温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース



温暖化ガス大幅削減に早く着手しましょう!

Google
   最近の世界各地の異常気象災害や北極の氷の消滅の速さを見聞きすると、温暖化のティッピング・ポイント(Tipping point)を過ぎたとさえ感じます。温暖化防止に真剣に取り組まなければなりません。しかし、人間による温暖化なら、温暖化を止めるのも不可能ではない筈です。

近年は世界的に異常気象が伝えられ、特に北極の氷の予想以上の減少や氷河の後退が観測されています。ヒマラヤ地域等で、氷河湖崩壊が恐れられています。南極やグリーンランドなどで氷床の大規模すべりが起きれば、海水面の世界的上昇だけでなく、巨大津波が発生する恐れもあります。温暖化しつつある氷河/氷床の底は水が溜まり、滑り易くなります。氷床崩壊による巨大津波は、あまり注目されていませんが、恐ろしい災害になります。温暖化による異常気象による災害は、ハリケーンカトリーナや旱魃・山火事等、既に世界が経験していると思います。スターン・レビューで指摘されたように、温暖化による経済的損失も莫大になっています。大幅な温室効果ガス排出削減を急がなければなりません。

数億トン以上もの大幅な温室効果ガス排出削減ができるポテンシャルのある技術は、原子力とCO2回収・貯留/固定(CCS: Carbon Capture and Storage)しかありませんが,原子力発電所は計画から完成まで10年以上もの年月を要します。CO2回収・貯留(CCS: Carbon Capture and Storage)は、原子力発電よりずっと小さな費用と期間で実施できます。事実上唯一の対応可能な技術なのです。しかし、CO2回収・貯留も、事前調査を念入りに行う必要がありますので、準備段階に時間が必要です。緊急に抜本的な温室効果ガス排出削減策に取り掛かりましょう。

中国・インド・米国などでの石炭からのCO2排出を止めなければ、地球温暖化防止はできません。排出源には国境がありますが、温暖化ガスに国境はありません。世界均一の炭素税により基金を設け、国際協力で化石燃料のゼロエミッション化を推進して、地球温暖化を防止しましょう。

俗称を「炭酸ガス」、本名は「二酸化炭素」、最近よく使われるようになった化学式名「CO2(シーオーツー)」はすべて同じ物質ですが、最近はお尋ね者として排斥する動きが広がっています。お尋ね者らしく、気体になったり、液体になったり、超臨界流体になったり、さらに水に溶解したり、ハイドレートにもなるし、岩石と反応して炭酸塩として固体になるし、メタンにも変わるという七変化が得意です。でも実は人間や生命に欠かせないもので、まったく無ければ生物は死んでしまいます。そもそもCO2は地球を暖めている布団の役割をしています。CO2のおかげで私達は快適に暮らせるのです。でも、人間が勝手に布団をやたら沢山重ね着をし、さらに留まる事を知らずに積み重ねているため暑くなりすぎている状況です。だからといって布団を悪者と思うでしょうか?悪いのはやはり人間でしょう。
そのようなCO2ですから、もともと地球上に無い猛毒の高レベル放射性廃棄物などとは当然扱い方が違うべきです。CO2は薄ければ無害で、炭酸飲料にもなるくらいです。残留毒性が無いので殺虫剤としても理想的です。
しかし、大気中にはCO2は既に多すぎるので、大気中に出て行かないように、布団を地下の倉庫にしまっておこうというのがCO2地中貯留の考えで、しまっておくにしても何かに役立つように工夫しましょうというのがCO2地中固定ーリサイクルの考えです。そのような工夫をこのホームページで紹介します。

2007年ノーベル平和賞を受賞した国連IPCCにより、油・ガス層と塩水帯水層へのCO2地中貯留は地球温暖化防止技術としてオーソライズされました。二酸化炭素回収・貯留(CCS)
による化石エネルギー利用のゼロエミッション化により、地球温暖化は防止できます。 新しい環境産業を創出するので、経済にマイナスではありません。 しかし、地球に優しい安全な技術であるためには、科学の裏付けが必要です。地下については解明されていない事も多いので、今世界で様々な研究開発が進められています。本ホームページでは温室効果ガスを如何に安全かつ経済的に地中に封じ込めるか、私共自身の研究を中心に紹介します。
20世紀は石油バブルの世紀でしたが、21世紀は石油枯渇の世紀になります。米国の石油生産に続いて、北海油田もピークを過ぎただけでなく、石油バブルの原動力である中東の巨大油田もピークに達した可能性があります。中東以上の優良巨大油田の発見はもう望めないでしょう。その代わり、石炭は確認されている埋蔵量が豊富なだけでなく、その10倍から100倍もの深部石炭が潜在する可能性があります。しかし、石炭の利用がさらに増えると地球温暖化が加速される恐れがあります。中国では、平均して4日毎に一つずつ石炭火力発電所が建設され、米国でも約150の石炭火力発電所建設が計画されています。インドなども加えれば、2020年頃までに各国で建設される石炭火力発電所だけで、日本の総排出量の3倍上のCO2排出増になるでしょう。つまり地球上にCO2排出源が日本3個分も増えます。これでは、いくら日本が温室効果ガス排出を削減しても、地球温暖化を防止できません。
しかし、悲観する必要はありません。CO2マイクロバブル固定は柔軟性の高い革新技術で、世界の多様な地質に対応して安全な地中貯留(CCS)が可能です。積極的に考えれば、発電所や水素製造所の新規建設はゼロエミッション化のチャンスです。 水素社会でもなお石炭は主要一次エネルギー源です。将来の水素社会にCO2回収・貯留(CCS)は必須です。
 世界の石炭火力発電所や水素製造所をCO2回収・貯留(CCS)により国際協力でゼロエミッション化しましょう。
炭素税も世界均一にすれば、公平なので経済に悪影響はなく、石油の浪費を防ぎ、代替エネルギー開発を促進する効果もあります。先進国が率先して産業革命以後の累積排出量に応じた出資金を拠出して基金を設け、世界均一炭素税を運営資金にして、世界の化石燃料利用のCCSによるゼロエミッション化を支援すれば、途上国の経済成長を助け、新しい産業が生まれます。基金は、児童への食料支援や教育支援や医療支援にも使えます。原子力発電やバイオ燃料に比べても、CCSの方がリスクは小さいでしょう。
CCSはエネルギー再生にも貢献できます。地球を破滅から救う事実上唯一の道です。

   CO2地中貯留の概要を、要約しました。
小出 仁(2000) CO2の地中隔離、 乾智行編:CO2の固定化・隔離の最新技術、(株)シーエムシー出版、112-123.(2006年8月に縮刷版が再刊された)

より詳しくは、下記の3編をご覧ください。
小出 仁 (2000) CO2地中隔離技術(1) ,月刊エコインダストリー, Vol.5, No.2,p.21-28
小出 仁 (2000) CO2地中隔離技術(2) ,月刊エコインダストリー, Vol.5, No.3,p.14-23
小出 仁 (2000) CO2地中隔離技術(3) ,月刊エコインダストリー, Vol.5, No.4,p.19-27

CO2固定の革新技術を重点に要約しました。
小出 仁 (2002) CO2地中固定−地球温暖化防止とエネルギー問題の同時解決へ−、未来材料、第2巻第8号,p39-45

ただし、CO2マイクロバブル固定技術は、最近の開発なので、CC地球システム(株)MXE02263@nifty.comにお問い合わせください。



<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com