(Andhara Pradesh州)に、2009年6月完成予定。三菱重工業のCO2回収技術は関西電力と共同で開発したも ので、他の方式に比べエネルギー消費量が大幅に少ない。プラント初号機(回収能力200トン/日)は、マレーシアの尿素肥料工場に納入され、1999年か ら順調に稼動しているほか、2005年には、インド最大の尿素肥料会社IFFCO社の2工場に回収能力各450トン/日、2006年には、アラブ首長国連 邦の尿素肥料会社FERTIL社に同400トン/日、さらに2007年にはバーレーンの石油化学会社 ガルフ・ペトロケミカル・インダストリーズ社(GPIC)に同450トン/日のCO2回収技術を供与してい る。http://www.mhi.co.jp/news/story/20080408.html
2008年4月6日 ポ スト京都で先進国と途上国の溝が鮮明 5日閉幕した2013年以降の地球温暖化対策の枠組みを話し合う国連作業部会の初会合は、09年末ま での作業計画を決めたが、先進国と途上国の溝もますます鮮明になっている。(日経)
2008年4月4日 英 国の王立協会が「新設石炭火力発電所はCO2排出の90%を回収しなければならない」と宣言 した。CO2の90%回収を石炭火力発電所の建設認可条件とし、CCSの開発を政府の最優先課題にすべきと いう書簡を英政府に送った。 http://www.inthenews.co.uk/news/science/royal-society-coal-stations-must-capture-90-co2-$1217161.htm
2008年4月4日 ロッ テルダムでオランダ初のCCSプロジェクト 1040MW石炭火力発電所の排ガスの5%からCO2を 回収するパイロットプラントを建設する。CCSのコストの大半をしめるCO2分離回収コストの低減を計る。 オランダはロッテルダムを北西ヨーロッパのCO2ハブにしたい考え。 http://www.rsc.org/chemistryworld/News/2008/April/04040802.asp
2008年4月4日 カ ナダのTransAlta社はAlstom社と協力してアルバータ州で冷却アンモニア法による大規模なCO2回 収プラントを建設し、石炭火力発電からの低コストCO2回収技術のパイロットテストをする。 TransAlta社はエドモントンの西のWabamun地区でCO2貯留ポテンシャルの評価もしている。 http://www.upi.com/International_Security/Energy/Briefing/2008/04/04/transalta_alstom_to_test_chilled_ammonia/6254/
2008年4月2日 オー ストラリアで南半球初のCO2貯留(CCS)プロジェクトーCO2CRC Otwayプロジェクト公式開始  メルボルンの西のWarrnamboolで、火力発電所の排ガスからCO2を回収して、10万トンのCO2を地下2,000mの枯渇ガス鉱床に貯留する実験を行う。http://www.co2crc.com.au/
2008年4月1日 京 都議定書の排出削減実行期間開始 京都議定書の国際的な約束期間は2008年1月からだが、日本は、削減対象の六種類の温室効果ガスのうち95%以上を占める二酸化炭素(CO2)と、メタン、一酸化二窒素について年度単位で排出量を算出することが認められており、4月が本格的なスタートとな る。
2008年4月1日 米 国ワシントン州南東部Wallula Gap Business ParkにおけるBattelle研究所による玄武岩層CO2固定実証実験計画は地震データの解析のために遅れるが、9月には孔井掘削開始の予定。玄武岩がCO2を炭酸塩化固定できる事を検証する。実験計画の遅れにより、Wallula付近の915メガワット石炭ガス化発電所 の申請は撤回され、実験によりCO2固定が可能と証明されてから、再申請する。発電所建設には、固定が可能 である事が前提になるため。 http://www.tri-cityherald.com/901/story/143648.html
2008年3月31日 E.ON社は英政府のCO2回収・貯留(CCS)公募に応募し、問題になっている Kingsnorth石炭火力発電所の建設決定は、その行方が決まるまで遅らせる方針。http://www.forbes.com/afxnewslimited/feeds/afx/2008/03/31/afx4832245.html
2008年3月31日 カナダで鉱山廃石によるCO2固定(CCS)研究 カナダのブリティッシュ・コロンビア州のHard Creek Nickel社は、母岩がカンラン岩と蛇紋岩からなるTurnagainニッケル鉱床を開発し、その廃石を利用してCO2固 定(CCS)をする研究に出資する。http://www.streetinsider.com/Press+Releases/Hard+Creek+ Nickel+Funds+Carbon+Sequestration+Research/3502128.html
2008年3月30日 日豪協力でCO2回収・貯留(CCS)検証実験電源開発(株)など日本 の3社とオーストラリアの電力会社などが、オーストラリア北東部のクイーンズランド州にある石炭火力発電所から排出する大量の二酸化炭素を回収して、およ そ250キロメート運び、2年後から4年間であわせて10万トンの二酸化炭素を地下に貯留し、環境への影響やコストなどの検証を行う(NHKオンライン)
2008年3月30日 最初のカーボン・ニュートラル達成国へのレースアイスランド・ニュージーランド・ノルウェー・コスタリカの4国が最初 のカーボン・ニュートラル達成国を目指して競っている。昨年9月にヴァチカン国がカーボン・ニュートラルを達成したと発表したが、ハンガリーでの植林で全 排出をオフセットしているため、国内で達成しなければ真のカーボン・ニュートラル国とは言えないと批判されている。 http://www.independent.co.uk/environment/climate-change/four-nations-in-race-to-be-first-to-go-carbon-neutral-802627.html
2008年3月28日 温暖化ガス削減、東京都が大規模事業所に義務付け東京都は2010年度から都内の大規模事業所を対象にCO2など温暖化ガスの削減を義務付けることを決めた。排出量の取引制度も同時に導入する。今年度中に「環境確保条例」を 改正、削減目標など詳細を決定する。(日経)
2008年3月28日 温暖化ガス排出首位は東京電力、2位JFEスチール、3位新日鉄、上位10社は電力7社と鉄鋼3社地球温暖化対策推進 法に基づく排出量の報告制度で、2006年度に最も多く排出した企業は東京電力で、CO2約7千万トンと、 1社で京都議定書目標の6%を超える。つまり6%削減は、首都圏全体が電気をまったく使わなくなるのとほぼ同じ。2位JFEスチール、3位が新日本製鉄 で、上位10社だけで4億トンーすなわち日本の全排出量の3分の1以上のCO2を排出するが、その内7社は 電力会社である。報告された企業・団体の総排出量は日本全体の排出量の半分近い。関西電力が10位と比較的排出が少ないのは、水力発電と原発のおかげか? 事業所別では16位までを火力発電所が占め、1位の中部電力碧南(石炭)火力発電所(愛知県)だけで2410万トンと日本の2%以上排出した。(日経など より改変)
2008年3月24日 パ リ郊外でCO2地中貯留 フランスの環境企業Veolia Environnementはパリ中心部から北東へ約30キロのクレイ・スイイ付近で廃棄物発電施設で生じる年20万トンのCO2を地下約1500mに地中貯留する。2012―13年の事業開始を目指す。(日経)
2008年3月 米国 とオランダがCO2塩水帯水層貯留の国際共同研究 米国エネルギー省国立エネルギー研究所が オランダ等の大学と協力して、CO2塩水帯水層貯留とCO2-EOR (原油増進回収)の研究をしている。http://www.netl.doe.gov/newsroom/labnotes/03- 2008.html#3
