温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース


グローバル・グリーン・ニューディール対温暖化懐疑論
http://homepage3.nifty.com/zeroemission/skepticism.htm

2009年2月15日 中国やインドなどの石炭火力発電所増設などによりIPCC報告書の予想以上に速く温暖化が進み、さらに気温上昇が森林や凍土からの温室効果ガス放出を加速し、21世紀末までにコントロールできないスパイラル状態になる怖れがあるとクリス・フィールド教授(スタンフォード大)が、アメリカ科学振興協会で警告しました。http://www.sciencedaily.com/releases/2009/02/090214162648.htm

  2009年4月17日 米国環境保護局はCO2及び他5種の温室効果ガスを大気浄化法の汚染物質と正式に宣言しました。米国が正式に政策転換し、CO2は温暖化原因と公認しました。さらに、CO2は海洋酸性化も引き起こしつつあるという疑いも強くなっています。http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/0ef7df675805295d8525759b00566924!OpenDocument

2009年4月24日 産業ロビイスト・グループ は故意にウソを言っていた! Global Climate Coalitionは石油・石炭・自動車など主要企業が参加し、数百万ドルを費やして、京都議定書に反対し、地球温暖化は人為的ではないと主張するキャンペーンを行ってきたが、1990年代半ばにCO2による地球温暖化は科学的に十分根拠があり、否定できないという内部科学者報告を隠していた。 http://www.businessinsider.com/oil-coal-auto-industry-lobbyist-lied-about-global-warming-for-years-2009-4
http://www.nytimes.com/2009/04/24/science/earth/24deny.html?_r=4&pagewanted=1&hp

2009年4月30日 気候変動:悪いことが多すぎる Nature誌気候特集

あの米国でも温暖化論議は終わったと言う雰囲気になり、オバマ新大統領はアメリカ経済再生のためにグリーン・ニューディール政策を打ち出しています。しかし、今、日本ではどういう風の吹き回しか温暖化懐疑論がもてはやされています。温暖化の原因については、「人為起源CO2温暖化説は「正しい」か?(江守正多)、日経エコロミーhttp://eco.nikkei.co.jp/」など、多数の論議がなされていますので、ここで論議するつもりはありません。

 ただ、年寄りは、つい、これは「いつか来た道」ではないかと心配してしまいますので、一言述べておきます。もちろん、科学者は批判精神を持つべきで、議論がある方が健全です。しかし、環境問題は現実に被害が起きていることもあるので、急がなければならない面があります。損害が経済的に大きいこともありますが、何と言っても、人間の命や健康に関わるからです。「予防原理」は、地球環境とか自然災害のような、影響は大きいが、複雑すぎて因果関係の解明が難しい問題に適用すべきでしょう。

 「いつか来た道」と言うのは、かっての公害問題です。産業成長の負の面として、激しい公害問題が起きた時代があったことは多くの人々が記憶していると思います。当初はいずれの公害問題も原因が判らなかったのは仕方ないとしても、その多くは意外に早い時期に「正しい原因」が突き止められていました。ただし、「正しい」と皆に認められたのはずっと後のことで、その間、激しい批判に攻撃されました。いくつかは真面目な批判でしたが、いいがかりとしか思えないものもありました。ともかく、そのような批判が成功したのは、科学への不信とまでいかなくても、少なくとも「真相は判らない」という印象を一般の社会に与えたことです。それが逃げ道になって対策をとらない言い訳になり、問題の解決は長引き、回り道をすることになりました。正しいことを言った科学者が窮地に立たされることさえありました。しかし、それでも遅まきながら採った対策が次第に効を奏し、激しい公害が影を潜めてきたこともあり、時間と共に真相は明らかになり、批判は影を潜めました。四大公害裁判もすべて被害者側の勝利で終わりました。様々な人々の努力もあり、公害は過去の問題になったと言われるまでになりましたが、それまでに長い時間がかかり、問題は複雑になり、被害者は長く苦しむことになりました。

2009/7/08 水俣病救済法が成立 第2の政治決着、対象は2万人超、救済を受け入れる姿勢を表明している被害者は熊本、鹿児島の約4千人。一方、熊本、新潟の約2千人が「分社化は加害者の責任逃れを許すことだ」と反対し、訴訟を続ける意向だ。(朝日新聞)
水俣病の始まりから半世紀以上すぎ、今では正しい原因とされている有機水銀説が出てからでもちょうど50年になりましたが、まだ、公害問題は終わっていないようです!

