温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


2010温暖化防止ジオエンジニアリングの話、地学クラブ資料ダウンロード
未利用自然エネルギーで大気の炭酸ガスを吸い込む全自動大気CO2削減ジオエンジニアリング計画

Google
温暖化防止へ緊急提言:全自動大気CO2削減ジオエンジニアリング
CO2は人類にも大切な物質です。大気中のCO2濃度がゼロになれば地球の生物は絶滅します。大気中のCO2濃度が0.02%以下では地球は氷河期になります。大気中のCO2濃度が0.03%くらいが自然の状態と言われていますが、そのくらいでも1万年くらい経てば氷河期になるでしょう。しかし今は大気中のCO2濃度が0.04%に近づき地球温暖化が始まっています。CO2は大切な物質だから微妙な違いが大きな問題になります。増加したのは人間が化石燃料を大量に使って「近代文明社会」を築いたためです。

大気中のCO2は地表の温度を保っている大切な役割をしています。そのため大気中のCO2濃度がこれ以上増加しないようにする必要がありますが、「近代文明生活」をあきらめられないために、世界の指導者が集まって議論する事態になっています。でも、議論では解決しません。行動しなければならない時です。

地球は狭くなりましたが、これも化石燃料のおかげです。しかし、地球上には、遠洋や極地等、人間がほとんど使っていない土地がまだ沢山あります。遠洋は極地には自然エネルギー資源は豊富にあり、CO2収納場所としても理想的なのですが、人間が沢山住む都市から遠いために、運搬のコストとエネルギーロスが大きいので使われていません。

しかし、どんな僻地でも大気はあります。大気には僅かとはいえCO2が含まれているので、大気からCO2を回収すれば運搬費はかかりません。しかし、大気の分子1万個のうちCO2は3個から4個しか含まれていません。1万個のうち3個から4個のCO2分子を選り分けて、取り除くのは技術的に難しく、エネルギーも使います。しかし、遠洋や極地の未利用のエネルギー資源を使えば、エネルギー問題は解決できます。結局は技術の問題ですが、植物は実現していることですから、不可能ではありません。マイクロバブル技術を応用した大気CO2吸収技術を以下に提案します。

緊急提言:議論より、国や企業のしがらみの無い広大な海洋や極地の未利用の自然エネルギーを使って大気CO2をさっさと減らしましょう。海洋自然エネルギー利用「大気CO2削減“ひょうたん島”」と「極地大気CO2ハイドレート固定」:
究極のカーボンオフセットで排出ゼロ国実現(温暖化防止地球システム株式会社)

「CO2吸込ひょうたん島計画」:
自然エネルギーで大気からCO2を吸い込み続ける浮遊人工島“ひょうたん島”を多数海に浮かべて、温暖化ガスを無理無く大幅に削減する提案をしています。

「日本は世界屈指の広い国で、豊富な資源を保有しています」というとウソみたいですが、そのほとんどが海域にあるので気付いていないだけです。

沖ノ鳥島周辺等、世界6位の広大な日本の海域に眠る膨大な海洋エネルギーを活用して効果的に温暖化ガス削減が出来ます。

“ひょうたん島”を作って、海に浮かべれば、勝手にCO2を吸い込み続けるので、低コストです。経済や環境に悪影響は無く、雇用を促進し、技術力で地球を救えます。

“ひょうたん島”はさらにバイオ基地や魚養殖基地へ発展性もあります。

究極のカーボンオフセットで排出ゼロ国を実現しましょう。
(温暖化防止地球システム株式会社)

世界で初めて温暖化防止の本命CO2塩水帯水層貯留(CCS)を提唱し、革新技術CO2マイクロバブル固定(CMS)地下カーボンリサイクルも提案しました。


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com