2008年3月21日 カ ナダのサスカチュワン州が14億カナダドルのCO2回収・貯留(CCS)実証実験を開始した。SaskPower 社の100MW火力発電所から年100万トンのCO2を回収し、石油層に貯留する。プロジェクトは既に開始 しているが、2フェーズで、完成は2015年の予定。http://www.miningweekly.co.za/article.php?a_id= 129022
2008年3月21日 Garnaut 気候変動レビュー(オーストラリア版スターンレビュー)がCCSへの大きな政府投資と100%オークションによるキャップアンドトレードを呼びかけてい る。最終版は9月に出る予定。http: //www.garnautreview.org.au/CA25734E0016A131/pages/reports-and-papers
2008年3月20日 オー ストラリアがCO2海底下貯留へ オーストラリアのエネルギー相は、海洋石油法を改正して、CO2海底下貯留を可能にし、2008年から適地 を探索すると語った。シドニーで開かれたエネルギー会議で、オーストラリアは大きなCO2海底下貯留ポテン シャルを有していると話した。(ロイター)
2008年3月18日 ヨー ロッパが野心的な炭素固定(CCS)計画 電力の多くを石炭に頼っているため、ヨーロッパは京都議定書の目標を達する事が出来ない。そのた め、炭素回収・固定技術に大きな投資をしようとしている。炭素固定で世界をリードするため、もっとも包括的な法規制枠を作り、経済的なインセンティブを与 え、2015年までに10以上の実証プラントを建設する。ヨーロッパ中に12のフルスケールの総合的実証CCSプラントを建設するためには90億ドルから 150億ドル(1プラントあたり13億ドル)かかると見積もられている。Vattenfallはドイツでパイロットプラントを建設中で、 RWE, Endesa, Dong Energy,E.Onは投資計画中で、 Suez および Gaz de France,もCCS計画を進めている。http://www.energytribune.com/articles.cfm?aid= 819&idli=1
2008年3月18日 米 国の環境団体間でCCS/クリーンコールに対する意見が分裂 地球温暖化が重大な問題である事は環境団体の意見は一致しているが、CO2回収・貯留(CCS)によるゼロエミッション石炭利用に対する意見は分裂している。Natural Resources Defense Council (NRDC) と Environmental Defense Fund はCCSを積極的に推進しているが、 Sierra Club と World Wildlife Fundはもっと慎重で、省エネルギーや風力/太陽光をもっと進めた上で CCSを考慮すべきという。Greenpeace はCCSに反対している。CCSは実証されていない技術で、コストや実現時期が不確実であることを反映している。下院にはCCSにより少なくとも85%の CO2排出削減をしない石炭火力発電所の新設を禁止する法案が提案され、Sierra Clubは法案を支持している。専門家は、CCS研究開発予算の緊急拡大を呼びかけている。 http://www.worldwatch.org/node/5654
2008年3月17日 ド イツのシュレスウィッヒーホルスタイン州でCO2地中貯留へ地質調査 RWE Dea社は 北フリジアと東ホルスタインと北海海底の3カ所でCO2地中貯留に適しているか地質調査をする。 (energy-business-review) http://www.energy-business-review.com/article_news.asp?guid=63D398C5-51B8-441B-9517-258F34EFADE2
2008年3月15日 温暖化対策遅い国対象にEUが輸入規制へブリュッセルEUサミットでは14日に、温暖化対策が遅れる国には製品輸入を 規制する対抗策を取る方針を決めた。EUは京都議定書以降の取り組みを定めた包括的な温暖化対策で基本合意。2009年の法制化を目指す「行程表」を示し た。(日経ネット)
2008年3月13日 中国のCO2排出量増加が予想以上に大きい中国は、既に世界一のCO2排出国になっていると言われるが、Journal of Environmental Economics and Management5月号に出るカリフォルニア大学の研究者の論文によれば、2004年から2010年まで中国のCO2排出量が年平均11%増加する。IPCC報告書の予想2.5から5%を大きく上回る。(ロイター)http: //www.enn.com/top_stories/article/32880
2008年3月13日 米国とカナダでCO2回収・貯留(CCS)を義務化する動きカナダ政府 は、2010年からオイルサンド開発と石炭火力発電所にCO2回収を義務化する新法規を提案した。米国で も、CO2排出をコントロールできない石炭火力発電所の新設を禁止する法案が下院に提案されている。 http://www.businessgreen.com/business-green/news/2211924/canada-move-mandate
2008年3月13日 米国ノースダコタ州で石炭火力発電所から年100万トンのCO2を回収し、カナダで EORに利用する計画米国のBasin電力はPowerspan社の技術を採用してノースダコタ州のBeulah付近にある Antelope Valley石炭火力発電所から年間約100万トンのCO2を回収すると発表した。回収 したCO2は、Basin電力の子会社のダコタ・ガス化社が保有するパイプラインによりカナダの油田に送り CO2-EOR原油増進回収に利用する。操業開始は2012年の予定。http: //www.powerspan.com/home/index.shtml
2008年3月12日 英国政府がCCSに公的補助をする意向。CCS火力発電所の建設を促進するとともに、CCSに関する新法規を探ってい る。企業もCCS開発の推進を歓迎している(CNN)。http: //money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/newstex/AFX-0013-23716914.htm
2008年3月1日 日本政府はCO2回収・貯留(CCS)など21項目の「エネルギー革新技術計画」を5日にまとめる。14 日から千葉市で開かれる地球温暖化問題に関する閣僚級会合で、米欧にも参加を呼び掛け、7月の洞爺湖サミットで、この計画をたたき台に主要国が共同で計画 を作っていくことを表明したい考え。(読売、NHKより)
2008年3月1日 アラスカ先住民が、温暖化で企業24社を提訴。米アラスカ州の小さな島の先住民らが、エクソンモービルなど石油9社、電力14社,石炭1社 を、サンフランシスコの連邦裁判所に訴えた。温暖化による海岸浸食で移住に4億ドルかかるという。これら企業が故意に誤った情報を流していると主張してい る。(CNN)
2008年2月29日 新日本石油は、ベトナムの油田の随伴ガス利用により、国連機関から世界最大規模の449万トンの温室効果ガスの排出枠を認められた。ベトナ ムの油田から出る随伴ガスをパイプラインで160キロ離れた火力発電所まで運び、燃料として利用している。(NHK)
2008年2月27日 CO2排出報告義務企業単位に日本政府が今国会に提出を予定している地球温暖化対策推進法 (温対法)改正案の内容が固まった。(朝日)
2008年2月27日 米国が温室効果ガス排出削減の義務的数値目標を受け入れへ2013年以後のポスト京都議定書で、ホワイトハウス高官の発言(朝日)
2008年2月22日 欧州で発電所のCO2地中貯留計画が相次いでいる。仏トタル、独エーオンやRWEなど。CO2地中貯留により排出権獲得を狙う。(日経エコロミー)
2008年2月20日 中国の内モンゴルで石炭液化工場が稼働するが、温暖化ガス排出が増加するとの警告が強くなっている。CO2回 収・貯留をすれば、温室効果ガス排出を減らせるが、世界で約30ある石炭液化工場のうちCO2回収計画があ るのはオーストラリアの1工場だけである(guardian.co.uk)。
