温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


Google
バイオ炭CO2固定による温暖化防止  
バイオ炭CO2固定
(バイオ炭は、バイオチャーあるいはアグリチャーとも呼ばれます)
バイオ炭が最近注目されています。アマゾンの熱帯雨林の中にテラ・プラタTerra Preta(ポルトガル語)という黒土があり、普通の土壌よりも植物の生育がはるかに良い不思議な土でした(『レヴィ = ストロースの庭』)。土器が混ざっているので人間が造った土であることは判っていましたが、昔のアマゾンの原住民が作物クズなど有機物を焼いて造った炭(スミ)を土壌に混入していたためであることが明らかになりました。植物は大気中のCO2を使って有機物を造りますが、有機物のほとんどはまたCO2に分解され、大気に戻ってしまいます。しかし、有機物を焼いて造った炭(スミ)は、土壌中の微生物にも分解され難く、土に混ぜれば多く地下に埋もれてゆきます。このためバイオ炭(バイオチャー:biochar)を土に埋めると、大気のCO2削減になります。つまり有機物から造ったバイオ炭は、温室効果ガス削減と土壌の改良に役立ちます。炭焼きの時に出るガスや熱も役立てることが出来ます。

日本でも、木炭や竹炭や有機廃棄物から造った炭を埋めて土壌改良剤として使われています(例えば、「炭 とことん活用読本、別冊現代農業読本2004年7月号http://www.ruralnet.or.jp/gn-tokubetsu/betsu/200407.html」)。小川眞先生(元農水省林業試験場)は「炭をやき,その炭を活かすということは,地球の大きな炭素循環をただす運動でもあるのです」と述べ、炭を土に埋めて温暖化防止に役立てることを提案しています。

世界の耕地でバイオ炭を使えば、温室効果ガスの削減量も大きく、食料増産や森林再生や沙漠緑化にも役立ち、一石何鳥にもなるでしょう。バイオ燃料は、植物が吸収したCO2を、自動車のエンジンで燃やして大気に戻してしまうため、大気中のCO2濃度は減りません。しかし、バイオ炭なら、土に埋めた炭のうち分解せずに地下深くに埋もれた炭素は大気に戻らないので、大気中のCO2濃度がその分減ることになります。つまり大気中のCO2の実削減になり、バイオ燃料より優れていると言えます。
バイオ燃料も有機廃棄物から造れば良いのですが、耕地拡大により森林破壊をする結果になっては、却って温暖化を促進して取り返しのつかないことになります。昔のアマゾン原住民も密林の一部を耕地にしていたのですが、バイオ炭で土壌を改良していたので、後は密林に戻りました。アマゾン原住民の方が賢こかったようです。http://www.biochar.org/

2009年4月「日本バイオ炭(たん)普及会」発足
 http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20090212018/1.htm


CC地球システム(株)は、地球温暖化防止のため様々な研究開発をしていますが、緊急提案として、国際協力による世界的なCO2地中貯留インフラ整備(CO2排出源集積地と地中貯留サイトを結ぶCO2幹線パイプラインなど)と安定なCO2微細泡地下注入技術の実用化を呼びかけています。究極的には、生命が誕生した頃に近い原始還元環境を利用してCO2を固定し、メタンを再生する地中炭素リサイクルにより持続的なエネルギー資源再生と地球温暖化防止の両立を目指しています。


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com