 公害問題は、実は複雑化して地球環境問題になったという見方もあります。それだけに、温暖化問題が同じ轍を踏まないか心配になります。繰り返して言いますが、議論をするのが悪いとは言っていません。それを不作為の理由にしないようにという取り越し苦労で言っているのです。温暖化懐疑論と言っても、一枚岩ではなく、いろいろあるようですが、大気中の二酸化炭素濃度が増加していることは観測データで明らかですし、今現在の傾向として温暖化していることは多くの人が認めているようです。しかし、人間の活動が>>>大気中の二酸化炭素濃度増加を招き>>>それが大きな原因となって>>>地球温暖化しつつある・・・と結びつけるのは、陰謀だということになるようです。今、気温が上昇しているのは、人間のせいではなく、自然の変動によるものだから、10年もすれば気温は下降に向かうと言っている人も居るそうです。それが正しいかどうかは10年以上経てば、結果は判るでしょう。

地質学的には、現在は間氷期・・・つまり氷河期と氷河期の間ですから、自然のままなら、寒冷化に向かい、いずれ氷河期になると言われています。ここ2〜3年、太陽の黒点が少なくなり、太陽の活動が弱まり、17〜18世紀のような「ミニ氷河期」の前兆ではないかと心配されています。もっと予測の難しいことですが、地球のどこかで火山が巨大噴火して、世界が数年間寒害に悩まされることも無いとは言えません。そうすれば、急いで二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスを大放出して、温暖化させるなどということになるかもしれません。気候の変動はもっと激しい方が普通であり、ここ1万年間は気候は「異常に」安定していたことは事実です。人類は幸運だったと言えます。むしろ、気候が安定していたのが、人類文明が発展した原因かもしれません。ネアンデルタール人が高い能力を持っていたのに絶滅したのが不思議といわれていますが、ネアンデルタール人は不運だっただけかもしれません。寒冷化するにしても温暖化するにしても、要するに、気候が急変し、不安定になるのが問題なのです。

 産業革命前には、大気の0.03%以下だった二酸化炭素が、今や0.04%を越えようとしています。わずかな変化のようですが、大気中の二酸化炭素は、地球の布団です。ようするに、三枚でちょうど良かった布団を、むりやり4枚に増やしたということです。暑くなるのは当然でしょう。アルプスの氷河後退、ヒマラヤの氷河湖決壊、北極の海氷縮小、シベリアの凍土溶解、シロクマの受難、ハリケーン・カトリーナ、アメリカ中西部の竜巻、南極の氷河地震、カリフォルニアやオーストラリアの山火事、熱波、中国の旱魃・・・・その中には冤罪もあるかもしれませんし、それぞれの因果関係を「科学的に」解明することは難しそうです。しかし、多くの科学者が言うように、人為的な温暖化により世界にいろいろな影響が広がっているのなら、10年といえども結論が出るのを待っていて良いでしょうか?私には既に行動するのに十分明らかになっていると思えるのですが・・・。

 今、米国発の金融危機が世界に広がっていますが、日本のバブル崩壊後の「失われた10年」の轍を踏まないよう、経済再建策の大胆かつ早期実行が世界の合い言葉になっています。日本は温暖化対策でも「失われた十年」を繰り返したなどと言われたくないと思うのは老婆心でしょうか?京都議定書の目標は、1990年を基準としていますが、日本はそれまでに省エネルギーが進んでいたので損だと言われています。確かに1990年代に温暖化対策技術の国際会議に参加すると、真面目に温暖化対策の研究開発を行っているのは、日本人くらいと感じたものです。今でも、技術的には日本はまだ優位にあると思います。しかし、最近は外国も本気になってきて、特に実践面で遅れをとりつつあるという怖れを大きく感じます。日本が本気になって温室効果ガス削減に取り組めば、かなり効果は上がるでしょうし、国際舞台でも尊敬されて、日本の意見ももっと通ると思うのですが・・・。

