New economic and safe air/CO2 capture and sequestration (Air-CCS) schemes: Hitoshi Koide/CCGeosystem
2010/3/19 温暖化防止ジオエンジニアリングの話、 地学クラブ資料ダウンロード
温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


温暖化防止CCS関係会議
http://co2.eco.coocan.jp/CCSmeetings.htm
2012年11月18日(日)−22日(木) 第11 回温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT-11)、京都(国立京都国際会館)(地球温暖化防止のためのCCS技術に関する世界最高権威の国際イベント、日本開催は最多3 回目)
<論文募集テーマ> 2011年9月下旬 アブストラクト受付開始
1. Capture  回収技術
2. Geo Storage  CO2地中貯留技術(塩水帯水層、天然ガス井・油井)
3. Other Storage  その他貯留技術
4. Industrial Sources  電力以外の排出源とCCS
5. Transport  輸送、インフラ
6. Negative CO2  マイナス排出
7. CO2 utilisation option  CO2利用
8. Demonstration  実証プロジェクトと、主要な研究開発実証プログラム
9. Tech Assess & Integration  CCS技術評価とシステム統合
10. Commercial Issues  商業展開
11. Public Perception  CCSに対する一般社会の認識と受容(PA)、情報伝達
12. Policies  エネルギー・気候変動に関する政策とCCS
13. Legal & Regulatory  CCSに対する法規制と、CO2貯留の長期的な信頼性
14. Education, training, and capacity building  教育、訓練、能力開発
http://www.rite.or.jp/Japanese/ghgt11/ghgt11.html
http://www.ghgt.info/index.php/Content-GHGT11/ghgt-11-overview.html

2012年6月4−8日 第25回世界ガス会議(WGC2012)Kuala Lumpur Convention Centre, Malaysia  http://www.igu.org/

2012年1月8−11日 KACST-JCCP第一回地盤変動把握のための技術開発国際ワークショップ、リヤド、サウジアラビア http: //www.jccp.or.jp/info/4598.html

2011/11/22〜23 “CO2回収・貯留”(CCS)英地質学会(The Geological Society)/アメリカ石油地質協会(AAPG)共催会議、場所:The Geological Society (Burlington House)、ロンドン、英国 http://www.geolsoc.org.uk/ccs_nov2011

2011/11/10(木)13:30 “東海地震”防災セミナー2011:東日本大震災に学ぶ、東海・東南海・南海地震の 連動 発生の可能性ほか、静岡市、東海地震防災研究会(Tel.:054-238-3240 Fax:054-238-3241)

2011/10/28〜30 電力/エネルギー工学国際会議2011 International Conference on Power and Energy Engineering (CPEE)、上海、中国 www.engii.org/cet2011/cpee2011.aspx

2011/10/16〜21 環境と岩石力学の調和:Harmonizing Rock Mechanics and the Environment”「第12回国際岩の力学会議ISRM2011(ISRM 12th International Congress on Rock Mechanics)」北京(中華人民共和国)。http://www.isrm2011.com/
http://www.rocknet-japan.org/isrm2011call.htm

2011/9/28 「低 炭素社会とCCS に関する研究開発の進展」資源・素材学会秋季大会(大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)  http://www.mmij2011.net/?p=16
司会 田中敦子( 産総研)
13:00 挨拶 産総研 當舎利行
13:05 低炭素地域エネルギーとしてのCBM の利用とCO2 の固定 北大○大賀光太郎,NPO 地下資源イノベーションネットワーク 出口剛太
13:20 CO2 地下貯留における残留ガストラップとその安定性 徳島大○末包哲也・岡田雄大・泉 大河・周娜
13:35 CO2 圧入による“カーボンフリー”な燃料資源の生産 九大○佐々木久郎・菅井裕一,石油資源開発 河野洋之・高橋孝志・伊藤大輔・岡部 孝
13:50 頁岩に対するCO2 およびCH4 吸着特性に関する基礎的研究 東大 西入雄喜・崎元尚土・○島田荘平,北大 大賀光太郎 Washington University in St. Louis Young-Shin Jun
14:05 夾炭層を対象としたCO2 地中貯留評価 東大 田中 啓・崎元尚土・○島田荘平
14:20〈休憩15 分〉
司会 當舎利行( 産総研)
14:35 [ 基調講演1] 石炭の国際動向とCCS 経産省 国際石炭分析官○名久井恒司
15:05 [ 基調講演2] 低炭素社会におけるエネルギー技術・新社会基盤− CCS・石炭ルネサンス・ アジアとの共生− 東洋大○久留島守広
15:35 〈休憩15 分〉
司会 大賀光太郎( 北大)
15:50 超臨界及び液体状態の二酸化炭素を用いた花崗岩の水圧破砕試験 京大○青柳和平・丹羽智哉・山川彩香・石田 毅・村田澄彦・深堀大介 3D 地科学研究所 陳渠・中山芳樹
16:05 CO2 地中貯留における物理探査モニタリングの有効利用 産総研○中尾信典・石戸経士・當舎利行
16:20 弾性波速度と比抵抗の同時測定による多孔質砂岩中の超臨界CO2 挙動モニタリング RITE ○薛自求,京大 松岡俊文
16:35 多孔質体における超臨界CO2 の流動挙動に関する室内実験ならびにシミュレーション研究 産総研○坂本靖英,東邦大 鈴木佑介 産総研 田中敦子・天満則夫・駒井 武,東邦大 山口 勉

2011/9/22〜23 CO2回収・貯留(CCS)の未来への融資:会議と展示、 ロンドン。http: //setis.ec.europa.eu/newsroom-items-folder/2nd-annual-carbon-capture-and-storage-event-2011-2018financing-the-future-of-css20