2008年2月18日米 ミシガン盆地の深部塩水帯水層にCO2地下注入試験開始米国中西部地域炭素固定パートナー シップ(MRCSP)は、ミシガン州Gaylord付近で地下約1,000mの深度に2ヶ月間で1万トンのCO2を 注入し、封入能力と安全性を評価する。2007年12月に、米環境庁の流体地下注入井管理プログラム(UIC)より地下注入試験の認可を受けた。約 300mの厚さの緻密な炭酸塩岩・蒸発岩層で最深飲用帯水層から隔てられている。DTE Energyの天然ガス処理工場から排出されたCO2を既存のパイプラインで送って注入する。サイトはAntrimガス田地域の真ん中で、原油増進回収のために13km のCO2パイプラインが既に在る。現場試験により、革新的なモニタリング・測定・検証(MMV)の開発も行 われ、地下に注入されたCO2の挙動を監視する。認可条件により注入井は試験後閉鎖され、閉鎖後モニタリン グ(VVF)を行って、封入の永続性を確認する。MRCSPだけで3カ所、米国全体では20箇所以上のCO2地 下注入試験が予定されている。中西部地域パートナーシップ(MRCSP)はBattelleをリーダーに、8州の産官学30機関で構成し、アウトリーチに も力を入れ、地域の学校などを使って、情報交換集会なども行っている。http://216.109.210.162/Default.aspx
http://www.netl.doe.gov/publications/press/2008/08005-CO2_Injection_Begins_in_Michigan.html
2008年2月18日サ ウジアラビアとノルウェーがClean Development Mechanism (CDM)にCO2回 収・貯留(CCS)を承認させるため協力することになった(ロイターによる)。
2008年2月9日米 国次期大統領が温暖化防止に積極的になる事が確実になった。共和党の大統領候補にマケイン氏が確実になったが、マケイン氏は温室効果ガス排 出削減目標を定めてキャップ・アンド・トレードを実現する法案を米議会に最初に提出する等、ブッシュ政権の消極策を批判してきた実績がある。民主党のクリ ントン、オバマ両候補とも温暖化対策に積極的なので、誰が選ばれても米国の次期大統領は温暖化対策に積極的になる。新大統領になれば、排出削減目標設定と 排出権取引導入へ動くであろう。
2008年2月8日バ イオ燃料は化石燃料より「温暖化を促進する」という研究結果が出た。森林破壊のため http: //www.nature.org/initiatives/climatechange/features/art23819.html?src=old
2008年2月4日 カ ナダの企業グループがアルバータ塩水帯水層を利用するCCS技術開発のためアルバータ・カーボン・プロジェクトを発表。 カナダの Enbridge Inc.をリーダーとする19社。当面はオイルサンド関係は含めない。(ロイター)
2008年2月2日「社 会の新たな問題は科学技術で解決される」と考えている人は62%と倍増。科学技術が貢献すべき分野は、「地球環境や自然環境の保全」、「資 源・エネルギー開発やリサイクル」、「廃棄物の処理・処分」など、環境問題が上位を占めた。内閣府調査より(読売新聞)。
2008年1月31日第 2回温暖化”主犯”国会議MEM(ハワイ)閉幕。温暖化ガス排出の8割を占める16ヶ国による「エネルギー安全保障と気候変動に関する主要 国会合」Major Economies Meeting on Energy Security and Climate Changeは温暖化対策を巡る首脳級会合を「今年半ば」に開くことで基本合意し、閉幕した。米国が温暖化防止に積極的な姿勢に転じたと評されている。
2008年1月31日 温 暖化対策途上国支援、アフリカ向けを最初に 洞爺湖サミットで日本政府は環境とアフリカ重視を鮮明にするため、ナイジェリア、マダガスカ ル、セネガル、南アの4カ国への支援をまず検討する(日経)
2008年1月−2月 水 素社会化に早くも暗雲:米国エネルギー省はフューチャージェン(FutureGen)計画を見直し、水素生産は計画から外し、石炭ガス化複 合発電(IGCC)への補助もやめ、複数のCO2回収・貯留(CCS)にのみ資金支援をする方針を発表し た。フューチャージェン計画は、石炭から発電と水素生産を行いつつ、CO2回収・貯留(CCS)技術により CO2排出をほとんどゼロにするという野心的な総合計画で、ブッシュ政権の目玉政策として日本や中国も含む 国際パートナーシップを指向していた。しかし、コストが倍近くに増えたため、2007年12月に発表されたイリノイ州Mattoonサイトの承認をエネル ギー省は保留していた。Mattoonサイトへの絞り込みは事実上撤回された。米エネルギー省の石炭関係の2009年度予算要求は、25年来最大の6億4 千8百万ドルになる。水素関係の他の研究開発は続けると言う。CO2回収・貯留(CCS)への絞り込みは、 温暖化対策としては現実的な政策と言うべきであろう。しかし、フューチャージェン計画は、世界に衝撃を与え、EUのHypoGenや中国の GreenGenなど同種の計画が各国に出来ていただけに、事実上の解体の影響は国際的に大きい。 http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2008/08003-DOE_Announces_Restructured_FutureG.html
エネルギー省の発表に対し、フューチャージェン同盟側は訂正をすぐに発表する等、対立が深まっている模様である。 http://www.futuregenalliance.org/news/doe_proposal_fact_check_013108.stm
Scientific Americanのニュース"Clean" Coal Power Plant Canceled--Hydrogen Economy, Too等を参照されたい。 http://www.sciam.com/article.cfm?id=clean-coal-power-plant-canceled-hydrogen-economy-too
2008年1月30日 米、温暖化対策基金で拠出呼びかけ ブッシュ米大統領が一般教書演説で言及した発展途上国向けの20億ドル規模の温暖化対策国際基金創設に ついて、米は日英が「中核となる拠出国」になると期待、発展途上国にも呼び掛けを行っている。(共同)
2008年1月28日ブッ シュ大統領の最後の一般教書演説 新世代のクリーンエネルギー技術を開発し、石油依存を減らし、石炭火力発電から排出するCO2を回収する新技術に予算を配分する。国際クリーンテクノロジー基金を作り、温室効果ガス削減のための国際協約を完成 させる。
2008年1月26日 福田首相、ダボス会議でCO2削減国別総量目標策定を表明。「日本は約 束を実行して来た。」 日本の福田首相は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、7月の北海道洞爺湖サミットの議長として特別講演し、新たな「国別 総量目標」の策定を目指す事を表明した。日本の石炭火力発電技術を、京都議定書で削減義務を負っていない米国、中国、インドに普及させれば、CO2削減効果は日本一国の排出量に相当する13億トンに達すると指摘した。石炭火力発電所からのCO2排出をゼロにする技術などの革新技術開発に今後5年間で300億ドル程度の資金を投入する。途上国の温暖化対策の支 援のため100億ドル規模の新たな資金メカニズム(クールアース・パートナーシップ)を構築する。日本は約束を実行して来たことを強調した。
2008年1月23日 EU が低炭素経済へ、"2020年までに20 20"を実現 ECの Barroso委員長は、低炭素経済を実現する新たな厳しい行動計画を提案し、排出削減を実現するだけでなく、経済のためにもなるとしている。排出権取引 (ETS)を拡大し、建物や運輸の削減目標や各国の能力に応じた再生エネルギーの比率、CO2回収・貯留の 促進のための新規則を含む。EUは温度上昇を2°Cまでに抑制する事を目標に、2020年までに排出量を20%以上削減、再生可能エネルギーを20%にす る。 http://ec.europa.eu/commission_barroso/president/focus/energy-package-2008/index_en.htm