2009年2月オーストラリア南東部の森林火災は200人以上の死者を出す惨事になりました。放火があったと騒いでいますが、根本原因は温暖化でしょう。米国でもカリフォルニアなどで山火事が多発していますが、2005年8月末のハリケーン・カトリーナでは2,000人以上の死者・行方不明者が出ています。是等も因果関係を解明するのは、やはり難しいでしょうが、極論ですが、結論を出せないこと自体が、科学の未熟による災害だとも言えます。米国もオーストラリアも、前政権は、「温暖化対策は経済に悪い」と言って、自国だけでなく国際的な協調さえ妨害しました。これはもう政治による災害と言ってもよいでしょう。地球環境問題は経済の問題よりも、人間の生存の問題ですが、不作為による経済的被害は膨大になります。見逃されている地球温暖化の最悪の影響の一つが、米国中西部やオーストラリアの沙漠化です。米国・オーストリア国内の破綻だけでなく、世界が頼っている最後の貴重な食料源を失う事になるためです。

 もちろん、地球温暖化の影響は悪い事ばかりでなく、北極海が氷で閉ざされなくなれば、航路として使えるようになります。22世紀には北極海は古代の地中海の様に文明の中心になるかもしれません。しかし、地球温暖化は人間の生活や経済や、そして政治に大きな影響を与える事は確かです。そのために人間が滅びるとは思いませんが、大きな混乱をもたらし、適応に長い期間がかかり、膨大な経済的・物質的負担を後世に残すでしょう。

 話は変わりますが、今から120年前の明治22年に、地学雑誌という学術誌に「石炭の消費は大気の質を変ずることなきや」という1ページの短い論文が掲載されています。著者の山上萬次郎は後に学習院教授になる大先生(専門は、地理学および地質学)ですが、当時は旧制一高を卒業して、帝国大学理科大学(東京大学理学部の前身)地質学科に入学したばかりの満21才の青年でした。その山上青年が、当時の文明開化により、工場が建ち、煙突が林立して煙を出す様を見て、恐怖心を抱いたようです。そこで、学んだばかりの学識をさっそく活用して、計算をして、初論文を書きました。

 簡単に要約すると「今は、石炭の世である。工業の盛んな所では、煙突が空にそびえて、炭酸ガスが絶えず大気中に上昇するのが見える。現在、地球上での石炭の産出高は毎年3億6千万トンに達し、1日平均百万トン以上になる。石炭に代えて松の木を燃やすと、およそ26億2千5百万本も必要になる。これだけの量の松の木は、2万7千7百3十7平方キロメートルの森林になる。さらに、年々上記の量の樹木を伐採して、差し支えなく森林を維持するには、2百9万8千2十平方キロメートル、すなわちドイツ帝国の4倍の面積の森林が必要である。

 世界の石炭の燃焼により、世界の人間が呼吸で出す量の倍以上の炭酸ガスが出ると計算される。しかし、地球を囲んでいる5千兆トンの大気は、3兆トンの炭酸ガスを含有している。3兆トンの炭酸ガスは、およそ8千億トンの炭素を含有する。石炭の消費により年々燃焼する炭素分2億5千2百万トンは、大気中の炭素の0.0315%に過ぎない。そうすると世界中で石炭を燃やしても、大気中の炭酸ガス濃度0.04%が、0.0400126%に変わるだけで、差はごく僅かで、測定しても検出できない。(前述のように、今は大気中の炭酸ガス(二酸化炭素)濃度は0.04%に近いですが、120年前なら0.03%とする方が近いのですが、原文が0.04%(一万分の四)としているので、そのまま0.04%にしました。論旨には影響ありません)」として、やはり自然は偉大で、人間が影響を及ぼすことは出来ないと結論しています。山上青年は、地球温暖化は知らなかったようですが、120年前なら影響無しという判断は正しかったでしょう。

