温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


Google
温暖化による氷河地震ー海面上昇ー大津波
http://homepage3.nifty.com/zeroemission/glacialquake.htm

南極大陸も10年ごとに平均0.12度気温上昇しているという分析結果を、米国ワシントン大学が英国科学誌ネイチャーの2009年1月22日号に発表しました。衛星観測データと昭和基地を含めた42地点の観測データをまとめて、分析したものです。南極も地球の他の地域と同じように温暖化しているということです。

温暖化している南極大陸の氷河で大きな地震(氷震?)が頻繁に発生しているという恐ろしい報告(1ページの短報ですが)が、ナショナル・ジオグラフィック誌の英文版2009年1月号に掲載されています。地震は一日2回も発生し、マグニチュード7に達するといいます。あの1995年兵庫県南部地震がマグニチュード7.3ですから、その大きさはおどろくべきものです。ただし、マグニチュード7の地震とは言っても、20分から30分もかかるゆっくりした揺れなので、氷河の上に立っていても揺れを感じないだろうといいます。それに人は住んでいないので、温暖化による氷河地震で直接の被害はないでしょう。しかし、5,000キロも離れたオーストラリアで震動を観測できるそうです。

氷河地震を発生している南極大陸のWhillans氷流は幅100キロ長さ500キロもあり、ロス海に流れ込んで、ロス海の棚氷にぶつかっています。一方で、潮汐も棚氷を圧しているので、潮が引く時に氷河も辷り、氷河の下の岩盤の凹凸と擦れ合って氷河地震を発生するのだそうです。通常の地震も、断層の凹凸(アスペリティと呼びます)が擦れ合って、岩盤が破壊する時に発生するので、発生メカニズムはほぼ同じです。ただし、断層の片側が岩盤でなくて、氷河であるだけです。地震の主要な原動力は、氷河の重力ですが、潮汐が氷震の引き金を引くので、1日2回と、規則的に発生するのです。通常の地震でも潮汐が影響すると言う説はあるのですが、確かめられていません。氷震は、潮汐が引き金になっていることが確からしい初めての例でしょう。

最近、南極で発生している棚氷の大崩壊も地球温暖化を示す派手な現象ですが、棚氷は元々海に浮いている氷床なので、崩壊しても海面上昇は起こしません。しかし、南極大陸上にあるWhillans氷流が海に滑り落ちると、海面上昇を引き起こします。現在は、ロス海の棚氷に阻まれて、潮汐により60cm以内の辷りで少しずつ滑り落ちているのですが、棚氷が崩壊すると、支えを失って、もっと大きく辷ることになるでしょう。

海面上昇が、氷床の下面での岩盤との摩擦を減じて、氷床の流出をさらに助けるという指摘もされています(中尾正義:南極の崩壊と海面上昇、地学雑誌98巻5号、32−45ページ、1989年)。また、グリーンランドなどで、温暖化により氷河の表面で溶解した水が、氷河の割れ目から下に流れ落ち、氷河の下面と岩盤の間に溜まって潤滑し、氷河の流れを速めるという現象も最近多く報告されています。つまり、温暖化は氷河の辷り落ちをますます加速することになります。ゆっくりロス海に辷り落ちれば、それによる海面上昇も緩やかに起こりますので、世界に水没による被害をもたらしますが、人命の危険はほとんどないでしょう。しかし、幅100キロ長さ500キロのWhillans氷流が、巨大な氷河地震と共に、急激にロス海に滑り落ちれば、巨大津波を起こす危険もあります。

あまり一般の人々に知られていませんが、実は大変危険な自然災害として、火山体の崩壊による大津波があります。火山体は、火山灰や溶岩が繰り返し積もって形成されているので力学的に崩壊し易いのです。しだいに崩れて行くのが火山の宿命だと言ってもいいくらいです。しばしば噴火や地震が引き金になって崩壊が起こります。崩壊した先に海や湖があれば、津波を起こす事になります。200年以上昔になりますが1792年に雲仙火山の一部の眉山が崩壊して、有明海に大津波が起こりました。そのため約15,000人が犠牲になり、「島原大変肥後迷惑」と言われました。日本の歴史に残るうちで最大の火山災害です。
日本は火山や地震が多いので、心配のタネは沢山あるのですが、中でもスケールの大きな心配のタネは海の向こうのハワイ島です。ハワイ島は地球最大の火山です。活発な噴火をしているキラウエア火口からは、東方と南西方に割れ目が出来ていて、割れ目噴火を起こし、海にまで達しています。崩壊の準備ができているといえる状況です。ハワイのホノルルに行かれた事のある方は多いと思いますが、ホノルルの町から東へ坂を上って行くと、突然巨大な絶壁の上にでます。その東は急に落ち込み、目の前に海が広がっています。実は、ホノルルのあるオアフ島は古い火山で、ホノルルの東の崖は昔の山体崩壊の跡です。崖の東の火山体は有志前に太平洋に崩落したので、おそらく太平洋に大津波を起こした事でしょう。太平洋の周囲には昔の大津波の跡がいくつも残っています。もし今、巨大なハワイ火山で大崩壊が起きれば、津波が日本にまで達する怖れは十分あります。南極大陸の氷河崩壊とハワイの火山体崩壊と、どちらが差し迫っているのか今の所判断できませんが、いずれも注意が必要と思います。

南極やグリーンランドで温暖化による氷河融解ー氷河加速ー氷河地震発生ー海面上昇ー氷河崩落による大津波発生の恐れがあるだけでなく、ヒマラヤなどでも氷河湖の決壊という危険が差し迫っています。衛星などを利用して、世界の氷河の監視を国際協力で行うべきでしょう。監視をしていれば、崩壊を止める事はできないまでも、人間への被害を大幅に減らす事が出来ます。


CC地球システム(株)は、地球温暖化防止のため様々な研究開発をしていますが、緊急提案として、国際協力による世界的なCO2地中貯留インフラ整備(CO2排出源集積地と地中貯留サイトを結ぶCO2幹線パイプラインなど)と安定なCO2微細泡地下注入技術の実用化を呼びかけています。究極的には、生命が誕生した頃に近い原始還元環境を利用してCO2を固定し、メタンを再生する地中炭素リサイクルにより持続的なエネルギー資源再生と地球温暖化防止の両立を目指しています。

2007年ノーベル平和賞を受賞した国連IPCCにより、油・ガス層と塩水帯水層へのCO2地中貯留は地球温暖化防止技術としてオーソライズされました。二酸化炭素回収・貯留(CCS)による化石エネルギー利用のゼロエミッション化により、地球温暖化は防止できます。 新しい環境産業を創出するので、経済にマイナスではありません。


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com