2011/9/16 第4 回CO2回収・貯留(CCS)フォーラム「CCSの実現に向けた持続可能性と安全性」、東京大学 工学部 武田先端知ビル5階 武田ホール。http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/event/sympo110916top.html
10:00〜10:20 開会の辞
【持続可能性】
10:20〜11:00 我が国におけるCCS技術開発施策について  経済産業省 大臣官房審議官(エネルギー・環境担当) 朝日 弘
11:00〜11:40 一般の方々に向けたCCS技術に関するメッセージの作成:日本における知識共有の試行  株式会社クインテッサジャパン 代表取締役 高瀬博康
11:40〜12:20 Economic and financial aspects of demonstrating and commercialization of CCS Holger Bietz, General Manager - Projects, Financial and Commercial,  The Global CCS Institute
12:20〜13:30 昼食
13:30〜14:10 石炭発電におけるCCSの全体システム 財団法人ネルギー総合工学研究所 プロジェクト試験研究部 部長 小野崎正樹
【安全性】
14:10〜14:50 海底下CCSの安全及び潜在的環境影響を踏まえた法規制  環境省 水・大気環境局 水環境課 海洋環境室 室長 森 盪
14:50〜15:20 コーヒーブレーク
15:20〜16:00 不確実性下における情報の価値:地中貯留モニタリングを如何に最適化するか  東京大学 大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター センター長・教授 佐藤光 三
16:00〜16:40 CO2地中貯留におけるキャップロック及び断層のシール性能評価  産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 CO2地中貯留研究グループ グループ長 中尾信典
16:40〜17:20 地震誘発の力学  東京大学 地震研究所 准教授 中谷正生
17:20〜17:30 閉会の辞
17:40〜 懇親会(武田ホールホワイエにて)
参加費 無料、要旨集2,000円、懇親会3,000円(当日受付にて申し受けます)
申込:  http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/application2/

2011/9/15 CO2船舶輸送方式によるCCSワークショップ、東京大学 工学部2号館、212教室。http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/event/sympo110916top.html
第一部 技術紹介
1) CCSのためのCO2船舶輸送技術
  2) CO2船舶輸送・洋上圧入システム
  第二部 パネルディスカッション 「CO2船舶輸送方式によるCCSの新たな展開の可能性」
当日は日英同時通訳がつきます。
参加費:無料
申込:  http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/application3/

2011/9/7-8 クリーン開発メカニズム(CDM)としてのCO2 回収・地中貯留(CCS)国連ワークショップ"Technical Workshop on Modalities and Procedures for CCS in Geological Formations as CDM Project Activities"がアブダビで開催される。低炭素未来世界に必須。 http://www.ameinfo.com/274150.html

2011/8/14〜19 ゴー ルドシュミット地球化学国際会議"Goldschmidt2011"プラハ、チェコ http: //www.goldschmidt2011.org/

2011/6/20-22 ジオエンジニアリング(地球工学)エキスパート会議(気候変動政府間パネル IPCC)リマ、ペルー。地球温暖化防止ー暗礁に乗り上げた多国間話 し合いより、地球規模技術ジオエンジニアリングの研究・実施へ。http://www.ipcc-wg3.de/meetings/expert- meetings-and- workshops/em-geoengineering  http: //www.guardian.co.uk/environment/interactive/2011/jun/15/ipcc-geo-engineering

2011/6/5〜15 CO2貯 留研究体験プログラム:米エネルギー省 Research Experience in Carbon Sequestration (RECS 2011)in Birmingham, 米アラバマ州、大学院生や若手研究者向けに実地体験 http://www.recsco2.org/11app.html

2011/6/8 「CO2分 離・回収(CCS)技術の動向について」 エネルギー・資源学会第1回研究会(見学会併催)、場所:関西電力南港発電所、堺太陽光発電所。TEL 06-6446-0537 FAX 06-6446-055 http://www.jser.gr.jp/

2011/5/25〜27 "未来エネルギーの科学"Energy Frontier Research Centersサミット及びフォーラム:米エネルギー省 http://www.energyfrontier.us/

2011年5月24日(火) 温暖化防止セッション「地 球温暖化防止と地学(CO2固定、CCS、ジオエンジニアリング等)」を2011年日本地球惑星 科学連合大会(幕張メッセ国際会議場)で開催します。2002年大 会以来10回目"世界の最重要技術課題"に25 件の研究発表:
2011年5月22日(日)-27日(金)(6日間) 2011年日本地球惑星科学連合大会、会 場:幕張メッセ国際会議場(〒261-0023千葉市美浜区中瀬2-1)、 セッションID:H-RE31:「地球温暖化防止と地学(CO2固 定、CCS、ジオエンジニアリング等)」 コンビーナ:小出 仁(産総研)、鹿園 直建(慶大)、當舎 利行(産総研)、薛 自求(RITE) (セッションのスコープ)地球温暖化防止は世界的な最重要研究課題であり、科学技術の総力を挙げた取組が求められている。温室効果ガス低減 のために、サンゴ礁、藻類、森林、土壌等 のCO2吸収やCO2地中貯留(CCS)・炭層固定・鉱物固定・ 海洋隔離、およびCCSに関する環境影響・安全性評価・CO2モニタリング等の最新動向を 検討する。全地球的な対策と微視的な探求を結ぶ先進的なCO2固定・リサイクルやジオエンジニアリング(地球工学)も議論する。 http://www.jpgu.org/meeting/

2011/5/17-19 非在来型石油・ガス国際シンポジウム、重慶、中国 http://www.bitconferences.com/uog2011/ と 坑 井刺激・原油増進回収国際会議、重慶、中国 http://www.bitpetrobio.com/wseor2011/

