温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


2010温暖化防止ジオエンジニアリングの話、地学クラブ資料ダウンロード
Google
地球工学(ジオエンジニアリングGeo-engineering)  

2009年2月15日 温暖化を遅くするために火山噴火を活性化させる!という驚くべき地球工学(ジオエンジニアリング)案が米国で話題になっているそうです。(http://www.enn.com/top_stories/article/39320) 火山噴火によって、寒冷化することは良く知られていますが、実際には火山噴火予知も困難な状況なので、まだ制御は無理です。インドネシアのタンボラ火山の巨大噴火により、世界が数年間大飢饉になったといわれています。将来、火山噴火を制御できるようになれば、防災のためには夢のような快挙ですが、むしろ、巨大火山噴火による寒冷化を温室効果ガスで抑制する方が、地球工学で実現し易いと思いますが?


最近、地球工学(ジオエンジニアリングGeo-engineering)が注目されています。地球工学は新しい概念で、種々雑多な技術が地球工学を名乗っていますが、通常は、地球を工学的な手法で維持ないし改善しようとする学問分野を地球工学と言います。特に、地球環境や防災を重視して、環境地球工学とも言います。拡大解釈すれば、広範な地域の環境に影響を与える可能性のあるような大規模工学技術は地球工学に含められます。「世界は神様が造りたもうたが、オランダはオランダ人が造った」と言われるオランダは地球工学の元祖といっても良いでしょう。悪い例では、ソ連時代の中央アジアでの大規模な灌漑事業はアラル海の縮小を招きました。大規模に環境を変えようとすれば、想定外の悪影響がでることもあるという例です。

 危険だから地球工学に反対という人が多いのは事実です。確かに、地球工学と称する技術には、荒唐無稽なものも多く、実用不可能な技術や目的外の悪影響の危険がある技術も多いのが現状です。しかし、反対する人が多くても、実は人類は地球工学の壮大な実験を既に実施しています。つまり、産業革命以来、CO2やメタンを大量に排出し、地球を温暖化する実験を行っています。世界中で、森林を破壊して、耕地や放牧地を作り、都市を建設することも、地球環境を改造しつつあります。70億人に達する人口増加自体が、無意識に地球工学を実施していると言えます。

 人類にとって、地球は小さくなりつつあるとはいっても、やはり地球は大きく複雑です。地球工学の基盤になるのは、地球科学ですが、地球については未知の部分が多く残っています。未知の自然を不用意に変えないように注意すべきなのですが、世界で66億人を超えた人類にとって自然を変えないようにすることが困難になっているのが現実です。自然の状態を守るためには、無意識の地球工学実験は止めて、大気のCO2濃度は産業革命前の280ppmに戻すべきでしょう。しかし、ご承知のように産業革命以後100ppmも増加したCO2濃度の増加をくい止めることすら難しいのが現実です。

 意図しない誤った地球工学に対抗するために、地球工学が必要になっています。つまり、地球規模の破壊には、地球規模の対策が必要です。人類が無意識に破壊した地球を修復するには、否応無く新しい地球工学が必要になっています。新しい地球工学の候補として、CO2回収・貯留(CCS)等が提案されています。CO2回収・貯留(CCS)は、大気中に増えすぎたCO2をこれ以上増やさないようにしようとする技術であり、さらに、できれば大気中のCO2濃度を減らして産業革命前の自然の280ppmに戻そうとする技術がCO2固定です。

 ただし、地球工学を実施するには、地球を良く理解していなければなりません。地球について未知の部分が多く残っている状況での地球工学には、次のような留意が重要と思います。この地球工学の原則には、異論もあるでしょうが、たたき台として書いてみます。

1.「絶対」は無い。絶対安全と思えることにこそ注意が必要である。
2.安全と安心は異なることを注意する。大事故は安心しきっている時に起きる。警告があっても聞く耳を持たない組織は危険である。
3.研究は積極的かつ徹底的に、実施は慎重に。研究しても、実施しないで済めば、最善である。
4.やむを得ず実施する場合は、その前にまず自然の状態を徹底的に調べる(ベースライン調査)。関係ないと思われることも含めて総合的な調査をする。
5.実施前に、実施した場合の影響を細大漏らさず予測する。可能性の小さいことも含めて、予測すること。
6.過去は未来の鍵である。
7.自然からの逸脱(逸脱の程度及び範囲)を出来るだけ小さくする。
8.既に自然から逸脱している場合、あるいはやむを得ず逸脱してしまった場合には、自然の状態に戻す方向で対処する。
9.可能な限り自然のプロセスを利用あるいは模倣する。
10.実施中及び実施後も十分な期間と範囲で観測・監視するし、悪影響が無いことを確認する。
11.実施したこと、観測したことを細大漏らさず記録し、記録を保存し、公開する。
12.地域との共生が最重要である。NIMBY(Not In My Back Yard)は当然の感情であり、それだからこそ住民参加が必要である。



<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com