温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース



近づく東海地震と駿河湾の地震
http://homepage3.nifty.com/zeroemission/

2009/8/11午前5時7分 駿河湾の地震、M6.5発生、近づく東海地震。今回は、予期されている「東海地震」のようなプレート境界地震ではなく、沈み込むフィリピン海プレート内部の地震で、右横ずれ型でした。圧縮軸は北北東ー南南西で、横ズレ成分を伴う逆断層とも言われていますが、伊豆半島で起きる地震と似たメカニズムです。1974年伊豆半島沖地震を起こした石廊崎断層の延長部が活動した可能性があります。地震防災対策強化地域判定会は、プレート境界の地震ではなく、ゆっくりした地殻変動はあるが東海地震の前兆すべりではないと判断して、東海地震に結びつくものではないと発表しました。しかし、想定される東海地震プレート境界断層の直下でおきた地震ですから、今後、東海地震/東南海地震/南海地震の続発を警戒すべきでしょう。今回の地震の震源深さは23kmで、東海地震のプレート境界断層よりかなり深いようですが、右横ずれ断層ですから、今回の断層のズレにより、東海地震プレート境界断層の南西部分つまり東海地震の南西側半分と東南海・南海地震の側は、すべりが加速されます(上図参照)。つまりそれだけ地震に近づいたので、やはり要注意です。さらに、今回の地震はプレート境界の下のフィリッピン海プレート内で発生したのですが、プレート境界を越えて焼津付近の地殻変動に影響が表れています。津波があったことも、プレート境界断層を越えて変形が海底面まで及んだことを示しています。東海地震の震源であるプレート境界断層に影響がある証拠になります。日本最大といわれる宝永地震の再来ーつまり東海地震―東南海地震―南海地震の同時発生が最悪の地震シナリオですが、大地震の発生の可能性は近づいています。(温暖化防止地球システム株式会社 小出 仁)(茂木清夫・元地震予知連会長が、今回の地震が1974年伊豆半島沖地震と1965年静岡地震のほぼ中間で発生し、石廊崎断層を通り駿河湾を横切る構造線(広義の断層)の活動であることを指摘しています。また、東海地震が南側だけ動く可能性も指摘しています。8月14日朝日新聞)
 


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com