温暖化防止地球システムホーム、 温暖化防止CCS目次、 CCSニュース



死亡債とテロ
http://homepage3.nifty.com/zeroemission/

2009年9月12日の「NHKスペシャル 金融危機1年 世界はどう変わったか」で、死亡債(Death Bond)という金融商品が紹介されていました。死亡債という名前を聞いただけで、ぞっとしたのは私だけではないでしょう。しかし、そういう金融商品があるのは事実で、数年前ー金融バブルたけなわな時にウォール街が作り出した金融商品の一つだそうです。まだ生きている人の生命保険を2割から4割の値段で買い取り、それを数千人分―数万人分も集めて、例の金融工学とやらで、切り刻んで、加工して証券に仕立て、それがファンドに組み込まれ・・・ということで、またまた難解な金融商品ができあがるということのようです。

確かに、何かの事情で生命保険を受け取る必要がなくなることはあるでしょう。また、お金が急に必要になり、少なくなっても今受け取りたいという時はあります。そういう人には生命保険を買い取ってもらえる制度は便利でしょう。しかし、生命保険の受取権を多数買い集め、それを証券化し、ファンドに組み込むことになっては、話がまったく違ってきます。証券にすると、もう人の顔は見えなくなるのでしょうが、その裏にはもう生命保険を受け取れなくなった多数の人がいることを忘れてはなりません。生命保険制度の否定でもあります。

ところが、金融危機から回復しつつある今、死亡債は人気が高まっていて、ファンドや投資銀行だけでなく生命保険会社まで買っていて(タコが自分の足を食べているようなものではないでしょうか?)、金融バブルを再現しつあるのだそうです。人気の理由は、死亡債は景気と関係がなく、人間は数十年も経てば死ぬので、”確実な投資”だからだそうです。つまりは学習効果ということですが、随分かたよった学習で、やっぱり気持ちが悪いですね。

いくら加工をしても、元は大勢の人々の生命保険です。死亡債を買ったファンドは、多数の人々が早く死ねば儲かり、長生きすれば損をすることに代わりはありません。健康保険拡充によって死亡率が低下することを恐れて、オバマ大統領が提案してる健康保険制度改革に反対するネガティブキャンペーンやロビー活動に大金を投じていると言う噂さえあります。このようなことはデマであってほしいと思いますが、もしやっていれば国ーつまり国民ーから金融危機を救済して貰ったのに、それをアダで返すことになります。犯罪です。

ウォール街の人々には、死亡債の裏にある大勢の人々の顔が見えていないので、そんなことは考えていないーと思いたいですが、多数の人々が死ねば儲かるのですから、カトリーヌや大地震のような災害を防ぐような投資にも反対するかもしれません。まさか、ウォール街とテロが結びつくような事は無いと思いますが、一人でも手っ取り早く大もうけしようという不心得者が居れば、ウォール街は世界を敵に回すことになるでしょう。

「のど元すぎれば、熱さを忘れる」ということでしょうかー世界を危機におとしいれたウォール街が、もう金融規制に反対しているそうです。死亡債の件を見ても、やはり金融規制が必要です。



<トップページへもどる>
本ホームページのスポンサーを募集しています。
環境技術ですので、原則として特許は申請しないポリシーですが、技術防衛のためもあり、一部技術は特許を出願しております。情報は公開し、できるだけ広くお使いいただきたいと思っておりますが、ホームページに載せる事ができたのはごく一部だけに留まっております。興味を御持ちの方はぜひ御質問・相談ください。
本ホームページの記述・図は、クレジットhttp://homepage3.nifty.com/zeroemission/を明記すれば、御自由に引用いただけます。

地域・排出源に最適のCO2固定法を提案します。ご一報ください。
温暖化防止地球システム(株)
小出 仁・小出すみ子
E-mail:MXE02263@nifty.com