温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


Google
大規模CCS実現のためのCO2幹線パイプライン構想

温室効果ガス大幅削減を実現できる低炭素社会必須の技術
CO2地中貯留(CCS)の実用化競争が世界で始まっています。毎年数億トンのCO2大幅削減を短期に実現できる事実上唯一の技術です。
CC地球システム(株)は、地球温暖化防止のため様々な研究開発をしていますが、緊急提案として、国際協力による世界的なCO2地中貯留インフラ整備(CO2排出源集積地と地中貯留サイトを結ぶ幹線CO2パイプラインなど)と安定なCO2微細泡地下注入技術の実用化を呼びかけています。

CO2大規模排出源が大都市付近や工業地帯に集中して、排出源の近くでCO2地中貯留が難しいことがあります。大幅な温暖化ガス排出削減のためには、CO2排出源密集地域とCO2地中貯留サイトを結ぶ幹線CO2パイプラインなどのCO2貯留インフラ施設の整備が必要になります。米国にはコロラド州とテキサス州を結ぶ長大なCO2パイプラインが既にありますが、ヨーロッパでも北海にCO2パイプラインを敷設して、周辺諸国のCO2排出源からCO2を集めて、北海海底下の帯水層や油ガス層に貯留する計画があります。日本でも、首都圏や西日本で幹線CO2パイプラインを敷設し、CO2海底下地中貯留や深部炭層貯留を実施すれば、温暖化ガス大幅削減が可能です。もちろん、パイプラインの安全性について十分な配慮が必要です。



CC地球システム(株)は、地球温暖化防止のため様々な研究開発をしていますが、緊急提案として、国際協力による世界的なCO2地中貯留インフラ整備(CO2排出源集積地と地中貯留サイトを結ぶCO2幹線パイプラインなど)と安定なCO2微細泡地下注入技術の実用化を呼びかけています。究極的には、生命が誕生した頃に近い原始還元環境を利用してCO2を固定し、メタンを再生する地中炭素リサイクルにより持続的なエネルギー資源再生と地球温暖化防止の両立を目指しています。


<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com