2008年1月23日 ア イスランドで世界初の商業水素船就航 155 人乗りのクジラ観光船は燃料電池で動くので静かで、クジラの泳ぐ音や潮吹きの音を聞くのに適している。アイスランドは2003年に最初の商業用水素ステー ションを設置し、2007年に世界初の水素レンタカーを実現している。2050年にすべての運輸を水素に転換する事を目標にしている。(ロイターより)
2008年1月19日 日 本の温暖化対策、先進国で最低(世界銀行) 日本の温暖化対策の進ちょく状況は先進国の中で最下位、世界の排出量上位70カ国の中でも61位と最低レベルにあると世界銀行が評価した。価格が安いが CO2を多く排出する石炭の利用を増やしてきたことが低評価の最大要因(共同)
2008年1月18日 日 本:温室効果ガス 排出ピーク時期の世界目標呼びかけへ 1月下旬のダボス会議で、福田首相が、世界の温室効果ガス排出量を減少に転じさせ る時期(ピークアウト)について、世界で目標を共有するよう呼びかける方針、日本の温室効果ガス削減に数値目標を設定する方針を盛り込むかどうかは、なお 調整中(アサヒ・コムより)
2008年1月18日 永 久凍土 急速に解け始める(独立行政法人)海洋研究開発機構はロシアのシベリア東部で永久凍土の観測を続けてきたが、夏場に解ける永久凍土 の厚さが4年前から2メートルを超えるようになり、永久凍土の地中の温度もここ数年急激に上昇し、平均よりも1度以上高くなったことを発表した。永久凍土 が解けることで地中に閉じ込められたメタンが放出され、さらに温暖化を加速するおそれがある。(NHKニュースより)
2008年1月18日 米 国イェローストーンのマンモス温泉の石灰華(炭酸カルシウム)沈殿を好熱菌が促進(ScienceNOW Daily Newsより)、熱水システム中の炭酸塩沈殿に微生物が関係していることを示し、上手く利用できればCO2固 定にも貢献できる可能性がある。http: //sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2008/118/2
2008年1月17日 ノ ルウェーが2030年までにカーボン・ニュートラルを実現へー「21世紀の月着陸」になぞらえている。ノルウェーは、再生可能エネルギーと CO2回収・貯留(CCS)の研究に1300万ドルを今年上乗せするが、2010年には研究費を少なくとも 1億ドル以上にする。(ロイターより)
2008年1月17日 米 国各地で石炭火力発電所建設に反対運動 米国は発電所建設ブームを迎えているが、環境保護団体は石炭使用は温暖化を招くとして、企業を相 手取った訴訟や大気許可の撤回を州等の規制当局に求めるなど、あらゆる手で石炭火力発電所建設を妨害している。2007年には全米で59の石炭火力発電所 建設を中止または延期させたと主張している。http: //www.sourcewatch.org/index.php?title=Category:Cancelled_coal_plants
2008年1月15日地 球環境戦略を世界に示せ 深刻化する温暖化(読売新聞社説から) 地球温暖化は、未来の話ではない。各国が連携して、早急に手を打つべき差し迫った課題だ。北海道洞爺湖サミットが開かれる今年、日本はその主導的役割を果 たさねばならない。海外から排出枠を購入するために1兆2000億円が必要との試算もある。財政難の中、削減率の帳尻合わせのために、巨額の公費を投入す ることに、国民の理解は得られるだろうか。北海道洞爺湖サミットで成果を残せるかどうかが、「ポスト京都議定書」の枠組み作りの行方を左右するだろう。議 長国の日本は、議論をリードする確固たる戦略を示さねばならない。 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080114ig90.htm
2008年1月14日米 国が中国や途上国向けにクリーン・テクノロジー基金 安価な汚染の多い古い技術に代えて、高価な低排出発電技術を利用するために必要と見積 もられる300億ドルのコスト増に、途上国が対処できるよう基金を設けることをDavid McCormick, 米国Treasury Undersecretary for International Affairsが表明した(ロイターによる)。
2008年1月14日EU がバイオ燃料政策を変更 EUは、バイオ燃料により食料の価格上昇や熱帯林の破壊が起きる事を予見できなかった事を認め、バイオ燃料の目標とガイドラインを改めることを約束した。 (BBCニュースより) http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/7186380.stm
2008年1月11日途 上国に1兆円支援日本政府は、地球温暖化対策のため5年間で総額約100億ドルを途上国に支援する方針を固めたと報じられている(朝日新 聞)。福田首相は18日の施政方針演説や今月下旬の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で打ち出す考え。米国や英国も基金の創設を表明しており、地 球温暖化対策のための途上国支援がやっと本格化しそうである。
2008年1月1日 京 都議定書の排出削減実施期間が始まりました。 京都議定書により、日本は温室効果ガス排出量を2008年から2012年までの5年間で 1990年レベルの5×94%以内にすることを求められています。ただし、日本は年度毎の統計を採用しているため、統計上は2008年4月から2012年 3月までの排出量になります。
2007年12月24日  ドイツ:温室ガス40%減に自信 CO2回収・貯留試験を開始したが脱 原発は不変 24日の朝日新聞朝刊科学面(20面)に「温室ガス40%減に自信 独研究機関の会長に聞く」という題で、ドイツがCO2回収・貯留試験を開始したが脱原発は不変という談話が載っています。
2007年12月19日 米国でCCSを含むエネルギー自立安全保障法が成立 米国ブッシュ大統領は新エネルギー法の一つEnergy Independence and Security Act of 2007 にサインした。自動車の燃費基準の引き上げやバイオ燃料などの利用増の他に、CO2回収・固定技術 (CCS)の研究開発/実験が定められている。CO2回収・固定技術(CCS)に関する部分(下記の HR6.pdf中のp.553−584)は、特に「2007年エネルギー省炭素回収・固定・実証実験法」とも呼ばれる。CO2固 定の対象になるのは、油・ガス層・炭層・深部塩水帯水層・玄武岩層などである。フューチャージェン計画に加えて、7サイト以上で地域パートナーシップによ る年百万トンクラスの大規模炭素固定実証実験が行われる。さらに,米国地質調査所(USGS)による全米各種地層についてのCO2固定能力の調査・評価が定められ、CO2固定に伴う地下水保全を含む 安全性の検証と米国科学アカデミー(NAS)等による大学院レベルのCO2固定科学研究・教育システムの構 築が定められています。 http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/12/20071219-6.html
http://www.cfr.org/content/publications/attachments/HR6.pdf
2007年12月18日 フューチャージェン計画の最初のゼロエミッション石炭火力発電所のサイトがイリノイ州Mattoonに決定 ゼロエ ミッション化のためのCCSサイトの候補として、イリノイ州2カ所とテキサス州2カ所の評価がなされていたが、最終サイト選定報告書が公開された。 http://www.futuregenalliance.org/
2007年12月18日 米国の地域炭素隔離パートナーシップの4番目の大規模CO2地中貯留実験がイリノイ・ サイトに決定 米国エネルギー省は、10月に発表した[最初の大規模CO2地中貯留プロジェ クト」3件に続き、「中西部地中貯留コンソーシアム」(MGSC)を大規模実験者に選定した。MGSCは、エタノール・プラントから排出されるCO2を用い、深さ約5,000フィートのMt.Simon砂岩層に、百万トン規模のCO2地 中注入を行う。全経費84百万ドルの内、67百万ドルをDOEが支出する。Mt.Simon砂岩層は、イリノイ、ケンタッキー、インディアナ、オハイオ各 州に広く分布し、CO2地中貯留に有望な帯水層である。http: //www.energy.gov/news/5781.htm
