温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


CO2ハイドレート自己封入 

Google
CO2を注入すれば、メタンハイドレート中のメタンを追い出して回収でき、さらに地下には安定なCO2ハイドレートによる人工のキャップロックができるので、膨大な量の温室効果ガスを封入することができます。極寒地の地下や深海底下(水深300mより深い海底の下の地層中)は冷温で圧力が高いので、二酸化炭素を注入すると岩石の隙間の中でCO2ハイドレートになるため絶対に漏れないのです。自己シーリング機能があるので、たとえ地盤に割れ目が生じても、自動的に修繕されて漏洩を止めます。しかも、メタンハイドレート下に蓄積しているメタンの回収ができる一石二鳥の技術です。

日本国内のほとんどの陸域の地下は十分に寒冷ではないので、安定なCO2ハイドレートが形成されませんが、周囲の海底下はCO2ハイドレート固定が可能です。特に、日本海やオホーツク海の海底は極めて冷温なので、CO2ハイドレート固定に最適です。また、シベリアやサハリン等は陸域でも寒冷なのでCO2ハイドレート固定に適しています。北海道最北部の一部では、陸域でもCO2ハイドレート固定が可能な地域がある可能性がありますが、地下温度を調査する必要があります。

シベリアなどで、温暖化により凍土が溶解したり、メタンハイドレートが分解したりして、地下のメタンが湧出し、温暖化を加速しています。このような溶解の怖れのある寒冷地で、CO2を地下に注入し、メタンを回収しておけば、CO2ハイドレートが地下に形成されます。CO2ハイドレートは、氷やメタンハイドレートより高い温度まで分解しないシールになり、温暖化しても地下深部のメタンを逃がさないので、温暖化加速の予防にも役立ちます。


主な解説・論文
1995, Self-trapping mechanisms of carbon dioxide in the aquifer disposal, Energy Conversion and Management, 36, p.505-508, Koide,H., Takahashi,M., Tsukamoto,H. and Shindo,Y.
1997b, Deep sub-seabed disposal of CO2 - The most protective storage-, Energy Conversion and Management, 38,Suppl. p.253-258, H.Koide, Y.Shindo, Y.Tazaki,M.Iijima, K. Ito,N.Kimura, and K.Omata


<トップページへもどる>
地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:Hitoshi.Koide@gmail.com

Index:<トップページへ>
English <top page>
<CO2貯留による温暖化防止ーCCSニュース>
<CCS-温暖化防止関係学会・会議予定>
<CO2貯留ーCCS関係情報源>
<CO2固定研究会は情報交換の場です。>
京都議定書目標を守るには、約束期間末に実質20%以上もの大幅排出削減が必要になります!
ピークオイルは来るか?石油バブル崩壊を防げるか?

革新技術:安定なCO2マイクロバブル固定
地中炭素サイクル:地下メタン醸造所
膨大な新資源:クリーン深部炭層ガス抽出
<CO2塩水帯水層貯留は日本の水溶性天然ガス田がモデルです。>
<CO2炭酸塩化自己封入により廃坑や苦鉄質岩中に永久固定します。>
<CO2ハイドレート固定により極寒地や深海底下地層に無尽蔵の固定が可能です。>
<CO2貯留と地震の関係に関するナチュラル・アナログ研究>

<地中メタン生成古細菌によるカーボンリサイクルの提案>
<日本の深部石炭のCO2固定ーメタン生産能力>

環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。
ただし、十分価値があるとお認めいただけた場合に限り、御判断に応じた代金をお支払いいただければ幸いです。
CC地球システム(株)