 現在,世界人口は120年前の4ないし5倍に増加していますが、人為的要因による全二酸化炭素(炭酸ガス)排出量は炭素換算約73億トンに達しているので、1890年の約21倍になっています。山上青年の考えた簡単な方法に習って、人為的二酸化炭素排出つまり化石燃料(今は石炭だけでなく石油や天然ガスも含む)の燃焼による大気中の二酸化炭素濃度の上昇を計算してみますと、今では最大3.5ppm上昇すると計算されます。実際に、温室効果ガス世界資料センター(WDCGG)の解析によると、2005年から2006年に世界の大気の二酸化炭素平均濃度は2.0ppm増えています(気象庁,2008)。

 実際には、天然の排出や海や森林による二酸化炭素(炭酸ガス)の吸収もあるので、このような簡単な計算だけでは結論づけられませんが、120年前には大気の変化を検出することは不可能であったが、現在では人為的な二酸化炭素排出が地球規模で大気の質を変えることを実測できるようになっていることは確かでしょう。二酸化炭素排出量の増加と測定技術の向上によるものですが、山上青年が今居れば、二酸化炭素(炭酸ガス)の人為的排出が大気に影響している筈だと思ったでしょう。山上青年のこの小論文は、鋭い観察力と柔軟な頭脳と十分な分析力を持った科学者がいれば、きわめて早い時期に地球環境問題に気付く可能性もあったことを教えてくれます。120年経っても全然進歩していないと、山上先生に笑われるかもしれません。

2009年2月15日 「半影月食」時に地球が太陽の大部分を覆い隠し、地球がダイヤモンドリングのように見える瞬間を、月周回衛星「かぐや」からハイビジョンカメラで撮影した映像が公開されました(JAXA/NHK:http://www.jaxa.jp/)。ダイヤモンドのように見えるのは太陽の先端部ですが、細いリングのように光って見えるのは、地球の周囲の大気が光を散乱するためだそうです。つまり月からは地球の大気が青く、リング状に光っているように見えるのです。美しい映像ですが、それと共に、私には地球を取り巻く大気の層の薄さの方が印象に残りました。地球から外へ大気は次第に希薄になるので、地球の大気と宇宙の境は明瞭ではありませんが、太陽の光を散乱して映像に見えるくらい濃い大気の層はごく薄いことが判ります。「半影月食」時の地球の周りに光る細いリングを見て、地球の生命を守る大気の層が大変に危うく感じました。

 「宇宙船地球号」で、荒ぶる宇宙から生命を守っているのは大気しかありません。その「大気の質」を変えるのは怖いと感じるのは、科学者として正常な感覚でしょう。120年前の山上青年の時代には、大気中の二酸化炭素(炭酸ガス)濃度は0.03以下で、産業革命前の状態とほとんど変わりませんでしたが、今は0.04%に近づいています。気象庁によれば、2006年の世界の平均濃度は381.2ppmで、産業革命以前の平均的な値とされる280ppmに比べて36%増加しています。人類は、無謀で壮大な地球工学の実験を、世界中で協力して、科学的な予測に逆らって闇雲に推進している状態です。やはり、二酸化炭素排出は出来る限り減らすべきだと私は思います。

 「宇宙船地球号」は、すぐには停まれません! つまり、たとえ今すぐCO2排出を完全に無くしても、地球温暖化はかなりの期間は進行します。まして、2050年にやっとCO2排出を半減する程度では、地球温暖化が大きく進む事は覚悟しなければなりません。既に、1メートル以上の海面上昇は避けられなくなっていると思います。南極やグリーンランドの大陸氷河の融解が始まっている状況からして、今世紀中に数メートルの海面上昇を覚悟しなければならないでしょう。今すぐにも、世界が全力を挙げて地球温暖化対策をしなければならなくなっていると思います。

 金融危機に発した世界大恐慌で“大胆かつ迅速な”経済再生策が求められています。ここでも懐疑論が足を引っ張っています。一番怖いのは、保護主義が頭をもたげて、各国がエゴに走る事です。最悪の“いつか来た道”ー世界大戦への道になりかねません。しかし、各国がエゴを排し、
世界が協調して大規模な地球規模の温暖化対策を実施すれば、世界大恐慌と地球温暖化の両方を防ぐことができます。人類に残された唯一の道だと思いますが、如何でしょうか?