2011/5/3-6アジア太平洋コールベッドメタン(CBM)シンポジウム(CO2貯 留/ECBMを含む)ブリスベーン、オーストラリア http://www.uq.edu.au/APCBM2011

2011/4/21(木) 15:00 - 17:40 CO2固定研究会及びCO2地 中貯留研究会、話題:世界の温暖化対策シナリ オ、帯水層CO2貯留、地熱地域CO2貯留、東日本大地震、誘発地震、参 加費2000円、御連絡先: co2fix-office@m.aist.go.jp 会場:ABCアットビジネスセンター東京駅八重洲通り 5階501号室(東京都中央区八丁堀一丁目9番 八丁堀ハタビル http://abc- kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html)

2011/4/12 CO2回収・貯留(CCS)ビジネスフォーラム、Calgary TELUS Convention Centre, Calgary, Alberta, Canada http://www.conferenceboard.ca/conf/11-0073/default.aspx

2011/3/28 平 成23年度資源・素材学会春季大会は東日本大震災のため中止になりました。13:00 - 17:15 環 境工学部門委員会企画発表低炭素社会とCCSに関する研究開発 の進展、東大本郷キャンパス工学部2号館223号室、平成23年度(2011年)資源・素材学会春季大会:2011年 3月28日(月)〜30日(水) http://www.mmij.or.jp/

2011/3/23-24 石炭地下ガス化国際会議、ロンドン、英。 www.ucgassociation.org

2011/3/13-16 CO2回収・貯留ワークショップSPE ATW、アデレード、オーストラリア、http://www.spe.org/events/10adel/pages/about/index.php

2011/3/8(火)13:00〜17:45 「低炭素社会におけるエネルギー・資源開発の役割」東京 大学工学系エネルギー関連3研究センター第2回合同シンポジウム、東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール(安田講堂裏・理学部1号館内) http://www.frcer.t.u-tokyo.ac.jp/

2011/2/28-3/2 超先端エネルギーARPA-Eサミット米 国ワシントンDC. http://www.ct-si.org/events/EnergyInnovation/

2011/2/23 ゼ ロエミッション石炭火力発電ワークショップ(IZEC)、海外におけるCCSを含めた最新の取り組みを紹介、第一ホテル 東京 5F ラ・ローズ、主催:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、共催:財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)http://event-info.com/zeroemi-workshop/

2011/2/20-21 地球科学/工学国際会議、2011 International Conference on Earth Sciences and Engineering (ICESE 2011) 香港、中国。 http://www.iita-association.org/fsnc2011/icese2011.htm

2011/1/17-21 世界未来エネルギー・サミット(WFES)アブダビ、World Future Energy Summit 2011 https://www.worldfutureenergysummit.com/

2011/1/18(火)14:00-17:30 新エネルギー・省エネルギーセミナー2011低炭素社会への現状と展望、主な演題:スマートグリッド、省エネ政策、CO2回 収・貯留(CCS)、ナノバブル燃料、海洋バイオ等、会場:コラボ産学官プラザin TOKYO 大ホール(〒134-0091東京都江戸川区船堀3-5-24 http: //www.collabosgk.com/access/index.html)申し込み先:NPO国際環境・エネルギー問題研究会F:03-3436 -4368 (社)日本中小企業団体連盟F:03-3668-2957 E-mail nishimoto@jfs.jp
プログラム
1)14:00〜14:15 開会挨拶:趣旨説明 NPO国際環境・エネルギー問題研究会 理事/東洋大学教授 久留島守広
2)14:15〜14:45 基調講演1:スマートグリッドの現状と未来(仮題) 東京工業大学大学院教授 柏木孝夫
3)14:45〜15:15 基調講演2:省エネ政策の現状と今後の展開について 経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー対策課長 高見牧人
4)15:15〜15:45 基調講演3:CO2回収地中貯留技術CCSの現状と展望(仮題)資源素材学会環境工学部門委員長 當舎利行
5)15:45〜16:00 休 憩
6)16:00〜16:45 報告1:省エネルギー分野:ナノバブル燃料の燃焼効率について (株)オプトクリエーション(元運輸省船舶技研部長)塩出敬二郎
         報告2:新エネルギー分野:海洋バイオコンソーシャムについて(株)竹中工務店(財団法人海洋環境創生機構準備事務局)上田貴夫
         報告3:CCS分野:CCSプロジェクトのリスク評価について(独)産業技術総合研究所 田中敦子
7)16:45〜17:15 総合討論・質疑
8)17:30〜19:00 技術懇親会
資料代        一般:3,000円  学生:無料
懇親会参加費     一般:2,000円  学生:無料




2010/12/9 RITE 「CCSテクニカルワークショップ2010 〜CO2挙動モニタリング技術〜」、ホテルグランヴィア京都。 http://www.rite.or.jp/

2010/11/29-12/2 世界LNGサミット、バルセロナ http://www.cwclng.com

2010/11/20-21 関東盆地の形成と地震発生に関するシンポジウム「関東盆地の地下地質構造と形成史」、会場:日本大学文理学部3号館5 階、日本地質学会関東支部

2010/11/3-5 世界シェールガス会議、World Shale Gas、Dallas-Fort Worth、USA http://www.worldshalegas.org

2010/10/14-15 バイオCCS(BECCS)国際ワークショップ、オルレアン、フランス。http://www.univ- orleans.fr/leo/bccs/
http://www.bellona.org/articles/articles_2010/Bio_CCS_taskforce_Orleans_October_

2010/10/11 上海EXPO会議:中国におけるCO2回収・貯留(CCS)"Keeping the Engine-Room Clean: CCS in China"、Zep Pavilion, Shanghai Expo http://www.bgs.ac.uk/news/DIARY/Shanghai_sponsors.pdf