2007年12月15日  バリ・ロードマップに各国が合意 バリ島で3日から開催されていた国連気候変動会議COP13で、予定を延長して厳し い協議が続けられ、ようやく妥協し、2009年までのバリ・ロードマップに各国が合意した。米国や中国も加わった事に意義があるが、数値目標は削除され た。2013年以後の新しい枠組みが決まるのは2009年なので、米国は新大統領になる。協議において考慮される点として、1)排出削減に関するグローバ ルな長期目標の検討、2)すべての先進国による計測・報告・検証可能な緩和の約束又は行動(先進国間の取り組みを比較できるようにする)、3)途上国によ る計測・報告・検証可能な手法での緩和の行動、4)森林、5)セクター別アプローチ、6)排出削減と様々な活動との統合、7)小島嶼国などの脆弱な国への 支援に関する国際協力、8)革新的技術開発の協力、9)資金協力等が明記された。
2007年12月10日  UNFCCC事務局長:CCS等の技術への公的資金注入が必要  バリ島で3日から開催されている国連気候変動会議 COP13で10日開催された世界ビジネス・デーのオープニング・ステートメントで、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のDe Boer事務局長は技術が気候変動対応の中心にならなければならないことを訴え、CCSのような市場原理で実施できない技術について公的資金を注入し、共 同研究開発の促進が必要である事を指摘した。CCSのような技術への投資と広範な実施に関連して、気候変動に対する戦いは、石油に対する戦いではなく、排 出に対する戦いでなければならないと述べた。 http://unfccc.int/meetings/cop_13/items/4049.php
2007年12月6日CCS による水需要増 米国エネルギー省は、将来の発電所による水需要の報告書の中で、石炭火力発電所にCCSが導入され、水需要が増加する事を 指摘した。 http://www.netl.doe.gov/publications/press/2007/07083-Water_Use_Analysis_Updated.html
2007年12月05日 「米気候安全保障法案」が米上院環境公共事業委員会を通過した。様々な地球温暖化対策ーエネルギー関係法案が提出され ているが、本法案が最有力と言われる。CO2回収・貯留(CCS)-ゼロエミッション発電の推進も盛り込ま れているが、今後上院本会議での議論もあり、ブッシュ大統領が拒否権を行使する可能性も高い。しかし、CCS推進については何らかの推進策が出されること になろう。
2007年11月27日 国連人間開発報告書ー気候変動との戦い 国連開発計画は人間開発報告書2007/2008「気候変動との戦い-分断さ れた世界で試される人類の団結」を公表し、気候変動は前例のないほどに人間開発の後退を引き起こす恐れがあると警告した。石炭に関する国際協力を大幅に強 化し、ガス化複合発電(IGCC)とCO2回収・貯留(CCS)の技術開発と実用化のインセンティブをつく り出す必要を指摘している。温室効果ガスを450ppmで安定させるコストは、2030年までの世界GDPを平均した額の1.6%にすぎず、危険な気候変 動を回避するための支出は、世界における現在の軍事支出の三分の二に満たない、と指摘している。http://hdr.undp.org/en/ http://www.undp.or.jp/hdr/global/2007/index.shtml
http://www.undp.or.jp/hdr/pdf/release/071128_01.pdf
2007年11月20日 中国ー英国(EU)協力によるCCSゼロエミッション石炭火力発電プロジェクト開始 中国科学技術部はthe EU-China Near Zero Emissions Coal agreementにより、英国政府と共同でUK-China Near Zero Emissions Coal (NZEC)プロジェクトを開始した。第1フェーズは2009年6月までに、中国でのCO2回収貯留(CCS)のオプションと実施可能性の検討や貯留適地選定及びポテンシャルの評価などを行う。http: //www.nzec.info/
2007年11月20日日 米は排出増だが、加盟先進国全体の京都議定書目標達成は可能 国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局(ドイツ・ボン)は、先進国全 体の05年までの温室効果ガス排出量は90年比で2.8%減で、EUは1.5%減となり、08〜12年の間に先進国全体で11%削減可能とした。一方、日 本は6.9%増、カナダは25.3%増、米国は16.3%増と増えている。(asahi.comより改変)。 http://unfccc.int/essential_background/items/4171.php
2007年11月18日OPEC がCO2地中貯留技術開発推進サウジアラビアの首都リヤドで開かれていた石油輸出国機構 (OPEC)首脳会議(第3回OPECサミット)は環境対策を重視した「リヤド宣言」を採択し、CO2地中 貯留技術開発の推進など地球温暖化対策に取り組む方針に転換した。環境研究にサウジアラビアが3億ドル、クウェート、カタール、UAEがそれぞれ1億5千 万ドルづつの拠出を表明した(共同などより)。 http://www.opec.org/aboutus/Third%20OPEC%20Summit%20Declaration.pdf
2007年11月16日 IPCC 第4次評価(AR4)統合報告書承認スペインのバレンシアで開催されていた国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」総会で IPCC 第4次評価(AR4)の統合報告書が承認された。主な内容:急激な後戻りできない大規模な影響が表れている危険がある。少ない気温上昇でも予想以上の影響 が表れる可能性がある。今後20年から30年間の努力が長期的なリスク回避に決定的である。今ある技術と今後数十年間で実用化が見込める技術を組み合わせ れば、温室効果ガス濃度の安定化が可能である。 http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/7098902.stm
http://www.ipcc.ch/pdf/assessment-report/ar4/syr/ar4_syr_spm.pdf
2007年11月16日 米石炭火力発電所データベース米国エネルギー省は、石炭火力発電所のデータベースを公開した。国立エネルギー研究所の エネルギー技術サイトダウンロードできます。 http://www.netl.doe.gov/energy-analyses/technology.html
2007年11月16日 EUは炭素取引にCO2貯留を含める計画 EurActiv によれば、炭素回収貯留(CCS)により大気に排出されなくなった温室効果ガスは、来年からEU排出権取引制度の下で排出されなかったとしてクレディット される。  http://www.euractiv.com/en/energy/eu-plans-inclusion-co2-storage-carbon-trading-scheme/article-168338
2007年11月15日 UNFCCC/IPCC:CO2回収・貯留(CCS)は大幅排出削減への最有望技術  第3回OPECサミットでの、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のDe Boer事務局長の演説から抜粋すると:「2030年に化石燃料のシェアは一次エネルギーの72%に減少するが、なお支配的である。IPCCは、CO2回収・貯留(CCS)を大幅排出削減への最有望技術と認めたが、CCSのコストギャップを埋めるために商業ベースの 資金メカニズムを作る必要がある。気候変動は政府が主導して解決する社会責任がある。産業的には、エネルギー効率とCCSと代替エネルギーに重点を置くべ きであり、世界が持続可能なエネルギーシステムへと進むための重要な架け橋としてすべてのオプションが必要である。」 http://unfccc.int/files/press/news_room/statements/application/pdf/20071115_statement_riyadh_opec_update.pdf
