温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


 二酸化炭素炭層固定 

Google
CO2注入による深部石炭層からのガス抽出は将来の膨大なエネルギー源になります。超臨界状態のCO2を地下深部の炭層に注入して、非燃焼方式で石炭からガスを抽出します。膨大な量の未利用エネルギー資源が活用できるようになり、しかも温室効果ガス削減に貢献できる一石二鳥の技術です。

最近、日本の地下数千メートルの深部に数兆トン以上に達するような膨大な量の石炭が発見されている。深すぎるので従来の採炭法では採掘できないが、 CO2を注入し、石炭からガスを抽出する方法を開発すべきである。世界の深部石炭はあまり調査されていないが、日本の例からも膨大な量になると考えられる。 深部石炭のうち比較的調査の進んでいる北海道中央部(石狩平野部、天北―留萌)の比較的浅部(1,200m−3,000m)の石炭資源量だけで約1,000億トン、含有メタン推定量は約9,000億立方メートルで、CO2固定可能量は約35億トンになる。 CO2固定可能量は日本のCO2総排出量の3年分以上、メタン資源量は、2002年の日本の天然ガス消費量774億立方メートルの11年分にあたる。 三陸沖、常磐-磐城沖や九州北西沖などにも、北海道中央部に劣らない膨大な量の深部石炭が期待される。日本とその周辺海域の深部石炭は数兆トン以上存在し、メタン資源量は数10兆立方メートルに達し、CO2固定ポテンシャルは1千億トン以上になる可能性がある。

日本の深部石炭のCO2固定ーメタン生産能力
深部石炭ガス資源とCO2地中貯留


主な解説・論文
2006,小出 仁: 我が国の炭層ガス資源量とその温暖化対策への活用―新しいガス・ソース+CO2シンクとしての深部石炭層、日本エネルギー学会誌, Vol.85, p.112-118
2005,小出 仁 編著: CO2地中貯留と深部石炭・ガス複合資源開発、地殻深部エネルギー開発利用技術研究会(事務局:みずほ情報総研株式会社)、180p

2005,山崎豊彦、麻生和夫、鎮守次郎、小出 仁:我が国炭田の二酸化炭素固定可能量調査について、エネルギー・資源(学会誌)145 号、p.211-216

2001, H. Koide, K. Yamazaki: Subsurface CO2 Disposal with Enhanced Gas Recovery and Biogeochemical Carbon Recycling, Environmental Geosciences Vol.8 , No:3, p.218-224
2003a, Hitoshi Koide: CO2 SEQUESTRATION IN COAL SEAMS WITH CO2-ENHANCED GAS RECOVERY AND IN SITU FIRE-FREE GASIFICATION OF COAL, Proceedings TF2-C: p1-9, The 22nd World Gas Conference, Tokyo, June 4,2003
2003b, Koide, S. Nishimura, S.Satsumi, Z. Xue and X. Li: CARBON SEQUESTRATION IN COAL SEAMS IN JAPAN AND BIOGEOCHEMICAL CARBON CYCLE IN TERTIARY SEDIMENTARY BASINS, Greenhouse Gas Control Technologies, J. Gale and Y. Kaya (Eds.)19-03 Elsevier Science Ltd.p.703-708
2004,Hitoshi Koide, Toyohiko Yamazaki, Minoru Kuniyasu, Kazuo Aso, Jiro Chinju: Possibility of CO2 sequestration into coal seams in Japan, Proeedings for 7th International Conference on Greenhouse Gas Technologies, Vancouver, Canada, 5-9
2006, Hitoshi Koide and Minoru Kuniyasu : Deep Unmineable Coalbeds in Japan: Potential CO2 Sink and Untapped Energy Resource, Proeedings for 8th International Conference on Greenhouse Gas Technologies, Elsevier


<トップページへもどる>
地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:Hitoshi.Koide@gmail.com

Index:<トップページへ>
English <top page>
<CO2貯留による温暖化防止ーCCSニュース>
<CCS-温暖化防止関係学会・会議予定>
<CO2貯留ーCCS関係情報源>
<CO2固定研究会は情報交換の場です。>
京都議定書目標を守るには、約束期間末に実質20%以上もの大幅排出削減が必要になります!
ピークオイルは来るか?石油バブル崩壊を防げるか?

革新技術:安定なCO2マイクロバブル固定
地中炭素サイクル:地下メタン醸造所
膨大な新資源:クリーン深部炭層ガス抽出
<CO2塩水帯水層貯留は日本の水溶性天然ガス田がモデルです。>
<CO2炭酸塩化自己封入により廃坑や苦鉄質岩中に永久固定します。>
<CO2ハイドレート固定により極寒地や深海底下地層に無尽蔵の固定が可能です。>
<CO2貯留と地震の関係に関するナチュラル・アナログ研究>

<地中メタン生成古細菌によるカーボンリサイクルの提案>
<日本の深部石炭のCO2固定ーメタン生産能力>

環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。
ただし、十分価値があるとお認めいただけた場合に限り、御判断に応じた代金をお支払いいただければ幸いです。
CC地球システム(株)