2010/10/5−7 米国地域CO2固定パートナーシップ年会プロシーディングス"Regional Carbon Sequestration Partnerships Annual Review Meeting" October 5-7, 2010。http://www.netl.doe.gov/publications/proceedings/10/rcsp/index.html

2010/9/29-30ACI第4回CO2回収・貯留(CCS)サミット年会、ワシントン,DC,米国 http://www.carboncapturesummit.com/

2010年9月19−23日 第10回温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT-10 - From Research to Reality -)がオランダのアムステルダム市で開催されます。発表1000件!温暖化防止技術のオリンピックです。口頭発表259件、ポスター発表760件、日本か ら発表63件、参加者は、55ヶ国1,600人! http://www.ghgt.info/
会議のニュース速報GHGTimes: http://www.ghgt.info/index.php/Latest-News/ghgtimes.html
会議発表プログラム: http://www.ghgt.info/index.php/Content-GHGT10/ghgt10-technical-programme.html

2010/9/15-16 CO2回収・貯留・利用会議CCSU2010上海、ASIACHEM Consulting。 http://www.chinacoalchem.com/events/2010CCSU/CCSU2010.pdf

2010/9/6-8 第8回ヨーロッパ石炭研究応用会議 8TH EUROPEAN CONFERENCE ON COAL RESEARCH AND ITS APPLICATIONS: ECCRIA 8, University of Leeds. www.eccria.org

2010/8/26-28 水圧破砕世界会議、World Congress of Hydraulic Fracturing & Acidizing (WCHFA-2010)、西安、中国。http://www.bitpetrobio.com/wchfa2010

2010/8/17-19 世界CO2回収・利用・貯留サミット(Global CCUS Summit)“Global Carbon Capture, Utilization & Sequestration Summit”、上海、中国 http://www.acceunited.org/

2010(平成22)年8月5日(木)13:00〜17:50 第3回CCSフォーラム「CCSモニタリングに関する技術・制度課題〜如何に視る、何処まで視る、何時まで 視る〜」東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 主催、場所:東京大学工学部 武田先端知ビル5階 武田ホール(東京都文京区弥生2-11-16 本郷キャンパス浅野地区)参加費:無料、要旨集代:2,000円、懇親会費:3,000円 http://www.frcer.t.u- tokyo.ac.jp/

2010/7/13-15CO2回収・貯留(CCS)ビジネスサミットCarbon Capture and Sequestration Business Summit 2010、ワシントンDC,米国。http://guest.cvent.com/i.aspx?2A,P1,9E508F1B-04CC-4735- A836-264C8DAC6834

2010(平成22)年7月8日(木)14:30-17:15 CO2回収・貯留(CCS)に関する講演会 主な講演:「Geological CO2 Storage Performance Assessment in Europe(欧州におけるCO2地中貯留性能評価)」(Dr. Shi Ji-Quan,英国インペリアルカレッジ)、「CO2事 業法性整備に関する紹介」(久留島・東洋大学)、「CO2地中貯留リスク研究の展開」(田中・産総研)、資源・素材学会環境工学部 門委員会CO2地中貯留研究会とCO2固定研究会の共催、場所:産業技術総合研究所 秋葉原事業所11階  大会議室2 (〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル)

2010年6月21日(月)ー22日(火)日本機械学会 第15回動力・エネルギー技術シンポジウム(早稲田大学国際会議場)で、
2010年6月22日9:30-14:40セッション11「温暖化対策とCO2削減技術 」を 開催します。http://www.jsme.or.jp/pes/Event/symposium.html
--会場:早稲田大学国際会議場(東京都新宿区西早稲田1−20−14)http: //www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

2010/6/20-21 CO2地中貯留(CCS)に好適な地層(上総層群)を見る地質巡検「房 総のタービダイトと天然ガス,ヨード工場,金鉱石を巡る旅」日程:2010年6月20日(日)午前11時集合(浜松町駅前バスターミナル予定)〜6月21 日(月)午後4時半解散(産総研臨海副都心センター)http://www.jsgi.org/geoinforum2010ex.html
2010/6/22-23 第21回日本情報地質学会講演会産総研 臨海副都心センター 別館 バイオ・IT融合研究棟 11階会議室http://www.jsgi.org/geoinforum2010.html

2010/6/15-16 CO2貯留(CCS)-地熱エネルギーー共通研究テーマに関する合同科学ワークショップ、Rockville, MD,米国、The DOE Geothermal Technologies Program, Office of Science- Geosciences Program and Office of Fossil Energy-Carbon Sequestration Program。http://regulations.justia.com/view/180142/

2010/6/13-18 CO2貯留(CCS)の地球化学がホットトピック、参加者2,000人、世界最大の地球化学 ゴールドシュミット国際会議 "Goldschmidt 2010", Knoxville,米テネシー州。http://www.goldschmidt2010.org/

2010/5/31-6/1 第2回CCS開発・実施IEFシンポジウム、The International Energy Forum and the Global CCS Institute、アルジェ、アルジェリア http: //www.ief.org/Events/Pages/SecondIEFSymCCS.aspx

2010年5月23日(日)〜28日(金)日本地球惑星科学連合大会(幕張メッセ国際会議場)は、32件の国際セッションを含む167件のセッションに対して 3,685件の発表があり、5,746名の方が参加し開催されました。 2010/5/26にはサイエンスセッション「地球温暖化防止と地学(CO2固定、CCS、地球工学等)」を 開催し、枯渇油層内でCO2をメタンに再資源化、マイクロバブルー分散型 CO2貯留(CCS)、広大な海洋玄武岩にCO2貯留、海洋底にCO2が湧出しても溶解して海面に達しない、地下に超臨界CO2が 存在した証拠、産業技術総合研究所のCO2モニタリン グ技術等CO2回収・貯留(CCS)関係の最新研究成果が発表されました。 日本地球惑星科学連合2010年会「M-AG021 地球温暖化防止と地学(CO2固定、CCS、地球工学等)」セッション目次・ 発表要旨 https://secure.jtbcom.co.jp/jpgu_program/program/M-AG021.html