2009年2月17日 米国のオバマ大統領はアメリカ再生法が成立するとすぐカナダに初外遊し、CO2回収・貯留(CCS)技術開発中心の2国間協議「クリーンエネルギー対話」を創設、続いて、クリントン米国務長官が中国を訪問し、CO2回収・貯留(CCS)などのクリーン・エネルギー技術に関するパートナーシップを創設しました。その後、日本の麻生首相が外国首脳として初めてオバマ大統領とワシントンで会談し、日本もオバマ大統領のグリーン・ニューディールに協力する道筋がついたようです。世界的なグローバル・グリーン・ニューディールへの布石が着々と打たれています。ヨーロッパとオーストラリアは、すでに意欲的なCO2回収・貯留(CCS)研究開発計画を進めています。グロ―バル・グリーン・ニューディールを世界で進めるチャンスです

小出 仁(2008)地学雑誌 第一集第十二巻(明治22年)「石炭の消費は大気の質を変ずることなきや」(山上萬次郎):地球環境問題に気付いた科学者の卵、地学雑誌117巻4号,p.817-820


低炭素社会必須の技術
CO2地中貯留(CCS)の開発競争が世界で始まっています。毎年数億トンのCO2大幅削減を短期に実現できる事実上唯一の技術です。しかし、既存の技術での実用は、油・ガス産地などに限られていましたが、当社はもっと普遍的に利用可能なCO2マイクロバブル(微細泡化)固定技術(CMS)を提唱し、開発しています。15年以上前にCO2地中(塩水帯水層)貯留技術を世界で初めて発表し、実用可能であることを示した(1992年第1回温室効果ガス管理技術国際会議)時は、初めて実効性のある温暖化防止技術が現れたと評されました。CO2マイクロバブル固定技術は、その後15年間の研究のまとめになるCO2地下注入の最新技術で、地中貯留の安全性を高め、広範な地域で低コストなCO2排出削減を実現できます。さらに、CO2マイクロバブル地下注入は、 CO2高度固定やメタン資源再生の可能性も広げますので、地球温暖化防止の切り札になると期待しています。

バイオ炭(バイオチャー)CO2固定(biochar carbon sequestration)による温暖化防止
が最近注目されています。アマゾン原住民に学んだ一石何鳥にもなる温暖化防止技術です。「魔法の土」が大気の温室効果ガス低減と食料増産/森林再生/沙漠緑化に貢献します。

石炭火力発電所にCO2回収・地中貯留(CCS)付設を義務付ける国も現れています。CCSは石炭延命のためのゴマカシで、エネルギー企業には短期に実用化できる見込みも意志も無いと主張する懐疑論も強くなっています。CO2地中貯留(CCS)は実用性の高い技術ですが、現在実用化されているのは、油・ガス産地などに限られています。CO2は水より軽いために、地下では浮力により上昇する性質があるためです。当社が提案し、開発しているCO2マイクロバブル(微細泡化)固定技術(CMS)は、浮力が極小になるためCO2が地下に永く安定に留まり、その間に溶解ーイオン化ー炭酸塩化あるいは微生物の作用により、長期的に高度固定されます。多様な地質構造で安定な固定技術なので、世界中で温室効果ガス排出源の近くに適地が見つけ易く、運搬距離が短くてすむため、コストも安くなります。低炭素社会を早急に実現するための切り札になる技術です。

CC地球システム(株)は、地球温暖化防止のため様々な研究開発をしていますが、緊急提案として、国際協力による世界的なCO2地中貯留インフラ整備(CO2排出源集積地と地中貯留サイトを結ぶCO2幹線パイプラインなど)と安定なCO2微細泡地下注入技術の実用化を呼びかけています。究極的には、生命が誕生した頃に近い原始還元環境を利用してCO2を固定し、メタンを再生する地中炭素リサイクルにより持続的なエネルギー資源再生と地球温暖化防止の両立を目指しています。

<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com