CO2固定研究会

  2008年は京都議定書第一目標期間の開始と日本(洞爺湖)におけるG8サミットを控え、大幅な温室効果ガス排出削減技術の開発が喫緊の課題になります。アジアを中心にエネルギー需要は急速に拡大しており、二酸化炭素(CO2)大量排出の主因とされる石炭などの化石エネルギー資源を利活用する重要性はむしろ高まる傾向にあります。

地球温暖化を防止しつつ、エネルギー問題の解決を両立させるため、温室効果ガスの排出を抑制しながら化石エネルギーを利用できる唯一の技術として、CO2回収・貯留(固定)が世界的に注目されており、既に米国やヨーロッパ諸国などの世界各国で、CO2回収・貯留(固定)によるゼロエミッション火力発電計画が続々と発表されています。急変しつつある地球温暖化問題を取り巻く国際情勢や技術動向に鑑み、CO2回収・貯留(固定)による大幅な温室効果ガス削減の実現および新エネルギー利用促進のためのCO2削減基盤の構築に向けて、

1.CO2貯留に係る国際情勢やその技術動向についての幅広い情報提供を行う、

2.日本とその周辺海域におけるCO2貯留(固定)に係る地質情報の提供を図る、

3.必要に応じて非公開のワーキング・グループを作り、特定の技術開発を行ったり、地中貯留に係る民間企業の事業化可能性検討等の取り組みを支援する、

4.CO2回収・貯留(固定)に係る国民/地域住民との情報共有と理解を得る取り組みに向けた準備検討を行う、等による

CO2回収・貯留(固定)事業の創生に向けた研究会活動を目指しております。


<トップページへもどる>
地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:Hitoshi.Koide@gmail.com

Index:<トップページへ>
English <top page>
<CO2貯留による温暖化防止ーCCSニュース>
<CCS-温暖化防止関係学会・会議予定>
<CO2貯留ーCCS関係情報源>
<CO2固定研究会は情報交換の場です。>
京都議定書目標を守るには、約束期間末に実質20%以上もの大幅排出削減が必要になります!
ピークオイルは来るか?石油バブル崩壊を防げるか?

革新技術:安定なCO2マイクロバブル固定
地中炭素サイクル:地下メタン醸造所
膨大な新資源:クリーン深部炭層ガス抽出
<CO2塩水帯水層貯留は日本の水溶性天然ガス田がモデルです。>
<CO2炭酸塩化自己封入により廃坑や苦鉄質岩中に永久固定します。>
<CO2ハイドレート固定により極寒地や深海底下地層に無尽蔵の固定が可能です。>
<CO2貯留と地震の関係に関するナチュラル・アナログ研究>

<地中メタン生成古細菌によるカーボンリサイクルの提案>
<日本の深部石炭のCO2固定ーメタン生産能力>


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com