2010年5月19-20日  第2回CO2回収・貯留(CCS)サミット年会 ACI, ベルリン、独 http://www.acius.net/wiki.aspx/Conferences/Upcoming?view=overview&id=153


2010/5/12-13地球CCS研究所Global CCS Instituteメンバー会合。http://www.greenbiz.com/blog/2010/05/06/why-collaboration-key-successful-carbon-capture-storage

2010年5月10-13日  第9回米国CO2回収・固定(CCS)年会 ピッツバーグ、米国 http://www.carbonsq.com/


2010/5/6-7 CO2船舶輸送会議 ロンドン http: //www.rivieramm.com/events/CO2-Shipping-Conference-2009--24/Event-Home-257

2010/5/6米国 省際CO2回収・貯留(CCS)タスクフォース公開会合、ワシントンD.C.、誰でも無料で参加でき、公開実況放映 もされる。http: //www.whitehouse.gov/administration/eop/ceq/initiatives/ccs/meetings

2010/5/2-4 地球温暖化対策の閣僚級会合、ボン、ドイツ。http: //www.47news.jp/CN/201004/CN2010040901001081.html

2010年4月22日(木) 13:00〜17:00 天然ガス部会 科学 分科会シンポジウム〜天然ガス及びその周辺先端技術〜、東京ガス本社 2階大ホー ル(東京都港区海岸1-5-20) http://www.jie.or.jp/2010/events/100422kagaku_sympo.htm

2010/4/19-22 「CCSの準備が整った?」 CO2回収・貯留(CCS)研究、開発、 実証ーヨーロッパ会議、ロッテルダム、オランダ http://www.ccs-conference.eu/

2010年4月18-21日 第2回持続性生産革新国際会議 i-SUP2010、ブルージュ、ベルギー、主なテーマ:エネルギー、化学、材料、 CCS。http://www.i-sup2010.org/

2010/4/18-19 地球温暖化対策を協議する主要経済国 フォーラム(MEF)米国ワシントンで開催 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14721820100408

2010/4/15-16 第24回環境工学連合講演会「地球環境に対する日本の貢献」、日本学術会議講堂、東京都港区六本木7丁目22-34 幹事学会:社団法人 資源・素材学会 (担当:湯佐、松崎)申込e-mail:matsuzaki@mmij.or.jp

2010/4/6-7「2010エネルギー会議:Short-Term Stresses, Long-Term Change」、U.S. Energy Information Administration、ワシントンDC、米国。http://www.eia.doe.gov/conference/2010/? featureclicked=2&

2010/3/30(火)9:30-17:20 「CCS導入に向けた研究開発と社会システムの構築」資源素材学会2010年春季大会 環境 工学部門委員会企画発表、会場:東京大学生産技術研究所 研究棟D棟 大セミナー室(6F)https: //www.mmij.or.jp/lecture/

2010/3/27-28 惑星地球フォルム2010inアキバ −君たちと考える環境・防災・資源−、国際惑星地球年(IYPE)終了イベン ト。@富士ソフトアキバプラザ6階 http://www.gsj.jp/iype/

2010/3/23-24 第5回石炭地下ガス化国際会議、ロンドン.トピックにはUCG-CCSを含む。 http: //www.ucgp.com/

2010/3/22-25 気候ジオエンジニアリングに関するアジロマー国際会議、Asilomar International Conference on Climate Intervention Technologies,Asilomar Conference Center, Pacific Grove, California, USA

2010/3/19(金)14:00-15:30 「排出削減から大気CO2吸収へー温暖化防止ジオエンジニア リングの話」講師:小出 仁、第257回地学クラブ講演会、 会場:東京地学協会 講堂、地学会館2階、〒102-0084東京都千代田区二番町12-2 電話:03-3261-0809 (代表) FAX:03-3263-0257  http://wwwsoc.nii.ac.jp/tokyogeo/news/0000000096.html
2010温暖化防止ジオエンジニアリングの話、地学クラブ資料 

2010/3/10-11 第5回資源循環工学国際会議、大阪府立大学 学術交流会館 
http://www.chemeng.osakafu-u.ac.jp/group5/indexJ.html

2010/3/1-3 米国超先端(ARPA-E)エネルギー技術革新サミットGaylord Convention Center, Washington,DC, USA http://www.energy.gov/news/8691.htm

2010/3/1-2 第8回「気候変動に対する更なる行動」に関する非公式会合、東京(三田共用会議所)約30の国及び機関の気候変動交渉 の実務担当者が出席する。 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100222ATFS2201O22022010.html

2010/2/18 ビル・ゲイツ:エネルギー・ミラクルが必要ーゼロへの技術革 新「クレージーなアイデアをサポートしよう。」低コストで汚染の無いエネルギー源のため。CO2回 収・貯留(CCS)、原子力、風力、太陽光、太陽熱の革新やジオエンジニアリング。TED2010会議、 2010年2月9日−13日 Long Beach, California,USA http://www.ted.com/talks/bill_gates.html