2007年11月15日 米中西部で排出権取引制度米国中西部6州とカナダ1州は排出権取引制度を創設することに合意した。米国北東部10州と 西部6州およびカナダ2州は排出権取引制度を導入することを既に決めているので、米国の半分近い州が排出権取引に参加することになる。 http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSN1528878720071115
2007年11月15日 大気からのCO2捕捉/固定が必要! Nature11月15日号は Cover Story《 温室効果ガスにかかわる駆け引き 》など、気候変動と政治の特集になっていますが、Natureオンライン版でもCarbon capture vitalという記事で、大気から直接CO2を捕捉し、固定する必要があるというシミュレーション研究の結果を紹介しています。 (http://www.nature.com/climate/2007/0712/full/climate.2007.64.html)
2007年11月14日 奥の手?CO2地下封印ー温暖化防止で注目集める「CCS」 朝日新聞 夕刊4面環境エコロジー記事。
2007年11月9日 フュー チャージェン計画の環境影響評価書 石炭からゼロエミッションで水素製造と発電をする米国のフューチャージェン(FutureGen)計 画の環境影響評価書(EIS)が公表されました。CCSサイトの候補、イリノイ州2カ所とテキサス州2カ所の評価がなされています。 (http://www.fossil.energy.gov/news/techlines/2007/07078-FutureGen_EIS_Released.html)
(http://www.netl.doe.gov/technologies/coalpower/futuregen/EIS/)
2007年11月8日 ク リーン石炭火力発電所が必要ーIEA 朝日新聞朝刊によれば、国際エネルギー機関(IEA)の07年版「世界エネルギー見通し」は、急激な経済成長を続ける中国が今年、温室効果ガスの二酸化炭 素(CO2)排出量で米国を抜いて世界一になることは確実とした。中印のエネルギー需要は急増している。 IEAは最優先対策の一つに「クリーン石炭火力発電所」を挙げ、排出量増加の最大の要因の石炭火力発電所から回収したCO2を 地中にためる技術などで中印と協力する必要性を指摘した。同じ紙面で、排出量削減義務化で都と企業が対立していることと、原油価格が100ドルに近づいた ことも伝えている。
IEA:The Next 10 Years are Critical - the World Energy Outlook Makes the Case for Stepping up Co-operation with China and India to Address Global Energy Challenges(http://www.iea.org/Textbase/press/pressdetail.asp? PRESS_REL_ID= 239)
2007年11月7日 米 上院で炭素固定技術ヒアリング 米国上院科学技術革新小委員会は炭素固定技術に関するヒアリングを行い、テキサス大学オースチン校の Herzogやスタンフォード大学のBensonらの専門家が炭素回収貯留(CCS)技術への投資を急ぐことを勧告した。 (http://www.ens-newswire.com/ens/nov2007/2007-11-08-10.asp)
(http://commerce.senate.gov/public/index.cfm?FuseAction=Hearings.Hearing&Hearing_ID=1913)
2007年11月2日 米 国テキサス州で石炭火力発電所から年100万トンのCO2を回収し、EORに利用する計画  米 国のNRGエネルギー社はPowerspan社の技術を採用してテキサス州Houston近郊Sugar Land付近のWA Parish石炭火力発電所(125MW)から年間約100万トンのCO2を回収し、Houston付近の 油田でCO2-EOR原油増進回収に利用する。操業開始は2012年の予定。http: //www.powerspan.com/home/index.shtml
2007年11月2日 「炭 素固定CSLF集会所」開設  炭素固定リーダーシップフォーラム(CSLF)は「CSLF集会所」(PuMP:CSLF Public Meeting Place)をホームページに開設しました。  http://www.cslforum.org/cslfpump/forums/list.page CO2回収・貯留(CCS)に関心を持つ人は誰でも参加できます。登録しなくても読むことはできますが、登 録すれば意見を出したり、質問をすることもできます。CSLFは米国の提唱で作られ、日本を含む21カ国とECが参加する国際協力組織です。
2007年11月1日 CO2 海底下貯留が日本で可能になった。1972 年の廃棄物その他の物の投棄による海洋汚染の防止に関する条約の1996年の議定書」いわゆる「ロンドン条約議定書」が11月1日から効力を生じ、同時に 5月末に公布されていた「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律」も施行され、環境大臣の許可を得れば日本の周辺海域でCO2海底下貯留が可能になった。関連する法律施行令の改正や環境省令も有効になった。海底下廃棄のできる二酸化炭素が大 部分を占めるガスの規準は、アミン吸収法により回収される場合のみ決められていて、二酸化炭素濃度99%以上となっている。http: //www.env.go.jp/press/press.php?serial=8399
2007年10月30日 ノルウェーがCCSに国の資金提供 ノルウェーはCO2回収・貯留 (CCS)の技術開発を公的資金で推進し、Mongstadに最初の大規模CCS付きガス火力発電所を建設する。2010年までの第1ステージでは10万 トン以上のCO2回収を行い、第2ステージでは2014年までにプラントの全排出量の85%相当の年110 万トンのCO2回収を行う。ノルウェーはEUに入っていないが、ヨーロッパ経済圏の一員として、その競争原 理に従わなければならない。EUもCO2回収・貯留(CCS)のパイロット・プロジェクトを強力に推進して いるが、国の補助は40%までと定めている。しかし、CCSは公的援助がないと経済的に成り立たない。EU自体も、CCS推進を望んでおり、フィンランド や英国もノルウェーを支持している。EUでは、全面的な資金提供はエネルギー産業への隠れた援助にならないか検討しているが、EUの支持を得られることに ノルウェーは楽観的である。 http://www.enn.com/top_stories/article/24162
http://www.regjeringen.no/en/dep/oed/Subject/Carbon-capture-and-storage/The-Mongstad-plant-and-agreement-between.html?id=439428
2007年10月30日CO2回収貯留の実施促進プログラム Pew気候変動センターは、石炭イニシアティブ白書シリーズの最初に 「CO2回収貯留実施促進プログラム」を公表した。 http://www.pewclimate.org/docUploads/CCS%20Deployment.pdf
2007年10月29日 温室効果ガス排出権の欧米統一市場欧州連合(EU)とカリフォルニア、ニューヨークなど米国9州とカナダ2州およびノ ルウェーとニュージーランドは、29日リスボンで「国際炭素行動パートナーシップ」(ICAP)を結成し、温室効果ガスの排出量取引市場の共通化を目指す ことで合意した。欧州と米主要州の連携により、排出権取引の世界市場に向けて大きく踏み出したことになる。 http://www.icapcarbonaction.com/