2010/2/4 流体地下注入・生産による誘発地震ワークショップ エネルギー関連。Stanford University. 会議資料はサイトよりダウンロードできます。http://esdnews.wordpress.com/2010/01/20/workshop-on -induced-seismicity-due-to-fluid-injectionproduction-from-energy-related-applications/
2010/10/16 誘発地震ウェブサイト開設、米国エネルギー省ローレンス・バークレイ国立研究所。地熱開発、CO2地 中貯留(CCS)、石油・天然ガス開発で、流体地下圧入により発生する誘発地震の重要性が高まる。2010年2月スタンフォード大学で実施した誘発地震 ワークショップ資料・成果・勧告もダウンロードできる。http: //esd.lbl.gov/research/projects/induced_seismicity/

2010/1/20-21 第2回CO2回収・貯留(CCS)法規制ネットワーク会議,IEA,  資料は http://iea.org/work/workshopdetail.asp?WS_ID=444

2010/1/18-21 World Future Energy Summit,Abu Dhabi,世界エネルギーサミット、アブダビ http://www.worldfutureenergysummit.com/

2010年1月15日(金)13:30-17:30 Seminar of environmental impact assessment for CO2 geological storage CO2地中貯留の環境イン パクト評価に関する講演会(英語で行います)講演:セブト・ドルジャン教授 (ロンドン・インペリアルカレッジ)リスク評価、他、 産業技術総合研究所 つくば中央 第7事業所セミナー室(つくば中央7−8 326)
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html
申込:1/6(水)までに田中(a.tanaka@aist.go.jp)までご連絡ください。

2009年12月7-18日 COP15:国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議コペンハーゲン

2009/12/10 「CO2貯留技術促進」COP-15内会合、COP-15 Event "Advancing Carbon Sequestration Technology" at the U.S. Center at the United Nations Climate Change Conference(COP-15) in Copenhagen, http://www.cslforum.org/pressroom/publications/CSLF_flyer_COP-15.pdf

2009/12/3(木)13:00-18:10 第2回CCSフォーラム「日本型CCSに向けた技術開発の実際と展望〜2020年を見据え、いま何を成すべ か〜」東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 主催、東京大学工学部 武田先端知ビル5階 武田ホール(東京都文京区弥生2-11-16 本郷キャンパス浅野地区)参加費:無料、要旨集代:2,000円、懇親会費:3,000円、ホームページhttp://www.frcer.t.u- tokyo.ac.jp/

2009/12/3(木)13:00-17:15 産業技術総合研究所第8回地圏資源環境研究部門研究成果報告会、秋葉原コンベンション ホール(http://www.akibahall.jp/data/access.html)
http://unit.aist.go.jp/georesenv/event/houkokukai09.html

2009/12/2-3 CO2 Shipping Conference 2009,London. http://www.rivieramm.com/events/CO2-Shipping-Conference-2009--24/Event-Home-257

2009/11/18-19 第3回ヨーロッパCO2回収・貯留(CCS)サミット、Le Meridien Piccadilly, London W1,UK. http://www.cityandfinancial.com/conferences/index.asp?id=266

2009年11月5−6日 CO2回収および地中貯留第3回国際シンポジウム (実施の促進) Paris,フランス http://www.CO2symposium.com/

2009/7/24-11/3 『鉄−137億年の宇宙誌』、東京大学総合研究博物館(本郷キャンパス) http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2009Fe.html

2009/10/30 地球を冷やすジオエンジニアリングMITシンポジウム"Engineering a Cooler Earth: Can We Do It? Should We Try?"、米国  http://web.mit.edu/esi/symposium2009.html

2009年10月26−29日 石炭科学技術国際会議(ICCS&T)ケープタウン、南アフリカhttp://www.iccst.info

2009/10/12-18 CO2回収・貯留(CCS)秋季学校(北京)、英国地質調査所 COACHプロジェクト http://www.bgs.ac.uk/news/DIARY/COACH_Autumn_School_on_CCS_in_China_2009.pdf

2009/10/12-14 Third CSLF Ministerial Meeting、London, UK. http://www.cslforum.org/meetings/london2009/premeeting.html

2009年10月5−9日 第24回世界ガス会議 ブエノスアイレス、アルゼンチンhttp://www.wgc2009.com

2009年10月5−6日 Global Underground Coal Gasification (UCG) Summit Le Meridien Piccadilly, London,UK. http://www.UCGsummit.com

2009年9月29日ー10月1日 第12回国際燃焼後CO2回収ネットワーク会議、Regina,サスカチュワン州、カナダ http://www.co2captureandstorage.info/networks/Capturemtg12.htm

2009年9月26日(土) 地球温暖化問題世界市民会議(World Wide View on Global Warming)、京都市勧業館など世界45ヶ国同日開催。http://wwv-japan.net/

2009/9/23-25 CCGW 2009 : "International Conference on Climate Change and Global Warming" 気候変動温暖化国際会議 Amsterdam, The Netherlands, http://www.waset.org/wcset09/amsterdam/ccgw/

2009/9/22-24   Carbon Capture and Storage World Summit ,Hotel Palomar - Arlington, Virginia, US, http://www.carboncaptureandstorageconference.com/

2009年9月21−24日 国際ピッツバーグ石炭会議ピッツバーグ、米国http: //www.www.engr.pitt.edu/pcc/index.htm

2009年9月15−16日 不確実性の時代の構造地質学Glasgow Science Centre, UK, http://www.oilvoice.com/post/Events/Call_for_Papers_Structural_Geology_in_Uncertain_Times/41bd086d3b.aspx

2009/9/14-15CO2回収・貯留(CCS)サミット、ワシントンDC http://www.carboncapturesummit.com

2009年9月10−12日 国際環境水文学気候変動会議EcoHCC'09Tomar、ポルトガル http://www.ecohcc09.ipt.pt

2009年9月8−11日 IEAGHG国際酸素燃焼会議Cottbus、ドイツ http://www.co2captureandstorage.info/OCC1/OCC1.htm

2009年9月8日 CCS 推進に向けた安全性評価と新技術資源・素材2009(札幌)北海道大学高等教育機能開発総合センター http://wwwsoc.nii.ac.jp/mmij-h/2009Sapporo/

2009年9月7-8日 平成21年度クリーン・コール・デー記念行事国際会 議『日本のクリーン・コール・テクノロジーは低炭素社会への切り札である』財 団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL) http://www.jcoal.or.jp/clean-coal-day/event.html

2009/9/5-12 International Conference on CO2 sequestration Processes Reykjavik ICELAND http://www.or.is/English/Projects/CarbFix/Readstory/1799

2009年8月23−28日 IEA温室効果ガス研究開発プログラム(IEA GHG) CO2回収・貯留(CCS)サ マースクール メルボルン近郊Mantra Erskineリゾート、オーストラリア  www.co2captureandstorage.info/SummerSchool/SS2009.html.

2009/8/16-19CO2地中貯留(CCS):予測と検証Geological Carbon Sequestration: Prediction and Verification:AAPG Hedberg Conference,Vancouver, BC, Canada。要旨ダウンロード http: //www.searchanddiscovery.net/abstracts/pdf/2010/hedberg_vancouver/

2009/7/22-24 the Third Annual Carbon Sequestration Development & Finance Summit,Houston,Texas,USA. http://www.infocastinc.com/index.php/conference/182

2009/7/23/14:30- 資源・素材学会CO2地中貯留研究会第2回講演会及び懇親会
http://www.gsj.jp/reic/mmij/index.html
場所:産業技術総合研究所 秋葉原事業所 第2会議室 (秋葉原駅前ダイビル11階)
講演1)氣駕 尚志 「酸素燃焼システムの技術開発」
講演2)金子 祥三 「最近のIGCCの技術動向」
講演3)當舎利行・田中敦子「IEA Network Meeting報告」

2009/7/22 9:00-18:30九州大学・台湾工業技術研究院第2回合同技術シンポジウム「クリーンエネルギー」九 州大学医学部百年講堂、九州大学知的財産本部国際産官学連携センター

2009/7/15-17 The 3rd annual Carbon Capture conference, Washington, DC, http://guest.cvent.com/i.aspx?1Q,P1,0665C152-8EBF-4CB3-8F46-DFC85CCD8C93

2009/7/14-17 JOGMEC-TRC ウィーク2009 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 技術開発センター ホームページ http://trc.jogmec.go.jp
・・7/14 フォーラム1:CO2-EORの実績からCCSへの展開へ(TRC大講堂/幕張)
・・7/15 フォーラム2:モニタリング技術ウォッチ!(TRC大講堂/幕張)
・・7/16 フォーラム3:広がり行く海洋石油・天然ガスの可能性〜海底から洋上の生産システム〜(TRC大講堂/幕張)
・・7/17 フォーラム4:天然ガスの新しいヴァリュー・チェーン構築(航空会館/港区新橋)

2009年7月8-10日 G8サミット、マッダレーナ島(サルジニア島北東の小島)、イタリア,最終日に金融サミットG20も開催。

2009年7月6-10日  S4FE2009 -“将来のための持続性化石エネルギー利用”国際会議、(CO2回 収・貯留を含む))ローマ、イタリア http://www.co2club.it/Rome2009

2009/6/23-24 第3回ワイオミングCO2年会 Casper, Wyoming, http://eori.gg.uwyo.edu/CO2Conf2009.asp

2009年6月22-24日   国連UNIDOウィーン国際エネルギー会議国連工業開発機関、ウィーン、オーストリアhttp://www.unido.org/

2009年6月16-17日  第5回トロンハイム(ノルウェー)CO2回収・輸送・貯留会議(TCCS-5) http://www.ntnu.no/tccs5

2009年5月27-29日   深部塩水帯水層へのCO2地中貯留およびエネルギー貯留会議(The Deep Saline Aquifers for Geological Storage of CO2 and Energy conference ) IFP inパリ近郊 IFP/Rueil-Malmaison, フランス http://www.ifp.com/actualites/evenements/congres-et- conferences/organises-par-l-ifp/rs-deep-saline-aquifers

2009年5月27-28日 CO2回収・貯留(CCS)により気候変動と戦うハイレベル会議、ベル ゲン、ノルウェー http://www.ccsnorway.no/

2009年5月27日 CO2回収・貯留(CCS)実証実験を追跡する世界ピアレビュー、 IEA Working Party for Fossil Fuels,ベルゲン、ノルウェー http://www.iea.org/Textbase/work/workshopdetail.asp?WS_ID=413

2009年5月26日(火)10:30-18:00  アミン法CO2燃焼後回収、CSIRO -RITE科学技術セミナー、国立京都国際会館 http: //www.rite.or.jp/Japanese/labo/kagaku/090403seminar-j/seminar-top-j.html

2009年5月16-21日  日本地球惑星科学連合(JpGU)2009年大会(幕張メッセ国際会議場)スペシャルセッション「L215:地球温暖化防止のためのCO2貯留(CCS) 等」JpGU大会トップページ: http://www.jpgu.org/meeting/
日本地球惑星科学連合2009年大会は,無事に終了、
・開催セッション数:134(2008年:135,2007年:134,2006年:109)
・論文投稿数:3088件(2008年:3218件,2007年:3121件,2006年:2725件) 口頭発表:1732件,ポスター発表:1356件
・参加者数:4807名(2008年:4862名,2007年:4561名,2006年:3997名)

2009年5月18-21日 第4回クリーンコール石炭技術国際会議CCT2009、IEA Clean Coal Centre ,ドレスデン市、ドイツ http://www.cct2009.org