2007年10月25日 国連環境計画が地球環境アウトルックGEO-4を発表 国連環境計画http://www.unep.org/は地球環境アウトルック GEO-4レポートを公表し、地球の平均気温が1906年以降0・74度上昇し、今世紀中にさらに1・8〜4度上昇すると予想した。今世紀半ばまでに温室 効果ガス排出の大幅削減が必要だが、排出削減は進めにくい状況であることを指摘している。
2007年10月25日 大気中のCO2が予想以上に増加 Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)のオンライン版で、大気中のCO2レ ベルが2000年以来予想より35%も多く増加したという国際研究結果が掲載された。増加の約半分は、化石燃料利用の非効率により、半分は自然の持つ吸収 能力の低下によるという。http: //www.globalcarbonproject.org/activities/AcceleratingAtmosphericCO2.htm
2007年10月18日 初めて温暖化ガス排出だけの理由で米国の大規模石炭火力発電所建設が不認可に カンサス健康環境局(KDHE)は、米 国カンサス州Holcomb付近の2基の700メガワット石炭火力発電機建設に対するAir Quality Permitを与えることを、CO2排出が多いことを理由に拒否した。計画の石炭火力発電所は年1,100万トンのCO2を 排出するので、米北東部8州によるイニシァチブ(RGGI)による2020年までの年間削減量1,200万トンをほとんど帳消しにする。 http://www.kdheks.gov/news/web_archives/2007/10182007a.htm
2007年10月14日 未来は黒いダイヤに 英国のThe Sunday Times誌は、"Black to the future"という記事を掲載したhttp: //www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/science/article2631117.ece。北海の石油・ガスが 枯渇しつつある英国のエネルギー危機への回答は、風車でも原子力でもなく、安価で豊富で”地球に優しい”石炭であり、CO2回 収・貯留(CCS)と石炭地下ガス化(UCG)技術が鍵になると指摘している。
2007年10月12日 ノーベル平和賞をゴア前米国副大統領とIPCCが受賞 今年のノーベル平和賞に、国連のIPCC「気候変動に関する 政府間パネル」と、アメリカのゴア前副大統領が選ばれた。IPCCは、数千人の科学者が協力して国際社会に地球温暖化の問題を知らしめた活動を評価した。 また、ゴア氏については、ドキュメンタリー映画「不都合な真実」などを通じて、地球温暖化について国際社会に伝えたことを評価した。さらにノーベル平和賞 選考委員会は、「人類にとって手遅れになる前に、今こそ地球温暖化の防止に向けて行動しなければならない」と呼びかけを行った。
2007年10月9日 英国とオランダがCCS計画に資金補助 英国は石炭火力発電所の排ガスからCO2を燃焼後回 収し、2014年までに海底下に貯留する最初の商業規模石炭火力CCS計画に資金支援することを表明した(http: //www.cslforum.org/documents/CCSPN_PressVersion.pdf)。2030年までに英国の発電の3分の1が CCS付きのゼロエミッション火力発電になることを期待している。オランダは3っつのCCSパイロット計画に1千万ユーロづつを配分した(http: //www.cslforum.org/documents/ThreePilotDutchCCSProjects.pdf)。
第1は、EUのゼロエミッション火力発電(ZEPP)計画の一環で、天然ガス火力発電所の排ガスからCO2を 回収し、Akkrum天然ガス田に注入し、天然ガスを増産するCO2-EGRである。CO2注入量は年25万トンで、天然ガス増産量は4千万立方メートル、総費用は6千万ユーロである。
第2は、ラインーマース川河口のマースフラクテ港区のLNGターミナルの隣に840MWの天然ガス火力発電所を建設し、LNGの冷熱を利用してCO2回収を行う。総費用は、36.5百万ユーロである。
第3は、石炭ガス化よりのCO2回収で、BuggenumのWilliem Alexander石炭ガス化プラントでCO2回 収実験を行った後に、Eemshaven付近の多燃料火力発電所で大規模実用化する。費用は、44.5百万ユーロである。
2007年10月9日 米国最初の大規模CO2地中貯留プロジェクト 米国エネルギー省が [最初の大規模CO2地中貯留プロジェクト」3件を発表した。貯留規模百万トン以上を狙い、2003年から 開始した地域パートナーシップの第3フェーズの始まりにあたる。計画の最初の12から24ヶ月は、注入サイトの特性調査とモニタリング/モデリングを行 い、CO2注入後のモニタリングのベースラインにする。地域パートナーシップの第1フェーズでは、北アメリ カの大規模排出源の1000年分にあたる3兆トンの貯留ポテンシャルが有ることを示した。
「平原地域CO2削減パートナーシップ」は、ノースダコタ州のウィリストン盆地で、EORと深部炭酸塩岩塩 水帯水層へのCO2地中貯留を組み合わせて実施する。石炭火力発電所から燃焼後回収プラントによりCO2を 回収する。つづいてカナダのアルバータ州北部で、深部塩水層に大ガス処理プラントからの硫化水素とCO2を 共固定する。硫化水素の固定プロセスへの影響を調べる。全プロジェクト費用136百万ドルのうち67百万ドルがDOE負担。
「南東地域炭素隔離パートナーシップ」は、テキサスからフロリダまで広がる下部Tuscaloosa砂層へのCO2地 中貯留の実証を行う。地域の主要排出源からのCO2を200年分以上貯留できる。2008年末から、天然ガ ス鉱床からのCO2を数百万トン注入する。次に別箇所で、石炭火力発電所からのCO2を回収して同じ砂層に貯留する。全経費は94百万ドルで、内65百万ドルはDOE負担。
「南西地域炭素隔離パートナーシップ」は、コロラドからワイオミングに広がるジュラ紀のEntrada砂岩層に数百万トンのCO2を注入する。全経費は89百万ドルで、内65百万ドルはDOE負担。http: //www.fossil.energy.gov/news/techlines/2007/07072-DOE_Awards_Sequestration_Projects.html
2007年10月3日 経 済産業省による二酸化炭素回収・貯留(CCS)研究会の中間取りまとめ「地球温暖化対策としてのCCSの推進について」が出された。 (http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g71019a01j.pdf)
2007年9月27−28日第1回主要排出国(温暖化”主犯”国)会議(ワシントンD.C.)http: //www.state.gov/g/oes/climate/mem/93021.htm
2007年9月14日  CCS付きクリーン石炭火力発電所がCDMの対象に 国連のJose Miguez氏によれば、石炭燃焼排ガスからの温暖化ガス除去技術を導入する石炭発電所がCDM排出削減クレディットを得ることが可能になると語った。石 炭による発電が50%以上を占める国はCDMを申請できる。対象になりうる発電所は約40ヵ所程度ある。 http://uk.reuters.com/article/environmentNews/idUKGOR44793820070914 
2007年6月28日 オスパール条約でCO2海底下貯留(CCS)承認 ベルギーのオステ ンドで開催されていたオスパール条約(北東大西洋の海洋環境保護のための条約)委員会で、オスパール条約付属書の改正案が採択され、CO2海底下貯留が承認された。同時に、海底より上のフリーウォーターへのCO2注入は禁止された。CO2海底下地層貯留では、海底下の地層中に注入されたCO2の漏洩による 海水汚染の可能性とそのモニタリング方法が厳しく検討される。ヨーロッパのCO2貯留ポテンシャルの多くを 占める北海海底下の帯水層や油・ガス貯留層へのCO2回収・貯留(CCS)が可能になったが、ヨーロッパ周 辺海域でのCO2海洋処分はできなくなった。オスパール条約は北東大西洋の海洋環境保護のための条約であるので、日本への直接の影響はないが、昨年のロン ドン条約に続き、オスパール条約でもCO2海底下貯留が承認された意義は大きい。 http://www.ospar.org/eng/html/press_statement_2007.htm