2009年5月13-14日 CO2回収・貯留(CCS)会議、ロンドン、英国 http://www.acius.net/wiki.aspx/Conferences/Upcoming?view=overview&id=121

09/5/11低炭素社会実現のための温暖化対策に関する日米ワークショップ、米国ワシントンDC http: //www.env.go.jp/press/press.php?serial=11102

2009年5月10日 地質の日 http://www.gsj.jp/geologyday/

2009年5月4-7日  第8回CO2回収・固定(CCS)年会 「実用的CCS技術およびシステムの決定」 ピッツバーグ、米国 http://www.carbonsq.com/

2009年4月27−28日 「エネルギーと気候に関する主要経済国フォーラム(MEF)」事務レベル会合、 ワシントンDC、米国、温暖化ガスの排出量の多い16カ国が参加。ブッシュ政権が創設した主要経済国会合(MEM)の名称を変更した。G8、中印以外に オーストラリア、ブラジル、インドネシア、韓国、メキシコ、南アフリカ、欧州連合(EU)や国連の代表も加わる。

2009年4月27−28日 Carbon World Doha 2009(CCSを含む)ドーハ、カタール。 http://www.carbonworldforum.com/

2009年4月22日 地球の日アースデイ http://www.earthday.jp/

2009年4月16日(木)9:10〜17:45 および17日(金)9:00〜17:50 第23回環境工学連合講演会「再生・再利用技術と循環型社会」【会場】日本学術会議 講堂 (東京都港区六本木7-22-34/TEL: 03-3403-1056)http://www.jswe.or.jp/23KankyoKogakuProgram.pdf

2009年4月14日(火)13:30-17:30 「CBMの基礎と応用を学ぶ」日本エネルギー学会天然ガス部会CBM研究会、全国家電 会館 5F(文京区湯島3-6-1  TEL.03-3832-4291)、詳細はhttp: //www.jie.or.jp/2009/events/090414cbm_koukai.htm

2009年3月26日(木)9:55-17:20 「地球温暖化対策に関する研究開発の進展」資源素材学会春季大会、千葉工業大学津田沼キャン パス、詳細はhttp://www.mmij.or.jp/lecture/ 

2009年3月18−20日 CO2Geo-Net オープンフォーラム Venice, San Servolo Island,イタリア、 www.co2geonet.eu

2009年3月11日(水)13:00〜17:40" 「CCS地中貯留を取り巻く技術群の実際と展望」東京大学本郷キャンパス 工学部2号館 http://www.kelly.t.u-tokyo.ac.jp/~naganawa/ccsforum.html

2009年3月11日 "Carbon Deals in an Era of Climate and Economic Crises"INTERACTIVE WEB CONFERENCEhttp://guest.cvent.com/i.aspx?1Q,P1,6141B416-02B1-4C20-ACB2-28D7BE4A2C75

2009年3月10−12日 "Climate Change: Global Risks, Challenges and Decisions"国際会議 Copenhagen, Denmark

2009年3月5−6日 CO2回収・貯留・利用会議 (CO2 Capture, Sequestration & Utilization) 北京、中国。  http://www.cmtevents.com/eventschedule.aspx?ev=090313&

2009年3月5日 13:30より水素エネルギー協会(HESS)第127回定例研究会(講演会:CCSの動向など) 東京工業大学100年記念館3F(大岡山キャンパス)http://www.hess.jp/

2009年2月23日(月)10:00-17:00国際革新的ゼロエミッション石炭火力発電IZECワークショップ、虎ノ門パスト ラル、詳細はhttp://rite.or.jp

2009年2月10-11日 第4回石炭地下ガス化会議(4th Annual UCG Conference and Workshop)、ロンドンhttp://www.ucgp.com/conferences/next-conference/
2008年12月2日午後3時より 「CO2地中貯留研究会」発足記念講演会東 京大学にて、CO2地中貯留研究会ホームページ参照http://www.gsj.jp/reic/

2008年12月2−3日 第2回欧州CO2回収・貯留(CCS)サミット、ロンドン。http: //www.cityandfinancial.com/ccs2

2008年12月1−12日 COP14,CMP4,ポズナニ,ポーランドCCSーCDM制度の承認は来年6 月ボンに持ち越された。http://unfccc.int/2860.php

2008年11月16−20日 第9回温室効果ガス管理技術国際会議(International Conference on Greenhouse Gas Control Technology 略称GHGT-9)が米国ワシントンD.C.で開催されました。http://mit.edu/ghgt9/
発表論文はhttps://www4.eventsinteractive.com/iea/rs.esp?id=270005& scriptid=sppp1

2008年7月7-9日 G8北海道洞爺湖サミット
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/toyako08/index.html

2008年5月25〜30日日本地球惑星科学連合2008年大会(幕張メッセ 国際会議場)で スペシャルセッションL214「地球温暖化防止のための CO2貯留等」 を開催しました。http://earth.jtbcom.co.jp/session/session.html。
http://www.jpgu.org/meeting/index.htm

2008年5月10日 地質の日 現在,国際惑星地球年(IYPE)の活動が,ユネスコと国際地質科学連合の共同で行われており,日本全国で「地質の日」にちなんだイベントが開催されまし た. http://www.gsj.jp/geologyday/

2008年5月5−8日 米国炭素回収・固定(CCS)年会 ペンシルバニア州ピッツバーグで第7回会議が開催されました。 http://www.carbonsq.com/index.htm

2008年4月14−15日 第22回環境工学連合講演会「地球温暖化対策―省エネルギー技術による貢献」 日本学術会議講堂、東京乃木坂駅近く、事務局:空気調和・衛生工学会03-3363-8261
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/51-s-3-2.pdf


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部 技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに 留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://co2.eco.coocan.jp/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球シ ステム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com