2007年6月 G8 ハイリゲンダム・サミットで、温室効果ガス排出量を2050年までに少なくとも半減することを真剣に検討することで一致した。2008年の 洞爺湖サミットの議題になる。
2007年6月1日 中 央環境審議会21世紀環境立国戦略特別部会により「21世紀環境立国戦略の策定に向けた提言」が出されていたが、「21世紀環境立国戦略」が策定された。「革 新的技術の開発」の中に、二酸化炭素排出量ゼロの石炭火力発電が採り上げられている。(http: //www.env.go.jp/council/toshin/t32-h1905.pdf)
2007年5月30日 CO2海底下貯留のため日本の海洋汚染防止法一部改正 「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律」が公布され、環境大臣の許可を受けてする特定二酸化炭素ガスの海底下廃棄等の例外を除 き、油、有害液体物質等又は廃棄物の海底下廃棄をしてはならないことになった。二酸化炭素海底下廃棄は海洋環境の保全に障害を及ぼすおそれがないもので、 海底下廃棄以外に適切な処分の方法がないことが許可の要件になる。二酸化炭素海底下廃棄をした海域の汚染状況の監視を行い、その結果を環境大臣に報告しな ければならない。環境大臣は報告を求め、立入検査を行うことができる。ただし、この改正は、海洋汚染防止に関するロンドン条約1996年議定書が日本で効 力を生じる日から施行される。 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010227_2_.html
2007年5月 IPCC 第4次評価報告書(AR4)の内、第3作業部会(WG3緩和策)報告書承認http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg3.htm
2007年4月 IPCC 第4次評価報告書(AR4)の内、第2作業部会(WG2影響)報告書承認http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg2.htm
2007年3月22日 資 源エネルギー庁による石炭火力発電の将来像を考える研究会 の中間とりまとめ が出され、高効率発電と共にCCS技術が挙げられた。 http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/commit29/070331-1pdf.pdf
2007年3月14日 石 炭の未来米国マサチューセッツ工科大(MIT)の学際研究報告「石炭の未来The Future of Coal」(2007)は、石炭は低コストのエネルギー源で、利用は増え続けるので、未来のエネルギー需要に応えつつ温暖化を防止するためにCO2回収・貯留(CCS)が鍵を握るため、CCS技術開発の大幅強化が必要であり、新しい石炭利用への補助はCCS付き だけに限るべきと指摘している。http://web.mit.edu/coal/
2007年3月 CO2地中貯留パイロット試験は5級実験技術井 米国環境庁地中注入管理プログラムからガイダンスが出され、CO2地中貯留パイロット試験は5級実験技術井 として扱われることになった(USEPA,2007) 。米国の環境庁とエネルギー省が協力してCO2地中 貯留による地下水への影響を評価するプロジェクトを2007年から開始している。 http://www.epa.gov/R5water/uic/carbon_sequestration.htm
2007年2月8日 中 央環境審議会地球環境部会二酸化炭素海底下地層貯留に関する専門委員会による報告書「地球温暖化対策としての二酸化炭素海底下地層貯留の利用とその海洋環 境への影響防止の在り方について」がまとめられた。 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=8980&hou_id=7880
2007年2月 IPCC 第4次評価報告書(AR4)の内、第1作業部会(WG1科学)報告書承認http://www.ipcc.ch/ipccreports/ar4-wg1.htm
2006年11月 COP12/COPMOP2 でCCSCDMの認定を2008年のCOPMOP4で決めることになった。
2006年10月 ス ターンレビュー、温暖化のコスト膨大で、大規模なCCSが必要になる。 STERN REVIEW:The Economics of Climate Change は、対応策を採らなければ、気候変動のリスクとコストはGDPの5%から20%にもなるが、対応策はGDPの1%程度済む事を指摘した。石炭は重要な役割 を果たし続けるため大規模なCO2回収・貯留が必要になる。http://hm- treasury.gov.uk/independent_reviews/stern_review_economics_climate_change/sternreview_index.cfm
2006年10月 ロ ンドン条約1996年議定書でCO2海底下貯留を公認。初のリスト追加ロンドン条約1996 年議定書は、改定前の旧ロンドン条約とは逆に、リストにない廃棄物の海洋投棄は禁止されている。CO2海底 下貯留は、議定書発効後初のリスト追加になった。しかし、海底より上のフリーな海洋水へのCO2投棄は認められていない。 http://www.imo.org/Newsroom/mainframe.asp?topic_id=1472&doc_id=7772
http://www.imo.org/Environment/mainframe.asp?topic_id=1463
2006年4月 IPCC インヴェントリ・ガイドラインにCO2回収・貯留(CCS)が入った。これによりCCSによ る温室効果ガス削減量の算入が可能になった。 http://www.ipcc-nggip.iges.or.jp/public/2006gl/pdf/2_Volume2/V2_5_Ch5_CCS.pdf
2006年1月30日 H.G.Schellnhuber 編Avoiding Dangerous Climate Change英国環境省による同名の国際会議を基に、気候変動の科学から対策技 術までまとめた総合的な論文集である。Cambridge University Pressから出版されているが、下記からダウンロードもできる。 http://www.defra.gov.uk/environment/climatechange/research/dangerous-cc/index.htm
2005年9月  IPCC 二酸化炭素回収・貯留(CCS)特別報告書 http://www.ipcc.ch/pdf/special-reports/srccs/srccs_wholereport.pdf
2005年2月  京 都議定書発効 
1996年9月  北 海海底下塩水帯水層に世界最初の大規模CO2地中貯留開始 Sleipner(ノルウェー)で天然ガスから分離・回収したCO2を年間100万トン規模で地下注入して いる。
1992年9月 第1 回二酸化炭素除去国際会議(ICCDR、アムステルダム) 日本の水溶性天然ガス田に学んだCO2塩水帯水 層貯留を提案した。ICCDRは後に温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT)に発展した。

<トップ ページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部 技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに 留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用 いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温 暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com